トゥモロー ネバー ノウズ 歌詞。 cdn.gifpop.ioen「Tomorrow never knows」の歌詞の意味を紐解く

Tomorrow never knows(cdn.gifpop.ioen) / コード譜 / ギター

トゥモロー ネバー ノウズ 歌詞

Tomorrow never knowsとは、「(のこと)は全く分からない」というような意味に解釈できる英文である。 として考えたり、との間に( )等を挟んでみたり、owを自動詞的に考えてみたりすることができそうだが、一般的な英文ではないらしい。 の何気ない一言を曲名にしてみたとのこと。 以下の楽曲名になっている。 の楽曲()。 の楽曲()。 曲名は1. からの。 の楽曲()。 曲名は1. 又は2. からの。 以下に 2. について記述する。 概要 の。 「 」ので、でもを代表する曲として認知されている。 は「 トゥモネバ」。 を壊して(女も失って)しまったけれど、痛みを抱えてゆこう・・・、という強いが印深い。 は、に転向した・が毎試合登場曲として使用した。 関連動画 関連商品 関連コミュニティ 関連項目•

次の

cdn.gifpop.ioen「Tomorrow never knows」の歌詞の意味を紐解く

トゥモロー ネバー ノウズ 歌詞

この項目では、の楽曲について説明しています。 その他の用法については「」をご覧ください。 「トゥモロー・ネバー・ノウズ 」 の 収録アルバム 『 』 リリース 録音 1966年4月6日、7日、22日 時間 2分57秒 『 』 収録曲 A面• 「」 B面• 「 トゥモロー・ネバー・ノウズ」 「 トゥモロー・ネバー・ノウズ」 : Tomorrow Never Knows はの楽曲である。 本作は、にリリースされた『』に収録された、ビートルズ初の曲。 クレジットはとなっているが、実質的にはによって書かれた。 アルバムの最終トラックとして収録されたが、セッションでは最初に録音された。 解説 [ ] この曲に聴かれるテープ・ループはが考案し、ポールが取り入れた。 出だしでテープ式のループ(繰返し音)が鳴り、それに合わせてミニマルなドラムやベース・ギター等の演奏が始まる。 曲全体で使われたループは全部で16種類と云われ、あらかじめビートルズのメンバーがギターの音をサンプリングしたものなどを用いたもので、特にテープ・ソロはポールが自宅で作成した。 後のやクラブ系の音楽ジャンルでのバック・トラック制作の基本であるとループの作業を、ポピュラー音楽界でいち早く実験して成功させた試みと言える。 タイトルは、「」や「」と同様に、が何気なく呟いた一言から取られた。 なお、当初のタイトルは"Mark I" マルコによる福音書1 であった。 この曲は、「が山の頂上から説法しているような感じで」とジョンが指示したため、「」で始めた逆回転録音をさらに進化させたような作品で、故にな作風に仕上がっている。 逆回転による鳥の鳴き声のような音が特徴的(実際にはギターを早回しにした音)。 また、この曲はの「」同様に、一つの で貫かれている。 この1コードについて、ジョンは晩年のインタビュー の中で、当初思い描いていたイメージは、数千人もののによる(経典)の大合唱を意図していたためであるとも語っている。 なお、ジョンが自分の声を山頂で歌う僧侶のようにしたかったために、ボーカルを用のを使ってを出して再現した。 ジョージのインド音楽への傾倒により、この曲ではイントロから全編にわたって ()(インドの弦楽器)が演奏され が表現されている。 歌詞は、がの『』を基にして書いた『The Psychedelic Experience: A Manual Based on the Tibetan Book of the Dead』 に触発されたもの。 この曲に関して、英国ステレオLP、モノLP、米国ステレオLP、モノLP、さらに英国1stプレス・モノLP共にミックスが違う。 ビートルズのプロデューサーだったジョージ・マーティン等が手掛けたリミックス的なアルバム「」(2006年発表)には、「トゥモロー・ネバー・ノウズ」のドラムとベースの上に「」のヴォーカルを乗せたミックス・ヴァージョンが収録されている。 - 、、 、• - 、テープ・ループ• - 、 ()、、テープ・ループ• - 、、テープ・ループ• - 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 2003. Turn on Your Mind: Four Decades of Great Psychedelic Rock. Milwaukee, WI: Hal Leonard. 14,48. Gorlinski, Gini ed. 2010. The 100 Most Influential Musicians of All Time. New York, NY: Britannica Educational Publishing. 275. Hoberman, J. 2010年11月10日. 1969. audio. Show 39, tracks 4—5. digital. library. unt. edu. 『ジョン・レノンPLAYBOYインタビュー』株式会社 1981年3月10日発行第1刷発行• 2005. Revolution in the Head: The Beatles' Records and the Sixties 2nd rev. London: Pimlico Rand. 185. Revolver: How the Beatles Reimagined Rock 'n' Roll. Backbeat Books. 109. 外部リンク [ ]•

次の

Tomorrow never knows Acid Black Cherry 歌詞情報

トゥモロー ネバー ノウズ 歌詞

Aメロで歌われていたのは、幼さゆえに消えてしまった夢です。 一方、Bメロで歌われていたのは、若さゆえの過ちと言えるようものでしょう。 分かり合えた友との仲も、破綻してしまったのかもしれません。 つまり、どちらも、過去の若かりし時のことを思い、後悔しているのです。 続いて、最後の二行はどう解釈するべきでしょうか。 夢中で頑張っているのに、お先は真っ暗で、しょせん人はひとりぼっちで生きていくんだ。 そのようなネガティブな解釈もできそうです。 しかし、もっとポジティブな解釈もできますし、実際そう捉えるのが正解のような気がします。 ネガティブに生きたって、ポジティブに生きたって、どうせ明日のことはわからない。 だから、他人と比べて生きるのはやめて、自分だけの道を走ればいいんだ。 そう言っているようにも思えます。 悩んでいるときなんかに聴くと、心がフッと軽くなるような気がしませんか? 2番の歌詞 再びサビです。 明日がどうなるか誰も知らない、と歌われています。 では、「誰かの為に生きてみても」とはどういうことでしょう。 それが、いいことなのかどうなのかは書かれていません。 私なりの解釈ですが、別に「人のためになるように生きなさい」と言っているわけではないと思います。 どちらかというと、「誰かの生きてみるのもたまにはいいよね」くらいの意味だと思います。 だから、逆に、「たまには自分のために生きてもいいよね」と捉えることもできると思います。 つまり、未来は誰にもわからないんだから、もっと気楽に、心を軽くして、自由に生きていこう。 自分の思うがままに、あるがままに生きていこう、というような解釈ができるのではないでしょうか。 一行目の歌詞は、二番のBメロにもリンクしています。 「今より前に進むためには 争いを避けて通れない」という部分です。 戦うことも、時には必要だということでしょう。 そして、ここでは「別れ」というキーワードも出てきます。 人によっていろいろな別れがあると思います。 例えば、恋人との別れもそうですし、過去の自分との別れということも考えられます。 主人公にとっては、「分かり合えた友」のことも含まれているのかもしれません。 しかし、別れたからといって、二度と会えないわけでもありません。 人生はまだまだ長いのだから、どこかでまた会えるよ、と歌われています。 サビでも感じたような、気持ちを軽くしてくれるような、楽観的とも言えるような精神が再び感じることができます。

次の