弔電 例文。 お悔やみ・お悔やみ文例|電報なら【ほっと電報】

葬儀に送るメッセージの種類とは?送り方や例文・お返しのお礼も解説|終活ねっと

弔電 例文

祖父母が亡くなった場合、孫ならばなるべくなら通夜や葬儀に出席して直接お別れをしたいものです。 しかし遠方だったり、用事があったりなど様々な事情で通夜や葬儀に出席が出来ない場合は孫からの弔電やお花をおくるようにしましょう。 弔電やお花はいとこや兄弟で連名にしてもかまいません。 孫がまだ幼いのなら親が代理で弔電を手配するようにしましょう。 孫から送る弔電は文例にとらわれすぎずオリジナリティあるものにしよう 祖父母が亡くなった場合、葬儀や通夜に出席をしたいものですが、様々事情で参列できない場合は孫からの弔電を送りましょう。 弔電とはある程度メッセージのパターンが決まっていて文例も多々見つかりますが、孫からの弔電の場合は、文例そのままの決まり切ったパターンのものだと他人行儀です。 少しオリジナリティのある、祖父母と孫との交流が想像できるものが好ましいです。 孫からの弔電では生前の祖父母との交流が想像できるものがよい 祖父母が亡くなって葬儀に出席できない場合、孫からの弔電を打つのがおすすめです。 孫から祖父母への弔電は決まり切ったメッセージではなく、生前の祖父母と孫との交流が想像できるオリジナリティのある物の方が暖かい弔電となるでしょう。 よくある弔電の文例だけだとそっけない印象の孫からの弔電になってしまいがちです。 孫から祖父母へ送る弔電の文例 孫からの弔電はあまり堅苦しくなく、生前の交流を想像できるようなあたたかみのあるものが良いでしょう。 文例を一つをご紹介します。 おじいちゃんの突然の訃報に接し、信じられなきもちです。 駆けつけることができずに申し訳ありません。 在りし日のおじいちゃんの姿を偲び、謹んでご冥福をお祈り申し上げます この文例の弔電などは親しみが感じられます。 弔電には忌み言葉を使わないように注意 孫からの弔電に限らず、弔電にはいくつか避けなければならない言葉や単語、言い回しなどがあります。 孫からの弔電は形式や文例などにとらわれ過ぎずに、温かみのあるメッセージのほうが好ましいですが、子どもがまだ幼い場合は弔電を送る前に、保護者が弔電のメッセージの中に忌み言葉が入っていないか確認をするようにしましょう。 「重ねて」「続けて」「再び」「繰り返し」といった言葉はNG 孫からの祖父母への弔電を打つ場合、あまり文例や形式などに拘り過ぎる必要はありません。 しかし、弔電にはふさわしくない忌み言葉は使わないようにしましょう。 注意するべき、忌み言葉は「重ねて」や「続けて」、「再び」や「繰り返し」などの今後も不幸が重なるような言葉や、「死ぬ」や「倒れる」です。 「ご逝去」という言葉を使いましょう。 孫からの弔電は一般的な文例にこだわりすぎず温かみのある内容にしよう 孫からの弔電を送る際のポイントと文例をご紹介しました。 祖父母が亡くなった場合、なるべくなら通夜や葬式に出席した方がよいですが、それがかなわない場合は弔電を打つようにしましょう。 孫からの弔電は形式や例文などにとらわれ過ぎずに、生前、祖父母との心温まる交流が想像できるような温かみのあるオリジナリティあふれるものが好ましいです。 また、忌み言葉には注意を払うようにしましょう。

次の

法事・法要に送る弔電文例|お悔やみ電報メッセージ集

弔電 例文

弔電をいただいたら、お礼状という形でお礼をすることが一般的です。 お礼のタイミングや形式など、基本マナーをご紹介いたします。 お礼のタイミング 葬儀を終えてから1週間以内を心がけましょう。 葬儀のすぐ後は心身に疲れがたまりがちです。 無理は禁物ですが、弔電を受け取ったことと葬儀が滞りなく終了したことを知らせる意味もあるので、なるべく早い方がよいでしょう。 メールや電話でもよい? 正式なお礼は、相手方に出向いて直接伝えることですが、近年ではお礼状などでお礼をすることが一般的です。 お礼状も略式となりますので、文中で一言「略儀ながら…」と触れるとよいでしょう。 下記で文例を紹介していますので参考にしてください。 弔電のお礼をメールやメッセージアプリなどで済ませることは、基本的に避けた方がよいでしょう。 電話の場合は、親しい間柄なら故人の思い出を語りあうこともできます。 少しでも元気な声を伝えて安心してもらいたいときなどは、電話もよいでしょう。 お礼の品は用意すべき? 基本的に弔電へのお礼で品物を用意する必要はないでしょう。 かえって相手が気を使ってしまうこともあります。 ただし、他に香典・供物・供花などをいただいた場合は、別途その3分の1から半値ほどの品物を忌明けにお返しするのが通例です。 最近では、プリザーブドフラワーやお線香などが一緒になった電報台紙も増えてきました。 この場合、お礼の品は用意しなくてもマナー違反にはなりませんが、「お礼状だけでは気持ちが伝えきれない」「立派な電報をいただき、何らかのお礼がしたい…」そう思われるときは、お供えをいただいたと考え、3分の1から半値ほどの品物をお返ししても構いません。 お礼の品としては石鹸やタオル、緑茶やキャンディなどが多く選ばれます。 包装には一般的に弔事用のし紙(掛け紙)をかけ、黒白結び切りの水引を使います。 関西・西日本の一部では「黄白の水引」を用いるなど、地域によって異なる場合もあるようです。 具体的なお礼状の例 早くお礼状を送ろうとしても、具体的なメッセージをすぐに思い浮かべるのはなかなか難しいものです。 葬儀を無事に終えたことや、故人に代わって生前お世話になったことへの感謝などを書くことになりますが、ここでは一般的なお礼状の文面をご紹介します。 下記の文例を参考に、弔電でいただいた温かい言葉に対して、自分らしいお礼の言葉も付け加えるとよいでしょう。 手紙の形式 はがき、もしくは、白無地の便せんに書いて封筒で送るとよいでしょう。 はがきの場合、デザインは白やグレーなど控えめなものが無難でしょう。 封筒の場合、事務的な茶封筒は避け、白無地でフォーマルな一重の和封筒を選ぶとよいでしょう。 書式 縦書きで用意しましょう。 文章作成にはパソコンも一般的ですが、手書きにするとより印象深く、気持ちが伝わります。 相手や状況に合わせて使い分けるとよいでしょう。 手書きの場合の筆記具 もっとも格式が高いのは毛筆です。 特に目上の方に差し出す場合は毛筆が最適とされています。 毛筆が苦手な場合は、筆ペンや万年筆を使用してもよいでしょう。 はがき用のサインペンを用いる場合もありますが、ボールペンはなるべく避けた方が無難です。 ・毛筆文章の名残で句読点は使わず、縦書きにします。 ・あらたまった文書では、冒頭の挨拶(頭語)と締めの言葉(結語)に「謹啓・謹白」がよく使用されます。 「拝啓・敬具」の組み合わせも一般的ですが、「謹啓・謹白」の方がさらに丁寧になります。 頭語と結語はセットになっているので正しい組み合わせで使うことが重要です。 ・「茲に」は「ここに」と読みます。 喪中文例でよく使用される言葉です。 ・相手方に出向いて直接お伝えすることが本来のお礼作法ですので、略儀であることを一言添えるとよいでしょう。 ・故人と縁が深い相手に送る場合、「親族一同」と喪主名の横に記載します。 ・会社宛の場合は「皆さま方におかれましてはご清祥のこととお慶び申し上げます」といった複数に向けての挨拶を添えるとよいでしょう。 ・勤務先から会社の経費で手配された弔電に対しては、口頭でお礼を言うのみでよいとしている場合もあります。 会社の慣習によりますが、忌引き明けで出勤した際は、まず上司、それから同僚への挨拶を行うことがマナーですので、その際に口頭で弔電に対するお礼も述べるとよいでしょう。 落ち着きのある藍色のフレームに、白、紫、ブルーのバラを中心に上品にアレンジを施したプリザーブドフラワー(一部造花等使用)の電報です。 縦置き、横置きのほか壁掛けでもご使用いただけます。 予めご了承ください。

次の

葬儀に送るメッセージの種類とは?送り方や例文・お返しのお礼も解説|終活ねっと

弔電 例文

番号 用途 文例 SN01 お悔やみ(一般) ご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げます。 SN02 お悔やみ(一般) ご逝去を悼み、ご冥福をお祈り申し上げます。 SN03 お悔やみ(一般) ご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます。 SN04 お悔やみ(一般) ご生前のご功績を偲び、心からご冥福をお祈り申し上げます。 SN05 お悔やみ(一般) ご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げますとともに、 心からご冥福をお祈りいたします。 SN06 お悔やみ(一般) ご逝去の報に接し、心から哀悼の意を捧げます。 SN07 お悔やみ(一般) ご逝去の報に接し、心からお悔やみ申し上げます。 SN08 お悔やみ(一般) ご生前のご厚情に深く感謝するとともに、 故人のご功績を偲び、心からご冥福をお祈り申し上げます。 SN09 お悔やみ(一般) ご逝去の報に接し、在りし日のお姿を偲びつつ、 ご冥福をお祈りいたします。 ご遺族皆様のお悲しみをお察し申しあげますとともに、 故人が安らかにご永眠されますようお祈りいたします。 ご生前のお姿をお偲びし、悲しみにたえません。 安らかにご永眠されますようお祈りいたします。 ご遺族皆様のお悲しみをお察し申しあげますとともに、 安らかなるご冥福を心からお祈りいたします。 お別れにも伺えず残念でなりません。 心から哀悼の意を表しますとともに、 安らかにご永眠されますようお祈りいたします。 SN14 お悔やみ(一般) 突然の悲報に接し、誠に痛恨の極みです。 ご家族皆様のご心痛いかばかりかと お察し申しあげますとともに、 在りし日のお姿を偲び、 心からご冥福をお祈りいたします。 優しい笑顔、共に過ごした思い出等、在りし日の 思い出は尽きません。 遠くから手を合わせ、安らかにご永眠されますよう、 お祈りしております。 ご生前の笑顔ばかりが思い出され、胸が痛みます。 教えていただきたい事が沢山ありましたのに、 残念でなりません。 心よりご冥福をお祈りいたします。 SN17 お悔やみ(一般) 突然の訃報、驚きと悲しみでいっぱいです。 幾多のご厚情を思えば、すぐにでも最後のお別れに 駆けつけなければならないのですが、 参列できず残念です。 衷心よりご冥福をお祈り申しあげます。 故人と共に過ごした日々を思い出すと、胸が詰まります。 ご生前のご厚情に深く感謝いたしますとともに、 安らかなご永眠をお祈りいたします。 SN19 お悔やみ(一般) ご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申しあげます。 ご遺族皆様のお気持ちを思いますと心が痛みます。 安らかにご永眠されますよう、心よりお祈りいたします。 お元気だった頃が走馬灯のように思い出され、 深い悲しみでいっぱいです。 どうぞ安らかにお眠りください。 ご家族皆様のお悲しみ、ご落胆を思いますと、 胸が張り裂けんばかりです。 心からご冥福をお祈りいたします。 ここに謹んでお悔やみ申しあげ、故人の安らかなる ご冥福を心よりお祈りいたします。 ご遺族の皆様のお悲しみは、 いかばかりかとお察し申しあげますとともに、 謹んでご冥福をお祈りいたします。 SN24 お悔やみ(一般) 突然の悲報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます。 ご遺族様のお悲しみいかばかりかと拝察いたします。 お別れもできず、残念です。 故人のご冥福をお祈りいたします。 SN25 お悔やみ(一般) いつまでもお元気で長生きしてくださるものと 思っておりましたので、大変残念でなりません。 在りし日のお姿を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。 SN26 お悔やみ(一般) 社長様のご訃報に、当社社員一同、 謹んで哀悼の意を表します。 ご遺族の皆様ならびに社員ご一同様に、 心からお悔やみ申しあげます。 SN27 お悔やみ(一般) ご逝去の知らせを受け、誠に驚いております。 ご生前のお姿を偲び、心よりご冥福をお祈りいたします。 遠方のため駆けつけることができず、残念です。 どうかご遺族の皆様もお力をお落としになりませんよう、 ご自愛下さい。 ご冥福をお祈り申し上げます。 どうかご遺族皆様もお気持ちを強く持って、ご自愛下さい。 故人が安らかにご永眠されますようお祈りいたします。 ご遺族皆様に謹んでお悔やみを申し上げますと共に、 心より故人のご冥福をお祈り申し上げます。 SN31 お悔やみ(一般) 突然の悲報に接し、誠に痛惜の念でいっぱいです。 ご家族皆様のご心痛をお察し申しあげますとともに、 在りし日を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。 SN32 お悔やみ(一般) ご逝去の報に接し、悲しみにたえません。 心よりご冥福をお祈りいたします。 衷心より哀悼の意を表します。 いたってご健康と伺っておりましただけに、 申し上げる言葉もございません。 皆様のご落胆もいかばかりかと存じますが、 どうぞご自愛くださいませ。 ご冥福をお祈りいたします。 SN35 お悔やみ(一般) このたびの訃報に接し、いまだ信じられません。 生前のご厚情に深く感謝申しあげますとともに、 謹んでご冥福をお祈り申し上げます。 SN36 お悔やみ(一般) 突然の訃報に接し、大変驚いております。 遠方のため駆け付けることができず申し訳ありません。 在りし日のお姿を偲び、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。 SN38 お悔やみ(一般) 突然の悲報に接し、ご遺族様のお悲しみは いかばかりかと拝察いたします。 遠方により、お別れもできず残念です。 故人のご冥福をお祈りいたします。 SN39 お悔やみ(一般) 突然の悲報に接し、いまだ信じられずにおります。 遠方のためお別れすらできず、誠に申し訳ございません。 心よりご冥福をお祈りいたします。 SN40 お悔やみ(一般) 突然の悲報に接し、ご家族様のご心情 いかばかりかとお察しいたします。 ご生前のお姿をお偲びしますとともに、安らかに ご永眠されますようお祈りいたします。 SN41 お悔やみ(一般) 突然の悲報に接し、呆然自失のありさまです。 お元気だったころのお姿ばかりが目に浮かび、 いまだに信じられずにおります。 今はただ、故人の安らかなるご永眠を祈るのみです。 SN42 お悔やみ(一般) 突然の悲報に接し、驚いております。 残されたご家族皆様の落胆ぶりを考えると、 すぐにもお慰めに飛んでまいりたい気持ちですが、 遠方により、それも叶わず残念でなりません。 遥かな地よりご冥福をお祈りいたします。 SN43 お悔やみ(一般) 突然の悲報に接し、ただ驚いております。 ご家族様のご心情いかばかりかとお察しいたします。 遠方の地より謹んでお悔やみ申し上げますとともに、 故人のご冥福をお祈りいたします。 SN44 お悔やみ(一般) 悲しいお知らせに、ただ呆然としております。 ご生前の笑顔ばかりが思い出されます。 お別れにもうかがえず残念でなりませんが、 どうぞ安らかな旅立ちでありますよう 心からお祈りいたします。 SN45 お悔やみ(一般) ご逝去の報に愕然といたしました。 働き盛りのお元気だった故人の面影が目に浮かびます。 教えていただきたいことが、沢山ありましたのにと悔やまれます。 安らかなるご永眠を心よりお祈り申し上げます。 SN46 お悔やみ(一般) 突然の訃報に接し、呆然としております。 最後のお別れにも伺えず、残念です。 ご生前の笑顔ばかりが思い出されます。 どうぞ安らかな旅立ちでありますようにと 遥かな地よりご冥福をお祈りいたします。 SN47 お悔やみ(一般) 突然の悲しいお知らせに接し、謹んでお悔やみ申しあげます。 本来ならば拝眉の上、 お悔やみ申し上げるべきところでございますが、 遠方ゆえお伺いできないことをどうぞお許しください。 在りし日のお姿を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。 ご家族皆様へのお慰めの言葉もございません。 今はただ、心からご冥福をお祈りいたします。 ご生前をお偲びし、悲しみにたえません。 安らかなるご永眠を心よりお祈り申し上げます。 お別れにも伺えず、申し訳ございません。 心からご冥福をお祈りいたします。 心から哀悼の意を表し、 安らかにご永眠されますようお祈りいたします。 お別れにも伺うことができず、残念でなりません。 安らかにご永眠されますことを心からお祈りいたします。 どうぞお気を強くお持ちになってください。 心よりご冥福をお祈り申し上げます。 これからという時に突然他界され、ご両親様の悲しみ、 ご無念のお気持ちはいかがばかりかとお察し申し上げます。 心より故人のご冥福をお祈り申し上げます。 心よりご冥福をお祈りいたします。 安らかにご永眠されますことを心からお祈りいたします。 SN57 お悔やみ(一般) ご逝去の報に接し、謹んで哀悼の意を表します。 心より故人のご冥福をお祈りいたします。 ご生前のご指導に感謝いたします。 ご功績に敬意を表し心からご冥福をお祈りいたします。 安らかにご永眠されますよう心よりお祈りいたします。 心よりご冥福をお祈りしています。 そのうち会えると思っていた矢先の悲報に、 とても残念でしかたがありません。 安らかにご永眠されますようお祈りいたします。 元気だった頃の背筋をしゃんと張られた姿を思い出し、 とても残念でなりません。 安らかにご永眠されますようお祈りいたします。 いたってご健康と伺っておりましただけに、 ただ残念でなりません。 ご葬儀には残念ながら出席できませんが、 遥かな地より心からご冥福をお祈りいたしております。 SN64 お悔やみ(一般) ご逝去の報に接し、大変驚愕しております。 幾多のご厚情に対するご恩返しもできず、 誠に痛惜の念でいっぱいです。 安らかにご永眠されますようお祈りいたします。 SN65 お悔やみ(一般) 突然の悲しいお知らせに接し、言葉を失っております。 故人の在りし日を偲び、 心よりご冥福をお祈りいたします。 SN66 お悔やみ(一般) 悲報に接し、心からお悔やみ申しあげます。 ご家族皆様がお力を落としている中、 お慰めするすべもなく、無念でなりません。 ただ故人のご冥福を祈りあげるばかりです。 SN67 お悔やみ(一般) ご逝去の報に接し、謹んで哀悼の意を表します。 ご生前の笑顔ばかりが目に浮かびます。 どうぞ安らかな旅立ちでありますよう、 心からお祈りいたします。 SN68 お悔やみ(一般) 突然の悲報に接し、動揺のあまり声も出ませんでした。 ご遺族の方々のお悲しみはいかばかりかとお察しいたします。 心からご冥福をお祈りいたします。 父もすっかり肩を落とし、在りし日の思い出に 声を詰まらせています。 故人の安らかな旅立ちをお祈りいたします。 SN70 お悔やみ(一般) 最愛の友の訃報を聞き、言葉を失っております。 仕事を愛し、家族や友を愛し、何事にも一生懸命だった故人。 ご遺族皆様のご心中をお察し申しあげ、 心からご冥福をお祈りいたします。 SN71 お悔やみ(一般) 突然の悲報に接し、動揺のあまり声も出ませんでした。 ご遺族皆様のお悲しみはいかばかりかとお察しいたします。 心からご冥福をお祈りいたします。 遅ればせながら心ばかりのお線香をお贈りしますので、 仏前にお供えいただければ幸いです。 ご家族みなさまがおだやかな年末年始を過ごされますよう、 心からお祈り申し上げます。 天国にいってしまうのは寂しいけれど、 ゆっくりと休んでください。 そして私達みんなを見守っていてね。 在りし日のお姿を偲びつつ、 ご冥福をお祈りいたします。 ST03 お悔やみ(一般) ご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申しあげます。 これからも御家族お力を合わせて、 励ましあいながらこの度のご不幸を乗り越えられる事を 心よりお祈りいたします。 ご生前をお偲びし、悲しみにたえません。 故人のご冥福をお祈りいたします。 お二人のご傷心を思うと、涙がこぼれます。 心から哀悼の意を表します。 ST06 お悔やみ(一般) 突然の悲報に接し、驚いております。 残されたご家族の皆様のご心情をお察しし、 すぐにもお慰めに飛んでまいりたい気持ちですが、 遥かな地よりご冥福をお祈りいたします。 OR01 お悔やみ(一般) (オリジナル文例 ご逝去の知らせを受け、弊社全員ただ、ただ驚いております。 先日まであんなにお元気でいらしたので、驚きを禁じ得ません。 ご生前のお姿を偲び、心よりご冥福をお祈りいたします。 OR02 お悔やみ(一般) (オリジナル文例 海の見える小高い丘の上にある写真館。 1枚1枚違う表情の家族の写真がありました。 楽しそうな家族に喧嘩している家族、笑顔の家族に、 違う方向を見ている家族。 でもこれはどれもあの人が作った理想の家族だったのです。 故人のご冥福を心よりお祈りいたします。 素晴らしい人生をあなたと分かち合えた喜びは 何物にも替えがたく感謝しております。 ご家族の皆様には大切な人を亡くした悲しさの現実を 今は受ける余裕は無いとお察し申し上げますが、 一刻も早く立ち直られる事が故人の願いでもあると思われます。 ご生前のお姿を偲び、心よりご冥福をお祈りいたします。 OR04 お悔やみ(一般) (オリジナル文例 在りし日のお姿を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。 故人には生前、本当に良くして頂き、 何のお返しも出来ないままのお別れとなってしまいました。 残された皆様におきましては、今後も御家族お力を合わせて 一日も早くお悲しみから立ち直られますように。 謹んでお悔やみを申しあげます。 OR05 お悔やみ(一般) (オリジナル文例 大きな川の向こうは仏様の世界で彼岸といいます。 その反対側の岸は此岸と言って苦しみの世界です。 心からご冥福をお祈りいたします。 OR06 お悔やみ(一般) (オリジナル文例 「天国はすごくいいところらしい。 だって、行った人が誰一人帰ってこないのだから」 と言う笑い話があります。 不謹慎だとは思わないで下さい。 残された御家族の皆様に少しでも、 故人と精一杯の人生を謳歌された喜びを感じていただき、 力一杯明日からの人生を歩んで頂きたいのです。 故人のご逝去に深く哀悼の意を表します。 OR07 お悔やみ(一般) (オリジナル文例 レオナルドダヴィンチの言葉に 「あたかも良く過ごした一日が、 安らかな眠りをもたらすように、 良く生きられた一生は、安らかな死をもたらす。 」 という諺があります。 故人こそ、この言葉通りの人生をまっとうされました。 謹んでお悔やみ申し上げます。 OR08 お悔やみ(一般) (オリジナル文例 「裏を見せて、表を見せて、散る紅葉」 有名な良寛和尚の理想的な最期の捉え方です。 あの方は見事にそれを実現されました。 在りし日のお姿を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。

次の