東京ディズニーランド 航空券。 家族でお得にディズニーを満喫できる航空券付きのおすすめホテルは? 浦安ブライトンホテル東京ベイの口コミ

【公式】パークチケット一覧

東京ディズニーランド 航空券

ディズニーパスポートの種類 ディズニーパスポートは、行く日程や時間、年齢に合わせて数多くの種類が販売されています。 ディズニーパスポートは大きく ・「当日券」(当日購入) ・「日付指定券」(事前購入) ・「オープン券」(事前購入) の3つに分かれます。 この3つの分類の中で、 ・パークの滞在時間 ・滞在日数 ・年齢 に応じたディズニーパスポートを購入することができるようになっています。 ディズニーパスポートは 1 1デーパスポート 2 アフター6・スターライトパスポート 3 マルチデーパスポート 4 マルチデーパスポート・スペシャル 5 年間パスポート の5種類に分類されます。 また、1デーパスポートには、年齢区分があります。 平日の18時以降にディズニーに行きたい!という方は、アフター6パスポート(一律料金) 土日祝日の15時以降に半日ディズニーを楽しみたいという方は、スターライトパスポート(年齢区分あり) を購入することができます。 1デーパスポートより割高にはなってしまいますが、のんびりディズニーを楽しみたい方におすすめできるチケットです。 すべての券種で初日からディズニーランドとディズニーシーの2パークを楽しむことができ、パーク間移動も可能(出入り自由)となっている夢のようなパスポートなんです! ただし、ディズニーホテル宿泊者のみが購入できるパスポートのため、誰でも購入できるわけではありません。 次のステップで、あなたにぴったりのパスポートと、購入の仕方を決めましょう。 また、開園待ちの列に並べないことでスタートが出遅れてしまうことも覚えておいて下さい。 メインエントランス・インフォメーション&パークチケットブース(ランド) メインエントランス・インフォメーション&パークチケットブースでは、その日から使えるパスポートを販売しています。 オンライン購入方法は以下の2種類があります。 (1)【パソコン】自宅のパソコンでオンラインチケットを購入(自宅にて印刷) (2)【スマホ】スマホでオンラインチケットを購入(スマホ画面を提示で入園可) パソコン購入の場合とスマホ購入の特徴を順番に説明します。 (1)パソコン購入の場合 パソコンを使ってオンライン当日券を購入する注意点として以下の2点があげられます。 【支払い方法】 ・クレジットカードのみ ディズニーパスポートの購入方法:【事前】に購入する場合 続いて、ディズニーパスポートを事前に買う方法をお伝えします。 事前に前売り券を買っておくと、安心ですし、かつスマートなのでおすすめです! ディズニーで事前に購入できるパスポートの種類は【日付指定券】と【オープン券】の2種類があり、購入方法によって買えるパスポートが異なります。 日付指定券・オープン券のどちらも購入することができます! 東京ディズニーランドで前売り券が買える場所は団体窓口(2)とイーストゲート・レセプション(3)の2ヶ所です。 日付指定券・オープン券のどちらも購入することができます! (1)A4サイズのパスポートを印刷して持参する「ディズニーeチケット」 (2)名刺サイズのパスポートが自宅に届く「配送チケット」 (3)【NEW】スマホで入場可能なスマホ対応「ディズニーeチケット」 の3種類があります! (1)ディズニーeチケット(プリントアウト) ディズニーeチケット ディズニーeチケットは、自宅のパソコンから購入・プリントアウトしたものを、パークでそのまま使えるというA4サイズのパスポートです。 ディズニーeチケットと違い、スマートフォンからも購入できること、支払方法がクレジット決済もしくは代引きから選択できることがあげられます。 ディズニーストアでも、日付指定券・オープン券の両方が購入できます。 シーズンによって取り扱いの有無があるので、詳しくは各旅行代理店のHPをご覧ください。 主な旅行代理店 ・小田急トラベル ・近畿日本ツーリスト ・京王観光 ・京成トラベルサービス ・JR東日本「びゅうプラザ」 ・JR東海ツアーズ ・JTB ・タビックスジャパン ・東日観光 ・東武トップツアーズ ・日本旅行 ・農協観光 ・阪急交通社 ・ビッグホリデー ・富士急トラベル ・名鉄観光サービス ・読売旅行 【期間限定】ディズニーパスポートの種類と料金 ディズニーでは期間限定で、割引料金でパスポートを購入することができるキャンペーンを実施しています。 1 春のキャンパスデーパスポート(2020年実施) 2 首都圏ウィークデーパスポート(2019年実施) 3 夏5ウィークデーパスポート(2019年実施) 上記3種類のチケットを順番に紹介します。 1 春のキャンパスデーパスポート(春キャン) 首都圏イメージ図 「首都圏ウィークデーパスポート」は、首都圏エリアに在住、在勤、在学している方が買える割引チケットです。 ・ 3 夏5ウィークデーパスポート ディズニー夏祭り 「夏5ウィークデーパスポート」は、夏の時期に販売される平日の午後5時より可能なチケットです。 夏5ウィークデーパスポート販売期間中は、アフター6パスポートの販売は中止していますので注意しましょう。 宿泊プランは「OZmallのパスポート付きホテルステイ」を参考にしています。 ディズニー年間パスポート(年パス) ディズニー年パス ディズニーの年間パスポート(年パス)は、1年中いつでもディズニーランドやディズニーシーに入園できるチケットです。 葉書を送れば、新しいチケットをが来るので有効期限問題も安心です。 一度、チェックしてみてくださいね。 お得なディズニーチケットはこちら.

次の

JAL特典航空券でダラス経由オーランドプレエコアップグレード♡

東京ディズニーランド 航空券

航空券はANAで個人手配 今回、航空券は ANA公式サイトから個人手配しました。 私たちが海外ディズニーへ行くときは、今までもHISやJTBといった旅行会社は経由せず、 「ミッキーネット」さんという代理店にホテル(リゾート)やクルーズの予約をお願いし、 航空券は個人手配としています。 パッケージツアーは割高だったり、そもそも理想の旅程が存在しない・・・という理由です。 大人1名分の料金はANAマイルを活用 今回は 大人2名、2歳児1名、0歳児1名の家族4人での旅行です。 我が家は、陸マイラーの端くれとして、ちょこちょこANAマイレージを貯めています。 そこで、 大人1名分はANAマイルの特典航空券として取得、 大人1名分と子どもたちの航空券を現金で取得、 としました。 (マイルの残高が、大人1名分しかなかったためです) フロリダまでのANA航空券料金 なお、 フロリダに行くには、日本から直行便がないため、 アメリカ国内での乗り継ぎ(トランジット)が必須です。 言うまでもなく、座席はエコノミークラスです^^; さて、気になるお金の面を、まず最初に公表します! 往復料金で以下のとおりです。 大人1名 特典航空券:55,000マイル+46,120円• 大人1名:146,630円• 幼児1名(2歳児):120,590円• もし現金で支払っているとすれば、プラス10万円くらいですね) ご覧頂いて分かる通り、 2歳児の航空券料金がマジでエグいです・・・。 国際線は、2歳以上は座席必須となり、大人料金と殆ど変わらないくらいの料金がかかります。 一方、2歳未満は座席不要のため、大人料金の10%程度です。 マイルで発券してもお金はかかる! ちなみに、マイルで発券する特典航空券に関しても、 航空運賃がタダになるだけで、その他料金がかかります。 46,120円と、結構な料金です。 その内訳は• 航空保険料及び燃油特別付加運賃 35,200円• 国際観光旅客税 1,000円• 旅客サービス施設使用料 2,090円• 旅客保安サービス料 520円• 動植物検疫使用料 450円• 入国審査料 790円• 税関審査料 650円• 通行税 4,160円• 保安サービス料 1,260円 となっています。 現金で発券した、大人1名の航空券146,630円は、上記が含まれていて、つまり「航空運賃」が10万円ちょっとということです。 フロリダまでの航空券、相場は・・・!? 振り返ってみると、 2016年12月にフロリダに行った時は、 アメリカン航空を使用し、大人2名往復で24万円ほどでした。 つまり1名12万円くらいなので、今回のほうが高いですね。 アウラニ(ハワイ・ホノルル空港まで)は、ANAで大人1名往復9万円くらいだったので、ざっと1. 5倍くらい。 飛距離も長く、乗り換えもあるので、まあこんなもんですかね・・・^^; 今回、マイルがあとちょっとで大人2名分くらい貯まりそうだったので、そこだけ悔しい。 今回のケースだと、マイルで航空券を取れたら、大人1名あたり10万円くらい節約出来たことになるので、やっぱり今後も 海外ディズニーをお得に楽しむためには、陸マイラー活動を積極的に頑張りたい所存です。 まあ、本当はビジネスクラスとか取ったほうが、圧倒的にマイルを有効活用出来るのですが・・・。 (1マイルあたりの価値を高められます) マイル富豪目指したい〜・・・! フロリダまでのマイル航空券予約は何日前から? なお、フロリダまでの航空券をマイルで取得するのが、結構複雑でした。 この章の話は、マイルに興味ある人以外、意味不明だと思うので読み飛ばしてください・・・。 複雑になる理由の1つが、 ANAとエア・カナダの特典航空券は予約開始日が355日前なのに、 ユナイテッド航空の特典航空券は、予約開始日が336日前なんです。 これがどういうことかというと、355日前の時点でANA直行便で 例えば日本からニューヨークなり、日本からシカゴなりの航空券は取得できるのに、 アメリカ国内でのトランジット後の便が(エア・カナダ便以外は)予約出来ない という自体が発生するのです。 (大人1名の分) そして、直後に現金で同じ便の航空券を取得し(別の大人1名の分)、座席を隣り合わせにしてもらうためにANAの国際線サービスデスクに電話、という流れです。 ただし、時期や座席クラスによっては336日前まで待っていると、そもそも特典航空券が満席で取れなくなるという可能性もあるため、色々見極めが必要です。 特にビジネスクラスで特典航空券を発券したい場合は、特典航空券の枠数が少ないため、長時間のフライトになる国際線だけマイルで予約してしまい、国内線は現金で別途購入するといった方も居るようでした。 バシネットとは、航空会社によって異なる身長体重制限以下の乳児を寝かせられる、 座席前につけるベビーベッドのことです。 インターネット予約は出来ないので、航空券取得後に、電話で座席変更して貰う必要があります。 アメリカでの航空会社や機体などにもよるかと思いますが、ANAのサービスデスクに電話して確認してもらったところ、今回はそもそも無いということで、 飛行時間2時間20分ほどのアメリカ国内線は、0歳児は抱っこで過ごすことが必須となりました。 いやはや、2歳児と0歳児を連れてのフライト、どうなることやら・・・^^; 楽しみ、がんばりますw.

次の

フロリダまでの航空券をANAマイルと現金で取得!大人料金&幼児料金がいくらか公開!

東京ディズニーランド 航空券

ディズニーパスポートの種類 ディズニーパスポートは、行く日程や時間、年齢に合わせて数多くの種類が販売されています。 ディズニーパスポートは大きく ・「当日券」(当日購入) ・「日付指定券」(事前購入) ・「オープン券」(事前購入) の3つに分かれます。 この3つの分類の中で、 ・パークの滞在時間 ・滞在日数 ・年齢 に応じたディズニーパスポートを購入することができるようになっています。 ディズニーパスポートは 1 1デーパスポート 2 アフター6・スターライトパスポート 3 マルチデーパスポート 4 マルチデーパスポート・スペシャル 5 年間パスポート の5種類に分類されます。 また、1デーパスポートには、年齢区分があります。 平日の18時以降にディズニーに行きたい!という方は、アフター6パスポート(一律料金) 土日祝日の15時以降に半日ディズニーを楽しみたいという方は、スターライトパスポート(年齢区分あり) を購入することができます。 1デーパスポートより割高にはなってしまいますが、のんびりディズニーを楽しみたい方におすすめできるチケットです。 すべての券種で初日からディズニーランドとディズニーシーの2パークを楽しむことができ、パーク間移動も可能(出入り自由)となっている夢のようなパスポートなんです! ただし、ディズニーホテル宿泊者のみが購入できるパスポートのため、誰でも購入できるわけではありません。 次のステップで、あなたにぴったりのパスポートと、購入の仕方を決めましょう。 また、開園待ちの列に並べないことでスタートが出遅れてしまうことも覚えておいて下さい。 メインエントランス・インフォメーション&パークチケットブース(ランド) メインエントランス・インフォメーション&パークチケットブースでは、その日から使えるパスポートを販売しています。 オンライン購入方法は以下の2種類があります。 (1)【パソコン】自宅のパソコンでオンラインチケットを購入(自宅にて印刷) (2)【スマホ】スマホでオンラインチケットを購入(スマホ画面を提示で入園可) パソコン購入の場合とスマホ購入の特徴を順番に説明します。 (1)パソコン購入の場合 パソコンを使ってオンライン当日券を購入する注意点として以下の2点があげられます。 【支払い方法】 ・クレジットカードのみ ディズニーパスポートの購入方法:【事前】に購入する場合 続いて、ディズニーパスポートを事前に買う方法をお伝えします。 事前に前売り券を買っておくと、安心ですし、かつスマートなのでおすすめです! ディズニーで事前に購入できるパスポートの種類は【日付指定券】と【オープン券】の2種類があり、購入方法によって買えるパスポートが異なります。 日付指定券・オープン券のどちらも購入することができます! 東京ディズニーランドで前売り券が買える場所は団体窓口(2)とイーストゲート・レセプション(3)の2ヶ所です。 日付指定券・オープン券のどちらも購入することができます! (1)A4サイズのパスポートを印刷して持参する「ディズニーeチケット」 (2)名刺サイズのパスポートが自宅に届く「配送チケット」 (3)【NEW】スマホで入場可能なスマホ対応「ディズニーeチケット」 の3種類があります! (1)ディズニーeチケット(プリントアウト) ディズニーeチケット ディズニーeチケットは、自宅のパソコンから購入・プリントアウトしたものを、パークでそのまま使えるというA4サイズのパスポートです。 ディズニーeチケットと違い、スマートフォンからも購入できること、支払方法がクレジット決済もしくは代引きから選択できることがあげられます。 ディズニーストアでも、日付指定券・オープン券の両方が購入できます。 シーズンによって取り扱いの有無があるので、詳しくは各旅行代理店のHPをご覧ください。 主な旅行代理店 ・小田急トラベル ・近畿日本ツーリスト ・京王観光 ・京成トラベルサービス ・JR東日本「びゅうプラザ」 ・JR東海ツアーズ ・JTB ・タビックスジャパン ・東日観光 ・東武トップツアーズ ・日本旅行 ・農協観光 ・阪急交通社 ・ビッグホリデー ・富士急トラベル ・名鉄観光サービス ・読売旅行 【期間限定】ディズニーパスポートの種類と料金 ディズニーでは期間限定で、割引料金でパスポートを購入することができるキャンペーンを実施しています。 1 春のキャンパスデーパスポート(2020年実施) 2 首都圏ウィークデーパスポート(2019年実施) 3 夏5ウィークデーパスポート(2019年実施) 上記3種類のチケットを順番に紹介します。 1 春のキャンパスデーパスポート(春キャン) 首都圏イメージ図 「首都圏ウィークデーパスポート」は、首都圏エリアに在住、在勤、在学している方が買える割引チケットです。 ・ 3 夏5ウィークデーパスポート ディズニー夏祭り 「夏5ウィークデーパスポート」は、夏の時期に販売される平日の午後5時より可能なチケットです。 夏5ウィークデーパスポート販売期間中は、アフター6パスポートの販売は中止していますので注意しましょう。 宿泊プランは「OZmallのパスポート付きホテルステイ」を参考にしています。 ディズニー年間パスポート(年パス) ディズニー年パス ディズニーの年間パスポート(年パス)は、1年中いつでもディズニーランドやディズニーシーに入園できるチケットです。 葉書を送れば、新しいチケットをが来るので有効期限問題も安心です。 一度、チェックしてみてくださいね。 お得なディズニーチケットはこちら.

次の