コロナいつまで予言。 次なる予言、コロナウイルスで必要な物|上位1%の頭脳、ギフテッドとして生まれた。|note

2020年に新型コロナウイルスの発生を予言したシルビア・ブラウンが見た未来の世界とは?

コロナいつまで予言

Contents• 予言とはそもそも? 予言という言葉を履き違えて、違っている者が多いと感じる。 そもそもこの言葉は言ってしまえば、宗教的な意味合いが色濃く反映されていると認識している。 そして、 必中 ( 必ず当たるもの)でなければ、予言という言葉の意味には当てはまらない。 加えて、合理的な説明が出来る見通しというのは、予言とは言えないと定義されている。 仮に『Aである』と予言したとして、答えは『Bだった』とするのであれば、これは予言ではなく単なる予想であっただけの話。 今回のコロナウイルスに関しても、既に以前から予言されていたと言って憚らないメディアも少なからず存在している。 これは単なる後付けであり、後付けならば何とでも言えるというのが個人的感想なのだ。 現代において予言者ということで広く認知されている人物として挙げるならば、エドガー・ケイシーやジュセリーノであるが、懐疑的な見方をしている者も多い。 私もその口なのだが、人々の『わからないことへの不安』を取り除く一つの精神的支柱となるという意味においては、価値ある人物として考えている側面もある。 コロナウイルスがいつまで続くかの予言? コロナウイルスの蔓延により、世界中がパニックを起こしている昨今。 株式市場をはじめとする金融の世界でも、これが切欠となって凄まじい暴落の憂き目を見ている。 物理的に何の関係がない分野にまで、非常に損失を出しているコロナウイルスではあるが、これがいつまで続くのか?を予言してくれる者がいるとすれば、縋りつきたい人間がいるのも仕方がないことなのかも知れない。 よくよく氾濫している情報を紐解いて考えてみると答えが見える。 前述したように予言というものは、『必中』でなければ予言という言葉の定義には合わないと個人的に考えている。 なので、それが出来る人間はいないと断言してもいいくらいだ。 今はメディアなどもこぞってコロナウイルスの危機を煽り、人々に恐怖感を植え付けているという見方も出来る状況だ。 そんな中で『予言』という根拠に欠けるものに縋ったところで、それを信じてしまって日々の行動を決めてしまうのは早計であると思うのだが。 実際に現在、確実にいつまで続くのかを何時何分何秒という単位で、指摘している者は誰もいない。 つまり、予言などは出来ないことを匂わせている一種の答えでもあるのだ。 コロナウイルスがいつまで続くのかの予言ではなく予想ならば・・・ コロナウイルスがいつまで続くかという予言ではなく、予想ならば可能であるが、それも確実とは言えない。 方法としては過去の類似ケースを紐解いて、人々がどう動いたかなどを分析することで、終息はどの程度の期間が必要なのか?というものを計ることは可能。 今回の新型コロナウイルスは2003年に大規模な広がりを見せたSARSのいわば親戚みたいなものである。 2003年のSARSは14ヶ月で終息をみたと言えるが、今回もそれに当て嵌まるかどうかは断言出来ないところだ。 しかし、1年間という短い様で膨大な時間の中において、相手が例え未知の病原体だったにせよ抗う結果が一つとして出ないなんてことはあり得ないと感じる。 実際には予言ではなく予想ということであるので、事態はもっと早期に終息を見るかも知れない。 或いはMERSの様に現在進行中の伝染病として、人々がそれを認知する形で落ち着くかも知れない。 個人的には、コロナウイルスがいつまで続くのか?という問いは必ずしも適正ではないと感じている。 もっと具体的に言うのであれば 『 コロナウイルスが切欠で起きている様々なパニックはいつまで続くのか?』 『 コロナウイルスが不安材料であり続ける期間はいつまで続くのか?』 と、いう方が正しいといえるだろう。 これら問いの答えならば、早ければ夏・・・わずか数か月のうちにパニックは終わりを迎えると感じている。 何故ならば人々は不安ばかりを抱えては生きていけないし、不安を感じる要因である情報というのに慣れる生き物であるからだ。 実際にこういったパニックを助長しているのは、大手メディアなどであると言っても過言ではないが、ここは特定の組織などを否定する場所ではないので割愛する。 後者の問いに関して言えば、抗ウイルス薬やワクチンが開発されて一般普及するするまでは、前例をなぞるならば少なくとも一年の期間は必要なのかも知れない。 しかし筆者はコロナウイルスをそれほど恐れていないのだ。 むしろ恐れているのは、恐れることを必要としないコロナウイルスが切欠となりパニック心理が働いて、多大な損失を被っている金融市場の在り方や、人々の意識だ。 それらは本来、全く関係のないところにまで飛び火して、失わなくても良かったものまでも失わせる悲劇に繋がるからだ。 残念なことに金融市場においては、経済の総本山であるアメリカとて食い止めることが出来なかったので、時間の経過が必要というしかない。 加えて人々の意識も未だに薬局などにいっても、紙類が品薄であることからみても、不安を煽って増長させた個々のパニック心理は非常に罪深いと言わざる得ない。 コロナウイルスがいつまで続くのかの予言や予想についてのおわりに コロナウイルスの世界的な蔓延が切欠になり、誰にも分からない未来への予言や予想に注目が集まるのは、考えようによっては仕方がないのかも知れない。 だが、それを完全に結果を言い当てられる人間などは誰もいない。 分からないのだ。 分からないならば、考える必要もそもそも無い。 考えるからこそ、前述したようなパニックが起きてしまうのだ。 そしてそれが本来は起きなかった筈の損失や悲劇を生み出す要因となる。 しかし、こうした考えを日常の生活に取り入れて生きている人間は極々、僅かであることは言うまでもない。 事態の終息は考えるのではなく、『待つ』ことしか手立てはないというのも、悲しい現実ではあるが、受け容れなければならないと感じざる得ない。

次の

コロナ収束時期をスピリチュアルな予言で予測!最新情報も|スピリチュアルたまてばこ☆

コロナいつまで予言

「 2020年頃、肺や気管支にダメージを与える肺炎と似た病気が世界中に広がり、あらゆる治療法が効果を発揮しないだろう」 2008年に出版された「End of Days: Predictions and Prophecies About the End of the World」という書籍の中に、現在世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルスのことを予言したと思われる個所がみつかり世界中で話題になっている。 す、すげ~!! というわけでこの記事では、彼女の新型コロナウイルスについての予言や、この書籍に記載されたその他の予言も紹介したい。 In around 2020 a severe pneumonia-like illness will spread throughout the globe, attacking the lungs and the bronchial tubes and resisting all known treatents. Almost more baffling than the illness itself will be the fact that it will suddenly vanish as quickly as it arrived, attack again ten years later, and then disappear completely. 2020年頃、肺や気管支にダメージを与える肺炎と似た病気が世界中に広がり、あらゆる治療法が効果を発揮しない。 病気そのものよりも不可解なのは、それは突如として表れ、同じように突如として消え失せてしまうだろう。 そうして10年後、再び流行し、そして完全に消えさる。 これは2008年に出版された「End of days」の中の新型コロナウイルスに関して言及していると思われる部分。 2020年。 肺炎と似た疾患。 治療が困難。 すべてが現状を正確にいい当てているような気がする!! この予言が正しいとすれば、新型コロナウイルスは近い未来、ある日突然収束に向かうのだろうか。 もしシルビアさんがホンモノの予言者なら、ほかにどんな予言をしていたのか? どんな未来を見ていたのか? 気になるところ。 というわけで、予言者シルビア・ブラウンが著書で語ったその他の予言がこちら。 2020年代後半までにドーム型の都市が建設され、最終的には裕福な人たちだけがそこに住む。 未来の建物=ドーム型。 だれもが考えそうな近未来像だ。 でも、このまま地球の気候変動が加速して人が住みにくい環境になったら、都市をまるごとドームで囲って気温や湿度を管理するってのも合理的な気がする。 地球の気候を変動させるのは無理でも、ドームの中の気候を自由にコントロールするのはできそうだしね。 シルビアさんの予言は当たるのか?? シルビア・ブラウンさんは予言の内容と同じくらいブッ飛んだ人だったらしい。 いろんなトークショーにゲストとして参加して、ブッとんだ予言を披露!! その予言がまったく当たらなかったので、評判も非常に悪かったとか。 重い精神疾患を患っていたという話もある。 2020年の肺炎と似た疾患についての予言も、2003年頃に世界中で流行したSARSにインスパイアされたものだとも考えられる。 彼女は生前に何千もの適当な予言を残しているが、そのうちのひとつが偶然、現実と似通っていた。 真相はそんなところだろう。 結局シルビアさんは、予言の結果を見ることなく2013年に亡くなっている。 シルビアさんはホンモノの予言者なのか? もしそうだとしたら、アトランティス大陸やレムリア大陸が浮上したり、隕石が降ってきたり、少子化が進んだり、いろいろ大変そう。 でもまあ…恐らただのデタラメだろう、きっと。 もしホンモノの予言者なら、新型コロナウイルスの治療法についても予言しておいて欲しかったものですね。

次の

東京オリンピックはコロナで中止?松原照子が2013年に予言に当たりそうの声!

コロナいつまで予言

3ヶ月後なので 7月の頭ということですね。 「(コロナウイルスをきっかけに社会が大きく変わる。 そして) 2023年に新しい社会が形作られて安定してくる。 」 と予測されているようです。 コロナが収束したら元通りの生活になる、ということではなくコロナをきっかけに社会の仕組みや構造が大きく変わると考えている方はスピリチュアルかどうかを問わず多くいますね。 コロナウイルスによって私たちは、破壊と再生の「破壊」を経験しているのかもしれません。 2023年に落ち着くと思うと長いような短いような…。 収束見込みはまだ先…?4月末から5月頃に節目か【ゲッターズ飯田】 2020年の「ゲッターズ飯田の世相占い」を分析したという Obatea占いのサイトでは「 新型コロナウイルスの収束はまだ先となりますが、4月末から5月頃に節目を迎えます。 」と書かれています。 5月半ばに収束見込み?【 カメリア・マキ】 また、現代占術の最高峰である占い師だという カメリア・マキさんが書かれたサイトでは 実はこの木星と土星が「合」という配置は、2019年12月4日から始まっており、 何かと災害の多かった2019年に続いて、何かが起こる不穏な配置でした。 (中略) これは1月4日から始まり、星座を移動しながら2月17日以降、ピークを迎えます。 3月23日にいったん抜けるのですが、再び4月1日から現れ、4月10日の満月前後が猛威をふるう頂点となるでしょう。 この配置が終了するのは、5月14日です。 と書かれています。 みんなが仕事を休んだら収束していく【そうた】 ここからは少しぶっ飛んで(笑)収束見込みの 明確な時期ではなくなります。 こちらの動画では4:25あたりからコロナウイルスのことを話しています。 具体的にいつコロナが終息するのかという話ではありませんが、コロナウイルスをきっかけに社会が大きく変わるという考えは、一番はじめに紹介したシンガー兼ホロスコープ鑑定士のCOMA-CHIさんと共通していますね。 コロナの収束見込み・予測(非スピリチュアル) コロナがいつまで続くかという予測についてスピリチュアルでは無い、 一般的な新聞などに見られる収束見込みを見てみましょう。 コロナの収束見込み— 約4週間か 3月26日のによると 中国の感染爆発は 約4週間で収束し、韓国は 約3週間で収まっている。 イタリアも感染爆発が始まってから約3週間が経過し、新規感染者はピークを過ぎたように見える。 各国の対策はほぼ同じなので、早期に対策をとれば感染爆発は4週間程度で収まることが予測される。 ということは、 ヨーロッパと米国での感染爆発は4月中に終わる可能性がある。 と書かれています。 しかし、『それで問題が終わるわけではない。 』と続きます。 多数の感染者が出た武漢において多めに見積もったとしても 感染者は人口の1%です。 人口の7割前後が感染すれば獲得できる 集団免疫には程遠く、有効なワクチンが開発されない限り一度収束したとしても、 新たに感染者が入ってきたら再度感染が広がる可能性がある、と述べられています。 日本も緊急事態宣言が出されたので、諸外国のように感染を封じ込めることができれば 4週間後の5月頭を目処に収束する可能性が有りそうですね。 コロナの収束見込み— 夏前までか 他のコロナ収束見込みをみてみましょう。 ここにあげるの記事では遺伝子的に類似している 重症急性呼吸器症候群(SARS)が流行した地域の夏に「終息宣言」が出されたことから 夏前を目処に一定程度減る方向に向くと予測されています。 政府専門家会議のメンバーで、日本感染症学会の舘田一博理事長(東邦大学教授)は、「(日本は) 4月以降は気温や湿度が上昇し、ウイルスが生き延びにくい環境になる」と、ウイルスの弱点を説明する。 収束時期は 「集団免疫などさまざまな要素が絡むので、正確には分からない」としながらも、気候が温暖になる夏前をめどに、ウイルスは一定程度減る方向に向くと見る。 しかし、 SARSは症状が出やすく、囲い込んで対処することができたのに対し、 新型コロナは感染しても症状が出ない人が一定数いることが確認されており、この「無症状病原体保有者」が、 ウイルスの封じ込めを難しくするとの指摘は多いようです。 『人との接触を極力減らす』というような 個人個人の行動によって、コロナウイルスがいつまで続くか、というのは変わってきそうですね。。 コロナがいつまで続くか、予測・予言は難しいのか コロナウイルスがいつ収束見込みは人々の行動やワクチンの開発、政府の対応によっても変わってくるため、正確に予測・予言は困難だと言えるでしょう。 誰が感染しているか分からないウイルスなので一人一人の行動によって感染の拡大が左右されてしまいます。 新型コロナウイルスのワクチンの開発状況についてはこちらの記事にまとめました。 せっかくゴールデンウィークがあるので4月末に収束見込みがあるという説を信じたいところですが、実際はどうなるかわかりませんね。。 今後の政府の方針もどうなるかわかりませんし、商業施設も自粛が続く可能性もあります。 ゴールデンウィークは 様子を見ながら計画を立てるか、 野外でのキャンプなどウイルス対策のできる方法で楽しむのが良いさそうです。 まとめ コロナウイルスの収束見込みがいつになるかは様々な説がありますが、一度収束してもまた感染が広がるという可能性も考えられます。 日々ニュースを見ていると不安を感じ、外にもでられない…そんな生活では 誰でも気が滅入ってしまいますよね。 笑っている方が免疫は高まるようですし、なるべく安心して楽しく日々を過ごしたいものですね! ニュースは気になることもありますが、ニュースなどコロナウイルスの情報ばかりを追って 不安や心配してばかりの時間を過ごしていないか振り返ってみてはいかがでしょうか? 自宅待機の期間にも自宅でできることは色々有ります。

次の