寝 て いる 時に ビク っ て なる。 寝ているときに体がビクッってなるあの現象はジャーキングといいます

寝ているときに体がビクッってなるあの現象はジャーキングといいます

寝 て いる 時に ビク っ て なる

こんにちは、さらくりです。 夜寝ている時や電車の中や学校の 授業中など寝ている時に急に足が ビクッと動いてしまって 目を覚ましてしまう事があります。 突然の足の痙攣に何が起きたのか わからないし、周りの人達に 見られてしまって恥ずかしい 思いをしてしまう事があります。 この睡眠中、寝ている時に勝手に 足が動いてしまうのは何かの 病気ではないのかと心配して しまうので 原因と症状について調べてみました。 ジャーキングって何 気持ちよく寝ている時に起こされて しまう事ほどイヤな物はないですよね。 それも他人に起こされるのでは なくて、なぜか急に自分の足が ビクッて痙攣してしまって起きて しまう そういった経験が僕には結構な 割合であるのでいったい何が 身体に足に起きてしまっているの だろうと心配になって悩んでいました。 スポンサーリンク そこで色々調べてみるとこの 寝ている時に足が痙攣した みたいに動いてしまうのは ジャーキングというそうです。 ジャーキング? 何それ聞いたことがないけど って思ってしまいますよね。 ジャーキングとは眠りに入った 時に筋肉が自然と収縮されて しまって 自分の意思とは関係なく痙攣 してしまうミオクローヌスと 言われる不随意筋肉の症状 なのです。 難しい言葉がいっぱい出て きてしまいましたね。 笑 簡単にいうと突然しゃっくりが でてしまう原因はミオクローヌス のせいだと言われているので 自分の意思とは関係なく出て しまうしゃっくりと同じような 感じです。 生理現象みたいな物で 自分の 意思とは関係なく筋肉が瞬時に 痙攣をするので不随意筋肉と いうわけですね。 原因はいったい何か 生理現象で勝手に筋肉が一瞬痙攣 してしまうのはわかりましたが でも何か身体に原因があるから 起こってしまうと思うので調べてみると ・ 疲れの疲労 ・ 眠りが浅い ・ 寝心地が悪い このような原因がある時に ジャーキングが起こりやすいのです。 スポンサーリンク ジャーキングは眠りに入った 瞬間に起きやすいということは レム睡眠ってことです。 レム睡眠時とは脳はまだ起きて いるけど、身体は眠ってしまって いる状態です。 この状態の時っていうのは 身体は眠りに入っているので 筋肉が自然と緊張がとけて ゆるくなっています。 しかし脳はまだ起きているので 突然筋肉がゆるみ出すとなぜか 高いところから落ちてしまったと 勘違いしてしまうそうです。 なぜこのような現象が起きて しまうのかはまだ、解明されて いないのですが・・・ 突然そのような状態になって 脳が防衛反応を示してしまい 足が一瞬痙攣してビクっとなって しまうのです。 これは僕の想像なのですが 寝心地が悪いって事はそれだけ 身体が不安定な状態 電車の中や学校の椅子などは 特に不安定で地面に落ちやすい 状態になっているからだと 思います。 寝心地が悪いって事はぐっすりと 眠れていないので眠りも浅くなって しまいますからね。 電車や学校、会社などでは 寝ようと思って寝ているので はなく いつのまにか寝てしまっている って感じですからね。 その原因となっているのが 疲れからくる身体の疲労が 溜まっているからですね。 寝ている時に足がムズムズする むずむず症候群の原因については コチラの記事に書いてあります。 なんだじゃ安心だと思って いてはこのジャーキングが また頻繁に起こってしまうので 対策や予防としてはまずは 身体をしっかり休める事が 大事になってきます。 特に布団に入って寝ている時に 足がビクってなってしまうのは 相当身体に疲れが溜まってしまって いるってことです。 僕がこの布団に入って寝て いる時によくなっていたので・・・ しらないうちに色々なストレスや 疲労が溜まってしまっているので ストレス解消やお風呂にゆっくり 入って疲れをとってあげたり 会社や学校で時間を少し作って 息抜きリフレッシュしたりして ください。 後はぐっすり寝る為にコーヒー などのカフェインを少し控えたり してより眠りにつきやすくして あげることで 日中の睡魔を予防する事が 出来るのでおすすめですね。 夜ぐっすり寝れば、日中会社や 学校などで寝心地が悪い場所で 寝てしまう事も少なくなります からね。 僕はこれで寝ている時に足が ビクって痙攣して起きてしまう ジャーキングが少なくなりました。 体の疲れがずっと取れない時は 慢性疲労症候群になっているかも しれないので詳しくはコチラの記事 に書いてあります。 この症状はジャーキングという 生理現象で自然と起きてしまう ミオクローヌスです。 なので自分の意思では止める 事は出来ないのですが、その 原因を作ってしまっている ・疲れ ・睡眠 は毎日の生活で改善して行く事は 出来るので、病気のサインではなく 身体が疲れているサインだと思って ください。 しかしこのミオクローヌスは 他の病気と伴って起こってしまう 事があるので 身体をしっかり休めているのに 頻繁に起きてしまってすぐに 目が覚めてしまう時は病院に 行って診てもらってください。 足のむずむず症候群の治し方と 簡単な対処法についてはコチラの 記事に書いてあります。

次の

寝てる時ビクッとなる現象には名前があったwwww

寝 て いる 時に ビク っ て なる

スポンサーリンク 以前の日記でギターを弾いてたら急に指が動かなくなったとお伝えしました。 今はそんなことないのですが、今のところ以下の自覚症状があります。 寝ている時に急にびくっとなる• 最近は起きているときでも、急にびくっとなる みなさん、こんな状態になったことはありませんか? ちょっと調べてみました。 寝ている時に急にびくっとなる原因 これは「ジャーキング」という現象です。 ジャーキング(英語: hypnic、hypnagogic jerk)は不随意の筋肉の痙攣(ミオクローヌス)で入眠状態に移行するときに発生する。 よく感電や落下する感覚と表現され、体がびくっと動く。 ジャーキングの極端な場合は周期性四肢運動障害に分類される。 この障害を抱える人は寝ている間ずっとジャーキングしている。 ジャーキングの原因は不明であるが、ある仮説では、入眠時の筋肉の弛緩を、眠っている状態で高所から落下したと脳、脊髄が間違って神経伝達するのだとされている。 長時間起きているときや、眠いのを我慢しているときや、疲れている時にジャーキングは起こりやすい。 疲労やストレスが溜まっている人や睡眠環境が悪い人には比較的多くジャーキングが発生するそうです。 僕の場合は、最近ソファで寝たり睡眠時間が結構少ないときがありますからでしょうか。 余談となりますが、 実は筆者は現在ニート状態ですが、見えない所で色々とやっているのであまり寝ていません。 起きているときでも、急にビクっとなる ネットで調べてみると、• 若年性アルツハイマーの可能性• ミオクローヌス• てんかん の疑いもありと。。。 「えぇー!!やめてくれよ。 まだわし若いよ。。。 」 まあ、覚えが悪いということはそこまでないので、とりあえずは気にしません。 疲れているとき、緊張しているときなどに不意に動いてしまうこともあるという意見もありますし、とりあえずこの時点では原因不明ですな。 、 参考: 自己分析してみました 会社に勤めていた時はこんなことなかったので、不規則な生活とストレスが溜まるようになったからですかね 笑 規則正しい生活をして、正しく睡眠をとることが大事ですわな。 さいごに もし自分の状態に変化があったらまたこのブログで報告しますが、みなさんも規則正しい生活をして、ストレスは溜め込まないようにしましょうね。 不規則な生活は病気になる元ですよ。 睡眠は十分とりましょう。

次の

60%の人が経験した【寝てる時のビク!】ジャーキングと呼ばれる症状の原因は?

寝 て いる 時に ビク っ て なる

腕を上げると肋骨の位置が上に戻り、肺が広がるので一瞬息はたくさん吸えるのですが、実際にはその姿勢のままだとむしろ呼吸はしづらくなります。 もっと酸素が必要で無意識にやることが、さらに息苦しく、質の悪い睡眠を作り出しているということです。 呼吸の浅さは姿勢のほかにも肥満やストレス、鼻炎などのアレルギーが原因となって引き起こされる場合も多くあります。 のちほど呼吸のトレーニング方法もご紹介しますので、たかが呼吸と思わずに、体の健康にも心の健康にもためになる「深い呼吸」をぜひ大事にしてください! 首や肩がこっていて腕を上げると楽だから また、呼吸の問題ではなく首や肩がこっていたり四十肩や五十肩で痛みを感じているため、「腕を上げると楽」だからと意識的・無意識的にバンザイのポーズをとる場合があります。 確かに楽に感じるのですが、実際にはバンザイ寝は首肩に負担をかけるどころか、なかった四十肩や五十肩を発生させる原因にもなるので注意が必要です。 背中がガチガチに硬いから 背中の筋肉が硬直していることも原因の1つとなります。 それは呼吸に背骨の位置や肋骨の可動域が深く関係しているからです。 骨を守るように覆っている筋肉がガチガチに硬直してしまっていると、中の骨や、骨の中の肺も十分に収縮することができず、呼吸が浅くなるのです。 諸説ありますが、まず一つ目は体温が上昇しやすいので体温調節のために布団から手を出すようにして腕を上げる、という習性があるようです。 また、赤ちゃんの臓器はまだ未熟な状態で、どんどん成長するためにも深く呼吸して酸素をたくさん取り入れなくてはなりません。 そのために手を上げて胸を開き、できるだけ肺でもお腹でも空気を取り入れられるようにしていると言われています。 リラックスしているから腕を上げてお腹を見せている、という説もあります。 どちらにしても、大人の「身体のSOS」的バンザイ寝とはわけがちがいますね。 では、バンザイ寝はいいものなのでしょうか? どうやらその反対のようです。 腕を上げて寝続けると、いったいどんな悪影響が出てくるのかをチェックしていきましょう。 肩から手にかけての動脈が伸びる 動脈は心臓のポンプから送られた血液が全身に流れてゆくための通り道です。 伸縮性があるこの動脈を寝ている間中、上に上げっぱなしにしているとすると、肩から腕にかけての動脈が伸びっぱなしの状態になってしまいます。 これにより血液循環が悪くなり、手の先まで血液が十分にいきわたらず、冷え性の原因になります。 また、起きた時の手や肩の痺れや痛みの原因にもなりますし、長期間続けていると動脈を傷つけてしまう恐れもあります。 起きている間も手を上に上げ続けるなんて不可能なのに、寝ている間に無意識に上げ続けていたら、起きた時疲れ果ててしまうのは当たり前ですよね。 四十肩・五十肩になる 血流が悪くなり、筋肉も傷め、動きが固定されてしまうため骨にも負担が……と、いいことなしのバンザイ寝ですが、なんと、四十肩・五十肩を誘発する原因になるのです! でもちょっと待ってください。 さきほど四十肩・五十肩がバンザイ寝の原因であるとお話ししましたよね。 実は、どちらからも影響し合う負のスパイラルがここにありました。 四十肩や五十肩で肩が痛いからと言って腕を上げて寝てしまうと、さらに悪化させてしまうことになります。 また、ほかの理由でバンザイ寝をしている人も、気づけば五十肩……という事態にならないためにも、肩が痛ければバンザイ寝をしないでいい対策を講じなくてはなりません。 リンパが滞り、むくみやセルライトができやすくなる 血流が悪くなると体が冷えるだけでなくリンパの流れも悪くなります。 老廃物が溜まるとむくみやセルライトの原因にもなり、腕もぐったりと疲れてしまいます。 腕が伸ばれ血管が細くなるばかりか、ずっと同じ体勢でいると血液もリンパも滞ってよくありません。 肩から手の先が冷えて血行が悪くなる 赤ちゃんは布団から手を出すことによって体温調節をしていましたが、大人、特に女性は布団から手を出していると手先の冷え性を悪化させます。 手が冷えると肩こりや頭痛も誘発するのでわざわざ布団から手を出して冷やさない方がよいのです。 もしかして私も、と思っているあなたはすぐにでも腕を上げて寝るのを治す方法が知りたいことでしょう。 次はバンザイ寝の予防方法について詳しくご紹介していきますので、体に悪いバンザイ寝をぜひ睡眠時間から追い出してくださいね! 体の血行をよくしてあげる 血行をよくすることで肩や首のこり・痛みを改善してあげるのに有効なのが体を温めることです。 上半身であれば「耳のうしろのリンパ節」を通って首筋を降り、「鎖骨のリンパ節」へ流すという流れと、指先から「肘の裏のリンパ節」を通って肩、そして「鎖骨のリンパ節」へ流すという二つの流れを意識して優しくなでるようにマッサージをすることでリンパの流れを良くすることができます。 ローションやボディークリームを使って肌が摩擦で傷つかないようにしましょう。 寝返りを打てるようにする 寝具を変えることもバンザイ寝の予防に効果があります。 まず適切な高さの枕を使うことで首や肩のこりが改善され、腕を無意識に上げることがなくなります。 そして腰が沈み込むほど柔らかい寝具を、適度な硬さで安定感のあるものに変えるだけでも自然で快適な寝返りを打てるようになるのでおすすめです。 ストレッチや軽い運動の習慣 体が凝り固まっていたり、冷えていたり、リンパが滞っている場合、ストレッチや軽めの運動がおすすめです。 運動をすることで血行がよくなり、代謝や体温も上昇するため体が「元気」になります。 疲労や老廃物が溜まっていると、姿勢も悪くなりがちで、呼吸もいつの間にか浅くなってしまいます。 入浴中や入浴後、夜寝る前、そして朝起きてからほんの少しでも良いのでストレッチや散歩をすることを習慣にすれば、あなたの体調不良のほとんどは改善されることでしょう。 それほど体を動かすということは人間にとって欠かせないことなのです。 笑顔の習慣をつくる 笑顔にはガンさえ治す効果があると言われていますよね。 毎日パソコンと睨めっこしている現代人は、一日のうちのほとんどの時間を無表情で過ごしています。 首も肩も背中はほぼ動きません。 もちろん表情筋もまったく動きません。 するとどうなるでしょう。 顔を中心に首、肩、こめかみ、頭部のリンパが滞り、むくんだりたるんだりしてきます。 そして老廃物がたまることでこりを誘発したり、くすみや肌荒れの原因にもなります。 頭痛や目の疲れも悪化させるでしょう。 そんなとき、毎日定期的に、無理にでも笑う習慣をつけるとその時ばかりは顔の筋肉と皮膚が大きく動きます。 自然と背筋も伸びるでしょう。 さらに、実際には楽しいことなどなくても、嫌なことがあっても、笑うことで少なからず脳みそが騙されて抗ストレス作用のあるセロトニンというホルモンが分泌されます。 「幸せホルモン」として有名ですね。 しっかり口角を上げることが大切です。 ストレスによって肩や首に常に力が入っている人もバンザイ寝になりやすいと言えるでしょう。 笑うことは心にも体にもよい影響があることを認め、どんなときにも笑顔を薬代わりに使ってみてください。 笑う前よりほんのちょっと元気が出ている自分に気づくことでしょう。 ストレス解消・リラックス習慣をつくる 実は呼吸が浅くなる大きな原因に、ストレスがあります。 ストレスが溜まっていくと自律神経系が乱れ、体のいたるところに体調不良が現れます。 頭痛や冷え性、肩こりなどもその1つです。 筋肉の緊張や血流の悪さもストレスが原因の場合が多くあります。 そこで、普段からストレス解消を積極的に行っていくことが大切です。 もちろん夜寝ることが身体にも心にも一番の休養になりますが、バンザイ寝の場合には寝ることで疲れてしまうというストレスが加わります。 まずは趣味や遊びに打ち込んでみたり、美味しいものを食べに行ってみたり、友達とおしゃべりをしたりしてストレスを発散する機会を定期的に持つようにしましょう。 また、お風呂やアロマ、音楽やマッサージなどでも積極的にリラックス時間をつくり、自分を労わる習慣をつくりましょう。 歳を重ねるにつれ、体力だけでなく精神力も衰えがちです。 歳をとると強くたくましくなる部分ももちろんありますが、ストレスに弱くなったり今まで耐えられていたストレスに体がまず耐えられなくなり、それにつられて心までボロボロになってしまうケースが多々あります。 女性は生理や更年期でのホルモンバランスの変化の激しさに、体力と気力がなかなかついて行かなくなってくるでしょう。 そんな加齢もしっかり受け止めながら、自分の心と体をケアしてあげることが重要です。 バンザイ寝を予防するのもその1つと言えるでしょう。 仕事中にもこまめな休憩を入れる 仕事中に少し手を止めて目の運動をしたり肩や首を回すことも有効な予防策です。 目の疲れや頭のこりがバンザイ寝を誘発する原因でもありましたよね。 目はこまめに休めることで疲労の蓄積をかなり減らすことができます。 遠くを見たり、自然の緑を見たり、こすり合わせて温めた両手を閉じた瞼の上に乗せるなどして目を癒してあげましょう。 呼吸法の実践で深い呼吸をする癖をつける 呼吸の浅い人は、バンザイ寝を予防するために普段から深い呼吸を練習する必要があります。 アメリカの大学教授が提唱し有名になった「4・7・8呼吸」という呼吸法は、心を鎮め、ストレスを解消し、深い眠りにもつかせてくれる魔法のような呼吸法です。 やり方はとっても簡単。 4秒かけて息を吸い、7秒間息を止めます。 そして8秒かけて息を吐き出す。 これを繰り返すだけです。 夜ベッドに横たわって実際にやってみると1~2分で眠りに落ちてしまうほどのリラックス効果です! 日常的に強いストレスを感じた時や、イライラしたとき、不安なときなどにこの呼吸法を試してみてください。 ストレスをうまく処理し、リラックスする習慣がつくでしょう。 では、バンザイ寝以外の寝相をしている人は安心できるのでしょうか?いろんな寝相の意味を紐解いてみましょう。 仰向けで足もまっすぐ 仰向けが一番楽な寝方!という人は、健康体だと言われています。 体にバランスよく体重が乗っかる姿勢のため、寝ている間に体がしっかりと休むことができ、起きた時爽快な気分でしょう。 横を向いて寝る 横を向いて寝ると体のどちらか片方に負担がかかってしまいます。 もし毎日同じ方向を向いて寝ているのであれば、体がゆがむ原因にもなりますので改善が必要です。 体がゆがむと肩こりや腰痛にもつながり、骨盤のゆがみは脂肪がつきやすくなる原因ともなります。 横向きで膝を抱えるようにして寝る さらに膝を折り曲げ縮こまって眠る人は、寝ている間も背中が曲がっている状態なので、肺や内臓が圧迫され、呼吸が浅くなりがちです。 呼吸の浅さはすでにご説明した通り様々な弊害を呼び起こすため、なるべく胸を開いて眠れる方がよいのです。 うつ伏せで寝る うつ伏せねは一番おすすめできない寝方です。 確かに体がぺたんと床についていると安心感がありますし、ストレスが溜まっているとうつ伏せ寝になりやすいですが、健康面ではよくないことの方が多いです。 バンザイのポーズや、頬の下にクッションのように手を挟む場合が多いので肩や首に負担がかかります。 さらに真下を向いて寝ることはできないのでどちらかに首を傾けます。 すると頸椎に負担がかかり、首、肩、背中、腰の方にまで悪影響が及ぶ可能性があります。 うつ伏せ寝は避けた方がよいでしょう。 寝具が柔らかくてバンザイをしてしまっている人は、寝具の見直しをしましょう。 柔らかいフカフカの布団は気持ちのいいものですが、あまり体にはよくありません。 適度な硬さのある寝具に変えましょう。 次に、呼吸を深くできるようにし、首・肩の凝りをとる必要があります。 首・肩の凝りをとるストレッチを紹介しますので、これを続けて、バンザイ寝から卒業しましょう。 肩甲骨回し 肩回りの筋肉を緩めるには、肩甲骨を動かすことが大切です。 背中の筋肉が固まっていると呼吸も浅くなりますし、猫背も治りません。 次のストレッチを、肩甲骨を動かすことをイメージしながらやってみましょう。 仰向けに横になって腕を横に伸ばし、肘を直角になるように上に曲げます。 腕はベッドなどの床につけたまま、直角にします。 顔の横に掌がくる形ですね。 体と腕でサボテンのような形になります。 その手を、肘から上のみ、肘を起点にして動かして、下向きにします。 肘と肩が一直線で、掌だけ腰の横におく形です。 これを何度かパタパタと繰り返します。 首から肩までがほぐされるのを感じるはずです。 凝りのひどい人は肩と肘が一直線になりにくいかと思いますが、あまり無理はせず、徐々にほぐして、余裕ができたら肘を肩より少し高い位置に置いて腕を動かしてみてもよいでしょう。 寝っ転がって腕回し 同じく横になってするストレッチです。 寝る前や、朝起きてからすると気持ちがいいですよ。 仰向けに横になった状態で、腕をまっすぐ上に上げて手の指を組みます。 今度はその組んだ手を離さず、肘も曲げないように注意しながら、手で横に膨らむ楕円を描くように回します。 初めは小さな円になってしまうでしょうが、徐々に大きな円を描けるようにしていきましょう。 反対回りも同じくらいやります。 床に肩が当たってほどよくマッサージしてくれます。 腕を上げて寝る「バンザイ寝」は治した方が吉! 人間が一番楽に休めるのはどうやら「仰向け」で足を伸ばして寝る姿勢のようですね!.

次の