双子ごうくんとふわちゃん。 うちなあぐち日記

うちなあぐち日記

双子ごうくんとふわちゃん

Published on Jul 20, 2019• 二卵性男女双子赤ちゃん生後255日 今日は初めてのしゃぼん玉!2人の反応が思ったのとちゃう。。。 参考にしてもらえると嬉しいです。 【ごうくん&ふわちゃんのROOM】 room. rakuten. html 巨大シャボン玉の中に入ってみた! ru-clip. html 画期的に面白い?ロケット+しゃぼん玉!!飛ばしたらどうなる??himawari-CH ru-clip. html 濡れたタオルを回して凍るのか!? シャボン玉は凍るのか? 6【長野旅行】47都道府県の旅 ru-clip. まだ、少し早かったかな?歩ける様になって自分で出来る様になったらもう一度チャレンジしてみてね。 きっと楽しいよ。 その日を楽しみに待ってます。 シャボン玉と一緒に感情飛んで行ったのかな?たらいのふわちゃん足癖か?お転婆さんになるのか?ごうくんに「お兄ちゃんしっかりしなさい!! 」って言ってる様に見えたの私だけ?ひぃばあちゃんあやすの上手い。 流石子育ての大先輩!! パパさんママさんもボチボチ頑張って下さいね。 次回も楽しみに待ってます。 また一杯笑わせてね。 長文すみません。

次の

現在妊娠11週の初マタです。双子妊娠中でつわりにの酷さに波がありつつやっと最近食欲が少しず…

双子ごうくんとふわちゃん

うちなあぐち日記(にっち) くぬ日記や、2010年1月1日から、ブログんかい移やびいん。 どうでぃん、ゆたしく、う願えさびら。 容量ぬ心配(しわ)んさんようい、思(うみ)い切(ち)ち、語彙・語句ぬ説明ん、多くないびいくとぅ、読(ゆ)まがなあ、うちなあぐちぬ勉強(びんちょう)ん、ないびいん。 (この日記は、2010年1月から、ブログ)に移行します。 無料ブログのため、容量を気にせず(何たる貧乏根性)、語彙・語句の説明を徹底することができます。 読者の皆さんのうちなあぐちの勉強に、より以上役立てるよう工夫させていだきました。 これからもよろしくお願いいたします。 実(じゅん)に英語ぬ筆記体や蚯蚓(みみじ)ぬ這(ほ)うてぃ後(あとぅ)ぬ形ぬ如(ぐとぅ)どぅあいびいる。 やいびいしが、英語圏ぬ人ぬんちょおん、文字ぬ分からん人にとぅてえ、英語文字ん「みみじゃあ字」なてぃ見いゆる事ぬ分かてぃ、何がやら、いそうささびたん。 アミリカんかいジル・ボルト・テイラーんでぃぬ名(なあ)ぬ脳科学者ぬ居(をぅ)みせえん。 うぬ人(ちゅ)お、三七歳ぬばす、脳卒中(原因や脳血管奇形)なかい倒(とお)りたる為(たみ)なかい左脳がむるけえ壊(くう)りてぃ、言語能力んいっそうから失たるばすやいびいしが、四五歳ぐる迄(までぃ)なかいや、てえげえや奇跡的(きしちてぃち)に回復(くぁいふく)さるむんやいびいん。 ジルや、自(どぅう)が倒りたる直(ちゃあき)から回復すぬ迄ぬ事にちいてぃ、 『奇跡の脳』(ジル・ボルト・ターナー著、竹内薫訳、新潮社)でぃぬ本ぬんかい書表わちょおみせいびいん。 倒りてぃ後(あとぅ)、自ぬあんまあなかい、あぎまあさってぃ、彼女(あんまあ)とぅまじゅん、また字習い始みたるむんやいびいしが、倒りてぃ手術し後、初みてぃ見ちゃる字にちいてぃ、ジルや 「ミミズがのたくったような記号〜」「曲がりくねった『染み』」んでぃち表現そおいびいん。 あんし、ジルや強いてまでぃ、字習あさんでぃすぬあんまあや、けえ違てえ居らんがやあんでぃ思たんでぃぬ事やいびいん( 原著訳文では「《曲がりくねった染みに意味と音があることを教えようとした母に対して》私は、母が正気を失ったのではないかと思いました」)。 英語圏ぬ人ん、「初みてぃ」見じゅる字や「みみじゃあ字」なてぃ見いゆるばあやいびいさ。 序でやいびいしが、ジルや医者とぅか医療関係者から、「脳卒中なかい倒りいてぃ、半年しん治らんでえ、生ちみとぅとぅうみ治らん」でぃち、耳ぬ崩りるか聞かさったんでぃぬ事。 やしが、何年経っちん、本人とぅ周いぬ人ぬ努力次第なかい、脳や必じ元んかい戻ゆる事信じりんでぃち、書ちみせいびいん。 上等本やいびいさ。 みみじゃあ字=蚯蚓(みみじ)ぬ這うてぃ後ぬ形ねえぬ字。 みみじ=蚯蚓。 うちなあぐちせえ、精神的(しいしんてぃち)にくたんでぃとおる事(くとぅ)ぬ意味合(いみええ)やいびいしが、古語辞典見(に)いねえ、「悪い方向に(ものごとが)進み、不快に思う気持ち」でぃちあいびいん。 うりかあやうちなあぐちとぅ似ちょおるとぅくるんあいびいん。 「うたた」ん同(い)ぬ語なとおる風儀()ふうじ。 うれえ済(し)まびいしが、くぬ前(めえ)ぬ12月3日、NHK見(ん)ちょおたれえ、千葉県(ちばきん)とぅか秋田県(あちたきん)じん「うだでー」、「うたてー」ねえ、今(なま)ん使(ちか)あらっとおんでぃぬ事やいびいたん。 日本ぬ地方ぬ言葉んでえぬ有様考えいねえ、標準語がる本当ぬ日本語とぅあい変わとおる人造語やる事ぬわかやびいさ。 古語 「一人、憂かりし島の島守になりにけりこそ、うたてしけれ」 うちなあぐち訳「どぅうちゅい小、しからあさる島小ぬ島守(役人)んかいないる事がる、うたゆる」。 またなあ一(てぃ)いちえ、くさむにいさびら。 うちなあぐちんかい「うったてぃ」(副詞)んでぃぬ語んあいびいしが、実(じち)え、くりん、古語うとおてえ「うたて」とぅ大概(てえげえ)似ちょおるとぅくるぬあいびいん。 「うたて」んかいや、「ますますひどく」、「いやにいとわしく」とぅかぬ意味ぬあいびいしが、うちなあぐちぬ「うったてぃ」え、「わざとぅ、嫌なしい様する事」ぬ意味合やいびいくとぅ、大概小や似ちょおるとぅくるぬあいびいん。 『実践うちなあぐち教本』ぬんかい、面白さる言葉集みてえるコーナーんかいん「おじさんギャグ」風儀載してえいびいん。 「歌ゆ歌てぃ、うったてぃうたてぃ」(歌を歌って、わざと疲れて)。 実に、うたゆっさあ。 やしが、普天間基地問題やか、うたゆるむぬんあいびいみ。 ノストラダムスぬ予言とぅか、かわてぃ人間(にんじん)てぃらむんや、終末予言が、好(し)ちやる風儀(ふうじ)。 うりんかいかがなゆる書籍(しむち)ん、ちゃっさきいなあ書かってぃ、映画迄ん作らっとおいびいん。 仏教んかいん末法思想んでぃゆしぬあいびいしが、「くぬ世ぬ終わい」んでぃゆる終末論とお、違やびいん。 仏(ふとぅち)ぬ習あちゃる事ぬ分からんないる時(とぅち)ぬ事どぅ言ちょおんでぃぬ話んあいびいしが、我ねえ、仏教徒んあらな、勉強(びんちょう)んせえ居いびらんくとぅ、むさっとぅ、分かやびらん。 やしが、終末映画てぃらむんや楽しみやいびいさ。 マヤ文明(まやあさあ文明)なかい、迷(まや)あさってぃ、うむしるむんやいびいさ。 あんちゃ!うちなあやユタ文明やいびいしが、終末思想や、ちゃぬふうじいがなとおいびいらあ。 うちなあんかいや「来(ち)ゅうん来ゅうん来(く)うぬう」でぃぬ性分持(しょうぶんむ)ちぬ人種ぬまんどおいぎさいびいん。 くぬ性分や、良いむん悪(や)なむんやいびいん。 友(どぅし)んちゃあぬ参会(さんくぇえ)、親戚(ゑえか)・腹氏(はろうじ)ぬ揃(すり)い、同窓会んでえんかい、呼ばりいねえ、必(かんな)じ、「来ゅうさ、来ゅうさ」し、応(いれ)えゆしが、むさっとぅ、来うん人(ちゅ)ぬ居いびいん。 うんな人ぬ事やいびいん。 始(はじみ)から、「行ち欲しゃあねえらん」とぅか、誘(さす)いんでえ、断(くとぅわ)いねえ、「何(ぬ)が何が」んでぃち、あびらってぃ、かしまさいびいくとぅ、「おお、来ゅうさ」とぅか「うう、来ゃあびいさ」とぅか、行ちゅん振うなあさびいるばあ。 あんしいねえ、誘(そう)やあん、「あんせえ、必じ来うよお」んでぃち、うり以上や何ん言ゃびらんしえやあ。 直ぐに「来ゅうさ」んでぃち、応えゆる人お、てえげえや、来ゃあびらん。 くり法則やいぎさん。 ありくり、いちゃいはんちゃいし(問答)しから、「あんせえ、来ゅうさ」んでぃ言る人ぬばあや、てえでえや来ゃあびいん。 いりかまあん問答さん為ぬ知恵(じんぶん)がやら、かわてぃ、うちなあんちゅんかい、まんどおねえそおいびいしが、ちゃあでえびるが。 言い訳(わき)んでぃせえ、事ぬ始まいる前や、反論さりいねえ、じゃあふぇえやしが、事が終わてぃ後お、反論さってぃん、「後の祭り」けえなてぃ、でえじな、しい易っさいびいせえやあ。 いふうな生活ぬ知恵やいびいさ。 一番ぬ厄介(やっけえ)な問題や、我にん、例外あらん事やいびいん。 くぬ前(めえ)、ヤマトゥからめんそうちゃるゑえかとぅ話そおたるばすどぅやいびいる。 「比嘉サン、寝ルノモ、若イ力ガ必要ダヨ。 若イトキハ、良ク眠レルケド、年取ッタラ、アンマシ眠レナイサネ」 やいびいさ、んちゃ。 あんやら筈(はじ)、普通ぬ人(ちゅ)やれえ。 寝んじゅしえ、ただ、力ん入りらんようい、横(ゆく)なやい、寝んたるびけんどぅやるむんぬ、力(てえ)ぬ入要やんでえ、思みやびらんたん。 やしが、くりえ、実にぬ話やる筈やいびいん。 色(いる)んな話、聞(ち)ちいねえ、人お、寝(に)んとおる間(いぇえだ)なかいどぅ、脳から内臓(ねえぞう)ぬあるっさまでぃ、リフレッシュしみらりいんでぃぬ事(くとぅ)。 ある学説にゆいねえ、内臓ぬかあじ、リフレッシュすぬ時間ぬ割い当てぃらっとんでぃぬ事。 あんすくとぅる、寝んじ浅さぬ人ん、寝んじ弱(よう)さる人ん、次第(しでえ)に、からたぬあまくまぬ弱てぃ、病(やんめえ)ん罹いやっさなてぃ来(ち)ゃあびいがやあ。 あんし、我ねえ、自一人(どぅうちゅい)考えさびたん。 睡眠力付(ち)きゆる為(たみ)ねえ、うたらんあたいぬ運動や毎日(めえなち)すしえましやいびいさ。 また毎日が毎日、湯風呂(ゆふる)ん入っち、皮膚(かあ)ん、あたらさし、清潔にさんでえないびらん。 やしが、我ねえ、六十(るくじゅう)余てぃん、朝寝んじ、昼寝んじ、夕さんでぃ寝んじ、夜寝んじんでぃち、日に四(ゆ)けんや鼻ひち、寝んとおしが、支(ちけ)ん無えやびらんがやあ。 当たい前、支えぬあぬ筈。 本寝(夜寝)ぬ浅さくなてえ居らんがやあんでぃち、心配(しわ)やいびいさ。 人(ちゅ)が、鼻ひちゃい、さっくいさい、しいねえ、ウィイルスが飛ばさってぃ、あんし、他所人(ゆすんちゅ)ぬ口、鼻んかい入っち来ゅう事んでぃぬ事やいびいん。 やしが、知っちょおりいぬ医療従事者ぬ話ぬゆいねえ、目(みい)ん、口鼻とぅ同ぬむん、粘膜ぬ「むき出し」なとおくとぅ、目までぃ、覆(う)すらんあれえ、「頭隠して尻隠さず」風儀(ふうじい)なてぃ、ちゃっさ、マスクしん、役ん立たんでぃぬ話。 あんし、うぬ医療従事者ぬ病院うとおてえ、医者ん看護士ん、患者と話すぬばすお、てえげえゴーグルまでえ付きとおんでぃぬ事やいびいん。 「耳無し芳一」んでぃぬ幽霊話ぬあいびいん。 和尚が芳一んかい、平家ぬ亡霊なかい、殺さらんねえし、胴いっぺえ、般若心経写経さるむんやしが、耳びけんや、写経すし忘りたんでぃぬ事。 あんされえ、うぬ夜、亡霊ぬ出じてぃ来ゃあま、芳一ぬ耳、切(ち)い落とぅちゃんでぃぬ事。 あんせえなあ、ゴーグルまで付きらんでえ、耳無し芳一とお同ぬむん、耳えあらん目から感染どぅんしみらりねえ、じゃあふぇえやいびいっさあ。 やしが、ふぃるましむんやいびいさ。 車ぬ中んじん、どぅう一人どぅ居るむんぬ、マスクそおる人んまんどおいびいしが、ありえ、何んでぃ言れえ済まびいがやあ。 1944年ぬ今日、米軍や沖縄空爆さん。 過去ぬうゎあちち、調びやい、一年通ち、一番晴りいる確率ぬ高さしえ、10月10日やんでぃぬ事。 やてぃ、米軍やうぬ日はじみてぃ空襲さるばすやん。 1964年ぬ東京オリンピックぬ開会式ぬ日ん10月10日やたん。 空あ、まあまでぃん晴り渡てぃ、風え、しださたる覚いぬあん。 一昨日(うってぃい)までえ、昼間ぬ気温や30度あまい。 昨日からあくうてん小やしだくなとおしが、今日や25度まんぐる。 気温があったに、5度びけえ、低くないねえ、なあ寒く、けえなとおんねえどぅそおる。 あんし、空あ曇てぃ、青空あ、まあにん見いらん。 夕びまでえ、クーラー点きてぃる寝んたしが、明き方あ、どぅく寒さぬ消ゃあちゃん。 今日や朝から、なあ、扇風機みんぐぁさんてぃん済むん。 うぬしだ風え、ミイニシ(新西風)がやら。 オバマ大統領がノーベル平和賞得いゆる事んかいなたんでぃぬ事。 あんしいねえ、今からあ、米軍やなあ沖縄みみじん、弱ばあみみじんならん筈やあ。 平和主義やれえ、沖縄んかい基地置ちゅる理屈え通らんないせえ。 早く、撤去し取らし!。 とおひゃあ、かりゆしかりゆし!。 沖縄みみじ=沖縄いじめ。 弱ばあみみじ=弱いものいじめ。 うぬ人ぬむぬぬ考え様や、 県民ぬ意見やか、中央政府ぬ意見どぅ聞ち欲しゃそおみせる。 自民党政権時代ぬ考えからぬ事大主義者どぅやみせえる。 自民党やか、 ゆくちじ。 やしが、前原沖縄担当相(兼国土交通相)がくぬ前、来沖さるばす、やっとぅかっとぅ、「県外移設や理想やしが、普天間基地え、早くなあ移設さんとおならんむんやくとぅ、現実的ねえ、県内移設やてぃん済むのおあらに」んでぃち、みそおちゃん。 1996年ぬ日米首脳会談んじ、全面返還すんでぃち、合意さっとおいびいたしが、県内移設が条件とぅなとおたる為なかい、今ちきてぃ、前あがちんなてえ居いびらん。 あんし、町ぬ中じぬんかい、飛行場基地ぬあんでぃせえ、考えららんむんやくとぅ、「早くなあ、退(どぅ)きなり」んでぃしん、当たい前ぬ御粥前(うけえめえ)。 やしが、県内んかい新に米軍基地造ゆんでぃせえ、じょういあてえならん事やいびいさ。 子孫(くぁんまが)んちゃあぬ為ねえ、なあひん、日米んかい強う強うとぅ言しえましえあいびらんがやあ。 「慌てる乞食は貰いが少ない」でぃぬ黄金言葉ぬあいびいせえ。 何(ぬ)が何(ぬう)んでぃち、「シルバー」やがんでぃ言いねえ、ゴールデンウィークぬ次なかい休日ぬ多(うふ)く続(ちじ)ちょおくとぅやんでぃ言しがるうぬ理由(わき)やる風儀(ふうじ)やいびいん。 やしが、つぎにぬシルバーウィークお、2015年やんでぃぬ事(くとぅ)。 あんやるむんやいれえ、数年(すうにん)、十数年にちゅけんぬ「ウィーク」やれえ、ゴールデンウィークとぅ比較(ふぃっちょう)さんてぃん、済(し)むええさびらに。 毎年(めえにん)あるむんやれえ、シルバーウィークんでぃちん、良(ゆ)たさいびいしが、あねえあいびらんむん。 数年、十数年にちゅけんぬ、まるけえてぃぬ連休やれえ、却(けえ)てえ、 ミラクルウィークんでぃち、名付(なあじ)きすしえ、ましえあびらんがやあ。 あらんよう、何が何やらわん、済むしえしまびいしがよう…。 P・P・Mや歌びけんやあらん、政治的意見(しいじてぃちいちん)ぬん持っち、ベトナム反戦(はんしん)ぬ活動(くぁつどう)んそおいびいたん。 学生時分(ぐぁくしいじぶん)やうったあ歌、良(ゆ)う聴(ち)ち、肝(ちむ)うらあきらったる覚(うび)いぬあん。 アミリカんかいん、うん如うし、国ぬ政策んかい反対すぬ人んちゃあん居(をぅ)い、国民(くくみん)ぬ価値観が多様やる事(くと)お、平和うみがなさそおる世界中ぬ人んちゃあにとぅてぃ、肝加勢(がしい)んてぃ、でえじな良(い)い事どぅやいびいる。 ピーターんポールんちゅら声(ぐぃい)やしが、マリーや肝ぬ思(うみ)いがやら、かわてぃ、天使(てぃんし)ぬ歌声ぬ如(ぐとぅ)どぅあいびいたる。 また、同(い)ぬ反戦フォーク歌手ぬジョーン・バイエス(日本じえ「バエズ」)ん同ぬ時代(じでえ)ぬ人(ちゅ)。 うぬ人ぬ父(すう)や核爆弾ゆくふぁ撥(ば)にさる反戦科学者なやい、バイエスくるん、納税すぬばあや、必じ、軍事費ぬ割合(わいええ)や収(うさ)みらんたんでぃぬ事やいびいん。 うんな強うばあぬ居んばあやいびいさ。 マリーぬめえ、天国んじ、ゆうゆうとぅしんそおり。 また、今(なま)あ、パイナップルやいびいしが、童(わらび)ぬばすお、アダン(アダニ)ぬ実(ない)どぅやいびいたる。 果物お、貧乏(ふぃんすう)やたくとぅ、かざいゆうさんたん。 近頃(ちかぐる)お、スーパーとぅかデパートん商売(しょうべえ)上手(じょうじ)なやい、いるいるぬ御菓子(うくぁあし)から、花までぃまんどをいびいしが、何(ぬ)が何(ぬう)んでぃち、がんしな小、箒小ん売てぃとぅらんさがやあ。 やしが、いかな商売ぬ為(たみ)やらわん、なあ省略さっとをるむのお、いちいち復活さんてぃんしむのおあいびらんがやあ。 シチグァチ(旧七月ぬ盆)ないねえ我たあ仏壇(ぶちだん)や、諸(むる)、かざいむんいぶったあし、いばやあしいちぇえそをいびいん。 がんしな=頭(ちぶる)んかい物乗しゆるたみに頭んかい置ちゅる丸綱そうなむん。 いばやあしいちぇえ=「いいばいくぁあさいんでぃん言ん。 今までぃぬ政権や、基地移転問題ん、うちなあんちゅぬ立場(たちふぁ)んかいや立たな、アミリカぬ国益優先すぬ立場んかいる立っちょをいびいたる。 大学んかい米軍ヘリぬ墜落さるばすん、県警ぬ立ち入り調査んしみらん米軍んかい抗議んちょおんしいゆうさな、日本ぬ政府お、アミリカぬ組(ぐう)どぅやいびいたる。 普天間ぬヘリ基地ぬ移転問題ん、いっそから、アミリカぬ組なてぃ、じょうい、うちなあんちゅぬ組んかいやないびらんたん。 米兵犯罪にちいてぃん、地位協定(不平等条約)ん直しいゆうさな、むる運用改みいねえ済むのおあらんでぃちびけん、あびやああびやあさあい、後ぬうんじゅみ、何ん変わやびらん。 うん如し、今ぬ今迄、うちなあんじ、アミリカ軍ぬしい欲しゃ勝手しみてぃ、むさっとぅ、うちなあんちゅぬ言る事お、聞ち来ゃあびらんたん。 アミリカーが居くとぅる、中国ん、北朝鮮ぬん攻みてぃ来うんでぃ言ゃあま、何ん分からんあてぃなしぬ童しかすんねえし、みったい、うちなあんちゅ、うせえとをいびいたるばあ。 やいびいくとぅ、今度ぬ新政権がちゃぬ風儀し、沖縄諸問題片付きいがすらんでぃち、見ちょをるばすやいびいん。 やしが、自民党が負きたしえ、小泉潤一郎ぬ願えが4年越しいなかい、やっとぅかっとぅ、実現そをるばすどぅやいびいさ。 さたぬあるかあじ、小泉え4年前んじ「自民党ヲブッ潰ス」んでぃ言ちょをいびいたしえやあ。 初めえ、異風なあやいびいたしが、専門家ぬ話や、茶色やかや、青るうそうしがる選手ぬ集中力ぬうゎあすんでぃぬくとぅやいびいん。 やくとぅるボルトん100M競争うとおてぃ、記録更新なたるばすんでぃぬ事やいびいん。 あんし、言る如、青るう道ぬるましやれえ、車ぬ歩っちゅる道ん、諸いっそうから青るうんかい直しいねえ、運転手ん運転ぬんかい集中し、安全運転ないのおあらんがやあんでぃ思ゆるばすやいびいん。 近頃、わざわざ、茶色んかい染(す)みとをるアスファルトんあくとぅ、青るうんかい染みゆる事んないぬ筈やん。 あんどぅんやれえ、交通安全ぬ為、道路ぬあるっさ、諸、青るうんかい染みゆしえましえあらんがやあ。 やな暑さぬ涼くなえいねえましやしが…。 米君が日嬢、そおてぃ、北君ぬ経営そをる幽霊屋敷(ゆうりいやしち)んじ遊(あし)どをん。 幽霊屋敷うとおてえ、怖(うとぅ)るさしみゆる為(たみ)ねえ何(ぬう)やてぃんすん。 「核造とをん」んでぃ言ちゃい、ミサイル飛(とぅ)ばちゃい、また隣(tぅない)ぬ家(やあ)、「けえ燃(め)えすん」んでぃ言ちゃい。 だああんせえ、恐(うとぅ)るさしみゆしがる幽霊屋敷ぬ命やるむん。 マンネリさんねえし、ひっちい、次え何すがやあんでぃち考(かんげ)えらんとおならん。 う客(ちゃく)ぬ変わいるかあじ、品替(しなげ)えいんさんでえならん。 幽霊屋敷経営(けえええ)すしん難儀(なんじ)くんじなむんやさ。 誰(たあ)がん誰がんないぬむのおあらん。 日嬢や幽霊屋敷ぬ中(なあか)ぬ事(くと)お、実(じゅん)にぬ事やんでぃち思やあい、米君ぬ腕(けんな)んかいしがたるまま、離りならんでぃんさん。 米君や、とお、いいばすやさんでぃ思てぃ、彼女(うり)んかい「支(ちけ)え無(ね)えらん、我が傍(すば)んかい居(をぅ)くとぅ、心配(しわ)すな」んでぃち、ちゃああびいそをん。 なあ一人(ちゅい)ぬ思無蔵(うみんず)やる韓嬢や、米君ぬくさあんかい隠(くぁっき)てぃ歩っちょをしが、あらあら、「ただぬ幽霊屋敷どぅやしがる」んでぃ思やがなあん、米君ぬくしなありい進まんでえならん。 幽霊屋敷ぬしんくぁんちゃあや、米君なかい殴(す)ぐららんがやあんでぃち、不安(しわ)やせえやしが、米君やゐなぐんちゃあぬ傍んじえ、強(ちゅう)ばあ振うなあし、殴(す)ぐゆん振ううなあそをるうっぴどぅやるんでぃゆる事分かとをん。 何んでぃちん、幽霊屋敷え思無蔵んちゃとぅデート楽(たぬ)しむるとぅくま。 倒産しいねえ、したねえむんやしが、女(ゐなぐ)がどぅく恐るささあい、心臓麻痺んでえけえしいねえ、なあまた、一大事(いちでえじ)。 米君やなあ肝(ちむ)ひじょをん。 幽霊屋敷え、怖るさ思いぬ女とぅぬデートどぅくるとぅし、無えらんでえならん。 幽霊屋敷んでぃゆるむんぬ無えらんでえ、日嬢まん抱ちゃあ小する事お成らん。 考えてぃんじいねえ、ソ君ぬ経営そをたるまぎ幽霊屋敷え、放漫経営ゆいに倒産けえし、また中君や、なあ「お笑い系」んかい商売変えい、けえそをん。 「お笑い系」ん幽霊系んよういくうてん小どぅ変わゆしが、一番ぬはごうりいむんや、恐怖んでぃゆる妄想(むうすう)、利用さあい女ちゃあ、かきらんでぃぬすぬ輩やさ。 何んでぃちん、日嬢や何ん疑げえらんようい、「ちゃあ助(たし)きてぃ呉(くぃ)みそうち、にふぇえでえびる」でぃち、銭得いらちとぅらすん。 うぬあたい、嘉例(かりい)な女お居らん。 実に助きたる事お無えらん。 ただ、日嬢が自(どぅう)考えさあい、助きらっとをんでぃち妄想そをるうっぴどぅやる。 やしが、うぬ米君ぬんくびちりどぅしイ君ぬ居る中東んかいや、実にぬまじむんぬ居んでぃち信じとをいぎさん。 真夏ぬ夢物語(いみむぬがたい)がやら。 暑さが吹き飛べば良いが。 米君が日嬢を連れて北君が経営する幽霊屋敷で遊んでいる。 幽霊屋敷はいつもの商売に熱心だ。 「核を製造している」と言ったり、ミサイルを飛ばしたり、隣家を「火の海にしていやる」と言ったりだ。 何しろ、上手に恐怖を振りまくることが幽霊屋敷を維持するためには何でもやらなくちゃならない。 マンネリを防ぐために、いつも新たな手を考えなくてはならない。 客の顔ぶれが変わるたびに、手を変え品を変えなくちゃならない。 幽霊屋敷の経営を維持するのも一苦労だ。 この努力は並の人にはできない。 日嬢は幽霊屋敷で起きる出来事を本物と信じ込み、彼氏の米君の腕にしがみついたまま、離れようとしないでいる。 米君はそれを良いことに、彼女に「大丈夫、俺がついているから安心さ」と言い続ける。 もうひとりの彼女の韓嬢は、米君の後ろに隠れているが、うすうす「どうせ幽霊屋敷だもの」と思いながらも、米君の後ろから進まざるを得ない。 幽霊屋敷のスタッフはいつ米君に殴られるかと不安ではあるが、米君が彼女手前、殴る振りだけであることを知っている。 何と言っても、幽霊屋敷は彼女とのデートを楽しむ場所だ。 倒産しても困るが、彼女が恐怖のあまり心臓麻痺するのも良くない。 米君はもう得意だ。 幽霊屋敷は、怖がり屋の日嬢とのデートに欠せない。 幽霊屋敷というスポットがなければ、日嬢をものにできないのだ。 思えば、ソ君が経営した巨大な幽霊屋敷が放漫経営で倒産してしまい、中君はもう「お笑い系(スマイル系)」に商売変えをしてしまった。 お笑い系も幽霊系も紙一重だが、一番、性質が悪いのは、恐怖という妄想を利用して女どもを支配下に置く輩だ。 何と言っても、日嬢は何の疑問も抱かず、「いつも助けてくれてありがとう」と、貢いてくれる。 これおほどありがたい彼女はいない。 実際に助けた実績はない。 彼女が勝手に助けられていると妄想しているだけ。 だが、その米君も親友のイ君の住んでいる中東には、本物のお化けがいると信じているらしい。 真夏の夜の夢物語なのか。 片降りややしえやいびいしが。 黒雲(くるくむ)お、積乱雲やる風儀(ふうじ)。 遠さから見(に)いねえ、白綿(しるわた)ねえそをいびいしが、うりが下(しちゃ)あ、うう黒(ぐるう)やいびいん。 昼、雨ぬ降いねえ、畑仕事(はるしくち)え、ちゃあさびいがんでぃなあさい。 あっせ、うぬ暑さ。 まあふっくぁてぃらむん、家(やあ)んじ、憩(ゆく)とちみそおりわ。 太陽(てぃだ)ぬ落(う)てぃいがたあなてぃから、畑んかいやめんそおれえ。 2,3日前ん、あんやいびいたん。 やしが、昼ん、くうてんなあや、降てぃとぅらさんがやあんでぃ思やびいん。 どぅく暑(あち)さぬふしがりやびらん。 まあふっくぁんじ、てえげえ30分びけえ、わざしいねえ、目暗(みいくら)がんさびいさ。 去(ん)じゃる20日(はちか)、わったあハイツ祭ぬ櫓作い、手がねえしいが、行じゃるむんやいびい。 ちょうどぅ午前10時から11時まんぐるやいびいたん。 鉄(かに)パイプ組み立てぃたい、鋸(ぬくじり)さあいベニヤ切(ち)ちゃいそおたれえ、どぅく、暑さぬ、視界ぬ90%ぐれえが真っ暗なやい、目眩(みいめえ)すたくとぅ、木陰(きいかあぎ)んかい行じ、ゆくとをたれえ、涼風(しだかじ)小ぬ、いっぺえ、心地(しんち)ゆたさいびいたん。 やしが、体温や上がたるまま、ひずる水しシャワー浴みてぃん、熱え下がらな二日間や熱持ちょおいびいたん。 ひるましむん、変温動物が成とをらあんでぃ笑とをいびいたさ。 あんし、上着え、高温アイロンかきとをんねえし、でえじな、熱こうこうそをいびいたんよ。 うん如(ぐとぅ)うんでぃちんあいびいがやあ。 (夜雨節) 夜雨ぬ降る年やゆがふ年でむぬ(夜雨が降る年は豊作だ) 世ば直れ エイスリ 世ば直れ 昼ん降てぃたぼり。 首里城公園(しゅいぐしくくういん)までぃ行(ん)じゃあい、見(ん)じなあびたしが、ばんじやるばすお、涼(しだ)くなてぃ、ちゃあびたん。 太陽(てぃだ)ぬ周(まあ)いや360度(どぅ)ぬ虹(のうじ)ぬ出(ん)じてぃ、うぬ中(なあか)あ、いふぇえ、薄暗くなとをいびいたん。 いいくる薄雲(うすぐむ)ぬ流りやあ流りやあそをいびいたくとぅ、日食眼鏡(がんちょう)掛きらんてぃん、裸眼なかい見(み)いゆるばすん、幾(いく)けぬんあいびいたん。 日食グラスなかい見じいねえ、オレンジなてぃどぅ見いゆしが、薄雲通(とぅう)ち、見じいねえ、太陽ん白(しる)く見いやびいたくとぅ、日食眼鏡やかや、ましやびいたん。 くうてん小や暗くなとをんねえしん思(うま)ありいたしが、ようんなあようんなあどぅ暗くなてぃ来ょおくとぅ、目(みい)ぬけえ慣りやあい、なんずかあ暗くなてえねえらんねえし思ありやびらん。 やしが、寿命ぬあしえ、動植物びけんやあらな、あるっさぬ天体(てぃんてえ)、人工物(じんくうぶち)、組織(すしち)、社会(しゃけえ)、ゆうさんでえ国までぃん、寿命ぬあらはじんでぃ思(うま)ありやびいん。 栄枯盛衰とぅか盛者必衰でぃちぬくとぅばんあいびいん。 くぬ世(ゆう)ぬ中ぬあるっさぬむのお、長えさ、いんちゃさああてぃん、必(かんな)じ、くたんでぃてぃ、崩りゆるばすぬ来ゅうるばすやいびいん。 自民党政権や、なあ倒りがたあなやい、どぅまんぐぃとをる風儀(ふうじ)やいびいしが、うんなばすお、ちゅいううし、ううしさあい、自(どぅう)びけえや、良い人(ちゅ)ふうなあさんでぃすぬ人ぬ必じ出(ん)じてぃ、来ゅういぎさいびいん。 だあ!自民政権ぬ倒りがたあ成とをしえ、麻生総理ゆいどぅやるんでぃち、麻生びけえんかい、ううしとをしが、あねえあいびらんさに? 自民党が今までぃし来ゃる事ぬ悪っさるとぅくまぬ、あったに出じてぃ来ゃあい、国民がなあ、くったあやならんでぃち、支持さんなとをるうっぴどぅやいびいる。 自民党全体総体とぅしち、ボロぬ出じてぃ、ダメなとをるしいじどぅやいびいる。 うんな字面(じいじら)ん分かいみそうらな、肝苦(ちむぐる)しいむんやいびいさ。 やしが、誰がな、人一人(ちゅふい)んかい、ううしらんでえ、くったあや肝んひがん風儀。 うんじゅなあたあ、諸っさがる悪っさいびいんどおさい。 やしが、小沢一郎ん、いちゃいびいんてえ。 「アミリカんかい言いびちいやる事お、言やんでえならん」とぅか、「在日米軍や米第七艦隊びけんし良たさん」とぅか、言ちゃるうっぴなかい、アミリカなかい、目(みい)付(ち)きらってぃ、さってぃねえらんむん。 海ぬあがたぬ大国(うふぐに)え、日本(にふん)ぬ政治家ぬ100%ぬ発言からスキャンダルまでぃ諸(むる)調びたっくぁあさってぃ、監視さっとをんでぃぬ事(『日米同盟の正体』孫崎亨=元外務省官僚著)。 あまぬ言(ゆ)し聞(ち)かんあれえ、暴露さってぃ、聞ちゅる人お、知らん振うなあし、恩義(うんじ)かんしやびいるばあ。 「雉も鳴かずば打たれまいに」でぃちぬ日本語ぬ黄金言葉ぬあいびいしが、一郎ん、政権取(しいきんとぅ)てぃから、あびれえ済(し)むるむんぬ、政権取らん前(めえ)ぬ言くとぅ、さりいるばすやいびいさ。 田中角栄ん、自考(どぅうかんげ)えし、中国(ちゅうぐく)とぅ国交回復(くっこうわいふく)さあい、アミリカけえわじらち、キッシンジャーなかい、さったるばすやいびいしえやあ。 戦後ぬ日本やあったあ勝手どぅやいびいる。 鳩山代表ん、ゆうしんそおりよおさい。 でえじな、目付きらっとをいびいんどお。 やしがなあ、日本国民ぬん、ふりむのおあいびらんしえやあ。 日本(にふん)じえ、マイケル・ジャクソン。 テレビんじぬ、アミリカーたあぬインタビューんでえ聞(ち)ちいねえ、我耳(わあみみ)え、いふぇえ、違てぃが居(をぅ)うらあ、「マイコー」でぃちる聞(ち)ちかりやびいる。 なあ、二十何年前(にじゅうなんにんめえ)がやら、童(わらび)そうてぃ、東京(とうちょう)ディズニーランドんかい行じゃるむんやいびいしが、うぬばす、映画館うとおてぃ、マイコーぬスリラーんでぃぬ立体映画(りってええいぐぁ)そういびいたん。 立体映画んでぃちる言ちゃる、しぐ目(みい)ぬ前迄(めえまでぃ)、いちむし風儀ふうじい)ぬむんぬ、飛(とぅ)ばあ飛ばあさあい、来(ち)ゅうたくとぅ、でえじな、魂抜(たましいぬ)ぎやびたん。 やしが、童んちゃあや、でえじな、いそうさし、うむさあくぁったあそおいびいたんてえ。 マイコー、にふぇえでえびたん。 ゆうゆうとぅ眠(に)んじみそうり。 あんし、うぬ若二才小や、車ぬエンジンかきとをる風儀(ふうじ)やたるむんぬ、何(ぬう)ん音(うとぅ)ん、さびらんたくとぅ、新車てぃらむん、壊(くう)りてぃが居らあんでぃ思(うみ)とをたれえ、うぬうちなかい、うぬ新車あ、前んかいけえ流りてぃ行ちゃびいたん。 ひるましいむん、くぬ駐車場や坂(ふぃら)がなとをらあんでぃ思てぃ、我(わん)にん、思(うび)らじに、ブレーキ踏(く)だみたるばすやいびいん。 自(どぅう)ぬ車ぬる流りとらあ分かやびらんしえ。 やしが、自ぬ車あ、流りてぃん無(ね)えらんあい、何がなとをらあんでぃ思(うみ)やがなあ、側ぬ車見(ん)ちょをたれえ、何ぬ音んさんようい、スーみかち、駐車場から道路(みち)んかい、出(ん)じてぃ、去(は)いたるばすやいびいん。 どぅくだら、ふぃるまさぬ、部屋(ひや)から降りてぃ来ゃるゑえかんかい、うぬ話されえ、「あぬ車あ、ハイブリットカーんでぃ言ちやあふう、電気(でぃんち)とぅガソリン使え分きとをんでぃがらあ」んでぃぬ返事(ふぃじ)やいびいたん。 あんし、我ねえ、「あっはあ、ありがる聞(ち)ち見(ん)ちゃるハイブリットんでぃぬ車やるばあ。 きっさ、うちなあんじん、うん如(ぐと)とをる車ぬ入っち来ょをるばすやさやあ」んでぃち、合点さびたるばすやいびいん。 今から後(あとぅ)、諸(むる)、うんな車びけん、けえないねえ、暴走族(ぶうすうずく、ぶうそうずく)お、寂っささんがやあんでぃ思やびたん。 だああんせえ、くったあ楽しみえ、夜長(ゆなが)とぅグォーないグォーないし、爆音鳴らすしどぅやいびいしえやあ。 あんし、夜(ゆる)お、クーラーん、ちきらんでえ、寝(に)んだらんはじやいびいん。 やしが、くんどぅぬ五月え、ちがとをいぎさいびいん。 夜お、寒(ふぃい)さぬ、かんじむんかんだんでえないびらん。 五月なるか、クーラーぬ入用(いりゆう)無(ね)えらんでぃぬ事(くと)お、今までぃ、覚(うび)えぬ無えやびらん。 梅雨(ちゆ)なたんでぃ言ちん、雨(あみ)ん、降らんらん降いさあい、てえげえや晴りてぃぬ居いびいる。 ひるましむん、何(ぬ)があんなとをらあんでぃ思やびいしが、天気図(てぃんちじ)見(ん)じいねえ、梅雨前線(べえうじんしん)や、かあまフィリピン沖までぃ、ふぃち下がやい、うちなあまんぐらあ、大陸性高気圧(てえりくしいくうちあち)なかい覆(うす)らっとをるばすやいびいん。 あんやくとぅどぅ、空気(くうち)ん、乾(かあ)らち、ふみかんばあやいびいさ。 てえげえ、空気ぬ湿(し)ったてぃ、ふみち、暑さるばすお、太平洋高気圧ぬ故(ゆい)やいびいさ。 今あ、くぬ梅雨前線や大陸性高気圧ぬ負かちょをくとぅどぅ、あんし、くうてん小寒さいびいる。 やしが、うわあちちえ、うぬあたいどぅ、いいさくやいびいる、どぅく暑さないねえ、何んさんてぃん、ひっちい、汗(あし)だらだらあけえなてぃ、ふしがりやびらんせえやあ。 ちばりよう、大陸性高気圧!やしがまた、異常気象(いじょうちしょう)ないねえ、作(ちゅく)いむづくいん、ちゃあがないらあ分かやびらんくとぅ、自勝手(どぅうがってぃ)い言いねえ、諸(むる)なかい呪(ぬら)ありやびいさ。 とお、ちゅうやうっさまでぃやいびいん。 なあ38度ぐれえなれえからあ、体(どぅう)ぬあんまさぬ、寝んとをかんでえ、ならん風儀(ふうじ)やいびいん。 むぬんまあさん無えらんあい、仕事(しくち)ん成らんんでぃ、言いねえ、ちゃっさ毒性(どぅくしい)ぬ弱(よう)さんでぃいちん、かかんしえましやいびいさ。 家ぐな(家にんず)までぃ、かかたんどをんでえ、「家族揃ってインフルエンザ」んでえ、なあまた、病人、頓着(とぅんじゃく)すぬ人(ちゅ)ん居らんないくとぅ、じゃあふぇえやいびいさ。 やしが、日本人や諸(むる)、そう入っちょをいびいっさあ。 厚生大臣(くうしいでえじん)が「マスク付きり」んでぃ言みせえねえ、諸、「おお」でぃち、いっそうからマスク付きてぃ歩っち。 町ぬ中あ諸、不審者ぶったあ、けえ成やい、アミリカーなかい、「ストゥーピッドゥ(げれん)」んでぃち、笑あっとおいぎさいびいん。 うぬインフルエンザウィルスんでせえ、でえじな異風なむぬんやい、恐(うとぅ)りしむぬんやいびいさ。 人ぬ体んかい入っち、人ぬ細胞ぬDNAとぅ自(どぅう)ぬ遺伝子情報入り換えやあい(コピーさあい、ええずう、うゎあち行ちゅんでぃぬ話。 あんすくとぅ、ウィイルスんでぃせえ、本体やDNA(INA)びけえんどぅやしが、材料や人とぅか動物ぬ細胞やるしいじ。 うりえ済むしが、一番ぬ恐るしむんや、わじらしいねえ、毒性ぬ強くないる事んでぃ言ゃっとをいびいん。 人類がはじみてぃ、世界大戦さるばすお、「スペイン風邪」んでぃち、世界中んじ4千万人ぬ人がまんちゃんでぃぬ事。 アフリカぬ奥地、開発しい強さぬ、地球がわじてぃエイズ派遣せえんでぃがら。 人類や、なあふぃん、そう入っち、地球あたらさ小さんあれえ、地球なかい何がさりいらあ分からやびんどおさい。 うぬ人とぅタクシー運転手(うんてぃんしゅ)ぬ立ち小便(しいばい)とぅ比較(ふぃっちょう)し見なあびら。 比較 Aタレントぬ全裸事犯 タクシー運転手ぬ立ち小便(事犯) 行為 1.まる裸なやい 2.大声(うふあ)びいさん 1.道んじ小便 2. 原因 でえじな酔いぐりてぃ前後不覚なやい(やがてぃ急性アルコール中毒) にじららな 目的 不明 健康守ゆる為(てえげえや高齢者) わざとぅ? 判断ぬ難さん(酔いぐりてぃる居くとぅ、ざわとお(うったてえ)あらんはじ) 分やがなあ 場所 誰ん居らん真夜中ぬ公園ぬ中 人ぬ通ゆる普通ぬ道端 時間 真夜中ぬ3時ぐる 真昼間 頻度 分らん(今度びけえ?) まるけえてぃ見じゅん 誰が見ちゃが かたがた通ゆる人が迷惑? かたがた通ゆる人が迷惑? 社会的地位 有名タレント 一般人 被害者 裸見したるぬ特定ぬ被害者あ居(をぅ)らん。 大声故(ゆい)ぬ迷惑(みいわく)びけん 下半身見しゆる肝を無えらんあい、被害者あ居らん。 木草壁(きい、くさ、かび)んでえが臭くなゆん(物損) 通報者 東京や大都会(うふまちがた)やくとぅ居ん 沖縄んじえ居らん 警察対応 直ぐからみ(即逮捕) 注意びけえ。 いちいち、からみらん 外国んじん、酔いぐりやあぬ全裸事犯や悪質あらん限(かじ)り、保護さあい「やあちゅう(お灸)」程度ぬる多さる。 ヤマトゥぬ警察え、直ぐに伝家ぬ宝刀(逮捕権)抜じ、家宅捜索迄さんでぃぬ事。 マスコミん合あちむる異常。 うんじゅなあたあ(マスコミ、警察)がるふぃるまさる。 地球温暖化ぬ故がやら、近頃ぬ世や肝さあさあなとをいびいん。 守禮之門や中山門? くぬ本ぬ88頁から90頁迄え、アメリカん人ハイネが描ちぇえる守禮之門(ゐいぬあやじょう)ぬ絵(かた)ぬ紹介さっとをいびいん。 まあから見(ん)ちん、確かに守禮之門どぅやいびいる。 何がんでぃ言いねえ、絵ぬ守禮之門ぬくさあんいかいや歓会門(あめえうじょう)ぬ有くとぅやいびいん。 中山門やれえ、今ぬ紅型工房ぬ側ぬ道んかいどぅあいびいたる。 やしが、じるぬ絵ぬ中ぬ扁額んかいや「中山(府?)」んでぃぬ字(じい)ぬ書かっとをんねえしどぅ見(み)いやびいる。 「守禮之邦」んでぃぬ字や見いやびらん。 うぬ本(ふ)ぬんかいん「守礼之邦となるべきところ」でぃち注釈さっとをいびいん。 「守礼之邦」でぃぬ漢字え画数ぬ多(うふ)さぬ、西洋人にとぅてえ、書ちゅしえ、かしまさたる筈(はじ)やいびいん。 あんし、ハイネや扁額ぬ中(なあか)ぬ字びけんや画数ぬいきらさる中山門(しちゃぬあやじょう)ぬ扁額とぅ似したる筈んでぃ思(うみ)やびいん。 明治41年、中山門や腐り強さぬ競売んかいかきらりやびたん。 あんし、うり落札さる湯風呂屋(ゆふるやあ)ぬ薪(たむん)とぅなたるばすやいびいん。 うぬばす、湯風呂屋んかい入っちゃる客(ちゃく)にとぅてぃ湯加減やちゃぬ風儀(ふうじい)がやいびいたらあ。 白大根に赤大根。 うりから黄大根(ちでえくに)やいびいん。 赤大根作(つく)てぃ、JAんかい出(ん)じゃちょをる友(どぅし)が規格品外なてぃ、売ららんくとぅんでぃち、まるけえてぃ左(ふぃざい)ぬ写真ねえぬ赤大根、我傍(わあはた)んかい持っち、めえんせえん。 我(わ)ってえ、赤大根ぬ汁、絞(しぶ)やい、飲(ぬ)なびいん。 何(ぬう)がなぬ酵素ぬあてぃ、からたんかいましやんでぃぬ事(くとぅ)やいびいん。 絞い糟(かし)え、ちゃんぷるう料理(りょうい)んかい混んきたいさあい、食(か)なびいん。 今度(くんどぅ)得(い)いたる赤大根ぬ一(てぃい)ちえ、御主前(うすめえ)ぬ如(ぐとぅ)あいびいたくとぅ、くうてん小(ぐぁあ)、手(てぃい)がんまりし見(な)あびたん。 髭(ふぃじ)まあすう御主前んかい変身(ひんしん)。 「う(ん)にい」んでぃ言いねえ、「あぬばす」とぅか「あぬ頃」んでえぬ意味やるばすやいびいん。 あんし、「くうさいにい」んでえ、「くうさるばす(頃)」「ぐなさるばす」んでえぬ意味やいびいん。 てえげえや「童ぬばす」んでぃ言るばあぬ多さいびいん。 何が又、うんな話すがんでぃ言いねえ、うちなあぐちんじ、衰いとをる「時間言葉」ぬ与論言葉うとおてえ、今ちきてぃ残とをくとぅやいびいん。 うちなあぐちうとおてえ、「う(ん)にい」(その時)びけんどぅあいびいしが、与論うとをてえ、「ハノイ(この時刻)」「フノイ(その時刻)」「ウノイ(その時刻)」「アノイ(あの時刻)」「イチャノイ(何刻)」ぬ如、完全に残とをる事、記事にすぬたみどぅやいびいる。 うりびけえのおあいびらん。 うちなぐちぬ形容詞え、てえげえぬ終止形ぬ語尾や「ん」、「連体形」が「る」(接続用法的連体形や「ぬ」)ぬ形んかい成いしが、今先説明せえる「くうさいにい」ぬ「くうさい」びけんや「くうさる〜」とぅか「くうさぬ〜」ぬ言い様とお成てえ居らな、必じ「くうさ いにい」んでぃ成とをしえ、慣用化故がやらんでぃ思とをいびいたしが、与論言葉うとおてぃぬ形容詞ぬ語尾え、「ワッサン」ねえし、うちなあぐちとぅ同ぬむんやしんあいびいしが、多くお、「ヘーサイ(早さい)」「アササイ(浅さい)」ねえ、語尾が「イ」やる事ぬ多さいびいくとぅ、うりとぅ関係んあいがすら分かやびらん。 他ぬシマぬ言葉調びてぃ見(に)いにいねえ、いかな『沖縄語辞典』やらわん、あまふぎくまふぎし、不完全(欠きむん)やる事ぬ良う分かやびいん。 首里やかかあま遠さる地方んかいる実にぬ(完全んかい近さる)うちなあぐちぬ残とをる風儀。 やしが、うちなあぐちえ、かあまかあま昔、オーストロネシア語(南島語)んかい日本祖語(古代南朝鮮語?)が混んちちゃる言語んでぃ言ゃっとをいびいん。 日本祖語お、南んかい行ちい次第、薄くなてぃ、独自ぬ言語とぅ成てぃちゃるばすんでぃ、我ねえ考えとをいびいん。 阿麻和利健んでぃ言いねえ、東京はじみ、本土んじ30年以上、活躍そをる琉球民謡歌手。 うちなあんじぬライブお25年ぶりんでぃぬ事。 里帰い兼にてぃぬ仕事やたる風儀。 場所お普天間ぬ「舞歌」んでぃぬライブハウス。 饒辺愛子さぬん友情出演さあい、はねえちょをいびいたん。 前々から、うちなあんじライブすぬばそお、「来うよう来うよう」さっとをたくとぅ、行じゃるばすやいびいん。 健とぅぬ話や、我ねえ100%与那城むにい、健や西原むにいやいびいたん。 また、ドラムスそをたる人お、見ちゃる覚いぬあたくとぅ、うぬ人がトイレんからぬ戻(むとぅ)やあ小ぬ我傍通たるばす、「うんじゅお、見ちゃる覚ぬあいびいしが、西原人どぅやみせえるやあ」んでぃち尋にたれえ、うぬ人お、でえじな、いそうさし、「やんどお」でぃち返事しんそうちゃん。 我が昭和23年生まりやる事ん、我兄ぬ事ん良う知っちょおみせえたん。 あんし、うぬ人とぅん、100%互えぬシマむにいし(与那城むにいとぅ西原むにい)話さるばすやいびいん。 ドラムス叩ちゅしえ、40年ぶりんでぃぬ話。 「なとおたん?」んでぃぬ訊ちゅたくとぅ、「まさかひゃあ、誰がん現役やんでぃぬ思いる」でぃち、いれえたるばすやいびいん。 序やしが、我あんまあん旧与那城村西原ぬ生まりやくとぅ、実え我にん半分や西原むにい(与勝ぬハ行とお違てぃ、サ行那覇系西方むにい)やいびいん。 んちゃ、あん言ゃりいねえ、ふぃるましむん、彼(あり)が作詞作曲せえる歌あ、てえげえや、琉球民謡調やせえやしが、日本語歌詞なやい、有線放送うとをてえ、いいくる流りとをんでぃぬ事。 世(ゆう)ぬ落(う)てぃ着(ち)ゃれえ、公務員成いる人(ちゅ)、学校(ぐぁっこう)ぬ先生(しんしい)成いる人ん、警察(ちいさち)成いる人んかい分りてぃんじゃるむんやいびいん。 我(わあ)が童(わらび)ぬばすお、軍作業員ちゃあが、異風(いふう)な英語(ええぐ)使(ちか)てぃ歩(あ)っちょおいびいたん。 ようんなあ仕事(しくち)さい、だらんくぁらんそをる人ぬ居(をぅ)れえ、アミリカーなかい、「ハーバーハーバー」ち、あびらりいたんでぃぬ事(くとぅ)。 あんし、てえげえぬ軍作業員ちゃあや、うぬ「ハーバーハーバー」んでえ、「急(いす)ぎ」んでぃぬ意味とぅさあい、受きとぅ取(とぅ)たるばすやいびいん。 やしが、実(じゅん)にぬ英語分かいぬ人が「ハーバー」んでえ、Harbor(港)でぃぬ意味どぅやしが、何(ぬう)んでぃち、「急ぎ」ぬ意味とぅし使あっとをがやあんでぃち思(うみ)てぃ、アミリカーんかい尋(たじ)にやびたんでぃぬ事。 あんし、アミリカーぬ回答(ふぃんとう)や、次ぬ通(とぅう)いやいびいたんでぃぬ事。 「ハーバー」んでえ、「真珠湾」ぬ意味。 日本海軍(にふんけえぐん)が真珠湾奇襲さるばす、慌てぃたるアミリカーたあが互(たげ)えに、「ハーバー(真珠湾)が攻撃さっとをくとぅ、急じ逃(ふぃ)んぎり」んでぃぬちむええなかい、「ハーバー、ハーバー」し、あびやああびやあさがなあ、逃んぎ回(まあ)いそをたんでぃぬ事から、何時(いち)ぬ間(みい)がやら、「急ぎ、慌てぃり」んでぃぬ意味とぅなたんでぃぬ事やいびいん。 とお、くままでえ、ただぬ前置ちどぅやいびいる。 Harborんでえ、NEW ENGLISH-JAPANESE DICTIONARY(KENSHUUSHA)から調(しら)びてぃん、他(ふか)ぬ英和辞典(ええわじてぃん)調びてぃん、「湾」んでぃゆる意味え無(ね)えらな、「港」ぬ意味どぅやいびいる。 やくとぅ、Pearl Harborんでぃしえ、実ねえ「真珠港」でぃちる成いるばすやいびいん。 「真珠湾」攻撃以来ぬ「真珠湾」でぃぬ誤訳(ぐやく)お、ただぬ誤訳おあらん筈(はじ)やいびいん。 戦中(しんちゅう)ぬ 大本営(でえふんええ)が真珠湾攻撃ぬ戦果大(ま)ぎく見しゆる為(たみ)ぬ、うったってぃ(意図的)ぬ誤訳お、あらんがやあんでぃ思(うみ)やびいん。 考えてぃまあに!与那原港攻撃んでぃしとぅ中城湾攻撃んでぃしとぅ、じるお、まぎまぎいとぅ見いやびいが。 大本営ぬゆくしむなあ体質(てえしつ)お、初(はじ)みぬ初みから見(ん)だりやびいん。 一昨日や昼間(ふぃるま)ん、13〜4度ぐれえどぅあいびいたる。 やしが、夜お、寒さないしるましやいびいる。 かんじむん重にやあい、寝んじ易っさいびいせえやあ。 暑(あち)さがあらあ、寒さがあらあ分らんばすお、ううどぅ蹴(き)りとぅばちゃいし、却(けえ)てえ、はなしちどぅかかやびいる。 我(わあ)が中学2年(1963年?)ぬばすぬ卒業式ぬ日やいびいたん。 在校生が卒業生見送いんでぃち、廊下んじ「蛍ぬ光」歌とをたるさらばんじに、じまま霰(あらり)ぬ降(ふ)とをいびいたん。 実(じゅん)に、今頃(なまぐる)ぬ戻い寒さあ、真冬ぬ寒さ並みに寒さいびいん。 1日にゐなぐん子ぬ卒業式うちなち、うみなあくさがやあんでぃ思いねえ、3日あ三味線ぬ日、8日あサンバ(産婆やあいびらんどお、鳴い物ぬサンバどぅやいびいる)ぬ日、13日ぬ金曜日(ちんゆうび)えジェイスンぬ日、あんし今日やホワイトデイ(ふわいとぅでえ)んでぃちゃあま、やあさい。 我ねえ、ちゃあマイペースなてぃ、何にん、なるびち、振いまあさらんねえし、肝いしとをる積ええやいびいしが、世ぬ中あ、てえげえや忙さあぎさし、ふぃるましむんやいびいさ。 「不思議ぬ国ぬアリス」ぬディズニー映画版ぬ中んじ、登場人物(動物、植物)ぬ兎(うさじ)がやらたあ、けえ忘りとをいびいしが、うぬ者ぬ 「何デモ無イ日、万歳」んでぃぬセリフぬ有いびいたんや。 うぬセリフびけえや、オペラ風儀しい、あびとをびいたくとぅ、良う覚いとをいびいさ。 あんし、忙さるむんやれえ、 「何デモ無イ日、万歳」んでぃち、あびい欲しゃる肝ん分かやびいさ。 世ぬ中ぬ人んちゃあや、てえげえ、自(どぅう)なあたあが造てえる装置さあい、けえ扱けえらってぃ、いそうささい、笑たい、泣ちゃい、わじたいし、ネット掲示板ぬんかい、やな口さったんでぃち、自殺すぬ人ん居いびいん。 うんなばあや、般若心経やてぃん、あびやああびやあしなあびら。 我ねえ、「くぬ世んかい有ぬむのお、諸、人間ぬ想念が造たる幻どぅやくとぅ、 むしか、自が生ちち行ちゅるたみに不都合なむんぬあれえ、何ん肝にかきらんてぃん良たさんでぃいびいん。 元々、何事ん存在さんむん(無えらんむん)どぅやとおてぃ)」んでぃち、自独(どぅうちゅ)い勝手し解釈そをいびいん。 人間や人間ぬ耄想念なかいどぅ攻撃さっとをいびいさ。 あわりやびいさ。 考えてぃまあに!「敵」ぬ攻みてぃ来ゅうがすらんでぃ思いてぃ、兵器造てぃ、使えらんうちなかい、古うけえなてぃ、また新に造てぃ、又古くなてぃ、うりぬ繰い返えさあ。 いちゃんだん銭金てえち。 ふりむんどぅやいびいる。 かあま昔、中国んかい、ひっちい、「天が崩りてぃ落てぃてぃ来うんがやあ」でぃちしわそをたる人ぬ居たんでぃぬ事。 うぬ人ぬ名や杞憂さん。 今ぬてえげえぬ政治家・軍人たあや、諸、杞憂さん風儀やいびいさ。 幻想皇帝なかい、いちゃんだん、まやあさってぃ。 般若心経やバラモン教批判そをるむんでぃぬ説んあい、形式化・儀式化そおる仏教、くじい物言いそをるむんでぃぬ説んあいびいん。 うりん済むしが、うぬ心経書ちぇえる人お、読むる人が都合ぬ良たさんねえし解釈する事までぃ、想定しが居たらあん分かやびらん。 仏教徒んかいやでえじな無礼やいびいしが、ゆうさんでえ、般若心経やくぬ世ぬ形式化けえそをる宗教否定までぃ考えらってぃが居らんわかやびらん。 やくとぅる「世界最高ぬ経典」んでぃ言ゃっとをる筈。 今日や、ただぬふりむんがユタムニイ、クサムニイけえし、御無礼なとをいびいん。 まるふぃいじいや、いふうな番組ぬまんでぃ、なんずかあ、テレビえ、見(ん)じゃびらんしが、沖縄返還(うちなあへんくぁん)ぬ事(くと)お、ちゃぬふうじいさあい報道さっとをたがやあんでぃ思(うむ)てぃ、うぬ日(ふぃい)や初(はじ)みから終(うわ)いまでぃ、テレビ、前なちょをいびいたん。 やしが、いちまでぃ経っちん沖縄返還ぬ話や、むさっとぅ無(ねえ)えやびらんたん。 ひるましいむんでぃ思てぃ、家(やあ)ぐなんかい、 「いぇえ、何(ぬ)が何(ぬう)んでぃち、沖縄返還ぬ話やさんがやあ」 んでぃ訊(ち)ちゃれえ、 「うぬ番組え、事件(じちん、じきん)中心やくとぅるやるはじどお」 んでぃぬ応(いれ)え。 やしが、大阪(ううざか)万博とぅか東京(とうちょう)オリンピックぬ話題(わでえ)んあてぃ、「ダッコちゃん」人形(にんじょう)ぬ話までぃあたくとぅ、事件のおあらんてぃん、沖縄返還ぬ事お、取(とぅ)い上ぎてぃん済(し)む筈(はじ)やいびいしが、返還ぬ「へ」ぬあたいんちょおんさびらんたん。 あんし、事件びけえんやれえ、コザ暴動事件ぬあたしがんでぃ思いんさびたしが、うれえまた、復帰前(ふっちめえ、日本(にふん)んかいないる前)ぬ話どぅやくとぅ、番組んかい載(ぬ)らんせえ、仕方あ無えらんしが、沖縄返還ぬ日や沖縄が日本んかい又んなたる日やくとぅ、取い上ぎいしる実(じゅん)にやる筈やいびいしがんでぃ思とをいびいん。 内地んじえ、んちゃ、うちなあぬ事お、肝(ちむ)ぬ隅んかい置(う)かってえ無えらんどぅある筈。 筑紫哲也主や、生前(しいじん)、基地問題にちいてぃ、沖縄とぅ本土ぬ間(ゑえだ)んかいや温度差(うんどぅさ)ぬあんでぃち、話しみそうちょおいびいたしが、基地問題びけんあらん、まるふぃいじいぬ事までぃ、何やあくぃいやあ、諸(むる)、温度差ぬあいぎさいびいん。 沖縄返還報道ぬ事にちいてぃ、真肝に、楽(たぬ)しみにさあい、フジテレビたるがきとをいびいたしが、目(み)いはんだあないびたん(笑)。 うひぬフジテレビがんちょおん、うぬあたいどぅやるむんぬ、何ぬたるがきらりやびいが。 うひぬ=うっぴぬ。 うっぴなあぬ。 うひなあぬ。 あんしまぎ(さぬ)〜。 あいゆかんぬまぎ〜。 去年お、ちびくすやいびいたん。 昨日迄ぬ勝率や7割7分8厘やリーグ一番やいびいん。 強ばあ選手入りやあい、あんすか、強ばあチームなとをるむんやしが、何やか、接戦ぬんかい強さいびいん。 追い上ぎてぃ、最後ぬ何秒ぐれえなかい、一点差し、負かすぬ試合ん、二試合びけんあたん。 我がくねえだ、長男なかい添うらってぃ、名護んじ見ちゃる試合や、初まてぃ直(ちゃあき)え、じまま離さっとをたしが、直ぐに、大量得点重にやい、負かちゃるむんやびいたん。 プロバス、見(ぬ)うしえ、二回目やいびいしが、人後(ちゅあとぅ)行ちいねえ、自由席んとぅめえいかんてぃいすぬあたい、客(ちゃく)んまんどおいびいん。 初めえ、見じゃあん居がやあんでぃる思いとをいびいたしが、何やらわん、諸スポーツぬ好(し)ちやるばあさいびいさやあ。 やしが、プロ野球ん、二軍びけんやあらんようい、一軍ぬん、うちなあんじ、せえ済むしがんでぃ思やびいしが、ちゃあやいびいがやあ。 移動すしが、あんまさるあいびいがやあ。 北海道んじん、ないるあたいやとおてぃ、うちなあんじん、ないるさびいる。 うちなあんちゅお、てえげえ、プロ野球ぬ観戦乾(があ)きそをる筈やいびいしが…。 乾きとをしえ我一人どぅやいびいがやあ。 観戦があき=長えさ観戦しん見だな、観戦しい欲しゃそをる事。 例:油(あんだ)があき。 肉(しし)があき。 早(ふぇえ)くにけえまあちゃる弟(うっとぅ)ぬ家(やあ)んかい手(てぃい)うさあしいが行ちゃびたん。 今度、年部(とぅしびい)んかい当たとをる弟ぬ嫁(ゆみ、中城人)が、年部祝儀(とぅしびいすうじ)ぬ話ぬ拍子(ひょうし)から、我(わん)にんかい、言(い)ゃびたん。 「去年(くず)、還暦やれえ、んちゃあんせえ、今度お、ハリヤクやさやあ」 「何(ぬう)やが、あい言るハリヤクんでえ」 「あい、分らんなあ」 「ふうう、聞(ち)ちん、んだん」 「いいゆいなあ、年部ぬ翌年ぬ初みぬ子(にい)ぬ日(ふぃい)や、御願(うぐぁん)うさぎらんでえならんどお」 「あひんちん、あんばあ」 「年部祝儀やかあ、うりがる大切やんどおやあ」 「我兄弟(わあちょうでえ)や、御願事(うぐぁんぐとぅ)やれえ、、いいくる我んかい電話はあなかい、習あふひが、今度お、誰(たあ)からん、何でぃちん、電話あ無(ね)えらんひが」 「分いんでぃる思いとおさに」 「うれえ、しむひが、あひ、ちゃあひ、何へえしむんばあやが」 あんし、弟嫁からしい様、習らやびらん。 ハリヤクんでえ、厄年(やくどぅし)が無事(ぶじ)終わたる事、感謝すぬ御願やる風儀(ふうじ)やんでぃぬ事やいびいさ。 字(じい)や 「晴れ厄」やいぎさいびいん。 うぬ後、うふ兄(やっちい)んかい、うぬ事、聞ちゃれえ、なんぞお、分らん風儀やたくとぅ、与那城んじえ、ハリヤクお、さんてぃん済(し)むるうどうやがやあんでぃ思とをいびいたん。 やしが、なあ、けえ聞ちゃるむんやくとぅ、うれえなあ、仕方あならん、御願うさぎゆる事にさびたん。 さんぱあしいや、いいくる、どぅまんぐぃいいぬゑえかんちゃあぬ居いびいん。 1月31日が旧歴ぬ初みぬ子(にい)ぬ日、当たとおたくとぅ、妻んかいしい様習あち、しむぬ火ヌ神加那志(かんがなしい)んかい、うさぎやびたん。 だあ、弟ぬ妻ん、肝(ちむ)ひがさんんでえないびらんせやあ。 我ねえ、宗教んでぃせえ、まあぬ宗教ん、肝心形成暗示(ちむぐくるあんじそうち、自己暗示他己)暗示装置(暗示効果高みいる為なかい色んな「段取い」、「形式」、「しき飾い」、「文句」ぶったあそをいびいるばあ)やんでぃち、考えとをいびいしが、いがうちなあんちゅぬ祖先(をぅやふじ)が選(いら)んでぃちゃる暗示装置ん、また細(くまく)く造(ちゅく)てぃちゃあびたるむんやんびいさやあ。 欧米ぬ暗示装置え、キリスト教やいびいしが、アジアんぬ暗示装置え、さまざまやいびいんやあ。 やしが、うぬ装置が精神安定装置とぅし機能(ちのう)するむんやれえ、何ん諸、上等やいびいさ。 ただ、ゆすぬ民族(みんずく)ぬ暗示装置んかい、「わったあむいんがる上等やる、いったむのお、やなあさや」でえ、言ゃんしえましやいびいさ。 当たい前ぬうけえ米(御粥米)。 手うさあすん(手押合あすん)。 =両手合あち、(御香とぅぶち、)祈ゆる事。 あひんちん=あんでぃちん、あんしんでぃちん 電話はあなかい=電話さあに、電話さあい、電話し 習あふひが=習あすしが しむひが=しむしが ちゃあひ=ちゃあし 何へえ=何しいねえ さんてぃん済むるう=さんてぃん良たさる事。 どぅまんぐぃいん=「まんぎぃいん」や肝迷いすぬ事。 「どぅ」んでぃぬ強調あらする接頭語付きいねえ、「とぅんもうゆん」風儀ぬ意味んたっ加あさりん。 当たい前ぬうけえ米=「当たい前」ぬ遊び慣用句。 圃米(あたいめえ)とぅ掛きてえん。 「あたい(圃)」や屋敷内んかいあぬ畑小。 今あ、旧正すぬとぅくまあ、我ったあ生まりジィマぬ与那城とぅ糸満ぬ一部びけえ、けえなとをいびいんやあ。 我たあや、今あ糸満んかいどぅ住どをいびいしが、新正ん旧正んさんでえないびらんよ。 新正んさんでえ、子んちゃあが寂っさすい、また、何んでぃいちん、与那城ぬうぇえかんちゃあが、玉城参(たまぐしくめえ)ぬ後お、ちゃあしっちい、我ったあ家んかい、「前倒しジュウルクニチイ」ぬ参拝しいが、めんせえくとぅ、くぁっちいしこうてぃ、御取持(うとぃむ)ちいさんでえないびらん。 やいびいくとぅ、なんくる新正月さんでえならんなとをいびいん。 やしがまた、長年ぬ慣りいから旧正までえさんでえ、何がな、いふうなあやいびいっさあ。 くぁっちいん、二けんなあん食まりいくとぅ、良い事どぅやいびいる。 新正月にめんそうらんたるゑえかんちゃあや、ジュウルクニチイないねえ、めえせえくとぅ、二けんなあ、すしえ、正月がやら、ジュウルクニチイがやら分らんなとをいびいさ。 笑いみそをり。 旧暦ぬ正月え、うちなあびけんやあらん、日本くうとぅ、東アジアんじえ、てえげえやむる旧正月やいびいんやあ。 日本びけえや、強いてまでぃ、西欧(ウランダア)風儀あらんでえ肝ひがんふうじなてぃ、何んくぃいん、むる西欧ぬねえびさびてぃやあ。 何ががふぃるまさいびいらあ。 年末ぬ掃除さがなあ、我とぅ話そをたる四十前ぬ男ぬ「造語」ぬ面白さいびいたん。 「ちゃっさ、洗てぃん、汚レガ落チナカッタカラ、*さあらし 、ゴシないゴシないはくとぅ、ヤット、落チヨッタサ」 日本語混んあちゃあし、語てえ居いびいたしが、 「ごしないごしない」や、なんぞお聞ちぇえなだん語句やてぃん、うちなぐち知っちょをりいやれえ、意味え、訊かんてぃん、直ぐに分かやびいん。 造語んでぃしえ、相手が直ぐに分ゆる語やりわるやいびいる。 ( 「ばんない」「さあらない」「ぶうるない」「ぱかない」ねえ、「 〜ない」付きいねえ、副詞んかい成いびいせえ。 「ごしごし(日本語)」ぬ語尾んかい「ない」付きやい、立派な副詞なとをるむんやいびいさ) 「ごしないごしない」。 我にん、 ばんない、使わりわるやいびいる。 さあら=たわし。 さあらし=さあらなかい。 はくとぅ=さくとぅ。 実(ない)付(ち)ち始(はじ)みてぃから、一年びけえ。 他(ふか)ぬ三本や、みいてぃからなあ何年(なんにん)がないらあ、今(なま)ちきてぃ、倒りらんようい、実ん、ちゃあないしみとをいびいん。 四本ぬ中、一本や雄(うう)むん。 雌(みい)むん三本ぬ中んじえ、一番丈ぬ低さたくとぅ、実ん取い易っさたしが、残念(ざんにん)やいびいさ。 倒りいる十日前(とぅかめえ)まんぐるから葉(ふぁあ)ぬ落(う)てぃ始みやい、ふぃるましいむんでぃ思(うむ)てえ居(をぅ)いびいたしが、真頂上(まちじ)じんかいや、新芽(みどぅい)小ぬ出(ん)じとおたくとぅ、支(ちけえ)ねえらんでぃ思とをいびいたん。 てえげえ、三日ぐしいなかい、野菜とぅし、炒りちいし食(か)でぃ、また、黄色物(ちいるうう)や果物とぅさあい、生(なま)むん食だるむんやたしがる。 (本当や、毎日食でぃん食みゆうさんあたい、実とをいびいしが、ひっちい、うりびけえ食みいねえ、いかな上戸(じょうぐ)やらわん、にくりさりやびいせえ) 残(ぬく)とをるむのお、丈高(たきたか)さぬ、一本や二階(にいけえ)ぬ窓から、なあ一本や、梯(はし)んかい上(ぬぶ)てぃる取(とぅ)らりやびいる。 やしが、 なあ五本びけえ、ふるうゎあちょおいびいくとぅ、早(ふぇえ)く、まぎく成れえやあんでぃ思とをいびいん。 今度、倒りたるまんじゅう瓜。 黄色 (ちいるう) や果物。 青 (おう) るうや野菜(瓜)。 裏庭ぬ丈高まんじゅう瓜。 二階ぬ窓からどぅ取らりいる。 台風(大風)にん倒りらん。 黄色やサラダとぅしん、まあさん。 臭味かまらさあやれえ、ドレッシングやてぃん、かきてぃ、うさがみそおり。 青さるむのお、プーク、ツナねえるむん、添(し)いてぃ、炒りち、うさがみそおり。 まあさぬふしがらん。 消化酵素ぬまんどおんでぃさ?。 根しし(右ぬはた)から倒りやい、側ぬ芋鉢んかい当たてぃ、あんし実ぬ重(んぶ)さし、今度お、ちじむてぃいぬ茎ぬ折りたるばす。 註:我妻方(わあとぅじかた)ぬ石垣白保(すさぶ)んじえ、「まんじゅう瓜」ぬ事お、「まんじゅうみい」んでぃ言んでぃぬ事。 やしが、今あ「はい」とぅ「へい」が、たっくぁあたるまま、一ちぬ語とぅけえ成とをるむんやいびいん。 首里むにいぬ「へい」や、日本語せえ「おい」なてぃ、人んかいぬ呼びかきゆる言葉やいびいん。 やてぃ、敬語ぬ「さい」付きいや、「へいさい」やれえ、日本語ぬ「もし」、「もしもし」ねえ、丁寧な言葉んかいないびいん。 那覇むにいぬ「はいさい」とぅ首里むにいぬ「へいさい」や、同ぬむんやんねえしんそをいびいしが、挨拶言葉とぅ呼びかき言葉とお、いふぇえ、ニュアンスぬ違やびいくとぅ、日本語ぬ「似て非なるもの」でぃち、考えゆしがるましやら筈やいびいん。 うんなくんな考えいねえ、んかしえ、「はいさい」ん元々お、呼びかき言葉がやたら分かやびらん。 やしが、今あ、那覇系むにいぬ呼びかき言葉とぅせえ、「いぇえ(Yee)」とぅか、うりんかい「さい」付きとをる「いぇえさい」がる普通やいびいんやあ。 「はいさい」とぅ「いぇえさい」や同ぬむんやあいびらんせえ。 年末(にんしい)んじすぬ家屋敷(やあやしち)いっそうから掃除かちえ、ただぬ掃除かちえあいびらん。 元旦ぬ節目なかい心ぬ中(なあか)ぬやなむむん、入り替(け)えてぃ、新(あら)たまる年迎(とぅしん)えらんでぃぬ肝心(ちむくくる)ぬ表わりやいびいん。 環境(かんきょう)とぅ心お、一(てぃい)ちやいびいん。 やな環境が人(ちゅ)ぬ心んかい及(うゆ)ぶすぬ影響や、知らんうちなかい、まぎくなてぃ来(ち)ゃあびいん。 良い環境や良い心育てぃやい、やな環境やまたやな心育(すだ)てぃやびいん。 心理学的(しんいがくてぃち)にん、環境ぬ暗示効果あ、本人(ふんにん)が分らんうっぴどぅやる、うせえららんむんやんでぃ言ゃっとをいびいん。 家ぬ壁(かび)んかいや、家ぐなぬ良い写真とぅか表彰状とぅか張い飛ばち、整理整頓ぬん良うでぃらち、毎日、笑え誇やびら。 ノーベル賞ぬニュースそうな良いニュースや、ちゃっさ放送しん済むしが、犯罪ぬニュースや、一行し済まびいん。 やな映像活字ぬニュースぬ暗示効果、良う知らっとをいびいん。 やしが、実にやれえ、ちゃぬゆうなやな事んかい強々とぅ、はに返らする「心力(ちむてえ)」ゆ持(む)ちゅしがる理想的えやいやさびいしが、てえげえぬ人んちゃあがあ、うんな事お、難さいびいくとぅ、環境や大切やいびいん。 今年ん、環境作てぃ、良い心育てぃてぃ、あんし、心とぅ環境ぬ良い相乗効果し、平和世作てぃ、行ちゃびらな。 うぬばすお、また必じ、家ぐなぬ童はじみ、まんぐらぬ童んちゃあ、揃(すら)あち、「とお、笑り」んでぃち、うふっちゅなかい、笑あっはったる覚(うび)いぬあいびいん。 今(なま)あ、子あ、むる、病院じる生(な)ふくとぅ、うんな風儀(ふうじ)ん、何時(いち)ぬ間(みい)がやら、無(ね)えらんなてぃ。 我やかや、ちゅまあらし、しいざやるうふあばあが語いたくとぅる思い出じゃはびたる。 何があひ、うちなあんかいや、いふうな風儀ぬあたるんでぃ、思いん、ふひが、考えてぃ見(ん)じいねえ、うちなあや、「呪え」ぶったあやいびいは。 (夜お、ほうちかちそうなむんやはんたんでぃ。 ) 「経塚(ちょうじか)、経塚」=ねえぬばす、あびゆん。 経塚んでえ、浦添市経塚(地名)ぬ事。 「ゑえか、ゑえか」=犬なかい、あびらりるばす、あびゆん。 「すうあんまあがる見(ん)じゅる誰(たあ)がん見だん」=あてぃなしぬ赤子、夜そうてぃ歩っちゅるばす、やなむんぬ憑かんねえし、あびゆん。 だあ、なあふぃん、まんどおぬ筈やいびいひが、たでえまねえ、覚い出じゃはびらんさ。 語句 いぃや=「いや」、生まりいる前に赤ん子ぬ入っちょをたる胎。 笑あはったん=笑あさったん。 生すん=生ふん。 何があひ=何があんし。 思いんふひが=思いんすしが。 やいびいは=やいびいさ。 はんたん=さんたん。 ほうちかち=箒さあい、掃ちゅるしくち。 覚い出じゃhびらんさ=覚い出じゃさびらんさ。 薩摩藩士ぬ西郷吉之助(隆盛)とぅ大久保正助(利通)たあぬ台詞ぬ訛いや、年配世代ぬうちなあんちゅにとぅてえ、あながちさるむんやら筈。 琉球人とぅ薩摩人が標準語遣いねえ、実に、言葉ぬ真あ似い小そをいびいんや。 やしが、今ぬ四十満たん若者ちゃあがあ、分らん筈。 あんせえ、だあ今あ、むる「ちゅらさん」訛い(ドラマ「ちゅらさん」んじ、使あらっとをたる沖縄弁)んかいどぅ、けえ成とをいびいせえ。 我ったあ与勝ぬ人んちゃあん、くうさいにいぬ「標準語」や、むる実にぬうちなあ訛いやいびたんや。 学生時分からあ、今前ぬ「ちゅらさん」訛いんかい変わてぃちょをいびいしが、北部ぬ人んちゃあや、今ちてきぃ、薩摩訛いとぅ似ちょをる訛いそをいびいんや。 うちなあんちゅぬ標準語ん、ようんなあようんなあ訛い様ぬ変わてぃ来ょをるばすやいびいさ。 琉球語音(語紋)とぅ薩摩語音や元々、似ちょをくとぅ、標準語被(か)んしてぃん、訛いや、うぬままあやるばあやいびいさ。 やしが、真ぬ薩摩言葉あ、じょうい聞ちゆうさびらんど。 話や変わゆしが、同ぬ薩摩藩士やてぃん、小松帯刀や、薩摩訛いや、しんそおらんしが、何んでぃちやいびいがや?(篤姫や「徳川化」そをくとぅ、済むしが…。 篤姫ぬ元びれえ小やたる小松んかい薩摩訛いしみいねえ、いふうなあでぃちが考えとをたらあ? 「ちゅらさん」式訛い=今ぬ並みぬ沖縄訛い。 夜(ゆる)ぬ九時過(し)じぬ揃(すり)たる家ぐな(家にんず)ん、一時(いっとぅち)ゃあ、うぬ話びけんどぅそをいびいたる。 我ねえ、見(み)い外(は)じゃきたるむんでぃ思やい、夕びえ、夕さんでぃ頃(ぐる)から、外(ふか)、ぬばがてぃ、見い見い)そをいびいたしが、三日月え、ぬさかとをいびいたしが、金星とぅ木星やなあだ、ぬさかてえ無(ね)えやびらんたん。 なあ、いふぇえ、夜んゆっくぁちから、またん、外んかい出(ん)じてぃ、ぬばがてぃ、見ちゃれえ、金星とぅ木星や三日月ぬ下(しちゃ)ぬ方(はた)んかいどぅぬさかとをいびいたる。 ようい、ちゅてえ小、待っちいねえ、昨日ねえし、二あちぬ星(ふし)え、三日月ぬ上辺んかい成いがすらんでぃ、思(うみ)とをいびいたしが、何時(いち)迄、待っちん、同(い)ぬむんどぅやいびいたる。 くりえ、んちゃ、月とぅ星え、なあめえめえぬぐるさなかいどぅ、歩っちゅくとぅ、一日やてぃん、違いねえ、位置ん、けえ変わいさやあんでぃ、思やびたん。 やしが、我(わん)ねえ、なあ、やすんじららな、 「あぬ星二ちが、上辺んかい来(く)れえ済(し)むしがやあ」 んでぃ思やい、うびらじに、首180度傾(かたん)きてぃ、見(ん)ちんちゃるばすやいびいん。 あんしいねえ、うったあ面相や、でえじな、かまじし喰うとをる如(ぐと)いびいたん。 三日月ぬ形が逆(さ)あなあ成いるうっぴさあい、面までぃん、逆あなあ成いるばすやさやあんでぃ思たるしいじやいびいん。 金星=夕飯(ゆうばん)守んざあ星(ぶし)。 守んざあ=守んじゅる物(者)。 野山(ぬやま)うとおてえ、ばらんぬ咲ち誇(ふく)とをん。 やしが、何(ぬう)んでぃちん、天(てぃん)いっぺえ、雲(くむ)ぬ低く、北風(みいにし)ぬ吹きわる冬らあさいびいる。 あんし、寝(に)んてぃ後(あとぅ)、うすまさ低さる風音(かじとぅ)ぬ夜長(ゆなが)とぅ聞(ち)かりやびいん。 うぬ風音お、聞かりいがすら、聞からんがあら、分らんあたい、どぅく低強(づう)さいびいんヤアサイ。 うふ風(台風)ぬばすぬ風音や、人(ちゅ)ぬ歌声(うたぐぃい)ねえし、高さんあい、また和音成とをくとぅ、ゐいりきさんあいびいしが、冬ぬ風音お、いぬ風音お、やてぃん、むさっとぅ、違やびいん。 冬音お、何がやら、いふぇえ、寂っさんあい、しからあさんあいびいん。 やしが、我(わん)ねえ、夏(なち)ぬだらんくぁらんそをる空気やかや、冬ぬ風ぬ匂(にをぅ)いとぅうんな音がる、いっぺえ、ましやいびいる。 間違っているかも知れないのに、それを指摘する先輩方がどんどんいなくなっているから」んでぃ、みせえる大先輩ぬめんせえびいん。 我ねえ、60年が間(ゑえだ)、うちなあぐち使てぃん、誰にん、「汝うちなあぐちえ、間違とをん」でぃ言ゃったる事お無えやびらんあい、また人んかい、間違とおんでぃ言ちゃる事ん無えやびらん(註)。 やしが、後々、自(どぅう)ぬうちなあぐちが、あまくまばっぺえとおるとぅくまぬあぬ事、まるけえてぃ、気に付ちゃいすぬ事んあいびいん。 我ねえしいざ方かやや、うちなあぐち遣えや、自信ぬ無えやびらんくとぅ、9年前に出じゃちぇえる拙著『実践うちなあぐちキ教本』ぬんかい、 「語彙や沖縄語独特の言い回しの面では、先輩諸氏の経験や知識に劣るかも知れないが、躊躇していたのでは前進はないのであり、沖縄語の(略)普及のために(略)、思いきって小書を世に送り出した」(3頁)んでぃ書ちぇいびいん(手前味噌)。 冒頭んかい紹介さびたる大先輩や、しいざ方んちゃあから、ちゃぬゆうな指摘ぬあいびいたらあ…。 うちなあぐちん肝苦しいむんやいびいんやあ。 「方言撲滅運動」ぬ終わたやがあんでぃ、思いねえ、今度お、また、「間違とおんどお」でぃ、あびやあびやあさりやびてぃ。 前からあ「撲滅運動」、くさあからあ、「間違い指摘運動」(牽制)し、挟み撃ちさりやびてぃ。 必じ、うちなあぐち使ゆし、萎縮しみらんでぃぬ考えぬる働ちょおがやあんでぃ、思ゆるばすやいびいん。 うんな事ん、まあぬ都道府県んじん無えらん、特殊事情やら筈やいびいん。 うんな話しいねえ、本土人がふぃるまさすぬ筈。 本土うとおてぃん、うんな事んあいがすら。 「あんたの大阪弁、間違とるやさかい、使わんといて」(?)、あんし、「ほなら、ええがな、もう喋らへん」でぃが言(ゆ)ら。 あんどぅんやれえ、我にん、言い欲しゃる事ぬあいびいん。 うちなあぐちぬ間違え指摘すぬ人んちゃあや、何んでぃち、うちなあんちゅが使ゆる日本語ぬ間違とをる所指摘さびらんが。 日本語からぬ直訳調うちなあぐち、「どこにが行ったか」、「母さんはかね」「どこにだからが」「だからよ」等々。 うちなあ化そをるいふうな独特「日本語(ヤマトゥグチ)」ぬあぬ事ぬ分かいみせえびいみ。 やしが、誰ん、いちいち、うんな事お指摘さびらんせえ。 日本語とぅか英語お、ばっぺえてぃん、構あんしが、必じ、うちなあぐちえ、ばっぺえてえ済まんばすい。 我ねえ、日本語ん英語ん、なんぞお上手え、あらんしが、構あんようい、ばんない使やびいん。 学生時代ぬ話どぅやしが、アミリカーが、我にんかい「間違てぃん済むくとぅ、英語、ばんない使り」んでぃ、習あち呉ぃみそうちゃん。 言葉習あさあや、あんやりわるやるんでぃ、我ねえ、思やびたん。 言語んでぃせえ、一に使ゆる事、二に使ゆる事。 間違え、肝に掛きゆしえ、五番六番、あらんかあまくし。 言葉んでぃせえ、使いねえ使ゆるさく、発展(変化含む)し、だてんなてぃ、行ちゃびいる。 言葉んでぃせえ、なあ時代時代、なあちねえぢねえ、また村々島々ぬかあじ、なあめえ違やびいん。 まあぬ誰が、「本当ぬ言葉遣え」ぬ事、分かいみせが。 うんな違えみぬる、言葉ぬ豊かさんでぃ言るむぬやいびいる。 例れえ、「何んでぃち」え「何んち」やてぃん済むい、「あまんかい」や「あまかい」やてぃん、当たとをいびいん。 うぬ他ぬ例とぅし、「まあんかいやが」=「まあかいが」、「誰やが」=「誰が」、「あらん」=「あらぬ」、「〜どぅやいびいる」=「〜でえびる」、「みへえでえびる」=「にふぇえでえびる」=「にへえでえびる」、「やらあ」=「やれえ」、「やる筈」=「やら筈」=「やぬ筈」、「ゆぬむん」=「いぬむん」等々。 言葉ぬ細さる違えみえ、星ぬ数あいびいん。 抑揚んまた、人にゆてぃ、むる違やびいん。 誰言葉遣えぬ当たてぃ、誰言葉遣えぬ間違とおがんでぃゆる事お、実え、「大概(歴史的に作らっとをる)」ぬ事どぅ言ちょおいびいしが、 明確な基準ぬあんでぃち勘違えさっとをいびいん。 やいびいくとぅ、自ぬ分かゆるうちなあぐちし、済まびいくとぅ、ばんない使いみそをり。 うりがる、うちなあぐちぬ為やいびいる。 言語んでぃせえ、自分語ぬ寄し集みてえるむんどぅやいびいる。 なあめえめえぬ自分語がる言語ぬ源やいびいる。 ぐすうよう、自ぬ分かゆる言葉、大切にしんそをり。 あいだあ、話けえさるむん。 実にうちなあぐちえ、話題ぬ多さんぬないびらん。 うんな事ん、他都道府県ぬ言葉とぅ違ゆる所やい、うちなあぐちが独立言語やる状況証拠ぬ一ちとぅしん済まびいる筈。 註:部落ぬかあじ、言葉ぬ違ゆしがる当たい前やたくとぅ、童ぬばすから相手ぬあびい様ぬ違てぃん、うんなあびい様ん、あるばあやさやあんでぃる思いとおたる、間違とおんでぃ言る考えや、むさっとぅ無えやびらんたん。 大人(うふっちゅ)なたる今ん、いるんな言い方ぬ有んでぃる思とおいびいる。 あんし、相手ぬ言いよう盗でぃ、自ぬ言葉とぅすぬ事んまんどをいびいん。 学生時分までえ、自ぬ言葉あ、「行じ」、「行じゃあい」どぅやたしが、社会人なてぃから、姪子んちゃあから、移たる「行じゃあま」んでぃぬ言い方ん、何時ぬ間(みい)がやら、自ぬ言葉とぅけえなとおいびいん。 追記:放送局んじ、いいくるうちなあぐちし、番組そをる人んちゃあぬ居みせえん。 難かさるとぅくる(?)お、ヤマトゥグチなたいさびいしが、むさっとぅ、遣らんしやか、うりん上等どぅやいびいる。 いふぃやてぃん、遣ゆしえ、じょういましやいびいん。 註:「やる筈」や連体詞用法、「やぬ筈」や接続用法。 他の例:「行ちゅる人(連体用法)」、「行ちゅぬ人(接続用法)、じるん、意味え同ぬむん。 字東風平ぬエイサーや勝連平敷屋から習たるエイサー。 なあいふぇえ、早く来れえしむたるむんでぃ思とおたしが、プログラム見じいねえ、うぬ後、新城とぅ富盛ぬエイサーぬ組まっとをたくとぅ、うぬまま、ちゃあ見じいさびたん。 新城とぅ富盛ぬエイサーや与那城ぬ屋慶名エイサーぬ流り。 やしが新城ぬエイサーん、富盛ぬエイサーん、細さる所が屋慶名エイサーとぅ違とをる所んあいびいたん。 やしが、屋慶名エイサーがてえげえ腕とぅ撥手が一直線ないしが、富盛ぬエイサーぬばあや、撥手とぅ腕とぅ直角なやい、太鼓叩ちゅる直前んじ、ピシっとぅ瞬間静止するぬとぅくるが、でえじなちびらあさいびいたん。 夕べえ、あいゆかん、肝ふぃぞをいびいさ。 (どぅく、そうぬぎとおたくとぅ、カメラ持っちゅしん忘りてぃ、下ぬ写真や携帯なかいどぅ、ぬじぇえる) うゎあば解説:エイサーぬスガイや次ぬみいちぬ型んかい分かりとをいびいん(我自考え) 1.念仏(にんぶちゃ)あスガイ=平敷屋、平安名、与那城、字東風平、小浜島んでえ 2.按司(あじ)スガイ:屋慶名、港川(具志頭)、新城、喜屋武、富盛んでえ 3.旅芸人京太郎(ちょんだらあ)スガイ(圧倒的多数派):園田はじみ、沖縄市、旧具志川市、西原町、武富(糸満)等 註:京太郎(チョンダラー)や、薩摩が琉球侵攻ぬ前に、琉球偵察隊(スパイ団)とぅし派遣せえたる旅芸人衆。 エイサーぬはねえかさあぬチョンダラー(芭蕉布スガイ)とぅ同じぬ名やしが、実にぬ京太郎スガイや園田エイサースタイルやいびいさ。 語源や同ぬむんでぃ考えいねえ、良たさいびいん。 「クィイ」んでぃしえ、「声(くぃい)」ぬ意味どぅやる、あらん、「舟着き場ぬ杭(じるぬ杭んかい舟繋じ済むらあ分からんばすに言る言葉」とぅか、「誠しやかに」論争さびたん。 我ねえ「声ぬ意味」派やいびいたしが、恥じかさいびいんや。 「クィイ」や「声」ん「杭」んあらん、日本語ぬ「かん」(指示代名詞「これ」ぬ変形そをるむん)やる事ぬわかやびたん。 言いどぅんせえ、うぬ「くぃい」や日本語ぬ「何だかんだ」「何やらかんやら」「何やかんや」んかいあぬ「かん(「これ」ぬ変形)」とぅ同ぬむんやいびいるばす。 あんし、「何がくぃいやら分からん」でぃせえ、「何がちゃあとをらあ分からん」とぅか「何が何なとをらあ分からん」でえぬ、当たり前ぬ意味やいびいるばあ。 「声」とぅか「杭」とぅかや、でえじな、「考え過じ」やいびいたるばあ。 あんしまた、「ダビ」んでぃ言いねえ、日本語しえ「荼毘=火葬」やしが、うちなあぐちしえ、「葬列」ぬ意味んかいけえなとおいびいんや(例、『ちゅらダビ=盛大な葬列』)。 まあうとおてぃが間違てぃ、あんなたらあ分からやびらんしが、言葉んでぃしえ、てえげえ、むる勘違えし、別ぬ意味んかい成いるむんやいびいさ。 「スコール」んでえ、「片降い」「鷹ぬしいばい」とぅか、いっとちゃぬ雨ぬ事ゆ言ちょおるむんやいびいしが、実え、元々ぬ意味え、「あったに吹ちゅる風」「たでえまぬ風回い」ぬ意味やたんでぃぬ事。 スコールぬ来ゅうる前や、いいくる、あった風ぬ吹ちゅくとぅる、「あった雨」んでぃぬ意味んかいけえ変わたるばすやいびいさや。 くねえだ、親戚(ゑえか)とぅ、我ったあうざさあぬ(あんまあぬ弟)ぬ話なたれえ、 「いったあ、うざさあや、タイカクウやたんどおや」んでぃ言ゃびたるばあ。 うり、聞ちゃれえ、なあ我ねえ、懐(あなが)ちさんあい、いそうさぬないびらんたん。 タイカクウんでえ、程(ふどぅ)まぎいんでぃしとぅ、てえげえ、同ぬ意味やしが、タイカクウんでえ、グテエまでぃ、あいぎさあやいびいんや。 くぬ「タイカクウ」や日本語ぬ「体格」から作らったる言葉なてぃ、語尾伸ばしいや、「体格」ぬまぎさんでぃ言しやか、「がっちり」そをんでぃぬ意味ぬ強さいびいるばあ。 グテエん、日本語ぬ「五体」から派生そをる言葉なてぃ、「強ばあ」んでぃゆる言葉とぅけえなとおいびいんやあ。 近頃お、うちなあんちょお、言葉作い上手んでぃ、思びやびいっさあ。 シークァーサー(くにぶぬ一種)や「 酢(しい)食あさあ」どぅやい、ドライヤーんかい「 カラジカーラカサー(からじ乾らかさあ)」んでぃ言ぬ人ん居くとぅ、うむさぬないびらん。 ちゃあき、開きやい、聞ちなあびたん。 聞ち慣りらん不思議な言葉。 タイトルお、「こごえた手に」。 ゆう、ゆう聞ちちいねえ、実に東北弁やいびいたん。 津軽中里、八戸、秋田ぬ各弁やる風儀やいびいしが、まるふぃいじい、テレビとぅか映画んでえうとおてぃ、聞ちゅる東北弁とお、あいゆかん違とおいびいん。 耳ぬ慣りいねえ、あまくま分かいしが、はじめえ、間違てぃ、逆回し録音やあらんがやんでぃ思やびてぃ、次に韓国語やがらんでぃ思たるあたい、ふぃるましい言葉やいびいたん。 3〜4回びけん、聞ちちいねえ、すびけえなてぃ、今日ん聞ちゃびたん。 実にぬそうらさる日本語が今ちきてぃ、ある事に感激さびたるしいじ。 19ぬばす、鹿児島弁聞ちゃる覚いぬあいびいしが、むさっとぅ分かやびらんたる事、また、40年前に聞ちゃる大阪弁ぬん、今とお違てぃ、でえじな聞ちかんてぃいし、いちゃいはんちゃいんならんたる事思い出じゃちゃん。 あんそをる日本原語んでえ聞ちいねえ、今ぬ標準語が人造語(最大公約数語)やる事ぬゆうわかゆん。 大橋さん、いっぺえ、にふぇえでえびえるさい。 与勝エイサーん観じゅるくとぅんならさやあんでぃ、寂っさそおたるむんやしが、夕(ゆ)び、遊(あし)びいが行じょおたる女童(ゐなぐんぐぁ)から、 「与那城エイサーとぅ似ちょおる東風平エイサー、今ばんじそをくとぅ、観じいが参れえ」 んでぃぬメールぬ来(ち)ゃん。 ゆう聞ちいねえ、 勝連平敷屋エイサーぬコピーやんでぃぬ事。 んちゃ、考えてぃんじいねえ、糸満市ぬ 喜屋武、具志頭ぬ港川、新城、八重瀬町(旧東風平町)ぬ富盛や屋慶名エイサーぬコピーやい、南部んかい住でぃん、与勝エイサーや観じゅる事んないくとぅ、何ん寂さあ無えらんでぃ思ゆん。 来うる日曜日え、サンエー豊見城店(ウィングシティ)うとおてぃ、喜屋武エイサーすんでぃぬ事やくとぅ、なあ、待ちかんてぃいしならん。 与勝ぬエイサーや南部んじぇ、ましさっとをるふうじ。 肝ひじょおるむん。 また、平安名エイサーや小浜島んかいコピーさっとおんでぃぬ事。 エイサーやむとぅむとぅ、空也上人が始みたる念仏踊(にんぶちゃあをぅどぅ)い。 太鼓叩ちゅんねえしなたしえ、室町時代かんでぃぬ事。 与那国んかいや「無蔵念仏節」が今ん残とおん。 うぬ節え、本島ぬ「仲順流り」とぅ同むんやん。 与勝エイサーんかいや、うぬかあま昔、黒装束ぬ念仏僧ぬすぬ念仏踊いぬ面影(うむかじ)ぬ残とおん。 琉球んかいや北部、中部ぬ順し入っちゃる筈。 あんし、今あ、中部から南部んかいコピー中やるばあ。 また、勝連ぬ平安名エイサーや八重山ぬ小浜島んかいコピーさっとおんでぃぬ事やくとぅ、今ちきてぃ、広がとおるしいじやん。 うちなあぐちぬ「だき(竹)」え、日本語しえ「タケ」んでぃ言(ゆ)い、今(なま)ぬ韓国語ぬ「竹」ぬ音読みえ「チゥク」やん。 やしが、朝鮮語が日本かい入(い)っち来(ち)ゃるかあま弥生時代(国語学者、大野晋や4千年前に朝鮮語とぅ分かりたんでぃぬ考え持っちょおいびいん)うとおてえ、朝鮮語ぬ「竹」ん、うちなあぐち音ぬ「Daki」んかい近さる音お、あらんたがやあんでぃ思(うみ)ゆん。 韓国語や新羅時代、高麗(後高句麗)系統ぬ李氏朝鮮時代通(とぅう)ち各言語が混合しっ来(ち)、又、明、清ぬ冊封(統治者、王ぬ形式任命制)受きとをたる事(くとぅ)んあてぃ、中国語が朝鮮語んかい強(つう)う強(づう)うとぅ影響さあい、氏名呼称までぃん中国風ないるあたいやたん。 日本語ねえし、漢字ぬ音読み訓読み(朝鮮語読み)ぬ別(びち)ん無(ね)えらんたくとぅ、朝鮮語(韓国語)ぬ語彙や漢字ぬ音読み(中国語読み)ん多(うふ)さるばすやん。 (うんな歴史ぬあてぃ、元からあぬ朝鮮語彙や中国語なかいじまま、壊(くう)さって来ゃるむんやしが、文法(語順)んでえや昔ぬ形ぬまま守らてぃ来ょおるばすやん。 ) 朝鮮語やダ行音とぅタ行音ぬ区別おさんくとぅ、弥生時代ぬ「ドゥク?(竹)」が日本語うとおてえ、「タケ」んでぃちなやい、また、琉球語うとおてえ、朝鮮語とぅ日本語ぬ間取(なかとぅ)てぃ、「ダキ」んでぃちなたのおあらんがやあ。 あんし、「竹島」にちいてえ、日本うとおてえ、「たけしま」んでぃ言(ゆ)んねえしなてぃ、又朝鮮(韓国)うとおてえ、かあま昔(んかし)からぬ発音守(まむ)ゆる為(たみ)なかい「独(ドォク)島」んでぃぬ漢字当てぃがあらあ分からん。 日本語への特別意訳 あくまで、個人的想像である。 沖縄語の「だき(竹)」は、日本語では「タケ」と言い、現韓国語では漢語音では「チゥク」である。 だが、朝鮮語が日本に入って来た弥生時代(国語学者、大野晋は4千年前に朝鮮語と分かれたとする)においては、朝鮮語の「竹」も沖縄語音の「Daki」に近い音ではなかったかと思う。 韓国語は新羅時代、高麗(後高句麗)系統の李氏朝鮮時代を経て各言語が混合を重ねたのであるが、加えて明、清との冊封関係にあった事から、中国語が朝鮮語に強く影響し、氏名呼称に至るまでも中国風なるほどであった。 日本語のように、漢字について「音読み」「訓読み(朝鮮語読み)」の習慣が無かった事もあって、朝鮮語(韓国語)の本来の語彙まで、多く漢語(中国語)読みをするようになってきたのである。 (いわば、昔ながらの朝鮮語彙は漢語によって破壊されたものの、文法(語順)は保たれた。 ) 朝鮮語はダ行音とタ行音の区別はしないことから、弥生時代における「ドゥク?(竹)」が日本語として形成される過程で、「タケ」となり、また、琉球語では、朝鮮語と日本語の間を取って、「ダキ」となったと思われるとも想像できる。 ゆえに、「竹島」は、日本では、「タケしま」と呼称し、韓国では昔からの発音に従い、「独(ドォク)島」という字を当てたのであろうか。 追記:古代の文献の無い朝鮮語は、「古事記」や特におもろ時代の琉球語あたりにその名残を留めているとは考えられないだろうか。 聞ちぇえんだんとぅか、けえ忘(わし)りみそおちょおる人(ちゅ)お、なあ、一(ちゅ)けのお、聞ち見(ぬ)うせえましえあいびらんがや。 あんまあたあや、うぬ時分ぬ赤子が、ひっちい、「ンクウ、ンクウ」すくとぅ、自(どぅう)ん、赤子ぬ真似(ねえび)さあい、赤子ぬ面(ちら)向かてぃ、笑やがなあ、いぬぐとぅ「ンクウ、ンクウ」そおいびいんよ。 あんしいねえ、また、うぬ赤子あ、ゆくん、「ンクウ」んでぃちさびいるばあ。 あんしいねえ、うぬ「ンクウ」んでえ、何(ぬう)ぬ意味やがんでぃ言(い)いねえ、うりえ、我自一人(わあどぅうちゅい)考(かんげ)えどぅやいびいしが、 「無空(んくう)」でぃ言(ゆ)る意味どぅやるんでぃ思(うむ)とおいびいるばあよ(笑)。 赤子んでえや、極楽浄土から、くぬ世(現世)んかい、来(ち)、直(ちゃあき)やくとぅ、前世とぅか浄土うとおてぃ、悟(さとぅ)たる記憶(うびい)、持(む)っちょおるままやいびいるばあ。 あんし、うぬ「無空」んでえ、何ぬ意味やがんでぃる言みせえるい? 我考え、うんぬきゆる前(めえ)に、我(わん)ねえ、宗教家ん仏教徒んあいびらんくとぅ、まあまあでぃん、我自一人考えどぅやるんでぃゆる事(くと)お、言ちょおかんでえないびらん。 あんし、くぬ「無空」や般若心経んかいあぬ「空」とぅ「無」ぬ意味えあらんがやあでぃ思いねえ、面白(うむさ)あ無えびらんがや。 「眼(げん)」「耳(に)」「鼻(び)」「舌(ぜつ)」「身(しん)」「意(に)」から 「受(じゅ)」「想(そう)」行(ぎょう)」「識(しき)」ん 「諸法(しょほう)」までぃ、何んくぃいん、諸(むる) 、「無どぅやい、空どぅやる」でぃいちょおる肝(ちむ)ええやいびいるばあ。 なあふぃん、説明さなんでぃしいねえ、ボロぬ出(ん)じいがすら分かやびらんくとぅ、なあ説明やさびらんしが、くぬ世(ゆ)んかい在(あ)ぬ物(むぬ)お、いっそうから、いがろう人間ぬ「感覚、考え」通(とぅう)ちどぅ来(ちゅ)ゅうるむぬやくとぅ、くぬ世や「感覚、考え」次第(しでえ)どぅやるんでぃぬ「肝心(ちくぐくる)」さんでえないびらんばあ。 やくとぅ、「感覚、考え」ぬあがたんかい在ぬ世界(しけ)や、元々「空どぅやい、無どぅやる」ばすやいびいくとぅ、心ぬ持ちいよう、がんじゅうらしいねえ、自在に宇宙ぬ事(くとぅ)、分かたい、扱(あち)けえたいすぬ事ぬなるばしやいびいんてえサイ。 何が、あんし今日(ちゅう)や、クサ物言小(むにいぐぁあ)けえしでぃる言みせえびいるい? だああんせえ、近頃お、異風な事件、事変、紛争、戦争ぬ起きたいそおいびいせえやあ。 うん如(ぐと)をる今ぬ世ぬ事考えいねえ、くぬ「無空思想」や、実に、役立たんがやあんでぃ思ゆるばあ。 あんしえ、続えまた、後からやあ。 初みから、どぅくちゃっさん、あびいねえ、分かい苦さいびいさに? 聞ち見(ぬ)うん=聞ち見(ん)じゅん。 番組え、小学生(しょうぐぁくしい)が三味線(さんしん)弾ち、民謡歌とをたるむんやたしが、うり観ちょをたるわったあ童(わらび)ぬ、 「ウマイネー」ち、言(ゆ)たん。 あんされえ、妻(とぅじ)が、 「わらばあが、コンナニナレルノワサー、環境サー」 んでぃ言いがちい、我はた、とぅんけえやあい、 「アンタモ、イツモ、三味線ヲ、弾イテ、環境作リ、スレバ良ーノニヨー」。 あんし、我が 「我が弾ちいねえ、いったあが、ゆんがしまさんでぃ言くとぅる、弾かんせえ」 「ダカラ〜、 ミンナガ、居ナイ時ニ、弾ケバ良ーワケサー」 あんし、我のお 「........」 家ぐな(家組)=家にんず。 まんな=まじゅん。 わらばあたあ=あんすかまでぃ厳密に区別おさってえ居らんしが、「わらび」え、てえげえや単数形。 「わらばあ」や「わらばあたあ」ねえし、複数形し使ゆるばすぬ多さん。 やしが、うぬまま単数形し使ゆる事ん多くなてぃちょをん。 「わらびたあ」んでぃゆせえ、なんぞお、聞かん。 我のお=我ねえ。 さてぃ、梅雨(ちゆ)ん終(うわ)てぃ、そう夏(なち)なたくとぅ、蟻コ小(ぐぁあ)ぬ食み物捜索隊が家(やあ)ぬ中(なあか)までぃ入っち来(ち)ゃあい、食(か)み物(むん)かめえてぃ歩っちゃあ歩っちゃあそをいびいん。 甘むん、残(ぬく)ちゃい、菓子(くぁあし)包(ちち)でえる紙(かび)小んでえ、はんなぎとをちいねえ、捜索隊がゑえずう蟻コたあんかい語やい、うぬ甘物かやあち行ちゅんでぃち、たでえまなかい、すねえてぃ歩っちゅるばすやいびいん。 うんなくとお、済むしが、てえげえぬ蟻コ小や、吹ち飛(とぅ)ばする事(くとぅ)ん成ゆい、手(てぃい)し、退(ぬ)きゆる事ん成ゆい、また、人(ちゅ)んかいしがてぃん、なんぞお、咬むぬくとおねえらん。 やしが1mぐれえしかねえらんやな蟻コ小ぬ居いびいん。 色ん薄茶色なてぃ、見じい苦さいびいん。 くぬぐな蟻コ小や、人んかい、しがいねえ、必じまでぃ、人咬むるばあ。 手し退きゆるくとぅんならな、息(いいち)し吹ち飛ばするくとぅんないびらん。 あんすくとぅ、うりなかい喰うらったるばすお、実(じゅん)にわじてぃないびらん。 みみじん、よねえ死なんあい、ちゃあすが。 何蟻んでぃが言ゃびいらあ。 あぬやな蟻コ小や。 はごうさぬ。 梅雨=小満芒種ぬ節やるくとぅなかい、うちなあぐちしえ、「すうまんぼう、しゅうまんぼうしゅう」んでぃん言ゃびいん。 やしが我ねえ、梅雨んかいや「小満芒種」んでえ言ゃびらん。 時期ぬ当たとをるうっぴどぅやる、意味え、別やくとぅどぅやいびいる。 又今日ん、鳴い始まとをん。 今度ぬ梅雨お、はじまいしん、いっそうまやか、2週間ぬん遅りてぃ、はじまてぃからん、雨え降らな、なあ、んな梅雨がやらんでぃ思いとをたるむんやひが、降いぬばそお、実に恐るしむんやは。 童ぬばすお、雷ぬ鳴いねえ、我ったあ、あんまあや、必なじ、シムから包丁(ほうちゃあ)とぅ俎板(まるちゃ)取てぃ出じゃち、門口んかい置ちきやい、「 かあぎぬひちゃあ」んでぃち、うふあびいふたん。 あひまた、童んちゃあんかい、いぬぐとぅ、あびりんでぃ言たくとぅ、我ぬん、いくる、あびらっはったるばあ。 2、3回、「 かあぎぬひちゃあ」んでぃ、あびいねえ、可笑さぬならな、兄弟同士(ちょうでえどおさあ)、うふ笑えほおたる覚いぬあん。 やひが、我ったああんまあや発音ぬが悪っさたらあ、後々、ふんとうや「 くぁあぎ(桑木)ぬひちゃあ」やたるくとぅぬ分かたん。 大人なてぃから、「球陽」(やたるはじ)あまくま見じゅる機会ぬあてぃ、うら覚い小や、やへえやひが、うぬ中んかい、雷なかい打ったとをる男が桑木ぬ枝んかい掛かてぃまあちょをたんでぃぬくとぅから、桑木ぬ「上」やあらん、「下」どぅやるんでぃゆる意味なかい、あひ、言んねえひなたんでぃぬくとぅ。 (うぬ話や、クサムニイふうじいなてぃ、何がら無理やねえらに) やひが、本土ぬ伝え話や、変わとをっさあ。 4ちびけえ説ぬあひが、じるん、必なじ、桑(桑畑、桑原、桑木)とぅ関係ぬあん。 代表的なむのお、菅原道真が藤原氏なかい左遷さってぃ後、菅原が雷神んかいなてぃ、藤原氏ぬ領地んかい、ばんない雷、落とぅちゃるむんやひが、菅原ぬ領地やたる桑原びけんかいや、雷ぬ落とぅはらんたんでぃぬくとぅ。 あひんじ、雷ぬ鳴いぬばそお、ヤマトゥウ達や「くわばら(桑原)、くわばら(ココハ桑原、菅原ノ領地デスヨ)」んち、あびやああびやあ(呪文)ふぬくとぅんかいなたんでぃぬ話やんてえ。 うりから、何がら怖るさるくとぅぬあぬばすお、「くわばらくわばら」ち、あびいんねえひなたんでぃ。 何が必なじ、うちなあんヤマトゥん雷とぅ桑とお関係あぬばすやがやあ。 包丁とぅ俎板、門口んかい置ちきいる習慣やうちなあ独特やいぎさひが。 ひちゃ=しちゃ。 ほをたる=そをたる。 あひまた=あんしまた。 (あひ=あんし) あひんじ=あんやくとぅ、あんさあに。 ねえひ=ねえし。 単語お、うちなあぐち独自ぬむんやがやあんでぃ思いねえ、実え、ゆう調びいや、起源が和語やたいすぬむぬんまんどをいびん。 やな勉強小んでえしから、語彙解説んでえや、うかっとぅむにいやないびらん(うちなあんじえ、今ちきてぃ、人口比から考えねえ、推定約25万人以上ぬ話者ぬ居いびいん。 我同期生(ちるみい)や100%話者やいびいん)。 やしが、「ちゃあ、立っちい」「ひっちい畑(ばるう)」んでえねえし、 元来副詞+名詞(動名詞)ぬ語順や、日本語んかい直訳しいねえ、「ずっと立ち(立ちっ放し)」「ずっと畑仕事(一日中野良仕事)」ねえ、異風なあやいびいしが、でえじな訳しい苦さるむぬやいびいん。 うぬふかなかい、「やなあびい」(くりん元来副詞+動名詞)ねえそをる言い回しん、珍らさいびいん。 また、「なんくるないさ」や当たい前ぬうちなあぐちやしが、うりから終助詞ぬ「さ」取てえる「なんくるない」やうちなあぐちとぅし、なとをんとぅか、なてえねえらんとぅかぬ話ん、いいくる我耳んかい、入っちちゃあびいしが、聞ちゃえ見だんくとぅんでぃち、うちなあぐちえあらんでぃち片付きゆしえ、ちゃぬふうじやいびいがや。 「なんくるない」や文法的ねえ、ちゃんとぅなとをいびいんや。 「なゆん(ないん)」やユン(イン)活用動詞なてぃ、「成ゆん」「鳴ゆん」「実(な)ゆん」「あびゆん」「取ぅゆん」ん、いぬ活用さびいしが、「なんくるない」や元来副詞(なんくる)とぅ「ない」ぬ語順やいびいん。 異風なあやんでぃ思ゆるくとお、うちなあぐちが使あらんなてぃ、次第次第に、聞ちんちゃる言い回しびけえ、使ゆる傾向んかいなてぃ来ちゃあに、発展志向やあらな、縮小志向(保守志向)んかいなてぃ来ょをる表わりえあらんがやんでぃ思ゆるばすやいびん。 あんそをるうちなあぐちぬ語順や漢語んかいやれえ、まんどをし純和語んかいや、とぅめえい苦さいびいん。 また、「畑さあ」「魚取やあ」ねえし、動詞「畑すん」「魚取ゆん」からん簡単し、動名詞作らりゆい、今ぬ日本語ぬ失なてぃ無えらんなたる特徴なてぃ、うむしるむんやいびいん。 日本語ぬ簡潔語んでぃ言いねえ、むる漢語びけん頼がきてぃる居くとぅ、うんな所お、発達しゆうさんたるばすやいびいん。 「飛行機」え、漢語(中国語が起源)やいびいしが、うりえ、本来ぬ日本語しえ、「(空)飛ぶからくり」んでぃ、いちいち言ゃんでえないびらんしが、うちなあぐちなかいやれえ、「(空)飛ぶるう」とぅか「飛ばあ」ねえし、日本語やか簡潔表現ぬ無ないびいしえ。 いぬぐとぅ、「乾燥機」やれえ、実にぬ日本語なかいや「乾かすもの、乾かすからくり」ねえし、やっけえな表現さんでえないびらんしが、うちなあぐちなかいやれえ、英語ぬ「ドライヤー」とぅいぬ4音節ぬ「かあらかさあ」んでぃち表現なゆい、意味ん通やびいしえや。 やしが、日本語ん昔え、異風な語順ぬあいびいたんや。 古語ぬ「な(勿)」や英語ぬDon'tとぅ同ぬ使え方(意味ん語順ぬん)なやい、「な鳴きそ」ねえぬ言い様なとをいびん。 今あ、「な」が後じいんかい来ゃあに、「鳴くな」ぬ語順んかいけえ成とをんびんや。 うぬ「な」が西洋語ぬ「No」「Ne」「Nie」んでえとぅ音ぬ意味ん似ちょをしん、ふぃるましむん。 なあふぃんぬ昔え、ゆくん、いるいるとぅ違とをたる筈やいびいんど。 元来副詞=本来副詞(用言ゆ修飾すぬ語)やしが、うちなあぐちんじえ、特に動名詞修飾すぬばすん、使ゆくとぅ、「元来副詞」でぃちせえるばす。 体言(名詞んでえ)ゆ修飾すぬ語お、連体詞んでぃ言ん。 かわてぃ若あ小たあや、見でぃわ見でぃわ、いいくる起きとをる間あ、ひっちい携帯電話びけえ、見じゃあ見じゃあそをるばあ。 学問ぶりいんでえ近頃お、聞かんなとをしが、「 携帯電話ぶりい」んでぃ言しやか、「携帯電話中毒症」やあらにんでぃ言ちん済むぬはじ。 何ががふぃるまさらあ。 生ちちょをる時間(人生)がいちゃさあねえらにんでぃ思ゆるばあ。 なあふぃん、きちむええぬあぬ生ちち道え、ねえらんどぅあがや。 何ぬ情報や喰ええはじゃんきいんでぃち、そう抜ぎとをぬばすやがや。 あらん、済むんよう。 何が、うったあ勝手でぃどぅやしえやくとぅ…。 ただ、うったあがあ、将来、子産ちん、子あ見だな、携帯電話びけえどぅ見ちょをるはじんでぃ思いねえ、毛ぶり立っちゃあすっさあ(ぶり毛立ちゅっさあ)。 我にん携帯ぬあたいや、持っちょをしえ持っちょをくとぅどぅ、あん言んどおやあ。 語句 学ぶりい(学耄りい)=学問しい強さぬけえ耄(ふ)りゆるくとぅ。 また、ひっちい学問びけえんし、他ぬくとお分からんくとぅ。 実にやみ。 世界んかいや色数ぬ音階ぬあん。 一方的に西洋音階びけえ習とをる人々ぬ考えやあらに。 やしが、うんな難からさる話しん、何んないるむのおあらん。 やくとぅ、くまうとをてえ、琉球民謡とぅ日本民謡ぬくとぅにちいてぃびけん、語てぃなあびら。 何時がやたら、車歩っかしがちい、ラジオ聞ちょをたれえ、平尾昌晃とぅ誰がなとぅぬゆんたくぬ中うとをてぃ、「沖縄ノ音楽ッテ、何カ主張(訴エ?)ミタイノガ、アッテ、沖縄ッテ分カルケド、本土ノ歌ハ、ドノ都道府県ノ音楽カ分カラナイジャナイデスカ」(発言内容や正確おあらんど))ふうじい(意味)ぬ、話そをたん。 あんし、我ねえ考えたるむぬやん。 やさ、本土人(ヤマトゥンチュウ)ぬ民謡歌手お、北海道から九州までぃぬ民謡やむるレパートリーんっかい入っち、まあぬ地方ぬ歌やわらん歌ゆうすしが、琉球(沖縄)民謡びけんや、じょうい、歌らん。 レパートリーんかいや入っちぇえ無えらんばす。 あんしまた、うちなあぬ民謡歌手ん、本土民謡や別物(びちむん)やくとぅ、当たい前、むさっとぅ、歌らん。 民謡や本土一円とぅ琉球一円ぬんかい、さっぱっとぅ、分かりとをるしいじやるばあやん。 音階(琉球音階とぅ日本音階)ぬ違ゆんでぃゆしやか、言葉ん違ゆい、曲想、節回し味ん、むさっとぅ違いどぅすくとぅ、あんないるばあ。 例外んあしえ、あん。 本土ぬ民謡歌手が歌ゆしえ、必なじヤマト歌詞ぬ「安里屋ユンタ」びけえ。 うりかあん、沖縄文化が本土文化ぬ一部おあらな、独立文化やんでぃ思ゆるくさてぃ(根拠)やしがや。 歴史はじみ、節日節日ぬ行事(註)までぃ諸、いっそうから変わてぃる居くとぅ、沖縄あ、なあ文化的独立地域やるばすやん。 やしが、多くぬ沖縄人や「日本人」やんでぃち、また成いぶしゃし、うみはまてぃ、自(どぅう)なあたあくるぬ言語(くとぅば)までぃ、「ホーゲン方言(日本語ぬ一とぅしちぬぬ)」んでぃち、はばからん人んちゃあぬまんでぃぐゎさぐゎさそをん。 今、道州制が検討(じんみ)さっとをしが、うんな弱さる民族意識しえ、単独州目指すぬ力とぅしえ、ちゃぬふうじいやら。 註1:例れえ、桃の節句や、本土んじえ、雛人形かざたい、川んかい流ちゃいすぬ風習どぅやしが、うちなあんじえ、女が浜んかい降りてぃ遊ぶ(身清らくすん)ぬ風習とぅなとをん。 うちなあやいふぇえ、中国ぬ風習んかい近さん。 鹿児島んじえ、うぬ日や「浜栗(はまぐり)」食むぬ習慣があんでぃがら。 よういくうてん小やうちなあぬ習慣とぅダブとをんでぃ言ちん済むがや?。 むとぅむとお、女子が川んじ、身清らくなする習慣やたる習慣から、本土んじえ、平安時代ぐるから、人ぬ代わいとぅし、人形川んかい流す風習んかい変わてぃ、何時ぬみいがやら、人形かざいぬ風習んかいけえ変わたるばすやらはじ。 やしが、うちなあんじえ、古代ぬ風習がうぬままあ残とをぬばす。 くりかあん本土一円とぅ琉球一円ぬ違いや明らかやしがる…。 註2:琉球音階やレとぅラが無えらんでぃ(実にやがや)。 日本音階や「ヨナ抜き音階」(ヨナやファとぅシぬくとぅ)やんでぃ。 サングァチャアんでぃん、浜降(う)りい、んでぃん、言ちょをいびいん。 さてぃ、4月4日あ、清明際入りやいびいたしが、くんどお、わったあ家組(やあぐな)あ、どぅうなあたあ清明とお、別に、んじゃる日曜日(4月6日)え、門中(むんちゅう)ぬカミ御清明ぬ当たい番(4年廻るう)なやい、玉城ぬかあまかあま昔ぬ元家ぬ墓んかい御清明しいが行ちゃびたん。 4年にちゅけんでぃ言ちん、参加家組にゆてえ、十数年にちゅけんなあどぅ行ちゅくとぅ、今度ぬ当たい番ぬ五ちねえぬうち、うぬ墓までぃぬ道分かる人お、一人しか居らな、とぅめいどぅめい行ちゅんでぃち、さっこう哀りなむんやいびいたん。 まんぐらあ、てえげえや畑がるまんどをいびいしが、毛道なてぃ、牛屋んあしえあしが、また次来ぅうるばすねえ、覚いてぃが居らあ、むさっとぅ、自信や無えやびらん。 迷たんてえまん、道訊にゆる人ん居いびらんあい、しからあさるとぅくるやいびいん。 やさ、一番や、墓ぬ主(ぬうし)ぬ電話番号習とをちゅしえましやいびいっさあ。 やしが、無事しまち、うみなあくさびたん。 さり、うう尊とぅ。 家ぐな=家にんず。 首里むにいぬ特徴や、那覇むにい(うりから那覇系統語)ぬ「ムン活用動詞」が変則的に「ヌン活用動詞」んかい変わゆるとぅくるやいびいん。 「飲むん」や「飲ぬん」、「食むん」や「食ぬん」、「済むん」や「済ぬん」ちなびいるばすやん。 否定形やまたマ行んかい戻てぃ、「拝まん」ちないくとぅ、なあ那覇語ぬ不規則動詞んでぃち、考えいねえ、済むの(済ぬのお)おあいびらんがや。 うちなあぐちうとをてえ、マ行がナ行んかい音韻変化すしえ、いいくるぬくとぅなてぃ、例れえ、「宮城」え昔え、「みゃあぐしく」やいびいたしが、今あ、「なあぐしく」ち、なとをい、また、「宮古」や「みゃあく」んでぃん、「なあく」んでぃん言ゃびいんしえ。 なひのお、『沖縄對話』(明治13年ぬ日本語教科書)うとをてえ、なまぬ「にふぇえでえびる」や「ミヘーデービル」ち、載しらっとをいびいん。 やしが、しいてぃまでぃ「拝まびら」がる実にやるでぃ、主張そをるむんどぅんやれえ、とぅくるにゆてえ、うりん当たてぃがうらん分かやびらん。 「沖縄語辞典」(主に首里語)うとおてえ、例文ぬ「cuu uganabira(ちゅう、うがなびら)」や、「こんちは、目上に対する屋外でのあいさつ」でぃち、あいびいさ。 なまあ、屋外あらんてぃん、使あっとをるふうじやいやさびいしが…。 やしが不規則動詞え、まあぬ言語んかい、あぬむんやいびいさ。 不規則動詞ぬ多さ、いきらさあ、うぬ言語が、ちゃぬあたい、生ち言語やがんでぃゆるくとぅぬ証明やあらんがやあんでぃ思いんすい、土着ぬかじゃ小んさびいくとぅ、けえてえ、規格住宅ねえそをる規則動詞びけえが並どをる言語やか、言語らあさあ無えやびらんがや。 追記:小那覇舞天ぬ「世界漫遊記」んじえ、「毎日、夕飯のお、まじゅん、食なびたん」んでぃち、あいびいさ。 したい! うちなあじゅうが、むさげとをいびいん。 うってぃいぬ天理戦まんぐらから、ゆうしいねえ、9年前ぬ再現がやらんでぃ思とをいびいたしが、実に、あんけえなとをいびん。 うちなあんちゅぬ意地見してぃとぅらち、でえじな、かふうしでえびる。 うちなあん、ちかぐるお、何やあくぃいやあぬまんどをいびいしが、なまぬぐとぅ、うちなあぬかりい付きてぃ、呉ぃみそをち、あんしまた、肝加勢しうたびみそうち、にふぇえでえびる。 東浜投手や、試合前、マウンドぬ上んかい手あてぃやい、甲子園ぬ御神がなしんかい、甲子園ぬやなむん、魔物(まじむん)、うぬきふぁすぬぐとぅ、御願立てぃとをいびいたん。 くりんまた、ちむええぬあたるはじやいびいん。 また、なまからん、うみはまてぃ、うちなあ、はねえかち、呉ぃみそをり。 今あ、住宅地けえなとをひが、昔え、馬走(んまは)らしふぬとぅくるやたんでぃくとぅやい、あひまた、我が童ぬばすお、家やちんじんとぅ小どぅあいびいたる。 てえげえや、空き地なやい、童んちゃあぬ遊びどぅくるなとをいびたん。 ようい一時(いっとぅちゃ)小あ、自動車練習所なとをるく時んあいびいたん。 米軍がガードマン詰所とぅはあなんかい、使とをたるコンクリートぬ建物お、今あ、一般住宅とぅなとをいびいん。 さてぃ、うぬ「支那陣地」え、戦後、中国人、朝鮮人が駐屯そをたるとぅくるとぅか、軍(米軍がやら中国軍がやらわかやびらんひが)ぬ倉庫がやたら分かやびんしひが、ユナグシクん人ぬ話なかいや、兵器砲弾ぬ残骸集みてぃ、収納すぬとぅくるやたんでぃぬくとぅ。 やひが、「支那陣地」んでぃゆる言葉自体(じてえ)が、与勝半島ぬ人んちゃあが名付きたる俗称なてぃ、実(じゅん)に中国軍(蒋介石軍)が沖縄んかい駐屯そをたみ、居らんたみんでぃゆるくとお、今までぃ、確かなくとお、わかやびらんたん。 やひが、くんどぅ、「支那陣地」が実にあたるくとぅぬ分かやびたん。 去(ん)じゃる3月5日ぬ新報夕刊ぬ3面うとをてぃ、「60年ぶり恩人と感激の再会」んでぃゆる記事ぬあいびいたん。 うぬ記事え、終戦後、むぬん無えらな、やあはほをたる屋慶名ん人ぬ外間さんが中国(軍)人ぬ唐さんから食(か)みむん分きてぃ呉ぃらってぃ、救しきらったんでぃぬくとぅやいびいん。 唐さんぬ赴任期間や1947年から1949年までぃ。 また我が生まりたる年え、1948年なとおをびいん。 やひが、くりから後お、自考(どぅうかんが)えどぅやひが、1949年でぃ言いねえ、中国共産党が中華人民共和国建国宣言はびたる年。 国民党軍関係者たあや、むる自ぬ国んかい帰えらんでえ、ならんなたるばすやらはじやいびいん。 あひ、うぬ唐さんや、文化革命ぬばす、自守(どぅうまむ)いるたみ(蒋介石ぬしんかやたるくとぅぬ分かいねえ、紅衛兵たあなかい、ちゃあがはらりいらあ分かやびらんへえ)、沖縄ぬ写真とぅか資料や、むる焼ち捨てぃたんでぃぬ記事なとをいびいん。 伝説化ないがたあやたる「支那陣地」ぬ存在が、今いや、事実やたるくとぅぬ確かみらってぃ、いそうはぬないびらん。 語句:馬走らし=馬ぬ走ええ勝負しみゆるとぅくる。 〜はあなかい=〜し、さあなかい。 はびたる=さびたる。 やひが=やしが。 あひ=あんし。 ちゃあがはりいらあ=ちゃあがさりいらあ。 分かやびらんへえ=分かやびらんせえ。 今(なま)いや=今なたれえ。 いそうはぬ=いそうさぬ。 我ったあうんぬ方ぬうざさあや程まぎいやたくとぅ「まぎい主」んでぃち、あざ名付きらっとをいびいたん。 会社とぅか、部落とぅか、組織ぬ中んじ、一番上やる人んかいん、「まぎい」んでぃ言ゃびいん。 ふぃるましむんやいやさびいしが、梵語(サンスクリット語またうぬやる方言パーリ語)ぬ「マハー」んでぃ言しえ、漢字しえ、 「摩訶(まか)」んでぃ書ちゃびいしが、うぬ意味え、うちなあぐちぬ「まぎさん」、んでぃぬ意味とぅいいくる同ぬむんやいびいん。 仏典経由(「摩訶(まか)」から「まがあ」「まぎい」)さあにどぅ、うちなあぐちんから成たらあ、また、直接、サンスクリット語からが入っちちゃらあ、わかやびらんしが、どぅく似ちょをくとぅるふぃるまさいびいる。 摩訶不思議んでえ、うぬくとぅどぅ言ゃびいがや? 国語学者ぬ大野晋氏にゆいねえ(司馬遼太郎とぅぬ対談、「日本語の起源を追う」から)、インド南端んじ使あたっとをんでぃ言ゃっとをるタミル語ん日本語とぅ似ちょをんでぃぬくとぅやいびいん。 似ちょおしえ単語びけえやあなら、文法体系までぃ同ぬむんやんでぃぬくとぅ。 係り結び(強調語〜連体形、うちなあぐちやれえ、『〜どぅ、〜やる』とぅか)ぬ有しん、同ぬむんやいびいん。 てえげえ、うちなあ、日本、朝鮮んでえぬ文化あ、やインドとぅかかわいぬあぬはじやいびいん。 宮古、八重山んじえ、でえじなさかんやんでぃ言ゃっとをひが、与那城人お、与勝ん、さかんやんでぃ考えとをるふうじ。 やひが、我が、那覇・豊見城ぬスーパーんでえんじ、確かみたれえ、ジュウロクニチー用ぬ重箱(うさぎむん、かざいむん)ぬ注文ぬまんどをんでぃぬくとぅ。 ああくとぅ、うちなあじゅう、まあんくぃんんじ、ジュウルクニチーやさかんやるくとぅんかいないるばあ。 我ったあん、去年から仏壇持っちょをい、うぬ据きかざいはんとおならんくとぅ、自ぬ実家(をぅやぬやあ)びけん、あらん、あまくま電話なかい聞ちゃるばすやん。 先島んじえ、ジュウロクニチーや墓んじるふんでぃぬくとぅやひが、うちなあ本島んじえ、家んじるふる。 墓んかいや、先祖んかい、「ちゅうや、ジュウロクニチーやくとぅ、受き取いがめんそおりよ」ち、案内か行ちゅるうっさどぅやる。 やひがまた、シチグァチとお、いぬむん(ゆぬむん)、精霊(そうろう)ちけえすぬとぅくる(人)んあんでぃがら。 うりえなあ、「気持ち」ぬ問題どぅやへえやひが、なあめえめえぬ実家から習たる通いふへえまし。 さてぃ、本題ぬみいジュウルクニチーぬ話やひが、んじゃる1年が間(うぇえだ)なかい、まあちょをる人にとぅてぃぬはじみてぃぬジュウロクニチーぬくとぅどぅ言るばすやん。 我ったえねえし、みいくに、仏壇持っちょをる家がジュウルクニチーふぬくとおあらん。 我ったあ御主前(祖父)が居みせえるうぇえかぬ家や、今度お、みいジュウロクニチーんかい当たとをん。 くずぬ師走んじ、従兄ぬけえまあちゃるばす、うぬ妻(80歳)が電話なかい我かいぬ案内や、でえじなふぃるましむんなてぃ、今んゆう覚いとをん。 「ちゅうちゃんちんやひが、主がけえ倒りてぃ、なあちゅらすがいどぅけえひみとをんどお」 あひ、我のお、あらあらあ、受き取とをたひが、大切なくとぅやくとぅ、確かみいる肝んあてぃ、 「あへえ、我のお、兄弟姉妹んかい連絡はんとおならんひが、ちゃぬふうじいひ連絡へえしむがやあ」 うちなあんかいや、人ぬまあふぬくとぅんかい、「唐旅んかいはちゃん」とぅか「フランスんかい行じゃん」とぅかぬあひが、「ちゅらすがいけえひみたん」でぃゆへえ、はじみてぃ聞ちゃん。 語句 ああくとぅ=あんすくとぅ。 しきかざい=供えむんねえ。 さんとお〜=さんでえ〜。 ゆへえ=言しえ。 米軍や在日米軍ぬ兵士んかい「倫理教育」すんでぃがら。 軍隊やあたまに、戦争遂行すぬたみ(人権、倫理観持たっさん訓練しみらっとをる組織) 非倫理的存在。 何ぬ教育よ。 けえ笑あすっさあ。 ただぬパーフォーマンスてえなあ。 実に「教育」さあい、直ゆるむんどぅんやれえ、今ぐるお、きっさ、落てぃ着ちょをたるはじ。 アミリカーぬ一番テエショウが、わびしいが、県ぬんかい来ゃんでぃぬくとぅやしが、わびゆるうっぴやれえ、ちゃっさやてぃん謝とおをけえんでぃが考えとをらあ。 「遺憾」「残念」「恥ずかしい」、ちゃっさやてぃん、言ちょをけえんでぃが考えとおらあ。 ふんとうやれえ、県知事たあや、アミリカーぬトップやる ジルマー在沖四軍調整官ぬ更迭や当たい前ぬくとぅとぅし、 ライト在日米軍司令官ぬ辞任までえ、要求さんでえならんはじやしが、何ががふぃるまさらあ、謝罪しいが来ぉをるたるジルマー調整官ゆエレベーターまでぃ見送たんでぃぬ報道。 あんすくとぅとる、うちなあんちゅお、むるてえげえやさんでぃ、あんすか、ヤマトゥー・アミリカーなかい、うせえらってぃ歩ちゅる。 とおまじ、犯人ぬ所属ぬ長から、上ぬ人んちゃあまでえ、いっそうから、首(更迭)なちんでぃ、今までぃやかや、くったあん、そお入いるはじどお。 (でえじな、効き目ぬあぬはじ…。 )うんさく、うぬ事件や重むんやんどおでぃち、悟らさんでえなんでぃ思ゆしが…。 何ががふぃるまさらあ=何がうけえとをらあ。 何やふぃるまさが。 ちゃあしが、むぬん考えとをらあ。 そお入ゆん=精(魂)ぬ入ゆん。 むぬぬ分かゆんねえしなゆん。 道理ぬ分かゆん。 利口なゆん。 、 昔ぬ話や、あらな、今ぬ話え、いふぇえ、分かい易っさるはじんでぃ思やびてぃ、なあくうてん小や書ち足れえらんんでぃ思とをいびいん。 今ぬ日本語うとをてぃぬ「言って はいけない」とぅ「言っち ゃあいけねえ」、「それ はないよ」とぅ「そり やねえよ」や、同ぬ意味やるくとお、誰がん分かゆる通いやいびいん。 うんなくぅんでえ、吟味しいちねえ、「わ(は)」とぅ「や」や今ちきてぃ、たあちゅう(双子)音やんでぃ言ちん済むぬあたいどぅやいびいる。 あん考いねえ、うちなあぬ係助詞「や」とぅ日本語ぬ係助詞「は」や、たあちゅう(双子)んでぃ言るくとぅぬないびん。 また、「わ」とぅ「や」ぐとをる反子音や、実え、二重母音(母音ぬ組合せ)どぅやいびいくとぅ、日本語ぬ遠さる親戚やる朝鮮語(韓国語)うとをてぃん、かわてぃ「わ行音」や、「ウ」とぅ他ぬ「オ」「エ」「イ」んでえとぅぬ組合しなかいどぅなとをいびいる。 ちゃあでえびるが、あんしん分かいぐりさいびいがやあ。 あんし、火ヌ神がなしんかい、「くりえ、なあ御無礼なとをおいびいん、うさんでえさびら」んでぃち、うさんでえさびたん。 まじえ、賞味期限見ちんだでぃ思てぃ、うぬ餅ぬ下(しちゃ)んかい貼らっとをるラベル見ちゃれえ、賞味期限やなあだ先なてぃ、ちけえねえやびらんたしが、餅ぬ名ん表示さっとをいびいたん。 うぬ餅ぬ名や、「お鏡餅「うさぎもち」んち、なとをいびいたん。 正月餅え、「うさぎむん」やくとぅる「うさぎもち」んでぃち、名付きさっとをさやあんでぃ思てぃ、いそうさそさびたん。 近頃お、コマーシャルんでえん、「うちなあぐちブーム」やくとぅ、食品名までぃ、うちなあふうじなてぃんでぃる思いとをいびいたる。 やしが、ラベルぬ一番下んかい、製造会社ぬ所在地が新潟県やるくとぅぬわかやびたん。 製造そをるとぅくまが新潟やれえ、いかな何やらわん、うちなあぐち使ゆるわけえねえらしがやんでぃ、ちゅてえや、ふぃるまさあおをたしが、うぬ「うさぎもち」ぬ「うさぎ」え、「うさぎゆる」肝合えやあらな、「兎」ぬ「うさぎ」どぅやらはじんでぃ、思ゆしとぅまじゅん、うぬ餅が、「兎」んかい似ちょをるくとぅぬ分かやびたん。 やあふんぬう。 「ぐぬぐるんしいや暇どぅけえなとをみ?」 くんどぅぬ冬お、くうてん小?、まどぅぬあたくとぅ、まんぐらぬ畑ぬあむとぅんでえから刈い採てぃちぇえるぐしちばらんなかい、二あちえ箒(写真、上や50cmバンジョウガニ)作たるばすやいびいん。 ばらん箒作ゆしえ、小学校ぬばすお、毎年冬休みぬ宿題やたくとぅ、作い慣りとをおんでぃ思とをたしが、いざ、作てぃにいねえ、思いぬふか、ひまだありなむんやいびいたん。 やしが、くうてん小ぬちり芥までぃ、いちいち電気掃除機なかい掃除しいねえ、電気代ん、てえすい、環境んかい悪っさくとぅ、エコ掃除機んでぃ考えいねえ、でえじな、ゐいりきさいびいん。 ぐすうようん、作てぃぬうしえ、ましえあいびらんがや。 作いみちや次ぬ通いやいびいん。 1.ばらんや箒一ち分のお、てえげえ100本びけえ入用(地から上んか伸びとをるむのおまし。 崖んでえから横んでえ下んでえんかいみいとをるぐしちえ、葉ぬ付ちまんでぃ、葉取ゆんでぃ、ひまだあり)。 2.ばらんぬ種え、叩ちゃあ叩ちゃあし、だってぃい、落とぅするぐとぅ。 はじみぬ一たばいや、ちんだ(縄、紐やてぃんしむん)なかい、くんち、2段目からあ、たっくゎあさあたっくゎあさあさがなあ、たばてぃ行ちゅるばす。 4.かちみどぅくるん、2〜4びけんたばゆん(写真参考)。 5.ばらんや横ぬ二とぅくるから叩ちゃあ叩ちゃあし、平ぴらけえなするばす。 あんしから、断髪小し、形整ゆるばす。 6.最後に、掛きやあ紐小付きいねえ、作いすび。 ちゃあ、くぬホームページかなさしうたびみそうち、にふぇえでびる。 こんどぅんまた、ゆたさるぐとぅ、う願えうんぬきやびら。 くぞお、じゅんに、いるんなくとぅぬまんどをいびいたん。 今年え、つちのえ子年んでぃいち、60年ぬはじみぬ年んかい当たやびいくとぅ、必なじ、いい年ないるぐとぅ、肝入りてぃ、願立てぃとをいびいん。 我にん、子年生まりやいびいくとぅ、今度お、還暦なとをいびいん。 やいびいくとぅ、くずぬうちなかい、しいちびやるむのお、さんでえならんでぃ思やい、40年以上前かや持てぃんでぃ言ゃっとをたる元祖(尊々前=とうとうめえ)、思いちち、うんちけえさびたん。 うぬ元祖人お、我うざさあなみそうち、太平洋戦争ぬばす、テニアン戦んじ、昭和19年8月、21歳ぬばす、くぬ世失なたる人やみせえん。 大正12年生まりやくとぅ、我とぅいぬ子年やみせえん。 勝連与那城んじえ、いぬちるみいぬ中んじえ、ゆう目立ちゅる学生やたんでぃぬくとぅ。 長えさ元祖預かとをたる従兄ぬ嫁え、我にんかい、「実に、やあめえ継ぢ命(ちじみい)やは」んでぃ言みせえたん。 うぬふかにん、いるいるあいびいたしが、政治ん、経済びけんやあらん、地球ん、いふうなあなてぃちょをいびいん。 いるんな人んちゃあがいるんなくとぅ言みそうちょをいびいしが、実ねえ、肝ぬくとぅやてぃん、肝とぅ理屈お、たんかあんかい在るむんやいびいくとぅ、いちゃっさ理屈言ちん肝変えゆるくとおないびらん。 あらたまる年ぬ当たてぃ、どうでぃん、ぐすうよう、肝清らしようわち、うたびみせえびり。 うんじゅうなあたあぬ御蔭なかい、くぬホームぺージんかいめんせえる人数ん、5万人超いとをいびいん。 なまから、ゆくん、思がなさうたびみせえびり。 語句 やあめえ=やあや。 継ぢ命=(くぬ元祖)継ぢびちいやる人。 やは=やさ。 いるいるとぅ、調びいねえ、実え、くぬ「わ」とぅ「や」や、姉妹音(ちゅおでえうん)やるふうじやいびいん。 ヤマトゥんじ、室町時代まんぐらまでえ、「われ」んでぃ言いねえ、なまぬ「おまえ」とぅいぬ意味やたるばすんあいびいたん(いちぬ間がやら、なまぬ「我」ぬ意味んかい定着そをるばすやいびいしが)。 「われ」ぬ「わ」が「や」んかい変わいねえ、「やれ」んでぃなやい、うちなあぐちぬ「ぃやあ(きみ)」とぅ似ちちゅうるばすやいびいん。 いぬヤマトゥんでぃ言ちん、あいゆか広さくとぅ、なあめえめえぬ地方んかいや、いるんな言葉ぬまんどをたるはじやいびいん。 奈良時代ぬ「なね」や与勝地方んかい残とをる「なあみ(きみ)」ぬ意味やい、いぬ「あなた、きみ」やてぃん、いるんな言い方ぬあてえさやあんでぃ思ゆるばすやいびいん。 うんなくとぅ考えいねえ、「わみ」んでぃゆる言葉んかい「我身」んでぃぬ字当てぃとをしえ、違てえ居らんがやんでぃん思やびいん。 うんな字当てぃいねえ、「なあみ」んかい「汝身」んでぃぬ字、当てぃらんでえならんないびいしえ。 また、沖縄語辞典んじえ、「ぃいきが」「ぃいなぐ」んかい「Wikiga」「Winagu」ち言やびいしが、伊波普猷ぬ書物んじえ、「Yikiga」、「Yinagu」んでぃぬ表記んあいびいん。 わったあ与那城んじえ、確かに、「「Yikiga」、「Yinagu」んでぃぬ言しが、ひるましいむいんでぃ思とをいびいたしが、首里那覇んじ、うぬ区別んさんどぅがあいびいら。 あんし、日本語ぬ係助詞ぬ「は」や、何んでぃちが「は(Ha)」でぃち表記すがやあんでぃ考えたれえ、実え、「わ」とお別ぬ発音やたぬはじやんでぃ思やびいん。 今あ、「wa」んでぃち発音さびいしが、昔え、「Wa」とぅ「Ya」ぬ間、「Wya」や、あらんたがやんでぃ思ゆるばす。 あんしから、琉球語んじえ、「Ya」んかい、日本語んじえ、「wa」んかい変わてぃちゃるばそお、あらんがやんでぃ考えとをばすやいびいん。 やしが、音ぬ固定化しいやっさる「Wa」とぅ比なびいねえ、「Ya」や、崩りやっさる音やいびいん。 「Ya」けえ選らだる琉球語や、うりが口語んじえ、前ぬ語ぬ語尾音にゆてえ、「あ」なたい、「え」なたい、「お」なたい、「のお」なたいそをいびいん。 例:「明日あ」「テレビえ」「コップお」「キッチンのお」とぅか。 蛇足(うゎあばむにい)やいやさびいしが、ヤマトゥんじえ、レンタカーぬナンバープレートお、「や」ナンバーやしが、うちなあんじえ、「わ」ナンバーやいびいんや。 うりかあん関係んあいがさびいら。 あらん、うりえ、偶然どぅやるはじ。 仕方あねえらん、八重山からぬ出張帰りぬちゃくしとぅ、まんな、那覇市民体育館ぬんかい、行ちゅるくとぅんかいなたるばす。 親やか彼女小添うてぃいけえ済むるむんでぃ思いさびいしが、居らんがあら。 テレビんじぬスポーツ観戦や、好ちえやしえやしが、会場んかい見じいが行ちゅるあたいやあびらん。 今までぃ、会場んじ、見ちゃるプロスポーツんでぃ言いねえ、東京ドームんじそをたるプロ野球ぬ試合びけんどぅやいびいたる。 見じい欲しゃんでぃぬ肝なかいやあらな、出張ぬまどぅ、どぅく暇なやい、八重山観光協会ぬ人なかいそうらってぃ行じゃるむぬやいびいたん。 パリーグぬ試合やたんでぃ覚いとをしが、まあとぅまあぬ試合がやたら、むさっとぅ覚いてえ居いびらん。 巨人戦あらんたぬくとお確かやいびいたん。 あんし、沖縄んかい、琉球ゴールデンキングスんでぃゆるプロバスぬチームぬあぬくとぅ初みてぃ、分かやびたん。 相手チームお、アウェイぬチームどぅやくとぅんちがやら、表示板ぬんかいや、ただ「ゲスト」んちる書かっとをたるばすやん。 あんしパンフ見ちゃれえ、大分ヒートデビルちあいびいたるばあ。 第一クォーターや、16体16ぬどうばやたしが、第二クォーターから、ちゃあ離さりいし、終わてぃにいねえ、78-91なかい負きとをいびいたん。 バスケぬくとお、なんぞお、分かやびらんしが、キングスお、てえげえ、リバンウンドぬ取得率ぬでえじな悪っさいびいたん。 あんしまたファウルんまんでぃ、フリースローなかい、ちゃあ入りらりやいびいたん。 なああっちゃぬ新聞見ちゃれえ、6連敗でぃち載とをいびいたん。 なあひん、がんじゅうらんさんでえ、琉キングスや。 やしが、プロバスぬ選手お、むるふどぅまぎいなてぃ、うったあが着ちょをるパンツんでえや、わあが着ちいねえ、袴ぬぐとぅどぅあるはじ。 質問ぬんかいん「定番」ちあいびいん。 かあま早くから、 「くくぬとぅぐ(ん)じゅう」ぬ意味え何やがんでぃ言しん、「定番」ぬてぃいちんかいなとをいびん。 ふんとうや、質問すぬ人ん、意味え分かてえ、をぅしが、「何んでぃち、あん言が」んでぃぬ質問やいびいいるばあ。 誰がんがん、いれえららん質問やくとぅ、先じえ、「専門家」ぎさるる人んかい尋にてぃんだなんでぃぬ肝やるふうじやいびいんテ。 「うりえ、なあ『慣用句』どぅなてえをぅらに」んでぃいれえてぃん、質問相手や、「その答え待っていました」ふうじいし、「やらや、分からんあらや」んでぃち、くじたいすぬばす。 あんし、我ねえ、なあ、近頃お、「四十九ぬ、九(くくぬ)ぬ(部分ぬ)十(とぅう)んかい成いねえ、あり五十んかい成いしえ」んでぃ、 がんまりてえふぁムニイし、いれえゆるくとぅにそをるばすやいびいん。 また、なあふぃのお、『 「どういたしまして』や、うちなあぐちなかい、ちゃあし言が」んでぃしん、質問ぬ「定番」ぬんかい成とをいびいんヤ。 質問する人お、「どうせ、いれえゆうさん筈」んでぃちぬ肝んあるばすやいびいんテ。 あんし、我が、「うちなあぐちしえ、『 済まびいさ、済むさ』やいびいさ」んでぃち、返ちゃれえ、半ら合点がやたらあ、質問さあや、首よおげえよおげえさがなあ、「ソーレスカー」。 やしが、薩摩侵攻後ぬ江戸んじえ、玉城朝薫たあがヤマトぬ文芸・芸能(じいのう)んでえ習てぃ、組踊創作すんねえしなてぃ後からあ、いちゃさあきいぬ近代ヤマト語ぬ入っちゃあい (第一次言語 小転換期)、首里語んかい影響し、また地方語んかい混んちゃるばすやんでぃ考えとをん。 (首里言葉あ、語彙ぬまんどをんでぃ考えとをる人んちゃあまんどおしが、実え、ヤマトぅグチゆうちなあ発音そをる語ぬるまんどをる)。 江戸時代んじ、うちなあぐち(弥生以前ぬからぬ南島語とぅ混んち独自化そをたん)んかい入っちゃんでぃ思ありいる漢語ぬ「 頓着(とんじゃく)」、「 老耄(ろうもう)」、「 塔頭(たっちゅう)」んでえや、でえじな難さるむんやしが、うちなあんじえ、実に、日常会話んじゆう使あらっとをん。 文字ん分からん昔ぬ婆前たあがん、いいくるまるふぃいじいぬいちゃいはんちゃいんじ、いいくる使とをたしえ、でえじな、ひるましむんやんでぃ思ありいん。 「塔頭」や、ヤマトんじ仏教用語(宗派にゆてぃ意味ぬ違ゆん)けえなてぃ、「尖とをるむん」でぃゆるうちなあぐちぬ意味とお、いふぇえ、けえ違とをしが(ヤマト語しえ、「寺内ぬ中ぬ小寺」んでえぬ意味)、むとぅむとぅお、塔(五重塔とぅか)、「ストゥーパ(塔)」とぅかぬ意味ぬあたるばすやん。 「頓着」や、うちなあぐちなかいや「とぅんじゃく(看病、面倒見、見い考えとぅかぬ意味)、「老耄」や「ろうま(年んでえ取てぃ、かにはんでぃとをんでえぬ意味)」、また「塔頭」やうぬまま「たっちゅう」でぃち発音し、そう日常語やん。 ヤマトんじえ、今ちきてぃ、まるふぃいじいや使あらん難漢語どぅやるはじやしが、うちなあんじ日常用語化そをるくとお、ひるましむんやん(アンビリーバブルやっさあ)。 余談:あんし、廃藩置県あとぅぬ学校教育んじ『沖縄對話』んでえなかい広みらったる標準語励行運動時代(うちなあぐち撲滅運動時代)や、 第二次言語 小転換期やい、戦後ぬ方言札時代や 第二次言語 大転換期やるばすやんでぃ、我ねえ考えとをん。 ある野党ぬ政権担当能力ぬあみねえらにんでぃぬくとぅなかい、世間やむさげとおいびいん。 政治家ぬ、出じとをてぃ、議会制民主主義ぬ基本とぅか政党政治ぬ精神精神ぬんわからん、うぬゆうな、とっとろうむにいし、でえじな、うかさぬないびらん。 政権担当能力ねえらんあれえ、あたまに、政党や作るな、政治家んかいなるなんでぃ思ゆるばすやいびいん。 確か「用れば虎となり、用いらざれば、即ち、鼠となる」んでぃふうじいぬ故事ぬあいびいたしが、うりえ、鼠ぐとをる人んうぬポストんかい就ちいねえ、めえめえからうんな才能ぬあたるがぐとぅし、虎ぬぐとぅぬ能力発揮すんでぃぬ意味やいびいん。 ポストがる人間や育てぃゆる」んでぃぬ意味やいびいん。 会社関係、団体んでえ何がらぬ組織関係ぬしくひさぬしからしぬあぬ人やれえ、誰やてぃん合点すぬ話やいびいん。 また確か、伊藤博文やたるはじやしが、「旧藩んじぬ役人経験ぬあぬ人お、新政府(明治政府)んじん、通用すんでぃがらあぬくとぅ言ちょをん。 今ぬ与党やてぃん、官僚とぅかが、誉みいむにいしいねえ、ちゃんとぅそをくとぅ、(やしが、くじいむにいしいねえ、閣僚がコントロールしいゆうさんあたいし、怪物化そをいびいん)どぅ、政権担当能力があぬぐとぅ見ゆる、実ねえ野党ぬさくお、政権担当能力お無えらんがあらんわかやびらん。 やしが、野党が政権取いゆうさんくとぅ与党や長期政権けえなやい、根ぐいから、腐りがな腐り果てぃらちょをるばすやいびいん。 政策ぬ違とをる政党同士あが、ちがあるうし、交代んでえすぬ仕組みぬなとをれえ、互に、緊張小んさあい、与党があんすか腐らさんてぃん済むたるはじやいびいしが。 あぬ防衛庁とぅか、でえじな、腐(し)いかじゃぬすしが…。 やしが、アメリカんかい、ちゃあたっくゎいそをるくとぅか政権担当能力ぬ基準やれえ、なあまたくいえ別ぬ話どぅやいびいる。 三流政治ぬ、うかじなかい、日本国民やちゃんとぅそをるくとぅがる救いやいびいる。 特別翻訳 日本語へ(意訳で申し訳ありません) ある野党に政権能力があるかないかで世間は議論が沸騰している。 政治家のくせして、議会制民主主義の基本や政党政治の精神も分からず、このようなアホくさいを発言に、どうにも可笑しくてたまらない。 そもそも、政権担当能力がないと思うのであれば、政党を作るな、政治家になるなと、言いたい。 確か、「用いれば虎となり、用いらざれば即ち鼠となる」とかいう故事がある。 鼠のような人間でも、その ポストにつけば才能を発揮しあたかも虎のごとくなる、つまりポストが人を育てるという意味であろうことは、会社や組織で働いた経験のある者ならだれしも頷く。 伊藤博文だったと記憶しているのだが、「旧藩での役人経験のあるものは、明治新政府でも使える」みたいな事を言った。 今の与党だって、よく言えば官僚がしっかりし(悪く言えば、コントロールできなくっているほど怪物化している)ているからこそ、政権担当能力があるかのように錯覚されているのであって、本当のところは野党ほでないかもしれない。 だが、野党が政権に就けないばかりに、与党を長期政権化たらしめ、腐敗させしまった。 各政党が、かわりばんこで政権交代を繰り返していたなら、互いの緊張関係で、こうした腐敗も防げたはずだ。 だがアメリカべったりの度合いを政権担当能力の基準とするなら、話は別だ。 今のところ、三流政治のおかげで、国民がしっかりしているのが救いだ。 恩師ぬ名ん面ん、覚いとをひが、誰がが、いぬクラスやたらあ、むさっとぅ覚いてえ居らな、六年四組んでぃ書かっとをるテーブルんかい揃てぃ来ゃる男女お、じゅんにいぬクラスやたがやあんでぃ、ひるまはぬないびらんたん。 時間ぬ経っち次第、ようやく童ぬばすぬ面顔ぬ覚い出じゃはってぃ、あとお、声掛きいすうぶどぅなといびいたる。 はじみから、最後までぃ、すりとをる同期ぬ人んちゃあ、ゐきがんゐなぐん、むる与那城ムニイなかいどぅ話しやほおたひが、うりがでえじ自然やいびたんてえ。 童ぬばすお、いいくる屋慶名んちゅとぅ、屋慶名ムニイひ、遊だるむんやたひが、ちぬうや、じゅんに生ち屋慶名ムニイ、久しぶりに聞ち、いそうはいびいたん。 那覇んでえんかい暮らちょをる人お、ヤマトゥグチんまんちょをたひが、与那城ムニイなかい負きとをいびいたんや。 やひが恩師んかい挨拶すぬばそお、くりまた自然に、ヤマトゥグチぬけえはびいたんや。 また、与那城小学校ぬ校歌ぬちびらあさよ。 ひさしぶりなかい、ぶうるひ歌たたれえ、驚ちゃっさあ。 次ぎえ、校歌ぬ一番びかあ。 世は改まり 我々の (七五) 使命はここに 新たなリ (七五) 勇気を鼓して 南(みんなみ)の (七五) 世界平和の ともしびを (七五) かざす与那城 君知るや (七五) でぃち、歌詞んじょうとうやひが、一番から四番まで必なじ「七五」調なてぃ、響ちぬゆたはるばあ。 「世は改まり」んでえ、天皇世から国民 主権 世んかい改まとをんどでぃぬ意味合どぅやいびいる。 ああくとぅ、いがろうが使命ん新たなとをんでぃぬ肝合やんてえ。 あひまた、意地(勇気)出じゃち、世界平和ぬ火、とぅぶはなんでぃぬ言ちょをるばすやいびいん。

次の

アレルギーは大丈夫?初めての卵。生後8ヶ月赤ちゃんの離乳食中期mix twins eating egg for the first time

双子ごうくんとふわちゃん

うちなあぐち日記(にっち) くぬ日記や、2010年1月1日から、ブログんかい移やびいん。 どうでぃん、ゆたしく、う願えさびら。 容量ぬ心配(しわ)んさんようい、思(うみ)い切(ち)ち、語彙・語句ぬ説明ん、多くないびいくとぅ、読(ゆ)まがなあ、うちなあぐちぬ勉強(びんちょう)ん、ないびいん。 (この日記は、2010年1月から、ブログ)に移行します。 無料ブログのため、容量を気にせず(何たる貧乏根性)、語彙・語句の説明を徹底することができます。 読者の皆さんのうちなあぐちの勉強に、より以上役立てるよう工夫させていだきました。 これからもよろしくお願いいたします。 実(じゅん)に英語ぬ筆記体や蚯蚓(みみじ)ぬ這(ほ)うてぃ後(あとぅ)ぬ形ぬ如(ぐとぅ)どぅあいびいる。 やいびいしが、英語圏ぬ人ぬんちょおん、文字ぬ分からん人にとぅてえ、英語文字ん「みみじゃあ字」なてぃ見いゆる事ぬ分かてぃ、何がやら、いそうささびたん。 アミリカんかいジル・ボルト・テイラーんでぃぬ名(なあ)ぬ脳科学者ぬ居(をぅ)みせえん。 うぬ人(ちゅ)お、三七歳ぬばす、脳卒中(原因や脳血管奇形)なかい倒(とお)りたる為(たみ)なかい左脳がむるけえ壊(くう)りてぃ、言語能力んいっそうから失たるばすやいびいしが、四五歳ぐる迄(までぃ)なかいや、てえげえや奇跡的(きしちてぃち)に回復(くぁいふく)さるむんやいびいん。 ジルや、自(どぅう)が倒りたる直(ちゃあき)から回復すぬ迄ぬ事にちいてぃ、 『奇跡の脳』(ジル・ボルト・ターナー著、竹内薫訳、新潮社)でぃぬ本ぬんかい書表わちょおみせいびいん。 倒りてぃ後(あとぅ)、自ぬあんまあなかい、あぎまあさってぃ、彼女(あんまあ)とぅまじゅん、また字習い始みたるむんやいびいしが、倒りてぃ手術し後、初みてぃ見ちゃる字にちいてぃ、ジルや 「ミミズがのたくったような記号〜」「曲がりくねった『染み』」んでぃち表現そおいびいん。 あんし、ジルや強いてまでぃ、字習あさんでぃすぬあんまあや、けえ違てえ居らんがやあんでぃ思たんでぃぬ事やいびいん( 原著訳文では「《曲がりくねった染みに意味と音があることを教えようとした母に対して》私は、母が正気を失ったのではないかと思いました」)。 英語圏ぬ人ん、「初みてぃ」見じゅる字や「みみじゃあ字」なてぃ見いゆるばあやいびいさ。 序でやいびいしが、ジルや医者とぅか医療関係者から、「脳卒中なかい倒りいてぃ、半年しん治らんでえ、生ちみとぅとぅうみ治らん」でぃち、耳ぬ崩りるか聞かさったんでぃぬ事。 やしが、何年経っちん、本人とぅ周いぬ人ぬ努力次第なかい、脳や必じ元んかい戻ゆる事信じりんでぃち、書ちみせいびいん。 上等本やいびいさ。 みみじゃあ字=蚯蚓(みみじ)ぬ這うてぃ後ぬ形ねえぬ字。 みみじ=蚯蚓。 うちなあぐちせえ、精神的(しいしんてぃち)にくたんでぃとおる事(くとぅ)ぬ意味合(いみええ)やいびいしが、古語辞典見(に)いねえ、「悪い方向に(ものごとが)進み、不快に思う気持ち」でぃちあいびいん。 うりかあやうちなあぐちとぅ似ちょおるとぅくるんあいびいん。 「うたた」ん同(い)ぬ語なとおる風儀()ふうじ。 うれえ済(し)まびいしが、くぬ前(めえ)ぬ12月3日、NHK見(ん)ちょおたれえ、千葉県(ちばきん)とぅか秋田県(あちたきん)じん「うだでー」、「うたてー」ねえ、今(なま)ん使(ちか)あらっとおんでぃぬ事やいびいたん。 日本ぬ地方ぬ言葉んでえぬ有様考えいねえ、標準語がる本当ぬ日本語とぅあい変わとおる人造語やる事ぬわかやびいさ。 古語 「一人、憂かりし島の島守になりにけりこそ、うたてしけれ」 うちなあぐち訳「どぅうちゅい小、しからあさる島小ぬ島守(役人)んかいないる事がる、うたゆる」。 またなあ一(てぃ)いちえ、くさむにいさびら。 うちなあぐちんかい「うったてぃ」(副詞)んでぃぬ語んあいびいしが、実(じち)え、くりん、古語うとおてえ「うたて」とぅ大概(てえげえ)似ちょおるとぅくるぬあいびいん。 「うたて」んかいや、「ますますひどく」、「いやにいとわしく」とぅかぬ意味ぬあいびいしが、うちなあぐちぬ「うったてぃ」え、「わざとぅ、嫌なしい様する事」ぬ意味合やいびいくとぅ、大概小や似ちょおるとぅくるぬあいびいん。 『実践うちなあぐち教本』ぬんかい、面白さる言葉集みてえるコーナーんかいん「おじさんギャグ」風儀載してえいびいん。 「歌ゆ歌てぃ、うったてぃうたてぃ」(歌を歌って、わざと疲れて)。 実に、うたゆっさあ。 やしが、普天間基地問題やか、うたゆるむぬんあいびいみ。 ノストラダムスぬ予言とぅか、かわてぃ人間(にんじん)てぃらむんや、終末予言が、好(し)ちやる風儀(ふうじ)。 うりんかいかがなゆる書籍(しむち)ん、ちゃっさきいなあ書かってぃ、映画迄ん作らっとおいびいん。 仏教んかいん末法思想んでぃゆしぬあいびいしが、「くぬ世ぬ終わい」んでぃゆる終末論とお、違やびいん。 仏(ふとぅち)ぬ習あちゃる事ぬ分からんないる時(とぅち)ぬ事どぅ言ちょおんでぃぬ話んあいびいしが、我ねえ、仏教徒んあらな、勉強(びんちょう)んせえ居いびらんくとぅ、むさっとぅ、分かやびらん。 やしが、終末映画てぃらむんや楽しみやいびいさ。 マヤ文明(まやあさあ文明)なかい、迷(まや)あさってぃ、うむしるむんやいびいさ。 あんちゃ!うちなあやユタ文明やいびいしが、終末思想や、ちゃぬふうじいがなとおいびいらあ。 うちなあんかいや「来(ち)ゅうん来ゅうん来(く)うぬう」でぃぬ性分持(しょうぶんむ)ちぬ人種ぬまんどおいぎさいびいん。 くぬ性分や、良いむん悪(や)なむんやいびいん。 友(どぅし)んちゃあぬ参会(さんくぇえ)、親戚(ゑえか)・腹氏(はろうじ)ぬ揃(すり)い、同窓会んでえんかい、呼ばりいねえ、必(かんな)じ、「来ゅうさ、来ゅうさ」し、応(いれ)えゆしが、むさっとぅ、来うん人(ちゅ)ぬ居いびいん。 うんな人ぬ事やいびいん。 始(はじみ)から、「行ち欲しゃあねえらん」とぅか、誘(さす)いんでえ、断(くとぅわ)いねえ、「何(ぬ)が何が」んでぃち、あびらってぃ、かしまさいびいくとぅ、「おお、来ゅうさ」とぅか「うう、来ゃあびいさ」とぅか、行ちゅん振うなあさびいるばあ。 あんしいねえ、誘(そう)やあん、「あんせえ、必じ来うよお」んでぃち、うり以上や何ん言ゃびらんしえやあ。 直ぐに「来ゅうさ」んでぃち、応えゆる人お、てえげえや、来ゃあびらん。 くり法則やいぎさん。 ありくり、いちゃいはんちゃいし(問答)しから、「あんせえ、来ゅうさ」んでぃ言る人ぬばあや、てえでえや来ゃあびいん。 いりかまあん問答さん為ぬ知恵(じんぶん)がやら、かわてぃ、うちなあんちゅんかい、まんどおねえそおいびいしが、ちゃあでえびるが。 言い訳(わき)んでぃせえ、事ぬ始まいる前や、反論さりいねえ、じゃあふぇえやしが、事が終わてぃ後お、反論さってぃん、「後の祭り」けえなてぃ、でえじな、しい易っさいびいせえやあ。 いふうな生活ぬ知恵やいびいさ。 一番ぬ厄介(やっけえ)な問題や、我にん、例外あらん事やいびいん。 くぬ前(めえ)、ヤマトゥからめんそうちゃるゑえかとぅ話そおたるばすどぅやいびいる。 「比嘉サン、寝ルノモ、若イ力ガ必要ダヨ。 若イトキハ、良ク眠レルケド、年取ッタラ、アンマシ眠レナイサネ」 やいびいさ、んちゃ。 あんやら筈(はじ)、普通ぬ人(ちゅ)やれえ。 寝んじゅしえ、ただ、力ん入りらんようい、横(ゆく)なやい、寝んたるびけんどぅやるむんぬ、力(てえ)ぬ入要やんでえ、思みやびらんたん。 やしが、くりえ、実にぬ話やる筈やいびいん。 色(いる)んな話、聞(ち)ちいねえ、人お、寝(に)んとおる間(いぇえだ)なかいどぅ、脳から内臓(ねえぞう)ぬあるっさまでぃ、リフレッシュしみらりいんでぃぬ事(くとぅ)。 ある学説にゆいねえ、内臓ぬかあじ、リフレッシュすぬ時間ぬ割い当てぃらっとんでぃぬ事。 あんすくとぅる、寝んじ浅さぬ人ん、寝んじ弱(よう)さる人ん、次第(しでえ)に、からたぬあまくまぬ弱てぃ、病(やんめえ)ん罹いやっさなてぃ来(ち)ゃあびいがやあ。 あんし、我ねえ、自一人(どぅうちゅい)考えさびたん。 睡眠力付(ち)きゆる為(たみ)ねえ、うたらんあたいぬ運動や毎日(めえなち)すしえましやいびいさ。 また毎日が毎日、湯風呂(ゆふる)ん入っち、皮膚(かあ)ん、あたらさし、清潔にさんでえないびらん。 やしが、我ねえ、六十(るくじゅう)余てぃん、朝寝んじ、昼寝んじ、夕さんでぃ寝んじ、夜寝んじんでぃち、日に四(ゆ)けんや鼻ひち、寝んとおしが、支(ちけ)ん無えやびらんがやあ。 当たい前、支えぬあぬ筈。 本寝(夜寝)ぬ浅さくなてえ居らんがやあんでぃち、心配(しわ)やいびいさ。 人(ちゅ)が、鼻ひちゃい、さっくいさい、しいねえ、ウィイルスが飛ばさってぃ、あんし、他所人(ゆすんちゅ)ぬ口、鼻んかい入っち来ゅう事んでぃぬ事やいびいん。 やしが、知っちょおりいぬ医療従事者ぬ話ぬゆいねえ、目(みい)ん、口鼻とぅ同ぬむん、粘膜ぬ「むき出し」なとおくとぅ、目までぃ、覆(う)すらんあれえ、「頭隠して尻隠さず」風儀(ふうじい)なてぃ、ちゃっさ、マスクしん、役ん立たんでぃぬ話。 あんし、うぬ医療従事者ぬ病院うとおてえ、医者ん看護士ん、患者と話すぬばすお、てえげえゴーグルまでえ付きとおんでぃぬ事やいびいん。 「耳無し芳一」んでぃぬ幽霊話ぬあいびいん。 和尚が芳一んかい、平家ぬ亡霊なかい、殺さらんねえし、胴いっぺえ、般若心経写経さるむんやしが、耳びけんや、写経すし忘りたんでぃぬ事。 あんされえ、うぬ夜、亡霊ぬ出じてぃ来ゃあま、芳一ぬ耳、切(ち)い落とぅちゃんでぃぬ事。 あんせえなあ、ゴーグルまで付きらんでえ、耳無し芳一とお同ぬむん、耳えあらん目から感染どぅんしみらりねえ、じゃあふぇえやいびいっさあ。 やしが、ふぃるましむんやいびいさ。 車ぬ中んじん、どぅう一人どぅ居るむんぬ、マスクそおる人んまんどおいびいしが、ありえ、何んでぃ言れえ済まびいがやあ。 1944年ぬ今日、米軍や沖縄空爆さん。 過去ぬうゎあちち、調びやい、一年通ち、一番晴りいる確率ぬ高さしえ、10月10日やんでぃぬ事。 やてぃ、米軍やうぬ日はじみてぃ空襲さるばすやん。 1964年ぬ東京オリンピックぬ開会式ぬ日ん10月10日やたん。 空あ、まあまでぃん晴り渡てぃ、風え、しださたる覚いぬあん。 一昨日(うってぃい)までえ、昼間ぬ気温や30度あまい。 昨日からあくうてん小やしだくなとおしが、今日や25度まんぐる。 気温があったに、5度びけえ、低くないねえ、なあ寒く、けえなとおんねえどぅそおる。 あんし、空あ曇てぃ、青空あ、まあにん見いらん。 夕びまでえ、クーラー点きてぃる寝んたしが、明き方あ、どぅく寒さぬ消ゃあちゃん。 今日や朝から、なあ、扇風機みんぐぁさんてぃん済むん。 うぬしだ風え、ミイニシ(新西風)がやら。 オバマ大統領がノーベル平和賞得いゆる事んかいなたんでぃぬ事。 あんしいねえ、今からあ、米軍やなあ沖縄みみじん、弱ばあみみじんならん筈やあ。 平和主義やれえ、沖縄んかい基地置ちゅる理屈え通らんないせえ。 早く、撤去し取らし!。 とおひゃあ、かりゆしかりゆし!。 沖縄みみじ=沖縄いじめ。 弱ばあみみじ=弱いものいじめ。 うぬ人ぬむぬぬ考え様や、 県民ぬ意見やか、中央政府ぬ意見どぅ聞ち欲しゃそおみせる。 自民党政権時代ぬ考えからぬ事大主義者どぅやみせえる。 自民党やか、 ゆくちじ。 やしが、前原沖縄担当相(兼国土交通相)がくぬ前、来沖さるばす、やっとぅかっとぅ、「県外移設や理想やしが、普天間基地え、早くなあ移設さんとおならんむんやくとぅ、現実的ねえ、県内移設やてぃん済むのおあらに」んでぃち、みそおちゃん。 1996年ぬ日米首脳会談んじ、全面返還すんでぃち、合意さっとおいびいたしが、県内移設が条件とぅなとおたる為なかい、今ちきてぃ、前あがちんなてえ居いびらん。 あんし、町ぬ中じぬんかい、飛行場基地ぬあんでぃせえ、考えららんむんやくとぅ、「早くなあ、退(どぅ)きなり」んでぃしん、当たい前ぬ御粥前(うけえめえ)。 やしが、県内んかい新に米軍基地造ゆんでぃせえ、じょういあてえならん事やいびいさ。 子孫(くぁんまが)んちゃあぬ為ねえ、なあひん、日米んかい強う強うとぅ言しえましえあいびらんがやあ。 「慌てる乞食は貰いが少ない」でぃぬ黄金言葉ぬあいびいせえ。 何(ぬ)が何(ぬう)んでぃち、「シルバー」やがんでぃ言いねえ、ゴールデンウィークぬ次なかい休日ぬ多(うふ)く続(ちじ)ちょおくとぅやんでぃ言しがるうぬ理由(わき)やる風儀(ふうじ)やいびいん。 やしが、つぎにぬシルバーウィークお、2015年やんでぃぬ事(くとぅ)。 あんやるむんやいれえ、数年(すうにん)、十数年にちゅけんぬ「ウィーク」やれえ、ゴールデンウィークとぅ比較(ふぃっちょう)さんてぃん、済(し)むええさびらに。 毎年(めえにん)あるむんやれえ、シルバーウィークんでぃちん、良(ゆ)たさいびいしが、あねえあいびらんむん。 数年、十数年にちゅけんぬ、まるけえてぃぬ連休やれえ、却(けえ)てえ、 ミラクルウィークんでぃち、名付(なあじ)きすしえ、ましえあびらんがやあ。 あらんよう、何が何やらわん、済むしえしまびいしがよう…。 P・P・Mや歌びけんやあらん、政治的意見(しいじてぃちいちん)ぬん持っち、ベトナム反戦(はんしん)ぬ活動(くぁつどう)んそおいびいたん。 学生時分(ぐぁくしいじぶん)やうったあ歌、良(ゆ)う聴(ち)ち、肝(ちむ)うらあきらったる覚(うび)いぬあん。 アミリカんかいん、うん如うし、国ぬ政策んかい反対すぬ人んちゃあん居(をぅ)い、国民(くくみん)ぬ価値観が多様やる事(くと)お、平和うみがなさそおる世界中ぬ人んちゃあにとぅてぃ、肝加勢(がしい)んてぃ、でえじな良(い)い事どぅやいびいる。 ピーターんポールんちゅら声(ぐぃい)やしが、マリーや肝ぬ思(うみ)いがやら、かわてぃ、天使(てぃんし)ぬ歌声ぬ如(ぐとぅ)どぅあいびいたる。 また、同(い)ぬ反戦フォーク歌手ぬジョーン・バイエス(日本じえ「バエズ」)ん同ぬ時代(じでえ)ぬ人(ちゅ)。 うぬ人ぬ父(すう)や核爆弾ゆくふぁ撥(ば)にさる反戦科学者なやい、バイエスくるん、納税すぬばあや、必じ、軍事費ぬ割合(わいええ)や収(うさ)みらんたんでぃぬ事やいびいん。 うんな強うばあぬ居んばあやいびいさ。 マリーぬめえ、天国んじ、ゆうゆうとぅしんそおり。 また、今(なま)あ、パイナップルやいびいしが、童(わらび)ぬばすお、アダン(アダニ)ぬ実(ない)どぅやいびいたる。 果物お、貧乏(ふぃんすう)やたくとぅ、かざいゆうさんたん。 近頃(ちかぐる)お、スーパーとぅかデパートん商売(しょうべえ)上手(じょうじ)なやい、いるいるぬ御菓子(うくぁあし)から、花までぃまんどをいびいしが、何(ぬ)が何(ぬう)んでぃち、がんしな小、箒小ん売てぃとぅらんさがやあ。 やしが、いかな商売ぬ為(たみ)やらわん、なあ省略さっとをるむのお、いちいち復活さんてぃんしむのおあいびらんがやあ。 シチグァチ(旧七月ぬ盆)ないねえ我たあ仏壇(ぶちだん)や、諸(むる)、かざいむんいぶったあし、いばやあしいちぇえそをいびいん。 がんしな=頭(ちぶる)んかい物乗しゆるたみに頭んかい置ちゅる丸綱そうなむん。 いばやあしいちぇえ=「いいばいくぁあさいんでぃん言ん。 今までぃぬ政権や、基地移転問題ん、うちなあんちゅぬ立場(たちふぁ)んかいや立たな、アミリカぬ国益優先すぬ立場んかいる立っちょをいびいたる。 大学んかい米軍ヘリぬ墜落さるばすん、県警ぬ立ち入り調査んしみらん米軍んかい抗議んちょおんしいゆうさな、日本ぬ政府お、アミリカぬ組(ぐう)どぅやいびいたる。 普天間ぬヘリ基地ぬ移転問題ん、いっそから、アミリカぬ組なてぃ、じょうい、うちなあんちゅぬ組んかいやないびらんたん。 米兵犯罪にちいてぃん、地位協定(不平等条約)ん直しいゆうさな、むる運用改みいねえ済むのおあらんでぃちびけん、あびやああびやあさあい、後ぬうんじゅみ、何ん変わやびらん。 うん如し、今ぬ今迄、うちなあんじ、アミリカ軍ぬしい欲しゃ勝手しみてぃ、むさっとぅ、うちなあんちゅぬ言る事お、聞ち来ゃあびらんたん。 アミリカーが居くとぅる、中国ん、北朝鮮ぬん攻みてぃ来うんでぃ言ゃあま、何ん分からんあてぃなしぬ童しかすんねえし、みったい、うちなあんちゅ、うせえとをいびいたるばあ。 やいびいくとぅ、今度ぬ新政権がちゃぬ風儀し、沖縄諸問題片付きいがすらんでぃち、見ちょをるばすやいびいん。 やしが、自民党が負きたしえ、小泉潤一郎ぬ願えが4年越しいなかい、やっとぅかっとぅ、実現そをるばすどぅやいびいさ。 さたぬあるかあじ、小泉え4年前んじ「自民党ヲブッ潰ス」んでぃ言ちょをいびいたしえやあ。 初めえ、異風なあやいびいたしが、専門家ぬ話や、茶色やかや、青るうそうしがる選手ぬ集中力ぬうゎあすんでぃぬくとぅやいびいん。 やくとぅるボルトん100M競争うとおてぃ、記録更新なたるばすんでぃぬ事やいびいん。 あんし、言る如、青るう道ぬるましやれえ、車ぬ歩っちゅる道ん、諸いっそうから青るうんかい直しいねえ、運転手ん運転ぬんかい集中し、安全運転ないのおあらんがやあんでぃ思ゆるばすやいびいん。 近頃、わざわざ、茶色んかい染(す)みとをるアスファルトんあくとぅ、青るうんかい染みゆる事んないぬ筈やん。 あんどぅんやれえ、交通安全ぬ為、道路ぬあるっさ、諸、青るうんかい染みゆしえましえあらんがやあ。 やな暑さぬ涼くなえいねえましやしが…。 米君が日嬢、そおてぃ、北君ぬ経営そをる幽霊屋敷(ゆうりいやしち)んじ遊(あし)どをん。 幽霊屋敷うとおてえ、怖(うとぅ)るさしみゆる為(たみ)ねえ何(ぬう)やてぃんすん。 「核造とをん」んでぃ言ちゃい、ミサイル飛(とぅ)ばちゃい、また隣(tぅない)ぬ家(やあ)、「けえ燃(め)えすん」んでぃ言ちゃい。 だああんせえ、恐(うとぅ)るさしみゆしがる幽霊屋敷ぬ命やるむん。 マンネリさんねえし、ひっちい、次え何すがやあんでぃち考(かんげ)えらんとおならん。 う客(ちゃく)ぬ変わいるかあじ、品替(しなげ)えいんさんでえならん。 幽霊屋敷経営(けえええ)すしん難儀(なんじ)くんじなむんやさ。 誰(たあ)がん誰がんないぬむのおあらん。 日嬢や幽霊屋敷ぬ中(なあか)ぬ事(くと)お、実(じゅん)にぬ事やんでぃち思やあい、米君ぬ腕(けんな)んかいしがたるまま、離りならんでぃんさん。 米君や、とお、いいばすやさんでぃ思てぃ、彼女(うり)んかい「支(ちけ)え無(ね)えらん、我が傍(すば)んかい居(をぅ)くとぅ、心配(しわ)すな」んでぃち、ちゃああびいそをん。 なあ一人(ちゅい)ぬ思無蔵(うみんず)やる韓嬢や、米君ぬくさあんかい隠(くぁっき)てぃ歩っちょをしが、あらあら、「ただぬ幽霊屋敷どぅやしがる」んでぃ思やがなあん、米君ぬくしなありい進まんでえならん。 幽霊屋敷ぬしんくぁんちゃあや、米君なかい殴(す)ぐららんがやあんでぃち、不安(しわ)やせえやしが、米君やゐなぐんちゃあぬ傍んじえ、強(ちゅう)ばあ振うなあし、殴(す)ぐゆん振ううなあそをるうっぴどぅやるんでぃゆる事分かとをん。 何んでぃちん、幽霊屋敷え思無蔵んちゃとぅデート楽(たぬ)しむるとぅくま。 倒産しいねえ、したねえむんやしが、女(ゐなぐ)がどぅく恐るささあい、心臓麻痺んでえけえしいねえ、なあまた、一大事(いちでえじ)。 米君やなあ肝(ちむ)ひじょをん。 幽霊屋敷え、怖るさ思いぬ女とぅぬデートどぅくるとぅし、無えらんでえならん。 幽霊屋敷んでぃゆるむんぬ無えらんでえ、日嬢まん抱ちゃあ小する事お成らん。 考えてぃんじいねえ、ソ君ぬ経営そをたるまぎ幽霊屋敷え、放漫経営ゆいに倒産けえし、また中君や、なあ「お笑い系」んかい商売変えい、けえそをん。 「お笑い系」ん幽霊系んよういくうてん小どぅ変わゆしが、一番ぬはごうりいむんや、恐怖んでぃゆる妄想(むうすう)、利用さあい女ちゃあ、かきらんでぃぬすぬ輩やさ。 何んでぃちん、日嬢や何ん疑げえらんようい、「ちゃあ助(たし)きてぃ呉(くぃ)みそうち、にふぇえでえびる」でぃち、銭得いらちとぅらすん。 うぬあたい、嘉例(かりい)な女お居らん。 実に助きたる事お無えらん。 ただ、日嬢が自(どぅう)考えさあい、助きらっとをんでぃち妄想そをるうっぴどぅやる。 やしが、うぬ米君ぬんくびちりどぅしイ君ぬ居る中東んかいや、実にぬまじむんぬ居んでぃち信じとをいぎさん。 真夏ぬ夢物語(いみむぬがたい)がやら。 暑さが吹き飛べば良いが。 米君が日嬢を連れて北君が経営する幽霊屋敷で遊んでいる。 幽霊屋敷はいつもの商売に熱心だ。 「核を製造している」と言ったり、ミサイルを飛ばしたり、隣家を「火の海にしていやる」と言ったりだ。 何しろ、上手に恐怖を振りまくることが幽霊屋敷を維持するためには何でもやらなくちゃならない。 マンネリを防ぐために、いつも新たな手を考えなくてはならない。 客の顔ぶれが変わるたびに、手を変え品を変えなくちゃならない。 幽霊屋敷の経営を維持するのも一苦労だ。 この努力は並の人にはできない。 日嬢は幽霊屋敷で起きる出来事を本物と信じ込み、彼氏の米君の腕にしがみついたまま、離れようとしないでいる。 米君はそれを良いことに、彼女に「大丈夫、俺がついているから安心さ」と言い続ける。 もうひとりの彼女の韓嬢は、米君の後ろに隠れているが、うすうす「どうせ幽霊屋敷だもの」と思いながらも、米君の後ろから進まざるを得ない。 幽霊屋敷のスタッフはいつ米君に殴られるかと不安ではあるが、米君が彼女手前、殴る振りだけであることを知っている。 何と言っても、幽霊屋敷は彼女とのデートを楽しむ場所だ。 倒産しても困るが、彼女が恐怖のあまり心臓麻痺するのも良くない。 米君はもう得意だ。 幽霊屋敷は、怖がり屋の日嬢とのデートに欠せない。 幽霊屋敷というスポットがなければ、日嬢をものにできないのだ。 思えば、ソ君が経営した巨大な幽霊屋敷が放漫経営で倒産してしまい、中君はもう「お笑い系(スマイル系)」に商売変えをしてしまった。 お笑い系も幽霊系も紙一重だが、一番、性質が悪いのは、恐怖という妄想を利用して女どもを支配下に置く輩だ。 何と言っても、日嬢は何の疑問も抱かず、「いつも助けてくれてありがとう」と、貢いてくれる。 これおほどありがたい彼女はいない。 実際に助けた実績はない。 彼女が勝手に助けられていると妄想しているだけ。 だが、その米君も親友のイ君の住んでいる中東には、本物のお化けがいると信じているらしい。 真夏の夜の夢物語なのか。 片降りややしえやいびいしが。 黒雲(くるくむ)お、積乱雲やる風儀(ふうじ)。 遠さから見(に)いねえ、白綿(しるわた)ねえそをいびいしが、うりが下(しちゃ)あ、うう黒(ぐるう)やいびいん。 昼、雨ぬ降いねえ、畑仕事(はるしくち)え、ちゃあさびいがんでぃなあさい。 あっせ、うぬ暑さ。 まあふっくぁてぃらむん、家(やあ)んじ、憩(ゆく)とちみそおりわ。 太陽(てぃだ)ぬ落(う)てぃいがたあなてぃから、畑んかいやめんそおれえ。 2,3日前ん、あんやいびいたん。 やしが、昼ん、くうてんなあや、降てぃとぅらさんがやあんでぃ思やびいん。 どぅく暑(あち)さぬふしがりやびらん。 まあふっくぁんじ、てえげえ30分びけえ、わざしいねえ、目暗(みいくら)がんさびいさ。 去(ん)じゃる20日(はちか)、わったあハイツ祭ぬ櫓作い、手がねえしいが、行じゃるむんやいびい。 ちょうどぅ午前10時から11時まんぐるやいびいたん。 鉄(かに)パイプ組み立てぃたい、鋸(ぬくじり)さあいベニヤ切(ち)ちゃいそおたれえ、どぅく、暑さぬ、視界ぬ90%ぐれえが真っ暗なやい、目眩(みいめえ)すたくとぅ、木陰(きいかあぎ)んかい行じ、ゆくとをたれえ、涼風(しだかじ)小ぬ、いっぺえ、心地(しんち)ゆたさいびいたん。 やしが、体温や上がたるまま、ひずる水しシャワー浴みてぃん、熱え下がらな二日間や熱持ちょおいびいたん。 ひるましむん、変温動物が成とをらあんでぃ笑とをいびいたさ。 あんし、上着え、高温アイロンかきとをんねえし、でえじな、熱こうこうそをいびいたんよ。 うん如(ぐとぅ)うんでぃちんあいびいがやあ。 (夜雨節) 夜雨ぬ降る年やゆがふ年でむぬ(夜雨が降る年は豊作だ) 世ば直れ エイスリ 世ば直れ 昼ん降てぃたぼり。 首里城公園(しゅいぐしくくういん)までぃ行(ん)じゃあい、見(ん)じなあびたしが、ばんじやるばすお、涼(しだ)くなてぃ、ちゃあびたん。 太陽(てぃだ)ぬ周(まあ)いや360度(どぅ)ぬ虹(のうじ)ぬ出(ん)じてぃ、うぬ中(なあか)あ、いふぇえ、薄暗くなとをいびいたん。 いいくる薄雲(うすぐむ)ぬ流りやあ流りやあそをいびいたくとぅ、日食眼鏡(がんちょう)掛きらんてぃん、裸眼なかい見(み)いゆるばすん、幾(いく)けぬんあいびいたん。 日食グラスなかい見じいねえ、オレンジなてぃどぅ見いゆしが、薄雲通(とぅう)ち、見じいねえ、太陽ん白(しる)く見いやびいたくとぅ、日食眼鏡やかや、ましやびいたん。 くうてん小や暗くなとをんねえしん思(うま)ありいたしが、ようんなあようんなあどぅ暗くなてぃ来ょおくとぅ、目(みい)ぬけえ慣りやあい、なんずかあ暗くなてえねえらんねえし思ありやびらん。 やしが、寿命ぬあしえ、動植物びけんやあらな、あるっさぬ天体(てぃんてえ)、人工物(じんくうぶち)、組織(すしち)、社会(しゃけえ)、ゆうさんでえ国までぃん、寿命ぬあらはじんでぃ思(うま)ありやびいん。 栄枯盛衰とぅか盛者必衰でぃちぬくとぅばんあいびいん。 くぬ世(ゆう)ぬ中ぬあるっさぬむのお、長えさ、いんちゃさああてぃん、必(かんな)じ、くたんでぃてぃ、崩りゆるばすぬ来ゅうるばすやいびいん。 自民党政権や、なあ倒りがたあなやい、どぅまんぐぃとをる風儀(ふうじ)やいびいしが、うんなばすお、ちゅいううし、ううしさあい、自(どぅう)びけえや、良い人(ちゅ)ふうなあさんでぃすぬ人ぬ必じ出(ん)じてぃ、来ゅういぎさいびいん。 だあ!自民政権ぬ倒りがたあ成とをしえ、麻生総理ゆいどぅやるんでぃち、麻生びけえんかい、ううしとをしが、あねえあいびらんさに? 自民党が今までぃし来ゃる事ぬ悪っさるとぅくまぬ、あったに出じてぃ来ゃあい、国民がなあ、くったあやならんでぃち、支持さんなとをるうっぴどぅやいびいる。 自民党全体総体とぅしち、ボロぬ出じてぃ、ダメなとをるしいじどぅやいびいる。 うんな字面(じいじら)ん分かいみそうらな、肝苦(ちむぐる)しいむんやいびいさ。 やしが、誰がな、人一人(ちゅふい)んかい、ううしらんでえ、くったあや肝んひがん風儀。 うんじゅなあたあ、諸っさがる悪っさいびいんどおさい。 やしが、小沢一郎ん、いちゃいびいんてえ。 「アミリカんかい言いびちいやる事お、言やんでえならん」とぅか、「在日米軍や米第七艦隊びけんし良たさん」とぅか、言ちゃるうっぴなかい、アミリカなかい、目(みい)付(ち)きらってぃ、さってぃねえらんむん。 海ぬあがたぬ大国(うふぐに)え、日本(にふん)ぬ政治家ぬ100%ぬ発言からスキャンダルまでぃ諸(むる)調びたっくぁあさってぃ、監視さっとをんでぃぬ事(『日米同盟の正体』孫崎亨=元外務省官僚著)。 あまぬ言(ゆ)し聞(ち)かんあれえ、暴露さってぃ、聞ちゅる人お、知らん振うなあし、恩義(うんじ)かんしやびいるばあ。 「雉も鳴かずば打たれまいに」でぃちぬ日本語ぬ黄金言葉ぬあいびいしが、一郎ん、政権取(しいきんとぅ)てぃから、あびれえ済(し)むるむんぬ、政権取らん前(めえ)ぬ言くとぅ、さりいるばすやいびいさ。 田中角栄ん、自考(どぅうかんげ)えし、中国(ちゅうぐく)とぅ国交回復(くっこうわいふく)さあい、アミリカけえわじらち、キッシンジャーなかい、さったるばすやいびいしえやあ。 戦後ぬ日本やあったあ勝手どぅやいびいる。 鳩山代表ん、ゆうしんそおりよおさい。 でえじな、目付きらっとをいびいんどお。 やしがなあ、日本国民ぬん、ふりむのおあいびらんしえやあ。 日本(にふん)じえ、マイケル・ジャクソン。 テレビんじぬ、アミリカーたあぬインタビューんでえ聞(ち)ちいねえ、我耳(わあみみ)え、いふぇえ、違てぃが居(をぅ)うらあ、「マイコー」でぃちる聞(ち)ちかりやびいる。 なあ、二十何年前(にじゅうなんにんめえ)がやら、童(わらび)そうてぃ、東京(とうちょう)ディズニーランドんかい行じゃるむんやいびいしが、うぬばす、映画館うとおてぃ、マイコーぬスリラーんでぃぬ立体映画(りってええいぐぁ)そういびいたん。 立体映画んでぃちる言ちゃる、しぐ目(みい)ぬ前迄(めえまでぃ)、いちむし風儀ふうじい)ぬむんぬ、飛(とぅ)ばあ飛ばあさあい、来(ち)ゅうたくとぅ、でえじな、魂抜(たましいぬ)ぎやびたん。 やしが、童んちゃあや、でえじな、いそうさし、うむさあくぁったあそおいびいたんてえ。 マイコー、にふぇえでえびたん。 ゆうゆうとぅ眠(に)んじみそうり。 あんし、うぬ若二才小や、車ぬエンジンかきとをる風儀(ふうじ)やたるむんぬ、何(ぬう)ん音(うとぅ)ん、さびらんたくとぅ、新車てぃらむん、壊(くう)りてぃが居らあんでぃ思(うみ)とをたれえ、うぬうちなかい、うぬ新車あ、前んかいけえ流りてぃ行ちゃびいたん。 ひるましいむん、くぬ駐車場や坂(ふぃら)がなとをらあんでぃ思てぃ、我(わん)にん、思(うび)らじに、ブレーキ踏(く)だみたるばすやいびいん。 自(どぅう)ぬ車ぬる流りとらあ分かやびらんしえ。 やしが、自ぬ車あ、流りてぃん無(ね)えらんあい、何がなとをらあんでぃ思(うみ)やがなあ、側ぬ車見(ん)ちょをたれえ、何ぬ音んさんようい、スーみかち、駐車場から道路(みち)んかい、出(ん)じてぃ、去(は)いたるばすやいびいん。 どぅくだら、ふぃるまさぬ、部屋(ひや)から降りてぃ来ゃるゑえかんかい、うぬ話されえ、「あぬ車あ、ハイブリットカーんでぃ言ちやあふう、電気(でぃんち)とぅガソリン使え分きとをんでぃがらあ」んでぃぬ返事(ふぃじ)やいびいたん。 あんし、我ねえ、「あっはあ、ありがる聞(ち)ち見(ん)ちゃるハイブリットんでぃぬ車やるばあ。 きっさ、うちなあんじん、うん如(ぐと)とをる車ぬ入っち来ょをるばすやさやあ」んでぃち、合点さびたるばすやいびいん。 今から後(あとぅ)、諸(むる)、うんな車びけん、けえないねえ、暴走族(ぶうすうずく、ぶうそうずく)お、寂っささんがやあんでぃ思やびたん。 だああんせえ、くったあ楽しみえ、夜長(ゆなが)とぅグォーないグォーないし、爆音鳴らすしどぅやいびいしえやあ。 あんし、夜(ゆる)お、クーラーん、ちきらんでえ、寝(に)んだらんはじやいびいん。 やしが、くんどぅぬ五月え、ちがとをいぎさいびいん。 夜お、寒(ふぃい)さぬ、かんじむんかんだんでえないびらん。 五月なるか、クーラーぬ入用(いりゆう)無(ね)えらんでぃぬ事(くと)お、今までぃ、覚(うび)えぬ無えやびらん。 梅雨(ちゆ)なたんでぃ言ちん、雨(あみ)ん、降らんらん降いさあい、てえげえや晴りてぃぬ居いびいる。 ひるましむん、何(ぬ)があんなとをらあんでぃ思やびいしが、天気図(てぃんちじ)見(ん)じいねえ、梅雨前線(べえうじんしん)や、かあまフィリピン沖までぃ、ふぃち下がやい、うちなあまんぐらあ、大陸性高気圧(てえりくしいくうちあち)なかい覆(うす)らっとをるばすやいびいん。 あんやくとぅどぅ、空気(くうち)ん、乾(かあ)らち、ふみかんばあやいびいさ。 てえげえ、空気ぬ湿(し)ったてぃ、ふみち、暑さるばすお、太平洋高気圧ぬ故(ゆい)やいびいさ。 今あ、くぬ梅雨前線や大陸性高気圧ぬ負かちょをくとぅどぅ、あんし、くうてん小寒さいびいる。 やしが、うわあちちえ、うぬあたいどぅ、いいさくやいびいる、どぅく暑さないねえ、何んさんてぃん、ひっちい、汗(あし)だらだらあけえなてぃ、ふしがりやびらんせえやあ。 ちばりよう、大陸性高気圧!やしがまた、異常気象(いじょうちしょう)ないねえ、作(ちゅく)いむづくいん、ちゃあがないらあ分かやびらんくとぅ、自勝手(どぅうがってぃ)い言いねえ、諸(むる)なかい呪(ぬら)ありやびいさ。 とお、ちゅうやうっさまでぃやいびいん。 なあ38度ぐれえなれえからあ、体(どぅう)ぬあんまさぬ、寝んとをかんでえ、ならん風儀(ふうじ)やいびいん。 むぬんまあさん無えらんあい、仕事(しくち)ん成らんんでぃ、言いねえ、ちゃっさ毒性(どぅくしい)ぬ弱(よう)さんでぃいちん、かかんしえましやいびいさ。 家ぐな(家にんず)までぃ、かかたんどをんでえ、「家族揃ってインフルエンザ」んでえ、なあまた、病人、頓着(とぅんじゃく)すぬ人(ちゅ)ん居らんないくとぅ、じゃあふぇえやいびいさ。 やしが、日本人や諸(むる)、そう入っちょをいびいっさあ。 厚生大臣(くうしいでえじん)が「マスク付きり」んでぃ言みせえねえ、諸、「おお」でぃち、いっそうからマスク付きてぃ歩っち。 町ぬ中あ諸、不審者ぶったあ、けえ成やい、アミリカーなかい、「ストゥーピッドゥ(げれん)」んでぃち、笑あっとおいぎさいびいん。 うぬインフルエンザウィルスんでせえ、でえじな異風なむぬんやい、恐(うとぅ)りしむぬんやいびいさ。 人ぬ体んかい入っち、人ぬ細胞ぬDNAとぅ自(どぅう)ぬ遺伝子情報入り換えやあい(コピーさあい、ええずう、うゎあち行ちゅんでぃぬ話。 あんすくとぅ、ウィイルスんでぃせえ、本体やDNA(INA)びけえんどぅやしが、材料や人とぅか動物ぬ細胞やるしいじ。 うりえ済むしが、一番ぬ恐るしむんや、わじらしいねえ、毒性ぬ強くないる事んでぃ言ゃっとをいびいん。 人類がはじみてぃ、世界大戦さるばすお、「スペイン風邪」んでぃち、世界中んじ4千万人ぬ人がまんちゃんでぃぬ事。 アフリカぬ奥地、開発しい強さぬ、地球がわじてぃエイズ派遣せえんでぃがら。 人類や、なあふぃん、そう入っち、地球あたらさ小さんあれえ、地球なかい何がさりいらあ分からやびんどおさい。 うぬ人とぅタクシー運転手(うんてぃんしゅ)ぬ立ち小便(しいばい)とぅ比較(ふぃっちょう)し見なあびら。 比較 Aタレントぬ全裸事犯 タクシー運転手ぬ立ち小便(事犯) 行為 1.まる裸なやい 2.大声(うふあ)びいさん 1.道んじ小便 2. 原因 でえじな酔いぐりてぃ前後不覚なやい(やがてぃ急性アルコール中毒) にじららな 目的 不明 健康守ゆる為(てえげえや高齢者) わざとぅ? 判断ぬ難さん(酔いぐりてぃる居くとぅ、ざわとお(うったてえ)あらんはじ) 分やがなあ 場所 誰ん居らん真夜中ぬ公園ぬ中 人ぬ通ゆる普通ぬ道端 時間 真夜中ぬ3時ぐる 真昼間 頻度 分らん(今度びけえ?) まるけえてぃ見じゅん 誰が見ちゃが かたがた通ゆる人が迷惑? かたがた通ゆる人が迷惑? 社会的地位 有名タレント 一般人 被害者 裸見したるぬ特定ぬ被害者あ居(をぅ)らん。 大声故(ゆい)ぬ迷惑(みいわく)びけん 下半身見しゆる肝を無えらんあい、被害者あ居らん。 木草壁(きい、くさ、かび)んでえが臭くなゆん(物損) 通報者 東京や大都会(うふまちがた)やくとぅ居ん 沖縄んじえ居らん 警察対応 直ぐからみ(即逮捕) 注意びけえ。 いちいち、からみらん 外国んじん、酔いぐりやあぬ全裸事犯や悪質あらん限(かじ)り、保護さあい「やあちゅう(お灸)」程度ぬる多さる。 ヤマトゥぬ警察え、直ぐに伝家ぬ宝刀(逮捕権)抜じ、家宅捜索迄さんでぃぬ事。 マスコミん合あちむる異常。 うんじゅなあたあ(マスコミ、警察)がるふぃるまさる。 地球温暖化ぬ故がやら、近頃ぬ世や肝さあさあなとをいびいん。 守禮之門や中山門? くぬ本ぬ88頁から90頁迄え、アメリカん人ハイネが描ちぇえる守禮之門(ゐいぬあやじょう)ぬ絵(かた)ぬ紹介さっとをいびいん。 まあから見(ん)ちん、確かに守禮之門どぅやいびいる。 何がんでぃ言いねえ、絵ぬ守禮之門ぬくさあんいかいや歓会門(あめえうじょう)ぬ有くとぅやいびいん。 中山門やれえ、今ぬ紅型工房ぬ側ぬ道んかいどぅあいびいたる。 やしが、じるぬ絵ぬ中ぬ扁額んかいや「中山(府?)」んでぃぬ字(じい)ぬ書かっとをんねえしどぅ見(み)いやびいる。 「守禮之邦」んでぃぬ字や見いやびらん。 うぬ本(ふ)ぬんかいん「守礼之邦となるべきところ」でぃち注釈さっとをいびいん。 「守礼之邦」でぃぬ漢字え画数ぬ多(うふ)さぬ、西洋人にとぅてえ、書ちゅしえ、かしまさたる筈(はじ)やいびいん。 あんし、ハイネや扁額ぬ中(なあか)ぬ字びけんや画数ぬいきらさる中山門(しちゃぬあやじょう)ぬ扁額とぅ似したる筈んでぃ思(うみ)やびいん。 明治41年、中山門や腐り強さぬ競売んかいかきらりやびたん。 あんし、うり落札さる湯風呂屋(ゆふるやあ)ぬ薪(たむん)とぅなたるばすやいびいん。 うぬばす、湯風呂屋んかい入っちゃる客(ちゃく)にとぅてぃ湯加減やちゃぬ風儀(ふうじい)がやいびいたらあ。 白大根に赤大根。 うりから黄大根(ちでえくに)やいびいん。 赤大根作(つく)てぃ、JAんかい出(ん)じゃちょをる友(どぅし)が規格品外なてぃ、売ららんくとぅんでぃち、まるけえてぃ左(ふぃざい)ぬ写真ねえぬ赤大根、我傍(わあはた)んかい持っち、めえんせえん。 我(わ)ってえ、赤大根ぬ汁、絞(しぶ)やい、飲(ぬ)なびいん。 何(ぬう)がなぬ酵素ぬあてぃ、からたんかいましやんでぃぬ事(くとぅ)やいびいん。 絞い糟(かし)え、ちゃんぷるう料理(りょうい)んかい混んきたいさあい、食(か)なびいん。 今度(くんどぅ)得(い)いたる赤大根ぬ一(てぃい)ちえ、御主前(うすめえ)ぬ如(ぐとぅ)あいびいたくとぅ、くうてん小(ぐぁあ)、手(てぃい)がんまりし見(な)あびたん。 髭(ふぃじ)まあすう御主前んかい変身(ひんしん)。 「う(ん)にい」んでぃ言いねえ、「あぬばす」とぅか「あぬ頃」んでえぬ意味やるばすやいびいん。 あんし、「くうさいにい」んでえ、「くうさるばす(頃)」「ぐなさるばす」んでえぬ意味やいびいん。 てえげえや「童ぬばす」んでぃ言るばあぬ多さいびいん。 何が又、うんな話すがんでぃ言いねえ、うちなあぐちんじ、衰いとをる「時間言葉」ぬ与論言葉うとおてえ、今ちきてぃ残とをくとぅやいびいん。 うちなあぐちうとおてえ、「う(ん)にい」(その時)びけんどぅあいびいしが、与論うとをてえ、「ハノイ(この時刻)」「フノイ(その時刻)」「ウノイ(その時刻)」「アノイ(あの時刻)」「イチャノイ(何刻)」ぬ如、完全に残とをる事、記事にすぬたみどぅやいびいる。 うりびけえのおあいびらん。 うちなぐちぬ形容詞え、てえげえぬ終止形ぬ語尾や「ん」、「連体形」が「る」(接続用法的連体形や「ぬ」)ぬ形んかい成いしが、今先説明せえる「くうさいにい」ぬ「くうさい」びけんや「くうさる〜」とぅか「くうさぬ〜」ぬ言い様とお成てえ居らな、必じ「くうさ いにい」んでぃ成とをしえ、慣用化故がやらんでぃ思とをいびいたしが、与論言葉うとおてぃぬ形容詞ぬ語尾え、「ワッサン」ねえし、うちなあぐちとぅ同ぬむんやしんあいびいしが、多くお、「ヘーサイ(早さい)」「アササイ(浅さい)」ねえ、語尾が「イ」やる事ぬ多さいびいくとぅ、うりとぅ関係んあいがすら分かやびらん。 他ぬシマぬ言葉調びてぃ見(に)いにいねえ、いかな『沖縄語辞典』やらわん、あまふぎくまふぎし、不完全(欠きむん)やる事ぬ良う分かやびいん。 首里やかかあま遠さる地方んかいる実にぬ(完全んかい近さる)うちなあぐちぬ残とをる風儀。 やしが、うちなあぐちえ、かあまかあま昔、オーストロネシア語(南島語)んかい日本祖語(古代南朝鮮語?)が混んちちゃる言語んでぃ言ゃっとをいびいん。 日本祖語お、南んかい行ちい次第、薄くなてぃ、独自ぬ言語とぅ成てぃちゃるばすんでぃ、我ねえ考えとをいびいん。 阿麻和利健んでぃ言いねえ、東京はじみ、本土んじ30年以上、活躍そをる琉球民謡歌手。 うちなあんじぬライブお25年ぶりんでぃぬ事。 里帰い兼にてぃぬ仕事やたる風儀。 場所お普天間ぬ「舞歌」んでぃぬライブハウス。 饒辺愛子さぬん友情出演さあい、はねえちょをいびいたん。 前々から、うちなあんじライブすぬばそお、「来うよう来うよう」さっとをたくとぅ、行じゃるばすやいびいん。 健とぅぬ話や、我ねえ100%与那城むにい、健や西原むにいやいびいたん。 また、ドラムスそをたる人お、見ちゃる覚いぬあたくとぅ、うぬ人がトイレんからぬ戻(むとぅ)やあ小ぬ我傍通たるばす、「うんじゅお、見ちゃる覚ぬあいびいしが、西原人どぅやみせえるやあ」んでぃち尋にたれえ、うぬ人お、でえじな、いそうさし、「やんどお」でぃち返事しんそうちゃん。 我が昭和23年生まりやる事ん、我兄ぬ事ん良う知っちょおみせえたん。 あんし、うぬ人とぅん、100%互えぬシマむにいし(与那城むにいとぅ西原むにい)話さるばすやいびいん。 ドラムス叩ちゅしえ、40年ぶりんでぃぬ話。 「なとおたん?」んでぃぬ訊ちゅたくとぅ、「まさかひゃあ、誰がん現役やんでぃぬ思いる」でぃち、いれえたるばすやいびいん。 序やしが、我あんまあん旧与那城村西原ぬ生まりやくとぅ、実え我にん半分や西原むにい(与勝ぬハ行とお違てぃ、サ行那覇系西方むにい)やいびいん。 んちゃ、あん言ゃりいねえ、ふぃるましむん、彼(あり)が作詞作曲せえる歌あ、てえげえや、琉球民謡調やせえやしが、日本語歌詞なやい、有線放送うとをてえ、いいくる流りとをんでぃぬ事。 世(ゆう)ぬ落(う)てぃ着(ち)ゃれえ、公務員成いる人(ちゅ)、学校(ぐぁっこう)ぬ先生(しんしい)成いる人ん、警察(ちいさち)成いる人んかい分りてぃんじゃるむんやいびいん。 我(わあ)が童(わらび)ぬばすお、軍作業員ちゃあが、異風(いふう)な英語(ええぐ)使(ちか)てぃ歩(あ)っちょおいびいたん。 ようんなあ仕事(しくち)さい、だらんくぁらんそをる人ぬ居(をぅ)れえ、アミリカーなかい、「ハーバーハーバー」ち、あびらりいたんでぃぬ事(くとぅ)。 あんし、てえげえぬ軍作業員ちゃあや、うぬ「ハーバーハーバー」んでえ、「急(いす)ぎ」んでぃぬ意味とぅさあい、受きとぅ取(とぅ)たるばすやいびいん。 やしが、実(じゅん)にぬ英語分かいぬ人が「ハーバー」んでえ、Harbor(港)でぃぬ意味どぅやしが、何(ぬう)んでぃち、「急ぎ」ぬ意味とぅし使あっとをがやあんでぃち思(うみ)てぃ、アミリカーんかい尋(たじ)にやびたんでぃぬ事。 あんし、アミリカーぬ回答(ふぃんとう)や、次ぬ通(とぅう)いやいびいたんでぃぬ事。 「ハーバー」んでえ、「真珠湾」ぬ意味。 日本海軍(にふんけえぐん)が真珠湾奇襲さるばす、慌てぃたるアミリカーたあが互(たげ)えに、「ハーバー(真珠湾)が攻撃さっとをくとぅ、急じ逃(ふぃ)んぎり」んでぃぬちむええなかい、「ハーバー、ハーバー」し、あびやああびやあさがなあ、逃んぎ回(まあ)いそをたんでぃぬ事から、何時(いち)ぬ間(みい)がやら、「急ぎ、慌てぃり」んでぃぬ意味とぅなたんでぃぬ事やいびいん。 とお、くままでえ、ただぬ前置ちどぅやいびいる。 Harborんでえ、NEW ENGLISH-JAPANESE DICTIONARY(KENSHUUSHA)から調(しら)びてぃん、他(ふか)ぬ英和辞典(ええわじてぃん)調びてぃん、「湾」んでぃゆる意味え無(ね)えらな、「港」ぬ意味どぅやいびいる。 やくとぅ、Pearl Harborんでぃしえ、実ねえ「真珠港」でぃちる成いるばすやいびいん。 「真珠湾」攻撃以来ぬ「真珠湾」でぃぬ誤訳(ぐやく)お、ただぬ誤訳おあらん筈(はじ)やいびいん。 戦中(しんちゅう)ぬ 大本営(でえふんええ)が真珠湾攻撃ぬ戦果大(ま)ぎく見しゆる為(たみ)ぬ、うったってぃ(意図的)ぬ誤訳お、あらんがやあんでぃ思(うみ)やびいん。 考えてぃまあに!与那原港攻撃んでぃしとぅ中城湾攻撃んでぃしとぅ、じるお、まぎまぎいとぅ見いやびいが。 大本営ぬゆくしむなあ体質(てえしつ)お、初(はじ)みぬ初みから見(ん)だりやびいん。 一昨日や昼間(ふぃるま)ん、13〜4度ぐれえどぅあいびいたる。 やしが、夜お、寒さないしるましやいびいる。 かんじむん重にやあい、寝んじ易っさいびいせえやあ。 暑(あち)さがあらあ、寒さがあらあ分らんばすお、ううどぅ蹴(き)りとぅばちゃいし、却(けえ)てえ、はなしちどぅかかやびいる。 我(わあ)が中学2年(1963年?)ぬばすぬ卒業式ぬ日やいびいたん。 在校生が卒業生見送いんでぃち、廊下んじ「蛍ぬ光」歌とをたるさらばんじに、じまま霰(あらり)ぬ降(ふ)とをいびいたん。 実(じゅん)に、今頃(なまぐる)ぬ戻い寒さあ、真冬ぬ寒さ並みに寒さいびいん。 1日にゐなぐん子ぬ卒業式うちなち、うみなあくさがやあんでぃ思いねえ、3日あ三味線ぬ日、8日あサンバ(産婆やあいびらんどお、鳴い物ぬサンバどぅやいびいる)ぬ日、13日ぬ金曜日(ちんゆうび)えジェイスンぬ日、あんし今日やホワイトデイ(ふわいとぅでえ)んでぃちゃあま、やあさい。 我ねえ、ちゃあマイペースなてぃ、何にん、なるびち、振いまあさらんねえし、肝いしとをる積ええやいびいしが、世ぬ中あ、てえげえや忙さあぎさし、ふぃるましむんやいびいさ。 「不思議ぬ国ぬアリス」ぬディズニー映画版ぬ中んじ、登場人物(動物、植物)ぬ兎(うさじ)がやらたあ、けえ忘りとをいびいしが、うぬ者ぬ 「何デモ無イ日、万歳」んでぃぬセリフぬ有いびいたんや。 うぬセリフびけえや、オペラ風儀しい、あびとをびいたくとぅ、良う覚いとをいびいさ。 あんし、忙さるむんやれえ、 「何デモ無イ日、万歳」んでぃち、あびい欲しゃる肝ん分かやびいさ。 世ぬ中ぬ人んちゃあや、てえげえ、自(どぅう)なあたあが造てえる装置さあい、けえ扱けえらってぃ、いそうささい、笑たい、泣ちゃい、わじたいし、ネット掲示板ぬんかい、やな口さったんでぃち、自殺すぬ人ん居いびいん。 うんなばあや、般若心経やてぃん、あびやああびやあしなあびら。 我ねえ、「くぬ世んかい有ぬむのお、諸、人間ぬ想念が造たる幻どぅやくとぅ、 むしか、自が生ちち行ちゅるたみに不都合なむんぬあれえ、何ん肝にかきらんてぃん良たさんでぃいびいん。 元々、何事ん存在さんむん(無えらんむん)どぅやとおてぃ)」んでぃち、自独(どぅうちゅ)い勝手し解釈そをいびいん。 人間や人間ぬ耄想念なかいどぅ攻撃さっとをいびいさ。 あわりやびいさ。 考えてぃまあに!「敵」ぬ攻みてぃ来ゅうがすらんでぃ思いてぃ、兵器造てぃ、使えらんうちなかい、古うけえなてぃ、また新に造てぃ、又古くなてぃ、うりぬ繰い返えさあ。 いちゃんだん銭金てえち。 ふりむんどぅやいびいる。 かあま昔、中国んかい、ひっちい、「天が崩りてぃ落てぃてぃ来うんがやあ」でぃちしわそをたる人ぬ居たんでぃぬ事。 うぬ人ぬ名や杞憂さん。 今ぬてえげえぬ政治家・軍人たあや、諸、杞憂さん風儀やいびいさ。 幻想皇帝なかい、いちゃんだん、まやあさってぃ。 般若心経やバラモン教批判そをるむんでぃぬ説んあい、形式化・儀式化そおる仏教、くじい物言いそをるむんでぃぬ説んあいびいん。 うりん済むしが、うぬ心経書ちぇえる人お、読むる人が都合ぬ良たさんねえし解釈する事までぃ、想定しが居たらあん分かやびらん。 仏教徒んかいやでえじな無礼やいびいしが、ゆうさんでえ、般若心経やくぬ世ぬ形式化けえそをる宗教否定までぃ考えらってぃが居らんわかやびらん。 やくとぅる「世界最高ぬ経典」んでぃ言ゃっとをる筈。 今日や、ただぬふりむんがユタムニイ、クサムニイけえし、御無礼なとをいびいん。 まるふぃいじいや、いふうな番組ぬまんでぃ、なんずかあ、テレビえ、見(ん)じゃびらんしが、沖縄返還(うちなあへんくぁん)ぬ事(くと)お、ちゃぬふうじいさあい報道さっとをたがやあんでぃ思(うむ)てぃ、うぬ日(ふぃい)や初(はじ)みから終(うわ)いまでぃ、テレビ、前なちょをいびいたん。 やしが、いちまでぃ経っちん沖縄返還ぬ話や、むさっとぅ無(ねえ)えやびらんたん。 ひるましいむんでぃ思てぃ、家(やあ)ぐなんかい、 「いぇえ、何(ぬ)が何(ぬう)んでぃち、沖縄返還ぬ話やさんがやあ」 んでぃ訊(ち)ちゃれえ、 「うぬ番組え、事件(じちん、じきん)中心やくとぅるやるはじどお」 んでぃぬ応(いれ)え。 やしが、大阪(ううざか)万博とぅか東京(とうちょう)オリンピックぬ話題(わでえ)んあてぃ、「ダッコちゃん」人形(にんじょう)ぬ話までぃあたくとぅ、事件のおあらんてぃん、沖縄返還ぬ事お、取(とぅ)い上ぎてぃん済(し)む筈(はじ)やいびいしが、返還ぬ「へ」ぬあたいんちょおんさびらんたん。 あんし、事件びけえんやれえ、コザ暴動事件ぬあたしがんでぃ思いんさびたしが、うれえまた、復帰前(ふっちめえ、日本(にふん)んかいないる前)ぬ話どぅやくとぅ、番組んかい載(ぬ)らんせえ、仕方あ無えらんしが、沖縄返還ぬ日や沖縄が日本んかい又んなたる日やくとぅ、取い上ぎいしる実(じゅん)にやる筈やいびいしがんでぃ思とをいびいん。 内地んじえ、んちゃ、うちなあぬ事お、肝(ちむ)ぬ隅んかい置(う)かってえ無えらんどぅある筈。 筑紫哲也主や、生前(しいじん)、基地問題にちいてぃ、沖縄とぅ本土ぬ間(ゑえだ)んかいや温度差(うんどぅさ)ぬあんでぃち、話しみそうちょおいびいたしが、基地問題びけんあらん、まるふぃいじいぬ事までぃ、何やあくぃいやあ、諸(むる)、温度差ぬあいぎさいびいん。 沖縄返還報道ぬ事にちいてぃ、真肝に、楽(たぬ)しみにさあい、フジテレビたるがきとをいびいたしが、目(み)いはんだあないびたん(笑)。 うひぬフジテレビがんちょおん、うぬあたいどぅやるむんぬ、何ぬたるがきらりやびいが。 うひぬ=うっぴぬ。 うっぴなあぬ。 うひなあぬ。 あんしまぎ(さぬ)〜。 あいゆかんぬまぎ〜。 去年お、ちびくすやいびいたん。 昨日迄ぬ勝率や7割7分8厘やリーグ一番やいびいん。 強ばあ選手入りやあい、あんすか、強ばあチームなとをるむんやしが、何やか、接戦ぬんかい強さいびいん。 追い上ぎてぃ、最後ぬ何秒ぐれえなかい、一点差し、負かすぬ試合ん、二試合びけんあたん。 我がくねえだ、長男なかい添うらってぃ、名護んじ見ちゃる試合や、初まてぃ直(ちゃあき)え、じまま離さっとをたしが、直ぐに、大量得点重にやい、負かちゃるむんやびいたん。 プロバス、見(ぬ)うしえ、二回目やいびいしが、人後(ちゅあとぅ)行ちいねえ、自由席んとぅめえいかんてぃいすぬあたい、客(ちゃく)んまんどおいびいん。 初めえ、見じゃあん居がやあんでぃる思いとをいびいたしが、何やらわん、諸スポーツぬ好(し)ちやるばあさいびいさやあ。 やしが、プロ野球ん、二軍びけんやあらんようい、一軍ぬん、うちなあんじ、せえ済むしがんでぃ思やびいしが、ちゃあやいびいがやあ。 移動すしが、あんまさるあいびいがやあ。 北海道んじん、ないるあたいやとおてぃ、うちなあんじん、ないるさびいる。 うちなあんちゅお、てえげえ、プロ野球ぬ観戦乾(があ)きそをる筈やいびいしが…。 乾きとをしえ我一人どぅやいびいがやあ。 観戦があき=長えさ観戦しん見だな、観戦しい欲しゃそをる事。 例:油(あんだ)があき。 肉(しし)があき。 早(ふぇえ)くにけえまあちゃる弟(うっとぅ)ぬ家(やあ)んかい手(てぃい)うさあしいが行ちゃびたん。 今度、年部(とぅしびい)んかい当たとをる弟ぬ嫁(ゆみ、中城人)が、年部祝儀(とぅしびいすうじ)ぬ話ぬ拍子(ひょうし)から、我(わん)にんかい、言(い)ゃびたん。 「去年(くず)、還暦やれえ、んちゃあんせえ、今度お、ハリヤクやさやあ」 「何(ぬう)やが、あい言るハリヤクんでえ」 「あい、分らんなあ」 「ふうう、聞(ち)ちん、んだん」 「いいゆいなあ、年部ぬ翌年ぬ初みぬ子(にい)ぬ日(ふぃい)や、御願(うぐぁん)うさぎらんでえならんどお」 「あひんちん、あんばあ」 「年部祝儀やかあ、うりがる大切やんどおやあ」 「我兄弟(わあちょうでえ)や、御願事(うぐぁんぐとぅ)やれえ、、いいくる我んかい電話はあなかい、習あふひが、今度お、誰(たあ)からん、何でぃちん、電話あ無(ね)えらんひが」 「分いんでぃる思いとおさに」 「うれえ、しむひが、あひ、ちゃあひ、何へえしむんばあやが」 あんし、弟嫁からしい様、習らやびらん。 ハリヤクんでえ、厄年(やくどぅし)が無事(ぶじ)終わたる事、感謝すぬ御願やる風儀(ふうじ)やんでぃぬ事やいびいさ。 字(じい)や 「晴れ厄」やいぎさいびいん。 うぬ後、うふ兄(やっちい)んかい、うぬ事、聞ちゃれえ、なんぞお、分らん風儀やたくとぅ、与那城んじえ、ハリヤクお、さんてぃん済(し)むるうどうやがやあんでぃ思とをいびいたん。 やしが、なあ、けえ聞ちゃるむんやくとぅ、うれえなあ、仕方あならん、御願うさぎゆる事にさびたん。 さんぱあしいや、いいくる、どぅまんぐぃいいぬゑえかんちゃあぬ居いびいん。 1月31日が旧歴ぬ初みぬ子(にい)ぬ日、当たとおたくとぅ、妻んかいしい様習あち、しむぬ火ヌ神加那志(かんがなしい)んかい、うさぎやびたん。 だあ、弟ぬ妻ん、肝(ちむ)ひがさんんでえないびらんせやあ。 我ねえ、宗教んでぃせえ、まあぬ宗教ん、肝心形成暗示(ちむぐくるあんじそうち、自己暗示他己)暗示装置(暗示効果高みいる為なかい色んな「段取い」、「形式」、「しき飾い」、「文句」ぶったあそをいびいるばあ)やんでぃち、考えとをいびいしが、いがうちなあんちゅぬ祖先(をぅやふじ)が選(いら)んでぃちゃる暗示装置ん、また細(くまく)く造(ちゅく)てぃちゃあびたるむんやんびいさやあ。 欧米ぬ暗示装置え、キリスト教やいびいしが、アジアんぬ暗示装置え、さまざまやいびいんやあ。 やしが、うぬ装置が精神安定装置とぅし機能(ちのう)するむんやれえ、何ん諸、上等やいびいさ。 ただ、ゆすぬ民族(みんずく)ぬ暗示装置んかい、「わったあむいんがる上等やる、いったむのお、やなあさや」でえ、言ゃんしえましやいびいさ。 当たい前ぬうけえ米(御粥米)。 手うさあすん(手押合あすん)。 =両手合あち、(御香とぅぶち、)祈ゆる事。 あひんちん=あんでぃちん、あんしんでぃちん 電話はあなかい=電話さあに、電話さあい、電話し 習あふひが=習あすしが しむひが=しむしが ちゃあひ=ちゃあし 何へえ=何しいねえ さんてぃん済むるう=さんてぃん良たさる事。 どぅまんぐぃいん=「まんぎぃいん」や肝迷いすぬ事。 「どぅ」んでぃぬ強調あらする接頭語付きいねえ、「とぅんもうゆん」風儀ぬ意味んたっ加あさりん。 当たい前ぬうけえ米=「当たい前」ぬ遊び慣用句。 圃米(あたいめえ)とぅ掛きてえん。 「あたい(圃)」や屋敷内んかいあぬ畑小。 今あ、旧正すぬとぅくまあ、我ったあ生まりジィマぬ与那城とぅ糸満ぬ一部びけえ、けえなとをいびいんやあ。 我たあや、今あ糸満んかいどぅ住どをいびいしが、新正ん旧正んさんでえないびらんよ。 新正んさんでえ、子んちゃあが寂っさすい、また、何んでぃいちん、与那城ぬうぇえかんちゃあが、玉城参(たまぐしくめえ)ぬ後お、ちゃあしっちい、我ったあ家んかい、「前倒しジュウルクニチイ」ぬ参拝しいが、めんせえくとぅ、くぁっちいしこうてぃ、御取持(うとぃむ)ちいさんでえないびらん。 やいびいくとぅ、なんくる新正月さんでえならんなとをいびいん。 やしがまた、長年ぬ慣りいから旧正までえさんでえ、何がな、いふうなあやいびいっさあ。 くぁっちいん、二けんなあん食まりいくとぅ、良い事どぅやいびいる。 新正月にめんそうらんたるゑえかんちゃあや、ジュウルクニチイないねえ、めえせえくとぅ、二けんなあ、すしえ、正月がやら、ジュウルクニチイがやら分らんなとをいびいさ。 笑いみそをり。 旧暦ぬ正月え、うちなあびけんやあらん、日本くうとぅ、東アジアんじえ、てえげえやむる旧正月やいびいんやあ。 日本びけえや、強いてまでぃ、西欧(ウランダア)風儀あらんでえ肝ひがんふうじなてぃ、何んくぃいん、むる西欧ぬねえびさびてぃやあ。 何ががふぃるまさいびいらあ。 年末ぬ掃除さがなあ、我とぅ話そをたる四十前ぬ男ぬ「造語」ぬ面白さいびいたん。 「ちゃっさ、洗てぃん、汚レガ落チナカッタカラ、*さあらし 、ゴシないゴシないはくとぅ、ヤット、落チヨッタサ」 日本語混んあちゃあし、語てえ居いびいたしが、 「ごしないごしない」や、なんぞお聞ちぇえなだん語句やてぃん、うちなぐち知っちょをりいやれえ、意味え、訊かんてぃん、直ぐに分かやびいん。 造語んでぃしえ、相手が直ぐに分ゆる語やりわるやいびいる。 ( 「ばんない」「さあらない」「ぶうるない」「ぱかない」ねえ、「 〜ない」付きいねえ、副詞んかい成いびいせえ。 「ごしごし(日本語)」ぬ語尾んかい「ない」付きやい、立派な副詞なとをるむんやいびいさ) 「ごしないごしない」。 我にん、 ばんない、使わりわるやいびいる。 さあら=たわし。 さあらし=さあらなかい。 はくとぅ=さくとぅ。 実(ない)付(ち)ち始(はじ)みてぃから、一年びけえ。 他(ふか)ぬ三本や、みいてぃからなあ何年(なんにん)がないらあ、今(なま)ちきてぃ、倒りらんようい、実ん、ちゃあないしみとをいびいん。 四本ぬ中、一本や雄(うう)むん。 雌(みい)むん三本ぬ中んじえ、一番丈ぬ低さたくとぅ、実ん取い易っさたしが、残念(ざんにん)やいびいさ。 倒りいる十日前(とぅかめえ)まんぐるから葉(ふぁあ)ぬ落(う)てぃ始みやい、ふぃるましいむんでぃ思(うむ)てえ居(をぅ)いびいたしが、真頂上(まちじ)じんかいや、新芽(みどぅい)小ぬ出(ん)じとおたくとぅ、支(ちけえ)ねえらんでぃ思とをいびいたん。 てえげえ、三日ぐしいなかい、野菜とぅし、炒りちいし食(か)でぃ、また、黄色物(ちいるうう)や果物とぅさあい、生(なま)むん食だるむんやたしがる。 (本当や、毎日食でぃん食みゆうさんあたい、実とをいびいしが、ひっちい、うりびけえ食みいねえ、いかな上戸(じょうぐ)やらわん、にくりさりやびいせえ) 残(ぬく)とをるむのお、丈高(たきたか)さぬ、一本や二階(にいけえ)ぬ窓から、なあ一本や、梯(はし)んかい上(ぬぶ)てぃる取(とぅ)らりやびいる。 やしが、 なあ五本びけえ、ふるうゎあちょおいびいくとぅ、早(ふぇえ)く、まぎく成れえやあんでぃ思とをいびいん。 今度、倒りたるまんじゅう瓜。 黄色 (ちいるう) や果物。 青 (おう) るうや野菜(瓜)。 裏庭ぬ丈高まんじゅう瓜。 二階ぬ窓からどぅ取らりいる。 台風(大風)にん倒りらん。 黄色やサラダとぅしん、まあさん。 臭味かまらさあやれえ、ドレッシングやてぃん、かきてぃ、うさがみそおり。 青さるむのお、プーク、ツナねえるむん、添(し)いてぃ、炒りち、うさがみそおり。 まあさぬふしがらん。 消化酵素ぬまんどおんでぃさ?。 根しし(右ぬはた)から倒りやい、側ぬ芋鉢んかい当たてぃ、あんし実ぬ重(んぶ)さし、今度お、ちじむてぃいぬ茎ぬ折りたるばす。 註:我妻方(わあとぅじかた)ぬ石垣白保(すさぶ)んじえ、「まんじゅう瓜」ぬ事お、「まんじゅうみい」んでぃ言んでぃぬ事。 やしが、今あ「はい」とぅ「へい」が、たっくぁあたるまま、一ちぬ語とぅけえ成とをるむんやいびいん。 首里むにいぬ「へい」や、日本語せえ「おい」なてぃ、人んかいぬ呼びかきゆる言葉やいびいん。 やてぃ、敬語ぬ「さい」付きいや、「へいさい」やれえ、日本語ぬ「もし」、「もしもし」ねえ、丁寧な言葉んかいないびいん。 那覇むにいぬ「はいさい」とぅ首里むにいぬ「へいさい」や、同ぬむんやんねえしんそをいびいしが、挨拶言葉とぅ呼びかき言葉とお、いふぇえ、ニュアンスぬ違やびいくとぅ、日本語ぬ「似て非なるもの」でぃち、考えゆしがるましやら筈やいびいん。 うんなくんな考えいねえ、んかしえ、「はいさい」ん元々お、呼びかき言葉がやたら分かやびらん。 やしが、今あ、那覇系むにいぬ呼びかき言葉とぅせえ、「いぇえ(Yee)」とぅか、うりんかい「さい」付きとをる「いぇえさい」がる普通やいびいんやあ。 「はいさい」とぅ「いぇえさい」や同ぬむんやあいびらんせえ。 年末(にんしい)んじすぬ家屋敷(やあやしち)いっそうから掃除かちえ、ただぬ掃除かちえあいびらん。 元旦ぬ節目なかい心ぬ中(なあか)ぬやなむむん、入り替(け)えてぃ、新(あら)たまる年迎(とぅしん)えらんでぃぬ肝心(ちむくくる)ぬ表わりやいびいん。 環境(かんきょう)とぅ心お、一(てぃい)ちやいびいん。 やな環境が人(ちゅ)ぬ心んかい及(うゆ)ぶすぬ影響や、知らんうちなかい、まぎくなてぃ来(ち)ゃあびいん。 良い環境や良い心育てぃやい、やな環境やまたやな心育(すだ)てぃやびいん。 心理学的(しんいがくてぃち)にん、環境ぬ暗示効果あ、本人(ふんにん)が分らんうっぴどぅやる、うせえららんむんやんでぃ言ゃっとをいびいん。 家ぬ壁(かび)んかいや、家ぐなぬ良い写真とぅか表彰状とぅか張い飛ばち、整理整頓ぬん良うでぃらち、毎日、笑え誇やびら。 ノーベル賞ぬニュースそうな良いニュースや、ちゃっさ放送しん済むしが、犯罪ぬニュースや、一行し済まびいん。 やな映像活字ぬニュースぬ暗示効果、良う知らっとをいびいん。 やしが、実にやれえ、ちゃぬゆうなやな事んかい強々とぅ、はに返らする「心力(ちむてえ)」ゆ持(む)ちゅしがる理想的えやいやさびいしが、てえげえぬ人んちゃあがあ、うんな事お、難さいびいくとぅ、環境や大切やいびいん。 今年ん、環境作てぃ、良い心育てぃてぃ、あんし、心とぅ環境ぬ良い相乗効果し、平和世作てぃ、行ちゃびらな。 うぬばすお、また必じ、家ぐなぬ童はじみ、まんぐらぬ童んちゃあ、揃(すら)あち、「とお、笑り」んでぃち、うふっちゅなかい、笑あっはったる覚(うび)いぬあいびいん。 今(なま)あ、子あ、むる、病院じる生(な)ふくとぅ、うんな風儀(ふうじ)ん、何時(いち)ぬ間(みい)がやら、無(ね)えらんなてぃ。 我やかや、ちゅまあらし、しいざやるうふあばあが語いたくとぅる思い出じゃはびたる。 何があひ、うちなあんかいや、いふうな風儀ぬあたるんでぃ、思いん、ふひが、考えてぃ見(ん)じいねえ、うちなあや、「呪え」ぶったあやいびいは。 (夜お、ほうちかちそうなむんやはんたんでぃ。 ) 「経塚(ちょうじか)、経塚」=ねえぬばす、あびゆん。 経塚んでえ、浦添市経塚(地名)ぬ事。 「ゑえか、ゑえか」=犬なかい、あびらりるばす、あびゆん。 「すうあんまあがる見(ん)じゅる誰(たあ)がん見だん」=あてぃなしぬ赤子、夜そうてぃ歩っちゅるばす、やなむんぬ憑かんねえし、あびゆん。 だあ、なあふぃん、まんどおぬ筈やいびいひが、たでえまねえ、覚い出じゃはびらんさ。 語句 いぃや=「いや」、生まりいる前に赤ん子ぬ入っちょをたる胎。 笑あはったん=笑あさったん。 生すん=生ふん。 何があひ=何があんし。 思いんふひが=思いんすしが。 やいびいは=やいびいさ。 はんたん=さんたん。 ほうちかち=箒さあい、掃ちゅるしくち。 覚い出じゃhびらんさ=覚い出じゃさびらんさ。 薩摩藩士ぬ西郷吉之助(隆盛)とぅ大久保正助(利通)たあぬ台詞ぬ訛いや、年配世代ぬうちなあんちゅにとぅてえ、あながちさるむんやら筈。 琉球人とぅ薩摩人が標準語遣いねえ、実に、言葉ぬ真あ似い小そをいびいんや。 やしが、今ぬ四十満たん若者ちゃあがあ、分らん筈。 あんせえ、だあ今あ、むる「ちゅらさん」訛い(ドラマ「ちゅらさん」んじ、使あらっとをたる沖縄弁)んかいどぅ、けえ成とをいびいせえ。 我ったあ与勝ぬ人んちゃあん、くうさいにいぬ「標準語」や、むる実にぬうちなあ訛いやいびたんや。 学生時分からあ、今前ぬ「ちゅらさん」訛いんかい変わてぃちょをいびいしが、北部ぬ人んちゃあや、今ちてきぃ、薩摩訛いとぅ似ちょをる訛いそをいびいんや。 うちなあんちゅぬ標準語ん、ようんなあようんなあ訛い様ぬ変わてぃ来ょをるばすやいびいさ。 琉球語音(語紋)とぅ薩摩語音や元々、似ちょをくとぅ、標準語被(か)んしてぃん、訛いや、うぬままあやるばあやいびいさ。 やしが、真ぬ薩摩言葉あ、じょうい聞ちゆうさびらんど。 話や変わゆしが、同ぬ薩摩藩士やてぃん、小松帯刀や、薩摩訛いや、しんそおらんしが、何んでぃちやいびいがや?(篤姫や「徳川化」そをくとぅ、済むしが…。 篤姫ぬ元びれえ小やたる小松んかい薩摩訛いしみいねえ、いふうなあでぃちが考えとをたらあ? 「ちゅらさん」式訛い=今ぬ並みぬ沖縄訛い。 夜(ゆる)ぬ九時過(し)じぬ揃(すり)たる家ぐな(家にんず)ん、一時(いっとぅち)ゃあ、うぬ話びけんどぅそをいびいたる。 我ねえ、見(み)い外(は)じゃきたるむんでぃ思やい、夕びえ、夕さんでぃ頃(ぐる)から、外(ふか)、ぬばがてぃ、見い見い)そをいびいたしが、三日月え、ぬさかとをいびいたしが、金星とぅ木星やなあだ、ぬさかてえ無(ね)えやびらんたん。 なあ、いふぇえ、夜んゆっくぁちから、またん、外んかい出(ん)じてぃ、ぬばがてぃ、見ちゃれえ、金星とぅ木星や三日月ぬ下(しちゃ)ぬ方(はた)んかいどぅぬさかとをいびいたる。 ようい、ちゅてえ小、待っちいねえ、昨日ねえし、二あちぬ星(ふし)え、三日月ぬ上辺んかい成いがすらんでぃ、思(うみ)とをいびいたしが、何時(いち)迄、待っちん、同(い)ぬむんどぅやいびいたる。 くりえ、んちゃ、月とぅ星え、なあめえめえぬぐるさなかいどぅ、歩っちゅくとぅ、一日やてぃん、違いねえ、位置ん、けえ変わいさやあんでぃ、思やびたん。 やしが、我(わん)ねえ、なあ、やすんじららな、 「あぬ星二ちが、上辺んかい来(く)れえ済(し)むしがやあ」 んでぃ思やい、うびらじに、首180度傾(かたん)きてぃ、見(ん)ちんちゃるばすやいびいん。 あんしいねえ、うったあ面相や、でえじな、かまじし喰うとをる如(ぐと)いびいたん。 三日月ぬ形が逆(さ)あなあ成いるうっぴさあい、面までぃん、逆あなあ成いるばすやさやあんでぃ思たるしいじやいびいん。 金星=夕飯(ゆうばん)守んざあ星(ぶし)。 守んざあ=守んじゅる物(者)。 野山(ぬやま)うとおてえ、ばらんぬ咲ち誇(ふく)とをん。 やしが、何(ぬう)んでぃちん、天(てぃん)いっぺえ、雲(くむ)ぬ低く、北風(みいにし)ぬ吹きわる冬らあさいびいる。 あんし、寝(に)んてぃ後(あとぅ)、うすまさ低さる風音(かじとぅ)ぬ夜長(ゆなが)とぅ聞(ち)かりやびいん。 うぬ風音お、聞かりいがすら、聞からんがあら、分らんあたい、どぅく低強(づう)さいびいんヤアサイ。 うふ風(台風)ぬばすぬ風音や、人(ちゅ)ぬ歌声(うたぐぃい)ねえし、高さんあい、また和音成とをくとぅ、ゐいりきさんあいびいしが、冬ぬ風音お、いぬ風音お、やてぃん、むさっとぅ、違やびいん。 冬音お、何がやら、いふぇえ、寂っさんあい、しからあさんあいびいん。 やしが、我(わん)ねえ、夏(なち)ぬだらんくぁらんそをる空気やかや、冬ぬ風ぬ匂(にをぅ)いとぅうんな音がる、いっぺえ、ましやいびいる。 間違っているかも知れないのに、それを指摘する先輩方がどんどんいなくなっているから」んでぃ、みせえる大先輩ぬめんせえびいん。 我ねえ、60年が間(ゑえだ)、うちなあぐち使てぃん、誰にん、「汝うちなあぐちえ、間違とをん」でぃ言ゃったる事お無えやびらんあい、また人んかい、間違とおんでぃ言ちゃる事ん無えやびらん(註)。 やしが、後々、自(どぅう)ぬうちなあぐちが、あまくまばっぺえとおるとぅくまぬあぬ事、まるけえてぃ、気に付ちゃいすぬ事んあいびいん。 我ねえしいざ方かやや、うちなあぐち遣えや、自信ぬ無えやびらんくとぅ、9年前に出じゃちぇえる拙著『実践うちなあぐちキ教本』ぬんかい、 「語彙や沖縄語独特の言い回しの面では、先輩諸氏の経験や知識に劣るかも知れないが、躊躇していたのでは前進はないのであり、沖縄語の(略)普及のために(略)、思いきって小書を世に送り出した」(3頁)んでぃ書ちぇいびいん(手前味噌)。 冒頭んかい紹介さびたる大先輩や、しいざ方んちゃあから、ちゃぬゆうな指摘ぬあいびいたらあ…。 うちなあぐちん肝苦しいむんやいびいんやあ。 「方言撲滅運動」ぬ終わたやがあんでぃ、思いねえ、今度お、また、「間違とおんどお」でぃ、あびやあびやあさりやびてぃ。 前からあ「撲滅運動」、くさあからあ、「間違い指摘運動」(牽制)し、挟み撃ちさりやびてぃ。 必じ、うちなあぐち使ゆし、萎縮しみらんでぃぬ考えぬる働ちょおがやあんでぃ、思ゆるばすやいびいん。 うんな事ん、まあぬ都道府県んじん無えらん、特殊事情やら筈やいびいん。 うんな話しいねえ、本土人がふぃるまさすぬ筈。 本土うとおてぃん、うんな事んあいがすら。 「あんたの大阪弁、間違とるやさかい、使わんといて」(?)、あんし、「ほなら、ええがな、もう喋らへん」でぃが言(ゆ)ら。 あんどぅんやれえ、我にん、言い欲しゃる事ぬあいびいん。 うちなあぐちぬ間違え指摘すぬ人んちゃあや、何んでぃち、うちなあんちゅが使ゆる日本語ぬ間違とをる所指摘さびらんが。 日本語からぬ直訳調うちなあぐち、「どこにが行ったか」、「母さんはかね」「どこにだからが」「だからよ」等々。 うちなあ化そをるいふうな独特「日本語(ヤマトゥグチ)」ぬあぬ事ぬ分かいみせえびいみ。 やしが、誰ん、いちいち、うんな事お指摘さびらんせえ。 日本語とぅか英語お、ばっぺえてぃん、構あんしが、必じ、うちなあぐちえ、ばっぺえてえ済まんばすい。 我ねえ、日本語ん英語ん、なんぞお上手え、あらんしが、構あんようい、ばんない使やびいん。 学生時代ぬ話どぅやしが、アミリカーが、我にんかい「間違てぃん済むくとぅ、英語、ばんない使り」んでぃ、習あち呉ぃみそうちゃん。 言葉習あさあや、あんやりわるやるんでぃ、我ねえ、思やびたん。 言語んでぃせえ、一に使ゆる事、二に使ゆる事。 間違え、肝に掛きゆしえ、五番六番、あらんかあまくし。 言葉んでぃせえ、使いねえ使ゆるさく、発展(変化含む)し、だてんなてぃ、行ちゃびいる。 言葉んでぃせえ、なあ時代時代、なあちねえぢねえ、また村々島々ぬかあじ、なあめえ違やびいん。 まあぬ誰が、「本当ぬ言葉遣え」ぬ事、分かいみせが。 うんな違えみぬる、言葉ぬ豊かさんでぃ言るむぬやいびいる。 例れえ、「何んでぃち」え「何んち」やてぃん済むい、「あまんかい」や「あまかい」やてぃん、当たとをいびいん。 うぬ他ぬ例とぅし、「まあんかいやが」=「まあかいが」、「誰やが」=「誰が」、「あらん」=「あらぬ」、「〜どぅやいびいる」=「〜でえびる」、「みへえでえびる」=「にふぇえでえびる」=「にへえでえびる」、「やらあ」=「やれえ」、「やる筈」=「やら筈」=「やぬ筈」、「ゆぬむん」=「いぬむん」等々。 言葉ぬ細さる違えみえ、星ぬ数あいびいん。 抑揚んまた、人にゆてぃ、むる違やびいん。 誰言葉遣えぬ当たてぃ、誰言葉遣えぬ間違とおがんでぃゆる事お、実え、「大概(歴史的に作らっとをる)」ぬ事どぅ言ちょおいびいしが、 明確な基準ぬあんでぃち勘違えさっとをいびいん。 やいびいくとぅ、自ぬ分かゆるうちなあぐちし、済まびいくとぅ、ばんない使いみそをり。 うりがる、うちなあぐちぬ為やいびいる。 言語んでぃせえ、自分語ぬ寄し集みてえるむんどぅやいびいる。 なあめえめえぬ自分語がる言語ぬ源やいびいる。 ぐすうよう、自ぬ分かゆる言葉、大切にしんそをり。 あいだあ、話けえさるむん。 実にうちなあぐちえ、話題ぬ多さんぬないびらん。 うんな事ん、他都道府県ぬ言葉とぅ違ゆる所やい、うちなあぐちが独立言語やる状況証拠ぬ一ちとぅしん済まびいる筈。 註:部落ぬかあじ、言葉ぬ違ゆしがる当たい前やたくとぅ、童ぬばすから相手ぬあびい様ぬ違てぃん、うんなあびい様ん、あるばあやさやあんでぃる思いとおたる、間違とおんでぃ言る考えや、むさっとぅ無えやびらんたん。 大人(うふっちゅ)なたる今ん、いるんな言い方ぬ有んでぃる思とおいびいる。 あんし、相手ぬ言いよう盗でぃ、自ぬ言葉とぅすぬ事んまんどをいびいん。 学生時分までえ、自ぬ言葉あ、「行じ」、「行じゃあい」どぅやたしが、社会人なてぃから、姪子んちゃあから、移たる「行じゃあま」んでぃぬ言い方ん、何時ぬ間(みい)がやら、自ぬ言葉とぅけえなとおいびいん。 追記:放送局んじ、いいくるうちなあぐちし、番組そをる人んちゃあぬ居みせえん。 難かさるとぅくる(?)お、ヤマトゥグチなたいさびいしが、むさっとぅ、遣らんしやか、うりん上等どぅやいびいる。 いふぃやてぃん、遣ゆしえ、じょういましやいびいん。 註:「やる筈」や連体詞用法、「やぬ筈」や接続用法。 他の例:「行ちゅる人(連体用法)」、「行ちゅぬ人(接続用法)、じるん、意味え同ぬむん。 字東風平ぬエイサーや勝連平敷屋から習たるエイサー。 なあいふぇえ、早く来れえしむたるむんでぃ思とおたしが、プログラム見じいねえ、うぬ後、新城とぅ富盛ぬエイサーぬ組まっとをたくとぅ、うぬまま、ちゃあ見じいさびたん。 新城とぅ富盛ぬエイサーや与那城ぬ屋慶名エイサーぬ流り。 やしが新城ぬエイサーん、富盛ぬエイサーん、細さる所が屋慶名エイサーとぅ違とをる所んあいびいたん。 やしが、屋慶名エイサーがてえげえ腕とぅ撥手が一直線ないしが、富盛ぬエイサーぬばあや、撥手とぅ腕とぅ直角なやい、太鼓叩ちゅる直前んじ、ピシっとぅ瞬間静止するぬとぅくるが、でえじなちびらあさいびいたん。 夕べえ、あいゆかん、肝ふぃぞをいびいさ。 (どぅく、そうぬぎとおたくとぅ、カメラ持っちゅしん忘りてぃ、下ぬ写真や携帯なかいどぅ、ぬじぇえる) うゎあば解説:エイサーぬスガイや次ぬみいちぬ型んかい分かりとをいびいん(我自考え) 1.念仏(にんぶちゃ)あスガイ=平敷屋、平安名、与那城、字東風平、小浜島んでえ 2.按司(あじ)スガイ:屋慶名、港川(具志頭)、新城、喜屋武、富盛んでえ 3.旅芸人京太郎(ちょんだらあ)スガイ(圧倒的多数派):園田はじみ、沖縄市、旧具志川市、西原町、武富(糸満)等 註:京太郎(チョンダラー)や、薩摩が琉球侵攻ぬ前に、琉球偵察隊(スパイ団)とぅし派遣せえたる旅芸人衆。 エイサーぬはねえかさあぬチョンダラー(芭蕉布スガイ)とぅ同じぬ名やしが、実にぬ京太郎スガイや園田エイサースタイルやいびいさ。 語源や同ぬむんでぃ考えいねえ、良たさいびいん。 「クィイ」んでぃしえ、「声(くぃい)」ぬ意味どぅやる、あらん、「舟着き場ぬ杭(じるぬ杭んかい舟繋じ済むらあ分からんばすに言る言葉」とぅか、「誠しやかに」論争さびたん。 我ねえ「声ぬ意味」派やいびいたしが、恥じかさいびいんや。 「クィイ」や「声」ん「杭」んあらん、日本語ぬ「かん」(指示代名詞「これ」ぬ変形そをるむん)やる事ぬわかやびたん。 言いどぅんせえ、うぬ「くぃい」や日本語ぬ「何だかんだ」「何やらかんやら」「何やかんや」んかいあぬ「かん(「これ」ぬ変形)」とぅ同ぬむんやいびいるばす。 あんし、「何がくぃいやら分からん」でぃせえ、「何がちゃあとをらあ分からん」とぅか「何が何なとをらあ分からん」でえぬ、当たり前ぬ意味やいびいるばあ。 「声」とぅか「杭」とぅかや、でえじな、「考え過じ」やいびいたるばあ。 あんしまた、「ダビ」んでぃ言いねえ、日本語しえ「荼毘=火葬」やしが、うちなあぐちしえ、「葬列」ぬ意味んかいけえなとおいびいんや(例、『ちゅらダビ=盛大な葬列』)。 まあうとおてぃが間違てぃ、あんなたらあ分からやびらんしが、言葉んでぃしえ、てえげえ、むる勘違えし、別ぬ意味んかい成いるむんやいびいさ。 「スコール」んでえ、「片降い」「鷹ぬしいばい」とぅか、いっとちゃぬ雨ぬ事ゆ言ちょおるむんやいびいしが、実え、元々ぬ意味え、「あったに吹ちゅる風」「たでえまぬ風回い」ぬ意味やたんでぃぬ事。 スコールぬ来ゅうる前や、いいくる、あった風ぬ吹ちゅくとぅる、「あった雨」んでぃぬ意味んかいけえ変わたるばすやいびいさや。 くねえだ、親戚(ゑえか)とぅ、我ったあうざさあぬ(あんまあぬ弟)ぬ話なたれえ、 「いったあ、うざさあや、タイカクウやたんどおや」んでぃ言ゃびたるばあ。 うり、聞ちゃれえ、なあ我ねえ、懐(あなが)ちさんあい、いそうさぬないびらんたん。 タイカクウんでえ、程(ふどぅ)まぎいんでぃしとぅ、てえげえ、同ぬ意味やしが、タイカクウんでえ、グテエまでぃ、あいぎさあやいびいんや。 くぬ「タイカクウ」や日本語ぬ「体格」から作らったる言葉なてぃ、語尾伸ばしいや、「体格」ぬまぎさんでぃ言しやか、「がっちり」そをんでぃぬ意味ぬ強さいびいるばあ。 グテエん、日本語ぬ「五体」から派生そをる言葉なてぃ、「強ばあ」んでぃゆる言葉とぅけえなとおいびいんやあ。 近頃お、うちなあんちょお、言葉作い上手んでぃ、思びやびいっさあ。 シークァーサー(くにぶぬ一種)や「 酢(しい)食あさあ」どぅやい、ドライヤーんかい「 カラジカーラカサー(からじ乾らかさあ)」んでぃ言ぬ人ん居くとぅ、うむさぬないびらん。 ちゃあき、開きやい、聞ちなあびたん。 聞ち慣りらん不思議な言葉。 タイトルお、「こごえた手に」。 ゆう、ゆう聞ちちいねえ、実に東北弁やいびいたん。 津軽中里、八戸、秋田ぬ各弁やる風儀やいびいしが、まるふぃいじい、テレビとぅか映画んでえうとおてぃ、聞ちゅる東北弁とお、あいゆかん違とおいびいん。 耳ぬ慣りいねえ、あまくま分かいしが、はじめえ、間違てぃ、逆回し録音やあらんがやんでぃ思やびてぃ、次に韓国語やがらんでぃ思たるあたい、ふぃるましい言葉やいびいたん。 3〜4回びけん、聞ちちいねえ、すびけえなてぃ、今日ん聞ちゃびたん。 実にぬそうらさる日本語が今ちきてぃ、ある事に感激さびたるしいじ。 19ぬばす、鹿児島弁聞ちゃる覚いぬあいびいしが、むさっとぅ分かやびらんたる事、また、40年前に聞ちゃる大阪弁ぬん、今とお違てぃ、でえじな聞ちかんてぃいし、いちゃいはんちゃいんならんたる事思い出じゃちゃん。 あんそをる日本原語んでえ聞ちいねえ、今ぬ標準語が人造語(最大公約数語)やる事ぬゆうわかゆん。 大橋さん、いっぺえ、にふぇえでえびえるさい。 与勝エイサーん観じゅるくとぅんならさやあんでぃ、寂っさそおたるむんやしが、夕(ゆ)び、遊(あし)びいが行じょおたる女童(ゐなぐんぐぁ)から、 「与那城エイサーとぅ似ちょおる東風平エイサー、今ばんじそをくとぅ、観じいが参れえ」 んでぃぬメールぬ来(ち)ゃん。 ゆう聞ちいねえ、 勝連平敷屋エイサーぬコピーやんでぃぬ事。 んちゃ、考えてぃんじいねえ、糸満市ぬ 喜屋武、具志頭ぬ港川、新城、八重瀬町(旧東風平町)ぬ富盛や屋慶名エイサーぬコピーやい、南部んかい住でぃん、与勝エイサーや観じゅる事んないくとぅ、何ん寂さあ無えらんでぃ思ゆん。 来うる日曜日え、サンエー豊見城店(ウィングシティ)うとおてぃ、喜屋武エイサーすんでぃぬ事やくとぅ、なあ、待ちかんてぃいしならん。 与勝ぬエイサーや南部んじぇ、ましさっとをるふうじ。 肝ひじょおるむん。 また、平安名エイサーや小浜島んかいコピーさっとおんでぃぬ事。 エイサーやむとぅむとぅ、空也上人が始みたる念仏踊(にんぶちゃあをぅどぅ)い。 太鼓叩ちゅんねえしなたしえ、室町時代かんでぃぬ事。 与那国んかいや「無蔵念仏節」が今ん残とおん。 うぬ節え、本島ぬ「仲順流り」とぅ同むんやん。 与勝エイサーんかいや、うぬかあま昔、黒装束ぬ念仏僧ぬすぬ念仏踊いぬ面影(うむかじ)ぬ残とおん。 琉球んかいや北部、中部ぬ順し入っちゃる筈。 あんし、今あ、中部から南部んかいコピー中やるばあ。 また、勝連ぬ平安名エイサーや八重山ぬ小浜島んかいコピーさっとおんでぃぬ事やくとぅ、今ちきてぃ、広がとおるしいじやん。 うちなあぐちぬ「だき(竹)」え、日本語しえ「タケ」んでぃ言(ゆ)い、今(なま)ぬ韓国語ぬ「竹」ぬ音読みえ「チゥク」やん。 やしが、朝鮮語が日本かい入(い)っち来(ち)ゃるかあま弥生時代(国語学者、大野晋や4千年前に朝鮮語とぅ分かりたんでぃぬ考え持っちょおいびいん)うとおてえ、朝鮮語ぬ「竹」ん、うちなあぐち音ぬ「Daki」んかい近さる音お、あらんたがやあんでぃ思(うみ)ゆん。 韓国語や新羅時代、高麗(後高句麗)系統ぬ李氏朝鮮時代通(とぅう)ち各言語が混合しっ来(ち)、又、明、清ぬ冊封(統治者、王ぬ形式任命制)受きとをたる事(くとぅ)んあてぃ、中国語が朝鮮語んかい強(つう)う強(づう)うとぅ影響さあい、氏名呼称までぃん中国風ないるあたいやたん。 日本語ねえし、漢字ぬ音読み訓読み(朝鮮語読み)ぬ別(びち)ん無(ね)えらんたくとぅ、朝鮮語(韓国語)ぬ語彙や漢字ぬ音読み(中国語読み)ん多(うふ)さるばすやん。 (うんな歴史ぬあてぃ、元からあぬ朝鮮語彙や中国語なかいじまま、壊(くう)さって来ゃるむんやしが、文法(語順)んでえや昔ぬ形ぬまま守らてぃ来ょおるばすやん。 ) 朝鮮語やダ行音とぅタ行音ぬ区別おさんくとぅ、弥生時代ぬ「ドゥク?(竹)」が日本語うとおてえ、「タケ」んでぃちなやい、また、琉球語うとおてえ、朝鮮語とぅ日本語ぬ間取(なかとぅ)てぃ、「ダキ」んでぃちなたのおあらんがやあ。 あんし、「竹島」にちいてえ、日本うとおてえ、「たけしま」んでぃ言(ゆ)んねえしなてぃ、又朝鮮(韓国)うとおてえ、かあま昔(んかし)からぬ発音守(まむ)ゆる為(たみ)なかい「独(ドォク)島」んでぃぬ漢字当てぃがあらあ分からん。 日本語への特別意訳 あくまで、個人的想像である。 沖縄語の「だき(竹)」は、日本語では「タケ」と言い、現韓国語では漢語音では「チゥク」である。 だが、朝鮮語が日本に入って来た弥生時代(国語学者、大野晋は4千年前に朝鮮語と分かれたとする)においては、朝鮮語の「竹」も沖縄語音の「Daki」に近い音ではなかったかと思う。 韓国語は新羅時代、高麗(後高句麗)系統の李氏朝鮮時代を経て各言語が混合を重ねたのであるが、加えて明、清との冊封関係にあった事から、中国語が朝鮮語に強く影響し、氏名呼称に至るまでも中国風なるほどであった。 日本語のように、漢字について「音読み」「訓読み(朝鮮語読み)」の習慣が無かった事もあって、朝鮮語(韓国語)の本来の語彙まで、多く漢語(中国語)読みをするようになってきたのである。 (いわば、昔ながらの朝鮮語彙は漢語によって破壊されたものの、文法(語順)は保たれた。 ) 朝鮮語はダ行音とタ行音の区別はしないことから、弥生時代における「ドゥク?(竹)」が日本語として形成される過程で、「タケ」となり、また、琉球語では、朝鮮語と日本語の間を取って、「ダキ」となったと思われるとも想像できる。 ゆえに、「竹島」は、日本では、「タケしま」と呼称し、韓国では昔からの発音に従い、「独(ドォク)島」という字を当てたのであろうか。 追記:古代の文献の無い朝鮮語は、「古事記」や特におもろ時代の琉球語あたりにその名残を留めているとは考えられないだろうか。 聞ちぇえんだんとぅか、けえ忘(わし)りみそおちょおる人(ちゅ)お、なあ、一(ちゅ)けのお、聞ち見(ぬ)うせえましえあいびらんがや。 あんまあたあや、うぬ時分ぬ赤子が、ひっちい、「ンクウ、ンクウ」すくとぅ、自(どぅう)ん、赤子ぬ真似(ねえび)さあい、赤子ぬ面(ちら)向かてぃ、笑やがなあ、いぬぐとぅ「ンクウ、ンクウ」そおいびいんよ。 あんしいねえ、また、うぬ赤子あ、ゆくん、「ンクウ」んでぃちさびいるばあ。 あんしいねえ、うぬ「ンクウ」んでえ、何(ぬう)ぬ意味やがんでぃ言(い)いねえ、うりえ、我自一人(わあどぅうちゅい)考(かんげ)えどぅやいびいしが、 「無空(んくう)」でぃ言(ゆ)る意味どぅやるんでぃ思(うむ)とおいびいるばあよ(笑)。 赤子んでえや、極楽浄土から、くぬ世(現世)んかい、来(ち)、直(ちゃあき)やくとぅ、前世とぅか浄土うとおてぃ、悟(さとぅ)たる記憶(うびい)、持(む)っちょおるままやいびいるばあ。 あんし、うぬ「無空」んでえ、何ぬ意味やがんでぃる言みせえるい? 我考え、うんぬきゆる前(めえ)に、我(わん)ねえ、宗教家ん仏教徒んあいびらんくとぅ、まあまあでぃん、我自一人考えどぅやるんでぃゆる事(くと)お、言ちょおかんでえないびらん。 あんし、くぬ「無空」や般若心経んかいあぬ「空」とぅ「無」ぬ意味えあらんがやあでぃ思いねえ、面白(うむさ)あ無えびらんがや。 「眼(げん)」「耳(に)」「鼻(び)」「舌(ぜつ)」「身(しん)」「意(に)」から 「受(じゅ)」「想(そう)」行(ぎょう)」「識(しき)」ん 「諸法(しょほう)」までぃ、何んくぃいん、諸(むる) 、「無どぅやい、空どぅやる」でぃいちょおる肝(ちむ)ええやいびいるばあ。 なあふぃん、説明さなんでぃしいねえ、ボロぬ出(ん)じいがすら分かやびらんくとぅ、なあ説明やさびらんしが、くぬ世(ゆ)んかい在(あ)ぬ物(むぬ)お、いっそうから、いがろう人間ぬ「感覚、考え」通(とぅう)ちどぅ来(ちゅ)ゅうるむぬやくとぅ、くぬ世や「感覚、考え」次第(しでえ)どぅやるんでぃぬ「肝心(ちくぐくる)」さんでえないびらんばあ。 やくとぅ、「感覚、考え」ぬあがたんかい在ぬ世界(しけ)や、元々「空どぅやい、無どぅやる」ばすやいびいくとぅ、心ぬ持ちいよう、がんじゅうらしいねえ、自在に宇宙ぬ事(くとぅ)、分かたい、扱(あち)けえたいすぬ事ぬなるばしやいびいんてえサイ。 何が、あんし今日(ちゅう)や、クサ物言小(むにいぐぁあ)けえしでぃる言みせえびいるい? だああんせえ、近頃お、異風な事件、事変、紛争、戦争ぬ起きたいそおいびいせえやあ。 うん如(ぐと)をる今ぬ世ぬ事考えいねえ、くぬ「無空思想」や、実に、役立たんがやあんでぃ思ゆるばあ。 あんしえ、続えまた、後からやあ。 初みから、どぅくちゃっさん、あびいねえ、分かい苦さいびいさに? 聞ち見(ぬ)うん=聞ち見(ん)じゅん。 番組え、小学生(しょうぐぁくしい)が三味線(さんしん)弾ち、民謡歌とをたるむんやたしが、うり観ちょをたるわったあ童(わらび)ぬ、 「ウマイネー」ち、言(ゆ)たん。 あんされえ、妻(とぅじ)が、 「わらばあが、コンナニナレルノワサー、環境サー」 んでぃ言いがちい、我はた、とぅんけえやあい、 「アンタモ、イツモ、三味線ヲ、弾イテ、環境作リ、スレバ良ーノニヨー」。 あんし、我が 「我が弾ちいねえ、いったあが、ゆんがしまさんでぃ言くとぅる、弾かんせえ」 「ダカラ〜、 ミンナガ、居ナイ時ニ、弾ケバ良ーワケサー」 あんし、我のお 「........」 家ぐな(家組)=家にんず。 まんな=まじゅん。 わらばあたあ=あんすかまでぃ厳密に区別おさってえ居らんしが、「わらび」え、てえげえや単数形。 「わらばあ」や「わらばあたあ」ねえし、複数形し使ゆるばすぬ多さん。 やしが、うぬまま単数形し使ゆる事ん多くなてぃちょをん。 「わらびたあ」んでぃゆせえ、なんぞお、聞かん。 我のお=我ねえ。 さてぃ、梅雨(ちゆ)ん終(うわ)てぃ、そう夏(なち)なたくとぅ、蟻コ小(ぐぁあ)ぬ食み物捜索隊が家(やあ)ぬ中(なあか)までぃ入っち来(ち)ゃあい、食(か)み物(むん)かめえてぃ歩っちゃあ歩っちゃあそをいびいん。 甘むん、残(ぬく)ちゃい、菓子(くぁあし)包(ちち)でえる紙(かび)小んでえ、はんなぎとをちいねえ、捜索隊がゑえずう蟻コたあんかい語やい、うぬ甘物かやあち行ちゅんでぃち、たでえまなかい、すねえてぃ歩っちゅるばすやいびいん。 うんなくとお、済むしが、てえげえぬ蟻コ小や、吹ち飛(とぅ)ばする事(くとぅ)ん成ゆい、手(てぃい)し、退(ぬ)きゆる事ん成ゆい、また、人(ちゅ)んかいしがてぃん、なんぞお、咬むぬくとおねえらん。 やしが1mぐれえしかねえらんやな蟻コ小ぬ居いびいん。 色ん薄茶色なてぃ、見じい苦さいびいん。 くぬぐな蟻コ小や、人んかい、しがいねえ、必じまでぃ、人咬むるばあ。 手し退きゆるくとぅんならな、息(いいち)し吹ち飛ばするくとぅんないびらん。 あんすくとぅ、うりなかい喰うらったるばすお、実(じゅん)にわじてぃないびらん。 みみじん、よねえ死なんあい、ちゃあすが。 何蟻んでぃが言ゃびいらあ。 あぬやな蟻コ小や。 はごうさぬ。 梅雨=小満芒種ぬ節やるくとぅなかい、うちなあぐちしえ、「すうまんぼう、しゅうまんぼうしゅう」んでぃん言ゃびいん。 やしが我ねえ、梅雨んかいや「小満芒種」んでえ言ゃびらん。 時期ぬ当たとをるうっぴどぅやる、意味え、別やくとぅどぅやいびいる。 又今日ん、鳴い始まとをん。 今度ぬ梅雨お、はじまいしん、いっそうまやか、2週間ぬん遅りてぃ、はじまてぃからん、雨え降らな、なあ、んな梅雨がやらんでぃ思いとをたるむんやひが、降いぬばそお、実に恐るしむんやは。 童ぬばすお、雷ぬ鳴いねえ、我ったあ、あんまあや、必なじ、シムから包丁(ほうちゃあ)とぅ俎板(まるちゃ)取てぃ出じゃち、門口んかい置ちきやい、「 かあぎぬひちゃあ」んでぃち、うふあびいふたん。 あひまた、童んちゃあんかい、いぬぐとぅ、あびりんでぃ言たくとぅ、我ぬん、いくる、あびらっはったるばあ。 2、3回、「 かあぎぬひちゃあ」んでぃ、あびいねえ、可笑さぬならな、兄弟同士(ちょうでえどおさあ)、うふ笑えほおたる覚いぬあん。 やひが、我ったああんまあや発音ぬが悪っさたらあ、後々、ふんとうや「 くぁあぎ(桑木)ぬひちゃあ」やたるくとぅぬ分かたん。 大人なてぃから、「球陽」(やたるはじ)あまくま見じゅる機会ぬあてぃ、うら覚い小や、やへえやひが、うぬ中んかい、雷なかい打ったとをる男が桑木ぬ枝んかい掛かてぃまあちょをたんでぃぬくとぅから、桑木ぬ「上」やあらん、「下」どぅやるんでぃゆる意味なかい、あひ、言んねえひなたんでぃぬくとぅ。 (うぬ話や、クサムニイふうじいなてぃ、何がら無理やねえらに) やひが、本土ぬ伝え話や、変わとをっさあ。 4ちびけえ説ぬあひが、じるん、必なじ、桑(桑畑、桑原、桑木)とぅ関係ぬあん。 代表的なむのお、菅原道真が藤原氏なかい左遷さってぃ後、菅原が雷神んかいなてぃ、藤原氏ぬ領地んかい、ばんない雷、落とぅちゃるむんやひが、菅原ぬ領地やたる桑原びけんかいや、雷ぬ落とぅはらんたんでぃぬくとぅ。 あひんじ、雷ぬ鳴いぬばそお、ヤマトゥウ達や「くわばら(桑原)、くわばら(ココハ桑原、菅原ノ領地デスヨ)」んち、あびやああびやあ(呪文)ふぬくとぅんかいなたんでぃぬ話やんてえ。 うりから、何がら怖るさるくとぅぬあぬばすお、「くわばらくわばら」ち、あびいんねえひなたんでぃ。 何が必なじ、うちなあんヤマトゥん雷とぅ桑とお関係あぬばすやがやあ。 包丁とぅ俎板、門口んかい置ちきいる習慣やうちなあ独特やいぎさひが。 ひちゃ=しちゃ。 ほをたる=そをたる。 あひまた=あんしまた。 (あひ=あんし) あひんじ=あんやくとぅ、あんさあに。 ねえひ=ねえし。 単語お、うちなあぐち独自ぬむんやがやあんでぃ思いねえ、実え、ゆう調びいや、起源が和語やたいすぬむぬんまんどをいびん。 やな勉強小んでえしから、語彙解説んでえや、うかっとぅむにいやないびらん(うちなあんじえ、今ちきてぃ、人口比から考えねえ、推定約25万人以上ぬ話者ぬ居いびいん。 我同期生(ちるみい)や100%話者やいびいん)。 やしが、「ちゃあ、立っちい」「ひっちい畑(ばるう)」んでえねえし、 元来副詞+名詞(動名詞)ぬ語順や、日本語んかい直訳しいねえ、「ずっと立ち(立ちっ放し)」「ずっと畑仕事(一日中野良仕事)」ねえ、異風なあやいびいしが、でえじな訳しい苦さるむぬやいびいん。 うぬふかなかい、「やなあびい」(くりん元来副詞+動名詞)ねえそをる言い回しん、珍らさいびいん。 また、「なんくるないさ」や当たい前ぬうちなあぐちやしが、うりから終助詞ぬ「さ」取てえる「なんくるない」やうちなあぐちとぅし、なとをんとぅか、なてえねえらんとぅかぬ話ん、いいくる我耳んかい、入っちちゃあびいしが、聞ちゃえ見だんくとぅんでぃち、うちなあぐちえあらんでぃち片付きゆしえ、ちゃぬふうじやいびいがや。 「なんくるない」や文法的ねえ、ちゃんとぅなとをいびいんや。 「なゆん(ないん)」やユン(イン)活用動詞なてぃ、「成ゆん」「鳴ゆん」「実(な)ゆん」「あびゆん」「取ぅゆん」ん、いぬ活用さびいしが、「なんくるない」や元来副詞(なんくる)とぅ「ない」ぬ語順やいびいん。 異風なあやんでぃ思ゆるくとお、うちなあぐちが使あらんなてぃ、次第次第に、聞ちんちゃる言い回しびけえ、使ゆる傾向んかいなてぃ来ちゃあに、発展志向やあらな、縮小志向(保守志向)んかいなてぃ来ょをる表わりえあらんがやんでぃ思ゆるばすやいびん。 あんそをるうちなあぐちぬ語順や漢語んかいやれえ、まんどをし純和語んかいや、とぅめえい苦さいびいん。 また、「畑さあ」「魚取やあ」ねえし、動詞「畑すん」「魚取ゆん」からん簡単し、動名詞作らりゆい、今ぬ日本語ぬ失なてぃ無えらんなたる特徴なてぃ、うむしるむんやいびいん。 日本語ぬ簡潔語んでぃ言いねえ、むる漢語びけん頼がきてぃる居くとぅ、うんな所お、発達しゆうさんたるばすやいびいん。 「飛行機」え、漢語(中国語が起源)やいびいしが、うりえ、本来ぬ日本語しえ、「(空)飛ぶからくり」んでぃ、いちいち言ゃんでえないびらんしが、うちなあぐちなかいやれえ、「(空)飛ぶるう」とぅか「飛ばあ」ねえし、日本語やか簡潔表現ぬ無ないびいしえ。 いぬぐとぅ、「乾燥機」やれえ、実にぬ日本語なかいや「乾かすもの、乾かすからくり」ねえし、やっけえな表現さんでえないびらんしが、うちなあぐちなかいやれえ、英語ぬ「ドライヤー」とぅいぬ4音節ぬ「かあらかさあ」んでぃち表現なゆい、意味ん通やびいしえや。 やしが、日本語ん昔え、異風な語順ぬあいびいたんや。 古語ぬ「な(勿)」や英語ぬDon'tとぅ同ぬ使え方(意味ん語順ぬん)なやい、「な鳴きそ」ねえぬ言い様なとをいびん。 今あ、「な」が後じいんかい来ゃあに、「鳴くな」ぬ語順んかいけえ成とをんびんや。 うぬ「な」が西洋語ぬ「No」「Ne」「Nie」んでえとぅ音ぬ意味ん似ちょをしん、ふぃるましむん。 なあふぃんぬ昔え、ゆくん、いるいるとぅ違とをたる筈やいびいんど。 元来副詞=本来副詞(用言ゆ修飾すぬ語)やしが、うちなあぐちんじえ、特に動名詞修飾すぬばすん、使ゆくとぅ、「元来副詞」でぃちせえるばす。 体言(名詞んでえ)ゆ修飾すぬ語お、連体詞んでぃ言ん。 かわてぃ若あ小たあや、見でぃわ見でぃわ、いいくる起きとをる間あ、ひっちい携帯電話びけえ、見じゃあ見じゃあそをるばあ。 学問ぶりいんでえ近頃お、聞かんなとをしが、「 携帯電話ぶりい」んでぃ言しやか、「携帯電話中毒症」やあらにんでぃ言ちん済むぬはじ。 何ががふぃるまさらあ。 生ちちょをる時間(人生)がいちゃさあねえらにんでぃ思ゆるばあ。 なあふぃん、きちむええぬあぬ生ちち道え、ねえらんどぅあがや。 何ぬ情報や喰ええはじゃんきいんでぃち、そう抜ぎとをぬばすやがや。 あらん、済むんよう。 何が、うったあ勝手でぃどぅやしえやくとぅ…。 ただ、うったあがあ、将来、子産ちん、子あ見だな、携帯電話びけえどぅ見ちょをるはじんでぃ思いねえ、毛ぶり立っちゃあすっさあ(ぶり毛立ちゅっさあ)。 我にん携帯ぬあたいや、持っちょをしえ持っちょをくとぅどぅ、あん言んどおやあ。 語句 学ぶりい(学耄りい)=学問しい強さぬけえ耄(ふ)りゆるくとぅ。 また、ひっちい学問びけえんし、他ぬくとお分からんくとぅ。 実にやみ。 世界んかいや色数ぬ音階ぬあん。 一方的に西洋音階びけえ習とをる人々ぬ考えやあらに。 やしが、うんな難からさる話しん、何んないるむのおあらん。 やくとぅ、くまうとをてえ、琉球民謡とぅ日本民謡ぬくとぅにちいてぃびけん、語てぃなあびら。 何時がやたら、車歩っかしがちい、ラジオ聞ちょをたれえ、平尾昌晃とぅ誰がなとぅぬゆんたくぬ中うとをてぃ、「沖縄ノ音楽ッテ、何カ主張(訴エ?)ミタイノガ、アッテ、沖縄ッテ分カルケド、本土ノ歌ハ、ドノ都道府県ノ音楽カ分カラナイジャナイデスカ」(発言内容や正確おあらんど))ふうじい(意味)ぬ、話そをたん。 あんし、我ねえ考えたるむぬやん。 やさ、本土人(ヤマトゥンチュウ)ぬ民謡歌手お、北海道から九州までぃぬ民謡やむるレパートリーんっかい入っち、まあぬ地方ぬ歌やわらん歌ゆうすしが、琉球(沖縄)民謡びけんや、じょうい、歌らん。 レパートリーんかいや入っちぇえ無えらんばす。 あんしまた、うちなあぬ民謡歌手ん、本土民謡や別物(びちむん)やくとぅ、当たい前、むさっとぅ、歌らん。 民謡や本土一円とぅ琉球一円ぬんかい、さっぱっとぅ、分かりとをるしいじやるばあやん。 音階(琉球音階とぅ日本音階)ぬ違ゆんでぃゆしやか、言葉ん違ゆい、曲想、節回し味ん、むさっとぅ違いどぅすくとぅ、あんないるばあ。 例外んあしえ、あん。 本土ぬ民謡歌手が歌ゆしえ、必なじヤマト歌詞ぬ「安里屋ユンタ」びけえ。 うりかあん、沖縄文化が本土文化ぬ一部おあらな、独立文化やんでぃ思ゆるくさてぃ(根拠)やしがや。 歴史はじみ、節日節日ぬ行事(註)までぃ諸、いっそうから変わてぃる居くとぅ、沖縄あ、なあ文化的独立地域やるばすやん。 やしが、多くぬ沖縄人や「日本人」やんでぃち、また成いぶしゃし、うみはまてぃ、自(どぅう)なあたあくるぬ言語(くとぅば)までぃ、「ホーゲン方言(日本語ぬ一とぅしちぬぬ)」んでぃち、はばからん人んちゃあぬまんでぃぐゎさぐゎさそをん。 今、道州制が検討(じんみ)さっとをしが、うんな弱さる民族意識しえ、単独州目指すぬ力とぅしえ、ちゃぬふうじいやら。 註1:例れえ、桃の節句や、本土んじえ、雛人形かざたい、川んかい流ちゃいすぬ風習どぅやしが、うちなあんじえ、女が浜んかい降りてぃ遊ぶ(身清らくすん)ぬ風習とぅなとをん。 うちなあやいふぇえ、中国ぬ風習んかい近さん。 鹿児島んじえ、うぬ日や「浜栗(はまぐり)」食むぬ習慣があんでぃがら。 よういくうてん小やうちなあぬ習慣とぅダブとをんでぃ言ちん済むがや?。 むとぅむとお、女子が川んじ、身清らくなする習慣やたる習慣から、本土んじえ、平安時代ぐるから、人ぬ代わいとぅし、人形川んかい流す風習んかい変わてぃ、何時ぬみいがやら、人形かざいぬ風習んかいけえ変わたるばすやらはじ。 やしが、うちなあんじえ、古代ぬ風習がうぬままあ残とをぬばす。 くりかあん本土一円とぅ琉球一円ぬ違いや明らかやしがる…。 註2:琉球音階やレとぅラが無えらんでぃ(実にやがや)。 日本音階や「ヨナ抜き音階」(ヨナやファとぅシぬくとぅ)やんでぃ。 サングァチャアんでぃん、浜降(う)りい、んでぃん、言ちょをいびいん。 さてぃ、4月4日あ、清明際入りやいびいたしが、くんどお、わったあ家組(やあぐな)あ、どぅうなあたあ清明とお、別に、んじゃる日曜日(4月6日)え、門中(むんちゅう)ぬカミ御清明ぬ当たい番(4年廻るう)なやい、玉城ぬかあまかあま昔ぬ元家ぬ墓んかい御清明しいが行ちゃびたん。 4年にちゅけんでぃ言ちん、参加家組にゆてえ、十数年にちゅけんなあどぅ行ちゅくとぅ、今度ぬ当たい番ぬ五ちねえぬうち、うぬ墓までぃぬ道分かる人お、一人しか居らな、とぅめいどぅめい行ちゅんでぃち、さっこう哀りなむんやいびいたん。 まんぐらあ、てえげえや畑がるまんどをいびいしが、毛道なてぃ、牛屋んあしえあしが、また次来ぅうるばすねえ、覚いてぃが居らあ、むさっとぅ、自信や無えやびらん。 迷たんてえまん、道訊にゆる人ん居いびらんあい、しからあさるとぅくるやいびいん。 やさ、一番や、墓ぬ主(ぬうし)ぬ電話番号習とをちゅしえましやいびいっさあ。 やしが、無事しまち、うみなあくさびたん。 さり、うう尊とぅ。 家ぐな=家にんず。 首里むにいぬ特徴や、那覇むにい(うりから那覇系統語)ぬ「ムン活用動詞」が変則的に「ヌン活用動詞」んかい変わゆるとぅくるやいびいん。 「飲むん」や「飲ぬん」、「食むん」や「食ぬん」、「済むん」や「済ぬん」ちなびいるばすやん。 否定形やまたマ行んかい戻てぃ、「拝まん」ちないくとぅ、なあ那覇語ぬ不規則動詞んでぃち、考えいねえ、済むの(済ぬのお)おあいびらんがや。 うちなあぐちうとをてえ、マ行がナ行んかい音韻変化すしえ、いいくるぬくとぅなてぃ、例れえ、「宮城」え昔え、「みゃあぐしく」やいびいたしが、今あ、「なあぐしく」ち、なとをい、また、「宮古」や「みゃあく」んでぃん、「なあく」んでぃん言ゃびいんしえ。 なひのお、『沖縄對話』(明治13年ぬ日本語教科書)うとをてえ、なまぬ「にふぇえでえびる」や「ミヘーデービル」ち、載しらっとをいびいん。 やしが、しいてぃまでぃ「拝まびら」がる実にやるでぃ、主張そをるむんどぅんやれえ、とぅくるにゆてえ、うりん当たてぃがうらん分かやびらん。 「沖縄語辞典」(主に首里語)うとおてえ、例文ぬ「cuu uganabira(ちゅう、うがなびら)」や、「こんちは、目上に対する屋外でのあいさつ」でぃち、あいびいさ。 なまあ、屋外あらんてぃん、使あっとをるふうじやいやさびいしが…。 やしが不規則動詞え、まあぬ言語んかい、あぬむんやいびいさ。 不規則動詞ぬ多さ、いきらさあ、うぬ言語が、ちゃぬあたい、生ち言語やがんでぃゆるくとぅぬ証明やあらんがやあんでぃ思いんすい、土着ぬかじゃ小んさびいくとぅ、けえてえ、規格住宅ねえそをる規則動詞びけえが並どをる言語やか、言語らあさあ無えやびらんがや。 追記:小那覇舞天ぬ「世界漫遊記」んじえ、「毎日、夕飯のお、まじゅん、食なびたん」んでぃち、あいびいさ。 したい! うちなあじゅうが、むさげとをいびいん。 うってぃいぬ天理戦まんぐらから、ゆうしいねえ、9年前ぬ再現がやらんでぃ思とをいびいたしが、実に、あんけえなとをいびん。 うちなあんちゅぬ意地見してぃとぅらち、でえじな、かふうしでえびる。 うちなあん、ちかぐるお、何やあくぃいやあぬまんどをいびいしが、なまぬぐとぅ、うちなあぬかりい付きてぃ、呉ぃみそをち、あんしまた、肝加勢しうたびみそうち、にふぇえでえびる。 東浜投手や、試合前、マウンドぬ上んかい手あてぃやい、甲子園ぬ御神がなしんかい、甲子園ぬやなむん、魔物(まじむん)、うぬきふぁすぬぐとぅ、御願立てぃとをいびいたん。 くりんまた、ちむええぬあたるはじやいびいん。 また、なまからん、うみはまてぃ、うちなあ、はねえかち、呉ぃみそをり。 今あ、住宅地けえなとをひが、昔え、馬走(んまは)らしふぬとぅくるやたんでぃくとぅやい、あひまた、我が童ぬばすお、家やちんじんとぅ小どぅあいびいたる。 てえげえや、空き地なやい、童んちゃあぬ遊びどぅくるなとをいびたん。 ようい一時(いっとぅちゃ)小あ、自動車練習所なとをるく時んあいびいたん。 米軍がガードマン詰所とぅはあなんかい、使とをたるコンクリートぬ建物お、今あ、一般住宅とぅなとをいびいん。 さてぃ、うぬ「支那陣地」え、戦後、中国人、朝鮮人が駐屯そをたるとぅくるとぅか、軍(米軍がやら中国軍がやらわかやびらんひが)ぬ倉庫がやたら分かやびんしひが、ユナグシクん人ぬ話なかいや、兵器砲弾ぬ残骸集みてぃ、収納すぬとぅくるやたんでぃぬくとぅ。 やひが、「支那陣地」んでぃゆる言葉自体(じてえ)が、与勝半島ぬ人んちゃあが名付きたる俗称なてぃ、実(じゅん)に中国軍(蒋介石軍)が沖縄んかい駐屯そをたみ、居らんたみんでぃゆるくとお、今までぃ、確かなくとお、わかやびらんたん。 やひが、くんどぅ、「支那陣地」が実にあたるくとぅぬ分かやびたん。 去(ん)じゃる3月5日ぬ新報夕刊ぬ3面うとをてぃ、「60年ぶり恩人と感激の再会」んでぃゆる記事ぬあいびいたん。 うぬ記事え、終戦後、むぬん無えらな、やあはほをたる屋慶名ん人ぬ外間さんが中国(軍)人ぬ唐さんから食(か)みむん分きてぃ呉ぃらってぃ、救しきらったんでぃぬくとぅやいびいん。 唐さんぬ赴任期間や1947年から1949年までぃ。 また我が生まりたる年え、1948年なとおをびいん。 やひが、くりから後お、自考(どぅうかんが)えどぅやひが、1949年でぃ言いねえ、中国共産党が中華人民共和国建国宣言はびたる年。 国民党軍関係者たあや、むる自ぬ国んかい帰えらんでえ、ならんなたるばすやらはじやいびいん。 あひ、うぬ唐さんや、文化革命ぬばす、自守(どぅうまむ)いるたみ(蒋介石ぬしんかやたるくとぅぬ分かいねえ、紅衛兵たあなかい、ちゃあがはらりいらあ分かやびらんへえ)、沖縄ぬ写真とぅか資料や、むる焼ち捨てぃたんでぃぬ記事なとをいびいん。 伝説化ないがたあやたる「支那陣地」ぬ存在が、今いや、事実やたるくとぅぬ確かみらってぃ、いそうはぬないびらん。 語句:馬走らし=馬ぬ走ええ勝負しみゆるとぅくる。 〜はあなかい=〜し、さあなかい。 はびたる=さびたる。 やひが=やしが。 あひ=あんし。 ちゃあがはりいらあ=ちゃあがさりいらあ。 分かやびらんへえ=分かやびらんせえ。 今(なま)いや=今なたれえ。 いそうはぬ=いそうさぬ。 我ったあうんぬ方ぬうざさあや程まぎいやたくとぅ「まぎい主」んでぃち、あざ名付きらっとをいびいたん。 会社とぅか、部落とぅか、組織ぬ中んじ、一番上やる人んかいん、「まぎい」んでぃ言ゃびいん。 ふぃるましむんやいやさびいしが、梵語(サンスクリット語またうぬやる方言パーリ語)ぬ「マハー」んでぃ言しえ、漢字しえ、 「摩訶(まか)」んでぃ書ちゃびいしが、うぬ意味え、うちなあぐちぬ「まぎさん」、んでぃぬ意味とぅいいくる同ぬむんやいびいん。 仏典経由(「摩訶(まか)」から「まがあ」「まぎい」)さあにどぅ、うちなあぐちんから成たらあ、また、直接、サンスクリット語からが入っちちゃらあ、わかやびらんしが、どぅく似ちょをくとぅるふぃるまさいびいる。 摩訶不思議んでえ、うぬくとぅどぅ言ゃびいがや? 国語学者ぬ大野晋氏にゆいねえ(司馬遼太郎とぅぬ対談、「日本語の起源を追う」から)、インド南端んじ使あたっとをんでぃ言ゃっとをるタミル語ん日本語とぅ似ちょをんでぃぬくとぅやいびいん。 似ちょおしえ単語びけえやあなら、文法体系までぃ同ぬむんやんでぃぬくとぅ。 係り結び(強調語〜連体形、うちなあぐちやれえ、『〜どぅ、〜やる』とぅか)ぬ有しん、同ぬむんやいびいん。 てえげえ、うちなあ、日本、朝鮮んでえぬ文化あ、やインドとぅかかわいぬあぬはじやいびいん。 宮古、八重山んじえ、でえじなさかんやんでぃ言ゃっとをひが、与那城人お、与勝ん、さかんやんでぃ考えとをるふうじ。 やひが、我が、那覇・豊見城ぬスーパーんでえんじ、確かみたれえ、ジュウロクニチー用ぬ重箱(うさぎむん、かざいむん)ぬ注文ぬまんどをんでぃぬくとぅ。 ああくとぅ、うちなあじゅう、まあんくぃんんじ、ジュウルクニチーやさかんやるくとぅんかいないるばあ。 我ったあん、去年から仏壇持っちょをい、うぬ据きかざいはんとおならんくとぅ、自ぬ実家(をぅやぬやあ)びけん、あらん、あまくま電話なかい聞ちゃるばすやん。 先島んじえ、ジュウロクニチーや墓んじるふんでぃぬくとぅやひが、うちなあ本島んじえ、家んじるふる。 墓んかいや、先祖んかい、「ちゅうや、ジュウロクニチーやくとぅ、受き取いがめんそおりよ」ち、案内か行ちゅるうっさどぅやる。 やひがまた、シチグァチとお、いぬむん(ゆぬむん)、精霊(そうろう)ちけえすぬとぅくる(人)んあんでぃがら。 うりえなあ、「気持ち」ぬ問題どぅやへえやひが、なあめえめえぬ実家から習たる通いふへえまし。 さてぃ、本題ぬみいジュウルクニチーぬ話やひが、んじゃる1年が間(うぇえだ)なかい、まあちょをる人にとぅてぃぬはじみてぃぬジュウロクニチーぬくとぅどぅ言るばすやん。 我ったえねえし、みいくに、仏壇持っちょをる家がジュウルクニチーふぬくとおあらん。 我ったあ御主前(祖父)が居みせえるうぇえかぬ家や、今度お、みいジュウロクニチーんかい当たとをん。 くずぬ師走んじ、従兄ぬけえまあちゃるばす、うぬ妻(80歳)が電話なかい我かいぬ案内や、でえじなふぃるましむんなてぃ、今んゆう覚いとをん。 「ちゅうちゃんちんやひが、主がけえ倒りてぃ、なあちゅらすがいどぅけえひみとをんどお」 あひ、我のお、あらあらあ、受き取とをたひが、大切なくとぅやくとぅ、確かみいる肝んあてぃ、 「あへえ、我のお、兄弟姉妹んかい連絡はんとおならんひが、ちゃぬふうじいひ連絡へえしむがやあ」 うちなあんかいや、人ぬまあふぬくとぅんかい、「唐旅んかいはちゃん」とぅか「フランスんかい行じゃん」とぅかぬあひが、「ちゅらすがいけえひみたん」でぃゆへえ、はじみてぃ聞ちゃん。 語句 ああくとぅ=あんすくとぅ。 しきかざい=供えむんねえ。 さんとお〜=さんでえ〜。 ゆへえ=言しえ。 米軍や在日米軍ぬ兵士んかい「倫理教育」すんでぃがら。 軍隊やあたまに、戦争遂行すぬたみ(人権、倫理観持たっさん訓練しみらっとをる組織) 非倫理的存在。 何ぬ教育よ。 けえ笑あすっさあ。 ただぬパーフォーマンスてえなあ。 実に「教育」さあい、直ゆるむんどぅんやれえ、今ぐるお、きっさ、落てぃ着ちょをたるはじ。 アミリカーぬ一番テエショウが、わびしいが、県ぬんかい来ゃんでぃぬくとぅやしが、わびゆるうっぴやれえ、ちゃっさやてぃん謝とおをけえんでぃが考えとをらあ。 「遺憾」「残念」「恥ずかしい」、ちゃっさやてぃん、言ちょをけえんでぃが考えとおらあ。 ふんとうやれえ、県知事たあや、アミリカーぬトップやる ジルマー在沖四軍調整官ぬ更迭や当たい前ぬくとぅとぅし、 ライト在日米軍司令官ぬ辞任までえ、要求さんでえならんはじやしが、何ががふぃるまさらあ、謝罪しいが来ぉをるたるジルマー調整官ゆエレベーターまでぃ見送たんでぃぬ報道。 あんすくとぅとる、うちなあんちゅお、むるてえげえやさんでぃ、あんすか、ヤマトゥー・アミリカーなかい、うせえらってぃ歩ちゅる。 とおまじ、犯人ぬ所属ぬ長から、上ぬ人んちゃあまでえ、いっそうから、首(更迭)なちんでぃ、今までぃやかや、くったあん、そお入いるはじどお。 (でえじな、効き目ぬあぬはじ…。 )うんさく、うぬ事件や重むんやんどおでぃち、悟らさんでえなんでぃ思ゆしが…。 何ががふぃるまさらあ=何がうけえとをらあ。 何やふぃるまさが。 ちゃあしが、むぬん考えとをらあ。 そお入ゆん=精(魂)ぬ入ゆん。 むぬぬ分かゆんねえしなゆん。 道理ぬ分かゆん。 利口なゆん。 、 昔ぬ話や、あらな、今ぬ話え、いふぇえ、分かい易っさるはじんでぃ思やびてぃ、なあくうてん小や書ち足れえらんんでぃ思とをいびいん。 今ぬ日本語うとをてぃぬ「言って はいけない」とぅ「言っち ゃあいけねえ」、「それ はないよ」とぅ「そり やねえよ」や、同ぬ意味やるくとお、誰がん分かゆる通いやいびいん。 うんなくぅんでえ、吟味しいちねえ、「わ(は)」とぅ「や」や今ちきてぃ、たあちゅう(双子)音やんでぃ言ちん済むぬあたいどぅやいびいる。 あん考いねえ、うちなあぬ係助詞「や」とぅ日本語ぬ係助詞「は」や、たあちゅう(双子)んでぃ言るくとぅぬないびん。 また、「わ」とぅ「や」ぐとをる反子音や、実え、二重母音(母音ぬ組合せ)どぅやいびいくとぅ、日本語ぬ遠さる親戚やる朝鮮語(韓国語)うとをてぃん、かわてぃ「わ行音」や、「ウ」とぅ他ぬ「オ」「エ」「イ」んでえとぅぬ組合しなかいどぅなとをいびいる。 ちゃあでえびるが、あんしん分かいぐりさいびいがやあ。 あんし、火ヌ神がなしんかい、「くりえ、なあ御無礼なとをおいびいん、うさんでえさびら」んでぃち、うさんでえさびたん。 まじえ、賞味期限見ちんだでぃ思てぃ、うぬ餅ぬ下(しちゃ)んかい貼らっとをるラベル見ちゃれえ、賞味期限やなあだ先なてぃ、ちけえねえやびらんたしが、餅ぬ名ん表示さっとをいびいたん。 うぬ餅ぬ名や、「お鏡餅「うさぎもち」んち、なとをいびいたん。 正月餅え、「うさぎむん」やくとぅる「うさぎもち」んでぃち、名付きさっとをさやあんでぃ思てぃ、いそうさそさびたん。 近頃お、コマーシャルんでえん、「うちなあぐちブーム」やくとぅ、食品名までぃ、うちなあふうじなてぃんでぃる思いとをいびいたる。 やしが、ラベルぬ一番下んかい、製造会社ぬ所在地が新潟県やるくとぅぬわかやびたん。 製造そをるとぅくまが新潟やれえ、いかな何やらわん、うちなあぐち使ゆるわけえねえらしがやんでぃ、ちゅてえや、ふぃるまさあおをたしが、うぬ「うさぎもち」ぬ「うさぎ」え、「うさぎゆる」肝合えやあらな、「兎」ぬ「うさぎ」どぅやらはじんでぃ、思ゆしとぅまじゅん、うぬ餅が、「兎」んかい似ちょをるくとぅぬ分かやびたん。 やあふんぬう。 「ぐぬぐるんしいや暇どぅけえなとをみ?」 くんどぅぬ冬お、くうてん小?、まどぅぬあたくとぅ、まんぐらぬ畑ぬあむとぅんでえから刈い採てぃちぇえるぐしちばらんなかい、二あちえ箒(写真、上や50cmバンジョウガニ)作たるばすやいびいん。 ばらん箒作ゆしえ、小学校ぬばすお、毎年冬休みぬ宿題やたくとぅ、作い慣りとをおんでぃ思とをたしが、いざ、作てぃにいねえ、思いぬふか、ひまだありなむんやいびいたん。 やしが、くうてん小ぬちり芥までぃ、いちいち電気掃除機なかい掃除しいねえ、電気代ん、てえすい、環境んかい悪っさくとぅ、エコ掃除機んでぃ考えいねえ、でえじな、ゐいりきさいびいん。 ぐすうようん、作てぃぬうしえ、ましえあいびらんがや。 作いみちや次ぬ通いやいびいん。 1.ばらんや箒一ち分のお、てえげえ100本びけえ入用(地から上んか伸びとをるむのおまし。 崖んでえから横んでえ下んでえんかいみいとをるぐしちえ、葉ぬ付ちまんでぃ、葉取ゆんでぃ、ひまだあり)。 2.ばらんぬ種え、叩ちゃあ叩ちゃあし、だってぃい、落とぅするぐとぅ。 はじみぬ一たばいや、ちんだ(縄、紐やてぃんしむん)なかい、くんち、2段目からあ、たっくゎあさあたっくゎあさあさがなあ、たばてぃ行ちゅるばす。 4.かちみどぅくるん、2〜4びけんたばゆん(写真参考)。 5.ばらんや横ぬ二とぅくるから叩ちゃあ叩ちゃあし、平ぴらけえなするばす。 あんしから、断髪小し、形整ゆるばす。 6.最後に、掛きやあ紐小付きいねえ、作いすび。 ちゃあ、くぬホームページかなさしうたびみそうち、にふぇえでびる。 こんどぅんまた、ゆたさるぐとぅ、う願えうんぬきやびら。 くぞお、じゅんに、いるんなくとぅぬまんどをいびいたん。 今年え、つちのえ子年んでぃいち、60年ぬはじみぬ年んかい当たやびいくとぅ、必なじ、いい年ないるぐとぅ、肝入りてぃ、願立てぃとをいびいん。 我にん、子年生まりやいびいくとぅ、今度お、還暦なとをいびいん。 やいびいくとぅ、くずぬうちなかい、しいちびやるむのお、さんでえならんでぃ思やい、40年以上前かや持てぃんでぃ言ゃっとをたる元祖(尊々前=とうとうめえ)、思いちち、うんちけえさびたん。 うぬ元祖人お、我うざさあなみそうち、太平洋戦争ぬばす、テニアン戦んじ、昭和19年8月、21歳ぬばす、くぬ世失なたる人やみせえん。 大正12年生まりやくとぅ、我とぅいぬ子年やみせえん。 勝連与那城んじえ、いぬちるみいぬ中んじえ、ゆう目立ちゅる学生やたんでぃぬくとぅ。 長えさ元祖預かとをたる従兄ぬ嫁え、我にんかい、「実に、やあめえ継ぢ命(ちじみい)やは」んでぃ言みせえたん。 うぬふかにん、いるいるあいびいたしが、政治ん、経済びけんやあらん、地球ん、いふうなあなてぃちょをいびいん。 いるんな人んちゃあがいるんなくとぅ言みそうちょをいびいしが、実ねえ、肝ぬくとぅやてぃん、肝とぅ理屈お、たんかあんかい在るむんやいびいくとぅ、いちゃっさ理屈言ちん肝変えゆるくとおないびらん。 あらたまる年ぬ当たてぃ、どうでぃん、ぐすうよう、肝清らしようわち、うたびみせえびり。 うんじゅうなあたあぬ御蔭なかい、くぬホームぺージんかいめんせえる人数ん、5万人超いとをいびいん。 なまから、ゆくん、思がなさうたびみせえびり。 語句 やあめえ=やあや。 継ぢ命=(くぬ元祖)継ぢびちいやる人。 やは=やさ。 いるいるとぅ、調びいねえ、実え、くぬ「わ」とぅ「や」や、姉妹音(ちゅおでえうん)やるふうじやいびいん。 ヤマトゥんじ、室町時代まんぐらまでえ、「われ」んでぃ言いねえ、なまぬ「おまえ」とぅいぬ意味やたるばすんあいびいたん(いちぬ間がやら、なまぬ「我」ぬ意味んかい定着そをるばすやいびいしが)。 「われ」ぬ「わ」が「や」んかい変わいねえ、「やれ」んでぃなやい、うちなあぐちぬ「ぃやあ(きみ)」とぅ似ちちゅうるばすやいびいん。 いぬヤマトゥんでぃ言ちん、あいゆか広さくとぅ、なあめえめえぬ地方んかいや、いるんな言葉ぬまんどをたるはじやいびいん。 奈良時代ぬ「なね」や与勝地方んかい残とをる「なあみ(きみ)」ぬ意味やい、いぬ「あなた、きみ」やてぃん、いるんな言い方ぬあてえさやあんでぃ思ゆるばすやいびいん。 うんなくとぅ考えいねえ、「わみ」んでぃゆる言葉んかい「我身」んでぃぬ字当てぃとをしえ、違てえ居らんがやんでぃん思やびいん。 うんな字当てぃいねえ、「なあみ」んかい「汝身」んでぃぬ字、当てぃらんでえならんないびいしえ。 また、沖縄語辞典んじえ、「ぃいきが」「ぃいなぐ」んかい「Wikiga」「Winagu」ち言やびいしが、伊波普猷ぬ書物んじえ、「Yikiga」、「Yinagu」んでぃぬ表記んあいびいん。 わったあ与那城んじえ、確かに、「「Yikiga」、「Yinagu」んでぃぬ言しが、ひるましいむいんでぃ思とをいびいたしが、首里那覇んじ、うぬ区別んさんどぅがあいびいら。 あんし、日本語ぬ係助詞ぬ「は」や、何んでぃちが「は(Ha)」でぃち表記すがやあんでぃ考えたれえ、実え、「わ」とお別ぬ発音やたぬはじやんでぃ思やびいん。 今あ、「wa」んでぃち発音さびいしが、昔え、「Wa」とぅ「Ya」ぬ間、「Wya」や、あらんたがやんでぃ思ゆるばす。 あんしから、琉球語んじえ、「Ya」んかい、日本語んじえ、「wa」んかい変わてぃちゃるばそお、あらんがやんでぃ考えとをばすやいびいん。 やしが、音ぬ固定化しいやっさる「Wa」とぅ比なびいねえ、「Ya」や、崩りやっさる音やいびいん。 「Ya」けえ選らだる琉球語や、うりが口語んじえ、前ぬ語ぬ語尾音にゆてえ、「あ」なたい、「え」なたい、「お」なたい、「のお」なたいそをいびいん。 例:「明日あ」「テレビえ」「コップお」「キッチンのお」とぅか。 蛇足(うゎあばむにい)やいやさびいしが、ヤマトゥんじえ、レンタカーぬナンバープレートお、「や」ナンバーやしが、うちなあんじえ、「わ」ナンバーやいびいんや。 うりかあん関係んあいがさびいら。 あらん、うりえ、偶然どぅやるはじ。 仕方あねえらん、八重山からぬ出張帰りぬちゃくしとぅ、まんな、那覇市民体育館ぬんかい、行ちゅるくとぅんかいなたるばす。 親やか彼女小添うてぃいけえ済むるむんでぃ思いさびいしが、居らんがあら。 テレビんじぬスポーツ観戦や、好ちえやしえやしが、会場んかい見じいが行ちゅるあたいやあびらん。 今までぃ、会場んじ、見ちゃるプロスポーツんでぃ言いねえ、東京ドームんじそをたるプロ野球ぬ試合びけんどぅやいびいたる。 見じい欲しゃんでぃぬ肝なかいやあらな、出張ぬまどぅ、どぅく暇なやい、八重山観光協会ぬ人なかいそうらってぃ行じゃるむぬやいびいたん。 パリーグぬ試合やたんでぃ覚いとをしが、まあとぅまあぬ試合がやたら、むさっとぅ覚いてえ居いびらん。 巨人戦あらんたぬくとお確かやいびいたん。 あんし、沖縄んかい、琉球ゴールデンキングスんでぃゆるプロバスぬチームぬあぬくとぅ初みてぃ、分かやびたん。 相手チームお、アウェイぬチームどぅやくとぅんちがやら、表示板ぬんかいや、ただ「ゲスト」んちる書かっとをたるばすやん。 あんしパンフ見ちゃれえ、大分ヒートデビルちあいびいたるばあ。 第一クォーターや、16体16ぬどうばやたしが、第二クォーターから、ちゃあ離さりいし、終わてぃにいねえ、78-91なかい負きとをいびいたん。 バスケぬくとお、なんぞお、分かやびらんしが、キングスお、てえげえ、リバンウンドぬ取得率ぬでえじな悪っさいびいたん。 あんしまたファウルんまんでぃ、フリースローなかい、ちゃあ入りらりやいびいたん。 なああっちゃぬ新聞見ちゃれえ、6連敗でぃち載とをいびいたん。 なあひん、がんじゅうらんさんでえ、琉キングスや。 やしが、プロバスぬ選手お、むるふどぅまぎいなてぃ、うったあが着ちょをるパンツんでえや、わあが着ちいねえ、袴ぬぐとぅどぅあるはじ。 質問ぬんかいん「定番」ちあいびいん。 かあま早くから、 「くくぬとぅぐ(ん)じゅう」ぬ意味え何やがんでぃ言しん、「定番」ぬてぃいちんかいなとをいびん。 ふんとうや、質問すぬ人ん、意味え分かてえ、をぅしが、「何んでぃち、あん言が」んでぃぬ質問やいびいいるばあ。 誰がんがん、いれえららん質問やくとぅ、先じえ、「専門家」ぎさるる人んかい尋にてぃんだなんでぃぬ肝やるふうじやいびいんテ。 「うりえ、なあ『慣用句』どぅなてえをぅらに」んでぃいれえてぃん、質問相手や、「その答え待っていました」ふうじいし、「やらや、分からんあらや」んでぃち、くじたいすぬばす。 あんし、我ねえ、なあ、近頃お、「四十九ぬ、九(くくぬ)ぬ(部分ぬ)十(とぅう)んかい成いねえ、あり五十んかい成いしえ」んでぃ、 がんまりてえふぁムニイし、いれえゆるくとぅにそをるばすやいびいん。 また、なあふぃのお、『 「どういたしまして』や、うちなあぐちなかい、ちゃあし言が」んでぃしん、質問ぬ「定番」ぬんかい成とをいびいんヤ。 質問する人お、「どうせ、いれえゆうさん筈」んでぃちぬ肝んあるばすやいびいんテ。 あんし、我が、「うちなあぐちしえ、『 済まびいさ、済むさ』やいびいさ」んでぃち、返ちゃれえ、半ら合点がやたらあ、質問さあや、首よおげえよおげえさがなあ、「ソーレスカー」。 やしが、薩摩侵攻後ぬ江戸んじえ、玉城朝薫たあがヤマトぬ文芸・芸能(じいのう)んでえ習てぃ、組踊創作すんねえしなてぃ後からあ、いちゃさあきいぬ近代ヤマト語ぬ入っちゃあい (第一次言語 小転換期)、首里語んかい影響し、また地方語んかい混んちゃるばすやんでぃ考えとをん。 (首里言葉あ、語彙ぬまんどをんでぃ考えとをる人んちゃあまんどおしが、実え、ヤマトぅグチゆうちなあ発音そをる語ぬるまんどをる)。 江戸時代んじ、うちなあぐち(弥生以前ぬからぬ南島語とぅ混んち独自化そをたん)んかい入っちゃんでぃ思ありいる漢語ぬ「 頓着(とんじゃく)」、「 老耄(ろうもう)」、「 塔頭(たっちゅう)」んでえや、でえじな難さるむんやしが、うちなあんじえ、実に、日常会話んじゆう使あらっとをん。 文字ん分からん昔ぬ婆前たあがん、いいくるまるふぃいじいぬいちゃいはんちゃいんじ、いいくる使とをたしえ、でえじな、ひるましむんやんでぃ思ありいん。 「塔頭」や、ヤマトんじ仏教用語(宗派にゆてぃ意味ぬ違ゆん)けえなてぃ、「尖とをるむん」でぃゆるうちなあぐちぬ意味とお、いふぇえ、けえ違とをしが(ヤマト語しえ、「寺内ぬ中ぬ小寺」んでえぬ意味)、むとぅむとぅお、塔(五重塔とぅか)、「ストゥーパ(塔)」とぅかぬ意味ぬあたるばすやん。 「頓着」や、うちなあぐちなかいや「とぅんじゃく(看病、面倒見、見い考えとぅかぬ意味)、「老耄」や「ろうま(年んでえ取てぃ、かにはんでぃとをんでえぬ意味)」、また「塔頭」やうぬまま「たっちゅう」でぃち発音し、そう日常語やん。 ヤマトんじえ、今ちきてぃ、まるふぃいじいや使あらん難漢語どぅやるはじやしが、うちなあんじ日常用語化そをるくとお、ひるましむんやん(アンビリーバブルやっさあ)。 余談:あんし、廃藩置県あとぅぬ学校教育んじ『沖縄對話』んでえなかい広みらったる標準語励行運動時代(うちなあぐち撲滅運動時代)や、 第二次言語 小転換期やい、戦後ぬ方言札時代や 第二次言語 大転換期やるばすやんでぃ、我ねえ考えとをん。 ある野党ぬ政権担当能力ぬあみねえらにんでぃぬくとぅなかい、世間やむさげとおいびいん。 政治家ぬ、出じとをてぃ、議会制民主主義ぬ基本とぅか政党政治ぬ精神精神ぬんわからん、うぬゆうな、とっとろうむにいし、でえじな、うかさぬないびらん。 政権担当能力ねえらんあれえ、あたまに、政党や作るな、政治家んかいなるなんでぃ思ゆるばすやいびいん。 確か「用れば虎となり、用いらざれば、即ち、鼠となる」んでぃふうじいぬ故事ぬあいびいたしが、うりえ、鼠ぐとをる人んうぬポストんかい就ちいねえ、めえめえからうんな才能ぬあたるがぐとぅし、虎ぬぐとぅぬ能力発揮すんでぃぬ意味やいびいん。 ポストがる人間や育てぃゆる」んでぃぬ意味やいびいん。 会社関係、団体んでえ何がらぬ組織関係ぬしくひさぬしからしぬあぬ人やれえ、誰やてぃん合点すぬ話やいびいん。 また確か、伊藤博文やたるはじやしが、「旧藩んじぬ役人経験ぬあぬ人お、新政府(明治政府)んじん、通用すんでぃがらあぬくとぅ言ちょをん。 今ぬ与党やてぃん、官僚とぅかが、誉みいむにいしいねえ、ちゃんとぅそをくとぅ、(やしが、くじいむにいしいねえ、閣僚がコントロールしいゆうさんあたいし、怪物化そをいびいん)どぅ、政権担当能力があぬぐとぅ見ゆる、実ねえ野党ぬさくお、政権担当能力お無えらんがあらんわかやびらん。 やしが、野党が政権取いゆうさんくとぅ与党や長期政権けえなやい、根ぐいから、腐りがな腐り果てぃらちょをるばすやいびいん。 政策ぬ違とをる政党同士あが、ちがあるうし、交代んでえすぬ仕組みぬなとをれえ、互に、緊張小んさあい、与党があんすか腐らさんてぃん済むたるはじやいびいしが。 あぬ防衛庁とぅか、でえじな、腐(し)いかじゃぬすしが…。 やしが、アメリカんかい、ちゃあたっくゎいそをるくとぅか政権担当能力ぬ基準やれえ、なあまたくいえ別ぬ話どぅやいびいる。 三流政治ぬ、うかじなかい、日本国民やちゃんとぅそをるくとぅがる救いやいびいる。 特別翻訳 日本語へ(意訳で申し訳ありません) ある野党に政権能力があるかないかで世間は議論が沸騰している。 政治家のくせして、議会制民主主義の基本や政党政治の精神も分からず、このようなアホくさいを発言に、どうにも可笑しくてたまらない。 そもそも、政権担当能力がないと思うのであれば、政党を作るな、政治家になるなと、言いたい。 確か、「用いれば虎となり、用いらざれば即ち鼠となる」とかいう故事がある。 鼠のような人間でも、その ポストにつけば才能を発揮しあたかも虎のごとくなる、つまりポストが人を育てるという意味であろうことは、会社や組織で働いた経験のある者ならだれしも頷く。 伊藤博文だったと記憶しているのだが、「旧藩での役人経験のあるものは、明治新政府でも使える」みたいな事を言った。 今の与党だって、よく言えば官僚がしっかりし(悪く言えば、コントロールできなくっているほど怪物化している)ているからこそ、政権担当能力があるかのように錯覚されているのであって、本当のところは野党ほでないかもしれない。 だが、野党が政権に就けないばかりに、与党を長期政権化たらしめ、腐敗させしまった。 各政党が、かわりばんこで政権交代を繰り返していたなら、互いの緊張関係で、こうした腐敗も防げたはずだ。 だがアメリカべったりの度合いを政権担当能力の基準とするなら、話は別だ。 今のところ、三流政治のおかげで、国民がしっかりしているのが救いだ。 恩師ぬ名ん面ん、覚いとをひが、誰がが、いぬクラスやたらあ、むさっとぅ覚いてえ居らな、六年四組んでぃ書かっとをるテーブルんかい揃てぃ来ゃる男女お、じゅんにいぬクラスやたがやあんでぃ、ひるまはぬないびらんたん。 時間ぬ経っち次第、ようやく童ぬばすぬ面顔ぬ覚い出じゃはってぃ、あとお、声掛きいすうぶどぅなといびいたる。 はじみから、最後までぃ、すりとをる同期ぬ人んちゃあ、ゐきがんゐなぐん、むる与那城ムニイなかいどぅ話しやほおたひが、うりがでえじ自然やいびたんてえ。 童ぬばすお、いいくる屋慶名んちゅとぅ、屋慶名ムニイひ、遊だるむんやたひが、ちぬうや、じゅんに生ち屋慶名ムニイ、久しぶりに聞ち、いそうはいびいたん。 那覇んでえんかい暮らちょをる人お、ヤマトゥグチんまんちょをたひが、与那城ムニイなかい負きとをいびいたんや。 やひが恩師んかい挨拶すぬばそお、くりまた自然に、ヤマトゥグチぬけえはびいたんや。 また、与那城小学校ぬ校歌ぬちびらあさよ。 ひさしぶりなかい、ぶうるひ歌たたれえ、驚ちゃっさあ。 次ぎえ、校歌ぬ一番びかあ。 世は改まり 我々の (七五) 使命はここに 新たなリ (七五) 勇気を鼓して 南(みんなみ)の (七五) 世界平和の ともしびを (七五) かざす与那城 君知るや (七五) でぃち、歌詞んじょうとうやひが、一番から四番まで必なじ「七五」調なてぃ、響ちぬゆたはるばあ。 「世は改まり」んでえ、天皇世から国民 主権 世んかい改まとをんどでぃぬ意味合どぅやいびいる。 ああくとぅ、いがろうが使命ん新たなとをんでぃぬ肝合やんてえ。 あひまた、意地(勇気)出じゃち、世界平和ぬ火、とぅぶはなんでぃぬ言ちょをるばすやいびいん。

次の