グラノーラ バー レシピ。 おうちで簡単グラノーラ バーのつくり方【ヴィーガンレシピ】

オートミールで簡単♪ 自家製グラノーラの人気レシピ15選

グラノーラ バー レシピ

低糖質 抹茶グラノーラバー レシピ・作り方 「低糖質 抹茶グラノーラバー」の作り方を簡単で分かりやすいレシピ動画で紹介しています。 糖質2. メーカーにもよりますが、市販のこの様なスタイルのバーは糖質10g以上ある事が多いですので、小腹が空いた時にもオススメです。 ご了承ください。 調理時間:100分 費用目安:400円前後 作り方• 無塩バターは室温に戻しておきます。 ドライクランベリーは5mm角に切ります。 アーモンド、くるみは5mm角に切ります。 ボウルに1以外のグラノーラの材料を入れ、混ぜ合わせます。 フライパンに3を入れ、中火でカリッとするまで炒ります。 ボウルに1、4を入れ、混ぜ合わせます。 別のボウルに無塩バター、無調整豆乳、抹茶パウダー、低カロリー甘味料を入れて混ぜ合わせます。 5を入れ、混ぜ合わせ、クッキングシートを敷いた天板に乗せ、手で四角に形を整えます。 温かいうちに包丁で6等分に切り粗熱が取れたら冷蔵庫で1時間程冷やし固めて完成です。 料理のコツ・ポイント オーブンは必ず予熱を完了させてから焼いてください。 予熱機能のないオーブンの場合は温度を設定し10分加熱を行った後、焼き始めてください。 ご使用のオーブンの機種や使用年数等により、火力に誤差が生じる事があります。 焼き時間は目安にし、必ず調整を行ってください。 焼き色が付きすぎてしまう場合は、アルミホイルをかけてください。 また、持病をお持ちの方や妊娠中の方は、糖質制限を行えない場合がありますので、取り組む前に必ずかかりつけの医師や専門家に相談してください。 体調に異変を感じるなどした時は、無理して続けることは避けてください。 スーパーや薬局、インターネット等でお買い求めいただけます。 商品によって風味や特徴が違いますので、お好みのものをお使いください。 今回は、植物由来の「エリスリトール」を主成分にしている甘味料を使用しました。

次の

オートミールで簡単♪ 自家製グラノーラの人気レシピ15選

グラノーラ バー レシピ

・天板に、縁よりもひとまわり大きく切ったオーブンシートを敷いておく。 ・クルミは粗く刻んでおく。 ・イチジクとアプリコットは、それぞれ粗く刻んでおく。 <作り方>1 ボウルにオートミール、クルミ、スライスアーモンド、パンプキンシード、小麦胚芽 、イチジク、アプリコット、シナモンパウダー、塩を加え、よくかき混ぜる2 別のボウルにグレープシードオイル、メープルシロップ、バニラエッセンスを加え、乳化するまでよく混ぜる。 3 1 に 2 を加えて全体をよく混ぜ、天板に広げる。 途中、2回ほどゴムベラや木ベラを使って全体をかき混ぜる。 4 香ばしい香りがしてきて、全体が薄く色づいてきたらでき上がり。 オーブンから出し、天板に広げたまま完全に冷ます。 ガラス瓶やプラスチックコンテナに入れて保存する。 焼いている途中、色付き加減をよくチェックして下さい。 表示の時間は目安として下さい。

次の

低糖質 抹茶グラノーラバー 作り方・レシピ

グラノーラ バー レシピ

マシュマロで簡単アレンジ「フルーツグラノーラバー」 耐熱容器にグラノーラを入れ、その上にマシュマロ・バターを均等に並べて、レンジで加熱したあと手早く混ぜます。 クッキングシートを広げたパットに、押し付けるように広げていき、あとは冷蔵庫で固めてから適当にカットして出来上がり。 甘みが足りない場合は、メイプルシロップやハチミツを加えると良いかも。 トーストにのせるだけ「グラノーラ練乳ヨーグルトトースト」 トーストにヨーグルトを厚めに塗り広げ、さらにまんべんなくグラノーラをのせたら、最後のお好みで練乳をかけて完成です。 グラノーラに甘みがあるので、ヨーグルトは無糖がオススメ。 トーストは、両面しっかり目に焼いて、カリッとさせておくのがポイントです。 レンジであっという間「グラノーラプティング」 茶碗などの容器に牛乳・フルーツグラノーラ・溶き卵・砂糖を入れて混ぜ、レンジで2分加熱し、そのまま3分余熱で火を通します。 あとは容器をひっくり返して、お皿に取り出せば出来上がり。 温かいまま食べても、冷やして食べても美味しいですよ。 短時間でたくさん作れる「グラノーラチョコ」 刻んで湯煎したチョコと、グラノーラ・レーズン・マシュマロを混ぜ合わせ、クッキングシートの上に広げて固め、あとは食べやすい大きさに切るだけ。 グラノーラが甘いので、ブラックチョコが良く合いますよ。 レーズンを増量しても美味しいです。 順番に混ぜていけばOK「グラノーラのドロップクッキー」 最初にハンドミキサーでバターを良く混ぜたら、材料を順番に加えながら良く混ぜます。 分離しても気にせずに、しっかり混ぜ込んでいけば大丈夫ですよ。 粉っぽさがなくなったら、鉄板にシートを敷き、生地をスプーンから落として軽く成形し、オーブンで焼けば出来上がり。

次の