キーワード プランナー 使い方。 ブログキーワードの選定方法とキーワードプランナーの使い方

【2019年】Googleキーワードプランナーの使い方とデータ参考ポイントをブログ初心者さんに解説します

キーワード プランナー 使い方

検索してもすぐにキーワードプランナーにたどり着かないじゃん。 なんていう人いませんか? キーワードプランナーを使えたら、PVが集まるブログを書くことができるし、WEBに投稿する記事もSEO対策ができた記事を書くことができるようになります。 KEYWORDをしっかり選定しておかなければ、集客したいと言っても、集客できないのが、このインターネットの世界。 だからこそ、キーワードの状態をgoogleのキーワードプランナーで調べることはとても大切なことなのです。 キーワードプランナーを使いこなせれば、お宝keywordをザクザク発掘できる方法を無料で始めることができるから、お得ですよね。 インターネットで稼ぐには、まず キーワードプランナーへの登録、ここを通過しなければ、何も始まりません。 そんなあなたのために、キーワードプランナーのはじめての使い方をお伝えします。 この記事でネットビジネスの初心者の階段を1歩昇りきってみてくださいね。 それでは、始めましょうか。 キーワードプランナーとは キーワードプランナーとは、googleが行っている グーグル広告のためのキーワード選定ツール。 だから、何かとgoogleに関連するワードが出てきます。 Yahoo!のポータルサイトを使う人が多いと思わるのに、なぜ、Yahoo!のアドセンス広告のツールである、「キーワードアドバイスツール」や「サーチキーワード」ではないのか。 その理由は、 グーグルの検索システムをヤフーが利用しているから。 以前は別システムだったのですが、2010年から、完全に、Googleの検索技術をヤフーが利用しています。 (参考:) だから、アルゴリズムなどの解析によるSEO対策は、Googleに対する対策をしていれば、自然とヤフーの方もSEO対策できてしまうということ。 そのために、みんな、グーグルの検索結果を重視しているのです。 キーワードのトレンド• 月間検索数• 競合の程度 など、調べたいキーワードについていろいろと教えてくれるツール。 だから、ネットビジネスをしている人、特に、アフィリエイターはこのツールを使いこなすのです。 自分のアフィリエイトしている商品やサービスをいかにして多くの人に知ってもらうかという競争を勝ち残るための道具だから。 もし、あなたが、こんなツールに頼らない、そう考えてこのツールを持たずにネットの海に飛び出すかもしれません。 でもそれは、コンパスを持たずに砂漠に迷い込むようなもの。 ネットの世界で稼ぐことは、熱と寒さ、飢えと渇きが絶えず襲ってくる砂漠でオアシスを探し当てるような作業。 当たればすごいですが、 それまでは、苦難の世界が待っています。 ネットビジネスの砂漠を乗り越えるには、過去からの数多くの経験と天性の感性、そして強靭な体力を持ち合わせた砂漠の民でない限り、飢えと渇きにやられてしまうのは目に見えていること。 初心者だからこそ、キーワードプランナーというコンパスを利用するべき。 ネット砂漠の危険を回避しながら進むからこそ、目的地であるオアシスにたどり着くことができるのです。 ネット砂漠の中を進むあなたにとって、 グーグルのキーワードプランナーというコンパスは大きな指標を与えてくれる道しるべ。 そして、あなたがネットビジネスで生き残るための魔法の道具。 それでは、そんなキーワードプランナーの使い方について、軽く説明します。 (参考:) キーワードプランナーの使い方 キーワードプランナーの使い方は、 キーワードを入力して、検索すれば、ババっと検索結果が現れます。 そしてその検索した単語だけでなく、同時に検索されることが多い、関連ワードも一緒に紹介してくれるツール。 実際に調べると、わかるのですが、検索したキーワードについて本当に細かく教えてくれます。 そうですね、もうちょっと具体的に使い方を説明しましょうか。 まずはじめにグーグルプランナーと検索してみてください。 そうするとグーグルのアドワーズが表示されます。 そこから、グーグルのアドワーズの登録画面に遷移できますので、処暑の候目を入力し、アドワーズの管理画面までたどり着きましょう。 途中、クレジットカードの登録など、「ん?」と引っかかるところもありますが、広告を掲載するまで、 請求はありませんので、気にせずに登録していただいて構いません。 それではキーワードプランナーを利用開始できるまでの手続きを実際に登録完了するまで、画像を使いながら具体的に説明していきましょう。 キーワードプランナーを利用するのに必要なもの キーワードプランナーを利用するには、必要なものが3つあります。 それは、• メールアドレス• ウェブサイト• クレジットカード、もしくはデビットカード この3つが無いとグーグルアドワーズに登録することが出来ません。 つまり、キーワードプランナーを使うことができなくなるということ。 だから、登録に当たっては、この3つを用意しておきます。 メールアドレスは、グーグルなので、 Gmailを用意するのが何かと便利です。 もし、持っていないようでしたら、下に登録方法を書いておきましたので、参考にしてください。 そして、ウェブサイトですが、これは、あなたのブログで大丈夫です。 もしも他に広告したいサイトがあれば、そこでもOKすし、アメブロなどの無料ブログでも問題ありません。 どうしてもないという場合はあなたがおすすめの他人のブログでも構いません。 クレジットカードやデビットカードは 有効期限内のものを使うくらいで、JCBやVISA、MasterCardなどのよくあるもので十分です。 以上の3つ、これが用意できれば、後は登録するだけです。 グーグルのアカウントを取得する キーワードプランナーを利用するには、 グーグルのアカウントが必要です。 グーグルのサービスなので、当たり前といえば、当たり前なのでここは反論せずに、登録してしまいましょう。 もし、Gmailなどに一度でも登録したりして、グーグルのアカウントを持っているなら、そのアカウントを利用して、そのまま登録したアカウントを使っても問題ありません。 その場合は次の項目へお進みください。 もし、アカウントがなければこれから登録していきましょう。 まずはこのページにアクセスしてみてください。 >> この下の画面が現れたら、左下の「 アカウント作成」をクリックしましょう。 そうすると、 という画面が現れますので、名前とユーザー名、パスワードを入力し、 次へを押します。 このフォーマットにそれぞれ入力して、 次へを押すと、電話番号の確認に入ります。 電話番号の配信を押すと登録した電話番号にショートメールで 6ケタのコードが届きます。 この画面で登録した電話に届いた6ケタの確認コードを入力して確認を押しましょう。 すると、電話番号を他にも使っていいかと聞かれるので、もしもリンクさせたいなら、「 はい、追加します」を選びます。 ここでは、追加せずにスキップしても特に問題ありません。 つぎに、ぷらばしーポリシーと利用規約が表示されますので、下までスクロールさせて「 利用する」のボタンを表示させたら、そのボタンをクリックします。 この画面が現れたら成功です。 これで、 グーグルアカウントの作成が完了しました。 次に、グーグル広告の登録に移ります。 グーグル広告のアカウント作成手順 グーグル広告のアカウント作成手順は次の通りに行いましょう。 まず、グーグル広告の登録画面にアクセスしましょう。 >> この画面が表示されたら、「 キーワードプランナーに移動」をクリックします。 すると、こんな画面になりますので、「 ウェブサイトでの商品購入や申し込みを増やす」をクリックして選び、「 目標を選択」をクリックします。 ビジネスの説明という画面になりますので、あなたのビジネスの名前とサイトを登録しましょう。 アメブロなどの無料ブログでも構わないですし、他人のブログでも問題ありません。 もし本当にウェブサイトを持っていなければ、適当なサイトを入れてもいいのです。 でも、 キーワードプランナーを使いこなすには、実際の広告を掲載する必要があるので、全く赤の他人のサイトだと、他人のサイトを広告することになってしまいます。 有料バーションを利用するときまでには、あなたのサイトを登録するようにしましょう。 次に、ターゲットとするユーザーの所在地が表示されます。 デフォルトで日本が選択されていると思いますので、そのまま「 次へ」をクリックしてください。 次に、商品やサービスを指定するというページが表示されるので、そのまま「 次へ」をクリックしていただいて構いません。 もし、不都合なものがあれば、修正していただいても全く問題なく次に進めます。 次に、広告を作成すると出ますので、適当に広告見出し、と総括文を記入してください。 実際に広告するわけではないので、適当で結構です。 もし、広告を出稿してあなた自身のサイトの広告をしたい場合には、 お客さんを集められそうな文章で書いておいてください。 次に、一日当たりの予算を設定させられます。 予算の最少額を指示されるので、その額以上の金額を書いておけば問題ありません。 キーワードプランナーの検索機能をすべて使えるようなるのが200円以上利用した時なので、 200円を設定しておくのが良いかと思います。 実際にはお金を使わなくてもキーワードプランナーを使うことができるので、いくらでもいいと言えばいいのですが、設定をミスして、広告が実際に稼働してしまった時のことを考えると、 リスク管理のためにできるだけ少なく設定している方が無難です。 金額を入力したら「 次へ」のボタンをクリックしましょう。 下のように、今まで入力した一覧が表示されますので、問題がなければ、そのまま「 次へ」をクリックします。 そうすると、お支払情報の確認が表示されますので、所要の事項を書いていきましょう。 【請求書住所の国】 日本• 【タイムゾーン】 変更必要なし• 【新規広告主様向けの特典】 Gmailに登録していると、7500円使えるキャンペーンなどを時々やっています。 持っているなら、プロモーションコードを入力してください。 【お客様情報】 確認して間違っていなければ、そのままで結構です。 登録がなされていないところがあれば赤字になっていますので、そこを入力してください。 【お支払タイプ】 自動支払いで問題ありません。 手動支払いを選択た場合は、入金を忘れた時にアカウントが止まりますので、ご注意ください。 【お支払方法】カード番号と有効期限、CVC(カード裏の3ケタの番号)、カード名義を入力してください。 入力が全て終われば、 「送信」のボタンをクリック。 この下の画面が現れますので、「 キャンペーンを確認」をクリックします。 ここから、キャンペーンの停止までは、すぐに処理しないと 課金されてしまいますので、できるだけ早く処理してしまいましょう。 するとこの画面が現れますのでまた、「 次へ」をクリックします。 次に運用中のキャンペーンを選択します。 ポップアップでこの窓が出てきますので、「 はい」をクリックして広告を止めてしまいましょう。 表示が下のように、 「一時停止」になっていれば課金されることはありません。 これでとりあえず、アカウントの開設は終わりです。 次に、キーワードプランナーの使い方です。 右上のツール を選んで、各種設定から、 エキスパートモードを選択します。 すると、パッと画面が切り替わりますが、慌てず、もう一度ツールを選び、 プランニングのところから キーワードプランナーを選択します。 以上で、キーワードプランナーの開設手順が終わりました。 下の画面が表示されたら、成功です。 お疲れさまでした。 この 下の表示が出たページは、ブックマークしておくことをおすすめします。 また、はじめからここにたどり着くのは、めんどくさいですから。 なお、キーワードプランナーの細かい使い方は、こちらのページで紹介していますので、ご参考ください。 (参考:) キーワードプランナーは無料で使えるグーグル広告のツール 無料で使うことができるグーグル広告のツールの「キーワードプランナー」の開設、いかがでしたか?結構難しかったですか?でも、うまく開設できましたよね。 これで あなたも、ネットビジネスで成功する道へ一歩踏み出すことができたのです。 はじめは「無理かも。 」と思うことでも、やってみれば意外とあっさり、できることっていっぱいあるのです。 食わず嫌いって、本当にもったいないです。 で、このキーワードプランナーですが、無料で使うことのできるとっても便利なものなのです。 インターネットでビジネスするうえで、 検索される事はアフィリエイターなど、ネットビジネスの生命線に関わる事です。 Googleのアルゴリズムが少し変わっただけで、一気に圏外に吹っ飛ばされることもざらにあり、その影響で、月に1000万円稼いでいた人が、いきなり0円に没落したという話も後を絶ちません。 だからこそ、キーワードの存在を大切にして、ブラックSEOには手を出さず、グーグルに好かれるホワイトSEOで対策を打つことが必要。 となると、やはりキーワードの重要性が増してくるわけです。 どんなトレンドなのか、検索数はどれくらいあるのか、季節性があるワードなのか、そんなこと個人で調べることはとても無理な相談です。 、そんな 大切で、重要な情報をグーグルはタダで提供してくれているのです。 (参考:) これを使わない手はありませんよね。 それでは、お宝キーワードを発掘する方法をちらっと紹介してみますね。 キーワードプランナーでお宝keywordを発掘する方法 キーワードプランナーはキーワードを調べるグーグルのツールです。 ですが、これだけではちょっと物足りない。 このキーワードプランナーで見つけたキーワードをより強力なキーワードに仕上げるための方法をお伝えします。 つまり、 お宝keywordを発掘する方法。 その方法とは、 関連キーワード取得ツールとの掛け合わせ。 関連キーワード取得ツールとは、タダで使えるキーワードの関連情報を調べ上げることができるウェブ上のツール。 (サイトは) このサイトの使い方はとても簡単で、 左上の検索窓に目的のキーワードを入れて、取得開始ボタンを押すと、グーグルのサジェスト、Yahoo!の虫眼鏡、知恵袋、教えてGooを一気に調べることができる優れもののサイト。 このサイトと、ボリュームと関連キーワードを調べられるキーワードプランナーを組み合わせたら、最強ツールが出来上がります。 そこから見つけられるのは、穴場キーワード。 キーワードプランナーでボリュームを調べ、関連キーワード取得ツールで、お宝keywordを完成させる。 すごい最高の組合わせだと思いませんか? (参考:) まとめ 以上、「キーワードプランナーの使い方。 無料で始めるお宝keyword発掘法」をお伝えしました。 無料で使えるキーワードプランナーですが、使用開始までの登録方法がメジャーになっていないので、今回個人情報を漏らしながらも、紹介させていただきました。 是非、この キーワードプランナーを利用して、あなたのウェブサイトをお宝キーワードで埋め尽くしてください。 そして、お客さんがいっぱい集まるブログを作ってくださいね。 今回も最後までお読みいただきましてありがとうございました。 それでは、引き続きコピーライティング生活、楽しんでいきましょう。 小比井 雷太 ネットの世界に飛び込んで一番最初の壁「なにを書いたらいいんだ!」にぶつかっていませんか。 書いても書いてもだれも見向きもしてくれないことはないですか? コピーライティングはそんなあなたの文章に劇的な変化をもたらし、読む人をとらえて離さない文章に変えるテクニックです。 このブログでは文章を書くことに悩むあなたにコピーライティング技術の神髄を伝えています。 私はネットでビジネスを展開しようとして最初にぶつかった壁が「文章を書くこと」でした。 そんな私でも、コピーライティングを知った時から、文章を書けるようになったんです。 ブログ、フェイスブック、LINE@、何を利用しても、文字を書くテクニック、文章を作る技術は必要。 ホームページ、ブログ、アフィリエイト、お金を稼ぐために、自分の大切な時間を割いて、一生懸命書きますよね。 だったら、読んでもらって、最大の効果を得たくありませんか。 もし、あなたのメディアがあなたの望むだけの成果を出していないなら、コピーライティングがあなたにこれ以上ない成果をもたらします。 コピーライティングは、書くことに悩むあなたの文章に、光り輝くツヤを与えて、読む人の心を躍らせ、感動を与える文章に変えていきます。 そんな素晴らしいコピーライティングの技術を一人でも多くの人に知ってもらいたい。 そして、あなたのビジネスで成功して欲しい。 そんな思いでコピーライティングの技術を伝えています。 あなたも、コピーライティングの素晴らしい世界に足を踏み入れて、ビジネスを成功させてみませんか?

次の

【徹底図解】キーワードプランナー使い倒し術【2017年最新版】

キーワード プランナー 使い方

ポイント ・ キーワードは3語以上を選んで、ユーザーのニースを具体的に把握しよう ・検索ボリュームは「100~1000」「1000~1万」を選んで検索上位を目指そう キーワードプランナーを使ってみよう! キーワードプランナーで、『どんなことを調べることができるのか?』『何を参考にすればいいのか?』がわかったところで、次は実際にキーワードプランナーを使っていきましょう! キーワードプランナーにアクセスします。 画面左側の【新しいキーワードを見つける】をクリックします。 すると、入力したキーワードの月間検索ボリュームや競合性を確認できます。 さらに、入力したキーワードに加え、たくさんの関連キーワードが表示されますので、3語以上でユーザーニーズが高いキーワードを見つけることもできます。 キーワードプランナーの基本的な使い方は以上です。 とってもシンプルで簡単だね! ニャン 次に、キーワードプランナーをより細かい設定や、便利に使う方法をご紹介します。 関連キーワードを項目ごとに並び替える キーワードを入力して表示される結果は、キーワードと関連性の高い順に並んでいますが、検索ボリュームや競合性などの他の項目で並び替えすることができます。 検索ボリュームで並び替えしたいときは、【月間検索ボリューム】をクリックします。 すると、検索ボリュームを降順に並び替えることができます。 その他の項目も、並び替えしたい項目部分をクリックすることで、簡単に並び替えをすることができます。 フィルターをかけてキーワード候補を絞り込む 『ダイエット 運動』でキーワード候補を調べたんだけど、『食事』や『サプリ』は関係ないからいらないな ニャン こんなときにフィルター機能を使うと、 必要なキーワード候補だけを絞り込んで表示させることができるため、効率よくキーワードを探すことができます。 では、『ダイエット 運動』のキーワード候補から『食事』を含むキーワード候補を除外していきます。 【キーワードのテキスト】をクリックします。 すると、『食事』を除外した関連キーワード候補が表示されます。 このほかにも、色々なフィルターがありますので、情報を絞り込むのに便利です。 キーワード候補の参照期間を変更する クリスマス・バレンタインなどのイベントや、花火・桜など、1年の中でも「ある期間のみ需要が増えるキーワード」を調べたいときには、キーワード候補の参照期間を指定することができます。 通常、参照期間は1年間に設定されているため、「 ある期間のみ需要が増えるキーワード」を調べる時には、参照期間を指定することで、より適切なニーズを知ることができます。 日本以外のキーワード候補を調べる キーワードプランナーでは、アメリカやフランス、韓国など、日本以外の国で需要のあるキーワード候補を調べることができます。 画面左上の【地域】をクリックします。 日本語以外のキーワード候補を調べる 日本語以外のキーワード候補を調べる場合は、主に、先ほどご紹介した地域と合わせて使用します。 海外向けのサイト運営をするには、大切な機能になります。 画面左上にある【言語】をクリックします。 たくさんの言語が表示されますので、対象の言語を選択してください。 キーワード候補をExcel(エクセル)にダウンロードする キーワードプランナーで調べたキーワード候補は、Excel(エクセル)にダウンロードすることができます。 パソコンに保存することで、いつでもキーワード候補を確認することができます。 画面右上の【キーワード候補をダウンロード】をクリックします。 データを保存する場所を指定します。 ダウンロードしたデータは、Excel エクセル でいつでも確認することができます。 まとめ 今回は、ブログ初心者さん向けのキーワードプランナーの使い方・キーワード選定時のデータの参考方法についてご紹介しました。 ブログ初心者さんに、参考にしてほしいポイントは2つ.

次の

Googleキーワードプランナーの使い方について【2020年版】|SEOラボ

キーワード プランナー 使い方

こんにちは、孔雀です。 この記事では、アフィリエイトをする場合のGoogleキーワードプランナーの使い方を紹介したいと思います。 アフィリエイトでは、検索者が検索しそうなキーワードを分析して記事を書いていくことが重要です。 しかし、実際に検索されているキーワードは、自分の頭の中で探そうと思っても出てくるものではありません。 そんな時は、Googleキーワードプランナーを使うことで、実際に検索されているキーワード、そしてそのキーワードがどれくらい検索されているのかがわかるようになります。 今回は、実際に検索されているキーワードを確認することができる、Googleキーワードプランナーの具体的な使い方について書いてみたいと思います。 スポンサーリンク Googleキーワードプランナーとは?何を目的に使うツールなのか? Googleキーワードプランナーとは、 検索エンジンに広告を出稿するGoogle AdWords(グーグルアドワーズ)利用者が使うツールです。 もともとは、アフィリエイターが使うツールではありません。 AdWordsの利用者が、どのキーワードがどのくらい検索されているのかを調べるために使われているのがGoogleキーワードプランナーです。 しかし、広告を出稿するAdWords利用者でなくても、Googleキーワードプランナーを利用することは可能です。 最近になって仕様が変わってしまい、実際にお金を出して広告を出稿しないと具体的な検索ボリューム数(実際に検索されている回数)が表示されなくなってしまいましたが、それでもおおまかな数値は確認することができます。 そして、Googleキーワードプランナーは それぞれのキーワードでの検索ボリューム数を調べるだけではなく、1つのキーワードから派生する2語、3語といった関連キーワード(複合キーワード)の取得もしてくれるツールです。 関連キーワードを取得する時によく使うツールに、「」「」といったものがありますが、Googleキーワードプランナーを使って関連キーワードを取得すると、また別の組み合わせが見つかったりします。 アフィリエイターとしてGoogleキーワードプランナーを活用する具体的な使い方 それでは、AdWords目的ではないアフィリエイターとしてGoogleキーワードプランナーを活用する具体的な使い方について解説していきたいと思います。 まずは、にログインします。 アフィリエイトに派生するキーワードの組み合わせが470個取得できました。 このツールのすごいところは、 取得したキーワードすべてにおいての月間平均検索ボリューム(実際に1ヶ月間に検索されている回数)が確認できることです。 取得した関連キーワードに関しては、実際にGoogleで検索されているキーワードの組み合わせが表示されるようになっています。 そして、月間平均検索ボリュームの [1,000~1万][100~1,000][100~1,000]といった数字は、実際にそのキーワードで1ヶ月中に検索されている回数です。 なので、[1,000~1万]と表示されているキーワードは、 およそ1000回以上1万回未満の範囲で検索されているキーワードということです。 かなり大雑把な数値ですが、この数値を元にして各キーワードが実際にどのくらい検索されているのかを把握できます。 このツールは、ある1つのキーワードから派生する2語、3語の関連キーワードを取得したい場合に使えます。 月間平均検索ボリュームの多い順に並び替えるには? デフォルト状態だと月間平均検索ボリュームの並び方がバラバラになっている場合があるので、検索ボリュームの多いキーワードが上に表示されるように並び替えます。 並び替えるには、[ 月間平均検索ボリューム]の部分をクリックすることで並び替えることができます。 「検索のボリュームと予測のデータを確認する」の使い方 これは、 キーワードの月間平均検索ボリュームの数値を確認するためのツールです。 1つのキーワードだけではなく、複数のキーワードを組み合わせた2語、3語のキーワードも同時に調べることができます。 キーワードを入力する場合は、調べたいキーワードごとに改行する形で入力していきます。 2語、3語のキーワードの場合は、キーワードとキーワードの間にスペース(空欄)を入れて1行として入力していきます。 例えば、関連キーワード取得ツール「」で取得した「アフィリエイト」のすべての関連キーワードの月間平均検索ボリュームを確認したいと考えたとします。 その場合は、以下のような手順で行えば、取得することができます。 まずは、goodkeywordで「アフィリエイト」の関連キーワードを取得します。 goodkeywordに「アフィリエイト」と入力して ここでもデフォルト状態だと月間平均検索ボリュームの並び方がバラバラになっている場合があるので、[ 月間平均検索ボリューム]をクリックして検索ボリュームの多いキーワードが上に表示されるように並び替えます。 Googleキーワードプランナーの使い方-アフィリエイトのキーワード選定に活用する方法のまとめ 今回は、実際に検索されているキーワードを確認することができる、Googleキーワードプランナーの具体的な使い方について書いてみました。 Googleキーワードプランナーは、リスティング広告を出稿する時に使うGoogle AdWords利用者のツールですが、サイト運営者が設定するキーワード需要を調べるツールとしても使えます。 そして、1つのキーワードから派生する関連キーワードも検索ボリュームの多い順に自動で取得することができます。

次の