社労士 試験 ごう かく フォー サイト。 社労士試験の難易度は?合格率や勉強時間・他資格との差まで徹底考察

社労士試験に必要な勉強時間と効率のポイント

社労士 試験 ごう かく フォー サイト

中身を見てみて... 高い合格率の理由に納得しました。 フォーサイトの社労士講座の種類と値段 フォーサイトの社労士講座は、基礎講座、過去問講座、直前対策講座の3本柱です。 バリューセットは各講座がセットになったもので、バリューセット2(基本講座+過去問講座+直前対策)がフルプランです。 基本講座+過去問講座+直前対策のフルパックのバリューセット2で16万円程度です。 もちろん、模擬試験の費用も含まれています。 これだけでも大手資格予備校の半値なのですが、フォーサイトでは キャンペーン割引で10万円くらいになります。 さらに、教育訓練給付制度を使えば受講料の20%がハローワーク(公共職業安定所)から給付されます。 たとえば、10万円の講座を受講したのであれば修了時に2万円給付されます。 つまり、 実質8万円程度で受講できるのです。 これがとても便利です つまり、スマホを持っていれば、いつでもどこでも、社労士講座の講義を受けることができテキストも確認できます。 忙しい方でも通勤やランチなど、ちょっとした隙間時間を学習時間として有効活用できます。 自分にあった学習スケジュールを自動作成できる 独学で勉強したわたしからすると、学習スケジュール機能はすごく便利だと思います。 というのは... 自身の学習可能時間や通勤時間を入力すると、本試験日までの学習期間を考慮した学習スケジュールを自動で作成してくれるという優れものなのです。 テキストを読むのにかかる時間は?問題演習はいつから取り組むの?など、社労士試験の学習内容を知らない人が、効率的な学習スケジュールを組み立てるのは無理です。 独学のわたしが一番困ったことです 社労士試験の全体像がわからないから学習プランを立てられない... これはわたしが受験していた頃に一番苦戦した点です。 それを、学習可能時間や通勤時間を入力するだけで、本試験日までの学習期間から逆算して自分にあったプランニングをしてくれるのですから、とても便利ですよ。 さらに、学習の進捗管理もしてくれる。 道場破りを使えば、講義動画のネット視聴もできるし、確認テストを受けることもできます。 これらすべて履歴が残り、学習スケジュールに反映されるという優れものです。 緻密に計算されたテキスト、問題集もさることながら、学習サポートがとてもよくできています。 フォーサイトの受講生合格率が21. 37%と異常に高い理由の一つだと思います。

次の

社労士試験の難易度は?合格率や勉強時間・他資格との差まで徹底考察

社労士 試験 ごう かく フォー サイト

社労士試験に合格するには?近くには、社労士講座を行っている学校などはありません。 独学では難しいようで、通信講座はどうかとも思います。 現在、会社の社保関係の仕事をを担当し、社労士の資格を取りたいのですが、近くには学校がありません。 仕事が終わってから通うのも、土日に通うことも無理な状況です。 (子供が小さくて・・・)書店で売っている本だけ(独学だけ)では、合格は困難と聞きました。 今年の試験はもちろん間に合いませんので、来年に向けてがんばりたいのですが、教材は、CDよりDVDが良いのでしょうか。 何を重視してテキストを選べばよいでしょうか。 出費はなるべく抑えたいのですが、オススメの教材はありますでしょうか。 主に子供達が寝た後に勉強するつもりでいます。 CDだったら、通勤の車の中でも聞けそうですが、DVDを選んで映像を見ながら勉強したほうがよいのか。 皆さん、宜しくお願いします。 私は通信講座で合格できましたが、みなさんおっしゃるように確かに大変で、学校に通わないとなるとさらに大変です。 でも学校に通えないのであれば、とにかく通信講座にするしかないですね。 CDも、DVDも、教材は形式によって使い分けられます。 といいますかシニュエーションに合わせて、でしょうかね。 CDがあればおっしゃるとおり通勤途中にも勉強できますし、DVDがあれば通えなくても擬似的ですが講義が受けられます。 どちらもあるといいです。 私が受けたフォーサイトの通信講座なら、テキストもCDもDVDもついてきて結構安いので、おすすめかも知れません。 お話からしてあまりまとまった時間を作れなさそうですから、早く理解できるといいと思うので、テキストも大切なポイントに重点を置いていて無駄に範囲が広くなく、早く理解できるわかりやすいのがいいでしょうね。 フォーサイトのテキストはそんな感じでした。 私も仕事しながらなので、結構助かりました。 難易度の感覚は人それぞれ違いますが、独学で合格することは十分可能だと思います。 全く法律的素養が無いにしても企業内で総務のお仕事をされていれば自然とわかることも多いと思いますし、比較的単調でつまらない科目である徴収法も総務の仕事をしていれば自然と身についているはずです。 CDやDVDまでする必要は無いと思いますよ、そもそもDVDなどは理解を促進する為というよりも講義を何度も繰り返し視聴できることが最大のメリットですし、同じ講義を聴くなら教室講義に勝るものはありません、緊張感とか変わりますから(教室講義…聞き逃したら基本そこで終わり。 DVD…後でまた聞けるからいいや)その差は大きい。 あとは単発講座の「法改正」と「一般常識対策」、各種学校の模擬試験1~2回。 模試は必ず復習のこと、模試は最高の予想問題であると自覚しましょう。 通勤中は過去問。 家では通勤中に間違えた過去問の復習。 過去問解くときは自信あるときはA、無いときはB、曖昧なときはCなどのように印を付す。 過去問が100%解けるようにならないと独学組は学校組に対抗できない。 他力本願の奴ら(学校組・通信組)に負けないようにがんばってくださいね。 TAC・LEC・大原など大手資格専門校のDVD・Web通信講座をお薦めします。 講義を収録した動画や音声があれば、テキストの字面だけ読んでも理解不能な専門的な内容をプロの講師が解説してくれます。 Web通信講座ならば、大原の場合は初めからセットでMP3ファイルのダウンロードも可能ですし、TACならばオプションでDLフォローを付けられます。 iPodだとスピードコントロール機能が付いていないので、1. 3~2倍速の間で自由に倍速再生可能なICレコーダーをお薦めします。 例えば1. 宅建ですら全くの初学者が独学では厳しいのに、難関資格の社労士をテキストと問題集のみの独学では途中で挫折します。

次の

①まずは勉強に必要な”教材”を準備する <6ヶ月で社労士試験に合格 準備>

社労士 試験 ごう かく フォー サイト

スポンサーリンク 予想問題・練習問題が不要な理由 予想問題や練習問題は買っても良いです。 買っても良いですが…私は 必要ないと思います。 実際、予想問題などは一切使ったことはありません。 ただ、勉強時間が十分確保できるのであればやってもいいと思いますが、 6ヶ月という短い期間で社労士合格を目指すので、私の勉強では出番がありませんでした。 書店だけでなく、通信講座にも様々な問題集が揃っています。 最初は私も、 どの練習問題を買おうか… どの予想問題を買おうか… どの過去問題集を買おうか… 結構悩みました。 でも、ここで気付いたことがあります。 それなら出題実績のある過去問に注力するほうが、よっぽど効果的だと思います。 過去問の中には、同じ内容の問題が出るケースも多いです。 予想問題より過去問をこなすほうが、正解できる問題の出題率が高いということです。 予想問題はダメというわけではないのですが、6ヶ月で合格を目指すのであれば、できるだけ効率よく勉強を進める必要があります。 というわけで、私が実際にやった勉強では、 過去問のみでOKということです。 模擬試験は効果的 強いて言うなら、試験直前に行われる模擬試験は効果的です。 これは本番と同様の問題数、時間で行われるので、ぶっつけ本番より一度試験の感じを掴むことができます。 模擬試験もあくまで予想問題がでますが、解答ペースや時間の使い方など、得点以外に得られるスキルを身に付けることができます。 最低でも過去5年分 過去問といっても、本がたくさん… またまたどれにしようか迷います。 そこで目安となるのが、 過去何年分の問題が掲載されているのか! というポイントです。 社労士試験の講師の方の話を聞いてみると、 最低でも過去 5年分が良いとのこと! 正直、過去3年だと物足りないです…(4,5年前の問題が出るかもしれない) 私の場合、問題集は過去問を集中的にやっていくので、過去10年分が入っている問題集を買いました。 5年でも良いかなと思いましたが、10年だともっと安心です。 私が実際に使ったのは、 TACの過去問題集 です。 全部で 4冊あります。 ちなみに1冊あたり、 結構重たいです。 買って帰るのであれば体力があるときや車で買いに行くほうがいいです。 もしくは ネットでも買えるので、 Amazonや楽天などで注文しても良いと思います。 テキストと違って内容は決まってますし…何より重たい問題集を運んでくれますしね。

次の