鈴木 脳神経 外科。 脳神経外科

恵比寿脳神経外科・内科クリニック

鈴木 脳神経 外科

部長 鈴木 宰 脳神経外科では脳卒中(くも膜下出血・脳内血腫・内頚動脈狭窄・脳梗塞など)、交通事故などによる脳や脊髄の外傷、脳腫瘍、脊髄病変(脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、脊髄腫瘍など)、水頭症などの先天性の(生まれつき)の脳の病気の治療を行っています。 狭くなった血管を広げるためカテーテル治療やステントを挿入する血管内手術、加齢に伴い手足がしびれて生活に支障が出るという脊柱管狭窄症は脊髄手術を専門に行う医師がおり積極的に治療を行っています。 患者さんへのメッセージ くも膜下出血、脳出血、脳梗塞などの脳卒中は、サイレントキラーとも呼ばれ、前触れもなく、急に意識を失って倒れることが多く、日本人の死亡原因の上位にも名を連ねる危険な病気です。 こうした病気を防ぐには、高血圧、糖尿症、高脂血症、たばこなどのリスクファクターを減らしてゆくことが重要です。 更に、最近では、脳ドックなどによって早期発見し、ある程度防ぐことが可能となってきています。 くも膜下出血の原因となる脳動脈瘤(脳の血管の一部が風船のように膨らんだもの)は脳ドックの検査を受けることで簡単に発見できます。 大きくて破れそうな動脈瘤は破れないように手術をします。 一方、極めて小さなものや破裂する恐れの低いものは経過観察します。 動脈瘤の破裂を防ぐ手術には2つの方法があり、クリッピング手術と言って、頭蓋骨の一部を切り取り、動脈瘤の根元を小さな金属のクリップで止めるという従来の方法と、塞栓術と言って、頭を開けることなく脳の血管の中に細いカテーテルという管を入れて、動脈瘤の中にコイルという細い金属の糸の様なものを詰め込んで固める方法が有ります。 動脈瘤は誰にでもできる可能性がありますが、特に「家族にくも膜下出血を起こした人がいる方」は定期的に脳ドックを受けることをお勧めいたします。 脳梗塞は脳の血管が詰まって起きる病気ですが、食生活の欧米化に伴い頸動脈などの太い血管の内側にコレステロールが沈着した結果、脳への血液が悪くなって起きるタイプの脳梗塞が増えてきています。 これも脳ドックによって簡単に見つけることが可能です。 治療は、内膜剥離術と言ってコレステロールが貯まって厚くなった血管内側の壁を手術で取り除いて元通り広くする手術と、狭くなった血管の中にステントと呼ばれる金属のアミの様な物をいれて拡げる血管内手術を行っています。 当院ではこれらの手術と、血管の中から行う手術の両方が可能です。 当院の健康管理科にて脳ドックの検査を行っておりますので、ぜひご相談いただければと思います。 高齢化に伴う、くびや腰など背骨の変形、病気によって、脊髄が圧迫され、手足が動かしにくくなり、日常生活が困難となる人が増えてきています。 これらの病気は脳卒中と違って、すぐに生命に関わると言うことは有りませんが、歩行が困難となったり、手が不自由になるなど高齢者が自立した生活をするのを困難とする原因となっています。 脳神経外科ではこのような病気に対して、脊髄を圧迫している原因を取り除いて、症状を改善するという手術を行っています。 背骨の病気で脳神経外科にかかるというと、不思議に思われるかもしれませんが、欧米では以前から脳神経外科がこの病気を治療してきています。 チカラを合せてチーム医療 脳血管障害を起こした患者さんは手足のマヒ・言葉の障害・ご飯をうまく飲み込めなくなる障害が起きるケースが多いです。 作業療法士・言語療法士・理学療法士が身体の機能が落ちてしまった患者さんにリハビリテーションを行っています。 当院では、これらの様々な職種が参加しているカンファレンスを定期的に行って「この患者さんはどのように治療するか」をあらゆる面から検討したりしています。 また脳血管障害では最初に神経内科を受診される方も多く、神経内科から「脳神経外科での治療が必要です」という紹介も頻繁にあるため、定期的に合同カンファレンスを行ってより良い治療を目指しています。 医療関係者へのメッセージ 当院では、救急医療に力を入れており、救急科を中心として様々な診療科が一人の患者さんを連携して治療することがスムーズにできています。 例えば交通事故の患者さんに対して頭部の治療、腹部の治療、骨折の治療など包括的な対応が必要な場合でも、協力して治療できるのは当院の強みではないかと思います。 さらに脳神経外科はいつどんなタイミングで起こるか分からない脳血管障害に備え、24時間対応で血管内手術やカテーテル治療をできる体制になっており、いざという時に地域の方々に頼っていただけるよう高度な治療を提供しています。 脊椎管狭窄症・頸椎症・椎間板ヘルニアは日本では従来整形外科的な病気と思われてきましたが、ヨーロッパやアメリカでは脳神経外科的な病気であります。 腰痛の症状には整形外科的な病気ももちろん多くありますが、これに加えて手足がしびれる・うまく歩けない・ボタンが止められないなどの症状がある場合は脊髄や神経に何かしらの原因があると考えられます。 当院では日本脊髄外科学会認定医が患者さんの治療にあたっておりますので、症状が該当する患者さんがみえましたら脳神経外科へご紹介ください。

次の

恵比寿脳神経外科・内科クリニック

鈴木 脳神経 外科

定位脳手術, 脳破壊術, てんかん外科などを行う機能外科は, 工学的な技術の躍進を背景にした機器開発や脳機能の解明により, 新時代に入ったといえる. この10年間でも, 脊髄刺激や脳深部刺激のための植え込み型刺激装置や刺激電極が大きく進化した. まったく新しい手法として, MRIガイド下集束超音波による振戦の治療が開始された. その他にも, ITB療法や迷走神経刺激療法が可能となっている. このように機器の進歩や導入により, 治療効果の改善のみならず, その適応範囲も拡大している. また, 計算技術を用いた脳機能の解明が急速に進んでいる. 今後は, これまでの対象疾患だけでなく精神疾患から認知症などの幅広い患者に寄与することが予想される. 小児人口の減少に伴い脳神経外科医が小児脳神経外科疾患を経験する機会が減り, 施設間や地域間の診療水準の拡差が広がりつつある. この領域の診療水準の維持・向上のため, 日本小児神経外科学会では診療ガイドライン策定に取り組み, 小児神経外科認定医制度を設立した. 一方, より高度の医療を提供するため, 本学会は小児脳腫瘍の分子分類の研究や臨床試験の支援, 水頭症のシャント治療結果に関する学会主導の臨床研究, 活発な国際交流を行っている. これらと並行して小児病院とともに大学病院で, 小児神経外科認定医が脳神経外科の専攻医や若い専門医に小児脳神経外科の魅力を示し, 後継者の育成が進むように本学会として支援要望していく. 脳神経外傷の過去から現在までを検証し, 将来へつながる道程を検討した. 先進国・超高齢国としてのわが国における本疾患の変化を認識し, その対策をグローバルに発信することが重要と考えるが, 多様化した本疾患に対してわれわれの柔軟な対応が求められる. また, 神経科学と技術革新の発展を追い風として, 脳神経外傷機序の理解と治療法に新たな局面を開拓する必要がある. 草刈機による頭蓋・顔面損傷に内視鏡を用いた再建術が有効だった1例を報告する. 60歳男性. 草刈機操作中に転倒, 刈刃が左顔面を直撃し搬送された. 左前額から眼球・頬部に至る切創あり, CTでは左前頭骨から眼窩・頬骨の骨損傷に, 左前頭葉挫傷・気脳症を合併した. 脳神経外科・眼科・形成外科で緊急手術を実施. 切創直下の骨欠損部の上端に穿頭し, 眼窩までの幅3cmを開頭した. 硬膜損傷部より硬性鏡を挿入, 左前頭葉の血腫・骨片の除去, 前頭蓋底の損傷硬膜の剝離・切除・縫縮, 前頭洞粘膜の剝離と有茎の骨膜組織の充塡を行った. 経過は良好で, 内視鏡での観察により, 元の切創を用いた小術野から深部の硬膜・頭蓋底の処置が可能であった. 下垂体卒中は, 下垂体腺腫の出血性梗塞が主な原因であるが, まれに化学的髄膜炎を伴うことがある. その場合, 多核球優位の細菌性髄膜炎様の髄液所見を呈することが多い. われわれの症例は, 汎下垂体機能低下症で発症した49歳男性の下垂体卒中例で, 最初単核球優位の髄液所見を示し, ウイルス性髄膜炎として治療を受けた. その後, 眼症状が出現して, 病態が明らかとなった. 神経内視鏡下経鼻手術により血腫および下垂体腺腫を摘出して症状は改善した. 単核球優位の髄液所見を呈したとするごく少数の報告を検討すると, それらは出血の進行が比較的緩やかであり, 遅い時期の炎症を観察しているのではないかと推論した. ウイルス性髄膜炎と紛らわしい下垂体卒中があることに注意するべきである.

次の

脳神経外科

鈴木 脳神経 外科

脳神経外科 脳神経外科 脳神経外科医 鈴木 泰篤 (すずき やすひろ) 最終学歴 昭和大学 医学部 経歴 新潟大学脳研究所脳神経外科 長野赤十字病院脳神経外科 昭和大学脳神経外科 University of Iowa USA ,Interventional Neuroradiology Service 資格(専門医) 医学博士(昭和大学) 日本脳神経外科学会専門医 日本脳卒中学会専門医 日本脳神経血管内治療学専門医 介護保険専門医(ケア・マネージャー) 専門分野 脳血管障害 脳腫瘍 頭部外傷 【鈴木 泰篤 医師】 当院は、脳血管障害(くも膜下出血、脳出血、脳梗塞など)や脳腫瘍、頭部外傷など種々の脳疾患を対象としており、 外科的治療と血管内(カテーテール)治療を駆使し治療を行います。 外科的治療に関しては、脳血管障害(脳動脈瘤クリッピング術、頸部頚動脈内剥離術、脳血管バイパス術、脳内血腫除去など)、 脳腫瘍 頭部外傷、顔面けいれんや三叉神経(微小血管減圧術)などへの脳の手術を行います。 一方脳血管内治療は、手首や足の付け根の血管からカテーテルを脳や頸部の病変部へと到達させて治療を行います。 体に傷を創ることはなく、痛みもありませんので、患者さんの体への負担が少ないのが特徴です。 脳動脈瘤(くも膜下出血)、 脳や頸部の動若の狭窄、脳の血管の閉塞(発症ご数時間以内の脳梗塞)、良性脳腫瘍(腫瘍栄養動脈塞栓術)などが治療の 対象となります。 神経放射線科医と協力して行います。 病態と患者さんの希望を十分考慮し、両者の治療および保存的治療を選択・組み合わせて対応しております。 また、治療難易度の高い病態に対しては、昭和大学脳神経外科、筑波大学脳神経外科とも連携し、適切な治療法を提供いたします。 術後の病棟で集中治療を行い、早期から選任の療法士によりリハビリを行っています。 《脳動脈瘤クリッピング》 《脳動脈瘤コイル塞栓術》 《頚動脈内膜剥離術》 《頚動脈ステント留置術》 脳神経外科医 非常勤医師 妹尾 求哲 (せお よしあき) 最終学歴 鹿児島大学 医学部 資格(専門医) 日本脳神経外科学会専門医 専門分野 脳血管障害、パーキンソン病、神経外傷、頭痛.

次の