ニチアサ エイト。 「フルタマン」がニチアサCMから消失でネットざわつく 実は消えたのではなく……

「フルタマン」がニチアサCMから消失でネットざわつく 実は消えたのではなく……

ニチアサ エイト

期間 早く終わっていたら• 京都アニメーションなどは今ももてはやされていた• 史実通りがヒットしてもシャフトとの立場逆転は無く、互角の立場のままだっただろう。 角川との仲もよく、ハルヒ3期、らきすた2期、フルメタ4期なども京アニが当の昔に放送していた。 時期的には10年にらきすた&フルメタ、11年にけいおん、12年にハルヒだっただろうか。 京都アニメーションが自作アニメに方向転換することもなかった。 ハルヒファンのけいおんアンチぶりはある程度軽減されていた。 少なくとも俺は• 消失のアニメ化は実現していた。 結局映画になっていた説濃厚。 その場合陰謀辺りまでアニメ化したのだろうか。 2chの反応「あれ?消失ぶっ飛ばしたぞ!」• 消失はテレビアニメで放送したあと、のように総集編形式で劇場化していた。 もしかしたらも京アニ制作だったかも。 リトバスもJCに獲られることは無かった。 CharlotteやRewriteも。 長門有希ちゃんの消失は制作会社は京アニのままで2011年か2012年に放送された。 1話完結だったら• Aパートにダイジェスト、Bパートに解決編、という流れになりそう。 むしろみくるが泣くシーン辺りまでがAパートでそこから宿題やる辺りまでがBパートとなり、エンディングには後日談という展開になってたかもしれない。 泥沼化はしない代わりに、「どこがエンドレスなんだよ」という苦情・・・もとい突っ込みが殺到。 個人的には1話完結の方が良かったな…• それでも現実よりも叩かれなくて済んだ。 アニメとしての地位低下も免れた。 ヤマカンは何だかんだで謝罪する(「本来は2話でやるべきでした」って感じで)• 物語としては少し味気ないものになっていた。 但し消失がアニメ化されていたらこの限りではない。 は史実ほどヒットはしていない…かも。 実際、エンドレスエイトに失望して化物語に乗り換えた層が相当数いるようなので。 「まどか」の10話みたいに神回扱いされていたかも(それでも2話かけないとダメだろうが) 3話完結だったら• 1回目は従来どおり、2回目で「オヤッ」と思わせて、3回目で「3度目の正直」で解決編、という流れになりそう。 もっと長かったら• 二期全滅していたかも。。。 それどころか京アニが ry• 京アニ批判が更に過激化し、関係の無いやにまで批判が飛び火していた。 どのみちけいおんはハルヒファンから「作画を駄目にした犯人」として叩かれる。 けいおん2期が別会社になっていた。 中の人にも飛び火。 最終的にとが関わった全ての作品に批判が飛び火する…かもしれない。 BPOや総務省から批判and改善命令が出された可能性大• BPOはともかく、総務省の官僚達はこの事態そのものを知る気すらないと思うが。 下手すれば京アニや角川に火炎瓶が投げ込まれるなどの破壊活動と京アニ掲示板に「武本殺す」などと書き込むなどの超過激な行動を行う人が出る。 恐らく映画版ハルヒにて「」のように結末で上記の行動が映し出される。 Chakuwikiや2chの荒れ方も尋常じゃなくなり、Chakuwikiではブロックされる利用者続出。 そしてリアルに。 おそらく7月に始まって13話(1クール)放送して解決が最終話だった可能性も・・・。 その場合今以上に「タイトルエンドレスエイトに変えろ」という批判が出るな…• 誤解ないように言うと4月にアニメ始まって7月から1クール。 (by2個上書いた人)• 史実以上にがヒットしていた…かも。 下手すればやも。 時期が違うから超電磁砲やソラノオトはない。 むしろ、、あたりがヒットしていた。 に書かれていた2009年夏アニメのいくつはヒットしていた。 下手すると• 可能性も。 7月から1クール分だったら• 当然、笹の葉などは放送できない or OVA化。 現実よりも荒れていた。 8月最後の週から9月に掛けて「なんであっちまだ8月なんだよ」という文句が噴出。 4月から2クール分だったら• もはや「エンドレスエイト」にタイトル変えろ、という声が続出する。 この場合、2009年春アニメにも影響を与えていた可能性が大。 京都アニメーションは無事ではなかっただろう。 エンドレスエイト以外が放送されることはない。 本当に15000回分放送していたら• 恐らく最終回を生きて見られる人はいない。 声優も(中略)のため最終回辺りには声優ではなく中の人のVOCALOIDが声を吹き込んでいる。 どうせ同じ内容なんだから音声は使いまわせばいいのでは?• 回によって微妙に展開が違うこともあるから…• 視聴者と共にスポンサーが離れるためのCMばかり放送するようになる。 「世界一長く放送されていたテレビアニメ」としてギネス記録を打ち立てている。 1年50週として、300年か…• NHK連続テレビ小説のように、毎週6回放送だとしても50年…• サザエさんはギネスブックに登録されなかった。 あるいはサザエさんが登録されても「多分エンドレスエイトが塗り替える」とあちこちで言われていた。 途中からループ期間1年だとして普通のサザエさん時空アニメになっていたかも。 ループが終わってやっと溜息が放送されるが、その頃にはファンなんていなかった。 (その頃まで2chがあった場合、)やっと終わったと言われる。 むしろ夏の風物詩として親しまれていたかも。 最初の一年間は毎週放送されるが、それ以降は毎年8月最後の週に1回づつしか放送されなくなる。 なぜか日曜22時の日テレで。 度々溜息以降をOVAとして発売する。 世代を越えて語り継がれていた。 放送開始から100年を超えたあたりで、興味を持って1期を見るようになるファンが出てくる。 あり得るとしたら、かみたいな展開が本当に起こったとか。 形式 2期が放映されていなかったら• エンドレスエイト、笹の葉、そして溜息はOVAとして発売され、人気下落まがいなもの以外はほぼ史実どおり。 そしてOVAの売り上げ促進のため初回限定版には消失の割引券が付く。 史実とは違い消失は年末に上映開始(具体的には12月20日) 劇場版として公開されていたら• うる星やつら2のパクリと言われてそう• 大ゴケしそう(それ以前にヱヴァが強すぎる)• 確実にが現実化。 意外と受け入れられていた可能性も。 初めてで何が起こるか予測できなかった訳だし。 当時の京アニの規模を考えるとやはり(ry• IGないしはGAINAXなどがらきすたやけいおんを製作していた。 のアニメ化はおそらく無い。 いくらなんでも2015年はない(そうなったらアニメ化自体ない)。 2011年までに別会社でアニメ化していた。 結局悪い意味だけでしか歴史に名を残していない。 最悪忘れ去られている。 オタクブームは「電車男」により火がつけられ、結果アニメオタクと鉄道オタク、声優オタクとバスオタク、フィギュアオタクと鉄道模型オタクの立ち位置は逆転していた。 内容 原作に該当エピソードがなかったら• 泥沼化しなかった。 濃厚なホモワールドが展開されていただろう• 完全に前後の話と合わないため混乱するファン続出。 のおもちゃになっていた。 なぜか登場人物全員女だったら• 百合的展開必至。 ファンが混乱す ry• けいおんも見ている人は違った意味でデシャブを覚える。 「こんな女ばっかりのアニメ、前にも見たような・・・」• 結局のおもちゃになった。 キャラの行動が毎回変化していたら• 特に騒ぎは起きなかった。 ただし、「なぜ8回も同じサブタイトルが続いていたんだ?」という疑問が残る。 後「なぜ消失を映画にまわしたのか」も• ただのサザエさん時空の日常アニメになっていたかも。 でも毎回夏。 バイトの内容が風船配りの他、ビラ配り、荷物運び、レジ打ち、電話番があった。 完全に使い回しだったら• 現実より荒れるのは必至。 本当にエンドレスだったということになる。 検証動画は作られない。 いや、「本当に同じなのか」という名目で作られていた。 アニメオリジナルキャラが登場していたら• みなみけのフユキのようにそのキャラへのバッシングになっていた。 意外と受け入れられていた可能性も。 別の時期に放送していたら 2008年• 作画がけいおん! 北京オリンピックでエンドレスエイトのネタができていた。 けいおん! が史実通り翌2009年の放送していたらあまりヒットしなかったかも。 2009年秋~2010年冬• おそらく当初の話数割り当て予想では冬の時期に消失がアニメ化されるとされた。 そのため消失が2期でアニメ化されないとわかったときの落胆は史実以上に。 2010年春~夏• ハルヒとけいおんの信者の対立がさらに深刻になっていた。 けいおんのためにハルヒは手を抜いたと考える者が続出していた。 消失は劇場化すらされず、映画はけいおんに持っていかれた可能性も。 2010年秋~2011年冬• ループ4周目くらいになってまどマギに話題を持っていかれてあまり騒動にならなかった可能性も。 しかし批判は同じくらい。 ループの話題はまどマギ10話に持っていかれる。 批判が大きくなりすぎて東日本大震災によりまどマギとともに3月2週目以降の放送は中止になる。 しかしまどマギのように後日放送されることはなかった。 史実以上に黒歴史認定されていた。 日常のアニメ化はなかったか、別の会社が制作。 京アニで制作されてた場合史実以上にコケていた。 2011年春~夏• この時期は豊作だったためおそらく売り上げは史実以上に大コケ。 まどマギ10話の劣化版と言われる。 STEINS;GATEが史実以上にヒットしていた。 ゆるゆりももう少しヒットしていたかもしれない。 これ以降にも言えるが、この頃になるとまとめブログやTwitterがある程度の影響を持ってくるため事態は大幅に悪化していた。 「節電が叫ばれているのに何でこんなもの流しているんだ」との声が2ch辺りから出ていた。 2012年春~夏• エンドレスエイトに失望して別のアニメに流れてきたファンを「エンドレスエイト難民」と呼んでいた。 「難民」の言葉の意味が変わっていたかも。 ココロコネクトドッキリ事件、さくら荘のペットな彼女のサムゲタン騒動に食われてエンドレスエイト騒動はすぐにおさまっていた。 逆にこの2つがあまり問題にならなかった可能性も。 サムゲタン騒動は秋。 時期が違う。 ループが7周目に突入する7月下旬には「ロンドンオリンピックに枠を譲れ」の大合唱になっていた。 特にオリンピック中継で休止になったアニメのファンから。 SAOが史実以上にヒットしていた。 でもそれ以外のアニメはコケていた。 『黒子のバスケ』はどうだろう。 『氷菓』はおそらく。 ニコニコ生放送でのアンケートが非常に悲惨なことになっていた。 『』のたまご化現象と同一視・比較するが現れる。 2012年秋~2013年冬• 秋だったらさくら荘のペットな彼女のサムゲタン騒動に話題を持っていかれてあまり騒動にならなかった可能性も。 それでも批判は同じくらいだった。 2013年冬クールでは『』が史実以上にヒットするが、それ以外はコケていた。 2012年秋はガルパンが史実以上にヒットする。 2013年春~夏• 難民云々はほぼ上記と同様…とは行きづらい気がする。 史実通りヤマカンが関わっていればWUGの評価に影響していた可能性大。 2013年春クールが激戦区であった事を考えれば売り上げは史実より下がっていた。 2013年秋~2014年冬• 冬だったら『最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。 』のBPOからの苦情による枠移動に話題を持っていかれてあまり騒動にならなかった可能性も。 しかし批判は同じくらい。 2014年冬クールでは鬼灯の冷徹が史実以上にヒットするが、それ以外はコケていた。 史実通りヤマカンが関わっていればWUGの評価に影響していた可能性大。 間違いなく『』のパロディのネタにされていた。 2chかtwitterで「こんな風になったのは妖怪の仕業だ」とこじつける人がいたかもしれない。 2014年春~夏• 「STAP細胞が見つかればエンドレスエイトから解放される」のような時事ネタと組み合わせたネタが流行していた。 時期的に野々村号泣のほうが合いそう。 西宮市議だったし、エンドレスエイトで号泣しているということで。 2014年春クールはそれなりに豊作だった事を考えれば売り上げは史実より下がっていただろう。 間違いなく『』のパロディのネタにされていた。 2chかtwitterで「こんな風になったのは妖怪の仕業だ」とこじつける人がいたかもしれない。 史実通り京アニが関わっていれば甘ブリの評価に影響していた可能性大。 2014年秋~2015年冬• 秋だったら世界バレーの延長による『甘城ブリリアントパーク』第1話、冬だったらイスラム人質事件の影響による『暗殺教室』や『探偵歌劇 ミルキィホームズ TD』の放送延期に話題を持っていかれてあまり騒動にならなかった可能性も。 しかし批判は同じくらい。 2014年秋クールではFate UBWやSHIROBAKOが史実以上にヒットするが、それ以外はコケていた。 2015年冬だったら艦これの一件もあってネット上で現実以上に荒れていた。 2015年春~夏• 前期にあの艦これがある事を考えれば角川への失望がさらに加速することになる。 2chやTwitterは「もう角川はアニメ作るな」一色状態に。 以後のKADOKAWAアニメにも少なからず影響していたかも。 2015年秋〜2016年冬• おそ松さん、終物語が史実以上にヒットするが、それ以外はコケていた。 このすばはどうだろう。 ごちうさ2期も忘れずに。 のヒミツのけいやくしょで願い事に「エンドレスエイトを終わらせたい! 」を書くが出現する。 秋放送の場合、『Go! プリンセスプリキュア』第38話に話題を持っていかれてあまり騒動にならなかった可能性も。 ただし批判は史実と変わらなかった。 2016年春~夏• 無理やりにでもくまみことこじつけられて二大やらかし案件扱いされる。 木村拓哉タイムリープ説ネタが再燃していた。 ポプテピピック辺りで面白可笑しくネタにされていた。 リゼロ、ラブライブサンシャインが史実以上にヒットするも、それ以外のアニメは幹並みコケていた。 下記にも書いたがラブライブサンシャインはむしろコケていた。 史実ヒットするのは君の名は。 しかし批判は同じくらい。 2016年夏~秋• ブームによる男性アニメファンの深夜アニメ離れがさらに深刻になっていた。 「深夜アニメはオワコン。 みんな『』を見るべき」と言う勧誘運動がネット全体で激化。 「これを見るんだったら『』を見たほうがマシ」と言う人も出ていた。 の「2016年夏クール」の内容がさらに増えていた。 同クールのラブライブサンシャインは史実以上にヒットするどころかむしろ大コケ。 このクールのテレビアニメすべてが史実以上にコケた。 最悪の場合、2016年夏クールは2007年冬クール以来となる円盤売り上げ1万越えゼロという大不作クールになっていた。 そうなっていた場合、ネットでは「9年半ぶりの凶作」と言われていた。 さすがにラブライブサンシャインは1万を越えてた(それでも1巻10万枚、累平6万枚以上売れた無印に比べたら大コケ扱い)。 君の名は。 は史実以上に大ヒットし、興行収入はアナと雪の女王を抜いて2010年代最高の映画になっていた。 さすがに千と千尋の神隠しには届かなかったか。 聲の形、この世界の片隅にも史実以上にヒット。 場合によってはポッピンQももう少しヒットしていた。 だが聲の形は史実通り京アニ制作だったら微妙。 批判意見は多くなっていた。 テレビアニメの復興は早くて2017年冬のけものフレンズ、遅ければ2018年秋のゾンビランドサガのヒットまで待つことに。 9月だったらラブライブサンシャインの終盤(特に最終回)に話題を持っていかれてあまり騒動にならなかった可能性も。 しかし批判は同じくらい。 いや騒動にならないのはラブライブサンシャインの方かと。 2016年秋~2017年冬• 「これを見るんだったら『』を見たほうがマシ」と言って君の名は。 を見るために映画館へ行こうとする勧誘運動が発生。 もちろん2chかtwitterで。 それはむしろの場合かと。 秋からの2クールだとエンドレスエイトは12月で、そのころには君の名は。 ブームは一段落してたため。 2016年秋はユーリonICE、2017年冬はけもフレ、このすば2期が史実以上にヒットするが、それ以外の作品はコケていた。 2017年春~夏• 終了直後にけものフレンズのアレと丁度重なってしまうことからKADOKAWAの更なる炎上は抑えられないと見られる。 場合によっては2015年想定以上の惨劇となってしまったかもしれない。 ニコニコで公式配信されていればの話だが 冒頭のコメントが「」で埋まる。 夏だったらニチアサの大改編に話題を持っていかれてあまり騒動にならなかった可能性も。 しかし批判は同じくらい。 連続テレビ小説『ひよっこ』の視聴率が伸び悩んでいたはずなのに上がったのはエンドレスエイトに耐えられなくて逃げてきたからだとされていた。 2017年秋~2018年冬• しかし批判は同じくらい。 ポプテピピックが史実以上に話題になっていた。 『』49話ラストみたいにループ7・8週目あたりで「1話からやり直し」を望む声が出ていた。 2018年冬放送なら『メルヘン・メドヘン』作画崩壊騒動に持っていかれてあまり騒動にならなかった可能性も。 しかし批判は同じくらい。 2018年春~夏• 「が来ればエンドレスエイトから解放される」というネタが流行していた。 夏放送だったらポケモンの枠移動とに話題を持っていかれてあまり騒動にならなかった可能性も。 しかし批判は同じくらい。 ネタが爆発的に出現していた。 春クールだとウマ娘が、夏クールだとはたらく細胞がそれぞれ史実以上にヒットするが、それ以外のアニメはコケていた。 2019年春~夏• ただでさえけものフレンズ2絡みで角川の評判ガタ落ちだったのにそれに追い打ちをかける事態に。 しかし大コケしていたら?• 2009年春・夏クールのアニメのいくつかは史実以上にヒットしていた。 、や、最速放送が同じ木曜だったなどが候補だろう。 に書かれてることの一部が現実化していた。 もしかしたら「なんJ公式アニメ」と称されることもなかったかも。 けいおん・化物語はあまり変わらなかっただろう。 化物語以外の夏アニメが「エンドレスエイト以下」とバカにされることはなかった。 の代表例になっていた。 日常の失敗以前から京アニの低迷が始まっていた。 アマゾンのレビューはさらに荒れていた。 1期並に売れていたら• 結局はに近い状態。 2ちゃんねるでは「よく売れたなor買う気になれたな」と賞賛の嵐。 化物語は史実ほどヒットしなかった。 3期も制作されていた。 アマゾンのレビューは荒れずに済んだ。 むしろさらに荒れていた可能性も。 その他 マスコミが取り上げていたら• 史実世界では恐らくぐらいだろうな(9月号放送7時間前投稿)…• とは便乗してオタク叩きをする。 けれどもねらーは「マスゴミがちゃんと真実を報道している」と許す。 一方では「熱心なファンをバカにしている」として京アニ叩きをする。 はをエンドレス特集(主に原因や影響を考察)でまるまる枠を消費する。 しかし何故かでは興味本位で面白おかしく取り上げる。 余りに社会問題になったら謝罪会見を開かされる。 当然でいじられた挙句、即刻優勝。 それは麻生政権が続かない限り無理かと。 叩くとしたらフィギュア破壊等の過激な連中を取り上げるだろう。 しかしねらーは「あんな基地外は晒し者にされるべき」と見過ごす。 しかしこれが京アニの思う壺だと言う事は誰も(ry• 果ては。 マスコミのアニメの話題をエンドレスエイトに持って行かれ、けいおん! の知名度が史実より低くなっていた。 スクールデイズ最終回やみなみけおかわりの騒動が風化していた。 ココロコネクトドッキリ事件やさくら荘のペットな彼女のサムゲタン騒動も史実ほど話題にならなかった可能性も。 やのパロディのネタにされていた。 本当に陰謀が裏にあったら みたくループの裏に国家存亡の危機を迎えるような陰謀があったら…?• マスコミの叩きが来るの必至。 角川と京アニは政府に取り潰される。 日本アニメとハルヒに将来はあるのか…orz• 恐らく民主党はつい最近の衆議院選挙に勝てない。 結局がこれを契機に勝つことは…ないか• それ以前に 俺は生きてるのかが怪しい。 ヤマカンは確実に存在していないな。 同時期に現実世界でも発生していたら• デジャブが酷くなる。 何人かが状況に気づくが、どう頑張っても止められない不条理を味わうこととなる。 所でどうおわるの?• 気がついたら自然に9月になっていた・・・と言うオチ。 好評だったら• こんな騒ぎになるはずも無い。 この記事が作成されなかった。 2010年代にはアニメがエンドレスエイトの二番煎じのようなループ物だらけになる。 実際叩いてるのは一部だけじゃね?• その一部がすんごい評価落としてんだよ。 (それも作品全体に。 本当のファンってこういうときにこそネタにするものじゃないのかな?(byだけどネタにしてる人)• 「一部」は「作品の一部」じゃなくて「一部のファン(アンチ)が騒いでるだけ」って意味じゃないの?• 俺はけっこうおもしろかったけどね。 発想としては面白いとは思う(見ていない人間の感想)。 ちゃんと行動が変わっていれば評価変わっていたと思う。 「オワコン」という言葉は生まれていなかったと思う。 打ち切られていたら 批判が加熱しすぎたり、他何かの都合で打ち切られていたら?• 溜息のアニメ化も消失の映画化も幻になっていた。 ハルヒと京アニの失墜はさらに深刻になっていた。 放送枠はスクールデイズのときのように紀行番組で穴埋めされ、「Nice boat」に代わる新たな名言ができていたかもしれない。 がある。 2ちゃんねるでの1日でのスレ消費数最高記録となり、鯖落ちしていた可能性もあった。 まどマギのように後日再開されてももうファンはいなくなってる。 けいおんの2期のアニメ化が遅れたか、他社に変わっていたかもしれない。 の可能性も高くなっていた。 だがループ解決編がBD・DVDのみ収録となった場合は逆に。 涼宮ハルヒシリーズ ファンの噂: () エンドレスエイト ・ 世界の人々の反応: コラボレーション:.

次の

Life is SHOW TIME

ニチアサ エイト

ニチアサキッズタイムとは~10:00のの称である。 概要 毎週のに放送されている以下をとする3番組(編までは4番組)の称として、にの産みの親として知られるの氏によって命名された。 枠全体としての歴史 ニチアサキッズタイムのうち、~の1時間はすでにから として設定されており、ニチアサキッズタイム誕生後もしている。 このため、内にさらにが存在するというやや特殊な状況となっている。 また、これにを加えた3番組は、いずれも系列のということもあって続けて視聴する人も多く、でのやが開催されることもある。 名称としては編まで的には用いられてきたが、その後は使用している状況が見受けられない。 しかし、長らく呼び名が定着してきたため、の間では以降もこののことを「ニチアサ」と呼んでいる事が多い(人によっては時間帯を問わず他局を含めた午前中の番組を総称してこう呼んでいる場合も)。 ・・の全てにとしてがついている。 このため、 販促と呼ぶこともできる時間帯である。 売上については、・は概ね億円をとしており、これに届かなかった場合は商業的失敗と見なされることが多い。 もかつては億えが安であったが、以降のいわゆる第2期は200億円を軽くえており、をも抜いてのトイホビー事業のに立った。 ~までニチアサキッズタイムで放送されていたは他の3作品にべると売上は低いが、としては十分な成功を収めており、売上は年々増加している。 かつては全作品すべて毎年に編が行われていたが、4作品同時に番組編を行うとの商品開発・宣伝・流通がすべてぶつかってしまい負担が大きいため、開始の「」と開始の「」より、 との編時期を半年毎年編へと変更され、の負担軽減が行われた。 その後、度作品の「 究極」「」よりさらに編時期が1ヶ後ろ倒しとなり、両の編が毎年前後となっている。 通常の番組編期である・・・ではなくとなのは、がを販売する商品に起因している。 編の場合はの商戦までに商品を売り、に在庫を処分販売してからに新商品を投入するため新作に編するという販売があるためである。 編も、当初の編で末~の期間までに商品を売り切って、2学期の始まるに新商品を投入する新作に編する販売を狙っていたのだが、が地区でに放送される中継の影で終盤のまとめの時期に放送が飛ばされる事態になり編に変更された(は通常通り放送されるがとえた)ものと考えられる。 毎年の第3週は全中継のため時差によって放送休止する番組が発生する。 毎年の第1週は本中継のため4番組全てが放送休止になる。 他にも、年末年始や開催時には特番が入ることも多いため、1年間の放送であっても話数が話に届かない場合も多い。 さらに、のみ中継がで放送されているため、8時以降に放送される「」「」は休止に追い込まれ、の時間帯に遅れされている。 特に「」は番組にもかかわらずこのような扱いを受けている。 年に数回 ニチアサキッズと称し、4番組でのなどが行われていたが、を最後に行われていない。 そもそもからまでは6:~の時間帯にもが設置されたので、ニチアサキッズタイムの定義自体曖昧になりつつある。 放送分では全番組を休止し、初の局同時で・とのが放送された。 より、の番組「」開始に伴いニチアサキッズタイムの時間帯変更が発表され、のは変更せず、に、9:にと放送順が逆転。 さらにのは消滅する(の9:共々「」に吸収される形で・・共同になるため)。 時間帯から考えるとの影が少なくなると予想されるが、逆にでは中継の影を全に受けることになる。 問題は編でこれまでで長らくその座を守ってきたとが半~半の「」に移動したことでさらに余波が発生することになる。 さて以降どうなるやら。 今後はにおける番組の見逃し配信、キャッチ配信の拡大が急務と言えたが、とに関してはと(いずれも有料)で見逃し配信を実施、も『』からでの見逃し配信を実施することになったため、競合状態の緩和や未地域での視聴、ともすればのでの遅れの緩和が図られることになる。 2017年秋改編の概要 前述の通り、「」の開始により以下の形に放送時間が変更となる。 影を受けるのは局のみであり、遅れ局には影はない。 なお、同時間帯にで放送されている「社」「」「」は系列局によってはセールスの為、9時台の放送ではない場合がある。 ~ ~ 備考 5:~ セールス セールスの時間帯のため、この時間帯から「」をする局は一部地域に留まる。 、、では民協連の「のチカラ」を放送していた。 (5:20に移動) 6:20~ 「」内包。 5:~6:20のセールスを未の局は6:20からのセールスより飛び乗り。 6:~ YO宣言! ~ 止。 は「」の共同局のとなりこの代替とする。 ~ 8:00~ 「ビルド」は開始 ~ ~ 「」はセールスに転換 (、、ではに移動) 9:~ 住まいの は止。 は「」の共同局のとなりこの代替とする。 各時間帯の歴史 8:30~9:00 最もの古い。 、開始当初はに放送されていた が、第話よりこの時間に移動した。 途中、、、など男児・向け作品が放送されていた時期もあったが、のからはのような・向けで固定された。 のより者が名義の作品となり、よりがした。 全て()・の。 からはから事業をしたがに加わった。 からは局がの放送移行に伴ってされた()に受け継がれた。 だが、からまでは、こので「」の が放送された実績がある。 からのニチアサ時間帯移動に関して、こののみ放送時間の変更がかった。 以降はニチアサのをが務めている。 9:00~9:30(2017年9月までは8:00~8:30) かつて9:に放送されていた ()が、第10話より繰り上げられる形で8:00に時間変更された。 そしてのまでがされる。 の燃えろ! を経て、のよりのが始まった。 よりがへの移動に。 発足から14年にして放送順が入れ替わる形になる。 また、以来年ぶりに放送時間が9時台に戻された。 9:30~10:00(2017年9月までは7:30~8:00) に、それまで:の放送だった がに移動した。 トバッッサー! これにより、ののが。 以降、に至るまでが続いている(の誕生以来同じがしているのは4の中で一)。 よりが9:へ移動。 からちょうど20年、節のとなる。 余談だが、の時間帯は上述の通り、元々が放送されていたでもあった。 の者はと同じくであり、自体が終了した後も者繋がりでが側に出演することもある。 このことから、今回のの放送時間変更は、では「作品が9:に戻ってきた」とも解釈することができる。 過去に存在した放送枠の歴史 7:00~7:30 に、の後番組としてのに放送されていたがこの時間帯に移動したのが始まり。 2年でが切り替わることが多かったが、~は一貫してが放送されていた。 この時間帯のはほぼ全てにが配信先として関わっている。 度編で6年ぶりにではない新作「」に刷新。 (一方のは約7ヶのの後、よりへと放送局を移して「」が放送されている) 「」「ビーツ」ではとしての他にがに加わっている。 ちなみに、「」の番組最後のでは麻里が出演しており、度のの「」に出演していたと合わせて、~の間は系7時台に親子が連続して出演していた。 移動前のと同様に、全て(放送)の。 にの一部の化により誕生したがこのののを担当することになり、「」のが放送途中で変更されている。 にはより版を再編集、放送となる「 6」が放送。 が再び系列で放送されるのは「」以来20年ぶりのこととなる。 ちなみに、「V」から「X」までの作品は、「X」の中盤までと共に毎週夕方の1時間で放送されていたため、今回の放送は同の上の復活とも取れる。 の「」から従来のに戻ったものの、 編でニチアサ大移動によりこのが消滅。 前身から数えて年間のに幕を下ろした。 余談であるが、代替となる単体の全も、存在せずのの中でも一単体の全を持たないとなっている。 9時台はやでも同様の向けや番組を編成している。 特にではの作品を放送し続けており 、 作品が裏番組同士となる自社系列内競合状態がのニチアサ移動以降続いている。 」()を放送しており、男児向けのとの直接の競合を避けている。 なおのはセールスである関係で、地域によっては別の時間帯での放送になっている。 ではの向け・の他、編よりにも同様のを設けている。 このことから、・の間でのニチアサに対して 「サ」という俗称で呼ばれることがある。 関連項目• (エージエン)及び(リ以前はン、さらにその前&は)の一部作品を除くほぼ全ての作品で参加している。 とでも関与) 脚注• かつて放送されていた・も含む。 かつては4番組全て休止になっていたが、頃から北開催では7時台のみ休止、北中央部~開催では全番組休止となっている。 開始当初は夕方に10分帯番組として放送されていたため、この時間に分番組として再構成された。 作品の放送としてはの方が先に存在し、9時台前半は放送開始の「き 」、9時台後半はに「」が台から移動してきて以降放送されている。 なおはこれ以前より「」が存在し、からまで放送されていた。 の向け作品もニチアサ移動以前の放送開始の「楽しい」より存在している。

次の

ニチアサキッズタイムに謎の新ヒーロー!?「フルタマン」って何者?

ニチアサ エイト

ニチアサキッズタイムとは~10:00のの称である。 概要 毎週のに放送されている以下をとする3番組(編までは4番組)の称として、にの産みの親として知られるの氏によって命名された。 枠全体としての歴史 ニチアサキッズタイムのうち、~の1時間はすでにから として設定されており、ニチアサキッズタイム誕生後もしている。 このため、内にさらにが存在するというやや特殊な状況となっている。 また、これにを加えた3番組は、いずれも系列のということもあって続けて視聴する人も多く、でのやが開催されることもある。 名称としては編まで的には用いられてきたが、その後は使用している状況が見受けられない。 しかし、長らく呼び名が定着してきたため、の間では以降もこののことを「ニチアサ」と呼んでいる事が多い(人によっては時間帯を問わず他局を含めた午前中の番組を総称してこう呼んでいる場合も)。 ・・の全てにとしてがついている。 このため、 販促と呼ぶこともできる時間帯である。 売上については、・は概ね億円をとしており、これに届かなかった場合は商業的失敗と見なされることが多い。 もかつては億えが安であったが、以降のいわゆる第2期は200億円を軽くえており、をも抜いてのトイホビー事業のに立った。 ~までニチアサキッズタイムで放送されていたは他の3作品にべると売上は低いが、としては十分な成功を収めており、売上は年々増加している。 かつては全作品すべて毎年に編が行われていたが、4作品同時に番組編を行うとの商品開発・宣伝・流通がすべてぶつかってしまい負担が大きいため、開始の「」と開始の「」より、 との編時期を半年毎年編へと変更され、の負担軽減が行われた。 その後、度作品の「 究極」「」よりさらに編時期が1ヶ後ろ倒しとなり、両の編が毎年前後となっている。 通常の番組編期である・・・ではなくとなのは、がを販売する商品に起因している。 編の場合はの商戦までに商品を売り、に在庫を処分販売してからに新商品を投入するため新作に編するという販売があるためである。 編も、当初の編で末~の期間までに商品を売り切って、2学期の始まるに新商品を投入する新作に編する販売を狙っていたのだが、が地区でに放送される中継の影で終盤のまとめの時期に放送が飛ばされる事態になり編に変更された(は通常通り放送されるがとえた)ものと考えられる。 毎年の第3週は全中継のため時差によって放送休止する番組が発生する。 毎年の第1週は本中継のため4番組全てが放送休止になる。 他にも、年末年始や開催時には特番が入ることも多いため、1年間の放送であっても話数が話に届かない場合も多い。 さらに、のみ中継がで放送されているため、8時以降に放送される「」「」は休止に追い込まれ、の時間帯に遅れされている。 特に「」は番組にもかかわらずこのような扱いを受けている。 年に数回 ニチアサキッズと称し、4番組でのなどが行われていたが、を最後に行われていない。 そもそもからまでは6:~の時間帯にもが設置されたので、ニチアサキッズタイムの定義自体曖昧になりつつある。 放送分では全番組を休止し、初の局同時で・とのが放送された。 より、の番組「」開始に伴いニチアサキッズタイムの時間帯変更が発表され、のは変更せず、に、9:にと放送順が逆転。 さらにのは消滅する(の9:共々「」に吸収される形で・・共同になるため)。 時間帯から考えるとの影が少なくなると予想されるが、逆にでは中継の影を全に受けることになる。 問題は編でこれまでで長らくその座を守ってきたとが半~半の「」に移動したことでさらに余波が発生することになる。 さて以降どうなるやら。 今後はにおける番組の見逃し配信、キャッチ配信の拡大が急務と言えたが、とに関してはと(いずれも有料)で見逃し配信を実施、も『』からでの見逃し配信を実施することになったため、競合状態の緩和や未地域での視聴、ともすればのでの遅れの緩和が図られることになる。 2017年秋改編の概要 前述の通り、「」の開始により以下の形に放送時間が変更となる。 影を受けるのは局のみであり、遅れ局には影はない。 なお、同時間帯にで放送されている「社」「」「」は系列局によってはセールスの為、9時台の放送ではない場合がある。 ~ ~ 備考 5:~ セールス セールスの時間帯のため、この時間帯から「」をする局は一部地域に留まる。 、、では民協連の「のチカラ」を放送していた。 (5:20に移動) 6:20~ 「」内包。 5:~6:20のセールスを未の局は6:20からのセールスより飛び乗り。 6:~ YO宣言! ~ 止。 は「」の共同局のとなりこの代替とする。 ~ 8:00~ 「ビルド」は開始 ~ ~ 「」はセールスに転換 (、、ではに移動) 9:~ 住まいの は止。 は「」の共同局のとなりこの代替とする。 各時間帯の歴史 8:30~9:00 最もの古い。 、開始当初はに放送されていた が、第話よりこの時間に移動した。 途中、、、など男児・向け作品が放送されていた時期もあったが、のからはのような・向けで固定された。 のより者が名義の作品となり、よりがした。 全て()・の。 からはから事業をしたがに加わった。 からは局がの放送移行に伴ってされた()に受け継がれた。 だが、からまでは、こので「」の が放送された実績がある。 からのニチアサ時間帯移動に関して、こののみ放送時間の変更がかった。 以降はニチアサのをが務めている。 9:00~9:30(2017年9月までは8:00~8:30) かつて9:に放送されていた ()が、第10話より繰り上げられる形で8:00に時間変更された。 そしてのまでがされる。 の燃えろ! を経て、のよりのが始まった。 よりがへの移動に。 発足から14年にして放送順が入れ替わる形になる。 また、以来年ぶりに放送時間が9時台に戻された。 9:30~10:00(2017年9月までは7:30~8:00) に、それまで:の放送だった がに移動した。 トバッッサー! これにより、ののが。 以降、に至るまでが続いている(の誕生以来同じがしているのは4の中で一)。 よりが9:へ移動。 からちょうど20年、節のとなる。 余談だが、の時間帯は上述の通り、元々が放送されていたでもあった。 の者はと同じくであり、自体が終了した後も者繋がりでが側に出演することもある。 このことから、今回のの放送時間変更は、では「作品が9:に戻ってきた」とも解釈することができる。 過去に存在した放送枠の歴史 7:00~7:30 に、の後番組としてのに放送されていたがこの時間帯に移動したのが始まり。 2年でが切り替わることが多かったが、~は一貫してが放送されていた。 この時間帯のはほぼ全てにが配信先として関わっている。 度編で6年ぶりにではない新作「」に刷新。 (一方のは約7ヶのの後、よりへと放送局を移して「」が放送されている) 「」「ビーツ」ではとしての他にがに加わっている。 ちなみに、「」の番組最後のでは麻里が出演しており、度のの「」に出演していたと合わせて、~の間は系7時台に親子が連続して出演していた。 移動前のと同様に、全て(放送)の。 にの一部の化により誕生したがこのののを担当することになり、「」のが放送途中で変更されている。 にはより版を再編集、放送となる「 6」が放送。 が再び系列で放送されるのは「」以来20年ぶりのこととなる。 ちなみに、「V」から「X」までの作品は、「X」の中盤までと共に毎週夕方の1時間で放送されていたため、今回の放送は同の上の復活とも取れる。 の「」から従来のに戻ったものの、 編でニチアサ大移動によりこのが消滅。 前身から数えて年間のに幕を下ろした。 余談であるが、代替となる単体の全も、存在せずのの中でも一単体の全を持たないとなっている。 9時台はやでも同様の向けや番組を編成している。 特にではの作品を放送し続けており 、 作品が裏番組同士となる自社系列内競合状態がのニチアサ移動以降続いている。 」()を放送しており、男児向けのとの直接の競合を避けている。 なおのはセールスである関係で、地域によっては別の時間帯での放送になっている。 ではの向け・の他、編よりにも同様のを設けている。 このことから、・の間でのニチアサに対して 「サ」という俗称で呼ばれることがある。 関連項目• (エージエン)及び(リ以前はン、さらにその前&は)の一部作品を除くほぼ全ての作品で参加している。 とでも関与) 脚注• かつて放送されていた・も含む。 かつては4番組全て休止になっていたが、頃から北開催では7時台のみ休止、北中央部~開催では全番組休止となっている。 開始当初は夕方に10分帯番組として放送されていたため、この時間に分番組として再構成された。 作品の放送としてはの方が先に存在し、9時台前半は放送開始の「き 」、9時台後半はに「」が台から移動してきて以降放送されている。 なおはこれ以前より「」が存在し、からまで放送されていた。 の向け作品もニチアサ移動以前の放送開始の「楽しい」より存在している。

次の