エクセル グラフ 凡例 追加。 エクセルの円グラフの凡例を編集するには?

エクセルのグラフにデータラベルを追加させる!一括で表示

エクセル グラフ 凡例 追加

長い項目名を見やすくする方法 今回は下の表の赤枠部分を使用して、 下の集合縦棒グラフを作成しました。 商品名が長いため項目が自動で斜めになり後半部は欠けている箇所があります。 これをどうにかしてみましょう。 文字を小さくする 考えられる1番簡単な方法は、文字を小さくすることです。 数字の一覧だと「6」までしか表示されないので、右側の[フォント サイズの縮小]ボタンを使用した方が良いでしょう。 ある程度文字を小さくすれば、全ての項目名が表示されるはずです。 今回のグラフの場合は下のようにフォントサイズ「3」でやっと表示されました。 文字が小さくて読めません。 今回の場合は使えない方法になりますが、フォントサイズを少し小さくしただけで、うまく収まる場合もあります。 とりあえず試したい方法です。 グラフの幅を広げる もう一つ単純な方法が、グラフの横幅を広げる方法です。 グラフをクリックして表示される右側の ハンドルにマウスを移動して、右に引っ張ります。 今回の場合は、かなり広げないと1行に表示されませんでした。 さすがに横幅長すぎですね。 軸の書式設定を利用する 斜めの状態でも良いので全ての項目名を表示したい場合は、こちらの方法です。 項目軸の上で右クリックして、ショートカットメニューから [軸の書式設定]を選びます。 右側に表示される[軸の書式設定]作業ウィンドウで、 [サイズとプロパティ]に移動して、 [ユーザー設定の角度]を調整します。 最初は角度が小さいので項目名が省略されてしまうのですが、 そのまま調整を続けると、徐々に全ての項目が表示されます。 悪くないですね。 縦書きにする 同じ設定画面で項目を縦書きにすることもできます。 項目軸で右クリックして[軸の書式設定 作業ウィンドウ]を表示したら、 [サイズとプロパティ]に移動して、• すると、項目名が縦書きになり、左から文字が並ぶので読みやすくなります。 項目名を途中で改行する もし、元の表の形を変更して良いのであれば、項目名を途中で改行してしまうのがベストです。 表の 改行したい場所にカーソルを置いて、「Alt」キーを押しながら「Enter」キーを押します。 これでセル内で改行されます。 すべて改行したのが下の画像。 元の表を変更するとグラフも自動で反映されるので下のようになります。 あれ?やっぱり省略されている。 少し横幅が狭かったようです。 グラフの幅を広げてあげましょう。 どうでしょうか。 1番見やすくなったのではないでしょうか。 長い凡例を見やすくする方法 凡例の場合も、今説明した項目軸の設定とほとんど同じです。 下の表で作成した、 集合横棒グラフで説明します。 凡例も、文字サイズを小さくすることで対処するのが1番簡単です。 書式設定で文字を斜めや縦にする場合は少し設定場所が項目軸と違います。 凡例で文字を斜めにしたり縦書きにする方法 凡例の上で 右クリックして[凡例の書式設定]をクリック。 右に表示された[凡例の書式設定]作業ウィンドウで、 [文字のオプション]に移動します。 後は、項目名の設定と同じです。 文字列の方向や縦書きが設定できます。 設定すると分かるのですが、項目名と違い 文字方向の変更や縦書きはあまり有効ではありません。 例えば、斜めにしても表示領域はあまり変わりませんし、 縦書きにするとグラフエリアからはみ出てしまいます。 位置を調整しても下のように・・・。 いまいちですね。 凡例を途中で改行する 項目名と同じように、元の表の文字列を改行するのも一つの方法です。 結果がこちら。 凡例を下に表示していると、下部が表示されません。 [凡例の書式設定]作業ウィンドウで、 凡例の位置を上にすると、 下の画像のようにちゃんと表示されます。 右の位置もおすすめですよ。 まとめ いかがでしたか。 様々な方法が考えられますね。 その時のグラフの種類や文字数に応じて対処すべき方法が変わります。

次の

元データを変えずにグラフ凡例・項目名を変更する [エクセル(Excel)の使い方] All About

エクセル グラフ 凡例 追加

Excel for Microsoft 365 Word for Microsoft 365 Outlook for Microsoft 365 PowerPoint for Microsoft 365 Excel for Microsoft 365 for Mac Word for Microsoft 365 for Mac PowerPoint for Microsoft 365 for Mac Excel 2019 Word 2019 Outlook 2019 PowerPoint 2019 Excel 2016 Excel 2019 for Mac PowerPoint 2019 for Mac Word 2019 for Mac Word 2016 Outlook 2016 PowerPoint 2016 Excel 2013 Word 2013 Outlook 2013 PowerPoint 2013 Excel 2010 Word 2010 Outlook 2010 PowerPoint 2010 Excel 2007 Excel 2016 for Mac PowerPoint 2016 for Mac Word 2016 for Mac Excel Starter 2010 Word Starter 2010 グラフのデータ系列をすばやく識別できるようにするために、グラフのデータ ポイントにはデータ ラベルを追加できます。 既定では、データ ラベルとワークシートの値との間にリンクが設定され、ワークシートの値を変更すると、データ ラベルも自動的に更新されます。 注: 次の手順は、Office 2013 およびそれ以降のバージョンに適用されます。 をお探しですか? グラフにデータ ラベルを追加する• データ系列またはグラフをクリックします。 1 つのデータ ポイントにラベルを付けるには、系列をクリックした後、そのデータ ポイントをクリックします。 右上隅のグラフの横にある [ グラフ要素を追加] 、[ データ ラベル] をクリックします。 場所を変更するには、矢印をクリックし、オプションを選びます。 テキストのバブル形状の中にデータ ラベルを表示するには、[ データ吹き出し] をクリックします。 データ ラベルを読みやすくするために、それらをデータ ポイントの内部、またはグラフの外部に移動せきます。 データ ラベルを移動するには、目的の場所にドラッグします。 ラベルのせいでグラフが雑然として見えるように思われる場合は、データ ラベルをクリックして Del キーを押すと、任意またはすべてのデータ ラベルを削除できます。 ヒント: データ ラベル内のテキストが読みづらい場合は、ラベルをクリックし、読みやすいサイズになるまでドラッグしてデータ ラベルのサイズを変更できます。 データ ラベルの外観を変更する• より多くのデータを表示させるデータ系列またはデータ ラベルを右クリックし、[ データ ラベルの書式設定] をクリックします。 [ ラベル オプション] をクリックし、[ ラベルの内容] から目的のオプションを選びます。 セルの値をデータラベルとして使用する グラフのデータラベルとしてセルの値を使うことができます。 より多くのデータを表示させるデータ系列またはデータ ラベルを右クリックし、[ データ ラベルの書式設定] をクリックします。 [ ラベルオプション] をクリックし、[ ラベルの内容] の [ セルからの値] チェックボックスをオンにします。 [ データラベルの範囲] ダイアログボックスが表示されたら、スプレッドシートに戻り、セルの値をデータラベルとして表示する範囲を選びます。 この操作を行うと、[ データラベルの範囲] ダイアログボックスに、選択した範囲が表示されます。 次に [ OK] をクリックします。 これで、セルの値がグラフのデータラベルとして表示されるようになります。 データ ラベルに表示されるテキストを変更する• 変更するテキストが含まれているデータ ラベルをクリックし、もう一度クリックして、データ ラベルのみを選びます。 既存のテキストを選んで、置き換え後のテキストを入力します。 データ ラベルの外側の場所をクリックします。 ヒント: グラフにコメントを追加する場合や、設定されているデータ ラベルが 1 つのみの場合は、テキスト ボックスを使うことができます。 グラフからデータ ラベルを削除する• データ ラベルを削除するグラフをクリックします。 [ グラフ ツール] が表示され、[ デザイン] および [ 書式] の各タブが示されます。 次のいずれかの操作を行います。 [ デザイン] タブの [ グラフのレイアウト] グループで、[ グラフ要素を追加] をクリックし、[ データ ラベル] を選んでから [ なし] をクリックします。 データ ラベルを 1 回クリックして、データ系列内のすべてのデータ ラベルを選択するか、またはデータ ラベルを 2 回クリックして、削除する 1 つのデータ ラベルだけを選択してから、Delete キーを押します。 データ ラベルを右クリックし、[ 削除] をクリックします。 グラフ上で、次のいずれかの操作を行います。 すべてのデータ系列のすべてのデータ要素にデータ ラベルを追加するには、グラフ領域をクリックします。 1 つのデータ系列のすべてのデータ ポイントにデータ ラベルを追加するには、ラベルを追加するデータ系列を 1 回クリックして選択します。 1 つのデータ系列の 1 つのデータ ポイントにデータ ラベルを追加するには、ラベルを追加するデータ ポイントのあるデータ系列をクリックしてから、データ ポイントをもう一度クリックします。 [ グラフ ツール] が表示され、[ デザイン]、[ レイアウト]、[ 書式] の各タブが追加されます。 [ レイアウト] タブの [ ラベル] で [ データ ラベル] をクリックし、必要な表示オプションをクリックします。 使用しているグラフの種類によって、利用できるデータ ラベル オプションは異なります。 グラフ上で、次のいずれかの操作を行います。 系列のすべてのデータ ポイントに対して追加のラベル エントリを表示するには、データ ラベルを 1 回クリックして、データ系列のすべてのデータ ラベルを選択します。 1 つのデータ ポイントに対して追加のラベル エントリを表示するには、変更するデータ ポイント内のデータ ラベルをクリックし、データ ラベルをもう一度クリックします。 [ グラフ ツール] が表示され、[ デザイン]、[ レイアウト]、[ 書式] の各タブが追加されます。 [ 書式] タブの [ 現在の選択範囲] グループの [ 選択対象の書式設定] をクリックします。 グラフ上の選択した 1 つまたは複数のラベルを右クリックし、[ データ ラベルの書式設定] をクリックします。 [ ラベル オプション] が選択されていない場合はクリックし、[ ラベルの内容] で、追加するラベル エントリのチェック ボックスをオンにします。 選択できるラベル オプションは、グラフの種類によって異なります。 たとえば、円グラフでは、データ ラベルにパーセンテージと引き出し線を含めることができます。 データ ラベル エントリ間の区切り文字を変更するには、[ 区切り] ボックスで、使用する区切り文字を選択するか、またはユーザー設定の区切り文字を入力します。 追加のテキストを読みやすく表示するためにラベルの位置を調整するには、[ ラベルの位置] で、目的のオプションを選択します。 ユーザー設定のラベル テキストを入力したが、ワークシートの値にリンクされているデータ ラベル エントリをもう一度表示する場合は、[ ラベル テキストのリセット] をクリックします。 グラフで、変更するデータ ポイント内のデータ ラベルをクリックし、データ ラベルをもう一度クリックして、そのラベルだけを選択します。 データ ラベル ボックスの内側をクリックして、編集モードを開始します。 次のいずれかの操作を行います。 新しいテキストを入力するには、変更するテキストをドラッグして選択し、目的のテキストを入力します。 データ ラベルをワークシート上のテキストまたは値にリンクするには、変更するテキストをドラッグして選択し、次の手順を実行します。 グラフに表示するデータまたは文字列が入力されたワークシートのセルを選びます。 を記述します。 F2」と入力します。 Enter キーを押します。 ヒント: パーセンテージの入力は、値がわかっている場合には手動で行い、また、ワークシート上のパーセンテージにリンクすることもできます。 1 を計算してから、 0. パーセンテージを計算する方法の詳細については、「」を参照してください。 データ ラベル ボックスのサイズは、テキストのサイズに合わせて調整されます。 データ ラベル ボックスのサイズは変更できず、テキストが最大サイズ内に収まらない場合は切り捨てられることがあります。 より多くのテキストを表示するには、代わりにテキスト ボックスを使用できます。 詳細については、「」を参照してください。 1 つのデータ ラベルの位置を変更するには、そのラベルをドラッグします。 データ マーカーを基準にして標準の位置にデータ ラベルを配置することもできます。 グラフの種類に応じて、さまざまな配置オプションから選択できます。 グラフ上で、次のいずれかの操作を行います。 データ系列全体のすべてのデータ ラベルの位置を変更するには、データ ラベルを 1 回クリックして、データ系列を選択します。 特定のデータ ラベルの位置を変更するには、そのデータ ラベルを 2 回クリックして選択します。 [ グラフ ツール] が表示され、[ デザイン]、[ レイアウト]、[ 書式] の各タブが追加されます。 [ レイアウト] タブの [ ラベル] で [ データ ラベル] をクリックし、目的のオプションをクリックします。 その他のデータ ラベル オプションについては、[ その他のデータ ラベル オプション] をクリックし、[ ラベル オプション] が選択されていない場合はクリックして、目的のオプションを選択します。 データ ラベルによって、データ系列またはその個々のデータ ポイントに関する詳細情報が表示されるので、グラフが理解しやすくなります。 グラフ上で強調したい内容に応じて、1 系列、全系列 グラフ全体 、または 1 つのデータ ポイントにラベルを追加できます。 データ ラベルを追加する データ ラベルを追加して Excel シートのデータ要素値をグラフに表示することができます。 この手順は、Word for Mac のみに適用されます。 [ 表示] メニューの [ 印刷レイアウト] をクリックします。 グラフをクリックし、[ グラフ デザイン] タブをクリックします。 [ グラフ要素の追加] をクリックし、[ データラベル] を選択して、[データラベル] オプションの場所を選択します。 注: データ ラベル内のテキストが読みづらい場合は、ラベルをクリックし、任意のサイズになるまでドラッグすることで、データ ラベルのサイズを変更できます。 データラベルの外観を変更するには、[ その他のデータラベルオプション] をクリックします。 データラベルの外観を変更する• データラベルを右クリックし、[ データラベルの書式設定] を選択します。 [ ラベルオプション] をクリックし、[ ラベルの内容] で必要なオプションを選びます。 データ ラベルに表示されるテキストを変更する• 変更するテキストが含まれているデータ ラベルをクリックし、もう一度クリックして、データ ラベルのみを選びます。 既存のテキストを選んで、置き換え後のテキストを入力します。 データ ラベルの外側の場所をクリックします。

次の

エクセル グラフにデータを追加する

エクセル グラフ 凡例 追加

Excel for Microsoft 365 Word for Microsoft 365 Outlook for Microsoft 365 PowerPoint for Microsoft 365 Excel for Microsoft 365 for Mac Word for Microsoft 365 for Mac PowerPoint for Microsoft 365 for Mac Excel 2019 Word 2019 Outlook 2019 PowerPoint 2019 Excel 2016 Excel 2019 for Mac PowerPoint 2019 for Mac Word 2019 for Mac Word 2016 Outlook 2016 PowerPoint 2016 Excel 2013 Word 2013 Outlook 2013 PowerPoint 2013 Excel 2010 Word 2010 Outlook 2010 PowerPoint 2010 Excel 2007 Excel 2016 for Mac PowerPoint 2016 for Mac Word 2016 for Mac Excel Starter 2010 Word Starter 2010 グラフのデータ系列をすばやく識別できるようにするために、グラフのデータ ポイントにはデータ ラベルを追加できます。 既定では、データ ラベルとワークシートの値との間にリンクが設定され、ワークシートの値を変更すると、データ ラベルも自動的に更新されます。 注: 次の手順は、Office 2013 およびそれ以降のバージョンに適用されます。 をお探しですか? グラフにデータ ラベルを追加する• データ系列またはグラフをクリックします。 1 つのデータ ポイントにラベルを付けるには、系列をクリックした後、そのデータ ポイントをクリックします。 右上隅のグラフの横にある [ グラフ要素を追加] 、[ データ ラベル] をクリックします。 場所を変更するには、矢印をクリックし、オプションを選びます。 テキストのバブル形状の中にデータ ラベルを表示するには、[ データ吹き出し] をクリックします。 データ ラベルを読みやすくするために、それらをデータ ポイントの内部、またはグラフの外部に移動せきます。 データ ラベルを移動するには、目的の場所にドラッグします。 ラベルのせいでグラフが雑然として見えるように思われる場合は、データ ラベルをクリックして Del キーを押すと、任意またはすべてのデータ ラベルを削除できます。 ヒント: データ ラベル内のテキストが読みづらい場合は、ラベルをクリックし、読みやすいサイズになるまでドラッグしてデータ ラベルのサイズを変更できます。 データ ラベルの外観を変更する• より多くのデータを表示させるデータ系列またはデータ ラベルを右クリックし、[ データ ラベルの書式設定] をクリックします。 [ ラベル オプション] をクリックし、[ ラベルの内容] から目的のオプションを選びます。 セルの値をデータラベルとして使用する グラフのデータラベルとしてセルの値を使うことができます。 より多くのデータを表示させるデータ系列またはデータ ラベルを右クリックし、[ データ ラベルの書式設定] をクリックします。 [ ラベルオプション] をクリックし、[ ラベルの内容] の [ セルからの値] チェックボックスをオンにします。 [ データラベルの範囲] ダイアログボックスが表示されたら、スプレッドシートに戻り、セルの値をデータラベルとして表示する範囲を選びます。 この操作を行うと、[ データラベルの範囲] ダイアログボックスに、選択した範囲が表示されます。 次に [ OK] をクリックします。 これで、セルの値がグラフのデータラベルとして表示されるようになります。 データ ラベルに表示されるテキストを変更する• 変更するテキストが含まれているデータ ラベルをクリックし、もう一度クリックして、データ ラベルのみを選びます。 既存のテキストを選んで、置き換え後のテキストを入力します。 データ ラベルの外側の場所をクリックします。 ヒント: グラフにコメントを追加する場合や、設定されているデータ ラベルが 1 つのみの場合は、テキスト ボックスを使うことができます。 グラフからデータ ラベルを削除する• データ ラベルを削除するグラフをクリックします。 [ グラフ ツール] が表示され、[ デザイン] および [ 書式] の各タブが示されます。 次のいずれかの操作を行います。 [ デザイン] タブの [ グラフのレイアウト] グループで、[ グラフ要素を追加] をクリックし、[ データ ラベル] を選んでから [ なし] をクリックします。 データ ラベルを 1 回クリックして、データ系列内のすべてのデータ ラベルを選択するか、またはデータ ラベルを 2 回クリックして、削除する 1 つのデータ ラベルだけを選択してから、Delete キーを押します。 データ ラベルを右クリックし、[ 削除] をクリックします。 グラフ上で、次のいずれかの操作を行います。 すべてのデータ系列のすべてのデータ要素にデータ ラベルを追加するには、グラフ領域をクリックします。 1 つのデータ系列のすべてのデータ ポイントにデータ ラベルを追加するには、ラベルを追加するデータ系列を 1 回クリックして選択します。 1 つのデータ系列の 1 つのデータ ポイントにデータ ラベルを追加するには、ラベルを追加するデータ ポイントのあるデータ系列をクリックしてから、データ ポイントをもう一度クリックします。 [ グラフ ツール] が表示され、[ デザイン]、[ レイアウト]、[ 書式] の各タブが追加されます。 [ レイアウト] タブの [ ラベル] で [ データ ラベル] をクリックし、必要な表示オプションをクリックします。 使用しているグラフの種類によって、利用できるデータ ラベル オプションは異なります。 グラフ上で、次のいずれかの操作を行います。 系列のすべてのデータ ポイントに対して追加のラベル エントリを表示するには、データ ラベルを 1 回クリックして、データ系列のすべてのデータ ラベルを選択します。 1 つのデータ ポイントに対して追加のラベル エントリを表示するには、変更するデータ ポイント内のデータ ラベルをクリックし、データ ラベルをもう一度クリックします。 [ グラフ ツール] が表示され、[ デザイン]、[ レイアウト]、[ 書式] の各タブが追加されます。 [ 書式] タブの [ 現在の選択範囲] グループの [ 選択対象の書式設定] をクリックします。 グラフ上の選択した 1 つまたは複数のラベルを右クリックし、[ データ ラベルの書式設定] をクリックします。 [ ラベル オプション] が選択されていない場合はクリックし、[ ラベルの内容] で、追加するラベル エントリのチェック ボックスをオンにします。 選択できるラベル オプションは、グラフの種類によって異なります。 たとえば、円グラフでは、データ ラベルにパーセンテージと引き出し線を含めることができます。 データ ラベル エントリ間の区切り文字を変更するには、[ 区切り] ボックスで、使用する区切り文字を選択するか、またはユーザー設定の区切り文字を入力します。 追加のテキストを読みやすく表示するためにラベルの位置を調整するには、[ ラベルの位置] で、目的のオプションを選択します。 ユーザー設定のラベル テキストを入力したが、ワークシートの値にリンクされているデータ ラベル エントリをもう一度表示する場合は、[ ラベル テキストのリセット] をクリックします。 グラフで、変更するデータ ポイント内のデータ ラベルをクリックし、データ ラベルをもう一度クリックして、そのラベルだけを選択します。 データ ラベル ボックスの内側をクリックして、編集モードを開始します。 次のいずれかの操作を行います。 新しいテキストを入力するには、変更するテキストをドラッグして選択し、目的のテキストを入力します。 データ ラベルをワークシート上のテキストまたは値にリンクするには、変更するテキストをドラッグして選択し、次の手順を実行します。 グラフに表示するデータまたは文字列が入力されたワークシートのセルを選びます。 を記述します。 F2」と入力します。 Enter キーを押します。 ヒント: パーセンテージの入力は、値がわかっている場合には手動で行い、また、ワークシート上のパーセンテージにリンクすることもできます。 1 を計算してから、 0. パーセンテージを計算する方法の詳細については、「」を参照してください。 データ ラベル ボックスのサイズは、テキストのサイズに合わせて調整されます。 データ ラベル ボックスのサイズは変更できず、テキストが最大サイズ内に収まらない場合は切り捨てられることがあります。 より多くのテキストを表示するには、代わりにテキスト ボックスを使用できます。 詳細については、「」を参照してください。 1 つのデータ ラベルの位置を変更するには、そのラベルをドラッグします。 データ マーカーを基準にして標準の位置にデータ ラベルを配置することもできます。 グラフの種類に応じて、さまざまな配置オプションから選択できます。 グラフ上で、次のいずれかの操作を行います。 データ系列全体のすべてのデータ ラベルの位置を変更するには、データ ラベルを 1 回クリックして、データ系列を選択します。 特定のデータ ラベルの位置を変更するには、そのデータ ラベルを 2 回クリックして選択します。 [ グラフ ツール] が表示され、[ デザイン]、[ レイアウト]、[ 書式] の各タブが追加されます。 [ レイアウト] タブの [ ラベル] で [ データ ラベル] をクリックし、目的のオプションをクリックします。 その他のデータ ラベル オプションについては、[ その他のデータ ラベル オプション] をクリックし、[ ラベル オプション] が選択されていない場合はクリックして、目的のオプションを選択します。 データ ラベルによって、データ系列またはその個々のデータ ポイントに関する詳細情報が表示されるので、グラフが理解しやすくなります。 グラフ上で強調したい内容に応じて、1 系列、全系列 グラフ全体 、または 1 つのデータ ポイントにラベルを追加できます。 データ ラベルを追加する データ ラベルを追加して Excel シートのデータ要素値をグラフに表示することができます。 この手順は、Word for Mac のみに適用されます。 [ 表示] メニューの [ 印刷レイアウト] をクリックします。 グラフをクリックし、[ グラフ デザイン] タブをクリックします。 [ グラフ要素の追加] をクリックし、[ データラベル] を選択して、[データラベル] オプションの場所を選択します。 注: データ ラベル内のテキストが読みづらい場合は、ラベルをクリックし、任意のサイズになるまでドラッグすることで、データ ラベルのサイズを変更できます。 データラベルの外観を変更するには、[ その他のデータラベルオプション] をクリックします。 データラベルの外観を変更する• データラベルを右クリックし、[ データラベルの書式設定] を選択します。 [ ラベルオプション] をクリックし、[ ラベルの内容] で必要なオプションを選びます。 データ ラベルに表示されるテキストを変更する• 変更するテキストが含まれているデータ ラベルをクリックし、もう一度クリックして、データ ラベルのみを選びます。 既存のテキストを選んで、置き換え後のテキストを入力します。 データ ラベルの外側の場所をクリックします。

次の