音楽 アプリ バック グラウンド 再生。 iphone(ios10)でビデオをバックグラウンドで流す方法を教えてください。

無料音楽アプリ『SoundMusic』のバックグラウンド再生とオフライン機能検証

音楽 アプリ バック グラウンド 再生

「Streamus」(Streamus) YouTubeを「音楽資源」として楽しめるスマホアプリはたくさんあるが… さまざまな動画を共有するYouTube。 今では知らない人はいないといっても良いぐらいの有名サイトだ。 もちろん、サービス提供はGoogleが行っているから、さまざまなGoogleサービスとも親和性が高く、すぐに「これ面白い」と思った動画を共有できたり、パソコンとスマホなど端末を問わず閲覧できたりする。 音楽好きにもYouTubeは見逃せないサイトだ。 アーティストの新曲などは真っ先にYouTubeでPVが公開される場合が多いし、まだPVができていない段階で、音楽だけ公式に提供されることもある(その場合、画面は静止画を用いたりする)。 ほかにも、インタビュー、曲やPVのメーキングなど、ファン垂涎のビデオが提供されたりもする。 もちろんアーティストの公式サイトなどもあり、公式サイトの動画はほとんどYouTubeにアップして使っていたりするなど、音楽におけるYouTubeの重要性は非常に高い。 そんな感じで、お気に入りアーティストの曲やPVなどは、誰しもYouTubeでチェックしていることだろう。 ほかにも、アーティスト名で検索したり、お気に入りのプレイリストを作ったりして、音楽動画を連続再生して、BGMにしたりBGVにしたり、といったこともよく行うと思う。 ところでスマホアプリでは、お気に入りのアーティストやジャンル、あとはトップチャート、70年代80年代などの時代を指定するなどで、YouTubeから音楽動画を抽出して、連続再生してくれるものも多い。 音楽をストアで買わなくても、たくさんの音楽を楽しめていい感じだったりする。 さらにスマホアプリの中には、YouTubeの音楽動画の音楽だけを再生するアプリもあり、その場の気分に合わせて音楽が聴き放題と、なかなかのスグレモノだったりする。 とりあえず音楽を聴きたいためだけに重たい動画を再生しなくて良くなるので、なかなか重宝する。 ところで、パソコンでもそんなふうに、YouTubeの音楽だけをBGMとして聴けるシステムはないかなぁ、と筆者は思うわけである。 まあ、パソコンは豊かなスペックや広い画面を誇るから、画面の片隅で動画を再生していても、構わないと言えば構わないのだが、やはり、ムダに帯域やCPUを使うのはもったいないのはパソコンでも同じだ。 それに見ない映像を延々再生するのも、(動画の)制作者や出演者に失礼な気がする。 というわけで、今回紹介するのは、YouTubeから好きな音楽をバックグラウンド再生できるChrome拡張だ。 その名を「Streamus」と言う。 やはり前述のスマホアプリ同様に、YouTubeの音楽動画から音楽のみを抽出して再生する。 使い方は簡単、アーティスト名などで検索して、表示された結果から、追加したい曲を「+」をクリックして右のストリームウィンドウに追加していくだけ。 ある程度曲を追加したら、再生ボタンを押す。 なお、ストリームはプレイリストとして名前を付けて保存できるし、プレイリストはいくつでも作成できるから、アーティストごとなど、いろいろ作っておくとよい。 あと、Chrome拡張なので、ほかのパソコンのChromeからも「Streamus」を使える。 残念ながらプレイリストはパソコンごとの保存となるが、キーワード検索も曲の追加も簡単なので、あまり気にはならないだろう。 そんな感じで、音楽を購入したりリッピングしたりしなくても、YouTubeから好きな曲を選んでプレイリストにしてBGMにできる、便利なChrome拡張「Streamus」をインストールして使ってみよう。 この記事は会員登録で続きをご覧いただけます。 次ページでログインまたはお申し込みください。

次の

Google、Android版YouTubeでバックグラウンド再生機能とオフライン再生機能を提供開始(更新)

音楽 アプリ バック グラウンド 再生

Youtube公式アプリでもバックグラウンド再生ができるという噂 Android版のYoutube公式アプリならバックグラウンド再生やオフライン再生ができると下記記事にて紹介されていたのでやってみました。 参考: やってみたのですが、結果的に言うとできなかったです。 設定メニューに「バックグラウンドとオフライン」という機能もありませんでしたし、色々な動画を試してみてもこのようなメニューは現れませんでした。 昔は出来ていたけども今はできないと言うところでしょうか。 現在Youtubeでは、「 Youtube Red」に限りバックグラウンド再生とオフライン再生ができるようになっているので、その影響で無料のYoutube公式アプリでは出来なくなったのかもしれませんね。 バックグラウンド再生アプリまとめ 1.Stream StreamはYoutubeにある動画を無料でバックグラウンド再生する機能を持つアプリです。 使い方はシンプルで、動画の再生をしたあとにホームボタンを押したり他のアプリを起動するだけでバックグラウンド再生に自動的に移行します。 残念な点は、バックグラウンド再生用の小さいウインドウが常時表示されることです。 これはYoutubeの規約の問題もあるのでウインドウを表示扠せ続けているようです。 ですので、何か作業をしながら再生させるには不便かもしれません。 言語はすべて英語で書かれていますので、日本語マニュアルがほしいという人もちらほら。 2.AT Player AT PlayerもYoutubeのバックグラウンド再生ができるアプリです。 このアプリはAT Playerで検索してもPlayストアでは表示されません。 検索してアプリを探す場合は「用無料音楽プレーヤーYoutube」と入力して検索してください。 このアプリもバックグラウンド再生可能なのですが、やっぱり小さいウインドウが表示されてしまいます。 Streamと比べるとウインドウ自体は小さいですがやっぱり邪魔になるかも。 こちらも言語は全て英語ですが、動画を再生してホームボタンをタップしたり、他のアプリを開くだけで自動的にバックグラウンド再生してくれます。 動画の再生中は常に画面がオンの状態になるので電池の消費はちょっと激しいのに加えて、ポケットなどに入れて移動するとご操作を起こしてしまう可能性も。 その場合は、このアプリに搭載されているロック機能を使うと画面は明るいままですがご操作を防ぐことが出来ます。 3.PVSTAR+ Playストアから消えてしまい、AmazonアプリからしかダウンロードできなくなってしまったPVSTAR+。 このアプリはYoutubeのバックグラウンド再生ができるだけでなく、ニコニコ動画やDailymotionにアップロードされている動画もバックグラウンドで再生することができます。 その他にシャッフル再生やプレイリストの連続再生、リピート再生など音楽プレーヤーに必須な機能は一通り揃っているアプリです。 また、他のバックグラウンド再生できるアプリとは違い、スリープ状態でも再生され続けるので電池の消耗も抑えられます。 ブラウザからもバックグラウンド再生できるらしいが… どうやらAndroid版FireFoxを使うとブラウザからもバックグラウンド再生ができるみたいなので試してみました。 Firefoxでバックグラウンド再生する手順は次の通りみたいです。 Android版Firefoxをダウンロードする• Youtubeを開く• 動画を再生する• ホームボタンなどを押してアプリを切り替える• バックグラウンド再生できたー! この手順で再生してみました。 すると… あれ?音が出ない。 何回やってもYoutubeの再生が止まってしまいます。 もしかしてFirefoxじゃバックグラウンド再生できないかも?と思ったので色々調べてみました。 すると、私同様に2017年4月頃からFirefoxでバックグラウンド再生できないと嘆いている人がちらほらいるようでした。 どうやらAndroid版Firefoxアプリのアップデートでバックグラウンド再生ができないようになったのかもしれませんね。 バックグラウンド再生ができていた時のFirefoxのバージョンは51。 つまりFirefoxのバージョンを52にアップデートしてしまうとバックグラウンド再生できないようになったのか…?色々と憶測が飛び交いますが、現状では出来る人と出来ない人がいるみたいですね。 Android7. 0なら裏技を使って疑似バックグラウンド再生可能 Android7. 0にはマルチウインドウを表示することができる機能が備わっています。 このマルチウインドウ機能を使うことによって、擬似的にバックグラウンド再生を再現することが可能になっています。 使い方は非常に簡単。 まずはYoutubeを起動させてからマルチタスクボタンを長押しして、画面を2分割にします。 すると画面が2分割になり、Youtubeは上か下の画面で再生しつつ、別のウインドウでネットサーフィンなどをすることが可能になります。 完全にバックグラウンド再生にはなりませんが、別のアプリにYoutubeの画面を被せることなく再生することが可能なので便利です。 弱点としては、Android7. 0の機能であること、そして画面が小さいスマホにとっては狭すぎて苦痛な点です。 ただ、Youtubeアプリをそのまま実行していることになるので、連続再生やプレイリスト、そしてコメント欄の閲覧もかのうになります。 ファブレットくらいのディスプレイサイズでしたらこのようにしてバックグラウンド再生を擬似的に再現する方法もおすすめです。 Android7. 0のマルチウィンドウ機能に関する詳細や使い方などは下記記事にて紹介しております。

次の

Microsoft Edgeのバックグランド実行を許可・禁止する方法

音楽 アプリ バック グラウンド 再生

もくじ• この現象はホーム画面を表示することのみならず、他のアプリを表示したりすることによっても発生します。 要するに、 「アプリを開いていないと音声が継続されない」という状況。 そもそもバックグラウンド再生とは? バックグラウンド再生とは?ですが、• アプリが表示されている状態からホーム画面を表示• 他のアプリを開く• サイドボタンを押してスリープ状態になる などで 「アプリが画面に表示されていない」状態でも音声だけは途絶えず再生を継続していることを指します。 アプリが画面上に表示されていることを 「フォアグラウンド」、上記の状態のように表示されていないことを 「バックグラウンド」と呼び、 バックグラウンドの状態でも再生出来ていることから「バックグラウンド再生」と呼ばれます。 マイコレクションにて「. mov」から「. こちらの画面にて Actionsをタップ。 mov」というファイルから下記のように 「. mp4」となったことが確認できます。 次に「. mp4」から「. m4a」に変換する 実はこの状態でもまだ「動画形式のファイル」になりますので、更にもう1回拡張子の変更を行う必要があります。 m4a」ファイルに切り替わったことが確認できます。 上記の状態から、• ホームボタンを押してホーム画面を表示させる• 他のアプリを表示する• 動画ファイルが「. mov」の場合と「. mp4」の場合の違いについて 今回ここまでの説明の流れは元のファイルが「. mov」という拡張子の場合のやり方になります。 また、保存されている動画ファイルが今回の説明の途中で登場した「. mp4」という場合もあると思います。 その場合は、上記の流れでご説明しました 「次に「. mp4」から「. m4a」に変換する」でご説明している手順のみを行えば、バックグラウンド再生可能な音声ファイルに変換することが可能です。 mp4」ファイルになったことが確認できます。

次の