マランツ マイク。 【マランツ M4U レビュー】老舗音響メーカーの3,000円マイクの実力は?ゲーム実況やYouTube撮影に使えるレベルか試してみた!

マランツプロ MPM1000Uをレビュー。ちゃんと使える激安のUSBコンデンサーマイク

マランツ マイク

マランツのコンデンサーマイク MPM-1000で録音すると、イケボイスになるとの噂です。 YouTubeでユーチューバーの人がよく使用しているようです。 実際はどうなのでしょうか? MPM-1000を開封レビュー それではさっそく、MPM-1000を開封してレビューしていきましょう! MPM-1000のパッケージです。 シンプルでオシャレ感のあるパッケージです。 個人的に好きです。 ケースを開けます。 商品以外は説明書、クロス、ステッカーです。 左から、マイク本体・XLRケーブル・スタンドの脚・ウインドスクリーン・ショックマウントです。 MPM-1000のマイク本体。 とてもカッコイイと思います。 金属部分はシルバーで、持ち手部分は黒とゴールド。 デザイン的には悪くないと思います。 ショックマウントはクリップがあります。 クリップを手で縮めるとマイクをホールドする部分が開きます。 ここへMPM-1000のマイク本体を差し込みます。 ショックマウントに脚をつけて、マイクをセットしてみました。 脚が細いのであまり安定感はよくないですね。 マイクスタンドはとりあえず使う程度のものなので、別に購入した方がよさそうです。 MPM-1000のマイク本体とXLRケーブルを接続します。 MPM-1000のマイク本体とXLRケーブルを接続しました。 MPM-1000の接続方法 MPM-1000はファンタム電源なので、オーディオインターフェイスに接続して使います。 オーディオインターフェイスにMPM-1000のXLRケーブルを接続しました。 オーディオインターフェイスの48Vをオンして使います。 マイクと各機器との接続方法はこちらです。 MPM-1000の音はどうなのか? それでは、MPM-1000で録音した音はどうなのでしょうか? MPM-1000で自分の声を録音してみました。 確かに、声は実際の声よりよくなっている気がします。 落ち着いた声になるというか・・、聴きやすくなるように盛ってる感があります(笑)だからユーチューバーの人が使っているんですね。 一眼レフ、ボイスレコーダー、iPhoneで録音した音と比較してましたが、一番いい音なのは間違いないです。 さすがコンデンサーマイクですね。 YouTubeの撮影や声が重要なシーンで活躍しそうです。 他のコンデンサーマイクを使ったことがないのでコンデンサーマイクの中での比較はできないのですが、初心者用には問題ないと思います。 ノイズも気にならないレベルです。 MPM-1000はマイク本体だけでなく、ケーブル・ショックマウントもついてきますからね。 Amazonで7,000円を切る価格なので、MPM-1000のコスパは悪くないと思います。

次の

【マランツのUSBマイク】音質は本格的、接続も手軽で最高でした!

マランツ マイク

(M4U自体は安くなっていませんでしたがポイントアップ対象にはなります) ということで今回は marantz PROFESSIONAL M4Uをレビューしていきます。 marantz PROFESSIONAL M4Uについて M4Uとは、マランツプロから2019年9月に発売されたPC向けの 約3,000円で購入可能な低価格帯USBマイクです。 これまで低価格帯の人気マイクと言えばSONYのECM-PCV80Uが有名でしたが、価格や付属品などを見る感じ、それをかなり意識しているのがわかります。 マイク自体はプラグインパワー方式なので、PCのマイク端子やプラグインパワー対応のオーディオインターフェースと組み合わせての使用が可能ですが、USB DACが付属しているためPCにマイク端子がなかったり、オーディオインターフェースを持っていなくても簡単に使用可能です。 音質については実際に使ってみないとわかりませんが、最低でもSONYのECM-PCV80U以上はマストで、理想を言えば同じく3,000円程で購入可能なFIFINEという中華製USBコンデンサーマイクよりも良ければありがたいですね。 内容物一覧• M4U本体• マイクスタンドベース• マイクホルダー• USB DAC• USBケーブル• マイクケーブル• 本体は金属製でかなり質感が高いです。 マランツ製でこの質感、これで3,000円もしないと考えるとすごいですね... プラスチック製といっても作りはなかなかしっかりしています。 角度調節が可能で、高さはそれほどないですね。 ホルダー部分が狭いため、マイクは下の部分がやっと挟めるといった感じです。 5mm3極プラグになっています。 サイズは一般的な消しゴムを一回り大きくしたような感じでかなりコンパクトです。 今どきmini-Bはちょっと残念ですね。 あとはUSBケーブルを接続するだけで使用可能です。 marantz PROFESSIONAL M4Uを実際に使ってみた感想 M4Uを付属のスタンドを使ってデスクに設置してみました。 スタンドのベース部分が割と小さいため安定性はまあまあですね。 普通に使っている分には問題ないと思いますが、手や物をぶつけると簡単に倒れてしまいそうです。 あまり高さがないためこのままでは口元から遠いですし、設置位置によってはキーボードやマウス操作の邪魔になる可能性があるのでできればマイクアームは使って方が良さそうです。 マイクアームは安いものだと1,000円台から購入可能なものもあるので、設置可能なら一緒に購入することをおすすめします。 続いて肝心な音質についてですが、冒頭でマストと言っていた SONYのECM-PCV80Uに比べるとかなり音質がいいですね。 というかECM-PCV80Uは付属のUSB DACで使うとホワイトノイズがやばすぎてとても使う気になれないのですが、M4Uはホワイトノイズはあるにしろ実用に耐えうるレベルと言っていいと思います。 同価格帯(M4Uの方が1,000円近く安いですが)で同じようなタイプのマイクとしてはM4Uの方が間違いなく優れているといっていいでしょう。 次にFIFINEのUSBコンデンサーマイクと比較した結果についてですが、FIFINEの方がホワイトノイズが小さく、声もきれいに拾ってくれているような気がします。 うーんマランツは老舗音響メーカーということで期待していたんですが、これは残念ですね。 ただ、FIFINEのマイクにはミュートスイッチなどはないため、使い勝手はM4UやECM-PCV80Uの方がいいですね。 (ECM-PCV80Uの音質は論外ですが) Discordではノイズキャンセル機能が自動的に入りますし、OBSなどからゲーム配信をする場合はフィルターをかけてノイズを低減させることができるため、そうして使うのであればM4Uでもありだとは思いますが、同価格帯でとにかく音質を重視するというならFIFINEをおすすめします。

次の

マランツプロ MPM

マランツ マイク

私もYouTuberになろうかな? というわけではないのですが、ちょっとした動画の音声収録をしたいと前々から思っていました。 もちろん作った動画をYouTubeへ投稿することもやろうとしていることの1つには結果的になるのですけどね。 そこで、音声を録音するためのマイクを買おうかなと思って、ちょっと前から色々調べて悩んでおりました。 結果、Marantz Professionalから出ているUSBコンデンサーマイク、Pod Pack 1を購入しました。 このマイクをチョイスに至った流れをまとめておきたいと思います。 マランツプロのUSBコンデンサーマイクPod Pack 1は、YouTubeやニコ動などの動画配信初心者にとって、コストパフォーマンスが高いんじゃないかと思っています。 安くて手軽なマイクを探したい ちょっとした動画を作って遊んでいたのですが、それももう身内だけでちょこっと見せるくらいの動画なので画質とか音とかはどうでもいいものでした。 でもやはり、それなりの動画を見せる必要もあるかなということもあって動画の制作も少しはキチンとしたものにしようと思うようになりました。 そこでマイクをどうするか考え始めたのです。 最初はMacBook Proの内臓マイクでもいいかなと思いました。 あるいは、iPhoneのイヤフォンを使って音声を収録するとか、本当に簡単な方法だけ考えていました。 こだわりが無ければ、本当にこれで十分だとも思うんですよね。 ただ、ちょっとこだわりを見せようかと思った時、やっぱりホワイトノイズが気になるなと思ったんですよね。 大袈裟な機材はもちろん今の段階では必要ないですから、パソコンにUSBで刺してすぐ使えるマイクが欲しくなりました。 SONY ECM-PCV80U そこでAmazonで人気の指向性マイクなどを探してみました。 マイクは高価なものになるとキリがないのであまり上を考えずに安いマイクでUSBでMacに接続できるものを探すことにしました。 「ならばやっぱり日本製だろ?」と日本贔屓の私はソニーのマイクが目にとまります。 SONY エレクトレットコンデンサーマイクロホン ECM-PCV80Uですね。 3,400円なのでお手頃。 1200件以上もアマゾンレビューが入っているので、大ベストセラーのマイクということです。 実際、ニコ生初心者などはよく使ってるマイクなのだと思います。 私も、「まあ、凝りは無いしコレでいいかな」と最初は思っていました。 でも、YouTubeにあるレビュー動画をいくつか見てると、ちょっとイメージが違う。 このマイクは付属のUSB Audio Boxを通してパソコンに繋げて使うのですが、この収録時の音がどうも小さいと感じました。 入力が弱いというのでしょうか。 レビューしてる人の比較を見ると明らかに他の機器よりも霞んで聞こえるんですよね。 まあそのあたりはボリュームをあげてもらうとかでいいのかな?とか勝手に思っていたのですが、どうもホワイトノイズが気になる感じにも思えました。 マイクはなんでもいいと思っていたのですが、ここまで気になるとどうしようか迷います。 そこで、私のMacの内臓マイクで試しにオーディエンス録音と、iPhoneのイヤフォンを刺してマイクから録音をして聞いてみたのです。 こちらもそこそこホワイトノイズがありました。 でも、「まあ、こんなものだろう」という結論にもなります。 逆に、「結構これで録音できるんだな」とも思えてきたのです。 となると、「ソニーのマイクは買わなくてもいいかな」と思うようになりました。 実際、iPhoneのイヤフォンのEarPods with Lightning Connectorは、Appleで買うと税別の2,800円です。 ソニーのECM-PCV80Uとそんなに価格差が無いんですよね。 それなら買うほどのメリットは無いじゃないかと思うようになったのです。 したがってソニーのマイクは却下。 マイク購入はもうしばらく考えようと思いました。 Marantz Professional MPM1000U そして調べるうちに偶然にたどり着いたのが、マランツプロのMPM1000のレビュー動画でした。 そこでの他の安いマイクとの比較が十分に納得といくものでしたので、コレくらいのマイクなら十分だなと感じたわけです。 ただ、このマイクはパソコンにUSB接続するタイプではありません。 でも、調べるとMPM1000Uというタイプがあり、こちらはUSB接続で使うものでした。 「とりあえずはコレだな」と気持ちが大きく揺らぎました。 Amazonレビューも高評価。 SONYのマイクよりも価格は高くなるけど、音質を考えたらこちらの方がいいなと思いました。 Marantz Professional MPM2000U 調べるとこの上のタイプに少し価格が高くなりますがMPM2000Uというタイプもあり、もうこのあたりで決着つければいいなと思って色々とYouTubeにあるレビュー動画をみてみました。 こちらもAmazonでの評価は高い。 音質に関してはどちらもいい。 素人の私の耳には好みの問題でどちらがいいとか悪いとかって判断が別れるようなレベル。 もうどっちでもいい。 価格はMPM1000Uが6,980円、MPM2000Uが9,980円です。 MPM2000Uにはショックマウントがついているので、MPM1000Uにショックマウントをつけたら同じような価格帯になるなぁ、と思ってどういう買い方をしようか迷いました。 それにこの2つのマイクは、マイクスタンドやアームが付いていません。 実際に使うとなるとそれも必要になるので別途購入する必要があります。 Marantz Professional USBコンデンサーマイクPod Pack 1 アームスタンドを合わせて買うとなるとマイクが安くてもさらに出費がかさんでしまします。 MPM1000Uにスタンドを合わせて買うと8,000円、9,000円になってしまいます。 「もうちょっと価格が収まらないかな」と思って調べていると、マランツプロにもう1つマイクがあるのを見つけました。 マランツプロ USBコンデンサーマイクPod Pack 1 このモデル、アームスタンドも付いてるじゃ無いですか。 まあ、安いスタンドには変わりは無いでしょうけど、同梱するとなるとそれなりにマイクとの相性も良いと考えるのが妥当ですよね。 マイクの質ですが、当然上の2つのモデルよりも価格が安くなるので少しは劣るのだと思います。 解説をみると使ってるコンデンサーの径が1つ小さい感じ。 細かいことを専門的に調べたらもっと差があるのかもしれませんが、まだ利用者が少ないのか数少ないAmazonレビューやYouTubeでのレビューでの音質を聞いてみると、全く許容できるレベルだなと感じました。 レビュー動画から上位モデルとの比較をしても違いはあるけどどのような差と言っていいのかわかりません。 私にはどれもそれぞれいい音に聞こえました。 マランツプロ USBコンデンサーマイクPod Pack 1を購入! ということで、このマイクを使うのがコストパフォーマンス的にもベストという決断に至り、さっそくAmazonから購入することにしました。 価格も6,341円ですから、アーム付きと考えると質の良い入門用マイクとしてはベストなんじゃ無いかと思いました。 開封とセッティング 注文して翌日にPod Pack 1が届きました。 さっそく開封して中身を取り出して、セッティングしてみましょう。 こちらはマイクとUSBケーブルです。 こちらがアームの金具類です。 marantzのロゴが入ってるのもとりあえずはいいですよね。 ただし、力の入れ方を間違えたらすぐに破損しそうな作りではあります。 特に何も難しいこともなく組み立て完了です。 USBでMacBookに繋げるだけでマイクを認識。 とても簡単でした。 ちなみにアームはmade in china となっていました。 まあ、アームは値段も値段ですから、各部をしっかり持ってゆっくりと動かした方がいいですね。 強引に動かすと折れたりするはずです。 十分使えますが、丁寧に扱いましょう。 がっしりした作りのアームではありません。 Pod Pack 1の録音音声チェック(MacBook Proの内臓マイクと比較) セッティングができたところで、早速Pod Pack 1の音声をテストをしてみました。 試してみたのは3種類。 iPhone付属のイヤフォンマイクをMacBook Proに接続したものと、MacBook Proの内臓マイク、そしてマランツプロ Pod Pack1です。 Macの環境設定は、サウンドの入力音量は50%の目盛りの位置にしました。 環境ノイズリダクションはOFFにして、iMovieのアフレコ収録で行いました。 マイクまでの距離は、イヤフォンマイクは耳にセットした位置です。 MacBook ProもPod Pack1もだいたい手のひらを開いて1つ分くらいの位置で話してみました。 流石にイヤフォンマイクが一番激しいホワイトノイズです。 Macの内臓マイクもかなり目立ちました。 マランツプロ Pod Pack1はイヤフォンで聞くと注意すればかすかにサーッという音は聞こえるような感じはしますが、スピーカーからだと何も感じませんでした。 それぞれ声質は変わって聞こえると思うので、そのあたりは好みの問題でしょうね。 とりあえずはPod Pack1は音声収録初心者が使うには、最初に買っても正解だと思いました。 ただ、びっくりしたことがあって、MacBook Proの内臓マイクの音声を環境ノイズリダクションをONにして収録してみると、ホワイトノイズが綺麗にカットされているんですよね。 これはかなりいいです。 ただ、キーボードを打ちながらの収録などだと、距離が近いですから別マイクの方が作業としてはいいですね。 その点からもマランツプロ Pod Pack1が活躍しそうです。 最後に 他のマイクを持っていないので、別の機器との比較はできませんが、YouTubeに上がっているSONYのECM-PCV80Uの音の物足りなさと比べたら断然に満足度が高い音質だと思います。 ということで、マランツプロ USBコンデンサーマイクPod Pack 1の購入レポートでした。 こちらに動画にもまとめてみました。

次の