手指 の 消毒 液。 今注目のあの言葉、英語では?!「手指消毒液」|Taka|note

イソプロピルアルコールで手指消毒液を手作り(品薄エタノール不要)【コロナウイルス】

手指 の 消毒 液

新型コロナで手指用消毒液の需要が高まっています。 どれもアルコールでしょって思うかもしれませんが、 よくよく成分表示を見ると、 有効成分が「ベンザルコニウム塩化物」というものもけっこうあります。 もちろんアルコール消毒液と言っていれば、 アルコール(エタノール)も含まれていますが、 あくまで、メインの消毒成分はベンザルコニウムということになります。 消毒薬といっても、有効成分が異なれば、 効果のある対象も変わってきます。 今回は「ベンザルコニウム塩化物」について理解しようと思います。 ベンザルコニウム塩化物とは ベンザルコニウム塩化物は、 陽イオン界面活性剤の一種です。 界面活性剤と聞くと、石鹸やシャンプーを思い浮かべますが、 実はこれらは 陰イオン 界面活性剤です。 ベンザルコニウム塩化物などの陽イオン界面活性剤は、 石鹸などとは逆の性質を持っていることから 逆性石鹸と称されます。 電気的にプラスである特徴を生かして、 優れた殺菌力を発揮しているそうです。 無臭・無色で使い勝手が良いという特徴もあります。 例えば、会社などでよく見かけるアルボナースは、 有効成分がベンザルコニウム塩化物の消毒液です。 (エタノールも59%含まれています) メリット ベンザルコニウム塩化物のメリットですが、 調べたところ、大きく2点ありそうです。 一つは、 エタノールに比べて安価だということです。 原料が安ければ、商品価格も抑えられますので、 我々も手ごろな価格で手に入れることができます。 添加物を加えて飲めなくすることで、 酒税がかからなくなり、 商品価格を抑えることができるという話もあるようです。 もう一つは、 エタノールと違い除菌効果が長持ちすることです。 エタノールは揮発してしまったらその時点で殺菌力が無くなってしまうため、 どこか触るたびに消毒する必要があるので、 ベンザルコニウム塩化物の方が消毒回数を減らせる可能性があります。 注意点 殺菌対象 ベンザルコニウム塩化物は、 低水準消毒薬と呼ばれてたりもします。 この辺りの理由は、 殺菌力を発揮する対象に関係があると思います。 ベンザルコニウム塩化物は、• 一般細菌(大腸菌や黄色ブドウ球菌など)• 酵母様真菌(カンジダなど) に対して殺菌効果があります。 逆に、• 細菌胞子(芽胞)• 結核菌等の抗酸菌(マイコバクテリウム)• ウイルス全般• 真菌胞子 などに対しては、 殺菌効果がありません(もしくは薄い)。 特に気を付けないといけないのはウイルスに関してだと思います。 インフルエンザやコロナウイルスに対して、 一部では効果が認められたという報告はあるそうですが、 エタノールに比べると殺菌効果は期待できません。 直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム(0. アルキルグリコシド(0. 1%以上)• アルキルアミンオキシド(0. 05%以上)• 塩化ベンザルコニウム(0. 05%以上)• ポリオキシエチレンアルキルエーテル(0. 2%以上) ベンザルコニウム塩化物( 塩化ベンザルコニウム)が入っています。 アルコール消毒液不足の中、 一定の効果が認められたことは嬉しいことですね。 使用方法 ベンザルコニウム塩化物は陽イオン界面活性剤であり、 プラス電荷を持っています。 一方で、石鹸などは陰イオン界面活性剤であり、 マイナス電荷を持っています。 これらを合わせて使ってしまうと、 プラスとマイナスが打ち消されてしまい、 殺菌効果が無くなってしまいます。 同時に使用しないように注意が必要です。 また、ベンザルコニウム塩化物は、 汚れなどの有機物に触れることでも殺菌力が薄れてしまいます。 なので、 しっかりと手を洗った後に、 手をよく乾かしてから使うことが最も効果的と言えます。 まとめ ベンザルコニウム塩化物についてでした。 私も以前までは消毒液はどれも同じかなと思っていたのですが、 よくよく成分について勉強すると、 殺菌効果が違っていて、 何を期待するかで商品を選ぶ必要があることを知りました。 市販されている手指用の消毒液は、 ほとんどがエタノールも含まれているため、 細菌~ウイルスまで幅広く対応しているものが多いとは思いますが、 エタノール濃度は異なりますし、 各商品の特徴を理解して、 目的に合わせた消毒液を選ぶことが大切です。 皆様の商品選びの一助になれば幸いです。 lucky90.

次の

消毒液の成分表示にあるベンザルコニウム塩化物とは何か?

手指 の 消毒 液

資生堂は、「新型コロナウイルス感染拡大の抑制に関して、当社にできるあらゆる可能性を考え、即実行していきたい。 」 株式会社資生堂 代表取締役社長兼CEO 魚谷雅彦 という方針に基づき、化粧品会社である当社の持つ知見・技術・設備を活かし、様々な対策を検討・実行してきました。 今回、資生堂は独自に手荒れに配慮した手指消毒液(指定医薬部外品)を新たに開発し、関係省庁との協議を経て、那須工場(栃木県大田原市)において4月17日より生産を開始します。 5月以降は、当社の大阪工場(大阪府大阪市)、掛川工場(静岡県掛川市)、久喜工場(埼玉県久喜市)も生産を開始し、毎月合計20万本(約10万リットル)の消毒液を、医療機関などを中心に提供していきます。 また、厚生労働省から承認を受けた手指消毒液の承認情報(処方)は、他の企業にも広く開示していきます。 現在、当社は日本国外においても、消毒液の生産を行っています。 フランスでは、バル・ド・ロワール工場(オルレアン市)において、週に約2万本の消毒液を生産し、医療機関へ提供しています。 また、アメリカでは、イーストウィンザー工場(ニュージャージー州)において初回生産8. 5万本の消毒液を生産し、医療機関へ提供しています。 当社は、新型コロナウイルス感染拡大の早期終息に向けて、今後も様々な支援を行ってまいります。

次の

消毒液の成分表示にあるベンザルコニウム塩化物とは何か?

手指 の 消毒 液

手洗いについて 手洗いは目的によって「日常的手洗い」「衛生的手洗い」「手術時手洗い」の3つに分けられます。 「日常的手洗い」は食事の前や排便排尿後など、社会生活などで行われる手洗いです。 通常、水道水と石鹸または水道水のみにて行われています。 「衛生的手洗い」は病院において診療の前後に行われており、「アルコール手指消毒」もしくは「石鹸と水道水による手洗い」が行われてます。 「手術時手洗い」は手術前におこなわれる最も水準の高い手洗いであり、アルコール手指消毒液を用いた手洗いが行われています。 これまで社会生活では「日常的手洗い」が行われていました。 これは健常人が行うものであり、手指に多少の病原体が残っていても重篤な感染症を引き起こすことがないという前提の手洗いでした。 そのため、手洗いでは水道水のみが用いられていたり、手洗いの後にはハンカチを用いて手を拭っていたりしていました。 ハンカチは1日一枚の使用頻度のことが多く、同じハンカチが何回も使用されるため、手洗いで微生物が洗い流されたとしても、ハンカチに付着している微生物で手指を再び汚染させてしまいます。 また、ハンカチはハンドバックやポケットに保存されていることから、それらの内部の汚れや微生物がハンカチに付着している可能性もあります。 そのため、手洗いのあとは、ペーパータオルやハンドドライヤーなどによって手指を乾燥させなければなりません。 最近はハンドドライヤーがエアロゾルを作り出すということで、使用禁止としている施設もあります。 しかし、濡れたままの手指には微生物が付着しやすいということから、ハンドドライヤーが使用できないということにも問題があります。 新型コロナウイルスに対する免疫を持っている人はいません。 すなわち、健常人であっても、新型コロナウイルスに曝露すれば感染し、そのなかの一部の人々が重症化します。 そのため、社会生活であっても、「日常的手洗い」ではなく、「衛生的手洗い」を導入する必要が出てきました。 すなわち、病院で行われている手洗いを日常生活でも行うことが大切なのです。 「衛生的手洗い」ではアルコール手指消毒が第一推奨です。 ただし、手が肉眼的に汚れているときには石鹸と水道水による手洗いを行います。 アルコール手指消毒液が石鹸と流水の手洗いよりも有効な理由 2002年、米国疾病管理予防センター CDC: Centers for Disease Control and Prevention は「医療施設における手指衛生のためのガイドライン」を公開しました 1。 これはエビデンスに基づいた優れたガイドラインであり、手指衛生を大きく進歩させるものでした。 従来、殆どの診療に際しては「普通の石鹸での手洗い」を行い、侵襲性処置の前後やハイリスク患者の診療には「薬用石鹸での手洗い」が推奨され、アルコール手指消毒液は手洗い場が近くにない状況でのみ使用されてきました。 しかし、CDCは手が肉眼的に汚れていなければ、アルコール手指消毒液を日常的に用い、手が肉眼的に汚れるか蛋白性物質で汚染された場合には石鹸と流水にて手洗いすることを推奨したのです。 アルコール手指消毒液が石鹸と流水の手洗いよりも優先的に使用される主な理由には下記の4つがあります。 石鹸を頻繁かつ繰り返して使用していると、慢性刺激性接触皮膚炎を引き起こすことがあります。 このような皮膚炎によって、皮膚の細菌叢が変化し、それに伴ってブドウ球菌やグラム陰性桿菌が頻繁に付着するようになるのです。 過去には、皮膚炎を最小限に食い止めるために、病院は非抗菌性石鹸を提供してきましたが、その種の製品を多用すると、皮膚損傷、乾燥、刺激を生じることがあります 3。 このような状況に対応するための手段として、保湿剤を含むアルコール手指消毒液の使用が推奨されました。 一方、アルコール手指消毒液は30秒後で手指の細菌数を約3,000分1に減少させ、1分後には10,000~100,000分の1まで減少させることができるのです 6。 従って、手指に付着した病原体の減少といった点からも、アルコール手指消毒液が推奨されるのです。 手指衛生製剤へのアクセスが短時間でできれば、手洗いの遵守率を改善することができます。 集中治療室を対象に行った研究によると、看護師が患者のベッドサイドを離れて手洗い場まで歩き、手を洗って患者の看護に戻るまでに、平均62秒を要しました 7。 一方、各患者のベッドサイドに置かれたアルコール手指消毒液を使えば、時間は4分の1に短縮できます。 このように、手指衛生製剤に簡単にアクセスできるようにすることは、手洗いを適正に実施するための重要な対応であり、それを可能にするのがアルコール手指消毒液と言えます。 外出時にはアルコール手指消毒液を携帯することが奨められる 新型コロナウイルスは眼、鼻、口の粘膜から体内に侵入します。 人間は無意識に眼、鼻、口に触れるのですが、その頻度は多く、1時間に23回も触れるというデータがあります 9。 すなわち、3分に1回の頻度で手指が顔に触れているのです。 そのため、手指が粘膜に触れる前に手洗いすることが大切であり、手洗いの頻度は多くなります。 しかし、石鹸と水道水での手洗いを頻回に行うことは不可能です。 手洗いするためには、毎回、手洗い場まで移動しなくてはならないからです。 しかし、携帯のアルコール手指消毒液を持っていれば、常に手指消毒することができます。 従って、外出時にはアルコール手指消毒液を携帯することが奨められます。 一般家庭や職場におけるアルコール手指消毒液の必要性 外出後に帰宅するとき、外勤から職場に戻るときには手指消毒が必要です。 新型コロナウイルスが手指に付着したまま、自宅や職場に入り込むと、ドアノブや手すりなどにウイルスを付着させてしまうからです。 新型コロナウイルスはボール紙の上では24時間以内、プラスティックの上では最大3日、感染性を保っています 10。 そのため、環境表面にウイルスが付着すると感染源となる可能性があります。 そのような「手指の高頻度接触表面」をウイルスで汚染させないためにも、CDCは家庭や職場では玄関や入口で手を清潔にすることを推奨しています 11。 アルコール手指消毒液を玄関や入口に設置しておいて、帰宅したときや職場に戻ってきたときに、必ず手指消毒をすることが大切です。 まとめ 新型コロナウイルスの流行によって、手指消毒の重要性が強調されるようになりました。 これまで「日常的手洗い」でも充分であった社会生活であっても、すべての人々が免疫を持たない新型コロナウイルスの出現によって、病院で実施されている「衛生的手洗い」が求められるようになりました。 「衛生的手洗い」ではアルコール手指消毒が第一推奨となっています。 これは、どこにでも持ち運びができ、即効性かつ強力な殺菌力があることと、頻回に使用できることが挙げられます。 アルコール手指消毒液を適切に使用することによって、新型コロナウイルスのみならず、感冒ウイルスやインフルエンザウイルスなど多くの病原体の感染も防ぐことができます。 [文献]• CDC. Guideline for hand hygiene in health-care settings. MMWR 51 RR-16 : 1-47, 2002. Larson E, et al. Prevalence and correlates of skin damage on the hands of nurses. Heart Lung 26:404-412, 1997. Boyce JM, et al. Skin irritation and dryness associated with two hand-hygiene regimens: soap-and-water handwashing versus hand antisepsis with an alcoholic hand gel. Infect Control Hosp Epidemiol 21:442-448, 2000. Ayliffe GA, et al. Hand disinfection: a comparison of various agents in laboratory and ward studies. J Hosp Infect 1988;11:226-243. Daschner F. How cost-effective is the present use of antiseptics?. J Hosp Infect 1988;11 Suppl A :227-235. Rotter M. Hand washing and hand disinfection. In: Mayhall, C. , eds. Hospital epidemiology and Infection control. Voss A, Widmer AF. No time for handwashing!? Infect Control Hosp Epidemiol 18:205-8, 1997. Patrick DR, et al. Residual moisture determines the level of touch-contact-associated bacterial transfer following hand washing. Epidemiol Infect 119:319-25,1997. Kwok YL, et al. Face touching: a frequent habit that has implications for hand hygiene. Am J Infect Control. 2015 Feb;43 2 :112-4. Doremalen NW, et al. Aerosol and surface stability of HCoV-19 SARS-CoV-2 compared to SARS-CoV-1• CDC. Keeping workplaces, homes, schools, or commercial establishments safe.

次の