シトロエン c3 エアクロス。 シトロエン C3 エアクロス 2018 写真・動画情報

シトロエンの中古車

シトロエン c3 エアクロス

日常での使い勝手を高める装備を搭載 シトロエンの新世代コンパクトSUV、C3エアクロスが欧州でヒットしている。 発売から9カ月足らずで9万台を販売しており、地元フランスでは3万5000人がオーナーに。 この勢いをさらに加速させるようなスペシャルエディションが欧州で発表された。 「C3エアクロス・リップカール」だ。 「リップカール」は、すでにC4やC4スペースツアラーなどに設定されており、同モデルの一員として今回、C3エアクロスが加わることになった。 この特別仕様車は、内外装の一部に専用パーツが用いられるほか、7インチのタッチスクリーンを組み合わせるシトロエン・コネクトナビ3Dやオートエアコン、ヒルディセントコントロールといった日常での使い勝手を高める機能や装備が盛り込まれている。 内外装の特徴としては、「ブルーカラーパック」が用意され、ヘッドライトの縁取りやドアミラーカバー、シート表皮の一部などをブルーカラーにすることが可能。 そのほか「ホワイトパック」もラインナップされ、ボディカラーとのコーディネイトが楽しめる。 搭載エンジンはガソリンが110psまたは130psの2機種、ディーゼルが100psまたは120psの2機種で、6速MTか6速ATを組み合わせる。 ちなみに欧州での販売価格は2万2600ユーロ(約291万円)から。

次の

CITROËN C3 AIRCROSS SUV:シトロエン公式サイト

シトロエン c3 エアクロス

日常での使い勝手を高める装備を搭載 シトロエンの新世代コンパクトSUV、C3エアクロスが欧州でヒットしている。 発売から9カ月足らずで9万台を販売しており、地元フランスでは3万5000人がオーナーに。 この勢いをさらに加速させるようなスペシャルエディションが欧州で発表された。 「C3エアクロス・リップカール」だ。 「リップカール」は、すでにC4やC4スペースツアラーなどに設定されており、同モデルの一員として今回、C3エアクロスが加わることになった。 この特別仕様車は、内外装の一部に専用パーツが用いられるほか、7インチのタッチスクリーンを組み合わせるシトロエン・コネクトナビ3Dやオートエアコン、ヒルディセントコントロールといった日常での使い勝手を高める機能や装備が盛り込まれている。 内外装の特徴としては、「ブルーカラーパック」が用意され、ヘッドライトの縁取りやドアミラーカバー、シート表皮の一部などをブルーカラーにすることが可能。 そのほか「ホワイトパック」もラインナップされ、ボディカラーとのコーディネイトが楽しめる。 搭載エンジンはガソリンが110psまたは130psの2機種、ディーゼルが100psまたは120psの2機種で、6速MTか6速ATを組み合わせる。 ちなみに欧州での販売価格は2万2600ユーロ(約291万円)から。

次の

C3 エアクロス(シトロエン)の中古車

シトロエン c3 エアクロス

シトロエン本社が、新しい小型SUV「C3 エアクロス」を発表しました!今年2月に発表され、3月のジュネーブ国際モーターショーに初出品された「C エアーコンセプト」の市販バージョンです。 この「C3 エアクロス」が、なかなかに可愛らしいので、ご紹介しましょう! 「C3 エアクロス 」はパーソナライズ性能が自慢! コチラが今回発表された「C3 エアクロス」。 同社のコンパクトモデル「C3」をベースにした、小型SUVとなります。 リリースで猛プッシュされているのは、 全長4150mmのコンパクトボディにシトロエンの最新デザイン言語を表現している。 と記載されているエクステリア。 前記の「エアクロス・コンセプト」と、クラシカル・シトロエンの優雅なデザインにインスパイアされた「C3 エアクロス」のエクステリアは、新しいながらも何処か懐かしい雰囲気を感じさせます。 8カラーも用意される豊富(かつポップ)なカラーラインアップに加えて、4種類のルーフカラーと90種類の外装の組み合わせが可能! 本車両がメインターゲットとしている若い世代に強く訴えるべく、圧倒的なパーソナライズ性能を誇ります。 C3のエンジン さて、可愛さ命の「C3 エアクロス」ですが、念のためパワートレインなどもご紹介しておきます。 今回発表されたヨーロッパ仕様は、ガソリンとディーゼルの両方が用意されます。 ガソリンエンジンは、最高性能バージョンには、PureTech 130エンジンと6速マニュアル・トランスミッションの組み合わせ。 PureTech 110搭載モデルには、オートマチック・トランスミッションが搭載されるそうです。 一方のインテリアですが、コチラは今時の車両に相応しく、コネクティビティを追究した仕様とされています。 具体的には、ヘッドアップディスプレイの採用のほか、スマホのワイヤレス充電が可能とされているなど、4種類の最新コネクト技術を搭載しています。 また、12種類の運転支援システムを含む、ヨーロッパ最新の安全技術が採用されている点も見逃せません。 いかがでしたでしょうか? ポップなエクステリアの小型SUV「C3 エアクロス」。 ホイールベース:2,600mm.

次の