ドイツ 村 キャンプ。 ドイツ国際平和村

2020年 東京ドイツ村へ行く前に!見どころをチェック

ドイツ 村 キャンプ

チャチャっと積み込んで(妻君は指示で積込作業は私だけどね…😭)8時過ぎには出発し予定通り9:45に到着。 いつもは我が家だけでのキャンプなのですが、今回は初めて家族ぐるみのお付き合いのご家族、Sさんご一家、と一緒のキャンプ🏕 愛車は黒のエルグランド!😎カッケー😙 到着して受付を済ませてテント設営。 まずは場所決め。 火を起こせる所にも近いので。 ただし車からは遠い。 天気が良いのでちょっと干しておきます。 ほっとくと自然に膨らむけど時間がかかるので今から敷いとく。 先陣を切って歩いてました。 受付をして早速いただきます。 甘ければまだしもこれだけ酸っぱいとそんなに数は食べられず… みかん狩り終了時刻になったので下丘します。 こ、腰が…💦 ジージの森に戻って子供達はまた遊び回っていました。 普段はすぐ「疲れた〜」とか言うのに、楽しいことしてるときの体力は底なしです😑 私と妻君は食材を買いに近くの伊藤スーパーに。 「肉の品揃えが豊富」とWebに書いてありましたがBBQに適した肉はあまりなかったなぁ。 あと野菜が高かったし。 食材は家の近くのスーパーで買ったものを持ってくるべきでした。 調理はタープテント内のツーバーナーコンロを使うことに。 そこで、持ってきてた焼きおにぎりと伊藤スーパーで買ってきた鱈とキノコをアルミホイルで落し蓋をして調理。 あと、朝食用に買ってきたパン🍞などあまり調理のいらないもので何とか凌ぎました😓 風が強くて冷たくとても外にはいられなかったので、ウチのリビングシェル(シェルター)に避難し、テーブルやマットを敷いて夕食。 2日目のチェックアウトの時間も厳しくないので1泊2日でも結構ゆったりできました。 これまでのキャンプ場ではチェックイン・チェックアウトの時間を考えると2泊3日でないとテント張ってまたすぐに片付けという感じでしたので、それを考えるとここのキャンプ場はちょっとお高くてもお得かも。 あ、そう言えばここのキャンプ場、ファミリー限定なのをキャンプ場説明編に書くの忘れてました😅 芝生、禿げてる所もなく、ふかふかでなかなか良かったです。 ここには二度ほど来たことがあるのですが、全部を見きれてなくて、キャンプ場があることもみかん狩りをやってることも初めて知りました。 テントはWILD-1というアウトドア用品店で展示してあって良さげだったので買いました。 シェルターというタイプです。 結構サイズがあるので一区画が大きめのキャンプ場じゃないと設営できないという欠点はあるもののその分ゆったりできますね。 僕自身は超インドア派でそもそもキャンプが苦手なので雨のキャンプなんて考えられなかったのですが、初回にゲリラ豪雨の洗礼を受けたので、まぁ慣れました。 子供達が喜ぶのが良いなと。 大きくなって一緒に行かなくなったら妻君と2人で行くことになるけど、その時はキャンプじゃなくて普通にホテルや旅館、車中泊かなぁ。

次の

菅沼キャンプ村☆菅沼キャンプ場

ドイツ 村 キャンプ

ドイツ国際平和村(ドイツこくさいへいわむら、Friedensdorf international)は1967年7月6日、の市民団体の手によって、戦争や内乱に巻き込まれ傷ついた子供達を救済するためのNGOとして誕生した。 ドイツのの町で、そのスタートが切られ、今日もそこに本部を置いている。 ドイツ国内の他の都市には平和村の支援組織がある。 きっかけになったのは、イスラエルとエジプトの間の六日間戦争()であった。 活動の主体は、戦災により傷ついた子供達の医学的な治療で、現地ではできない手術や高度な治療がヨーロッパでなら出来る場合、あるいはより良い治療がヨーロッパでなら出来る場合、そうした子供達をヨーロッパに連れてきて治療を受ける機会を提供することである。 但し、その両親ないし片親が現地にいて、治療が終了したら子供が親の元に帰ることが前提になっている。 やなどの仲介は行っていない。 もちろん、子供達が母国で治療が受けられればなお良いということで、紛争、戦闘の続く世界各地の現場にも国際平和村が、現地のスタッフと共同で治療キャンプを設営、運営するという活動も平行して行われている。 、、、などに平和村が設置され、治療などの活動を展開している。 1989年には、アメリカ合衆国のカリフォルニア州で活動している"Children as the peacemakers foundation"という団体から国際平和賞を、また社からも"Ygdrasil"(The Tree of Life)という賞を授与されている。 1990年にはフランスの退役軍人の団体から「平和の名誉メダル」を受賞。 ドイツ国内、および日本を含む西側先進国には平和村の支部ができ、世界各国からの募金集めの活動と平和村の活動の広報活動を行っている。 日本では、女優のが、TVクルーと共に訪問、TV番組として報道されて以来、日本からも多額の募金が届くようになった。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• 公式サイト(日本語)• 英語サイト•

次の

ベスト10 ドイツのキャンプ場 【トリップアドバイザー】

ドイツ 村 キャンプ

東京ドイツ村の「ジージの森ファミリーキャンプ」に行ってきました🙂 一日20組までのこじんまりとしたキャンプ場で、「祝日前日」と「土曜日」のみチェックイン可という変則的な営業日です。 なお、連泊可能とのことで、3連泊のキャンパーもいらっしゃいました。 車で5分くらいのところに伊藤スーパーがあります。 和牛の品揃えは良いものの、和牛以外の焼肉用肉は味付け肉しかなく、野菜もキュウリ3本300円と高めでイマイチでした。 自宅から持って行けば良かった😑 東京ドイツ村の園内図です。 一日目の入場料とキャンプ利用料が必要ですが、二日目の入場料は無料になります。 途中退園可能です。 普通のキャンプ場に比べるとやや高めですが、アトラクションやミニ動物園等々、色々と遊べますし、イルミネーションも楽しめるので大変満足できるところだと思います。 実際、お昼前には満車状態で大賑わいでした😅 大変満足できたキャンプでしたが、ほんの少しだけ「もう少し…」と思った点がありました😣 次の4点です。 テントの所で炭や薪が使えないので、これはかなり不便でした。 そう遠くはないものの柵内に欲しかったですね。 特に小さい子供連れにとってこの距離はちょっと大変だと思います。 ただし、寒くて浴びなかったので、お風呂があったからといって入らなかった可能性は高いですが。 皆、柵を越えていましたけどね。 キャンパーの中には簀のようなものの上に置いて火を使ってた人がいましたが、あれはセーフなのかなぁ…? この措置は、芝生の保護のためとのことです。 確かに芝生はふかふかでとても良好でした。 ただ、電話予約した時に「敷地内のBBQレストランを使って欲しいので」とおっしゃってて、中々のド直球でかえって清々しさを覚えました😅 色々書きましたが、 ・1時間半で行ける近さ、 ・アトラクションに乗らなくても、森の中を探検したり、斜面から飛び出してしまいそうなブランコ、遊び道具もあって子供達が走り回って大満足してたこと、 ・夜にはイルミネーションも楽しめる、 ということで、妻君はここがかなり気に入ったみたいでした😆 前説でした🙂 (「東京ドイツ村へキャンプに行ってきた(1日目)」へ続く).

次の