大阪 バス ガイド コロナ。 新型コロナウイルス大阪市病院どこ?バスガイドの感染経路やバスルートは?

新型コロナ再陽性の大阪バスガイド女性のケースは再感染か再燃か

大阪 バス ガイド コロナ

厚生労働省は1月29日、日本人初の感染例となった60代男性が運転するバスに同乗していた女性バスガイドが新型のコロナウイルスに感染したことを確認したと発表した。 女性は40代で大阪府在住。 肺炎と診断され入院している。 男性はバス運転手として中国湖北省武漢市からのツアー客を乗せたが、自身の滞在歴はなかった。 厚労省はツアー客からうつったとみて感染経路を調べている。 国内で人から人に感染した初の事例で、日本人の感染確認も初めて。 運転手の男性は1月8~11日に大阪から東京へ、12~16日に東京から大阪へと武漢からのツアー客を乗せた。 14日にせきなどの症状が出て、17日に奈良県内の医療機関を受診。 25日に肺炎と診断された。 せきなどの症状は改善しており、重症ではないが、奈良県の医療機関に入院した。

次の

新型コロナウイルス大阪病院どこ?日本国籍のバスガイドが感染!

大阪 バス ガイド コロナ

これまでに分かっている詳細をまとめた。 年齢は40代• 大阪市在住• バスガイドをしていたバスの運転手は国内で6人目の奈良在住運転手• バスガイドしていたツアーでは、中国・武漢からの観光客を乗せていた バスガイド自身は武漢に居た経歴は無く、今回はバスツアー時の観光客、もしくはバス運転手からのヒトヒト感染だという事がわかる。 指定感染症の場合、強制的に入院措置を行うことができ、入院先の病院も決められている。 大阪の場合、以下の3つの病院が指定病院となっている。 りんくう総合医療センター• 堺市立総合医療センター• 大阪市立総合医療センター つまり新型コロナウイルスに感染したバスガイドはこのいずれかの病院に入院している事になる。 新型コロナウイルス感染者のバスガイドの病院は大阪市の病院 大阪府は29日、大阪市内の病院に入院中の市内在住の40代女性が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表した。 厚生労働省によると、女性は外国籍だが中国・武漢市への最近の渡航歴はない。 28日に感染が確認された奈良県の60代男性が運転していたバスにガイドとして同乗し、ツアー客らと行動していたという。 引用元:日本経済新聞 【速報】 28日に感染の男性運転手のバスに同乗 女性バスガイドも感染の疑い 大阪市内で入院中 CBCテレビ — 🐲まーさん 豊橋竜党🔥【公式】 MOyakyu0923 メディアでの報道では、新型コロナウイルスに感染したバスガイドは大阪市内の病院に入院しているという。 大阪で指定感染症の受付先は、大阪市立総合医療センターのみだ。 つまり、バスガイドは大阪市立総合医療センターに入院しているということになる。 大阪市立総合医療センター周囲の地図 新型コロナウイルスに感染したバスガイドの症状は? 報道によると、バスガイドは入院しているものの、既に症状は落ち着いているとのこと。 厚労省や大阪府によると、女性は20、21日両日、発熱を訴えて東京都内の医療機関を受診したが、その際は肺炎とは認められなかった。 症状が改善されなかったため、23日に大阪市内の保健所へ連絡し、府内の医療機関を再受診。 コンピューター断層撮影(CT)検査で肺炎と診断され入院した。 引用元:JIJI. com しかし20日から二日間にかけて発熱もしており、その後の写真で肺炎と診断されている。 新型コロナウイルス感染者の中には無症状の感染者もいるらしいが、バスガイドは確かに症状として出ていたことになる。 問題は症状が出ているにも関わらず最初に肺炎と診断できなかった点だろう。 感染症はインフルエンザも含め、数回の検査でようやく陽性が認められる場合も珍しくない。 まとめ 新型コロナウイルスが国内で確認された症例として大阪在住のバスガイドは8人目だ。 バスガイドは武漢に訪れていないことからヒトヒト感染による感染ということになる。 バスガイドは大阪の大阪市立総合医療センターに入院している可能性が高い。 既に症状は落ち着いている。

次の

新型コロナ再陽性の大阪バスガイド女性のケースは再感染か再燃か

大阪 バス ガイド コロナ

新型コロナウイルス大阪の病院どこ?女性バスガイドの入院先は? 感染したバスの運転手と同乗していたバスガイド女性も。 — パジャマ LTx7NYOmqH1aVy6 テレビなどの報道で、 新型コロナウイルスに感染した女性バスガイドさんの病院(入院先)が 「大阪」であるという事がわかりました。 大阪といっても多くの病院があり、 いったいどこの病院?と思われたかもしれません。 ですが、 感染症患者を入院させる医療機関は厚生労働大臣によって指定されているのです。 医療機関には、エボラ出血熱などの感染症を扱う「第1種」、SARSなどの感染症を扱う「第2種」、未知の感染症も扱える「特定」という3種類があります。 新型コロナウイルス(新型肺炎)は、この3つの種類のどの病院でも受け入れ出来るようになっています。 では、この3種類の 「大阪府内の感染症指定医療機関」を見てみましょう。 市立豊中病院(豊中市)• 市立ひらかた病院(枚方市)• 大阪市立総合医療センター(大阪市)• 堺市立総合医療センター(堺市)• 大阪はびきの医療センター(羽曳野市)• りんくう総合医療センター(泉佐野市) この 6つの病院になります。 ニュースでは、 大阪府などは、新型コロナウイルスに感染した奈良県に住むバス運転手と同じバスに乗っていたガイドの女性が、大阪市内の病院に入院していることを明らかにしました。 となっており、 大阪市内の病院に入院している事がわかっています。 大阪市内の感染症指定医療機関となると、 「大阪市立総合医療センター」しかありません。 もちろん絶対ではありませんが、可能性は高いように思われます。 ネット上の口コミでも、そのようなコメントが見受けられました。 おそらく大阪市立総合医療センターやろな。 感染者を隔離しながら陰圧の部屋がある市内の病院。 容態は安定しているみたいやけど安易に考えずにとことん経過観察してほしい。 — Didi didididisa は。 大阪市内の病院ってそんなん 大阪市立総合医療センターしかないやん。 あと全部指定感染症医療機関 市外やんけ。 おーまい。 Osaka Metro(谷町線)都島駅や、 JR大阪環状線桜ノ宮駅が最寄駅となる病院です。 新型コロナウイルス大阪女性バスガイドの感染経路は? 奈良の運転手と同乗したバスガイドさん。 新型コロナウイルス感染。 武漢ツアー客からの感染か、運転手からの感染かは不明。 バス運転手から感染となれば国内初のヒトヒト感染となり深刻な事態となりうる。 — ゼロワン zerozero09 新型コロナウイルスに感染してしまった女性バスガイド(ツアーガイド)さんは 大阪在住の中国国籍の方(中国の旅行会社所属)で、中国から観光に来られる方のツアーガイドをしていたようです。 感染経路としては、 先に感染が判明している奈良県在住のバス運転手さんと同じバスに乗っていたという事がわかっています。 そのバスには武漢市からのツアー客約30人が乗っていましたが、そのツアー客の中に明らかに発熱している人や症状が出ている人はいなかったとのこと。 ですのでハッキリとした感染経路は不明ですが、 ツアー客から感染した2次感染、 バス運転手さんから感染した3次感染、両方が考えられるようです。 本当にお気の毒な話なのですが、同じバスに乗っていた運転手さんも新型コロナウイルスの感染がわかっているので、このお仕事で感染した事は間違いないようですね。 新型コロナウイルス感染のツアーのバスルートは? バスガイドの女性も陽性でしたね。 コロナウイルスを乗せたバスが辿ったルート🚎 バスの中にスーパースプレッダー 強力な感染源 がいたかも知れません。 バスの中の全ての人が感染してると思う。 ちなみに現在わかっている情報ですと、このバスは 東京都、山梨県、奈良県を観光しているとの事です。 バスガイドさんの立ち寄り先としてわかっているのは、• 成田空港• 奈良公園(奈良市)• 大阪湾近くのベイエリア(15日)(詳しい施設名は未公表ですが、USJ、ATC、天保山、海遊館などがあります)• 大阪城エリア(16・17日)• 心斎橋エリア(16・17日)• 関西空港(17日) 風評被害のおそれがあるという事で すべて公表はされていませんが、少しずつ分かってきました。 新型コロナウイルス大阪バスガイドの感染が判明するまで バスガイドさんが新型コロナウイルスに感染してから、 世間に公表されるまでを時系列で書いてみました。 1月12日~17日:東京から大阪に向かうバスに乗車し、武漢市からのツアー客を案内。 (15日大阪ベイエリア、16日府外、大阪城エリア、心斎橋エリア、17日関空、大阪城エリア、心斎橋エリア) 1月20日:発熱したため、東京都内の医療機関を受診。 (経過観察だったため、新幹線と地下鉄で大阪市へ戻る) 1月23日:発熱が続いたため大阪府の医療機関を受診し、肺炎と診断。 1月29日:新型コロナウイルス(新型肺炎)と判明。 40歳代の中国籍の女性バスガイドさんは、ご家族はもちろんお子様もいらっしゃるかもしれません。 東京と大阪を往復されていますし(しかも公共交通機関利用)、感染拡大が心配ですね。 新型コロナウイルス大阪女性バスガイドの病院・感染ルート・バスルートまとめ 新型コロナウイルス(新型肺炎)に感染している、 大阪の女性バスガイドさんの病院や感染ルート、 バスルート・ 感染判明までの行動についてまとめました。 大阪市内にある感染症指定医療機関(病院)は 「大阪市立総合医療センター」しかありませんので、ここに入院されている可能性は高いですが、絶対そうであるとは限りません。 私たちは出来る限り マスク、手洗い、うがい等で予防をして、冷静に行動する必要があると思います。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の