プライムデー 攻略。 Amazonプライムデーの事前準備と攻略法を解説!|くまテックブログ

アマゾン(amazon)プライムデー攻略!事前リサーチと立ち回り方を伝授。

プライムデー 攻略

世界最大の物販企業であるアマゾンですが、度々お得なセールを行っていることはあまり知られていません。 とはいっても最近はテレビでよく広告を見かけますし、アマゾンにもセールがある、ということはそれなりに周知されてきたことだと思います。 そんなアマゾンのセールのひとつが 「プライムデー」です。 このセールは非常に広範囲にわたり、 対象商品も膨大、さらに割引価格も非常に大きいと、まさに夢のようなセールだといえるでしょう。 しかし、前述の通りコマーシャルが増えてきたということと、アマゾンという企業自体のネームバリューが高まってきたせいで、プレイムデーを狙う人も増えてきています。 そこで、ここではアマゾンプライムデーで最大限お得なお買い物をするためや仕入れをする人のために立ち回り方を紹介していきます。 アマゾン(amazon プライムデーとは? そもそも 「プライムデー」とはどんなものなのでしょうか。 前述した通りその実態はアマゾン上における超大規模なセールで、中古屋でもなかなか見られないような割引をされることが多々あります。 物販を行う目線で見ると、まさにこの日は 最大級の仕入れ日だといえるでしょう。 しかしながら、当然、 人気の商品は本当にすぐ売り切れてしまいます。 しかも、プレイムデーの期間はなんとたったの1日限り。 さらに割引される品物もアマゾン次第と、はっきり言って、狙ったものを仕入れるのは難しいことだといえるでしょう。 しかし、「難しい」というだけで「完全に不可能」であるというわけではありません。 以下で、アマゾンプライムデーでできる限り お得な買い物をするための基本について紹介していきましょう。 アマゾンプライムデー・事前の準備 プライムデーでお得な買い物をするためには、 当日以前の準備 がとても重要です。 当日になってから慌てて行っても、手遅れになってしまいます。 よって、プライムデー当日になる前に、必ず以下の準備を行っておきましょう。 amazonプライム会員になっておく プライムデーは、本来、文字通り 「プライム会員のためのセール」です。 プライム会員になっておくことで、優先的にセール商品を確保することができます。 というのも、プライムデーではプライム会員に優先的にタイムセール商品を公開してくれるのです。 セールの鉄則は、 当然できる限り素早く商品を確保することにほかなりません。 つまり、プライム会員になっていなければ、土台にすら立てないといってもいいでしょう。 とはいえ、プライム会員になる敷居は大変低く、無料お試し会員でもプライムデーに参加することができます。 よって、すぐさま会員になるのが億劫だという人は、とりあえずプライムデーの宣伝がはじまったらプライムお試し会員に登録してくといいでしょう。 気になる商品をウォッチリストに入れておく プライムデーの1週間ほど前から、アマゾンでは「どの商品を割引するのか」段階的に公開します。 それらの商品をひとつずつウォッチリストに入れておき、「どの値段でセールされたのなら得になるのか」ということを知っておきましょう。 そうすれば、いざプライムデーが開始されたとき、冷静に購入することができるはずです。 需要の高い商品は、プライムデーの目玉として値下げになる確率が高いからです。 もちろん、自分がウォッチリストに入れた商品が一切値引きされないこともあります。 しかし、アマゾンは一部の商品を除き、どの商品を割引されるのか発表しないので、期待を持ってウォッチリストに入れておくといいでしょう。 スケジュールを確認する プライムデーは、全品が一斉に割引をはじめるわけではありません。 時間ごとに割引されるカテゴリーが決まっており、その時間になったら、該当する商品カテゴリーの割引がはじまります。 自分の狙っている商品がどの時間帯で割引がはじまるのか、事前に確認しておくのが重要でしょう。 プライムデー当日の立ち回り方! プライムデーがはじまったら、まずは値引きされている商品を確認しましょう。 その中で注目商品があったら購入すればいいのですが本当にすぐさま売り切れてしまう商品もあります。 そんなときは、 「とりあえずカートに入れる」戦法が有効です。 アマゾンの仕様上、カートに入れた商品は15分間の間有効なのです。 よって、少しでも欲しいと思った商品はとりあえず 「カートに入れる」を押しておき、15分間、商品のレートを調べることもできます。 もちろん、15分間の間に他のカテゴリを調べて、自分が欲しいと思った商品は再び「カートに入れる」のもいいでしょう。 ただ、15分間という時間は以外と短いものですし、本当に欲しいと思ったものが消えてしまっては意味がないので、あまりのんびりしないようにしましょう。 「カートに入れる」戦法に加えて、もうひとつ意識しておきたいのが、その 商品のレートです。 」という言葉に惑わされがちですが、プライムデーはすべての商品が平均額以下になるというわけではありません。 むしろ、中古価格も考えると割高な商品が販売されることも十分ありえます。 よって、カートに入れた15分間の間、先述したようにインターネット上で、自分がカートに入れた商品の価格を調べておくといいでしょう。 場合によって、他の場所で購入したほうが送料を含めて割安だったり、 ヤフオクやメルカリといったフリーマーケットには、それ以下の価格で在庫が溢れていたりします。 自分が今本当に欲しいものとそうでないものを見極め、できる限り他の店との価格も見比べたうえで商品を購入したいところですね。 amazonプライムデーまとめ 2018年のプライムデーは 7月16日(祝日)の正午からはじまります。 今のうちから準備をはじめ、できる限り自分の望んだ商品を手に入れたいところですね。 もし今年を見逃してしまっても、来年にも同様のセールが行われると思われるので、来年こそは事前準備を怠らないようにしたいところです。 重要なのは事前リサーチとプライム会員への登録になります。 まだしていないという人は、ぜひ急いで行ってください。

次の

【Amazonプライムデーの攻略法】割引率の高い商品を探す方法

プライムデー 攻略

夏に行われる プライムデー• 年末に行われる サイバーマンデー• その他の期間で行われる タイムセール祭り サイバーマンデーとタイムセール祭りに関しては、誰でも参加できます。 しかしプラムデーは、次の 条件を満たしていないとセールに参加することができません。 プライムデーの参加資格 Amazon プライム(年間4,900円)の会員登録をしていること ただ、有料会員じゃないから参加できないと諦めるのはまだ早いです。 Amazon プライムには30日間の無料体験期間があり、その 無料体験の利用者にもプライムデーの参加資格が与えられるのです! プライムセール開始直後は、アクセス数が膨大になり稀にアクセスしにくくなることがありまる。 プライム会員への登録(無料体験を含む)は、事前に登録しておいた方がスムーズに進められるので 予め準備しておくことも重要なポイントです。 日替わりでジャンル別に商品がラインナップ• 売上ランキング人気商品が多い傾向• 他のショップの最安値より安い• 大人気商品は品切れになることもある• 24時を境に商品が入れ替わる• Amazon が特別に選んだ商品なので信頼度が高い Amazon のセールで欠かせないのが、この特選タイムセール。 セール開始から24時を超えると、対象商品が一気に入れ替わります。 過去には品薄でなかなか手に入らなかった Nintendo Switch が突如現れたり、Surface Pro のようなハイエンドのパソコンが格安で登場しています。 他にも大型家電やシャンプーや洗剤といった 日用品も格安になっているので、絶対にチェックしておきたいセールです。 こちらは商品の販売数もそれなりに用意されているものの、本当に安いものはセール価格での販売分が売り切れることもあります。 買う買わないは置いといて、セール開始直後と24時を回ってすぐに一通りチェックしておくことをおすすめします! 毎日やってるなら、わざわざプライムデーでチェックしなくていいんじゃない?と思う方もいるでしょう。 日々のタイムセールはマイナーなメーカーの製品が多く、なかなか欲しいものがありません。 しかし、プライムデーになると 話は別 です。 普段タイムセールに登場しないような、有名メーカーの商品も多く登場します。 ただしその一方で、中国メーカーの製品も多く紛れ込んで来るので、目的の商品を探すのに少し苦労するかもしれません。 Amazon のセール常連者になると、数量限定タイムセールを 攻略するコツを持っています。 ポイントは買うか買わないか判断する前に、買う可能性が少しでもあったらカートに入れること! 詳しくは次の記事に掲載しているので、初めてタイムセールに挑む人、または買いたくても品切れになっていつも欲しいものが買えない人は、ぜひ一読ください。 Fire TV と Fire HD はセール価格で安くなったタイミングで試しに購入したのですが、自分が想像していた以上に使っています。 今では欠かせないアイテムになってしまったので、安い時に買って良かったと実感しています。 ちなみにセール時の売れ筋商品は Fire TV Stick と Fire HD8 タブレットです。 プライムデーのセール価格って本当に安いの? 僕自身、日常的にネットショッピングを利用しているので、日頃から最安値を求めてあちこちのサイトを見ていますが、総評として申し上げると 安く買えるものはとにかく安い の一言に尽きます。 特選タイムセールにおいては、 商品の大半が安く買えると言えるでしょう。 しかしその一方で、数量限定タイムセールになると、通常の販売価格とさほど変わらないのに、あたかも大幅値下げしているように見せている販売会社もあるため、 消費者としてきちんと見極める力 が求められます。 2019年のプライムデーおすすめ商品は、次のページで紹介しています。 他のネットショップや店頭価格よりも 安いものだけを厳選しています。 割引価格の表示の仕方で、安く見せているような商品を除外しているので、参考にしていただけると幸いです。 値下がり幅が大きいのがプライムデーの特徴 安くなっている商品の値下がり幅が最も大きいセール、それがプライムデーです。 Amazon 側の立場で考えるとと、プライム会員の無料体験者を含むところから、正規会員を増やし Amazon 利用者の幅を広げるのが目的になっていることも伺えます。 そのため「 Amazon のセールってこんなに安く買えるんだよ!プライム会員おすすめだよ!」と言ったことを利用者が実感できるように、かなり攻めたセール価格を提示してきたり、無料体験者を許容していると考えるのが自然です。 Amazon 初心者であれば一度チェックしてみてください 正規のプライム会員になるか否かはさておき、普段 Amazon を利用していない人であれば、なおさらプライムデーは見ておくべきです。 欲しい商品を見つけるのは大変かもしれませんが、タイムセールの商品一覧を一通り眺めているだけで、欲しかった商品と出会えることもあります。 僕自身、前述のポイントアップキャンペーンの兼ね合いから、セール時期にまとめ買いする傾向にあります。 壊れた家電を買い直したり、欲しかったカメラ関連グッツを揃えたりと、毎度それなりの額を使っています。 前半でも説明しましたが、プライムデーの参加条件であるプライム会員の無料体験は何度でもできます。

次の

【2020】Amazonプライムデー攻略ガイド/準備・目玉・おススメ商品情報まとめ

プライムデー 攻略

ほしい商品のページをブックマークに入れておく• 「ほしいものリスト」に入れておく のいずれかはやっておきましょう。 商品ページにすぐ飛べるようにしておくのは、早い者勝ちのタイムセールにおいては大前提です。 これをやっておくだけで、トップページや最新のセール品一覧を経由してくる他の人より早く買うことができます。 Amazonプライムデー当日の攻略法、4つのポイント 1. Amazon基準時+3秒前行動 MacBookのようにセール開始直後に売り切れるような超難関を狙う場合、意識していておきたいのが• Amazon基準時• 3秒前の「再読み込み」 の2点です。 Amazon基準時 Amazonプライムデーに限らず、Amazonのタイムセール商品はセール開始前に 「開始まであとXX分XX秒」 と表示されています。 この残り時間、実は正確ではありません。 あなたのスマホやPCに内蔵された時計を基準にカウントされているからです。 (JavaScriptです) つまり Amazon側の把握している時間=Amazon基準時と、Amazonのサイトに表示されている時間は、必ずしも一致しません。 仮にあなたのPCの時計がAmazon基準時より5秒遅れているとしたら、「時間ピッタリにページを読み込み」したつもりでも、実は他の人より5秒も遅く参戦していることになります。 通常はあまり気にならない誤差ですが、コンマ何秒の差で勝負が決まる超難関タイムセールでは致命的でしょう。 ここで問題になるのが、Amazon基準時に自分の時計をどうあわせるかです。 Amazon基準時を正確に知るすべは残念ながらありません。 しかし多くの場合、システムは「NICT(情報通信研究機構)」の提供する時刻情報を基準にしています。 (下記サイトで時刻が見られます) 参考 もしAmazonのサイト上の残り時間が明らかに変だった場合、上記JST Clockの時刻をベースに参戦タイミングを測ったほうが良いでしょう。 3秒前の「再読み込み」 さて、時刻をAmazon基準時にあわせたとしても、「セール開始まで0秒」のタイミングで画面を再読込するのでは遅いです。 なぜなら、 「再読み込み」の指示が実際にAmazonのサーバに届くまで、若干のタイムラグがあるから。 そのため、• あらかじめAmazonのページを「再読み込み」させ、実際に画面更新がかかるまでの時間を測っておく• セール開始タイミングからその時間ぶん早めに「再読み込み」する としたほうが早く商品ページにたどり着ける可能性があります。 ネット回線の混み具合など、環境にもよりますが、ぼくの過去の経験では だいたい3秒前がいいあんばいなことが多かったです。 とにかくカートに入れる Amazonプライムデーは、カートに入れるまでが勝負と心得ましょう。 実際にどれを買うか決めるのは、カートに入れた商品リストを眺めながらでも遅くありません。 気になった商品はとりあえず「カートに入れる」を押しておくことを強くおすすめします。 キャンセル待ちを駆使する Amazonプライムデーのセール品は、カートに15分放置されたら自動キャンセルされます。 そのため、 キャンセル待ちでも買えるようになる可能性が十分にあります。 あきらめずに「キャンセル待ち」に登録しましょう。 ただし、キャンセル待ちの順番が回ってきてから3分以内にカートに入れないと、購入権が次の人に流れます。 必ず、ブラウザやアプリの通知をオンにしておきましょう。 「ウォッチする」で先手を打つ Amazonプライムデーでは、セール品が定期期に入れ替わります。 だからといって セールが始まってから商品を選ぶのは、最もよくある負けパターンです。 そのため気になるセール品がないか 「もうすぐ開始」ページから事前に確認しておおくことをおすすめします。 「ウォッチする」を押してくと、セール開始時にブラウザやアプリに通知がくるようになります。

次の