こんな 夜更け に バナナ かよ 上映 館。 こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話 : 作品情報

こんな 夜更け に バナナ かよ 上映 館

最新の配信状況は各動画配信サービスの公式サイトをご確認ください。 映画『こんな夜更けにバナナかよ』を見るなら『U-NEXT』がオススメ! U-NEXTのキャンペーンを解説! 最新の配信情報については、公式サイトにてご確認ください。 映画『こんな夜更けにバナナかよ』のあらすじ 北海道札幌市。 鹿野靖明(大泉洋)は幼い頃より難病の筋ジストロフィーを患い、34歳になる今では体で動かせるのが首と手だけ。 24時間365日だれかの介助がないと生きていけない体にも関わらず、医師の反対を押し切って病院を飛び出し、市内のケア付き住宅で自ら集めた大勢のボラ(ボランティアの略称)に囲まれ、自立生活を送っている。 わがままで、ずうずうしくて、ほれっぽくて、よくしゃべって…! 夜中に突然「バナナ食べたい」と言い出したりする自由すぎる男・鹿野を介助するボラは、彼と付き合いの長いベテランから、新人の大学生まで人さまざま。 その一人、医大生の田中(三浦春馬)はいつも鹿野に振り回される日々。 ある日たまたま鹿野宅を訪れた田中の恋人・美咲(高畑充希)まで新人ボラに勘違いされてしまう。 おまけに鹿野は美咲に一目惚れしてしまい、田中は彼の代わりに愛の告白まで頼まれる始末…! 最初は戸惑う美咲だが、鹿野やボラたちと共に時間を過ごす内に、自分に素直になること、夢を追うことの大切さを知っていく。 ところが鹿野が突然倒れ、命の危機を迎えてしまう…。 筋ジストロフィーという、全身の筋肉が徐々に衰えていく難病を患った鹿野靖明と、彼を支えるボランティアたちの生活を描いています。 鹿野は自由奔放な性格で、いつもわがままや無理難題を突きつけてはボランティアを困らせていました。 しかし、病気を抱えながらも懸命に生きようとする彼の態度に周りの人々は勇気づけられます。 映画の中での、鹿野とボランティアたちの関係は対等でとても良い関係だと感じました。 あのような関係が築けたのも鹿野がありのままの性格をさらけ出していたからだと思います。 今を生きることや人に頼ることなどの大切さ、その他いろいろなことを考えさせられる映画でした。 生きるとは何か 人には頼ってもいいのかも知れない そんなふうに思える作品だった。

次の

「こんな夜更けにバナナかよ」公開日!あらすじとキャスト原作は

こんな 夜更け に バナナ かよ 上映 館

今年見た中で最低の1本。 あんまり酷い出来だったから、見た後事実を確認した。 映画版の大きな変更点は、主要ボランティアとして大きく話を動かす三浦春馬や高畑充希。 このカップルは架空の人物らしい(!?) それから、タイトルにもなっているバナナの話。 あれはもともと家にバナナがある状態で、それを取ってこいと言ったわけであって、映画で描かれたように家に無いから深夜に買ってこいと命令したわけではないよう(誇張にしてもこの改変、やりすぎ) 他にも沢山あるけど割愛。 で、本題。 映画は役者が演じる時点で限界があるわけだし、事実を忠実に再現しろとは決して言わない。 変えたことで映画が面白くなるならそれで納得できる。 ただ、「愛しき実話」と題しておいてこの大幅な脚色っぷりはどうか。 実際にはやってないことがやっていたことかのように扱われ、実際にいない人が話を動かす…これじゃあもう作り話の域だ。 実際の人物に対する敬意を感じようがない 肝心の映像といえば、無理に緊張感を演出しようとしたのか接写だらけ、手ブレだらけ。 全編を通して変わり映えがなく、集中が何度も切れた。 事実から変えたところを面白く見せようという工夫すらないわけだ。 めまいがしてくる ところで主役の鹿野はかなりの喫煙者だったようだけど、そこの生活描写なんかもバッサリなくなっている。 製作にデカデカと出る(24時間TVでお馴染み!)日テレ側としての、なんとしても障碍者を清潔にしたいという願望の表れだろうと邪推してしまう。 それから大泉洋の役作りにも気になる。 あの筋ジストロフィー患者には到底思えない流暢なセリフの数々。 何度でも言う。 「愛しき実話」と題するこの映画の、一体どこを事実だと信じればいいというのだろうか….

次の

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話

こんな 夜更け に バナナ かよ 上映 館

正しくうるわしく語られがちな障害者福祉という題材を、これほど自由に深々と考えさせるノンフィクションも、あまりなかっただろう。 2003年に刊行された渡辺一史さんの(北海道新聞社、のち文春文庫)。 わがままで強烈な重度身体障害者とボランティアたちの交流を描き、大宅賞・講談社ノンフィクション賞をW受賞した作品は、今なおロングセラーを続ける。 昨年末には映画化されて全国で公開中だ。 中高生向けに書かれた新著も出た渡辺さんに、〝反時代的〟とさえいえる丹念な取材で人間と社会の実相に迫ることを目指すノンフィクションの手法、試行錯誤の醍醐味と葛藤、時代観、そして今後の抱負を聞いた。 2回にわたり紹介する。 (聞き手・藤生京子 朝日新聞論説委員) 渡辺一史さん=撮影・横関一浩 渡辺 いい映画だと思います。 「障害者って何様なの?」といった発言があったり、チャリティー番組「24時間テレビ」的な、愛と涙の物語ではない、喜怒哀楽、ありのままの人間同士のせめぎあいが描かれていて、見る人に考えさせる場面がいくつもある。 大泉さんの存在が大きかったと思いますね。 原作やシナリオを徹底的に読み込んで独自の鹿野さん像を提出してくれました。 実在の鹿野さんとは似ても似つかないのに、同時に瓜二つでもあるという不思議なキャラクター。 こういう障害者が目の前にいたら、もうしょーがねえなあと観る人に思わせてしまうような説得力があった。 大泉さんとは「世界一受けたい授業」(日本テレビ、2018年12月29日放送)という番組の収録でもご一緒したんですけど、こんな話をしてくれたんです。 これまでは「自分の子どもにどんな教育をしますか」と聞かれたら、「人に迷惑かけないようにしなさい」とずっと言ってきた。 でも、この映画を通して、それは違うんじゃないかと思うようになった。 今後は「できないことは人に頼りなさい、でも人に頼られたときは、それに応えられるような人になりなさい」と言うと思う。 大泉さんの言葉は、長い時間をかけて障害者の人たちが訴えてきたことを、見事に言い当てていると思います。 そして自己責任という価値観を、障害の有無をこえてだれもが内面化させられた、今の時代を表してもいる。 人に弱みをみせられず、頼れずに、孤立してしまう風潮です。 障害者の人たちより、むしろ健常者のほうが、そういう規範に縛られていないでしょうか? 障害者や、鹿野さんの発するメッセージは、社会にとって、大切なメッセージを含んでいると思います。 映画は、きれいごとやタテマエに終わらない現実の一端を描きながら、社会に横たわる、この問題の中心部分をちゃんと伝えている。 うれしいですね。

次の