武蔵 小山 ザ モール。 武蔵小山ザ・モール「chachahui(チャチャフイ)」の本格ネパール料理がうますぎる!

【2019年9月現在】パークシティ武蔵小山 ザ モールに入る予定のテナント情報

武蔵 小山 ザ モール

[広告] 内装は、コーヒー農園主邸宅をイメージした高級感のある空間を再現したという。 大人数でも利用できる革張りのソファ席やシャンデリア、観葉植物などを設置し、壁には同店が提供するコーヒー豆の麻袋をインテリアとして取り付けた。 Wi-Fi、電源を完備し、全席禁煙。 店舗面積は約73坪、席数は79席。 同社広報課の古井戸(こいど)加奈さんは、「武蔵小山駅前の利便性や再開発の状況から、ハイブランド業態が客層とマッチするのではないかと考えた。 コロナ禍でのオープンになったが、店舗が広いため、座席の間隔を十分に取りながらご案内している」と話す。 提供するコーヒーは、スペシャルティコーヒーのみ。 同社が20~30カ国から仕入れるコーヒー豆のうち、常務取締役であり、日本スペシャルティコーヒー協会理事の菅野眞博さんが厳選したものを使い、一杯ずつハンドドリップで抽出している。 メインブレンドの「ドトールブレンド」は、ブラジルやコロンビアの豆を中深煎りする。 「フルーティな甘味がありつつ、苦味と酸味のバランスがよく、毎日でも飲みやすいのが特徴」と古井戸さん。 そのほか、より華やかな酸味の「ビターブレンド」、さっぱりとした「アメリカンソフトブレンド」(以上、450円)の3種類を用意する。 スペシャリティコーヒー以外のドリンクメニューには、季節の果実を使った「フルーツティ」(アイス・ホット、750円)、辛口な「自家製ジンジャーエール」(550円)などをそろえる。 フードは、チキンライスと卵3個を使う「たっぷりたまごのオムライス」や「イベリコベーコンの和風パスタ」(以上、850円)など、ボリューム感のあるメニューを提供する。 デザートは、弱火で20分ほどかけてじっくりと焼く「パンケーキ」(630円)やケーキ各種(450円)など(以上、全て税別)。 客単価は500~1,500円。 「当社はもともとコーヒー豆の焙煎加工卸売として始まった会社。 ハイグレードなコーヒーをゆっくりと楽しめるような落ち着いた空間が、コーヒーを楽しむ新たな選択肢になればうれしい。 ファミリーから年配層、ビジネスパーソンの商談まで、幅広いお客さまにご利用いただければ」とほほ笑む。 営業時間は8時~21時。 新型コロナウイルス感染症対策として、ドアを開放して店内を換気し、消毒液を設置する。

次の

【三井のリハウス】パークシティ武蔵小山 ザ タワーの中古物件情報(FSDX6A03)

武蔵 小山 ザ モール

東急目黒線武蔵小山駅前に再開発ビル 「パークシティ武蔵小山 ザ モール」が2019年11月より順次開業! 武蔵小山駅前のタワーマンション(タワマン)の再開発ビルに注目が集まっています! マンションは パークシティ武蔵小山 ザ タワーとなり、 低層階及び隣接した部分に商業施設が入ります。 飲食店や雑貨店、サービス店など30店舗が出店予定! 武蔵小山駅前で武蔵小山商店街パルムに隣接しているという立地もあり、とても期待が高まっています。 分かり次第このページで更新していきます! パークシティ武蔵小山 ザ モールの注目テナントをピックアップ! パークシティ武蔵小山 ザ モールの注目テナントをピックアップします。 仏冷凍食品専門店のピカールが出店! フランスの冷凍食品専門店 「PICARD(ピカール)武蔵小山店」が出店! ヨーロッパで1000店舗以上を展開する人気店となっており、国内13店舗目の開業となります。 野菜や肉・魚介類など、珍しい冷凍食品も沢山あるので要チェックです! ゴンチャが出店! ゴンチャ Gong cha パークシティ武蔵小山店がオープンします! ゴンチャは台湾ティーカフェ店です。 最大の特徴は、カスタマイズが豊富にできることです。 ドリンクの種類• 氷の量• トッピングの追加 を自由に選ぶことができ、数百種類から自分好みのいっぱいを作ることができますよ。 パークシティ武蔵小山 ザ モールの地図(場所・アクセス) 東急目黒線武蔵小山駅の東口側になります。 駅前なので分かりやすいかと思われます。

次の

東急目黒線:武蔵小山駅前再開発【ザモール】タワマン高層マンションと商業施設!

武蔵 小山 ザ モール

武蔵小山駅前で建設中のタワーマンション「パークシティ武蔵小山」のモール棟「ザ・モール」に入居する予定のテナント店舗の一覧を、既に公表されている情報をもとにまとめます。 地元民しか分からない情報をもとに、どこよりも詳しく紹介します。 パークシティ武蔵小山とは? まずはパークシティ武蔵小山について簡単に解説します。 武蔵小山駅前の再開発タワーマンション 武蔵小山駅前で建設中のタワーマンションです。 以前狭い路地の飲み屋街がひろがっていた地域が41階建てタワーマンションに生まれ変わります。 パルム商店街とも隣接している地域です。 武蔵小山ではパークシティの他に、隣接する「シティタワー武蔵小山」の建設が進んでいます。 また、更に3棟の再開発マンションの計画が進んでいます。 再開発前のようす(駅東口側) モール棟の開業はいつ? パークシティ武蔵小山のモール棟「ザ・モール」の開業は、 2019年11月を予定しています。 一部店舗は11月のオープンを既に告知しています。 引き渡しは2019年11月7日だそうです。 一部施設は11月7日にオープンします。 2019年7月の現地 工事が進められている なお、全ての店舗が一斉に11月に開業するのではなく、少しずつ開業していくとの説明が2019年7月に実施された説明会で明かされています。 店舗の総面積が法律上の基準である1000平米を越えるのは2020年3月1日とのことで、その点からもバラバラと開店していくことが分かります。 小売店舗の総面積は1階~2階の3200平米だそうなので、2020年3月時点でも3分の1しか開業しないことになります。 3階は小売店舗は入居せず、飲食とサービスが中心になるとのことです(いずれも2019年7月実施の説明会での説明) 店舗数は? マンションの計画段階では40程度とされていました。 1階から3階にかけて店舗が配置されます。 入居予定のテナントは? それでは本題の、パークシティ武蔵小山ザ・モールに開店する予定の店舗を紹介します。 ゴンチャ(タピオカ) 都心のショッピングモールなどに入居する台湾タピオカの有名店です。 2019年11月22日に、モール棟1階にオープン予定。 ピカール(冷凍食品専門店) イオン系の「冷凍食品専門店」 店内にはイートインスペースも。 冷凍食品のほか、コーヒーや紅茶などのドリンクメニューもあります。 猿田彦珈琲 恵比寿に本店があるコーヒー屋さん。 武蔵小山店限定の和菓子などのスイーツも。 ニチイキッズむさしこやま保育園 再開発の計画段階から地域貢献施設として保育園の入居がアナウンスされていました。 2020年4月に開園予定。 定員は30名です。 その他施設など トイレ 自由に使えるトイレがあります。 蛇口からは温水が出、石鹸もありました。 また多目的トイレにはオムツ替えスペースもあります。 3階にはベビールームも(授乳スペース、調乳機も設置) ベンチ 駅前ロータリー前の広場や3階などにベンチなどが設置されています。 駐輪場・駐車場 1階に機械式駐車場、地下1階には駐輪場があります。 写真 駅出口側から 駅前ロータリー側から 3階から駅方面 隣で建設が進む住友不動産のタワーマンション 駅ロータリー方面の景色 パルム商店街方面 大型ビジョンが設置されている 2階からパルム商店街への導 2階の廊下 朗惺寺やパークホームズ武蔵小山をのぞむ 案内板はまだ空きが目立つ 「ザ・モール」の看板•

次の