夜空はいつでも最高密度の青色だ 動画。 『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』 2017.11.15ブルーレイ&DVD リリース!

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だの上映スケジュール・映画情報|映画の時間

夜空はいつでも最高密度の青色だ 動画

アイコン表示を Check! 動画リンクを Check! ドラマに魅入る体験を! いろいろな悩みを抱えながら思いをぶつけあい交差させて感情を吐き出すヒューマンドラマはそれだけで見ごたえがあります。 そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを上手く利用しましょう。 ネット配信なのでメリットも多数。 家に帰ってすぐに映画を観て、貸し借りの作業もなしに、次の映画に移ることも可能です。 家にパソコンやテレビがない人も増えてきましたが、スマホに対応しているので問題はありません。 「無料」の恩恵にあずかろう! 「おカネは利用の鉄則になること」それは条件になるものですが、しかし無料トライアル中には別に出費はありませんので安心。 効率的なコストパフォーマンスで動画を見たいという考えは当然です。 ケチでもなんでもなく、節約を望むのは何も悪いことではありません。 VODならば最安で映画を堪能できるので大満足でしょう。 「退会は決められた時期にしかできないの?」「サービスの利用停止は好きな時間に可能になっているのですか?」という問いについて、問題ないですと回答できます。 あなたを縛り上げる制約はありません。 好きな時期時間にすぐさま利用ストップできるので万全。 石井裕也監督の「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」もアリ。 ネットは信用できるものを! 違法な動画サイト等には警戒をマックスにしてでも気を付けてください。 それで石橋静河出演の「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」の再生はダメです。 そういうサイトは「Free Watch」などとオイシイ言葉を並べていますが、全くのデタラメになっています。 信じてはいけません。 結局は動画の再生を中断させて悪質広告ページへと移動させて、副次的に個人情報をまんまと盗ろうとするものばかりです。 油断していると好き放題にされます。 逮捕者も報道されているとおり。 あなたもその仲間入りはしたくはないはず。 動画を観るのに罪を背負うことはないです。 配信しているのはコレ! 新旧が入り乱れたラインナップはまるでひとつのライブラリーのようであり、それを見られるのは至福の時間ともいえます。 ところが顔が困ったフェイスになってしまうのが、配信作品ラインナップの変動。 こっちの都合も無視で変動しまくるので追尾・把握は至難の技。 大変なんてものじゃないです。 池松壮亮出演の「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。 モヤモヤの感情は綺麗にクリーンアップしてしまいましょう。 忘れるのではなく一発で確かめるのです。 それが一番の最善策です。 このページのVODアイコンは配信中の可能性の高いものを提示しているので、煩雑な確認の手間暇を省くことができます。 全ての紹介文を単一のものにして大量に質の低い情報を流すようなことはせず、フルムビバースでは質の高い情報を掲載しています。 サイト内配信チェックは登録せずとも可能になっているサービスもあるので、すぐさま登録はしなくてもいいです。 じっくり慌てず自分の目で確認しておけば他人不信でも何も問題なし。 フェアにオススメします クロスチェックでビデオオンデマンドの配信をモニタリングできるフルムビバースでは、公平性を重視していますし、その点でも他サイトに負けていません。 他のウェブサイトだとなんだかんだとサービス紹介をあれこれしたあげく、最終的にはひとつのものだけを推薦してくるものがあり、それは明らかにアンフェアです。 ただの配信現状だけでなく、本来はユーザーの適合度は個人差がありますから、それを無視するのは不自然でしょう。 単純に「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」の配信の有無だけでなく、適度にマッチングするような、パーソナルな思考に適切にフィットするディープな出会いを届けていきたいと思います。 悪いサイトを追い出すために 各所で報道されている海賊版動画ウェブサイト。 それらからのダウンロードは完全に犯罪なのですが、個人視聴は規制しづらくなかなか終息しません。 各所の対応も一向にプラスに働いていないのです。 「フィルタリングならブロックできるはず」というのも過信にすぎず、実際は抜け穴がたくさんあります。 そんな穴を効果的に埋めるためにはVODの普及が鍵を握っているかもしれません。 専門家の意見では安価で便利なサービスの浸透はユーザーの目をこちらの合法的な動画に向ける効果があり、検閲の問題を発生させることもありません。 佐藤玲出演の「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」合法視聴方法を拡散しましょう。 10回でも100回でも 映画を何回も観たいと思ったことはありませんか?「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」だって繰り返し鑑賞したくないですか? 何度も観ることでわかる新しい発見もありますし、思わぬ伏線に気づくこともあります。 素敵な俳優の演技や名台詞、名シーンなら何度観ても損はしません。 美しいドラマは繰り返しの鑑賞でも劣化はしないのです。 でもさすがに映画館だとおカネがかかりすぎます。 1回の劇場料金ならまだしも2回、3回となれば数千円のコスト。 熱狂的なファンならこんな出費も平気かもしれないですが、普通は躊躇います。 でもVODは何度観てもそのたびに支払いは生じません。 その動画サイトは使える? 三浦貴大出演の「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」を無我夢中で無料で見るべくネットサーフィンすると動画サイトが嫌でもたくさん顔を出します。 動画量の多さで群を抜いている「dailymotion」「Pandora」、アジア系のビデオサイトでは最大クラスの賑やかさな「Miomio」「BiliBili」、重たい動画も再生しやすいようになっている「openload」。 どうでしょうか、手を出したくなりましたか。 この各所を控えめにスッと提示している人もいますが、その手には乗らないように。 なぜならそこは不正行為に関わっている疑いの強い場所だからです。 自分で責任を承知ならばなんでもありということには絶対なりません。 『夜空はいつでも最高密度の青色だ』のプロデューサーは有賀高俊、土井智生、五箇公貴。 2017年の東京。 看護師として病院に勤務する傍ら、夜はガールズバーで働く美香と、日雇い労働者の慎二が生きるすべを模索しながら、互いに惹かれあっていく様を描き出す。 この世界で自分の居場所はあるのだろうか。 看護師をしながら夜はガールズバーで働く美香は、言葉にできない不安や孤独を抱えつつ毎日をやり過ごしている。 そこから逃げ出す手段は見つからない。 一方、工事現場で日雇いの仕事をしている慎二は、常に死の気配を感じながらも希望を求めてひたむきに生きていた。 やはりそこでも生きることに精一杯でいるしかない。 排他的な東京での生活にそれぞれ居心地の悪さを感じていた2人は、ある日偶然出会い、コミュニケーションを通して心を通わせていく。 映画com Y! FM 3. 大きな出来事である3. 11震災と2020五輪の間の今、東京に生きる人間たちの感情を、シネエッセイとしてアングラ精神満載で描き切ったという点での評価が全てなのでしょう。 東京以外の視点はどうなのでしょうか、気になります。 最果タヒの詩集の映画化という超難題にここまでのものを仕上げてきたらじゅうぶん合格だろう。 恋愛映画ではあるが、二人とも恋愛に消極的というのがちょっと新鮮で、また独自の味になっている。 最果タヒの詩に特徴的なアフォリズムをうまく映像化し、それを勝手に変換することなく、極力そのまま届けることに成功しているのは素晴らしいと思う。 「東京には何千万人も人がいるのにこうして何回も会うなんて、どうでもいい奇跡だね」という本当になんてことはない出来事。 それを大きな意味があることと捉えるか、はたまたそんなの普通だこじつけだと突き放すか、それは個人の問題。 でも、この映画ではあえてそれに恥ずかしいと避ける人を焦点にあてる。 いわばドラマ性が嫌いな人たち。 しかし、それでドラマが生じるのです。

次の

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だの上映スケジュール・映画情報|映画の時間

夜空はいつでも最高密度の青色だ 動画

インスタントな自分語りとコピペされた悪意が量産される世の中で、言葉の生命はすり減っていく。 そんな時代に、最果タヒは詩を生んだ。 彼女は2008年当時、女性としては最年少の21歳で第13回中原中也賞を受賞するなど、「いま最も新しい表現者」として注目されている詩人だ。 16年5月の発売以来、現代詩集としては異例の累計27,000部の売上げを記録している最果タヒの「夜空はいつでも最高密度の青色だ」。 世代や性別を超えて熱烈な支持を受けているこの傑作詩集が、誰も予想していなかったかたちで映画として生まれ変わった。 詩をドラマとして表現することに挑んだ脚本・監督は、33歳にして本作で12本目の長編映画となる石井裕也。 24歳でアジア・フィルム・アワード第1回「エドワード・ヤン記念」アジア新人監督大賞を受賞、その後もロッテルダム国際映画祭や香港国際映画祭でも特集上映が組まれ大きな注目を集め、『川の底からこんにちは』 09 で日本映画史上最年少の 28歳で第53回ブルーリボン賞監督賞を受賞、さらに13年『舟を編む』で第37回日本アカデミー賞最優秀作品賞をはじめ数多くの賞を受賞した。 日本のみならず、世界でいま最も期待を集めている若手映画監督である。 そんな石井裕也監督の最新作となる本作では、現代の東京の片隅に生きる若い男女の、言葉にならない感情の震えを映像にすくい取り、優しく愛おしい、リアルで繊細な恋愛映画として完成させた。 ヒロインの美香に抜擢されたのは新人・石橋静河。 看護師をしながら夜はガールズバーで働き、しっかり地に足をつけた生活を送りながらも、不安と孤独と不機嫌を胸の奥に抱えている美香を全身で演じきる。 そんな美香と出会う慎二に池松壮亮。 工事現場で働きながら、社会に適応しきれない自分にもがく青年の姿を、稀有な存在感で演じる。 「俺って変だから」「へえ、じゃあ私と同じだ」 死の予感ばかりがあふれている息苦しい現代の東京で、自分の居場所を見失った二人が、互いに向き合って初めて見つける希望。 早くも石井裕也の最高傑作との呼び声が高い、最高密度の恋愛映画が誕生した。 看護師として病院に勤務する美香 石橋静河 は女子寮で一人暮らし。 日々患者の死に囲まれる仕事 と折り合いをつけながら、夜、街を自転車で駆け抜け向かうのはガールズバーのアルバイト。 作り笑いとため息。 美香の孤独と虚しさは簡単に埋まるものではない。 建設現場で日雇いとして働く慎二 池松壮亮 は古いアパートで一人暮らし。 左目がほとんど見えない。 年上の同僚・智之 松田龍平 や中年の岩下 田中哲司 、出稼ぎフィリピン人のアンドレス ポー ル・マグサリン と、何となくいつも一緒にいるが、漠然とした不安が慎二の胸から消えることはない。 ある日、慎二は智之たちと入ったガールズバーで、美香と出会った。 美香から電話番号を聞き出そう とする智之。 無意味な言葉を喋り続ける慎二。 作り笑いの美香。 店を出た美香は、深夜の渋谷の雑踏の中で、歩いて帰る慎二を見つける。 「東京には1,000万人も人がいるのに、どうでもいい奇跡だね」。 路地裏のビルの隙間から見える青白い月。 「嫌な予感がするよ」。 「わかる」。 二人の顔を照らす青く暗い光。 建設現場。 突然智之が倒れ、そのまま帰らぬ人となった。 葬儀場で二人は再会する。 言葉にできない感情に黙る慎二と、沈黙に耐えられず喋り続ける美香。 「俺にできることがあれば何でも言ってくれ」と慎二が言うと、美香は「死ねばいいのに」と悲しそうな顔をした。 過酷な労働を続ける慎二は、ある日建設現場で怪我をする。 治療で病院に行くと、看護師として働く美香がいた。 「また会えないか」と慎二が言うと、美香は「まぁ、メールアドレスだけなら教えてもいいけど」と答える。 夜、慎二は空を見上げる。 「携帯、9,700円。 ガス代、3,261円。 電気、2,386円。 家賃 65,000円、シリア、テロリズム、 食費 25,000円、ガールズバー 18,000円、震災、 トモユキが死んだ、イラクで56人死んだ、 薬害エイズ訴訟、制汗スプレー 750円、安保法案、少子高齢化...... 、会いたい」 新宿。 二人は歩く。 「ねぇ、なんであの時、私達笑ったんだろう、お通夜の後」「分からない」 「ねぇ、 放射能ってどれぐらい漏れてると思う」「知らない」 「ねぇ、恋愛すると人間が凡庸になるって本当かな」「知らない」 不器用でぶっきらぼうな二人は、近づいては離れていく。 今回の石井組での初主演は、今まで生きてきて一番幸せな時間でした。 本当に右も左もわからなくて、すごく苦しくて大変でしたが、石井監督には、余計なものをバリバリ取って、表現というものはこうやるんだよというのを、教えていただいたような感じです。 自分が生きているなって思う瞬間がたくさんありました。 一番悔しかったのは、監督に言われたことが思うようにできないっていうもどかしさ。 でも、監督は本当に全部見ていてくれていて。 ただ思いっきりやればいいんだという安心感と共に、すごく高い壁でした。 池松さんが慎二として横にいてくれたからこそできた部分も大きいです。 池松さんはいつも見ている視点が大きいなと思いました。 最初に会った時から、慎二でいてくれて、どんな時もドシッと受け止めてくれるような感じでした。 本当に感謝しています。 1994年7月8日生まれ。 東京都出身。 4歳からクラシックバレエをはじめ、09年より米・ボストン、カナダ・カルガリーにダンス留学後13年に帰国し、コンテンポラリーダンサーとして活動を始める。 15年より舞台や映画へ役者として活動の場を広げ、16年にはNODAMAP舞台「逆鱗」にも出演。 』 行定勲監督 が公開。 今後が期待される 大型新人女優である。 石井監督とは『バンクーバーの朝日』以来2年半ぶりくらいの現場でした。 久しぶりに現場で会った石井監督は、更に更に上にいっていたし、そういう場所でまた会えて楽しかったです。 2年半ぶりでも、現場で会ったらやっぱり同じ方向を向いていると思いました。 慎二と美香という役を監督と石橋さんと三人でつくっていく中で、僕が目指すものと、石井監督が目指すものと、 石橋さんが目指すものが、いつの間にか合わさっていたような感覚でした。 最初に脚本を読んだ時は、詩の映画化という今までにないことなのに、やっぱり石井監督らしい人間賛歌だと感じました。 石橋さんは、初めての主演がこういう役でとてつもないプレッシャーだったと思います。 日々食らい付いていく石橋さんの姿を見て心動かされました。 普段は元気な方なんですけど、でも時々とんでもなく寂しそうな顔をするんです。 その顔を絶対に忘れずに慎二をやりたいなと思っていました。 1990年7月9日生まれ。 福岡県出身。 03年トム・クルーズ主演の『ラスト サムライ』でデビュー。 14 年には、『紙の月』 吉田大八監督 、『愛の渦』 三浦大輔監督 、『海を感じる時』 安藤尋監督 、『ぼくたちの家族』 石井裕也監督 と注目を集めた作品に次々と出演し、日本アカデミー賞新人俳優賞、ブルーリボン賞助演男優賞を受賞、若手演技派俳優の地位を確立する。 今や日本映画界に欠かせない俳優である。 1983年5月9日生まれ、東京都出身。 99年『御法度』で俳優デビュー。 本作には『舟を編む』以来の石井組への出演となる。 1978年6月13日生まれ、東京都出身。 00年に映画『タイムレスメロディ』 奥原浩志監督 で長編映画デビュー。 石井組は、『ぼくたちの家族』 14 に続き、2作品目の出演となる。 監督 石井裕也 1983年6月21日生まれ。 埼玉県出身。 大阪芸術大学の卒業制作『剥き出しにっぽん』 05 でPFFアワードグランプリを受賞。 24歳でアジア・フィルム・アワード第1回「エドワード・ ヤン記念」アジア新人監督大賞を受賞。 ロッテルダム国際映画祭や香港国際映画祭では自主映画4本の特集上映が組まれ大きな注目を集めた。 商業映画デビューとなった『川の底からこんにちは』 10 がベルリン国際映画祭に正式招待され、モントリオール・ファンタジア映画祭 で最優秀作品賞、ブルーリボン監督賞を史上最年少で受賞した。 『舟を編む』 13 では第37回日本アカデミー賞にて、最優秀作品賞、最優秀監督賞を受賞、また米アカデミー賞の外国語映画賞の日本代表に史上最年少で選出される。 『ぼくたちの家族』 14 では、家族の絆を正面から描き、国内外で高い評価を得る。 『バンクーバーの朝日』 14 では1930年代のカナダを舞台に、日経移民の苦悩や葛藤を丁寧に描き、日本国内でヒットを記録するとともに、バンクーバー国際映画祭で観客賞を受賞した。 今、世界中で最も新作が期待される若手映画監督である。 原作者 最果タヒ 1986年生まれ。 06年現代詩手帖賞を受賞。 07年詩集「グッドモーニング」 新潮社 で中原中也賞受賞。 12年詩集「空が分裂する」 新潮社 、14年詩集「死んでしまう系のぼくらに」 リトルモア 刊行、後者で現代詩花椿賞受賞。 小説家としても活躍、15年「かわいいだけじゃない私たちの、かわいいだけの平凡。 」「星か獣になる季節」、16年「渦森今日子は宇宙に期待しない。 」「少女ABCDEFGHIJKLMN」などがある。 16年には初のエッセイ集「きみの言い訳は最高の芸術」を刊行。 本作の原作となる第4詩集「夜空はいつでも最高密度の青色だ」は16年5月にリトルモアより刊行、重版を重ね詩集としては異例の27,000部を発売。 また最新作、小説「十代に共感する奴はみんな嘘つき」(文藝春秋)が現在絶賛発売中。 自分の人生だとしても、その全貌など見えやしない。 生きていくことの果てにあるものをひとつずつ、ちいさいものを、ひとつずつ拾って、明日ぐらい、明後日までとはいかなくても、明日ぐらいは照らしている。 人生の果てに、いったいどんな景色が広がるかなんてわかるはずもなかった。 ただ、明日に少しだけ、ほんの少しだけでも「いい予感」がするなら、それだけで十分だ。 生きるっていうことは思った以上に刹那的なもので、決して積み重ねていくことでも、記録していくことでも、自分を作っていくことでもないのかもしれない。 この映画を見ていて、何度もそう思った。 ただ、私とは関係ないところに波打っている命があって、そこから放り出されないように、そのときそのとき、できるかぎりバランスをとって波に乗りつづけている。 私が見るべき私の命はきっと今、この瞬間のものだけだ。 「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」、今という一瞬でしかない時に、全身を投げ出すようにして生きる人々の映画でした。 どんなに親しくても、そばにいる人たちの過去に何があったのか、すべてを思いやることなんてできないし、同じ未来を生きることなど約束できるはずもない。 だからこそ、せめて、彼らの「今」に不恰好でもいいから、取り繕わずに飛び込みたい。 器用であることや、人生そのもののつじつま合わせのように透明になって生きていっても何も残せないだけだ、誰の記憶にも残りやしない。 この映画には、無根拠で無遠慮な明るさなんて一つもないけれど、でも「今」という生に対して、ひたすらにポジティブだった。 みっともなくてもぶっきらぼうでも、それでも「今」そのものを生きたとき、それはきっと愛らしい姿をしている。 そう、強く信じることができる映画です。 私は詩を書いていて、ずっと、不器用にしか、下手くそにしか、「今」を生きることができない人たちに、届く詩が書きたいと思っていた。 誰にも理解されなくても、気持ちをうまく説明できなくても、それで別にいいんだ、「今」をうまくやりすごす必要なんてない。 わかりやすさばかりを優先して、自分の不器用な部分を捨ててしまわないでほしい。 ありのままになればなるほど、曖昧で、言葉にできない感情は増えていくけれど、そこまで届く詩を、いつか書くから。 書いてみせるから。 愛おしい不器用さに溢れた、この映画が私の詩集をもとに作られたという、そのことが光栄でなりません。 願わくは、多くの人に観てほしい。 自分自身の「今」を不器用な手つきで抱きしめようとするすべての人に。 The Mirraz 畠山承平(左、Vo,G *全楽曲の作詞・作曲・アレンジを手掛け、MV等も自作する。 )、佐藤真彦(中央、G)、中島ケイゾー(右、B)からなるロックバンド。 2006年9月に畠山が中心となって結成。 2008年12月に1stアルバム「OUI! OUI! OUI! 」、2009年10月に2ndアルバム「NECESSARYEVIL」とリリースを重ね、洋邦ロックファンから注目を集める。 2012年1月にインディーズ最後のアルバムをリリースし、同年7月16日にEMI Music Japanへのメジャー移籍を発表。 メジャー移籍後はシングル「僕らは/気持ち悪りぃ」「傷名/うるせー」を発表。 畠山も多いに影響を受けたサザンオールスターズ桑田佳祐氏が選ぶ今年のベスト20に「気持ち悪りぃ」が6位にランクインするなど、メジャー移籍後もミイラズらしい活動をくりひろげている。 2016年にはめでたく結成10周年を迎え、初のベストアルバムもリリース。 2017年4月、完全独立宣言をし、新事務所兼新レーベルの『KINOI,INC. 』を立ち上げ、9枚目のアルバム「Mr. KingKong」をリリース!今後はより自由に、音楽業界の枠に捉われずに活動していく予定。 The Mirraz Vo. 畠山 承平 この度、僕らミイラズの「NEW WORLD」という楽曲をこの映画に使いたいという話をいただいて、石井監督には何かと縁やシンパシーを感じていたので、迷わず使って欲しいと伝えました。 ただ、この楽曲はものすごくメッセージ性が強いので、色々と大丈夫かな? と思ったのですが、作品を見て、最後にエンドロールに流れる自分の曲を聴いて、ああそうか、この作品にぴったりの楽曲だったんだなぁ、と納得し、感動しました。 自分でもわかっていなかったこの楽曲が持つパワーに圧倒されました。 この曲はミイラズが一番攻めてる時期に作った楽曲で、自分的には激押しの曲だったのですが、メッセージ性が強すぎてタイアップがとれないんじゃないかという理由で、シングル候補から落ちてしまった曲。 それが今回、めでたく映画の主題歌になれました。 本当に幸せなことです。 映画を楽しんでいただいた最後にこの楽曲が流れ、そこから更にこの映画のメッセージが多くの人に伝われば幸いです。

次の

映画【夜空はいつでも最高密度の青色だ】フル動画観るならココ※無料配信情報

夜空はいつでも最高密度の青色だ 動画

U-NEXT 人気の理由• 登録から 31日間無料• 日本最大級の配信本数 200,000本以上 ・毎月2,000本以上更新• ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)• 見放題作品数NO. 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)• 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!• 電子コミックや電子書籍も楽しめる!• 雑誌が80誌以上読み放題!• ペアレンタルロックで視聴制限でき お子様にも安心!• テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!• ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!• 無料期間後は月額1,990円 税抜 で毎月1,200円分のポイントが付いてお得! 「U-NEXT」は 31日間無料です。 無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。 夜空はいつでも最高密度の青色だ 映画 の内容 映画『夜空はいつでも最高密度の青色だ』は、2017年5月に公開されました。 原作は、若者から絶大な支持を受ける日本の詩人・最果タヒ(さいはて たひ)さんによる同名の詩集が基になっております。 監督・脚本は、2009年公開の『川の底からこんにちは』で、史上最年少監督賞を受賞し、2015年公開の『舟を編む』では、日本アカデミー賞最優秀作品賞や最優秀監督賞に輝いた名監督・石井裕也さんが務めました。 映画「夜空はいつでも最高密度の青色だ」は、最果タヒの同名詩集の世界観を基に、排他的な東京で、不安と孤独を抱えながら生きるすべを模索する若者ふたりの出会いと恋のはじまりが描かれております。 そんな若者を、池松壮亮さんと石橋静河さんの二人が好演しております。 最果タヒさんの詩が散りばめられており、理解を深めた映画になっていました。 詩を読んでから映画を見た方が、より楽しめるかと思います。 あらすじ 2017年の東京。 昼間は看護師として日々、人の死に触れている傍ら、夜がガールズバーで働く美香(石橋静河)。 恋愛を信じられず、不安や孤独を抱える日々を過ごしていました。 一方で、日払いの建設現場で肉体労働をする慎二(池松壮亮)は、現場の雰囲気に馴染めないながらも何となくつるんでいました。 しかし、彼も常に死の気配を感じなら、希望を見出そうとしていました。 そんな都会での生きづらさを抱えながらも、懸命に生きるすべを模索する二人が出会いました…。 詩集を基にしているだけあり、台詞がポエム調かつ女性的なワードで埋め尽くされています。 本作は、二人の恋愛をベースに東京という大都市を暖かくも魅力的に描いた傑作です。 大抜擢の主題歌 本作の主題歌には、2006年に結成された3人組ロックバンド・The Mirraz(ザ・ミイラズ)の「NEW WORLD」が起用されております。 勇気をくれる主題歌にも注目してください。 スタッフ 原作:最果 タヒ「夜空はいつでも最高密度の青色だ」 監督・脚本:石井 裕也 音楽:渡邊 崇 主題歌 The Mirraz「NEW WORLD」 キャスト 美香:石橋静河 看護師の仕事をしながら、夜はガールズバーで働いており、常に孤独を感じている女性。 慎二:池松壮亮 日払いの建設現場で働いている。 左目がほとんど見えず、社会に上手く適応できない日々を過ごしている。 智之:松田龍平 冷めた性格の持ち主で、慎二の年上の同僚。 岩下:田中哲司 体力も金もない、慎二の同僚の中年男性。 アンドレス:ポール・マグサリン フィリピンから慎二が働く会社に出稼ぎで来た正社員。 玲:佐藤玲 慎二の高校の同級生。 牧田:三浦貴大 美香の元恋人。 老人:大西力 ストリートミュージシャン:野嵜好美 美香の母:市川実日子 美香の妹:佐藤菜月 工事現場監督:正名僕蔵 入院患者:田島令子 中華料理店主:伊佐山ひろ子 ヒロインの美香や彼女に好意を寄せる慎二、そのほか彼らの友人らを取り巻く環境が、非常に現実的で生々しいです。 現代の都会ゆえの悩みや苦悩と呼べるでしょう。 決してハッピーに生きている人々ではないのですが、映像表現はとても幻想的で、夢の中の世界のようなふわふわとした雰囲気を醸し出していました。 都会のネオンをぼやかして映し出して光を交差させたり、夜なのにどこか淡いもやがかかったような印象を受ける映像美に見とれました。 私はまだ読んではいないのですが、原作の詩集から沸き起こったイメージを大切にしたから、こんな演出になったのだろうと感じています。 そもそも詩からここまでのストーリーを組み立てて、映像化したこと自体が凄いなと感心してしまいますが…。 美香や慎二は人生がうまく運んでおらず、対人関係や自分自身の本質に葛藤し、生きることに窮屈さを感じています。 そんな中でも互いに信じられる存在に出会い、少しずつ変わっていく姿にホッと出来ました。 悲しい出来事の中にも、素晴らしい出来事もあるのだと。 美香や慎二と同じ20代半ばぐらいの人が鑑賞したら、もっと共感できるかもしれません。 商業映画のように単純明快な演出ではありませんが、ぜひ若い世代に観て欲しいです。 社会人2? 3年目くらい、20代前半から半ばくらいの2人がメインキャストです。 池松壮亮と石橋静河。 社会に対する違和感を石橋が、その社会にいまひとつ馴染めない自分に違和感を持つのが池松かなという印象でした。 原作は最果タヒさんの詩集です。 若手の詩人として、知名度はわりと高い人だと思います。 石橋のモノローグや、池松の話し言葉を聞くと、言葉の選び方が独特で、新鮮でした。 文字で接してみたくなりました。 池松が夜ひとり自分の部屋にいるときに、思った単語を口に出します。 その言葉が文字として、窓に浮かびます。 規則性はないような印象ですが、最後『会いたい』という言葉が、それまでの言葉の中央に浮かび上がります。 そこでも、ひとつの詩が完成する過程を見るようでした。 池松壮亮が出演する映画は、ミニシアター系と呼ばれるような作品が多い印象ですが、この作品も含まれると思います。 目の表情から、気持ちの変化が見ていて分かるのですごいです。 工事現場で働く仕事仲間に、松田龍平、田中哲司、そしてポール・マグサリンというフィリピン人役がいます。 工事現場で仕事をする人たちには見えないなぁと思いながらも、この4人の会話や関係性は面白かったです。 この映像作品は、最果タヒという詩人の『夜空はいつでも最高密度の青色だ』という詩集をもとに製作されている。 舞台は、人口1千万人を超える大都市、東京である。 ここでは様々な人々がやってきて、働き、暮らす。 東京オリンピックを控えた東京では、盛んに開発が進められ、工事の現場では多くの日雇い労働者が作業に従事し、そこで得た収入で日々をつないでいる。 主人公のしんじもその一人である。 そして、もう一人の主人公は、東京で看護師をしながら夜はガールズバーで働く、みか。 東京という華やかな町で、工事現場での肉体労働や病院での患者の訃報から、スマートフォンしか見ない人たちの雑踏、飲酒した人々の愚痴、常に恋であふれかえっている町。 そうした当たり前に思える日常の中に潜んでいる違和感を投げかけてくるのがこの作品である。 二人が感じている違和感を他の人たちは何も感じているようには見えず、自分だけがおかしいのではないかと考えてしまう。 そして恋愛や人間、社会に対する価値観や考え方が、ポジティブになれなかった。 それでも生活は絶え間なく続いていくのである。 私は、このことがある種、この作品の説得力を生んでいると思っている。 違和感の元の多くは人間の中にあり、どうしようもできないことがあふれている。 そうした状況では、ともすれば絶望感を感じてしまうかもしれない。 しかし、この作品でそうはならないのだ。 それはおそらく、この作品の中に無数に散りばめられている詩の言葉と、その言葉に宿った自己肯定感を上手く映像に落とし込んでおり、決してくどくなく、それでいて鋭利に感情を揺らしてくる。 このような体験は初めてだった。 大都会で分かり合える理解者を得られないまま不安と孤独に苛まれて生きる男女。 そんな2人がふとした偶然から出会い、少しずつお互いの距離を縮めながらやがて理解者同士となり結ばれてゆくラブストーリーです。 この映画を見て最初に感じたのは、家族の下を離れて一人で暮らすどうなるのだろうかと言うことです。 個人的な話ですが、恥ずかしながら私は生まれてからずっと実家暮らしで両親と生活を共にしてきたため、一人暮らしによる孤独というものを未だに体感したことがありません。 見知らぬ土地に引っ越して一人で暮らした時に味わう寂しさを知ってこそ、本当の意味でこの映画を理解できる境地に達するのかも知れないと感じました。 また、この映画は原作か詩集らしくて、登場人物たちが話す言葉も、意味ありげで噛みしめないと理解できないシーンが多いです。 登場人物たちの置かれた状況に自分を重ね合わせて共感の度合いを深めることで、映画に込められたメッセージがはっきりと伝わってくる、そんな映画ではないでしょうか。 世の中、器用に何もかも思い通りな人生を歩む人なんてほとんどいないことでしょう。 大半の人々は何かしら悩みを抱え、思い通りに進まない不器用な人生を余儀なくされていることでしょう。 そのことを踏まえれば、大半の人々は、この映画の主人公たちに共感できる部分を見い出せると思います。 まとめ.

次の