リン ウェイツ。 カム・オン・アップ・トゥ・ザ・ハウス〜ウィメン・シング・ウェイツ

ブルース・ウェイツ

リン ウェイツ

経歴 [ ] プロ入り前 [ ] 幼い頃にテレビで見た日本野球に憧れ、小学生時から野球を始めた。 中山國民中學在学時から、台湾ではその非凡な野球センスが話題となっていた。 中学卒業後、日本への野球留学の誘いを受けるも、父の体調を慮って一旦は断っていた。 しかし翌年再び勧誘され、日本の文化に触れたい好奇心もありへ入学した 、。 同級生にがいる。 柳川高校では、2年夏ので決勝に進出。 しかしを擁するに敗れ準優勝。 また、入学が2年遅れだった関係から、で定められている年齢制限を超えることとなった3年時は公式戦に出場できなかった。 甲子園出場という目標を失い台湾に帰ることを考えたが、日本でプロ選手になることに目標を切り替え、木製を使用するなど高校卒業後を見据えた練習に入った。 高校通算47を放っているが、以上のような理由から高校1・2年の2年間での記録である。 へ進学し、1年春からのレギュラーとしてに出場しとを獲得。 しかしその後は不調に陥り3年時は膝の故障で主にでの出場となった。 4年時はその故障をおして3番・でに復帰、春季リーグ戦後のリーグ選抜に名を連ねたほか、秋季リーグ戦では2度目のベストナインに選ばれた。 リーグ通算75試合に出場、280打数79安打、打率. 282、5本塁打、47打点。 でから7巡目指名を受け入団。 阪神時代 [ ] は故障の癒えていない膝のリハビリに専念し 、一軍・二軍戦ともに公式戦出場はなかった。 シーズン途中の8月にの野球チャイニーズタイペイ代表に選出され、シーズンでは10月11日の対戦で公式戦初スタメン・初・初を記録。 は主に代打で出場し、優勝決定後にはスタメンでも出場し初を記録。 はかつてが着けていた背番号 31に変更。 開幕前の3月にのに選出された。 シーズンでは代打として起用され、ではでのスタメン出場も数試合あった。 オフの11月から12月にかけて開催されたの野球チャイニーズタイペイ代表に選出された。 同大会でチャイニーズタイペイ代表史上初のアジア競技大会優勝に貢献した。 も開幕から代打での出場が主だったが、4月下旬にが怪我で離脱して以降はレギュラーに定着。 交流戦後はシーツの不振に加えての台頭もあり、としてのスタメン出場も多くあった。 しかし、5月13日の対ヤクルト戦でオーバーランした一塁へ帰塁した際に右肩を痛めながら 、「せっかくつかんだチャンスを逃したくない」と打撃コーチのに訴えて強行出場を続けた悪影響により8月下旬に登録抹消。 9月27日に一軍復帰するもには4打席不足したが、打率. 292。 15本塁打と58打点は、いずれも金本に次いでチーム2位だった。 それまで「プロの世界でレギュラーとして試合に出るようになるまでは、台湾の家族を試合に招待しない」と決めていたが、この年になって日本での生活12年目で初めて家族を日本に招くことができた。 しかし、「右肩肩峰下滑液胞炎」と診断された右肩の回復が思わしくなかったため 、同年オフに台湾で開催されたのを辞退。 12月に手術を受けた。 は前年受けた手術のリハビリなどの影響から、シーズン初出場は5月29日の対戦であった。 7月8日の対戦で左膝靭帯を痛めて離脱し 、のチャイニーズタイペイ代表を辞退。 8月に復帰したが、シーズン成績は打率. 249・2本塁打だった。 開幕前の3月に開催されたのに選出された。 シーズンでは一軍登録されたのは5月8日であった。 その後も不振が続いて前年を下回る56試合の出場で、打率. 208・3本塁打・11打点に終わった。 の沖縄における春季キャンプでは、この年に打撃コーチに就任したの親友であるからも臨時指導を受け 、シーズンでは出場機会はさほど多くなかったが得点圏打率. 412。 、63試合の出場で打率は1割台。 は6試合で7打数1安打。 8月4日にシーズン初の出場選手登録され同日の対巨人戦()に6番・右翼手でスタメンで出場したが、打撃で4打数無安打(2三振)に終わり、右翼の守備でも精彩を欠いて途中交代。 一軍公式戦への出場機会はこの1試合のみとなり 、10月1日に球団からを受けた。 11月に開催された「2013 BASEBALL CHALLENGE 日本 VS チャイニーズ・タイペイ」に出場するチャイニーズタイペイ代表への招集を辞退してを受験し 、フェンス直撃の三塁打を含む2安打2四球、左翼の守備ではフェンスに激突しながらの好捕を見せるなどしたが 、NPB球団で獲得する球団は現れなかった。 兄弟 - 中信時代 [ ] 2013年11月28日にのからドラフト3巡目で指名され 、2月17日に正式契約を結んだ。 3月末にスライディングをした際に左膝の半月板を損傷。 その後も試合には出場したものの、26試合で打率. 192・本塁打1・打点10で、5月14日に左膝の手術を受けた。 春季キャンプ中に、監督のからチームキャプテンに任命された。 95試合に出場し96安打、打率. 309、本塁打6、打点58の成績を残した。 現役引退後 [ ] に引退し、学生野球資格回復のプロ側研修会に参加したことが報じられた。 にの二軍監督に就任した。 また、この年にで始球式を行なった。 その時、現役時代の応援歌が流れ、林は「自分のテーマが流れて嬉しかった」と語っている。 選手としての特徴 [ ] この選手の選手としての特徴に関する文献やが必要です。 ためにご協力をお願いします。 一方、前述の立浪からは「力があっても無駄な動きをしているところがある。 もっと打てる選手。 外からバットが出やすいようだ」と評された。 打撃への高評価に対し、選球・守備・走塁への評価は芳しくない。 2006年までは試合途中で代打起用された後の守備へは滅多に就かず、などの選手が入ることがほとんどだった。 一塁手として出場することもあったが、ミットを持つことになる右肩をケガして以降は一塁起用を見送られている。 なお2007年の右肩と2008年の左膝のケガ(二塁走者として牽制帰塁した際に負傷 )は、いずれも走塁時のものである。 現代のプロ野球選手としては大きな体ではないが、握力は90 kgを計測する。 人物 [ ] 座右の銘は「一球撃命」。 勝負を決める一打を放つという意味。 高校入学当時はほとんどが分からず、また台湾での中学時代までに比べはるかに厳しく辛い練習のため「台湾に帰りたい」と思ったこともあったという。 日本晩年は流暢な日本語を話せるようになっていた。 日本時代、林が台湾出身であることを知らない日本人記者から「はやし・いすけ」と呼ばれることが度々あった。 『中国語ジャーナル』2007年8月号(社)では林について特集が組まれ、表紙に載った。 詳細情報 [ ] 年度別打撃成績 [ ] 球 団 3 7 7 0 1 1 0 0 2 1 0 0 0 0 0 0 0 4 0. 143. 143. 286. 429 8 14 12 3 5 0 0 1 8 2 0 0 0 0 2 0 0 1 0. 417. 500. 667 1. 167 67 82 76 12 23 4 1 5 44 13 0 0 0 0 6 1 0 24 0. 303. 354. 579. 933 115 442 418 51 122 17 3 15 190 58 1 0 0 4 20 1 0 89 5. 292. 321. 455. 776 66 189 177 17 44 6 2 2 60 13 1 0 0 1 10 0 1 31 4. 249. 291. 339. 630 56 102 96 4 20 3 1 3 34 11 1 0 0 0 6 0 0 16 2. 208. 255. 354. 609 69 144 135 13 39 10 1 4 63 22 1 0 0 2 6 1 1 24 2. 289. 319. 467. 786 63 92 90 2 15 3 0 1 21 5 1 0 0 1 1 0 0 14 2. 167. 174. 233. 407 6 7 7 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0. 143. 143. 143. 286 1 4 4 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0. 000. 000. 000. 000 42 113 100 5 19 1 0 1 23 11 0 0 0 1 9 2 1 9 6. 190. 274. 230. 504 96 329 307 39 95 17 1 6 132 58 0 0 2 2 15 3 0 25 4. 309. 346. 430. 776 95 279 252 42 78 15 1 5 110 40 0 4 0 1 25 0 1 27 4. 310. 373. 437. 810 :10年 454 1083 1022 102 270 44 8 31 423 125 5 0 0 8 51 3 2 206 15. 264. 298. 414. 712 :3年 233 721 659 86 192 33 2 12 265 109 0 4 2 4 49 5 2 61 14. 291. 345. 402. 747 年度別守備成績 [ ] 年 度 球 団 試 合 試 合 刺 殺 補 殺 失 策 併 殺 守 備 率 2004 阪神 - 2 2 0 0 0 1. 000 2005 - 3 3 0 0 0 1. 000 2006 6 24 2 0 5 1. 000 5 8 0 0 0 1. 000 2007 48 389 28 2 26. 995 64 99 0 0 0 1. 000 2008 - 43 57 1 0 0 1. 000 2009 - 18 25 0 1 0. 962 2010 - 40 44 0 2 0. 957 2011 - 23 22 0 2 0. 917 2012 - 1 0 0 0 0 --- 2013 - 1 1 0 0 0 1. 000 NPB 54 413 30 2 31. 996 200 261 1 5 0. 981 記録 [ ] NPB初記録• 初出場:2004年10月10日、対28回戦()、6回裏にの代打で出場• 初打席:同上、6回裏にから中飛• 初先発出場:2004年10月11日、対28回戦(明治神宮野球場)、7番・で先発出場• 初安打・初打点:同上、1回表にから右越適時二塁打• 初本塁打:2005年10月4日、対21回戦(阪神甲子園球場)、4回裏にから右越ソロ• 初盗塁:2007年6月16日、対3回戦()、4回表に二盗(投手:、捕手:) 背番号 [ ]• 38 (2003年 - 2005年)• 31 (2006年 - 2013年、)• 24 (2004年五輪、、2014年 - ) 登場曲 [ ]• 「Have a Nice Day」- ( - 2009年)• 「New Divide」- (2010年 - 2013年) 代表歴 [ ]• 2004年アテネオリンピック野球チャイニーズタイペイ代表• 2006年アジア競技大会野球チャイニーズタイペイ代表• 脚注 [ ] []• 阪神タイガース公式サイトの選手紹介では、かつては表記に従い「Weizhu」となっていたが、のちにによる「Weichu」の記載になっている。 -2010年7月10日閲覧。 [ ]• デイリースポーツ、2008年1月13日。 [ ]• [ ]• 日刊スポーツ、2013年10月1日。 阪神タイガース公式サイト. 阪神タイガース 2013年10月1日. 2013年10月3日閲覧。 デイリースポーツ、2013年10月28日、2013年11月14日閲覧。 SANSPO. COM. 2013年11月11日. 2013年11月12日閲覧。 SANSPO. COM, 2013年11月29日配信• 兄弟エレファンツ. 2014年2月17日. 2014年2月17日閲覧。 『週刊ベースボール』2014年6月2日号、102ページ• SANSPO. COM 2011年11月4日• 2010年『』でのインタビューより• たなた [ ] 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• 選手の各国通算成績 、.

次の

林威助(リン・ウェイツゥ) 〜 げんまつWEBタイガース歴史研究室

リン ウェイツ

詳細 2020年6月2日 18:28更新 阪神タイガースの林威助(リン・ウェイツゥ)選手ファンのコミュニティです。 お知らせ 2010年6月26日より、参加条件について「管理人の承認が必要 公開 」から、「誰でも参加できる」に変更させていただきます。 林選手の活躍のお陰でメンバーも増えました。 その反面、マナーを守れないメンバーや発言も時に見られますので、皆様のご協力をお願いします。 もしも、ご本人が見ていたら・・・(仮定の話ですが)喜んでいただけるようなコミュにしたいです。 よろしくお願いします。 *トピックは自由に立ててください。 ただし、重複する内容がないかを事前にご確認下さい。 また、皆様に向けて、分かりやすく公平な内容であるか、よく推敲してください。 林選手のプライバシーに関する内容の書き込み、およびそれに類する行為ははご遠慮ください。 *阪神球団や首脳陣、他球団、他選手を批判したり、見下げるような内容はお控え下さい。 林威助選手のファンである前に、一プロ野球ファンとしての良識ある書き込みをお願いいたします。 *内容が不適切と判断した場合は、管理人が編集・削除します。 *管理人が不適切と判断したメンバーも削除します。 お手すきの時に *初代管理人:すぱいだー(2005年04月30日〜2011年12月3日) *2代目管理人:酉 -. - はる(2011年12月3日〜現在).

次の

林威助(リン・ウェイツゥ) 〜 げんまつWEBタイガース歴史研究室

リン ウェイツ

新型コロナウイルスの影響で世界中のスポーツイベントが延期や中止を余儀なくされている中、台湾プロ野球(CPBL)は12日に無観客での公式戦開幕にこぎつけた。 中信兄弟で2軍監督を務める阪神OBの林威助(リン・ウェイツゥ)氏(41)は台湾の現状を明かし、古巣の阪神にも熱いメッセージを送った。 林威助氏は海の向こうから古巣を案じた。 「日本は大丈夫ですか?」。 それが第一声だった。 高校、大学、そして阪神の選手として長い時間を過ごした第2の故郷をいまも気にかけていた。 「(日本の情報は)知っています。 ネットで見たりしている。 毎日、感染者が増加していることも知っている。 本当に怖い…」 感染者が日ごとに増える日本とは対照的に台湾は感染拡大に一定の歯止めがかかり、プロ野球も待望の開幕を迎えた。 2軍は先月17日に一足早く開幕し、中信兄弟は8勝3敗2分けの首位。 若手選手を率いて采配や指導に努める日々だ。 「台湾はプロ野球選手の感染者は出ていません。 ですが、まったく油断はできません。 僕は日本にいたので経験していませんが、台湾は03年にSARSを経験しています。 今、僕自身も親と話すときでもマスクをしています。 今でも選手たちには(感染拡大防止への)指導をしています」 2軍監督就任3年目の今季も選手とともに寮で集団生活を送る。 基本的に外出は自粛。 練習ではかみたばこを禁止し、当然ながらグラウンドにつばを吐くことも厳禁だ。 寮生には手洗いやマスクの着用、消毒・検温の徹底だけでなく、外出も申告制にした。 近隣に買い物で出るだけでも帰寮後は再度の検温を義務付けているという。 「休みの前日が一番危険なので、選手たちには人が多いところには行かないで…と言っています。 せっかく今まで我慢したのだから。 プロとして野球ができることをかみしめて、責任を持っていこう…と。 外出も外食もしたい気持ちは分かる。 でも、今は我慢してくれ…と」 選手の気持ちを理解しつつ、2軍監督の立場としての責務を優先。 グラウンド内外の徹底した指導の裏側には「野球ができる喜び」があった。 「コロナは日本だけじゃなく世界中のこと。 とにかく自分を守り、人にうつさないこと。 感染者が増えると野球ができないんです。 そのためにはお互いに今は耐えるしかない」 就任から2年連続で2軍を「年間優勝」へ導き、昨季は開幕時に2軍だった3選手が1軍定着を経て台湾代表入りするなど育成手腕を発揮。 「今年も1人でも多く1軍に送り込みたい」と意気込む。 阪神への愛着はいまも強く、「調整も難しいと思うけど、選手は頑張ってほしい。 優勝してほしい」と開幕を願ってエールを送った。 96年野球留学で来日し、柳川、近大を経て02年のドラフト7巡目で阪神入団。 06年から背番号31を付け、07年に右翼と一塁のレギュラーで115試合に出場。 13年まで通算454試合、打率・264、31本塁打、125打点。 阪神退団後は台湾に戻り中信兄弟でプレー、17年引退。 18年から同球団2軍監督。 左投げ、左打ち。

次の