英語 伝える。 訃報を英語で伝えるには?|お悔やみ・例文・返信・挨拶|終活ねっと

訃報を英語で伝えるには?|お悔やみ・例文・返信・挨拶|終活ねっと

英語 伝える

あとで電話をするよう伝えておきます• I will tell him to phone you later. 彼に伝言を伝えてほしい• I'd like for you to give him a message. /《文》 Please convey my message to him. 手紙では感謝の気持ちを十分伝えられません• I cannot fully convey my gratitude to you in a letter. 伝えられるところによると彼はかなりの借金をしているようだ• There is a rumor that he is deep in debt. 外電が伝えるところによると飛行機がハイジャックされた• 「 According to a foreign dispatch [A foreign dispatch reports that] a plane has been hijacked. 2〔伝授する〕teach;〔伝え送る〕pass knowledge on to ;〔受け継がせる〕hand down to• 僕の知っていることはもう全部弟子に伝えた• I have taught my pupils everything I know. /《文》 I have imparted all my knowledge to my disciples. 彼は酒造りの秘訣 ひけつを息子に伝えた• He passed the secrets of sake-brewing on to his son. この儀式は父から子へと伝えられてきたものだ• Knowledge of this ritual has been handed down from father to son. 3〔海外からもたらす〕introduce into.

次の

英語で「お悔やみ」を伝える表現は?「お礼」はどう返信する?

英語 伝える

初めての方へ• プランと費用• 葬儀場を探す• 葬儀の知識• 「亡くなる」って英語で何て言えば良いの? 連絡手段によって気を付けることは?• 訃報を聞いた時、英語で失礼にならないように返信するには、どんな言葉を使えば良い?• 訃報のほかにも、葬儀に関連する英語表現が知りたい! 今回はこれらの疑問に対する答えを中心に解説していきます。 突然訃報を伝えなくてはいけなくなった時、余裕がない状況で困ってしまうかもしれません。 少しでも余裕をもって対応するには、あらかじめ訃報に関する英語を学んでおいて、そういった表現に慣れておくことが大切です。 そのためにも役に立つ記事となっていますので、ぜひ最後までお読みいただければと思います。 また、「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。 状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。 訃報は英語でどのように言えば良いのでしょうか? ここでは、訃報に関する基本の英単語と、訃報の文例を紹介します。 亡くなるは英語で? 「亡くなる」は英語で "pass away" と表現します。 学校などで「亡くなる」は "die" と覚えた方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、 "die" は「死ぬ」という意味なので直接的過ぎます。 私たちも誰かが亡くなったとき、日本語で「死ぬ」とは言わないですよね。 このことと同じで、 英語でもデリケートな話題のときは遠回しな表現を使います。 そのため、もし "die" と言ってしまうと驚かれてしまうかもしれないので注意しましょう。 口頭で伝える場合 電話で訃報を伝える場合は、 自分の名前と亡くなったことを最初に伝えましょう。 電話での連絡の場合、伝える時点では葬儀の日程はまだ決まっていないことが多いです。 そのため、「決まり次第連絡します」といった文言で伝えましょう。 最後に、何かあったときのためにすぐに繋がる連絡先も伝えておくと良いです。 This is 〇〇. I'd like to tell you my dad passed away early this morning. I'll let you know a day for funeral service later. Please call me if you have any questions. 本日明け方、父が亡くなりました。 葬儀の日程については後程連絡します。 何かありましたら、お電話ください。 This is 〇〇. I'd like to tell you my mom passed away this evening. I'll tell you a day for funeral service after I got information from funeral company. Please let me know if you have any questions. 本日夕方、母が亡くなりました。 葬儀の日程については、決まり次第連絡します。 何かありましたら、連絡ください。 メールなどの文面で伝える場合 メールなどの文面で伝える場合は、 短縮表現を使わずに書きます。 短縮表現を使わないことで、よりフォーマルで丁寧な印象を与えることができます。 She He was wonderful person and has many friends. 葬儀は〇曜日の〇時より〇〇市の〇〇 葬儀会場の名前 にて執り行います。 We have to inform everyone of the sad news that 〇〇 故人の名前 passed away on Monday night. He She was such a nice person and worked so hard for my family especially on summer vacation. We are now making plans for the memorial service for 〇〇 故人の名前 and will keep you informed. Thank you so much for your love toward 〇〇 故人の名前. 彼 彼女 はとても良い人であり、特に夏季休暇のときは家族に一生懸命尽くしてくれました。 私たちは今〇〇 故人の名前 の葬儀の準備をしていますので、日程等が決まりましたら追って連絡させていただきます。 手紙やメールなどの文章で訃報の連絡をする際には、 まず伝えたいことがあるという内容を書いてから、亡くなったことを伝えます。 次に故人への思いを少し書き、最後に葬儀の日程を記載します。 葬儀の日程が決まっていない場合は、追って連絡をしますと記載しましょう。 手紙の最初には "Dear 〇〇 手紙を送る人の名前 " を入れます。 さらに、手紙の最後には "Warmly," や "Sincerely," といった敬具にあたる言葉を入れ、自分の名前を書くようにしてください。 件名はどのようにつける? 件名はどのように付けたら良いのでしょうか? 分かりにくい件名を付けると、読んでもらえない可能性もあるので、すぐに分かる件名を付けます。 英語で訃報を伝える件名としてすぐに分かるのが、 Obituary: Mr. "obituary" には、「追悼記事」という意味があり、 新聞の「お悔やみ欄」に使われる言葉です。 訃報に対する返信を英語でするには? これまで、英語での訃報の伝え方について、お伝えをしてきました。 次に、訃報を受け取ったときの返信の内容についてご紹介します、 お気の毒にや御愁傷様ですを英語で? 「ご愁傷様です」は英語で "I am so sorry. " といいます。 "sorry" というと「ごめんなさい」を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。 実は、 "sorry" には謝罪の意味のほかにも、 残念なことに対する同情の気持ちを表す意味もあるのです。 また、 「お気の毒に」は、 "I am so sorry for your loss. " です。 こちらでも "pass away" のときと同じように、 "death" と使うと直接的過ぎるので、 "loss" と遠回しな表現になっています。 "loss" は「喪失」という意味です。 お悔やみの言葉の例文 ここではそのまま使える、お悔やみの言葉の文例をご紹介します。 I am so sorry to hear that. ご愁傷様です。 My condolences to you and your family. あなたとご家族のみなさまにお悔やみを申し上げます。 Please let me know if I can help you. 私に何かできることがあれば言ってください。 返信する際の件名は? 返信する際の件名は簡潔に、一目見て分かるようなものにしましょう。 訃報の返信の件名は、 "condolence" や "sincere sympathies" にすると良いです。 "condolence" には「お悔やみ」という意味があり、 "sincere sympathies" には「心からのお悔やみ」という意味があります。 以下の記事では、英語でのお悔やみメールの例文やお礼について詳しく解説していますので、ぜひ目を通してみてください。 英語で「亡くなる」は "pass away" を使う。 "die" は直接すぎる表現で使わないため、注意が必要である。 口頭で訃報を伝える際は、亡くなったことと葬儀の日程について後日連絡をするということを伝える。 メールではより丁寧な表現で伝える。 葬儀の日程が決まっている場合は日程を記載し、そうでない場合は追って連絡をする旨を記載する。 件名は "Obituary: Mr. 「ご愁傷様です」は英語で "I am so sorry. " といい、「お気の毒に」は、 "I am so sorry for your loss. " という。 お悔やみの言葉を述べる際は、 "My condolences to you and your family. " などといった表現を使う。 お悔やみの言葉に返信するときは、 "condolence" や "sincere sympathies" を件名にする。 英語で訃報を伝えることや、訃報に返信することはとても緊張すると思います。 しかし、今回紹介した例文はそのまま覚えるだけで、すぐに実践で使うことができます。 ぜひ参考にしてみてください。 以下の記事では、香典に英語で名前を書く方法について解説をしています。 また、香典に関する英語の例文も紹介しているので、ぜひあわせてご覧下さい。 最後までお読みいただきありがとうございました。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の

英語で細かいニュアンスを伝える方法

英語 伝える

英語でのお悔やみ表現を説明する前に、まずはどのような場面で使うのかを確認しておきます。 「お悔やみ申し上げます」を伝える場面は、直接とは限りませんよね。 どういった場面でお悔やみを伝えるのか、また伝える際の注意点などを説明します。 訃報を電話で聞いたとき まずは電話で訃報を聞いたときのパターンです。 親族や友人、ビジネス問わず、親しい方の場合は電話で訃報を知ることがあります。 急なことで驚くと思いますが、状況や理由を尋ねるのではなく、 まずは相手のことを想ってお悔やみの言葉を述べましょう。 また、 大変な中でご連絡いただいたことへの感謝も忘れずに伝えてから電話を切るようにしましょう。 メールで訃報を伝えられ返事をするとき 次に、メールで訃報を知った場合の返事についてです。 プライベートやビジネス問わず、文章でお悔やみを伝えられることも十分に考えられます。 電話と違って返信内容をしっかり考えることができるため、連絡をくれた相手に失礼の無いように注意して返事をしましょう。 文章でお悔やみを伝えるときに特に注意すべきは、 縁起の悪い言葉を使わないことです。 日本語では「忌み言葉」と言いますが、例えば英語では "die"や"death"よりも、"loss"や"passing"などを使います。 お葬式に参列するとき 続いては、お葬式に参列するときです。 葬儀の場で、直接ご遺族に対してお悔やみを述べるケースが最も多いかもしれません。 ご遺族は、憔悴している中で準備をしたり、弔問客の対応をしたりと大変です。 お悔やみの言葉は 手短に、簡潔に済ませましょう。 故人との関係性にもよりますが、お悔やみの言葉だけでなく、「何か力になれることがあれば遠慮なく言ってくださいね」など、一言配慮の気持ちを加えても良いでしょう。 葬儀でのお悔やみの挨拶について知りたい方は、こちらも合わせてご覧ください。 Please accept my condolences. 直訳すると、「私のお悔やみを受け取ってください=お悔やみ申し上げます」となります。 この文章に、「誠実な」「心の底からの」という意味の"sincere"を付けて、 "Please accept my sincere condolences. " と表現する場合もあります。 I'd like to offer my deepest condolences. "offer"は申し出る・示すという意味です。 「私の最も深い哀悼を示します」という文章です。 I hope you will accept my sincere condolences. 1つ目の例文と同様の意味ですが、少し言い方を変えた文章です。 直訳すると、「私の心の底からのお悔やみを受け取ってくれることを願います」となるので、少し柔らかいニュアンスになるかもしれません。 "sorry"を用いた表現 親しい方や親族の場合は、"sorry"を用いた表現を使うのが一般的です。 "sorry"は謝るときに使う印象がありますが、謝罪以外にも、 気の毒に思う・同情するという意味があります。 I don't know what to say... 何と言ったらいいのか分かりません… I'm so sorry to hear that. それを聞いてとてもお気の毒に思います。 It must be hard for you. さぞかしお辛いでしょう。 My thoughts and prayers are with you and your family. 私の想いと祈りは、あなたとあなたの家族とともにあります。 メール ひとくちにメールと言っても、相手との関係性によってお悔やみの伝え方は異なります。 ここでは、 ビジネス関係者へのフォーマルな例文と、 親しい関係の方へ伝える場合に分けてご紹介します。 ビジネス関係者に対してのメール 個人から個人へ宛てたメールですが、ビジネスの場合は会社同士のお付き合いですので、 主語をIではなくWeとして 会社全体としてあなた方の訃報にお悔やみ申し上げますという気持ちを表します。 お悔やみを伝える場面は、直接だけでなく電話やメールなど様々である。 弔意を表す英文は、シーンによって使い分ける。 訃報を知る場面は様々かと思います。 電話越しであったり、メールなどの文章であったり、葬儀への参列や弔問する場合もあるでしょう。 お悔やみの表現は日本語でも難しいと思いますので、英語だとなおさらです。 それぞれの場面に合った言葉の選び方や伝え方を考え、相手の気持ちに寄り添えると良いですね。 「終活ねっと」では、終活に関する様々な記事を紹介しています。 お悔やみごとに関するマナーについてはぜひこちらをご覧ください。 最後までお読み頂き、ありがとうございました。

次の