宇多田 pv。 紀里谷和明

紀里谷和明

宇多田 pv

Disc. 「嵐の女神」• 「Can't Wait 'Til Christmas」 「 Goodbye Happiness」(グッバイ・ハピネス)は、日本の歌手による楽曲。 『』(2010年)からの先行デジタルシングルとしてより同年に配信がスタート(レコチョク先行配信、通常配信は)。 音楽性的には、この楽曲はラブソングであると指摘されている。 批評家たちは「Goodbye Happiness」に肯定的評価を与え、いくつかの批評家は楽曲の歌詞の切なさについて言及した。 「Goodbye Happiness」は大衆的にも成功を収めた。 Billboard JAPAN Hot100をはじめとするの全てのシングルチャートで1位を獲得したほか、によるダウンロードチャートでも最高位8位を記録した。 宇多田はこの楽曲で初めてミュージック・ビデオの監督を務めた。 ビデオは固定カメラにて一発撮りで撮影され、ビデオの中で彼女は「」や「」、「」といった自身の過去の楽曲をセルフ・パロディで表現した。 また画面に収まるように屈んでダンスをしたり、パペット人形も登場している。 批評家はこのビデオの世界観を『』に通じると指摘している。 背景と構成 [ ] 「Goodbye Happiness」は、宇多田のコンピレーション・アルバム『』に収録される5曲の新曲のうちの一つであり、また同作からのセカンド・シングルである。 楽曲は宇多田ヒカルによって作詞、作曲が行われている。 同曲は初め、2010年11月1日に日本のラジオ局で解禁された後、続けて11月10日に、11月17日にはPCダウンロードが開始された。 宇多田によると、「Goodbye Happiness」は当初を意識して制作されたが、最終的には全くの別物になったという。 またとのインタビューの中で宇多田は"90年代風の王道ダンス・ソング"を目指して曲を作っていったと明かした。 によれば、この楽曲はであり、歌詞には「過去の自分と和解することで見えてきた今の自分の思い」が書かれている。 また宇多田は歌詞の『グッバイ・ロンリネス』が詞の最後では『グッバイ・ハピネス』となる点について、1954年に発表されたの小説『』とは逆であると説明した。 音楽情報サイト『リッスンジャパン』とのインタビューで、宇多田は本作のイメージについて以下の様に説明している。 「 「サウンド的には、なんかもう、「壁をぶち破る」とか、そういうイメージだったの。 歌詞のテーマとしては、元々生まれた時って、凄く無意識に色んな事やるし、何をするにも全身全霊じゃない? 大人になると、途中で段々自分の心の中に幾つかの声が出て来るじゃない? そういう混ざったメッセージを自分の中に送り続けた結果、何をしたいのか分からなくなってきて、体中のシグナルが大混乱状態になっちゃうわけ。 で、結果砕けてバラバラになった自分っていうのを、やっぱりもう1回1つに戻したいっていう気持ち憧れが出てくるよね。 」 」 批評家による論評 [ ] Hotexpressの平賀哲雄は「Goodbye Happiness」を『ミュージックビデオは過去のヒット曲を想起させるパフォーマンスが痛快だが、楽曲自体は「何も知らずにはしゃいでいた あの頃へは戻れないね」という詞に象徴されるように切ない。 まるで寂しさへの抗いのようで愛おしい傑作だ。 』と批評し、『一体、宇多田ヒカルの歌はいつまで独りなのだろう。 』とコメントした。 ZAK ZAKの裕は『アップテンポながら、大人に成長して忘れそうになるものを織り込んだ哀愁あふれる曲調と歌詞が胸を打つ。 』とコメントした。 『』の柳沢幹夫は『Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL. 2』のレビューの中で、同アルバムのなかでも「新鮮で際立った楽曲」であると指摘した。 の松浦靖恵は歌詞について『「誰かに乗り換えたりしません」という印象的なフレーズは、宇多田ヒカルは宇多田ヒカルとしてこれからも生きていこうとしている証しなんだと思う。 』とコメントした。 チャート成績 [ ] 「Goodbye Happiness」は2010年11月15日付けので初登場し、4位を記録した。 翌週には13位に落ちたものの、29日付けでは4位まで上昇した。 12月6日付のチャートでは1位まで上昇した。 「Goodbye Happiness」は2010年11月15日付けの同Hot Top Airplay及びAdult Contemporary Airplayで初登場1位を記録している。 による着うたフルのダウンロード数を集計したでは2010年11月16日付で初登場及び最高8位を記録した。 の2010年年間トップ100 ダウンロード・ランキングでは87位を記録している。 の2011年年間トップソング 100では26位を記録している。 ミュージック・ビデオ [ ] 展開と評価 [ ] "表現者としての宇多田光"をテーマに、宇多田が本名の「宇多田光」名義で監督に初挑戦した。 全て実写で1カメ1発撮りで収録された。 ZAK ZAKの裕はビデオについて『少女時代の部屋で画面の向こうのファンに語りかけるように、おどけて歌う。 デビュー曲「Automatic」をセルフカバーしたような場面も。 「」に通じる世界観で、天才少女として注目されたころへの郷愁が見え隠れする。 』とコメントした。 内容 [ ] ビデオは、宇多田が個室に入り、カメラの位置を上方修正し、その後、彼女が椅子に座って「A HIKARU UTADA PRESENTATION」と書かれたブラックボードを掲げたところから始まる。 そして、をつけた彼女が歌い始める。 左右の手にハンドパペットをはめて、それを音楽に合わせて動かす。 サビに入るとそれを取り、椅子から立ち上がって踊る。 サビが終わると再び椅子に座り、歌う。 今度は、宇多田が歌う左右から8体のパペットが登場。 その間に後ろでは、次の場面の準備が進められている。 サビに入ると再び椅子から立ち上がり、後ろに用意された「」のMVで登場した様な黄色い椅子に座って歌う。 彼女がその黄色い椅子を離れてメガネをかけ、差し棒を持って再び後ろにいくと黄色い椅子がスタッフによりどかされており、上から黒板が登場している。 その前でしばらく歌った後、部屋が暗くなりミラーボールが回る。 宇多田はその間、机の下あたりに隠れて何か次の場面の準備をしている。 部屋が明るくなる前に宇多田が、熊の着ぐるみの頭の部分だけをかぶって登場。 部屋が明るくなってから、それを取り再び歌い始める。 椅子に座ってしばらく歌った後に、スケッチブックに「I LOVE you! 」と書き、それをカメラに向ける。 その後に立ち上がって、「」のMVで着用した様な帽子と小さな旗を持って行進するように歩く。 その後、ベッドに座るとピザ屋の宅配員が登場し、互いに会釈。 宅配員がピザの箱を開けると、白い鳩が数羽出てきて部屋の中を飛び回る。 宅配員が帰ると宇多田も同じ方向に消えて、ビデオは終わる。 収録曲 [ ]• 作詞・作曲:Utada Hikaru• Goodbye Happiness 5:21 チャートと認定 [ ] チャート [ ] チャート(2010年) 最高 順位 Billboard JAPAN Hot100 1 Billboard JAPAN Adult Contemporary Airplay 1 8 認定 [ ] 国、地域 認定 ゴールド (着うたフル) ゴールド (PCダウンロード) ラジオ解禁日と発売日一覧 [ ] 地域 リリース日 規格 日本 2010年11月1日 2010-11-01 ラジオ 2010年11月10日 2010-11-10 携帯端末向けフル配信 2010年11月17日 2010-11-17 PCダウンロード 出典 [ ] []• PR TIMES 2010年11月17日. 2010年11月21日閲覧。 2010年11月9日. 2010年11月11日時点のよりアーカイブ。 2010年11月10日閲覧。 2010年11月9日. 2010年11月11日時点のよりアーカイブ。 2010年11月10日閲覧。 2010年11月21日時点のよりアーカイブ。 2010年11月21日閲覧。 2013年6月12日閲覧。 2010年11月19日. 2010年11月21日閲覧。 2010年. 2010年11月29日閲覧。 平賀哲雄 2010年11月. レビュー. hotexpress. 2010年11月29日閲覧。 産経デジタル. 2010年11月10日閲覧。 2010年11月21日閲覧。 ANAP 2010年11月22日. 2010年11月29日閲覧。 2010年11月16日. 2010年11月29日閲覧。 2010年11月16日. 2010年12月12日閲覧。 BARKS 2011年12月9日. 2011年12月9日閲覧。 オリコン株式会社. 2010年11月9日. 2010年11月29日閲覧。 : シネマトゥデイ. 2010年11月9日. 2010年11月29日閲覧。 ANAP 2010年12月6日. 2010年12月1日閲覧。 2011年2月20日. 2013年6月12日閲覧。 2011年12月20日. 2013年6月12日閲覧。

次の

宇多田ヒカルの「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」テーマソング「桜流し」のPVがYoutubeに公開!

宇多田 pv

概要 [ ] 1983年、・夫妻の娘としてので誕生。 幼い頃から日米を頻繁に行き来しながら両親によるのを受けて育ち、本人も5歳の時点で既に歌手を志していた。 1997年、東京でレコーディングをしていたところ、この様子をたまたま見た当時のの関係者にスカウトされ、翌年の1998年末に15歳でCDデビュー。 当初は正体を隠して活動していたが、藤の実の娘であることが公表され、かつ弱冠15才とは思えない卓越した歌唱力、洗練された曲と深みのある歌詞で構成された楽曲群が知られるにつれて「天才少女」として日本国民の注目を浴び、瞬く間に時代の寵児となった。 1stアルバム『』は累計売上枚数765万枚を超え(調べ)、日本国内の歴代アルバムセールス1位になっているほか 、2ndアルバム『』では初週売上枚数が歴代1位となる300万枚(オリコン調べ)を記録している。 また、2007年発表の「」は当時のデジタル・シングルのセールスにおいて世界1位を記録した。 『』「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」を2度 、『』などを受賞しているほか 、『First Love』『Distance』『』『』の4作品がオリコン年間アルバムチャート1位になっている。 2010年に「人間活動」として翌年以降の音楽活動休止を発表。 結婚・出産を経て、2016年に活動を再開し 、その年のにも出場した。 人物 [ ] 漢字表記ではなくカタカナの「ヒカル」と名乗った理由は、漢字だと何か堅い感じがするという意見がEMI社内で出たためだという。 画数にこだわったのは、よい画数の名前であると言われていることによる。 ちなみに元々の名前の由来は、母親がのため徐々に視力を失っていた時に授かった子であることから「我が子から光が失われないように」という願いを込め命名したと言われている。 この他にも「いちご」や「めろん」、「すいか」が候補に挙がっていたという。 ニックネームは「ひっきー」 Hikki。 宇多田家の祖先はにあり 、父親が子どもの頃に家系図を見せられて由緒ある家の跡継ぎであることを説明されたという。 郷土資料によると山口県山口市徳地島地(旧島地)に宇多田という大庄屋があり、たくさんの土地を持っていたとの記述が残っている。 本人のツイートによると、予定を3週間以上も過ぎた後もなかなか産まれなかったため、の判断でしたものの、ほぼの状態だったとのこと。 この時父親は医師から「残念ですが…」と告げられるも 、懸命に名前を呼ぶと、徐々に血の気が入りしたという。 やにおいて自身の好きなものや興味を持っているものなどを随時書き込んでいる。 中でもの腕前について広く知られており、2006年にはの会員限定イベント『宇多田ヒカルとテトリス対戦!! 』が開催され、一般ユーザーや任天堂開発チームとの1対1対戦を行った。 ちなみに、テトリスDSでとなる99999999点を達成している。 2006年の23歳の誕生日に大きな(の)をプレゼントされ、以来大のくま好きであることを公言。 ちなみにそのテディベアには「」という名前がついており(宇多田が自ら命名)、『』のモデルになった。 身長に関しては、ある時に病院で正確に測ったところ、158. 9 cmであることが判明。 今まで158 cm(15歳当時の記録)であると公言してきたことから、2017年3月に出演したラジオ番組内で各所プロフィールの更新を求めた。 2010年に活動休止を発表したことについて、「(休養中の行動を『人間活動』と表現したのは)思っていることを長く書こうとしても伝わらないことが多くて、短い言葉を使おうと思った。 」「自分の力で生きたい。 色々と知らないことがあるまま生活しているので、1人でも生きられるようになりたい。 」「得意なことばっかりやっても成長がないと思って。 もし私と同じく、自分の中の苦手なこと、避けようとしている部分に向き合っていきたいと考えている人がいるなら、一緒に頑張りましょう!」と発言しているほか 、「有名人(見られる側)になってからの十数年、どんどん自分が見えなくなっていってた。 全然自分のこと理解できてなかったし周りの人たちのことも「知ろう」としてなかった。 苦しい、さびしい生き方をしてました。 まだ若いうちに気付けてよかったです。 みんなに感謝」とツイートしている。 2002年にと結婚したものの 2007年に離婚。 2014年2月にイタリア人男性と2度目の結婚。 2015年7月に第1子となる男児を出産したことを報告したが 、2018年4月に離婚していたことが明らかになった(公式発表ではない)。 に過剰運動症候群と診断されたことを公表。 本人は「病気とかじゃないよ!」と投稿しているが 、実際には「関節が脱臼したり変形する難病である」と、病気に詳しい医者は警告している。 [ ] 音楽性 [ ] ・・を手掛け、自らも行っている(2016年現在もを使用 )。 を持っていると巷で言われたことがあるが、本人がこれを否定している。 アレンジャーも私です。 」としている。 母親の藤圭子は、演歌の陰鬱や悲しさに影響されないように心掛けていたとしている。 デビュー当初から宇多田ヒカルを担当している三宅彰は、デビュー10周年の際に受けたインタビューで彼女の変化についてコメントしており、『First Love』から『ULTRA BLUE』までのアルバム4枚は誰に向けて書いたのか具体的に見える曲が多かったが、『HEART STATION』は顔の見えない不特定多数に向いていると述べている。 さらに、「10代は内面に向かいがちだったのが、20代半ばになり社会と自分というものを結びつけることができるようになったのかなと思う」とも評している。 影響 [ ] 、、、、、、、、、 、、、、、をお気に入りのアーティストとしてあげており 、やなどのアーティストからも影響を受けたという。 使用機材 [ ] 15-inch, 2017 とを使って曲作りを行なっている。 はNEUMANN TLM 67、NEUMANN TLM 102、はRME Babyface Pro、はM-AUDIO Keystation 61es、モニターヘッドフォンはSONY MDR-7506、はQuiklok、スタジオモニターはFocal CMS50、スピーカースタンドはIsoAcousticsを使用している。 楽曲制作 [ ] 11歳で作詞作曲を始めているが 、編曲に関して当初は外部に任せていた。 アルバム制作を重ねるにつれ、アレンジからプログラミングに至るまで、すべての音を統括するようになった。 まず2ndアルバム『Distance』収録の「DISTANCE」およびそれをアレンジした8thシングル「」から編曲においても大きく関わるようになり、2004年の13thシングル「」以降は、ほぼすべての楽曲の編曲を単独で行うようになる。 彼女の楽曲においては、バックコーラスの声もによりすべて本人が歌っている。 歌詞のインスピレーションは毎日の生活から得る。 日本では抽象的なことを歌詞にする書き手が多いが、宇多田自身はヴィジュアルコンセプトから入るのでのを書くように言葉にした情景はすべて映像として見ることが出来ると語っている。 作曲では、まずパソコンソフトやシンセサイザーなどで流したサウンドに合わせてコードを付け、それにメロディをのせる。 歌詞を作るのはそれらの作業が終わった後。 来歴 [ ] 1990年に(RA U)、(SKING U)、宇多田ヒカル(H。 IKASO U) の家族3人ユニット「U 3」を結成。 1993年9月17日に当時10歳の宇多田ヒカルもとして参加し、の前身であるセンチュリーレコードからU 3として曲を収録した『』を発売して日本デビューしている。 1995年になると宇多田ヒカルが母親の代わりにメインボーカルとなり、「cubic U」名義としてのから作品をやで発売し、翌年にかけて合計3枚のと1枚のを発表。 日本では1996年9月26日にはから藤圭子 with cubic Uとしてシングル「冷たい月 〜泣かないで〜」を発売している。 1997年1月、アメリカで「Cubic U」としてシングル「Close To You」(「」の)、次いでアルバム『』を発売。 同年秋、東京のスタジオでレコーディングしていたところ、隣のスタジオにいたディレクターの三宅彰の目に留まり、「日本語でやってみない?」という誘いにより日本デビューが決まった。 なお、Cubic Uの日本盤として1998年1月16日にシングル、1月28日にアルバムを発売しているほか 、の『』でテレビ初出演している。 』が放送開始(いずれも1999年3月放送終了)。 12月9日、「宇多田ヒカル」として1stシングル「」発売。 当時は8cmシングルから12cmシングルへと移行し始めた過渡期にあったため、8cm盤と12cm盤の2形態で発売した。 また、当時のも8cm盤と12cm盤を個別に集計していたため、12cm盤が12位、8cm盤が20位であった。 ところが、へのプロモーションが功を奏して日本国内各地のFMラジオ局がしたことや外資系がプッシュしたこと、作詞作曲を手掛ける15歳のがの娘であることがに大々的に取り上げられたことなどによって瞬く間に人気を得て、と化した。 1stシングルは1999年2月8日付のオリコンチャートで売上枚数100万枚を突破してとなった。 その後、8cm盤・12cm盤を合わせた売上枚数は200万枚を突破した。 1999年2月17日に2ndシングル「」を発売し、3月1日付オリコンチャートにおいて12cm盤が初の1位となった。 1999年3月10日、1stアルバム『』を発売。 初週売上枚数は200万枚を突破し 、その後も数十万単位で売れ続けて日本国内の歴代アルバムチャート1位となる。 売上枚数は日本国内のみでおよそ765万枚 、日本国外も含めるとおよそ990万枚と言われている。 4月28日にはアルバムからタイトル曲「」をした。 ここまで本人のメディア出演は学業と両立させていくためやに限られていたが 、6月18日の『』を皮切りに『』、『』などのに出演し、いずれも番組最高視聴率を記録した。 オリコンシングルチャートの初週売上枚数106. 8万枚は当時歴代2位の記録であった。 2000年、が実施した「」において調査開始以来初のケースとなる圏外からの一気に1位(女性タレント部門)を獲得した。 『』入場行進曲に「First Love」が使用された。 5thシングル「」、6thシングル「」を発表(「タイム・リミット」は(GLAY)との共作)。 7月から8月にかけて初の全国ツアー『BOHEMIAN SUMMER 〜宇多田ヒカル Circuit Live 2000〜』を開催。 9月にはへ入学した。 2001年、7thシングル「」を発表し、主題歌となったドラマ『』にした。 3月28日に発売した2ndアルバム『』はのベスト・アルバム『』と同日発売であったことから大きな話題を呼んだ。 初週売上枚数はオリコンアルバムチャート歴代1位となる300万枚を記録した。 7月25日にはアルバム『Distance』の表題曲をアレンジした8thシングル「」を発売。 映画『』( Rush Hour 2)に「Hikaru Utada feat. Foxy Brown」名義で「Blow My Whistle」を提供。 初制作となる『』に出演した。 TezukaOsamu@Cinemaで配信されたインターネットアニメ『』において役に起用された。 11月28日には9thシングル「」とライヴDVD『』を同時発売した。 2002年1月31日、『』のオープニングセレモニーで( Quincy Jones)と( Phil Ramone)指揮のもとライヴパフォーマンスを披露し 、2月18日にはで開かれた( George Walker Bush)大統領(当時)来日を歓迎するレセプションに招待された。 また、アメリカのである( The Island Def Jam Music Group)と専属契約を結んだことを発表 、同時に2001年からコロンビア大学を休学していることが明かされた。 3月20日に10thシングル「」を発売。 11thシングル「」発売直前にシングルと3rdアルバムのプロモーション活動中止を発表。 理由は4月に行った(良性)摘出手術後の治療による副作用が予想以上にあったことである。 なお、シングル及びアルバム『』は予定通り発売した。 アルバムは初週売上枚数235万枚(プラネットは189万枚)を記録してトリプルミリオンを達成し、オリコン年間アルバムチャート1位を獲得した。 9月6日にはやをともに製作してきたとの結婚を発表した。 自身20歳の誕生日となる2003年1月19日にライヴ・ストリーミング『20代はイケイケ! 』を開催。 トークとミニライヴが行われ、当日にはおよそ100万件のアクセスを記録し、DVD化した。 1月29日には12thシングル「」を発売。 3月26日発売の『』にはで参加した。 3月29日発売のコズミック・デブリ( Cosmic Debris)による『』( Emily The Strange)では翻訳を担当している。 2004年 - 2010年 [ ] 宇多田ヒカル、2004年 2004年、5日間公演となるライヴ『Utada Hikaru in BudoKan 2004 「ヒカルの5」』を開催。 3月24日に発売されたの『』では「」をカバーした。 3月31日に『』を発売、4月21日には映画『』主題歌となった13thシングル「」を発売して日本国内の活動に一区切りをつけた。 「Utada」として全米デビュー前に、のオフィシャル・アルバム『UNITY』に参加。 ティンバランドやジョン・セオドア( Jon Theodore、当時のメンバー)がプロディース参加した全米デビュー・アルバム『』( EXODUS)は9月8日に日本盤が先行発売し 、オリコンチャート初登場1位を獲得してミリオンセラーにもなった。 アメリカ盤は10月5日に発売した。 2005年、日本国内の活動再開となる14thシングル「」を9月28日に発売し、15thシングル「」を12月14日に発売した。 また、ライヴとトークを期間限定でした。 2006年、16thシングル「」を発売。 6月14日には4thアルバム『』を発売し、7月から9月にかけて全国ツアー『UTADA UNITED 2006』を開催。 期間限定のも開設した。 『ULTRA BLUE』はオリコンチャート初登場1位を獲得、1stアルバムから5作連続で初動セールスが50万枚を突破した。 また、のJ-POPチャートでも初となるアルバム5作連続1位になっている。 11月22日には『』10月〜11月のうたに使用された「」をシングル発売し、pom ponetteとコラボレーションしたチャリティー企画『「ぼくはくま」オリジナルT-シャツコンテスト』を開催し、グランプリに輝いたTシャツを商品化。 すべてのTシャツ収益はに寄付された。 『Utada United 2006』での宇多田ヒカルのドレス。 2007年、ドラマ『』イメージソングを収録した18thシングル「」を発売。 オリコンチャートは3週連続1位となったほか 、では当時の邦楽新記録を樹立し 、9月までには当時のデジタル・シングル世界一のセールスになった。 一方、私生活では紀里谷和明との離婚を発表している。 19thシングル「」は映画『』テーマソングと「This Is Love」に続き起用された「」CMソングを収録。 また、( Ne-Yo)がUtadaをフィーチャーしたデジタル・シングル「ドゥ・ユー feat. Utada」が11月21日から配信開始。 12月9日のデビュー記念日を迎えるにあたり、デビュー曲「」のを4日間限定で無料配信し 、50万ダウンロードを記録した。 2008年2月20日には20thシングル「」を発売、全国のFMラジオ局との企画を行った。 3月には無料ダウンロード企画第2弾となる「」の着うたを4日間限定で無料配信し 、前回を上回る70万ダウンロードを記録した。 5thアルバム『』は3月19日に発売となり、6作連続となるオリコンアルバムチャート1位となり 、ミリオンセラーになった。 5月21日にはアルバムからドラマ『』主題歌の「」をリカットした。 10月20日からはドラマ『』主題歌になった2ndアルバム『』収録の「Eternally」を新たにした「」の着うた・RBTを配信開始した(・PC配信は10月31日から配信開始)。 2009年、Utada名義でにオフィシャル・ページを開設。 ( Stargate)がプロデュースし、( Tricky Stewart)も参加したアルバム『』( This Is The One)は3月14日に日本先行発売した。 3月19日には初のオフィシャル・ブック『点 -ten-』『線 -sen-』を発売。 これを記念して、かつてのFMレギュラー番組『宇多田ヒカルのトレビアン・ボヘミアン』がスペシャル番組として復活した。 3月24日に全米配信した『ディス・イズ・ザ・ワン』( This Is The One)は日本人アーティストとしては最高位となる総合アルバム・チャート19位、POPアルバム・チャート2位を記録し 、5月12日のCD発売後はにおいて日本人アーティストとして23年ぶりにチャート100位以内にランクインした。 ところが、アメリカでのプロモーション活動は扁桃周囲炎の再発により中止となる。 6月27日には映画『』公開に合わせて「Beautiful World」をした「」を配信開始した。 2009年春には、主催によるUtadaカラオケ・コンテストを日米で開催。 日米双方から優勝を選出し、都内で宇多田と優勝者によるカラオケ・パーティーが開催された。 2010年1月から2月にかけては、初の北米ツアー『Utada "In The Flesh" 2010 Tour』を開催し、ロンドン公演含む全10公演を行った。 2010年8月9日、来年以降のアーティスト活動を止めて「人間活動」に専念することを告げ、同時に秋から冬にかけてシングル・コレクションvol. 2や新曲を発売することも発表した。 9月28日には公式アカウントを開設し(当初は期間限定の予定であった)、CM出演やライヴ開催を発表した。 ところが、11月24日の『』発売日にアイランド・デフ・ジャムがUtada名義の『』を発売することが発覚し、本人の意向とは異なるアルバム発売に不快感を露わにした。 そのため、今後の日本国外の活動においてもEMI MUSICと契約し、アーティスト名を「宇多田ヒカル」に統一することを発表した。 12月8日・9日にで開催したライヴ『WILD LIFE』では、8日の公演を日本国内の映画館で生中継し、で世界配信した。 2011年 - 2015年 [ ] の被災者のために義援金を送り、自らを行ったことを公表。 2012年11月17日には映画『』公開に合わせて、テーマソング「」を配信開始し、DVDシングルを12月26日に発売した。 2013年4月からは月1回のラジオレギュラー番組『KUMA POWER HOUR with Utada Hikaru』の放送がスタート(2014年3月終了)。 2014年3月10日は1stアルバム『』発売から15年を記念した『15th Anniversary Edition』を製作、も配信開始した。 人間活動中の2013年には母親()の死もあったが 、翌2014年にイタリア人男性と再婚(2018年に離婚が判明)、2015年には第1子となる男児を出産した。 2016年 - [ ] 2016年、NHK『』主題歌を担当することが決定。 また、ニュース番組『』エンディングテーマも担当することを発表すると同時に、初披露となる4月4日からアーティスト活動を再開することを発表した。 「」「」は4月15日に配信開始となった。 「花束を君に」をリスナーにとって大切な人に贈ることを目的とした「ギフトキャンペーン」を開催し、売上の一部は災害義援金に寄付された。 9月28日には、、が参加したおよそ8年ぶりとなる6thアルバム『』を発売した。 10月に単独アーティスト初となる民放ラジオ101局による特別番組『サントリー天然水 presents 宇多田ヒカルのファントーム・アワー』がオンエアになった。 12月9日のデビュー記念日には2003年の『20代はイケイケ! 』以来となるネットイベント『サントリー天然水PRESENTS「30代はほどほど。 」』を開催し 、KOHHとがゲスト出演した。 また、によるコラボレーション・ライヴ番組『』に初出演して「Automatic」などを披露したほか 、『』にからの中継で初出場した。 2017年、との共同プロデュースとなったシングル曲「」に作詞、編曲、ピアノ、バックグラウンドボーカルで参加した。 2月9日には内のレーベルであるに移籍することをオフィシャルサイトで発表した。 7月には移籍後初となる新曲「」と「」を配信開始した。 12月には「」を配信開始したほか 、初の歌詞集『宇多田ヒカルの言葉』を発売した。 6月27日には「大空で抱きしめて」「Forevermore」「あなた」のほか、「誓い」「」「」「Good night」の曲を収録した7thアルバム『』を発売した。 BOHEMIAN! SPECIAL』として放送したほか 、12年ぶりとなる全国ツアー『Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018』を開催した。 受賞歴 [ ] 詳細は「」を参照 日本語盤スタジオアルバム• (1999年)• (2001年)• (2002年)• (2006年)• (2008年)• (2016年)• (2018年) 英語盤スタジオアルバム• (1998年)• (2004年)• (2009年) 出演 [ ] ラジオ [ ]• 』(1998年10月8日 - 1999年3月)• Bohemian Summer Special From Tokyo』(2001年7月20日)• InterFM『KUMA POWER HOUR with Utada Hikaru』(2013年4月16日 - 2014年3月18日)• 民放ラジオ101局『サントリー天然水 presents 宇多田ヒカルのファントーム・アワー』(2016年10月11日から10月17日までの期間に各局で放送 )• BOHEMIAN! SPECIAL』(2018年7月16日) CM [ ]• 「ノイキャン・ワイヤレス」(2017年 - )• 「」(2001年 - 2002年)• 「」(2004年 - 2005年)• 「」(2010年)• 「」シリーズ(2016年 - ) テレビ [ ]• 『宇多田ヒカル 〜true secret story〜』(2001年3月24日)• 『』(2006年6月18日)• NHK総合『宇多田ヒカル 〜今のわたし〜』(2011年1月15日)• NHK総合『SONGSスペシャル 宇多田ヒカル 〜人間・宇多田ヒカル 今「母」を歌う〜』(2016年9月22日)• フジテレビ系・『Love music 特別編 宇多田ヒカル 〜ライナーノーツ〜』(2016年9月30日、2016年11月12日)• NHK総合『SONGSスペシャル 宇多田ヒカル 〜時を超える言葉〜』(2018年6月30日)• NHK総合『 宇多田ヒカルスペシャル』(2018年7月16日)• 『Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018』 2019年6月• TBS『SP 落とし物の世界』(2020年1月3日) アニメ [ ]• 』篇」CMソング Good Night 東宝系映画『』主題歌 2019年 誓い スクウェア・エニックスゲームソフト『』テーマソング Don't Think Twice スクウェア・エニックスゲームソフト『キングダム ハーツIII』(海外版)テーマソング スクウェア・エニックスゲームソフト『キングダム ハーツIII』オープニングテーマ 嫉妬されるべき人生 松竹映画『』主題歌 Play A Love Song サントリー食品インターナショナル「サントリー 天然水スパークリングレモン『スイッチ!なんてカンタンさ!』篇」CMソング 2020年 系 「」主題歌 サントリー食品インターナショナル「 『光も風もいただきます。 』篇」CMソング 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 当人曰く「宣言」でもなければ「休養」でも「充電期間」でも無いとしていた。 EMIの先輩・ユーミンことも宇多田と同様14歳で作詞作曲を始めており、2018年4月7日放送の系『』にユーミンが出演した際、が宇多田らの名を挙げて「世の中の天才は14歳で何かが起きている」と言及した。 ちなみにユーミンと宇多田には誕生日が同じというもう一つの共通点もある。 『』は当時の最高視聴率。 後にとブログで公表している。 当時所属していたの親会社であったはソニーのライバル企業であるため、CMに出演することを巡って東芝内部が対立したが、最終的にはイギリスの本社が仲裁に入ったことで事なきを得たとのこと。 「Yahoo! 動画」にて有料公開(現在は公開終了)。 同年4月に行った『LUV LIVE』の映像をメインとし、リハーサルなどのオフショット映像を加えたビデオ・コンサート。 (WWF)の・コンサートとして行われ、抽選となったチケットは8,000人の募集に対する倍率が278倍になった。 出典 [ ]• Message From Hikki 2007年7月12日. 2016年7月16日閲覧。 2020年6月20日閲覧。 株式会社blueprint. 2018年11月24日. 2020年6月20日閲覧。 Message From Hikki. 2017年3月29日閲覧。 2016年10月20日. 2017年4月6日閲覧。 ORICON STYLE. 2014年3月7日. 2016年7月16日閲覧。 ORICON STYLE. オリコン 2016年9月22日. 2016年12月26日閲覧。 ORICON STYLE. オリコン 2010年11月30日. 2016年7月13日閲覧。 2007年10月4日. 2016年7月13日閲覧。 RIAJ 2000年. 2016年7月18日閲覧。 日本レコード協会 RIAJ 2003年. 2016年7月18日閲覧。 全日本CDショップ店員組合. 2017年3月13日閲覧。 ORICON STYLE. オリコン 2004年. 2016年7月19日閲覧。 Message From Hikki 2010年8月9日. 2016年7月16日閲覧。 BARKS 2010年8月10日. 2016年7月16日閲覧。 BARKS 2016年3月10日. 2016年7月16日閲覧。 T-SITE NEWS 2016年4月4日. 2016年7月16日閲覧。 NEWSポストセブン 2013年9月6日• Message From Hikki 2007年7月29日. 2016年7月16日閲覧。 Message From Hikki 2007年8月12日. 2016年7月16日閲覧。 Message From Hikki 2007年8月12日. 2016年7月16日閲覧。 Message From Hikki 2007年9月13日. 2016年7月16日閲覧。 Message From Hikki 1999年3月11日. 2016年7月18日閲覧。 Message From Hikki 1999年5月21日. 2016年7月18日閲覧。 Message From Hikki 2000年1月6日. 2016年7月18日閲覧。 Message From Hikki 2008年8月31日. 2016年7月16日閲覧。 Message From Hikki 2009年1月10日. 2016年7月16日閲覧。 ファミ通. com 2006年8月12日. 2016年7月19日閲覧。 GAME Watch. 2006年8月12日. 2016年7月19日閲覧。 Message From Hikki 2006年8月12日. 2016年7月19日閲覧。 Message From Hikki 2006年7月3日. 2016年7月19日閲覧。 BARKS 2010年11月28日. 2016年7月13日閲覧。 Message From Hikki 2002年9月6日. 2016年7月15日閲覧。 Staff Diary 2002年9月6日. 2016年7月15日閲覧。 Message From Hikki 2007年3月3日. 2016年7月16日閲覧。 Staff Diary 2007年3月3日. 2016年7月16日閲覧。 2014年2月3日. 2016年7月16日閲覧。 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社 2018年4月6日. 2018年4月7日閲覧。 ナタリー 2015年7月3日. 2016年7月16日閲覧。 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社 2018年4月6日. 2018年4月7日閲覧。 2016年9月28日閲覧。 Message From Hikki 1999年4月6日. 2016年7月18日閲覧。 2000年1月. 2011年1月21日時点の [ ]よりアーカイブ。 2016年7月19日閲覧。 Emimusic. Retrieved on October 26, 2010. Hikki's Website. Retrieved on November 26, 2011• 2018年9月17日閲覧。 exciteニュース 2018年4月9日. 2018年6月16日閲覧。 2016年1月28日. 2017年10月6日閲覧。 2003年11月7日. 2016年7月15日閲覧。 Staff Diary 2002年2月22日. 2016年7月19日閲覧。 2016年1月15日. 2016年7月15日閲覧。 エキサイト 2016年1月15日. 2016年7月15日閲覧。 エキサイト 2016年1月15日. 2016年7月15日閲覧。 Real Sound 2014年3月11日. 2016年7月15日閲覧。 Musicman-NET. エフ・ビー・コミュニケーションズ 2011年10月4日. 2016年7月15日閲覧。 Staff Diary 1999年3月8日. 2016年7月18日閲覧。 Message From Hikki 1999年3月22日. 2016年7月18日閲覧。 2016年9月16日閲覧。 ORICON STYLE. オリコン 2011年5月31日. 2016年7月15日閲覧。 2000年1月12日. 2001年3月4日時点の [ ]よりアーカイブ。 2016年7月18日閲覧。 BARKS 2000年8月24日. 2016年7月13日閲覧。 Message From Hikki 2000年9月6日. 2016年7月15日閲覧。 Message From Hikki 2001年3月2日. 2016年7月15日閲覧。 Staff Diary 2001年4月3日. 2016年7月15日閲覧。 BARKS 2001年7月4日. 2016年7月13日閲覧。 バイアコム・ネットワークス・ジャパン. 2016年7月15日閲覧。 2016年7月15日閲覧。 2016年7月15日閲覧。 TIME. 2016年7月15日閲覧。 Message From Hikki 2002年2月10日. 2016年7月15日閲覧。 Message From Hikki 2002年2月22日. 2016年7月15日閲覧。 Staff Diary 2002年2月21日. 2016年7月15日閲覧。 Staff Diary 2002年2月27日. 2016年7月15日閲覧。 Message From Hikki 2008年10月31日. 2016年7月16日閲覧。 Staff Diary 2002年5月5日. 2016年7月15日閲覧。 Message From Hikki 2002年5月10日. 2016年7月15日閲覧。 2003年3月25日. 2016年7月15日閲覧。 タワーレコード 2003年3月6日. 2016年7月14日閲覧。 BARKS 2004年2月13日. 2016年7月13日閲覧。 タワーレコード 2004年1月20日. 2016年7月14日閲覧。 タワーレコード 2004年5月25日. 2016年7月15日閲覧。 タワーレコード 2004年7月7日. 2016年7月14日閲覧。 ORICON STYLE. オリコン 2004年9月14日. 2016年7月15日閲覧。 BARKS 2004年10月7日. 2016年7月15日閲覧。 BARKS 2005年11月10日. 2016年7月13日閲覧。 BARKS 2005年12月21日. 2016年7月13日閲覧。 BARKS 2006年8月23日. 2016年7月13日閲覧。 2016年7月16日閲覧。 ORICON STYLE. オリコン 2006年6月20日. 2016年7月16日閲覧。 BARKS 2006年6月29日. 2016年7月16日閲覧。 2016年7月19日閲覧。 BARKS 2007年6月25日. 2016年7月19日閲覧。 ORICON STYLE. オリコン 2007年3月20日. 2016年7月13日閲覧。 BARKS 2007年4月20日. 2016年7月13日閲覧。 BARKS 2007年11月14日. 2016年7月13日閲覧。 BARKS 2007年12月7日. 2016年7月13日閲覧。 BARKS 2007年12月14日. 2016年7月13日閲覧。 BARKS 2008年2月21日. 2016年7月13日閲覧。 BARKS 2008年3月10日. 2016年7月13日閲覧。 BARKS 2008年3月17日. 2016年7月13日閲覧。 ORICON STYLE. オリコン 2008年3月25日. 2016年7月13日閲覧。 BARKS 2008年5月13日. 2016年7月13日閲覧。 BARKS 2008年7月3日. 2016年7月13日閲覧。 BARKS 2009年1月6日. 2016年7月13日閲覧。 BARKS 2008年9月29日. 2016年7月13日閲覧。 ナタリー 2009年1月7日. 2016年7月13日閲覧。 タワーレコード 2009年1月23日. 2016年7月14日閲覧。 BARKS 2009年3月4日. 2016年7月13日閲覧。 BARKS 2009年3月27日. 2016年7月13日閲覧。 BARKS 2009年5月22日. 2016年7月13日閲覧。 Message From Hikki 2009年5月12日. 2016年7月16日閲覧。 REUTERS(). 2009年5月12日. 2016年7月16日閲覧。 ナタリー 2009年5月12日. 2016年7月13日閲覧。 ナタリー 2009年6月27日. 2016年7月16日閲覧。 RO69. 2009年4月28日. 2016年11月8日閲覧。 ORICON STYLE. オリコン 2009年7月31日. 2014年5月8日閲覧。 ORICON STYLE. オリコン 2010年9月28日. 2016年7月16日閲覧。 ナタリー 2010年10月22日. 2016年7月16日閲覧。 Message From Hikki 2010年10月25日. 2016年7月16日閲覧。 BARKS 2010年11月8日. 2016年7月16日閲覧。 BARKS 2010年12月13日. 2016年7月16日閲覧。 BARKS 2010年12月21日. 2016年7月16日閲覧。 ORICON STYLE. オリコン 2011年3月28日. 2016年7月16日閲覧。 BARKS 2012年12月26日. 2016年7月16日閲覧。 Real Sound 2014年3月19日. 2016年7月16日閲覧。 BARKS 2013年12月9日. 2016年7月16日閲覧。 BARKS 2014年2月20日. 2016年7月16日閲覧。 ORICON STYLE. オリコン 2013年8月26日. 2016年7月16日閲覧。 ORICON STYLE. オリコン 2013年9月5日. 2016年7月16日閲覧。 ナタリー 2016年1月20日. 2016年7月16日閲覧。 2016年7月16日閲覧。 BARKS 2016年4月20日. 2016年7月16日閲覧。 ORICON STYLE. オリコン 2016年7月8日. 2016年7月18日閲覧。 RO69. ロッキング・オン 2016年9月16日. 2016年9月16日閲覧。 Billboard JAPAN 2016年9月29日. 2016年12月26日閲覧。 ORICON STYLE. オリコン 2016年10月25日. 2016年12月26日閲覧。 PR TIMES 2016年9月26日. 2016年12月26日閲覧。 2016年12月26日閲覧。 BARKS 2016年12月10日. 2016年12月26日閲覧。 BARKS 2016年11月18日. 2016年12月26日閲覧。 RO69. ロッキング・オン 2016年12月19日. 2016年12月26日閲覧。 ORICON STYLE. オリコン 2016年12月19日. 2016年12月26日閲覧。 BARKS 2017年1月17日. 2018年6月1日閲覧。 Hikki's WEBSITE 2017年2月9日. 2017年2月11日時点の [ ]よりアーカイブ。 2017年2月9日閲覧。 Sponichi ANNEX スポーツニッポン新聞社. 2017年2月9日. 2017年2月9日閲覧。 BARKS 2017年2月19日. 2018年6月1日閲覧。 ナタリー 2017年6月16日. 2017年6月16日閲覧。 ナタリー 2017年6月26日. 2017年6月26日閲覧。 ナタリー 2017年9月25日. 2017年9月25日閲覧。 BARKS 2017年12月8日. 2018年6月1日閲覧。 BARKS 2017年10月2日. 2018年6月1日閲覧。 BARKS 2017年11月1日. 2018年6月1日閲覧。 BARKS 2018年1月17日. 2018年6月1日閲覧。 BARKS 2018年3月2日. 2018年6月1日閲覧。 BARKS 2018年4月25日. 2018年6月1日閲覧。 ナタリー 2018年4月25日. 2018年6月1日閲覧。 BARKS 2018年5月16日. 2018年6月1日閲覧。 BARKS 2018年6月12日. 2018年6月12日閲覧。 BARKS 2018年12月10日. 2019年6月1日閲覧。 BARKS 2014年1月30日. 2016年7月13日閲覧。 ナタリー 2009年3月3日. 2016年7月20日閲覧。 ナタリー 2016年9月26日. 2018年6月12日閲覧。 ナタリー 2018年6月12日. 2018年11月23日閲覧。 BARKS 2017年11月30日. 2018年6月1日閲覧。 2001年11月14日. 2016年7月19日閲覧。 PR TIMES 2010年9月28日. 2016年7月19日閲覧。 PR TIMES 2010年11月30日. 2016年7月19日閲覧。 2016年9月21日. 2016年12月26日閲覧。 サントリー食品インターナショナル 2017年6月16日. 2019年6月1日閲覧。 サントリー食品インターナショナル 2018年4月19日. 2019年6月1日閲覧。 サントリー食品インターナショナル 2019年5月7日. 2019年6月1日閲覧。 ナタリー 2011年1月6日. 2016年7月13日閲覧。 NHK. 2016年12月26日閲覧。 フジテレビジョン. 2016年12月26日閲覧。 ナタリー 2016年10月1日. 2016年12月26日閲覧。 SONGS. 日本放送協会 NHK. 2018年8月5日閲覧。 日本放送協会 NHK. 2018年8月5日閲覧。 Staff Diary 1999年7月26日. 2016年7月18日閲覧。 22-No. 1 オリコン : 11-14. 1999-12. Staff Diary 2000年8月7日. 2020年2月13日閲覧。 2016年7月19日閲覧。 BARKS 2006年1月20日. 2016年7月13日閲覧。 BARKS 2006年4月25日. 2016年7月13日閲覧。 BARKS 2008年3月20日. 2016年7月13日閲覧。 PDF プレスリリース , , 2010年11月22日 , 2016年7月13日閲覧。 PR TIMES 2014年3月10日. 2016年7月19日閲覧。 ナタリー 2016年9月21日. 2016年9月21日閲覧。 ナタリー 2018年4月6日. 2018年6月1日閲覧。 ナタリー 2018年4月19日. 2018年6月1日閲覧。 ナタリー 2018年5月16日. 2018年11月23日閲覧。 ナタリー 2018年2月10日. 2018年6月1日閲覧。 BARKS 2018年6月12日. 2018年6月12日閲覧。 ナタリー 2018年9月28日. 2018年11月23日閲覧。 ナタリー 2019年2月26日. 2019年6月1日閲覧。 ナタリー 2019年5月7日. 2019年6月1日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ] 公式ウェブサイト• レコード会社ウェブサイト• - および SNS・YouTube• utadahikaru -• - チャンネル 作品リスト・データベース• - (英語)•

次の

【名バラード】宇多田ヒカル『Flavor Of Life

宇多田 pv

今回は宇多田ヒカルの『Flavor Of Life -Ballad Version-』のレビューを行います。 Flavor Of Life -Ballad Version-は2007年にリリースされた宇多田ヒカルさんの 18作目の楽曲です。 ドラマ「花より男子」のイメージソングとして起用された曲です。 元々はバラードではなかったようですが、ドラマの関係者にバラードにして欲しいと 頼まれて このバージョンが作られたとのことです。 原曲よりこのバラードバージョンの方が遥かにクオリティーは高いです。 ドラマ関係者の作品を見る目は本物でしたね。 宇多田さんの曲はメロディーが美しい曲が非常に多いですよね。 この曲も期待を裏切らないクオリティーになっています。 それではレビューしていきます。 この楽曲分析は作曲や編曲を学ばれている方向けの内容になっています。 このレビューに関して はそのアーティスト個人の評価だけでなく、 編曲家や演奏家に対するものも含まれます。 ご了承ください。 作詞、作曲:宇多田ヒカル 編曲: Alexis Smith 、冨田謙、山本拓夫 最初のサビと間奏のレビュー サビ頭の曲ですね。 サビ頭の曲であってもサビの前に短いイントロが入ることが ありますが、この曲はイントロはありません。 GLAYの『口唇』の場合もイントロがなく、 いきなりサビから入るのですが唐突感があり、あまりいいアレンジとは思えません。 この曲の場合はアウフタクト(弱起)になっていて、ブレイクと同じようにボーカルの 歌声だけが際立つように工夫されています。 これは非常に上手な構成ですね。 メロディーも美しいので、曲の冒頭から一気に曲の世界観に引き込まれます。 コード進行は王道進行にセカンダリードミナントを交えたものです。 アレンジはアコギとピアノとストリングスですね。 よくある編成ですが、それぞれの フレーズがよく出来ていて、曲を綺麗に彩っています。 ウインドチャイムも鳴っていますが、少し音量が小さいですね。 最初の間奏も非常にクオリティーが高いですね。 ピアノの音色は非常に切なく美しいですし、ボーカルの歌声もいいですね。 ストリングスの4分音符のフレーズも曲を彩っています。 コーラスも含めて全てのパートが見事に絡み合い、至高の間奏になっています。 A メロのレビュー 0:42 歌のメロディーは及第点。 悪くありませんが、すごく美しいとも言えません。 アレンジも無難ですね。 クローズリムショットを4拍目に入れて、ゆったりとした テンポ感を作り出していますが、クローズリムショットの音がいまいちですね。 他のパートは普通で、特にコメントすることはありません。 Bメロのレビュー 1:02 歌のメロディーはまずまず美しいですね。 リズムですが、クローズリムショットを2、4拍で鳴らしているので少し前へ 進む力が強くなりました。 ストリングスの刻みのフレーズもいいです。 ピアノとアコギも役割を果たし、良いアレンジになっています。 サビに入る前にブレイクが入り、歌声を際立たせています。 曲の冒頭と違うのは、低音が残こしている点です。 ピアノの音でしょうか。 この低音は無くてもいいような気がしますけどね。 細かい話ですが。 2回目のサビと間奏のレビュー 1:21 ここでキチンとアレンジが施されたサビが初めて出てきます。 全体的に良くできています。 特にストリングスのフレーズが甘美でいいですね。 コーラスパートもしっかり作りこまれていて、非常に美しいです。 2回目の間奏は大きく変化はしていませんが、ボーカルのパートが加わり 変化を与えていますね。 このフレーズも美しいです。 サビのクオリティーが高いとそれだけで名曲に聴こえてきます。 2回目のA、B、サビのレビュー 2:03 2回目のAメロからDメロまでは変化に乏しいですね。 ここは前の繰り返しでも悪くはありませんが、今まで出てこなかった楽器を加えたりして、 アレンジに工夫を施したほうがいいです。 やはり単調さが生まれてしまいますので。 音楽は1曲を何度も繰り返し聴くことがあるので、ただの繰り返しだと飽きてしまいます。 優れた編曲というのは、、そうならないように細かい所にまで変化を与え、単調さを薄め、 楽曲のクオリティーを高めているのです。 Dメロのレビュー 3:24 Dメロの歌のメロディーはいまいちですね。 凡庸で平坦な印象を受けました。 Dメロではそれまでの世界観を壊さぬように新しい展開を広げていくことが大切です。 この曲はまずまず上手に出来ていますが、メロディーがパッとしません。 アレンジはいいですね。 ストリングスのフレーズは非常に美しいです。 ピアノも綺麗です。 ここでも新しい音色を加えたりして変化が欲しかったです。 クローズリムショットは外しても良かったと思います。 最後のサビとアウトロのレビュー 4:03 Dメロがいまいちでもサビの入り方とメロディーが美しいので、相殺されます。 ただ、ここでもアレンジに変化が乏しいです。 例えば、ストリングスのフレーズを もう少し高い音域の音を使ったりして、華やかさを出してもいいです。 歌のメロディーも同様に高音のフレーズを交えたりして、変化させたほうがいいです。 4:44 アウトロはイントロと同じフレーズが出てきますが、ここは上手に音を加えたりして 華やかさを増すことに成功しています。 ここが上手にアレンジが出来るのだったら、 その前ももう少しがんばって欲しかったです。 総評 歌のメロディーと歌声は非常に美しく素晴らしかったです。 特にサビのメロディーが甘美で最高級の旋律ですので、他の部分にいまいちな部分が あったとしても、名曲に感じられます。 それだけサビのメロディーは重要な存在なのです。 アレンジに関しては基本は上手に出来ているのですが、変化の与え方が不十分です。 飽きさせないようにするために、新しい楽器やフレーズを足すことは必須です。 この曲ではそれが上手く出来ていませんでした。 それは少し残念でした。

次の