爬虫類 ケージ。 Wave Creation・Yamada / 爬虫類ケージ・小動物ケージ

爬虫類ケージ【レヨンベールアクア】

爬虫類 ケージ

低価格帯ケージ 数百円〜4000円程度 この価格帯のケージは、基本的には小型種の飼育か生き餌のストックに適したケージです。 サイズに限界がある他、 保温球や暖突の設置が難しいなど、ケージとしては難点を抱えているものも多いです。 必然的に部屋ごとエアコンで温度管理する方向けとなります。 爬虫類専用ケージ以外は、使用する上で何かしらの改造か蓋の自作といった工夫が必要になります。 観賞魚用水槽 熱帯魚用の水槽を爬虫類のケージとして流用することができます。 45cmのガラス製のものが3000円程度で購入できるため経済的です。 また衣装ケースなどと比較し見栄えも良いのも特徴の一つです。 ですが、観賞魚用の水槽に付属している蓋は、ほとんどの場合爬虫類の飼育には不適切です。 通気性が悪く蒸れの原因になるほか、脱走の防止も難しいためです。 爬虫類ケージとして利用する際は別途蓋の用意が必要となります。 こんな場合におすすめ この価格帯のケージはこんな人におすすめです。 エアコンで温度管理をする人• 小型種の一時的な飼育ケージが欲しい人 中価格帯ケージ 5000円〜15000円程度 爬虫類用の専用ケージの多くはこの価格帯から取り扱いがあります。 サイズは色々用意されており、小型〜中型向けまで選べます。 樹上性用の縦長ケージを購入できるのもこの価格帯からです。 商品によっては鍵が設置できるため、ヘビなど脱走の達人の飼育や、小さなお子さんのいる家庭にもおすすめです。 爬虫類用ケージは、爬虫類を怖がらせないよう前開きになっているものが多く、ランプや暖突の使用も視野に入れて設計されたものです。 低価格帯ケージに比べると格段に使いやすくなっています。 こんな場合におすすめ 中価格帯のケージはこんな人におすすめできます。 脱走歴のある個体の飼育をする人• 暖突やランプの設置が必要な人• 前開きのケージが欲しい人 高価格帯ケージ 25000円〜 この価格帯のケージは、おおむね大型爬虫類用の大ケージか、オーダーケージです。 大型生体を入れる前提で設計されているため、それなりの強度が保証されています。 爬虫類専用ケージ(大) 爬虫類専用ケージの最大サイズのものです。 既製品の場合、サイズは幅90cmか120cmが一般的です。 各種オオトカゲやボア系の大蛇は主にこのケージで飼育されます。 ネット通販の場合の価格は• 90サイズは25000円〜• オーダーケージ 既製品では満たせない要求がある場合や、特定動物などの超大型の飼育に使用する場合はオーダーケージが必要となります。 個体の特性に合わせたケージを作ってもらえるほか、痒いところに手が届く自分好みの設計が可能な点が一番の魅力です。 ハンドメイドの品であるためそれなりの費用がかかりますが、既製品では対応しきれない部分をカバーできる点で、費用以上の価値があると言えます。 こんな場合におすすめ この価格帯のケージはこんな人におすすめです。 既製品ではしっくりこない人• 大型〜超大型個体の飼育を検討している人• 凝ったレイアウトで飼育したい人 まとめ 以上、爬虫類飼育ケージの価格帯とそれぞれの特徴をご紹介しました。 基本的に低価格帯のものは強度や保温器具の設置に難があるため、運動量の少ない種をエアコン管理で飼育する方以外は専用ケージでの飼育をおすすめします。 爬虫類に限らず、動物の飼育は道具などの初期費用よりも飼い始めてからの方がお金がかかります。 ケージは大切な生体が一生を過ごす部屋ですので、可能であれば多めに予算を確保し、使いやすく住みよいケージを用意したいですね。 ケージ選び迷った際は、是非今回の記事を見返してみてください。 repiew編集部のオススメのケージはこちら.

次の

爬虫類ケージ【レヨンベールアクア】

爬虫類 ケージ

これから爬虫類の飼育をしようと思っている人は、飼育する品種についての知識を身につけるのはもちろんですが、飼育ケージなどの基本的な清掃方法も身につけておきましょう! 爬虫類を飼育しているケージの掃除前に、別のケージに移すのはもちろんですが、洗剤や除菌アイテムを使う際は成分に注意しなければなりませんし、底材にカビやダニが繁殖しやすいのでこまめな交換が必要になります。 また昼行性・夜行性で掃除のタイミングが異なりますし、テラリウムやビバリウムの掃除は初心者には難易度が高い点も注意しなければなりません。 今回は爬虫類飼育初心者さんへ、爬虫類ケージの清掃方法についてお話ししてきます。 爬虫類ケージの基本的な掃除方法 まずは飼育ケージの基本的な清掃方法についてみていきましょう。 この手順は爬虫類だけでなく、両生類や鳥類などケージで飼育している生物共通の手順ともいえるので、覚えておけば他の生き物の飼育にも応用できますよ。 爬虫類を別のケージに移す まずは飼育ケージから生き物を他のケージに移動させます。 ケージ内に生き物がいる状態で掃除を始めてしまうと、脱走してしまう可能性が高くなりますし、掃除中に引っかかれたり噛みつかれるということもあります。 また生き物が動き回ることでケージのすみにある汚れや細かな汚れを見落としてしまう可能性も。 何より生き物がストレスを強く感じてしまうという点からも、掃除中は事前に用意した別容器に移してあげましょう。 掃除中に避難させる容器は、しっかりと全身が入るものを選びます。 移動させるときに皮膚や目などに異変がないかなどもチェックしておけば、 病気やケガなどの早期発見にもつながりますよ。 爬虫類はカビに弱い品種もいますし、 爬虫類から人間へ感染する菌が繁殖することもある ので、ケージ内だけでなく使用しているアイテムや底材は常に清潔に保ちましょう。 レイアウトアイテムや底材などを取り出す 生き物を移動させたら、ケージ内にある流木などのレイアウトアイテムや隠れ家、底材を取り除きます。 ケージ内を空にすることですみの汚れや、底材の汚れ具合、またフンなどの様子をしっかりと確認することができ、 ケージ内に余計なものがなくなるので掃除もしやすくなります。 ゲージ・レイアウトアイテムを洗う ケージの掃除は使用しているケージの種類によって異なりますが、 水拭きをしてからキッチンペーパーなどで乾拭きしたほうが、汚れがしっかりと落ちやすいです。 また汚れがひどかったり、においがきついといった場合は、市販のメラミンスポンジやペット用のウェットティッシュ、殺菌・消毒効果のあるケージ掃除用の専用スプレーなどを使用するのもおすすめです。 後述しますが、除菌剤などを使用の際は成分やアルコール分を残さないようにしましょう。 シェルターや水差し・餌入れは汚れやすいですし、 インテリア用品も細かな模様の物は汚れが溜まりやすいので、しっかりと掃除しましょう。 細部の汚れは歯ブラシなどを使うと取りやすいです。 また陶器などのような素材の場合は、ただ洗うだけでなく殺菌のために熱消毒(煮沸)を行うとさらに効果的です。 新しい底材を入れレイアウトアイテムなどを再配置する ケージ内やアイテムの掃除が終わりしっかり乾燥させたら、底材を入れアイテムを再配置して、生き物をケージに戻しましょう。 ケージのすみは水滴や汚れなどが溜まってしまいやすいので、水拭きをした場合はしっかりと水滴を取っておくと、カビなどが発生するのを防ぎやすくなりますよ。 素手で掃除を行なったり、爬虫類に触れた後には、雑菌や病原菌が移るのを防ぐためにも、しっかりと殺菌成分のある石鹸で手を洗いましょう! 爬虫類の種類によっては注意したい掃除ポイント 蛇やトカゲは「爬虫類」とひとくくりにされることが多いですが、品種によって特徴はさまざま。 飼育する品種によっては使用できない清掃アイテムがあることを覚えておく必要があります。 除菌・洗剤の成分に注意! ペット用の掃除アイテムは、爬虫類にも使用できるものがありますが、除菌スプレーや洗剤などのアイテムは、 品種によっては使用することができないものもあります。 購入前に飼育している爬虫類に使用できないものを把握しておき、購入時には使用されている成分をしっかりと確認し購入するようにしましょう。 そもそも、爬虫類の飼育ケージに洗剤って使えるの?!とビックリされると思いますが、石鹸を使用する方も中にはいます。 しかしほとんどの方はペット用のウェットティッシュや、ペット用消臭剤をしみこませたペーパーで汚れを拭き取るだけにしています。 むしろ、それすら使わず、メラミンスポンジやブラシと水でこするのみ、という方もいます。 石鹸とペット用消臭(除菌)剤、どちらの掃除法でも共通のポイントがあります。 それは、洗ったり拭き取ったりした後、 石鹸やアルコールの成分がケージに残らないようにすることです。 アルコールは、保温器具やライトを使用する関係で、引火しやすいともいわれています。 石鹸や洗剤を使う場合は、しっかり スポンジでこすりながら濯ぎ、除菌剤やウェットティッシュ(ノンアルコールがほとんどですが…)などを使った後は アルコール分を完全に飛ばしてから戻しましょう。 ペット用の除菌消臭剤もどんどん開発が進んでおり、舐めても安全で、除菌できる細菌の幅が広いものもあります。 夜行性・昼行性で掃除をすべきタイミングは違う! 爬虫類の中には夜行性のものもいるため、飼育している品種の習性をよく知っておかないと、 掃除のタイミングを間違えて強いストレスを当ててしまうことも。 人間でも眠っているときに強制的に起こされると、不機嫌になったりストレスがたまりますよね。 爬虫類も同じなので、なるべく起きているときに掃除を行いましょう。 テラリウ ム・ビバリウムの掃除は難易度が高め! 湿度を好むカエルなどの爬虫類を飼育している人の中には、テラリウムやビバリウムの中で飼育をする人もいますよね。 デザイン性も高くオシャレで一度はこんな環境で飼育したい!と思う人が多いですが、 爬虫類飼育初心者にテラリウムやビバリウムでの飼育はちょっと敷居が高いです。 そもそも植物の飼育もやったことがない、となると爬虫類だけでなく植物の育て方についての知識も必要になります。 また常に湿度が高い環境を維持しなければならないため、一般のケージ飼育よりも雑菌やカビなどが繁殖しやすいという特徴があります。 爬虫類飼育をこれから始める・慣れていない人は、ある程度爬虫類の飼育に慣れて、テラリウムやビバリウムを爬虫類飼育とは別で行って経験を積んでからのほうが、掃除をしっかりと行い清潔な状態を維持しやすくなりますよ。 まとめ :【初心者向き】爬虫類ケージの掃除方法!注意ポイントや除菌についても解説 今回は爬虫類飼育初心者さん向けのケージの掃除方法などについてお話ししました。 爬虫類は不衛生な状態で病気にかかることが多いため、常に清潔な状態を維持しなければなりません。 飼育している爬虫類の特徴や昼行性・夜行性などの特徴もしっかりと把握して、汚れたら都度掃除をしてあげましょう。 しっかりと毎日のお世話を行って、ベストコンディションを維持した長期飼育を目指してくださいね!.

次の

Wave Creation・Yamada / 爬虫類ケージ・小動物ケージ

爬虫類 ケージ

通常見積もり依頼から1〜2日以内に見積もりメールをお送りしていますが、 エラーでメールが返って来てしまう事態が多発しています。 (特に携帯メールアドレスの方) 原因は メールアドレスの入力ミスか ドメイン指定受信(受信拒否設定)の場合がほとんどです。 見積もり依頼から2日以上経っても見積もりメールが届かない場合は上記をご確認の上、再度見積もりフォームよりお問い合わせください。 MTB製オーダーメイドケージの特徴 グレードの高いSPF材を使用 MTB製の木製ケージは(底板以外)SPF材という木材を使用しています。 グレードの高い上質なSPF材を使用することで、反りや歪みを最小限に押さえた木製ケージ製作が可能になりました。 サイズを5mm単位で変更可能 市販されているケージだとサイズが決まっていて設置場所が限られてしまいます。 しかしMTB製の木製ケージは サイズを自由に変更可能で、間取りや設置場所に合わせてジャストサイズの木製ケージを製作可能です。 オプションでカスタム可能 MTB製の木製ケージは基本仕様をベースにオプションを追加する事で環境に応じてカスタム可能です。 フトアゴヒゲトカゲの飼育に必要最低限の仕様となっています。 他の爬虫類でご使用の場合はご要望に応じてフルオーダーメイドも可能ですので気軽にお問合せ下さい。 パーツの在庫状況等により仕様やカラーが変更になる場合があります。 サイズは全て 外寸です。 横幅・奥行きは 5mm単位で変更可能。 高さはSPF材の幅で調整するため希望の高さから変動する場合があります。 上記規格外は別途お見積り致します。 (最大横幅1500mmまで製作可能)• 仕様や価格は予告なく変更する場合があります。 防寒扉に固定用金具は付属しません。 その他ご要望に応じてカスタム可能です。 その他カスタムやフルオーダーメイドは別途お見積り致します。

次の