トイレ 逆流。 浸水対策にはトイレに水のうを!逆流しない水のうの作り方と置き方を紹介!

地震でトイレが逆流する⁉日頃から「災害用トイレ」の備えを!

トイレ 逆流

タンクレストイレに交換してから、下水の逆流臭に困っていませんか? トイレの修理依頼を受け付けていると、「トイレを交換した直後から下水の臭いが逆流してきて・・・」といった相談をうけることがあります。 とくに、旧型のタンク式トイレから最新式のタンクレストイレに交換した方は、タンクレストイレに交換したことが原因だと思って電話をかけてこられます。 しかし、必ずしもタンクレストイレが原因で臭いが逆流しているとは限りません。 むしろ、臭いが逆流する原因はタンクレストイレの構造とは別のところにある可能性が高いです。 そこで今回は、タンクレストイレに交換してから下水の逆流臭がするという人に向けて原因や防止策についてご紹介したいと思います。 タンクレストイレから逆流臭がする原因とは 最近のトイレ、もしくはウォシュレット(シャワートイレ)には便器内の臭いが便器の外に逆流しないように、臭いを吸い込む機能がついているものが多いですよね。 とくに、多機能がウリのタンクレストイレの場合は臭いを吸い込む機能だけでなく臭いの原因菌を除菌する機能もついていたりします。 しかし、それでもトイレの便器内から臭いが逆流するという人はいます。 最初に、その臭いが逆流する原因についてご説明したいと思います。 原因1. 臭いの逆流を防ぐ機能がなかった よくある勘違いですが、購入したトイレの機能に「脱臭・除菌」や「臭いの逆流防止機能」がついていなかったというケースがあります。 カタログやパンフレットで機能が載っていたから、当然ついているものだと思っていたら実はその機能がついているのは値段の高いハイグレードタイプのみだったというのはよくあることです。 「そんな間違いしないでしょ~」 と思う人もいるかと思いますが、最近のトイレ、特にタンクレストイレは脱臭・除菌、自動洗浄機能、オート開閉、センサー点滅機能、遠隔リモコン操作、スマートフォンアプリとの連携機能など複数の機能がついています。 これらの機能が自分が購入するトイレについているかどうか、パンフレットで確認できずに購入する人は多くいます。 特に年配の方などは勘違いして購入することがあるので、よく確認して自分が購入するトイレに希望する機能がついているかどうか確認するといいでしょう。 原因2. 換気扇を使っていて臭いが逆流していた トイレにきちんと臭いを吸い込む脱臭機能がついているのに、臭いが部屋中に逆流してくるという場合。 もしかすると、換気扇を使っていませんか? 換気扇の大きさやトイレの部屋の状況、使っているトイレの性能によって異なりますが、換気扇の空気を上に吸い込む力の方が強いと便器の中から臭いが逆流してくることがあります。 もし、脱臭機能がついているのに便器の中の臭いが逆流してきて機能が故障しているのではないかと思っている場合は、換気扇を切ってトイレを使ってみましょう。 換気扇を切った状態で臭いが逆流してこなければ、脱臭機能の故障ではなく換気扇が原因ということになります。 もし、脱臭機能が故障しているという場合は便器もしくは便座のメーカーサポートに連絡して修理するようにしましょう。 原因3. 便器と床の間のシーリング・パッキンができていない 通常、便器と床の間の接地面にはシーリングやゴムパッキンが挟まっています。 これは、便器をそのまま床に接地させると隙間ができてそこから水が漏れたり、下水の臭いが上がってくるからです。 このシーリングやゴムパッキンがきちんと施工されていない・破れているといった場合に下水管の臭いがトイレの個室に逆流してくるようになります。 施工時点では問題がなくても、地震や事故などで強い力が加わるとシーリングが破れたり、ゴムパッキンが切れたりすることもあります。 便器と床の間から水が漏れていないか確認 シーリングやゴムパッキンが破損していると、臭いだけでなくトイレを流した際の汚水が便器と床の隙間から漏れてくることもあります。 もしも、シーリングやゴムパッキンが破損しているという場合は便器を外して施工をやり直す必要があります。 便器脱着とシーリング・パッキンの交換作業は、一般の人が作業するのは難しいので業者に修理を依頼しましょう。 業者によって修理料金が異なるので、相見積りできちんと料金を比較してから依頼をすると安心です。 原因4. 封水が切れて下水の臭いが上がってきている タンクレストイレによくついている脱臭機能は、通常の使用の範囲内で発生した臭いをきれいにするものです。 しかし、下水管からの臭いがトイレに逆流している場合は別です。 トイレには封水と呼ばれる、「下水管からの臭いが逆流しないようにする水」が便器内に溜まっています。 この封水が少なかったり、切れていたりすると下水管からの臭いが便器の外まで逆流するようになります。 便器の故障以外にも原因がある タンクレストイレに限らず、トイレの封水が切れるという場合は便器の故障以外にもいろいろな原因が考えられます。 配管の問題であったり、もともとの便器の構造であったりと複数の原因が考えられるので、それぞれに適した対処をする必要があります。 封水が切れる・便器内の水位が下がるという場合は、下記ページに原因や対処方法などをまとめていますのでチェックしてみてください。 トイレが臭いときの対処方法 タンクレストイレの脱臭機能も、便器と床の間のシーリング・ゴムパッキンも、便器内の封水にも問題がなくて、トイレに臭いが染み付いて臭いという場合。 そういった場合は、「除菌」ができる消臭スプレーを使ってトイレを掃除してみましょう。 トイレの壁紙や布製品は、時間が経つに連れてトイレ内の臭いの原因菌を吸って臭くなってしまいます。 普段の掃除で、除菌効果のあるトイレシートや消臭スプレーを使っていると、そういったトイレ独特の臭いを軽減することができます。 最近は、アロマオイルが入っているものや天然素材のみを使った消臭スプレーが売られているのでお気に入りの消臭グッズを探してみるのもいいかと思います。 ただ、消臭グッズを選ばれる際は「除菌」ができるほうが臭いを消しやすいのでおすすめです。 脱臭・除菌効果に力を入れているトイレ 最近の新型タンクレストイレでは、脱臭・除菌効果は当たり前のように備え付けられています。 そのなかでも、「リクシル サティス」や「パナソニック アラウーノ」は非常に脱臭・除菌対策に力を入れています。 サティスの場合は便器内に臭いを止めてプラズマクラスターイオンで除菌します。 また、アラウーノの場合はトイレ本体に洗浄剤をセットしておくことで定期的に便器を洗浄して便器を清潔に保っています。 もしも、旧型のタンクレストイレを使っていて臭いが気になるという場合は新型のタンクレストイレへの交換も検討されてみてはいかがでしょうか。 タンクレストイレから逆流臭がする原因と防止策まとめ 今回は、タンクレストイレから逆流臭がする原因と防止策についてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。 タンクレストイレを交換した直後に逆流臭がするという場合は、施工不良や便器本体の故障が考えられます。 そういった初期不良に関しては、施工した会社やメーカーに連絡して修理してもらうなどの対策を早めに取るようにしましょう。 「水洗トイレが詰まっちゃったんですけどお願いしたいんです。 」としっかりとした口調でお問い合わせを頂きました。 お手配先の住所をお伺いすると、府中市若松町でした。 駆け付け可能なスタッフをお探しして、13時頃の到着が可能であることをお伝えしました。 お客様はお時間をお聞きになると「よろしくお願いします。 」と安心頂けた様子でご依頼されました。 見積もりまでは無料であることを確認されると「分かりました。 」とホッとされた様子でお電話をお切りになりました。 受付日時 2020年5月22日 8時20分頃 受付担当 梶野 担当より一言 不安や疑問などを抱えてお問合せいただいているお客様が多いのではないかと思います。 少しでも安心してもらえるように、お客様の気持ちに寄り添い、丁寧な案内を心掛けています。 お客様に相談して良かったと思っていただけるのが、とても嬉しく感じることです。

次の

地震でトイレが逆流する⁉日頃から「災害用トイレ」の備えを!

トイレ 逆流

タンクレストイレに交換してから、下水の逆流臭に困っていませんか? トイレの修理依頼を受け付けていると、「トイレを交換した直後から下水の臭いが逆流してきて・・・」といった相談をうけることがあります。 とくに、旧型のタンク式トイレから最新式のタンクレストイレに交換した方は、タンクレストイレに交換したことが原因だと思って電話をかけてこられます。 しかし、必ずしもタンクレストイレが原因で臭いが逆流しているとは限りません。 むしろ、臭いが逆流する原因はタンクレストイレの構造とは別のところにある可能性が高いです。 そこで今回は、タンクレストイレに交換してから下水の逆流臭がするという人に向けて原因や防止策についてご紹介したいと思います。 タンクレストイレから逆流臭がする原因とは 最近のトイレ、もしくはウォシュレット(シャワートイレ)には便器内の臭いが便器の外に逆流しないように、臭いを吸い込む機能がついているものが多いですよね。 とくに、多機能がウリのタンクレストイレの場合は臭いを吸い込む機能だけでなく臭いの原因菌を除菌する機能もついていたりします。 しかし、それでもトイレの便器内から臭いが逆流するという人はいます。 最初に、その臭いが逆流する原因についてご説明したいと思います。 原因1. 臭いの逆流を防ぐ機能がなかった よくある勘違いですが、購入したトイレの機能に「脱臭・除菌」や「臭いの逆流防止機能」がついていなかったというケースがあります。 カタログやパンフレットで機能が載っていたから、当然ついているものだと思っていたら実はその機能がついているのは値段の高いハイグレードタイプのみだったというのはよくあることです。 「そんな間違いしないでしょ~」 と思う人もいるかと思いますが、最近のトイレ、特にタンクレストイレは脱臭・除菌、自動洗浄機能、オート開閉、センサー点滅機能、遠隔リモコン操作、スマートフォンアプリとの連携機能など複数の機能がついています。 これらの機能が自分が購入するトイレについているかどうか、パンフレットで確認できずに購入する人は多くいます。 特に年配の方などは勘違いして購入することがあるので、よく確認して自分が購入するトイレに希望する機能がついているかどうか確認するといいでしょう。 原因2. 換気扇を使っていて臭いが逆流していた トイレにきちんと臭いを吸い込む脱臭機能がついているのに、臭いが部屋中に逆流してくるという場合。 もしかすると、換気扇を使っていませんか? 換気扇の大きさやトイレの部屋の状況、使っているトイレの性能によって異なりますが、換気扇の空気を上に吸い込む力の方が強いと便器の中から臭いが逆流してくることがあります。 もし、脱臭機能がついているのに便器の中の臭いが逆流してきて機能が故障しているのではないかと思っている場合は、換気扇を切ってトイレを使ってみましょう。 換気扇を切った状態で臭いが逆流してこなければ、脱臭機能の故障ではなく換気扇が原因ということになります。 もし、脱臭機能が故障しているという場合は便器もしくは便座のメーカーサポートに連絡して修理するようにしましょう。 原因3. 便器と床の間のシーリング・パッキンができていない 通常、便器と床の間の接地面にはシーリングやゴムパッキンが挟まっています。 これは、便器をそのまま床に接地させると隙間ができてそこから水が漏れたり、下水の臭いが上がってくるからです。 このシーリングやゴムパッキンがきちんと施工されていない・破れているといった場合に下水管の臭いがトイレの個室に逆流してくるようになります。 施工時点では問題がなくても、地震や事故などで強い力が加わるとシーリングが破れたり、ゴムパッキンが切れたりすることもあります。 便器と床の間から水が漏れていないか確認 シーリングやゴムパッキンが破損していると、臭いだけでなくトイレを流した際の汚水が便器と床の隙間から漏れてくることもあります。 もしも、シーリングやゴムパッキンが破損しているという場合は便器を外して施工をやり直す必要があります。 便器脱着とシーリング・パッキンの交換作業は、一般の人が作業するのは難しいので業者に修理を依頼しましょう。 業者によって修理料金が異なるので、相見積りできちんと料金を比較してから依頼をすると安心です。 原因4. 封水が切れて下水の臭いが上がってきている タンクレストイレによくついている脱臭機能は、通常の使用の範囲内で発生した臭いをきれいにするものです。 しかし、下水管からの臭いがトイレに逆流している場合は別です。 トイレには封水と呼ばれる、「下水管からの臭いが逆流しないようにする水」が便器内に溜まっています。 この封水が少なかったり、切れていたりすると下水管からの臭いが便器の外まで逆流するようになります。 便器の故障以外にも原因がある タンクレストイレに限らず、トイレの封水が切れるという場合は便器の故障以外にもいろいろな原因が考えられます。 配管の問題であったり、もともとの便器の構造であったりと複数の原因が考えられるので、それぞれに適した対処をする必要があります。 封水が切れる・便器内の水位が下がるという場合は、下記ページに原因や対処方法などをまとめていますのでチェックしてみてください。 トイレが臭いときの対処方法 タンクレストイレの脱臭機能も、便器と床の間のシーリング・ゴムパッキンも、便器内の封水にも問題がなくて、トイレに臭いが染み付いて臭いという場合。 そういった場合は、「除菌」ができる消臭スプレーを使ってトイレを掃除してみましょう。 トイレの壁紙や布製品は、時間が経つに連れてトイレ内の臭いの原因菌を吸って臭くなってしまいます。 普段の掃除で、除菌効果のあるトイレシートや消臭スプレーを使っていると、そういったトイレ独特の臭いを軽減することができます。 最近は、アロマオイルが入っているものや天然素材のみを使った消臭スプレーが売られているのでお気に入りの消臭グッズを探してみるのもいいかと思います。 ただ、消臭グッズを選ばれる際は「除菌」ができるほうが臭いを消しやすいのでおすすめです。 脱臭・除菌効果に力を入れているトイレ 最近の新型タンクレストイレでは、脱臭・除菌効果は当たり前のように備え付けられています。 そのなかでも、「リクシル サティス」や「パナソニック アラウーノ」は非常に脱臭・除菌対策に力を入れています。 サティスの場合は便器内に臭いを止めてプラズマクラスターイオンで除菌します。 また、アラウーノの場合はトイレ本体に洗浄剤をセットしておくことで定期的に便器を洗浄して便器を清潔に保っています。 もしも、旧型のタンクレストイレを使っていて臭いが気になるという場合は新型のタンクレストイレへの交換も検討されてみてはいかがでしょうか。 タンクレストイレから逆流臭がする原因と防止策まとめ 今回は、タンクレストイレから逆流臭がする原因と防止策についてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。 タンクレストイレを交換した直後に逆流臭がするという場合は、施工不良や便器本体の故障が考えられます。 そういった初期不良に関しては、施工した会社やメーカーに連絡して修理してもらうなどの対策を早めに取るようにしましょう。

次の

大雨でトイレがゴボゴボしたり、流れづらいときは / 下水道課 / 建設部 / 組織別インデックス / ホーム

トイレ 逆流

トイレの逆流をどう防ぐ?感染症にならないためには?豪雨の被災地で注意すべき5つのポイントをまとめた。 1トイレの逆流は、手作りの「水のう」で防ぐ 大雨で急激に水位が増加することで下水が逆流し、トイレや風呂場、洗濯機の排水口などから水が噴き出ることがある。 排水口がある室内のこれらの場所に、 ビニール袋に水を入れた「水のう」を置くと、逆流を抑える効果がある。 2ポリ袋と新聞紙で即席トイレ 断水で水が出なかったり、逆流の恐れがあったりする時も、家の便器を活用して簡易トイレを作れる。 便器にポリ袋(45リットル)をかぶせ、その上からもう1枚ポリ袋をかぶせて、細かくちぎった新聞紙を中に敷き詰める。 排泄後はトイレットペーパーも入れて、上の1枚だけを交換すれば良い。 空気を抜いて口を強く縛り、蓋付きのゴミバケツや汚物処理専用の保管袋などに入れて保管。 自治体のゴミ収集方法にしたがって処理する。 素早くドアと窓を開放し、30 分以上換気した後に家の中に入るようにする。 避難先から戻ったら、まずガス漏れがないかを確認。 停電していない場合は、電気系統の安全が確認できるまでブレーカーを切っておく。 ここで気を付けたいのは、プロパンガスボンベ、車のバッテリーなどの危険物だ。 もし発見したら、近づかずすぐに消防や市町村役場等に相談する。 扇風機を回すのも効果的。 厚手のゴム手袋、ゴム長靴(あればゴーグルで目を保護)、マスクを着用して清掃する。 床、壁、金属部分、キッチンなどは水と石鹸(洗濯用石鹸や食器用洗剤)を使い、泥や破片を取り除く。 洗えない家具(カーペットやソファー)などは撤去する。 浸水した衣類は、熱水に10分以上漬けた後に洗濯し、乾燥させる。 清掃を終えたらしっかり手を洗ってシャワーを浴びる。 清掃が不十分だと、効果を発揮できない。 消毒液は布に含ませるか、薬液に漬ける方法で使用する。 噴霧は吸い込みの恐れがあるためしない。 作り置きした消毒薬は、効果を十分に発揮できないため、使用する時に希釈する。 消毒液を使う時は、ゴム長靴とゴム手袋を着用する。 消毒薬が肌についたらすぐに水で十分に洗い流す。 ケガをしたら、傷口を流水で洗浄してから消毒する。 特に深い傷や汚れた傷は「破傷風」になる場合があるため、 医師に相談する。 破傷風は傷口に破傷風菌が入り込んで起こる感染症で、医療機関で適切な治療を受けずに放置すると、死亡する危険もある。 土ほこりが目に入って結膜炎になったり、口から入ってのどや肺に炎症を起こす恐れもある。 清掃時などにはゴーグルやマスクを着用し、目や口を保護することが重要だ。 5 できるときに備えを さらなる大雨被害に備えて、非常用品を備えておくことも重要だ。 懐中電灯、乾電池式の携帯用ラジオ、救急薬品、衣類、非常用食品、携帯ボンベ式コンロ、貴重品など必要なものを揃えておく。 断水に備えて飲料水を確保するほか、浴槽に水を張るなどして生活用水を確保しておくとよい。

次の