柏木由紀子ブログ。 【画像】柏木由紀子の若い頃がかわいい!坂本九とのラブラブ写真も!

【画像】柏木由紀子の若い頃がかわいい!坂本九とのラブラブ写真も!

柏木由紀子ブログ

日本で唯一の全米ナンバーワン獲得歌手、坂本 九の遺作となった「心の瞳」(1985年5月22日、ファンハウスより、最後のシングル「懐かしきlove-song」のB面として発売された楽曲)。 三木たかし作曲、荒木とよひさ作詞によるこの曲は、B面曲であったにも関わらず、多くのアーティストにカバーされ、また、長い年月を経て、中学の音楽の教科書に掲載されるなど、合唱曲としても広く知られるようになりました。 この曲のレコーディングをしたのは、坂本 九が事故で亡くなった年1985年。 当時、「この曲は僕たちのことを歌ったような曲だよ!ユッコが聞いたら泣いちゃうよ!」 そう九は最愛の妻で女優の柏木由紀子に伝えたと言います。 葬儀のときに、この曲が気に入りいつかパパの伴奏をしたいと練習していた長女花子がピアノを弾き、歌声と重ねた映像も、記憶にあるかもしれません。 そのようにテレビでは一度も歌うことのなかったこの曲を、家族はなにより大切に思っていました。 妻・柏木由紀子、長女で歌手の大島花子、次女で元宝塚の舞坂ゆき子が、2006年のクリスマスから始めたクリスマス・ファミリーコンサートでは、この曲を坂本 九の歌声と重ねて披露しており、そのパフォーマンスは評判を呼び、クリスマス・コンサートは今年の開催で12回目を迎えます。 そして、三十三回忌を迎える2017年のクリスマスに向けて、「心の瞳」がコーラス入りの究極バージョンとして新たに蘇り、シングルとしてリリースされることとなりました。 また、合唱曲として知名度の高い楽曲ということもあり、新たに『合唱バージョン』も録音されました。 同時発売となるベスト・アルバムは、三十三回忌を期して新たに編成されました。 これまでオフィシャルに使用されたことのないレアな写真、家族写真も織り込み、「上を向いて歩こう」は2013年に制作されたSTEREO VERSIONで収録され、また、もちろん上記の「心の瞳 コーラス入り 」も含んだ、全21曲、2,000円(税抜)というたっぷりお得な内容となっております。 06 release 坂本九が晩年もっとも大切にしていた歌、「心の瞳」。 06 release 日本で唯一の全米ナンバーワン獲得歌手、坂本 九。 事故で亡くなった年1985年からの三十三回忌を期して新たに編成されたベスト・アルバム。 遺作となった「心の瞳」ニューバージョン、そして「上を向いて歩こう」は、2013年に制作されたステレオ・バージョンにて収録。

次の

柏木由紀子の再婚は?徹子の部屋で明かした「天国の坂本九」への想い

柏木由紀子ブログ

日本で唯一の全米ナンバーワン獲得歌手、坂本 九の遺作となった「心の瞳」(1985年5月22日、ファンハウスより、最後のシングル「懐かしきlove-song」のB面として発売された楽曲)。 三木たかし作曲、荒木とよひさ作詞によるこの曲は、B面曲であったにも関わらず、多くのアーティストにカバーされ、また、長い年月を経て、中学の音楽の教科書に掲載されるなど、合唱曲としても広く知られるようになりました。 この曲のレコーディングをしたのは、坂本 九が事故で亡くなった年1985年。 当時、「この曲は僕たちのことを歌ったような曲だよ!ユッコが聞いたら泣いちゃうよ!」 そう九は最愛の妻で女優の柏木由紀子に伝えたと言います。 葬儀のときに、この曲が気に入りいつかパパの伴奏をしたいと練習していた長女花子がピアノを弾き、歌声と重ねた映像も、記憶にあるかもしれません。 そのようにテレビでは一度も歌うことのなかったこの曲を、家族はなにより大切に思っていました。 妻・柏木由紀子、長女で歌手の大島花子、次女で元宝塚の舞坂ゆき子が、2006年のクリスマスから始めたクリスマス・ファミリーコンサートでは、この曲を坂本 九の歌声と重ねて披露しており、そのパフォーマンスは評判を呼び、クリスマス・コンサートは今年の開催で12回目を迎えます。 そして、三十三回忌を迎える2017年のクリスマスに向けて、「心の瞳」がコーラス入りの究極バージョンとして新たに蘇り、シングルとしてリリースされることとなりました。 また、合唱曲として知名度の高い楽曲ということもあり、新たに『合唱バージョン』も録音されました。 同時発売となるベスト・アルバムは、三十三回忌を期して新たに編成されました。 これまでオフィシャルに使用されたことのないレアな写真、家族写真も織り込み、「上を向いて歩こう」は2013年に制作されたSTEREO VERSIONで収録され、また、もちろん上記の「心の瞳 コーラス入り 」も含んだ、全21曲、2,000円(税抜)というたっぷりお得な内容となっております。 06 release 坂本九が晩年もっとも大切にしていた歌、「心の瞳」。 06 release 日本で唯一の全米ナンバーワン獲得歌手、坂本 九。 事故で亡くなった年1985年からの三十三回忌を期して新たに編成されたベスト・アルバム。 遺作となった「心の瞳」ニューバージョン、そして「上を向いて歩こう」は、2013年に制作されたステレオ・バージョンにて収録。

次の

柏木由紀子の若い頃と現在!坂本九との結婚や娘・年齢や自宅・最新活動まとめ

柏木由紀子ブログ

性別関係なく好かれそうな、 健康的で明るい雰囲気が伝わってきます。 目鼻立ちがハッキリした顔立ちと、親しみが湧く可愛らしい笑顔が人気を誇っていました。 劇団若草に入団後は、少女向け雑誌「女学生の友」などで モデル活動を開始。 高校に入学すると、1964年に公開された映画「明日の夢が溢れている」に出演し、女優としても活動を始めた柏木由紀子さん。 映画で共演した三田明さんの紹介で、1965年に「若い真珠」をリリースして 歌手の活動も行うマルチな才能ぶりを発揮しています。 人気が出てきたことで多忙になった柏木由紀子さんは、芸能活動に専念するために、当時通っていた 玉川学園短期大学を中退しました。 その後、事務所を東宝テレビ部に移籍して、多くのドラマに出演しています。 こうして柏木由紀子さんは、人気女優への階段を駆け上ったのです。 坂本 九(さかもと きゅう) 本名: 大島 九 生年月日: 1941年12月10日 死没: 1985年8月12日 出身地: 神奈川県川崎市川崎区 ニックネーム: 九ちゃん 学生の頃からエルヴィス・プレスリーに憧れ、ものまねを友人に見せては大うけしていたという坂本九さん。 バンド活動を経てソロ歌手として活動を開始。 ヒット作「 上を向いて歩こう」は、日本のみならず海外でも大ヒットを記録しています。 アメリカの音楽チャート「Billbord Hot 100」によると、3週連続で1位を獲得するという日本人初の記録を更新しました。 一躍昭和の大スターになった坂本九さんは、チャリティー活動にも熱心だったそうです。 1964年に開催された東京パラリンピックが、当時資金が足りないと知るとチャリティーコンサートを開き、売上を寄付。 その他にも、手話を広げる運動にも多忙な中で積極的に参加していたことが判明しています。 abema. 坂本九さんは、連絡先を書いたメモを柏木由紀さんに手渡し、「連絡してほしい」と口説いたのです。 当時の坂本九さんはすでに大スターだったこともあり、柏木由紀子さんはメモを受取っても、連絡することはありませんでした。 1年が経過した頃に、また再会した2人。 坂本九さんは楽屋に柏木由紀子さんを招き入れ、再び電話番号が書かれたメモを渡したのです。 2度の電話番号を書いたメモでアプローチを受けた柏木由紀子さんは、交際に前向きになったそうです。 やがて2人は、1971年12月8日に晴れて夫婦になりました。 新婚旅行先を パリに選び、2人で楽しんだ様子の写真が公開されています。 柏木由紀子さんは、「忙しいのに時間を作ってくれた」と昔を振り返り、感謝の意を表しています。 2人の間には娘が二人誕生しています。 長女は大島花子さんでシンガーをしています。 次女の大島舞子さんも歌手で、ドックセラピストとしても活動するなど多方面で活躍しています。 娘2人は父親の坂本九さんが大好きで、しょっちゅう坂本九さんを取り合っては喧嘩していたようです。 長女の大島花子さんによると、「 父親をめぐって喧嘩する姉妹の中に母親も参戦しちゃう。 3人女性、男性1人でモテモテでした」と、インタビューにて語っています。 子供ができてからも、坂本九さんは柏木由紀子さんの誕生日になると、オリジナルの歌を作ってプレゼントしていたようです。 タイトルは「マイ由紀子」という曲だそうで、仲睦まじさが見て取れますね。 作った歌は、子供達が寝静まった後で、夫婦だけの時間を作って合唱していたのだとか。 坂本九さんは、大阪に住む友人の選挙応援を行うために、大阪へ向かう飛行機に搭乗しました。 普段、坂本九さんは全日空を利用する習慣があったのですが、お盆ということもあり、偶然取れたチケットが日本航空123便だったようです。 飛行機は、18時ちょうどに羽田を飛び立ち大阪へ向かいました。 そして18時24分、爆発音と共に飛行機が操縦不可能な状態に陥ってしまったのです。 どうにか機体を立て直そうとするパイロットの懸命な声が、ボイスレコーダーに残されています。 東京交通管制部との通信は18時55分を最後に途切れ、 御巣鷹山の尾根に飛行機は墜落し、 520名の命が犠牲になりました。 chorus-song. この楽曲を聞いた中学校教師が合唱曲として使うと、噂が広がり、次々に合唱曲に使いたいという学校が増えたのだとか。 気が付くと「心の瞳」は 合唱の定番の曲になり、 柏木由紀子さんへの励ましのメッセージが次々と届き、その数は5千通にも及んだようです。 前向きに生きることを考えられるようになり、残された2人の娘と3人で力を合わせて坂本九さんの歌を後世に継ぎたいとの希望が生まれ、柏木由紀子さんは 芸能界への復帰を発表しました。 fujitv. 結婚した相手は、昭和のスター坂本九さんです。 夫婦仲が良く、2人の娘に恵まれて幸せな生活を送っていました。 しかし、日航機墜落事故の犠牲者となった坂本九さんは、43歳という若さで亡くなっています。 突然先立たれ、親子でかなりのショックに長年苦しんだようです。 そのような中、坂本九さんの遺作となった曲が日本各地の学校で合唱曲として歌われて広まると、多くの応援メッセージが届き、柏木由紀子さんは救われたとのこと。 この先の人生を坂本九さんの歌を広めるためにと、再び立ち上がったのです。 柏木由紀子さんは2020年現在、72歳になりました。 趣味の麻雀やサックスに興じるなど元気に過ごしている様子がうかがえます。 現在も坂本九さんを愛し、娘たちと音楽活動に取り組む柏木由紀子さん。 今後の活躍を応援しましょう。

次の