国民 年金 支払 額。 国民年金保険料の額は、どのようにして決まるのか?|日本年金機構

国民年金はいくら払う?国民年金保険料の月平均額・免除・割引について [年金] All About

国民 年金 支払 額

年金は最大でいくら受け取れるのか? 国民年金(老齢基礎年金)の満額は78万1700円 まず、国民年金から支給される老齢基礎年金の受給額についてです。 答えは 「上限あり」。 その額は 78万1700円(令和2年度)です。 国民年金(基礎年金)は日本国内に住所があると、20歳から60歳まで強制的に加入(保険料を支払う)することになります。 その間、滞納や免除期間がない限り、全員がこの満額を受け取ることになりますので、満額というより「定額」といったほうが正しいかもしれません。 年金の満額は毎年変わる この満額は前年の物価や賃金の変動をもとに決まるため、毎年変動しています。 平成16年以降は78万900円を基準として、これに毎年度の物価や賃金の変動を加味した改定率を乗じて計算されています。 ちなみに令和元年度の満額は78万100円でしたから、少し増額になったことになります。 国民年金のスタート時に比べて保険料は110倍、年金額は33倍 では、国民年金がスタートした昭和36年時点での老齢基礎年金の満額はいくらだったか、想像がつきますでしょうか?答えは「2万4000円」です。 一方、保険料はたったの「150円」(35歳未満は100円)だったのです。 令和元年度の保険料は1万6410円ですから、 年金額は約33倍になったのに対し、保険料は約110倍となっています。 年金額の上昇よりも保険料の上昇ぶりが目につきますね。 老齢基礎年金の満額を受け取るための要件 満額を受け取るには、20歳から60歳までの40年間、 1. 保険料を納めている 2. 会社員、公務員であった 3. 第3号被保険者(会社員、公務員の被扶養配偶者)であった のいずれかである必要があります。 この40年間の中で、保険料を滞納もしくは免除されていると、その期間分が減額されます。 ただ、40年の期間が足りない場合、要件はありますが、滞納や免除期間についてさかのぼって納付したり、60歳以降任意加入したりすることにより、満額(に近づける)ことも可能です。 基礎年金額の推移で見えるもの 先ほど、制度スタート時の満額が2万4000円だと説明しました。 その後の推移をみると、 昭和48年 24万円 昭和51年 39万円 昭和55年 50万4000円 と高度経済成長時にかけて満額も大幅アップしていることがわかります。 そして、さらに平成に入っても上昇は続きます。 平成元年 66万6000円 平成6年 78万円 平成11年 80万4200円 この80万4200円というのが、今までの満額の中での最高額となります。 その後、デフレとともに年金額が微減していき、令和2年度の78万1700円という流れになります。 従って、『概ね「78万円」』が老齢基礎年金の満額と言ってもよいでしょう。 老齢厚生年金に満額はない!? 一方、会社員、公務員の皆さんが加入する厚生年金(老齢厚生年金)には満額というものは存在するのでしょうか?老齢厚生年金は、加入期間と加入期間中の平均給料によって決まります。 加入期間が長ければ長いほど、平均給料が高ければ高いほど年金額が多くなる仕組みです。 したがって、「満額」という概念はありません。 ただ、加入期間については70歳という上限がありますし、平均給料についても、月額給料が62万円、1回の賞与が150万円という上限が設けられています。 加入期間とは、「会社員、公務員であった期間」を指します。 極端な話、中学を卒業してから70歳までずっと会社員か公務員で、給料と賞与がずっと上限だというのが「満額」といえるかもしれません(「上限」という言い方が正しいのでしょうが)。 仮に、こういった人がいるとして計算すると、現在の計算方法で年300万円ぐらいになると思われます。 ただ、そんな人はほとんどいないでしょうが……。 そうすると、「満額」という概念は老齢基礎年金にのみあるものといえますね。 【関連記事】•

次の

国民年金の支払い

国民 年金 支払 額

(写真=PIXTA) 「年金」の中には、国で行っているもの、企業で行っているもの、民間で行っているものなどがあります。 今回は、国の制度としての年金(公的年金)について見てみましょう。 公的年金の中には、老後にもらえる「老齢年金」、親や配偶者などの家族を亡くしたときにもらえる「遺族年金」、病気やケガなどで生活に支障が出るときにもらえる「障害年金」の3種類があります。 老齢年金は、さらに老齢基礎年金(国民年金)と老齢厚生年金(厚生年金)にわかれます。 国民年金は20歳から60歳までのすべての人が加入する年金で、会社員や公務員の方は、それに加えて厚生年金・共済年金にも加入しています。 そのほか、確定拠出年金、国民年金基金、付加年金など、希望して保険料を払えば、将来の年金額を増やせるという制度もいくつかあります。 (写真=PIXTA) 国民年金は40年間分の保険料を全額支払うと、65歳から満額の年間77万9,300円が支給されます。 だいたい1ヵ月当たり6万5,000円が受給できる上限ということですね。 国民年金の平均受給額は月5万5,000円 支給される金額は、保険料を支払った期間や支給開始年齢を前後にずらすかどうかによっても変わりますが、平均受給額は月5万5,000円となっています(厚生労働省「平成28年度 厚生年金保険・国民年金事業年報」より)。 厚生年金と国民年金を合わせた平均受給額は月15万円 会社員や公務員の方は、これに加えて厚生年金も受け取ることができます。 厚生年金には、国民年金と違って一律に決められた上限金額がありません。 前述の厚生労働省の年報によると、厚生年金と国民年金を合わせた平均受給額は月15万円となっています。 自分の年収だといくらになりそうか、下の表でチェックしてみましょう。 年金受給額のシミュレーション (写真=PIXTA) 企業に勤めていて、国民年金と厚生年金に加入している40代独身の場合、もらえる年金額の目安は以下のとおりです。 <国民年金と厚生年金に20歳から60歳まで、40年間加入した場合> 在職中の平均月収 国民年金 (老齢基礎年金) 厚生年金 (老齢厚生年金) 合計額 25万円 月額 約6. 5万円 月額 約7. 5万円 月額 約14. 0万円 30万円 月額 約9. 0万円 月額 約15. 5万円 35万円 月額 約10. 5万円 月額 約17. 0万円 40万円 月額 約12. 0万円 月額 約18. 5万円 45万円 月額 約13. 5万円 月額 約20. 0万円 <国民年金と厚生年金に30年間加入した場合> 在職中の平均月収 国民年金 (老齢基礎年金) 厚生年金 (老齢厚生年金) 合計額 25万円 月額 約4. 8万円 月額 約5. 6万円 月額 約10. 5万円 30万円 月額 約6. 7万円 月額 約11. 6万円 35万円 月額 約7. 8万円 月額 約12. 7万円 40万円 月額 約9. 0万円 月額 約13. 9万円 45万円 月額 約10. 1万円 月額 約15. 0万円 自営業や農業などのお仕事をされている方は、国民年金のみになります。 だいたいの年金額を知っておけば、老後の暮らしが年金だけで十分なのか、毎月いくらくらい不足しそうなのかが把握しやすいですよね。 もし「年金だけで暮らすのは難しそう」と思ったら、足りない分は退職金やそれまでの貯金で補うか、老後もほそぼそと続けられる仕事を考えておくなどして、事前に準備しておきましょう。 自分の加入歴や正確な年金額を知りたい場合は、日本年金機構から毎年送られてくる「ねんきん定期便」や「ねんきんネット」をチェックしてみましょう。 しあわせな老後には「年金の知識」が必要! 年金制度は複雑でよく分からないという方も多く、もらえる金額や年齢が法改正などで変わることもあります。 とはいえ、ざっくりとでもいいので、制度の概要やもらえる金額の目安を知っておくことは、安心して老後を迎えるためにとても大切なことです。 お金がなくて苦しい晩年ではなく、穏やかでしあわせな余生を過ごすために、少しずつでも知識とお金を蓄えながら、早めにリタイア後の生活について計画しておきたいですね。 実際にiDeCoを始めてみる iDeCo(個人型確定拠出年金)は「じぶん年金」の決定版であり、老後の資産づくりのための最強の制度です。 iDeCoの魅力はたくさんありますが、特に次の3つが大きな魅力です。 ・税金の面でとても優遇されている ・毎月5千円から始められる ・投資信託の手数料がとても安い 老後に向けた準備としてiDeCoを始めるのに、おすすめのネット証券をご紹介致します。 圧倒的な商品数と無料ロボアドバイザーの利用で自分に合った商品が選べる 創業100年の歴史と実績がある老舗、厳選ラインナップで商品が選びやすい 簡単な質問に答えるだけでポートフォリオを提案してくれるファンドナビが便利 お客様満足度94.

次の

【令和元年度】国民年金保険料はいくら?⇒16,410円!

国民 年金 支払 額

私はサラリーマンで、現在は退職しています。 妻は結構する前に2年半ほど働いており、 厚生年金保険を30ヶ月掛けていました。 その後は専業主婦でしたが、 60歳までの必要月数獲得のために国民年金を30ヶ月掛けていました。 今回65歳になり、年金額決定通知が来て6月から支払いが開始されます。 ここからが質問ですが、 妻の誕生日は4月3日です。 6月分の年金額を検証したいのですが、 方法なり、参考になるサイトなりを教えて下さい。 私が良く分かっていないので、 質問自体が頓珍漢かも知れませんが、 宜しくお願いします。 年金事務所に行けという回答は不要です。 念のため。 詳細な金額を知りたいのなら、もっと詳細で具体的な情報が必要です。 まず、奥さんの年金額が知りたいんですよね? 奥さんは、今年4月3日に65歳になったということでしょうか? ということは、 昭和30年4月3日生まれということですよね? 下記をご覧ください。 奥さんは、60歳から 『老齢厚生年金の報酬比例部分」受給できているはずです。 そのあたり、通知書に何か書かれていませんか? 次に、老齢基礎年金の計算方法は、下記にあります。 20~60歳の間で、何年間保険料を納付していたいかです。 厚生年金の加入期間も含みますし、 ご主人が社会保険に加入していたのであれば、 第3号被保険者 国民年金の扶養制度 の期間も含みます。 大きな差が出そうな部分は、やはり、 60歳以降の老齢厚生年金の報酬比例部分はどうしたのか? といったあたりです。 どうしたのでしょう? 早速細々と有り難うございました。 良く分かりましたし、皆さんの説明で十分納得出来ました。 そもそも聞きたかったことは、何時から本格的に支払いが開始されるかでしたが、 5月からということは分かりました。 かつ、4番の方の回答で、内容も分かりました。 そしてそのとおりになっていました。 サラに皆さんの教えで国民年金の計算もやってみてピッタリでした。 何もかもスッキリしました。 大変お世話になりました。 無知を恥ずかしく思っています。 たいそうお世話になりました。 本来で在れば、皆様お一人ずつにお礼を書くべきですが、 色々に及んでいますので、 まとめてお礼をのべさせて頂きました。 そのため、ベストアンサーも皆様に差し上げるレベルと思われますが、 難しく、このままクローズさせていただきます。 大変お世話になり、深謝です。 上記ご質問文で「年金額決定通知」と書かれているのは、65歳から(5月分から)の年金額(老齢厚生年金+老齢基礎年金)のことだと推測します。 一方、奥様の6月支給分は、4月分の「特別支給の老齢厚生年金」、および5月分の「老齢厚生年金+老齢基礎年金」を足し合わせた金額になるはずです。 奥様の厚生年金分は、加入期間が30か月しかないことから「ホンの少し」だと思われます。 これが「ホンの少し多くなっています」の中味ではありませんか。 ただし、割り切れない端数分があれば、まとめて来年2月支給分に加算されます。 実際に年金受給額を正確に計算して検証されたい場合は、奥様の各年月ごとの標準報酬額をねんきんネットなどで確認されて、下記サイトの方法で計算可能です。 ただ、厚生年金分はちょっと面倒ですので、Excelを使うといいかもしれません。 奥様は、1955年(昭和30年)4月3日生まれということですね? ということは、特別支給の老齢厚生年金の報酬比例部分だけを、60歳から受給なさってはいませんでしたか? この額が、65歳以降の本来の老齢厚生年金の額に相当します。 なお、定額部分(65歳以降の本来の老齢基礎年金に相当)は出ません。 経過的加算額というものが、65歳以降の老齢厚生年金に付くのですが、そのあたり、表記がありませんでしたか? この経過的加算は、定額部分 > 本来の老齢基礎年金 となっている事情から、特別支給の老齢厚生年金の定額部分が出ないかわりに65歳以降の本来の老齢厚生年金に差額として加算しよう、というイメージのものです。 その他、奥さまは国民年金第3号被保険者(サラリーマンであるあなたの健康保険の被扶養配偶者だった期間に相当します)だったときもあると思いますので、奥さま自身で厚生年金保険に加入していた期間(国民年金第2号被保険者期間)と自ら国民年金保険料を納められた期間(国民年金第1号被保険者期間)を合算して、老齢基礎年金の受給のために必要な期間(受給資格期間)の充足の有無や、その老齢基礎年金の額を計算することができます。 老齢厚生年金の額はひとりひとりの被保険者期間や平均標準報酬額によって異なってきます。 したがって、簡単に計算できるような一般的なサイトは存在しません。 しかしながら、奥さまご自身がねんきんネット(日本年金機構)に登録されているならば、ねんきんネットの上で詳細な情報を把握できるはずで、計算方法なども知ることができるはずです。 基本的には、年金支払通知書といいますか、詳細な額が示されたハガキのようなものが届いているはずです。 正直申しあげて、それ以上でもそれ以下でもないのですよね。 そのため、より詳しいことを知りたい場合には、できれば、ねんきんネットを当たっていただいたほうが良いかと思いますよ。 ざっくりと書きましたので、細かい点については若干の差異が含まれている場合もあり得ます。 たいへん恐縮ですが、あらかじめご承知おきいただけますと幸いです。

次の