韓国 焼酎。 【韓国焼酎】韓国ドラマでよく見る緑の瓶のお酒「チャミスル」を飲んでみた!

韓国の焼酎(ソジュ)、ソウル代表は真露のチャミスル!

韓国 焼酎

— 2018年 7月月21日午後9時31分PDT チャミスルを製造販売しているのは日本でも有名な眞露 ジンロ を作っている眞露酒造。 1998年、男っぽい強いお酒というそれまでのイメージを覆すべく「チャミスル」を販売しました。 また、日本より一足先に満19歳から飲酒ができるようになる韓国。 19歳の誕生日を迎えたらまずやってみた事が「 チャミスルを呑むこと」という若者もたくさんいます! 出典: また、ドラマや映画などでもよく出てきますが、緑色の瓶が定番です。 日本で飲まれている焼酎は蒸留式のものが多いのに対し、韓国の焼酎は希釈式。 希釈式の焼酎は澄んだ味と柔らかい後味と強めの甘味が特徴で、キンキンに冷してストレートで飲むのが最も美味しいと言われています。 小さなショットグラスに入れて一気に飲み干す! それこそが韓国式焼酎スタイルです。 チャミスルも販売当初は23度でしたがリニューアルする毎に徐々に度数が下がり、2006年には「焼酎が最も美味しい度数」として20. 1度に辿り着きました。 チャミスルクラシックはそんなチャミスルの最高に美味しい度数を保った商品です。 チャミスル フレッシュ 2006年8月に販売されてからわずか2ヶ月半で1億本を売り上げました。 9度とアルコール度数が大きく下がったので、飲みやすく翌日にも残りづらい。 そして味もスッキリ爽やかになりました。 ワインブームなどで焼酎離れした女性や若者層の人気を取り戻すことに成功しました。 現在はチャミスル=チャミスルフレッシュになりつつあります。 チャモンエイスル ピンクグレープフルーツ 2015年に販売開始。 女性に親しんでもらえるようにアルコール度数も低めの13度です。 甘酸っぱくほどよい苦味のあるピンクグレープフルーツの風味が広がって飲みやすいので、ついつい止まらなくなります。 チョンポドエイスル マスカット 2016年に販売されました。 こちらもアルコール度数は13度。 マスカットの爽やかな甘味を感じられ、夏にピッタリな味わいです。 炭酸で割るのもオススメです。 イ・ヨンエ.

次の

【韓国焼酎】韓国ドラマでよく見る緑の瓶のお酒「チャミスル」を飲んでみた!

韓国 焼酎

韓国の居酒屋には「緑の小瓶」が欠かせない。 現代をテーマにした作品なら、必ず居酒屋でお酒を飲むシーンが描かれているといっても良いでしょう。 といっても、それは韓国に限ったことではないかもしれませんね。 しかし、韓国ドラマだけで登場するものがあります。 それは「緑の小瓶」です。 居酒屋のどのテーブルを見渡しても「緑の小瓶」が置かれています。 日本語字幕でその正体が焼酎だと分かるのですが、ドラマのなかで韓国の人々は、年齢や男女にかかわらず皆、焼酎を小さいグラスに注ぎ、グイッと一飲みして楽しんでいます。 これは日本における焼酎のイメージとは少し違いますよね。 実際のところ、韓国における焼酎の存在はどのようなものなのでしょうか? 居酒屋を舞台にした『梨泰院クラス』でも、焼酎が作品のキーとなっている(Netflixオリジナルシリーズ『梨泰院クラス』独占配信中) 「韓国ではビールより焼酎文化ですね。 居酒屋に入るとほとんどの席で焼酎が飲まれていますよ。 アルコール度数は比較的高いですが、割らずにストレートで飲まれる方が多いです。 女性も焼酎ですよ。 やはりドラマのとおり、韓国では焼酎は国民酒として愛されているという。 また、シェア50パーセントを超える韓国で最もポピュラーな焼酎『チャミスル』を販売する眞露株式会社にも韓国焼酎について問い合わせをしてみました。 同社マーケティング部によると、「日本では、一杯目にビールで乾杯することが一般的ですが、韓国では乾杯から焼酎を飲むことがほとんどです」とのこと。 「会社のメンバー、友人グループなどあらゆるシーンで楽しまれています。 やはり韓国料理と相性がよく、キムチ鍋など辛みのある料理と合わせて食べるのが合いますね。 『チャミスル』は、ほんのり甘みがある焼酎なので、辛みがほどよく緩和されるんです。 他には、麻婆豆腐やチキン、焼肉なんかとも合いますよ」(同社広報担当) 韓国焼酎『チャミスル』。 辛みと合うということで、鶏肉はヤンニョムチキンにしてみました。 そして「緑の小瓶」を傾けて、我が家で一番小さかったグラスを満たし、準備完了!ドラマで観たように「グイッ」といただきました! 気になるお味は……とてもスッキリしていて飲みやすい! アルコール度数は17. 2パーセントと高めなのですが、わずかな甘味がありキツくないのでストレートでも楽しめます。 韓国ドラマやK-POPブームの影響で若い日本人女性からの人気が高まっているそうですが、それもうなずける飲みやすさでした。 現在、どれだけ韓国の食文化を体験したいと願っても、現地に足を運んで楽しむことは難しい状況です。 『チャミスル』をはじめ、韓国焼酎は日本でも近所のスーパーで手軽に手に入りますので、一度、試してみてはいかがでしょうか。 (神吉将也).

次の

【韓国焼酎】チャミスルとは?原料や度数、カロリーや飲み方は??

韓国 焼酎

【韓国の焼酎】チャミスルとは? 『チャミスル』とは、韓国の焼酎の一つ。 『JINRO』というお酒で有名な韓国の企業【ハイトジンロ株式会社】の グループ会社【眞露株式会社】が販売するお酒です。 有名なお酒で『マッコリ』もあります。 まさに国民に最も愛されている焼酎と言えます。 と、難しい話をしてしまいましたが簡単に言うと、 【日本の焼酎】は原料の風味や良さをそのまま残し、しっかり味わうお酒 【韓国の焼酎】はろ過して不純物を取り除き、すっきり飲みやすいお酒 と思っていただくとわかりやすいかと思います。 【韓国の焼酎】チャミスル 原料や度数、カロリーや糖質は? 韓国の焼酎の原料は、麦飯、さつまいも、廃糖蜜、タピオカなど、複数の穀物を混合しています。 日本の焼酎は「芋」「麦」「米」など、一つの穀物で作られることが多いですよね。 詳しくは下ので説明しているので参考にしてみてください。 【韓国の焼酎】チャミスル 飲み方 チャミスルの飲み方をご紹介します。 チャミスルに限らず、韓国焼酎全てに当てはまる飲み方なので、参考にしてみてください。 「まろやかでさらに飲むやすくなる」と人気です。 混ぜるお酒や比率によっては、今まで出会えなかった美味しいお酒に出会える可能性を秘めています。 チャミスルもグラスもキンキンに冷やして飲む、これが最高。 料理にも非常に合うお酒のため、お酒だけを楽しむというよりも、 料理と一緒に楽しむお酒です。 【韓国の焼酎】チャミスルの種類 チャミスルの種類をご紹介します。 チャミスルフレッシュ 出典: スタンダードで一番人気のチャミスル。 元祖チャミスルとして、本来の味を楽しむことができます。 すっきりとした味わいで飲みやすく、チャミスルフレッシュで 物足りなくなった人にオススメ。 アルコール度数 20. 取り扱いがあるスーパーではほとんどが「チャミスルフレッシュのみ」の取り扱いです。 (私もいつもスーパーで買っています) 『JINRO』や『マッコリ』ほどは置いていない印象で、 取り扱いのないスーパーの方が多いです。 【韓国の焼酎】チャミスルに合う韓国料理は? チャミスルは料理にもぴったり! チャミスルのスッキリとした味わいが、特に韓国の辛い料理やコッテリ系の料理に 非常に合い、食事が進むこと間違いなしです。 逆に目上の方からお酒を受ける時は、必ずグラスを両手で持って受けます。 日本では普通の行為ですが、韓国では葬儀で注ぎ足しの文化があるため、 失礼にあたります。 まとめ 最後までご覧いただきありがとうございました。 今回は【韓国の焼酎】とその代表的なお酒【チャミスル】についてご紹介しました。 男女問わず飲みやすい『チャミスル』 ぜひ飲んでみてくださいね。

次の