長所 短所 高校生。 高校生

高校受験の面接!合格できる長所と短所のポイントと回答例!

長所 短所 高校生

高校の面接を受ける時の大原則 大原則1 ・焦らない。 慌てない。 落ち着いて。 意表をつくような質問をされても慌てないことが大切。 答えに詰まっても「分かりません。 」と言わずに「少し考えさせてください。 」と言おう。 なんでもすぐに答えようとする必要はないよ。 大原則2 ・しゃべるときは相手の目を見て、普段より少し大きな声で。 普段すごく小さい声で話す人は、めいっぱい声を出そう。 声を大きくするというのは意外に重要です。 良いことを言っていても声が小さいと説得力がないよ。 大原則3 ・高校のことはしっかり調べておく。 基本的なことは何を聞かれても答えられるようにしておこう。 例えば建学の由来(精神)・校長の名前など。 これらは全く聞かれないこともあるけど、めげないこと。 大原則4 ・ウソはつかない。 ウソは厳禁。 面接官は何人もの学生を見ていますから、沢山の質問の中で必ずばれます。 でも、多少の「誇張」なら質問によってはOK。 何か1つやると決めたら、途中で投げ出すことなく それを最後までやり遂げることができます。 そしてこれは私の短所でもあります。 一度やりたいことや目標が決まってしまうと、 なかなか意見を変えることができません。 私も少しずつ大人に近づいています。 高校3年間では自分の意見だけで判断せず、 先生や友達の意見を受け入れられる柔軟性を 見に付けたいと思っています。 大事な点は、短所の後に改善策を入れることです。 上記の例で言うと、 「高校に進学したら柔軟性を見に付けたい」 という感じでどう改善したいのかを述べています。 こういった一言を最後に加えると良いです。 ただ短所を述べるだけだと、 自分の欠点を教えるだけになってしまうので、 必ず短所も長所に変えてしまうような話し方を 心がけてください。 引用元- 高校の面接での長所と自己PRの違い 「長所」は自己PRとの区別が難しいですが、自己PRのなかで性格面に絞って聞くものです。 もしない資格や実績がない場合は、または「繰り返しになりますが」と断って再度話すことになります(可能なら多少例を変えましょう)。 ーーあなたの長所を教えていただけますか。 私の長所は協調性があることです。 バスケットボール部のマネージャーを3年間務めてきました。 部員同士の意見の違いの仲裁や、高校の先生、試合先の先生と交渉する機会を通じて協調性を伸ばしてきまいした。 (別の質問) ーーではここで1分間程度の自己PRをお願いします。 私がPRしたい点は2つあります。 一つは英検の資格、もう一つは性格のことです。 私は高校卒業までに英検2級の取得を目指していました。 1度失敗し、過去問題でも合格点に届かない時期がありましたが、夏休みに猛勉強し最終的に合格することができました。 また、性格面では先ほどの繰り返しになりますが協調性が強みです。 バスケットボール部のマネージャーのほか、週1回の地域のボランティア活動で様々な年齢の方と接することでも、協調性をみがいてきたと自負しています。 以上が私がPRしたい点です。 優柔不断は物事をじっくり考える方である、ともいう事ができます。 引用元- 高校の面接で長所と短所の例文 長所は、決めたことはあきらめずに 最後までやり遂げるところです。 短所は、人とはなすのが苦手で、消極的なところです。 引用元- 僕の長所は、興味を持った事に一生懸命取り組めることです。 僕の短所は、夢中になると引き際が分からなくなってしまうことです。 長所と短所は僕の場合、バランスが取れれば良いと思っています。 私は体の短い所と長い部分を書いてた思い出がある。 ・高校時代一番頑張ったこと ・長所と短所 ・志望理由 ・最近の気になったニュース ・貴学の魅力 ・1日のだいたいの生活は何をしてるか 平日・休日両方 ・得意な教科、苦手な教科 こんな感じです。 「よい人からは長所を学べばよし、よからぬ人の短所もわが身を律する鑑となる」小中高校も座談会をもうけこのようなことを話すとよい。 地域の賢い老人(年長者 の中から校長先生が面接し合格者中から依頼する人材活用につながるいじめ減少する — 窪寺成行 hikari1012s5 今日の高校の親子面接、夫に頼んで正解だった。 息子の長所と短所を聞かれたらしいから、私だったら短所ばかり長々と話してしまっていたかもしれない ー ー; 夫は、理系のロジカル人間なので、普段は物足りないが、こういうときは端的に言ってくれてふさわしかったかな。 — まとりか matorikasan1723 -.

次の

【中学生・高校生向け】受験の面接対策 長所、短所の考え方!例文あり!

長所 短所 高校生

NET• 長所と短所の例を一覧で多数公開 受験や就活の面接、さらに履歴書やES(エントリーシート)のために使える長所と短所を一覧で紹介します。 長所について 受験や就活で使いやすい長所には、以下のようなものがあるでしょう。 目標に向けて頑張れる こんな人にふさわしい長所です。 有言実行がモットー• プロセスよりも結果を求める• チャレンジ精神がある• ハングリー精神がある• 努力を積み重ねるのが得意 競争心が強い こんな人にふさわしい長所です。 競争相手やライバルがいると頑張れる• 負けず嫌い• 勝つまでやり続ける• 人並みでは満足できない• 切磋琢磨して成長してきた• 上昇志向がある 完成度を求める こんな人にふさわしい長所です。 物事には手を抜かない• 凝り性である• 几帳面である• 万全を期すタイプである 主体性がある こんな人にふさわしい長所です。 自分から進んで取り組む• 人任せにしない• まず自分で考える• 自主性を重んじる• 積極的に動く 行動力がある こんな人にふさわしい長所です。 即断即決できる• 悩むのが嫌い• バイタリティがある• 冒険心がある• まずやってみるタイプ 課題発見力 こんな人にふさわしい長所です。 問題点に気づくことができる• 物事を合理的に考えられる• 改善することが好き 学習意欲がある こんな人にふさわしい長所です。 勉強が好き• 本をよく読む• 人によく質問する 貢献意欲がある こんな人にふさわしい長所です。 人の役に立ちたい• ボランティアに取り組んでいる• 仲間を大切にする 真摯に取り組む こんな人にふさわしい長所です。 真面目• 期待に応えようとする• 慎重である 長所の例文はこちらからどうぞ 短所について さらに、受験や就活で言いやすい短所には、以下のようなものがあるでしょう。 自己主張が苦手 自分の思っていることを上手に言葉にすることが下手という人は、自己主張が苦手なことを短所とします。 優柔不断 慎重になりすぎてしまい、物事を判断するのに時間がかかってしまう人は、優柔不断を短所とします。 心配性 細かいことまで気にしすぎてしまう場合は、心配性なところを短所とします。 せっかち スピードを意識してしまう場合は、せっかちを短所とします。 頑固 意見が衝突した時に、自分の意見を貫き通そうとする傾向がある場合は、短所を頑固とします。 慎重 何事もミスの無いように心がけている場合、短所を慎重とします。 真面目すぎる 何事も手を抜かずに取り組む人は、真面目すぎることを短所とします。 短所の例文はこちらからどうぞ.

次の

高校の面接で長所と短所を聞かれた時の上手な答え方

長所 短所 高校生

例えば、 「私の長所は集中力があることです。 授業中だけでなく、家庭での学習に活かして勉強に取り組んできました。 これからも勉強や部活動に活かし、目標である〇〇になりたいと考えています。 短所は、頑固なところです。 こうあるべきだという考え方になりがちです。 ですので、まわりの人の意見をしっかりと聞き、柔軟な考え方ができるように努力しています。 」 というように短所を補うように、今努力していることを言ってアピールする場面が多くみられます。 また、仕事でも自分の短所を把握し、それをどう改善して行動するのかを求められています。 受験や就職活動は、自分と向き合う機会になるので、とても貴重な体験です。 しかし、上の例のような表現は間違いではありませんが、 個性の本質を理解していないと、本来の自分を見失う可能性があります。 例えば、「真面目」という長所に対して まわりに人がいる中で考えた場合「自分は他人よりも真面目に取り組むことができる」と考えるでしょう。 すると、まわりを意識した長所になります。 自分1人として考えた場合「自分のやりたいことや自分の本音に対して真面目に取り組むことができる」というように考えるでしょう。 すると、自分を意識した長所になります。 まわりを意識するのか、しないのかで「真面目」という言葉の本質が変わってくるのです。 1つの長所や短所に対してどんな意味が込められているのかをよく分析しましょう。 自分を見つめることが大切なのです。 短所を変換して自分の長所を知る ここでは、自分の長所と短所を書き出すワークをご紹介します。 その前に、短所の変換文についてお伝えします。 icon-check長所と短所は表裏一体 長所の対義語は短所になります。 ですので、長所も短所も表裏一体なのです。 例えば、1枚の白紙の紙があるとします。 両面の手触りも同じとします。 「この白紙の紙を表向けて置いてください」 と言われたときに、どちらが表なのかわかりません。 しかし、片面に文字が書いてあったとしたら、その面が表だとわかります。 表も裏も置き方によって見え方は違いますが、1枚の紙であることには変わりありません。 このように、どちらか一方が決まることによって、もう一方が決まるのです。 ですので、長所が表だとしたら、裏には短所が隠れています。 逆に短所があれば、裏には長所が存在している と言えるでしょう。 icon-check短所の変換文 短所に対して「どのようにしたら長所に変換できるのか」を例を元にしてみていきましょう。 ですが、1つひとつの長所や短所を分析するので、文字がある程度書けるものを選びましょう。 また、ページをまたぐと全体が俯瞰しにくくなるので1枚の大きな紙でも大丈夫です。 長所や短所がどちら側にきても大丈夫です。 1つ書いたら詰めずに、1行か2行ほどのスペースを空けて下へ下へと書き出していきましょう。 また、長所の変換文もやってみましょう。 すると、さまざまな発見があります。 今まで気づかなかった長所が見えてくるかもしれません。 また、長所だと思っていたことが、自分にとって意外な短所を作っていたかもしれません。 良いと思うことも悪いと思うことも含めて、思いついたことを全部書いておきましょう。 このワークをすることで、自分を客観的に観ることができます。 また、家族や仲の良い友人に自分の長所や短所を聞いてみるのも良いでしょう。 すると、また新たな個性の発見があると思います。 長所と短所を活かして個性を伸ばす方法 最近では、短所を柔軟に捉えて長所にできないかと考える企業が、少しずつ増えています。 人の個性を見直し、個性が本当に大切になる時代になってきたのです。 icon-check長所と短所を個性として認識する ワークによって、自分の個性の発見があったと思います。 長所も短所も自分の個性だという認識ができるようになると自分の人生が生きやすくなります。 長所と短所を活かして個性を伸ばす方法には、4つの手順があります。 1つだけでなく、いくつかあると良いでしょう。 例えば、「字がキレイ」という長所を活かして何ができるのかを考えます。 「硬筆、何かを記録する、手書きのもの」という感じです。 次に、「独創性がある」という長所を活かして何ができるかを考えます。 「デザイン、アイデア出し、発想の転換」が見つかったとします。 先ほどの例でいくと、 「手書きのもの」と「デザイン」を組み合わせてみます。 すると「文字のデザイン、ロゴのデザイン、ポップのデザイン」など明確なものが出てきます。 このように組み合わせによって何ができるのかを書き出してみましょう。 行動すると必ず発見があります。 その発見をもとに、次にやりたいことやワクワクするものが出てくるでしょう。 そしてまた行動に移します。 この繰り返しによって自分の個性が深まっていくのです。 以上が長所と短所を活かして個性を伸ばす方法になります。 この方法は、自分の本当にやりたいことが見つかるワークと似ています。 違う視点から自分を内観することができるので、ぜひ合わせてやってみてください。

次の