ジミー 時田。 いかりや長介の本名は?身長は?若い頃は?ザ・ドリフターズ!

尾崎紀世彦

ジミー 時田

この記事のほとんどまたは全てが唯一の出典にのみ基づいています。 他の出典の追加も行い、記事の正確性・中立性・信頼性の向上にご協力ください。 ( 2019年5月) ジミー時田 原語名 Jimmie Tokita 出生名 時田悦朗 後に圭介 生誕 1936-03-15 出身地 満州 現:中国遼寧省遼陽市 死没 2000-03-10 (63歳没) 学歴 青山学院大学 ジャンル 活動期間 1957-2000 レーベル 共同作業者 マウンテン・プレイボーイズ 著名使用楽器 ギター 幼少の頃から歌うのが好きで、高校1年の頃からカントリー・ミュージックに目覚め、から流れてくるカントリー番組を聴いて、コピーしながらレパートリーを増やしつつ、英語力も磨いたという。 カントリーに親しむ傍ら、山口銀次のハワイアン・バンドを皮切りにステージに立つようになる。 1957年、在学中にマウンテン・プレイボーイズを結成。 1967年、単身で渡米し、3年ほど現地のクラブ・ハウスを回った。 時田は愛飲家として知られるが、体調を崩して帰国。 帰国から晩年に至るまでは、本人の体調不良もあり活動は断続的となったが、複数のレーベルから自己名義の作品を発表、併せて他のカントリー系アーティスの作品で客演した。 2000年に東京都杉並区で逝去。 ジミー時田とマウンテン・プレイボーイズ 1957年、青山学院大学在学中に結成(初期のラインナップは不明)。 当初は米軍キャンプ、後にジャズ喫茶などで演奏。 1960年、レコード・デビュー。 1967年まで、メンバー・チェンジを繰り返しながら、レコーディング活動を精力的に行う。 1967年、時田の渡米により活動休止。 1970年、時田の帰国とともに活動を再開。 2000年、時田の死去に伴い、解散。 メンバー• ジミー時田(リーダー、ヴォーカル、ギター)• (ヴォーカル、ギター、マンドリン、コント): 1958-62年。 藤井三雄(スティール・ギター): 1958-61年。 宮城久弥(フィドル): 1958-63年。 (ベース、コント): 1959-62年。 元クレージー・ウエスト。 ジャイアント吉田とともにコミック路線を推進していたが、時田が難色を示したこと、1961年大晦日の交通事故により所属事務所との関係が悪化したことなどから、翌年に脱退。 に加入。 (エレクトリック・ギター、バンジョー): 1960-61年。 元クレージー・ウエスト。 同バンドに岩倉忠雄の後任として碇矢長一を誘った その後、碇矢は半年ほどで解雇され、マウンテン・プレイボーイズへ。 米軍上瀬谷キャンプで、マウンテン・プレイボーイズにいた碇矢と再会し、自らも加入。 1961年、寺内に新人ロカビリー・バンドを結成させたいという所属事務所の差し金により、脱退。 その後、を結成。 名倉あきら(エレクトリック・ギター、バンジョー): 1961-67年。 松平直久(スティール・ギター、ドブロ): 1961-66年。 岩倉忠雄(ベース、コント): 1962-196? (ギター): 1963年。 坂本孝昭(ギター): 1964年。 飯塚文雄(フィドル、バンジョー): 1963-64年。 深野英明(エレクトリック・ギター): 1963年。 鈴木恒雄(フィドル、ピアノ): 1963年。 谷岡寿夫(フィドル): 1964-1967年。 岸澄夫(エレクトリック・ギター): 1964年。 辻田巌(ベース): 196? -1967年。 (ヴォーカル、ギター): 1965-66年。 元ヒロ・ハワイアンズのメンバー。 時田と同じ事務所に所属していたことが縁で、1965年にセカンド・ヴォーカリスト兼ギタリストとして加入。 1966年に脱退。 翌年にを結成。 石田新太郎(スティール・ギター): 1966-67年。 トビー門口 ディスコグラフィー 自己名義 アルバム• A面にボニー・ジャックスが参加• TBS系TV『』主題曲、TBS系TV『』キャラバンIIのテーマ• B面は溝渕和雄 オムニバス V. 共同名義• シングル• A面でジミー時田とウエスタン・オールスターズとして客演.

次の

カントリー PUB 『 PINE FIELD 』 (パインフィールド) 新宿四谷

ジミー 時田

1970年代中期だったと思いますがMADE IN USA カタログなど刊行されたりして本場のアメリカぽいものが流行しました。 そんな中でカントリー音楽もふたたび良く聞かれるようになった時期があったように記憶しています。 世田谷は成城の開店まもないライヴハウスでのジミーさんの歌声です。 ラジオ関東の深夜番組アイラヴカントリー、第1回のゲストということで、ジミーさんのアメリカンイングリッシュを堪能させていただきました。 英語の発音といい鼻にかかった発声といい、この頃のジミーさんが私は大好きですね。 Hey Goodlookin' by Hank Williamsの発音、リズム、テンポの取り方イントネーションなど、この一言でキマリです。 富田@東京さんのジミーさんを偲んでというブログから、お写真をおかりしました。 おかげさまで、ジミーさんのパフォーマンスをUPすることが出来ました。 私一人で聞いていては、もったいない程の演奏だと思いますから。 音質はイコライジングしていますが、当時のAMからカセットへの録音ですので、ご了承ください。

次の

ジミー時田

ジミー 時田

尾崎 紀世彦 出生名 尾崎 紀世彦 別名 キーヨ、キョッキョ(本人命名) [ ] 生誕 1943-01-01 出身地 死没 2012-05-30 (69歳没) ジャンル 職業 担当楽器 活動期間 - レーベル 共同作業者 とマウンテンプレイボーイズ 尾崎 紀世彦(おざき きよひこ、〈昭和18年〉 - 〈平成24年〉)は、の。 出身(生まれ)。 にバンド「ヒロ・ハワイアンズ」結成、にバンド「」加入。 から「」を経て、にソロ歌手としてデビュー。 愛称は「キーヨ」。 ダイナミックな歌唱力と、立派なや髭がトレードマーク。 ヒット曲を持ちながらも、「いい歌を自由に歌い続けたい」との思いから、を中心として、ジャンルや新旧を問わず数多くの名曲をカバーし、独自の歌手路線を歩んだ。 歌そのものの楽しさや素晴らしさを伝えることを生涯追求した。 来歴・人物 [ ] 生い立ち [ ] に男三人兄弟の次男として生まれ、生まれてから6年間を渋谷区で、その後で育つ。 父:尾崎繁(芸名:藤田繁)と兄:藤田彰彦はのダンサー・演出家 、母:礼子はショーダンサー・の一期生である。 父方の祖父はのHenry Buckingham Lucas 、本人は日英クォーターである。 幼少の頃からラジオのでや等に親しんでいた。 卒業後、YMCA国際ホテル学校へ進学する。 趣味は小学生で始めた、、祭りの担ぎ 、の収集とツーリング、縦目(オールドベンツ)でドライブ、、で、、銀細工、シルバーアクセサリーの収集、。 バンド時代 [ ] ヒロ・ハワイアンズ 1960年 - 1964年 13歳の時に父にを買って貰い、中学の同級生6人でバンドを結成する。 教則本が先生だった。 初めて覚えた曲は、おそらく「」。 のバンド募集のオーディションに合格し、17歳でセミプロデビューする。 ここで司会を担当したのが大学生の(元)。 1964年には念願の日劇出演を果たすが、目標達成とメンバーの学業と家業の忙しさから解散に至る。 ジミー時田とマウンテンプレイボーイズ 1965年 - 1966年 契約した芸能プロダクション東京ハワイアンズが、と同じ所属先という縁で セカンドボーカルとギターで参加する。 ジミー時田は、1967年から音楽活動の場をに移している。 ザ・ワンダース 1967年1月10日 - 1969年 にでも活躍したコーラス・グループを結成する。 初期メンバーは、と、尾崎の3人。 TBSやのポップス番組に出演し 、洋楽カヴァー、テレビ主題歌などをリリースする。 「ジ・エコーズ」名義で『』の主題歌・挿入歌も担当。 シングル「また逢う日まで」レコーディングの際には、既に解散していた元メンバーが再結集しバックコーラスを務めた。 詳細は「」を参照 ソロ [ ] のプロデューサー(後の日音・社長、会長)の熱心な働き掛けがあり、8月に「別れの夜明け」でよりソロデビュー。 デビューにあたって、「ザ・ワンダース」のリーダー小栗俊雄が歌手を引退、日音に所属し尾崎のディレクターとなった。 ダイナミックな歌唱は業界内で話題となるが、同年9月、タクシー乗車中に六重衝突という交通事故に巻き込まれ、4ヶ月に及ぶ入院生活でレコードの宣伝活動ができず売れなかった。 、「」「」「」「愛する人はひとり」が次々とヒット、出身地・茅ヶ崎ではワンマン・ショー、大阪にて初のソロ・コンサートを開催する。 2枚目のシングル「また逢う日まで」が売り上げ100万枚を突破、大賞と第2回大賞をダブル受賞する。 日本レコード大賞を受賞した際に両手でを、さらにトロフィーを持ち上げて笑顔でVサインをしたは、今もテレビで流れる名シーンである。 同年、『』に白組トップバッターとして初出場する。 翌、「ふたりは若かった」「こころの炎燃やしただけで」「あなたに賭ける」とヒットを重ね、「」のカヴァーで、紅白歌合戦に連続出場。 にも『』に出場している。 、「My Better Life」をリリース。 歌謡番組を始めとして『』『』などのポップス番組に出演する。 その後も、『』『』『』ほか多くの番組で、レパートリーである数々の、ジャズを披露。 には「サマー・ラブ」がスマッシュヒットする。 より、音楽バラエティ番組である『』にも出演。 、ソロデビュー25周年の記念コンサートを開催する。 同年に放送された『』では、主題歌「燃えろ! ガリバーボーイ」を熱唱し、この番組で尾崎の歌声を知った若者も多い。 ソロ活動以外にも、より旧知の演奏家たちとジャズ、ハワイアン・カントリーライブのジョイント・コンサートを定期的に公演する。 新たな試みとしてに行われた、オーケストラとのポップスコンサートも恒例となった。 ソロツアーとして、2月から「プレミアムコンサート」が開催された。 4月、公演予定(5月)のコンサートを「病気療養のため中止する」旨、主催者より発表される。 翌年5月、度重なる取材・報道に対し「1年以上前から入院している」ことが、親族より明かされた。 5月30日 、のため東京都内の病院で死去。 69歳没。 9月2日、にて「尾崎紀世彦をしのぶ会」(発起人:今井直次 ・・・)が開催され、長年親交があった、、、、、ら多くの音楽関係者・友人が出席して追悼した。 出身女性との最初の結婚では1男1女を、2度目の結婚では1女をもうけた。 療養の際には、交流が続いていたハワイ在住家族の献身的な看病があったという。 2012年12月30日、より特別功労賞が贈られた。 10月1日、「」顕彰者に入選、殿堂入りした。 エピソード [ ]• 1972年3月27日から始まったの入場曲にも『また逢う日まで』が選ばれ、当日、観客席から入場行進を見ていた。 1974年から1980年代、ジミー時田が出演する六本木や新宿にあるカントリーのライブハウスに客として度々現れ、ジミーに「素敵なゲストが来ている。 」とステージに促されてカントリーソングの他『また逢う日まで』を歌わされていた。 茅ヶ崎の自宅隣が元所属でフリーアナウンサーのの邸である。 小さい頃は庭伝いに垣根を潜り抜けて毎日のように遊びに行き、有名になってからも鈴木の姿を見つけるや「お兄さーん」と駆け寄っていた。 バイク好きでも知られ、16歳で2輪免許を取得。 Z400LTD(カワサキ)、750カタナ(スズキ)、GSX-750R(スズキ)、ドゥカティ・パンタ、ハーレー、XLR-BAJA(ホンダ)などを愛車としていた。 25 2013. 18 EP CD FS-1151 MSCL-11869 筒美京平 (帰郷) 1971. 5 2013. 25 2013. 25 EP CD FS-1203 MSCL-11662 阿久悠 川口真 2位 (あなたのすべてを) 1971. Adamo (佐々木勉) 利根常昭 () 1971年アルバムより 68位 愛する人はひとり (自由であれば) 1971. 25 2013. 25 EP CD FS-1225 MSCL-11663 阿久悠 筒美京平 筒美京平 2位 ふたりは若かった (君と生きる) 1972. 25 2013. 18 EP CD FS-1701 MSCL-11870 阿久悠 () 筒美京平 筒美京平 第1回世界大会 第3位 11位 ON MY WAY TO TOMORROW 1972. 25 2013. 18 EP CD FX-1701 MSCL-11871 Norman Simon 筒美京平 筒美京平 「また逢う日まで」英語版 (「帰郷」英語版) こころの炎燃やしただけで 1972. 5 2013. 18 EP CD FS-1711 MSCL-11872 なぎはるお L. 25 2013. 18 EP CD FS-1722 MSCL-11873 阿久悠 筒美京平 筒美京平 16位 しのび逢い (いとしの蒼いバラ) 1973. 25 2013. 18 EP CD FS-1738 MSCL-11874 阿久悠 () 筒美京平 筒美京平 30位 かがやける愛の日に (ララバイ) 1973. 5 2013. 25 EP CD FS-1753 MSCL-11664 阿久悠 筒美京平 葵まさひこ () 世界大会 銀賞 57位 最後のくちづけ (男と女が別れる時) 1973. 5 2013. 25 EP CD FS-1770 MSCL-11665 安井かずみ 筒美京平 筒美京平 74位 許しておくれ (この道は遠けれど) 1974. 25 2013. 18 EP CD FS-1786 MSCL-11875 なかにし礼 筒美京平 筒美京平 69位 愛こそすべて (見知らぬ国へ) 1974. 25 EP FS-1810 映画『』主題歌 (『エスパイ』挿入歌) 忘れかけた愛を (駅) 1975. 25 2013. 18 EP CD SV-1238 MSCL-11864 阿久悠 川口真 川口真 国内大会参加曲 星の王子さま 幼き友へ 1975. 5 2013. 18 EP CD SV-1245 MSCL-11865 F. 25 2013. 18 EP CD SV-1266 MSCL-11866 阿久悠 責めないで (長距離急行) 1976. 25 2013. 18 EP CD SV-1286 MSCL-11867 B. Freddie (井上忠夫) (萩田光雄) 「While The Feeling's Good」日本語カヴァー ゴッドファーザー〜愛のテーマ 1976. Francois Nino Rota 前田憲男 1972年アルバムよりシングルカット 両A面 雪が降る 1976. 5 EP FX-2021 S. Adamo 利根常昭 川口真 1971年アルバムよりシングルカット 両A面 テレーズ夫人 (窓辺) 1977. 1 2013. 1 2016. 28 EP CD PK-172 MSCL-12931 (武田全弘) () 大野雄二 (木森敏之) 「ビーバーエアコン」CMソング 48位 明日への扉 (ブルー・スカイ・イン・マイ・ハート) 1980. 1 2016. 28 EP CD AK-737 MSCL-12932 B. Wilson (斉藤幸彦) 映画『アーバン・カウボーイ』主題歌 (1979年度 NHK『』年間最優秀曲) サングリア-真昼の夢- (愛の追跡) 1982. 21 EP ALR-754 筒美京平 萩田光雄 () 第11回東京音楽祭国内大会参加曲 (第1回参加曲 ) OPEN YOUR EYES FOR ME HIM 1982. 2 2014. 5 EP CD 7DS-0024 MSCL-11950 (R. Holmes 大野雄二 (川口真) 「」CMソング 愛だけあれば (星をながめながら ) 1986. 5 CD TODT-2564 丸善建設CMソング ゴッドファーザー〜愛のテーマ また逢う日まで 1991. 25 CD PHDL-1 L. ガリバーボーイ (鏡の中の勇者) 1995. 25 CD PHDL-1026 山崎利明 () 太田美知彦 『』主題歌 (『空想科学世界ガリバーボーイ』エンディング曲) ふるさとの五月 (星女よ) 1995. 26 2013. 25 CD CD PHDL-1029 MSCL-11666 大津あきら 鈴木キサブロー 川村栄二 NHK『』 365回目の恋 1998. 22 2013. 25 1971. 25 1994. 26 2013. 25 1971. 25 1994. 26 2018. 19 LP CT CD CD FX-8017 FT-5062 PHCL-8070 UPCY-40019 フィリップス 2位 マーキュリー ユニバーサル(ハイレゾCD) 尾崎紀世彦アルバムNo. 10 1971. 10 2013. 18 LP CT CD FX-8025 FT-5074 MSCL-60291 フィリップス 4位 尾崎紀世彦アルバムNo. 10 1971. 10 1994. 25 2013. 5 1973. 5 1994. 25 2013. 1 1974. 1 2013. 25 2014. 25 1980. 25 2013. 2 2012. 30 2000. 26 CD PHCL-2022 マーキュリー ビッグスターシリーズ 心にのこる愛唱歌尾崎紀世彦 Vol. 26 2010. 15 2010. 15 2012. 15 CD UPCY-9062 ユニバーサル -SPECIAL BOX- 4枚組CD-BOX メドレー含む、全96曲 を参照 2007. 25 2013. 25 2012. 1 CD COCC-10255 〜聖夜泥棒 クリスマス・エトランゼ 1992. 15 10枚組CD VPCD-81382 映画『』サントラ 40トラック収録 「人生満喫」 2003. 17 CD COCX-32504 CMソング集 1962-89 The Real Life 2005. 24 2枚組CD COCA-10291 1971年テレビ放送 The Original Soundtrack of "La Maison de Himiko" Remix また逢う日まで(ディスコ・バージョン) 2005. 24 CD WPCY-10207 サワサキヨシヒロによるリミックス トクバラ-男泣き! 〜特撮ヒーローバラッズ〜 星空の街を歩こう 2006. 24 CD COCX33661 大野雄二ベスト My Better Life 2007. 20 CD COCP34350 20TH ANNIVERSARY MY LOVELY TOWN with 2007. 10 CD DDCZ-2186 オムニバス盤• テーマ・ジャンル・年代・作家別、収録多数 未収録曲 [ ]• 懸賞賞品 イメージソング 内灘愁歌 2001 CD 栗田信生 しのぶ会〜Thank You for the Memories〜 DREAM MY BOY(ライブ版) ピープルのテーマ 2012 CD Johnny Mercer Y. Dessca 山川啓介 Johnny Mercer C. Pierre 前田憲男 前田憲男 未発売 - テレビ番組・CM用にレコーディング タイトル 楽曲 放送日 作詞 作曲 編曲 備考 今月の歌 朝よ静かに 1974 なかにし礼 1974年4月 CM グリコ牛乳の歌 本庄一郎 川口真 第3回 一緒に暮らそう 1976 主題歌 愛の手紙 1977 廣瀬量平 1977 1984 P. デラノエ 日本語詞: G. ガッチャピン 2007 立川俊之 立川俊之 SONG TO SOUL〜永遠の一曲 「ホワイト・クリスマス」 2008 Irving Berlin 12月25日初回放送、以降毎年12月再放送 インタビューと歌唱、ライブ・コンサート曲 過去の出演 [ ] テレビ [ ] 音楽番組• (、1970年 - 1987年)• (フジテレビ、1971年 - 1987年)• (、1971年 - 1972年)- 初代司会、歌• (NET系列、1971年 - 1972年)- 司会、歌• (、・・)-「また逢う日まで」「ゴッドファーザー〜愛のテーマ」• ワンマンショー「尾崎紀世彦ベスト・アルバム」(NHK、1973年7月14日)• (NHK、1977年・1984年・1995年)-「 」「ふるさとの五月」• (、1991年 - 2000年)• (NHK、1993年 - 2005年)• (、1994年 - 2002年)- 月1ゲスト出演、100曲近くカヴァー• (、1998年 - 2008年) 他多数 ドラマ・アニメ特撮番組• (TBS、1975年)- 矢頭たけし役• (日本テレビ、1977年)- 五郎役、「愛の手紙 」• (監督: フジテレビ、1980年4月19日)- 第3話「御殿場線・アメリカンパイ」• (フジテレビ、1995年)-「燃えろ! ガリバーボーイ」「鏡の中の勇者」• (NHK、2004年)-「また逢う日まで(・バージョン) 」• (、2007年)-「Go! ガッチャピン 」 映画 [ ]• ハイ・ティーン(監督:井上和男、1959年)- エキストラとして、高校生役• (監督:、1974年)-「愛こそすべて」「見知らぬ国へ」• (監督:大林宣彦、1977年)- 東郷圭介先生役• (監督:、1985年)- アトミック南役、「若者達の心にしみる歌の数々」「本物のスター」• (監督:、1986年)-「愛だけあれば」「星をながめながら」• (監督:大林宣彦、1986年)- セリフ無し 村田役• (監督:、2005年)-「また逢う日まで(ディスコ・バージョン)」• (監督:、2005年)- テリー河口(河口輝男)役 「Making Plans」テリー河口の娘役:とデュエット 「My Lovely Town」(この映画のために作られた曲)浜崎伝助役:とデュエット 「Hawaiian Wedding Song(ソロ・バージョン) 」 吹き替え• 劇場版(監督:、2000年)- ビリー()役 および挿入歌「Shining Time」 CM [ ]• ((現:)、1971年)- イメージキャラクター、「どこから来たのかおまえと俺」「いまここに」• (、1971年)-「The Real Life」• ブラウン シクスタント型シェーバー(、1971年)-「午後5時のカゲを消せ! 」イメージキャラクター• ハチハニーワイン「ハチマキシム」(、1971年)- 販促品:尾崎紀世彦トランプ、「 心の炎 を燃やしただけで」• (、1974年)- 本人および似顔絵キャラクター出演、「明星カップリーナの唄」(2種類)• グリコ牛乳((現:))-「グリコ牛乳の歌 」• ビーバーエアコン(、1979年)-「My Better Life」• アイリス(、1982年)-「OPEN YOUR EYES FOR ME」• NCAA( 協賛CM、1984年)• アサヒ生ビール( ・出演、1987年)-「サマー・ラブ」• (、1987年)-「太陽は燃えている」• (、1988年)-「 」• 丸善建設(丸善建設、1990年)-「SWEET DREAM〜くちづけはイヴの香り〜」• (、1990年)-「 」• 料亭のお茶漬け(、1996年)-「いつもの帰り道」• FUJIYA (、1996年)-「 」• 吉乃川(吉乃川 新潟限定CM、1998年)- 本人出演、「羅針盤 」• キリンビール(、1999年)-「LOVE」• キリンTWO DOGS(ツードッグス)カクテル(キリンビール、2003年)-「A MAN WITHOUT LOVE 」 他多数 公演 [ ] ライブ・コンサート [ ]• 尾崎紀世彦リサイタル(、1972年10月24日 - 10月28日)- ライブ・アルバムに一部収録• 尾崎紀世彦ショー(、1973年9月29日 - 10月4日)• 尾崎紀世彦リサイタル(大阪厚生年金会館他、1976年)• ピープル'82(3都市 4公演、1982年)• ハニーサウンドオン・ライブ - 尾崎紀世彦(、1989年)- 放送:TBSラジオ、ハワイアン・ソング他• 尾崎紀世彦クルージング・ライブ( -東京、1990年)- 放送:NHK-BS• 尾崎紀世彦(25周年)コンサート(、1995年6月17日)• 尾崎紀世彦コンサート(1996年)• 尾崎紀世彦コンサート'98〜昨日たちの旋律〜(1998年)• 尾崎紀世彦VS前田憲男 Swing in the Night「THE MEN」(他、1999年 - 2003年)- CDに一部収録• 尾崎紀世彦プレミアムコンサート(九州中心に19公演、2010年2月10日 - 3月18日) 他多数 イベント [ ]• '71箱根アフロディーテ(畔 メインステージ、1971年8月7日)- 洋楽カヴァーソング• アキタ・ジャズフェスティバル'95(1995年)-「思い出のグリーングラス」「酒とバラの日々」• 尾崎紀世彦応援ライブ(、2007年5月25日)- カントリー・ソング• ペルー戦 独唱(、2005年5月22日)• の夏巡業初日 南魚沼巡業 (ディスポート南魚沼、2010年8月6日) 客演 [ ]• タンゴモデルナVol. IV「TRAICION〜背信〜」(、2004年3月18日 - 19日)• (ハワイアンのすべて)ファイナル・ビッグコンサート(2005年) 他多数 ミュージカル• 劇団第36回公演 『昨日たちの旋律〜イエスタデイズ・メロディ〜』(3都市、1998年4月9日 - 5月13日) -「365回目の恋」 受賞歴 [ ]• 1971年 - ゴールデン・ミューズ賞(日本フォノグラム 現:主催)音楽賞「また逢う日まで」• 1971年 - 第9回 音楽賞「また逢う日まで」• 1972年 - 国内大会 ファイナリスト「ふたりは若かった」• 1972年 - 第1回東京音楽祭世界大会 第3位入賞「ふたりは若かった」• 1973年 - 第2回東京音楽祭世界大会 銀賞「かがやける愛の日に」• 1973年 - 第2回 スポーツ・芸能部門()• 1980年 - NHK 年間最優秀作品賞「ブルー・スカイ・イン・マイ・ハート」• 1991年 - 第1回記念音楽祭 銅賞「地球に抱かれて」• 2012年 - 特別功労賞• 2013年 - 平成25年大衆音楽の殿堂 顕彰者 音楽博物館 著書・関連著書 [ ]• 『ベーコン野外術』 尾崎紀世彦著(2000年、)p. 165 楽曲注釈 [ ]• 自分のもみ上げのことを「もみ下げ」と呼んでいた。 8 1919 - 藤田繁(藤田彰彦の父)- 発行• 藤田繁は門下生。 - 日本バレエ協会• - Photo Gallery 最初の弟子・藤田繁《ジプシーの恋》• - 青少年のためのバレエコンクール「ザ・バレコン」• Henry Buckingham Lucas 1838 - 1904 (シンガポールの新聞、英語)1904年1月20日、第2頁「DEATH OF A PIONEER」の見出しの死亡記事によると、明治時代の日本の灯台建設に関わった人物で神戸領事館に在籍した。 に眠る。 『』 2012年4月24日• ヒロ・ハワイアンズのサイト閲覧• ジミー時田とマウンテン・プレイボーイズのアルバム『フォーク・ロック・パーティー TOKYO JAMBOREE』 )ジャケット写真に尾崎紀世彦。 食卓ON楽. 2009年5月8日放送. RBB TODAY. 2012年6月1日. 2014年10月7日閲覧。 音楽は恋人 1992 1994 - 1996 1996 - 1998 ・ 1998 - 2005 素晴らしき音楽仲間 我が心のスタンダード 2001 BSあなたが選ぶ映画音楽 2004 2005 みんなの好きなスタンダードジャズ 2006 BS黄金の映画音楽館 2007 - 2008 映画音楽に乾杯! 2010 -「尾崎紀世彦」検索結果一覧。 2008• 前田憲男VS尾崎紀世彦 Swing in the Night「THE MEN」 1999-2003 ジャズライブ - 主催:ニッポン放送• 「ミュージックサプリメントO2」デュオコンサート 2007-2009 - ZAKZAK 2008年6月26日閲覧• 27 2010. 3 - 主催:京都新聞• 尾崎紀世彦を迎えオーケストラとのコラボレーション - 広島交響楽団• 横浜開港150周年記念 アメリカン・ポップス Vo 尾崎紀世彦 - 演奏会アーカイブ• 〜公演中止のお知らせ〜2011年5月8日コンサート -• - スポーツ報知 2012年5月22日閲覧• 2012年9月2日「尾崎紀世彦さんをしのぶ会」において、31日死亡は誤報で 30日が命日である旨実兄から説明があった。 5月30日、がんのため東京都内の病院で死去した。 - 朝日新聞デジタル2012年6月1日閲覧• 舞台照明家・美術家• 出席者画像 - サンケイスポーツ 2012年9月3日閲覧• - 日刊スポーツ 2012年9月2日閲覧• 特別功労賞 尾崎紀世彦• カントリーファンのブログ、カントリーミュージックの掲示板閲覧• 『アナウンサーの独り言』著(1983年、光風社出版)p. 222• - 毎日新聞 2012年6月2日閲覧• - 2008年12月25日放送• - NHKアーカイブス• 主題歌「また逢う日まで」について - NHKドラマアーカイブス• - 産経新聞エナック閲覧• - ZAKZAK 2005年9月3日閲覧• この頃の芸能誌の記事によると朝と晩に髭を剃るほどの濃さであった。 - CDJournal リサーチ 2003年4月9日閲覧• - NHKアーカイブス 1995年9月26日放送• - NHKアーカイブス 2007年6月6日放送(演奏は同メンバー)• - 朝日新聞デジタル 2007年5月23日閲覧• - スポニチ2010年8月7日閲覧• ライブ収録版の一部楽曲を『ソング・マイ・フレンド』2004年10月15日出演時に放送• - NHKアーカイブス 2005年8月7日放送• 外部リンク [ ]• - この項目は、に関連した です。

次の