ばいあぐら 用量。 シルデナフィル

シルデナフィル

ばいあぐら 用量

こんにちは、 渋谷駅前クリニック事務長の二階堂です。 患者様の中には、バイアグラ、レビトラ、シアリスのED治療薬を半分に割って飲むという方がいます。 1錠丸ごとでは効果が強すぎるという方もいれば、半分に割った方が経済的だからという方もいます。 バイアグラは50mgと25mg、レビトラとシアリスは20mgと10mgの錠剤があります。 50mgのバイアグラ(あるいは20mgのレビトラ、シアリス)を半分に割って飲むのと、25mgのバイアグラ(あるいは10mgのレビトラ、シアリス)を1錠飲むのは全く同じことになります。 ED治療薬の料金表を見て頂くと分かりますが、用量が半分だから値段も半分というわけではありませんので、大きい方の錠剤を半分に割って飲んだ方が経済的ということですね。 ご参考までに、こちらではバイアグラを半分に割る道具、方法をご紹介しています。 ED治療薬を割って飲む場合にはいくつか注意点があります。 まず、バイアグラ、レビトラ、シアリスとも、割って飲むようには作られていません。 薬によっては等分しやすいように錠剤の中心に線が入っているものもありますが、バイアグラ、レビトラ、シアリスにはこういった線がありませんので、必ずしも正確に半分には割れない場合があります。 やり方によっては、失敗すると粉々に崩れてしまうこともあります。 また、バイアグラ、シアリスと比べるとレビトラは水に溶けやすい構造になっています。 水に溶けやすい=速効性というレビトラのメリットにつながるのですが、その反面、割ってコーティングが取れた状態では湿気で崩れやすいというデメリットもありますのでご注意ください。 患者様によっては、正確に半分に割れなかった場合にしっかり効果が出るか不安だという方や、割った残りの半分を保管しておくのが面倒だという方もいます。 そういった理由から、半分に割らずに小さい用量のものを1錠飲んでいる方も多いです。 なお、バイアグラについては海外製で100mgの錠剤があることから、輸入品の100mgを半分に割って飲んだ経験があるという方も多く、そこから「バイアグラは半分に割って飲むもの」というイメージを持たれることがあるようです。 しかし日本製の正規バイアグラは50mgまでしかありませんので、大半の方は1錠そのまま服用しても強すぎることはない用量になっています。 必ずしも半分に割って飲む薬というわけではありませんので、1錠丸ごとでも安心して服用してください。

次の

医療用医薬品 : バイアグラ

ばいあぐら 用量

こんにちは、 渋谷駅前クリニック事務長の二階堂です。 患者様の中には、バイアグラ、レビトラ、シアリスのED治療薬を半分に割って飲むという方がいます。 1錠丸ごとでは効果が強すぎるという方もいれば、半分に割った方が経済的だからという方もいます。 バイアグラは50mgと25mg、レビトラとシアリスは20mgと10mgの錠剤があります。 50mgのバイアグラ(あるいは20mgのレビトラ、シアリス)を半分に割って飲むのと、25mgのバイアグラ(あるいは10mgのレビトラ、シアリス)を1錠飲むのは全く同じことになります。 ED治療薬の料金表を見て頂くと分かりますが、用量が半分だから値段も半分というわけではありませんので、大きい方の錠剤を半分に割って飲んだ方が経済的ということですね。 ご参考までに、こちらではバイアグラを半分に割る道具、方法をご紹介しています。 ED治療薬を割って飲む場合にはいくつか注意点があります。 まず、バイアグラ、レビトラ、シアリスとも、割って飲むようには作られていません。 薬によっては等分しやすいように錠剤の中心に線が入っているものもありますが、バイアグラ、レビトラ、シアリスにはこういった線がありませんので、必ずしも正確に半分には割れない場合があります。 やり方によっては、失敗すると粉々に崩れてしまうこともあります。 また、バイアグラ、シアリスと比べるとレビトラは水に溶けやすい構造になっています。 水に溶けやすい=速効性というレビトラのメリットにつながるのですが、その反面、割ってコーティングが取れた状態では湿気で崩れやすいというデメリットもありますのでご注意ください。 患者様によっては、正確に半分に割れなかった場合にしっかり効果が出るか不安だという方や、割った残りの半分を保管しておくのが面倒だという方もいます。 そういった理由から、半分に割らずに小さい用量のものを1錠飲んでいる方も多いです。 なお、バイアグラについては海外製で100mgの錠剤があることから、輸入品の100mgを半分に割って飲んだ経験があるという方も多く、そこから「バイアグラは半分に割って飲むもの」というイメージを持たれることがあるようです。 しかし日本製の正規バイアグラは50mgまでしかありませんので、大半の方は1錠そのまま服用しても強すぎることはない用量になっています。 必ずしも半分に割って飲む薬というわけではありませんので、1錠丸ごとでも安心して服用してください。

次の

ED治療薬の用量の違いについて

ばいあぐら 用量

勃起不全(ED)に用います。 作用 【働き】 男性の勃起不全あるいは勃起障害のことを、ED(Erectile Dysfunction)と呼ぶようになりました。 このお薬は、勃起を助けるED治療薬です。 陰茎の海綿体平滑筋の緊張をゆるめ血流をよくすることで、十分な勃起に導きます。 服用後、約30分から4時間の間に、性的刺激が加わることで効果が発現します。 局所に作用しますので、性欲を亢進させる働きはありません。 【薬理】 陰茎の勃起を止める酵素PDE5(ホスホジエステラーゼ タイプ5)を阻害します。 この作用から、PDE5阻害薬と呼ばれています。 【臨床試験】 国内外で多くの臨床試験が行われています。 特徴 高い有効性と安全性をもつ世界初の本格的ED治療薬です。 効果の持続時間はやや短いです。 注意 【診察で】• 心臓病など持病のある人は、医師に報告しておきましょう。• 心臓や血圧の薬など服用中の薬を、必ず医師に伝えてください。 【注意する人】 重い心臓病や脳卒中などがあり、性行為そのものが危険と判断される場合は使用できません。 極度の低血圧やコントロール不充分な高血圧の人も使用できないことがあります。 このような場合、性行為自体が心臓や脳血管に負担になるうえ、この薬の心血管系に及ぼす影響でさらに危険性が増大するためです。 適さないケース..重い心臓病や脳卒中、ひどい低血圧、管理されていない高血圧、重い肝臓病、目の網膜の病気(網膜色素変性症)。 【飲み合わせ・食べ合わせ】 狭心症や心不全の治療に使う硝酸薬、いわゆる「ニトロ」と呼ばれる薬と併用してはいけません。 併用により急激に血圧が下がることがあり、非常に危険です。 これらの併用による死亡例も報告されています。 硝酸薬には飲み薬のほか、貼り薬(テープ)や口内スプレー、注射剤などさまざまなタイプがありますので注意が必要です。 飲み合わせの悪い薬..ニトログリセリン(ニトロペン、その他)、硝酸イソソルビド(ニトロール、その他)、ニコランジル(シグマート)、ニプラジロール(ハイパジールコーワ)、アミオダロン(アンカロン)、リオシグアト(アデムパス)など。• 【使用にあたり】• 約1時間前に飲んでください。 服用後1時間前後がもっとも効果が高まります。 ただし、食事とともに飲むと、効果発現時間が遅れることがあります。• フィルム製剤(ODフィルム)は唾液ですぐ溶けます。 ただし、口の粘膜からは吸収されませんので、唾液もしくは水で確実に飲み込んでください。• 1日1回までとし、服用間隔を24時間以上あけるようにしましょう。• もし、勃起が4時間以上続く場合は、すぐに受診してください。 【食生活】 服用後、一時的に物の色が異常に見えるなど視覚障害を起こすことがあります。 また、めまいを起こすこともありますので、車の運転や高所での危険作業には十分注意してください。 【備考】• 飲む飲まない、あるいは使用頻度については、その人のライフスタイルや価値観によるところです。 また、使用にあたっては自分中心に考えるのではなく、パートナーとの2人の問題としてとらえることが大切です。• 処方してもらうには、医師の診察が必要です。 ただし、保険はききません。 自由診療扱いとなります。 効能 勃起不全 満足な性行為を行うに十分な勃起とその維持が出来ない患者。 用法 通常、成人は1日1回シルデナフィルとして25mg〜50mgを性行為の約1時間前に経口服用する。 1日の服用は1回とし、服用間隔は24時間以上とすること。 医師の指示を必ずお守りください。 副作用 比較的多いのは、頭痛とほてりです。 これらは血管を広げる作用によるものなので、2、3時間もたてばたいてい治ります。 とくに心配ないでしょう。 国内の治験データでは、頭痛は157例中20例 12. 少数例ながら「持続勃起症(プリアピズム)」が海外で発症しているようです。 もし、勃起が4時間以上続くようでしたら、直ちに医師の診察を受けてください。 そのほか、特異な副作用として視覚異常があらわれることがあります。 「青いめがねをしているよう」「青と緑の区別がつかない」といった異常な見え方がするようです。 多くは一過性で心配いりませんが、著しい視力の低下をともなう非動脈炎性前部虚血性視神経症(NAION)のリスクも報告されています。 万一、急激な視力低下や視力喪失が現れた場合には 速やかに眼科専門医の診察を受けてください。 【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください• 硝酸薬との併用による急激な血圧低下• 持続勃起症(プリアピズム)..4時間以上痛みを伴う勃起が続く(すぐ受診)、陰茎組織損傷、勃起機能の喪失 【その他】• 頭痛、ほてり、潮紅、鼻づまり• めまい、血圧の変動、動悸、頻脈• いつもと違う「おかしいな」と感じたら早めに受診してください。 まずは安心して、決められたとおりにご使用ください。

次の