新宿 ゴールデン 街 地図。 【初心者向け】ディープだけど面白い!「新宿ゴールデン街」のすすめ|JGS

多くの文化人が愛する新宿ゴールデン街の不動産事情

新宿 ゴールデン 街 地図

「歌舞伎町」は怖い場所? 東洋一の歓楽街「歌舞伎町」。 ネオンが煌めくこの街は不夜城とも呼ばれています。 路地にあふれる酔客に、手招くキャバクラやホストクラブの客引きの黒服。 風俗店の妖しげな看板も堂々と輝いています。 東京には数多くの街がありますが、やはり歌舞伎町は最も欲望が渦巻いている街と言えるでしょう。 飲みに、夜遊びにと楽しい街でありますが、同時に治安面でも気になる街でもあります。 注意すべき点や事件の危険性、危ない場所について知っておくと観光に遊びにと役立ちます。 歌舞伎町の治安について まずは歌舞伎町の地図を見てみましょう。 歌舞伎町の場所 歌舞伎町はJR新宿駅の北東側にあります。 靖国通り、明治通り、職安通りに囲まれた一画で、西側に西武線の西武新宿駅、東側には地下鉄の東新宿駅があります。 住所としては南側が「歌舞伎町1丁目」で、北側が「歌舞伎町2丁目」です。 間には「花道通り」があり、雰囲気の異なる南北の街を分けているのです。 喧騒の繁華街「歌舞伎町1丁目」 まずは新宿駅にも近い歌舞伎町1丁目。 こちらは、居酒屋やカラオケ屋が日本一レベルに密集し、週末の夜には飲み会や宴会の酔客と客引きで溢れる、巨大な繁華街です。 最近ではシネコンやアミューズメントやホテルも数多く、観光客でも賑わうエンターテイメントエリアです。 一方で裏側には風俗店が多く、キャバクラやホストクラブなども多く並びます。 まさに絵に描いたような歌舞伎町であり、喧騒で溢れる歓楽街です。 都内最大級のラブホテル街「歌舞伎町2丁目」 一方の北側の歌舞伎町2丁目は静かです。 と言うのもこの地域はラブホテルが密集している、都内最大級のラブホテル街なのです。 ラブホテル街特有の雰囲気であり、人通りも少なく、喧騒で溢れる繁華街とは少し違います。 さて、これら街の雰囲気を元に歌舞伎町の治安についてまとめてみました。 歌舞伎町の治安の良い場所 歌舞伎町の特徴として、周囲の大通りに近いほど治安は良いと言えるでしょう。 新宿駅寄りのセントラルロードや歌舞伎町一番街は歌舞伎町のメインストリート。 旧コマ劇場広場周辺は映画館や大きなホテルなどもあるエリアです。 ここ最近の観光街化は凄まじく、この周辺は歓楽街というよりもエンターテイメントタウンという呼び方が相応しいです。 もちろんに決してきれいな街とは言いませんが、女性や子供さんが歩いても特に問題は無いエリアで楽しむことが出来ます。 周辺部には新宿区役所や大久保病院など公共施設があり、これらに行く時には外側から向かえば、特に危険を感じずに行くことが出来ます。 また、区役所通り沿いも南側は観光街化が進んでいます。 ゴールデン街を中心に人気スポットが集まり、観光客も多いエリアです。 ではつづいては、歌舞伎町の危険さについてみてみましょう。 歌舞伎町の危険な通りは? 一方で、歌舞伎町は 中心部に近づくほど危険な雰囲気が します。 歌舞伎町を真ん中で分ける花道通りを中心に、その周辺はやはり雰囲気がよくありません。 この通りに面した風林会館は、そこの喫茶店では昔暴力団の抗争事件が起こったことで有名ですし。 新宿区役所の脇の「あずま通り」は風俗店や案内所、外国人バーなどが多くあります。 また、「さくら通り」にはもそれらの呼び込みや違法DVDの販売人がしつこく声を掛けてきます。 そして花道通りの北側の歌舞伎町2丁目は東京最大級のラブホテル街です。 ちょっと地図にまとめてみましょう。 歌舞伎町の危険マップ 同じ歌舞伎町でも、東宝ビルより奥に行くとアダルトでアウトロー雰囲気となってきます。 東宝ビルのゴジラ像を目安として、ここよりより奥は危険な街「歌舞伎町」を思い起こすようにしましょう。 女性など治安面や雰囲気を気にする方は、その手前のセントラルロードや歌舞伎町一番街などで留めておくのが無難です。 一方、新宿区役所側からみた場合も、出来るだけ手前の靖国通り沿いの方が安全度は高いと言えるでしょう。 新宿区役所がある上に、文壇バーで有名な新宿ゴールデン街もこちら側。 昔は風林会館付近はあまり近づきたくなかった場所ですが、最近はホテルなどもあるなど観光客も多く訪れています。 全体的に観光地化も進んでいて、その意味でも昔の危険な歌舞伎町とは少し違ってきていると思います。 新宿の治安の注意点 さて、このように観光地化が進む歌舞伎町ですが、実際の事件数から見てみても、やはり治安的には危険な街と言わざるをえません。 歌舞伎町は事件発生数、その遭遇率共に都内の繁華街の中でトップクラスであり、特に暴行や傷害などの割合が多く、また強盗も群を抜いています。 その原因としては路上でのトラブルの他、ぼったくりバーや昏睡強盗による被害が考えられます。 また、美人局のように美しい女性に声を掛けられたら、その女もグルだったというケースもあります。 歌舞伎町浄化作戦の元、歌舞伎町の至る所に注意の張り紙が張ってあるし、スピーカーからもしつこい位に呼び掛けれているのに被害のニュースは後を絶たないんですよね。 頭では分かっていても、欲望の大きさとは怖いもので、呑んだ後にポン引きに引っかかるとお酒の気持ち良さもあってついつい付いて行ってしまうのでしょう。 これらの危険は 客引きや怪しい人に付いていかない という対策が全てであり、自分自身にかかっています。 たしかに歌舞伎町は治安が良い街とは言えません。 しかし現在は防犯カメラが街中を見張っているなど、路上の危険性は少なくなっています。 道を歩いていていきなり殴られるなんてことは ほぼ なく、それよりも自分でトラブルに巻き込まれないように注意するほうがよっぽど大切なのです。

次の

2020年 新宿ゴールデン街へ行く前に!見どころをチェック

新宿 ゴールデン 街 地図

adobe. com 戦後から再開発されることなく、そのままの姿を残し続けてきた「新宿ゴールデン街」。 路地に木造建築がひしめき合う独特の様相や集う人々の生み出す活気に、今も新宿ゴールデン街を愛してやまない文化人は数多くいます。 今回は、新宿ゴールデン街の不動産事情について簡単に解説します。 新宿ゴールデン街とは? 新宿ゴールデン街とは、東京都新宿区の一角にある飲食店街のことです。 小さな飲み屋が280店舗ほど軒を並べており、その独特の雰囲気に国内のファンはもちろんこと、海外から外国人観光客が訪れることも多いスポットです。 新宿ゴールデン街の魅力には、さながら昔の映画のような情緒あふれる昭和の空気感があります。 店舗の多くは木造建築で、細い路地を挟んで並んでいます。 小説家や俳優、映画監督、ジャーナリストなど、数多くの文化人が新宿ゴールデン街の虜になり、足しげく通っていたことは有名です。 バブル期の地上げと戦った新宿ゴールデン街 闇市を起源とする飲み屋街の多くは、戦後の再開発や区画整備によって地図上から姿を消しました。 そんな中で、新宿ゴールデン街は店主たちの団結力と街を愛する人々の熱意によって、令和の現代まで維持されてきたのです。 バブル期には地価の高騰とともに土地開発(地上げ)が増加しました。 しかし店主たちが「新宿花園・ゴールデン街を守ろう会」を発足し、地上げ対策として自警団を結成。 度重なる火災に見舞われても店の焼け跡に椅子を並べて露店を出すなど、粘り強く地上げに抗い続けました。 結果的に、バブルの崩壊とともに地上げの熱は冷め、新宿ゴールデン街は戦後そのままの姿を現代に引き継ぐこととなったのです。 その後、1990年代後半になると200軒以上あった店舗が140軒に減少し、危機と呼べる時期も訪れました。 しかし店主組合が中心となってインフラ整備に力を入れ、再び新宿ゴールデン街に活気を取り戻します。 最近では、新宿ゴールデン街に憧れた若い経営者が店舗を経営するようになり、新旧混在する新たな街の雰囲気が生まれつつあります。 新宿ゴールデン街の土地を入手するのは困難を極める 新宿ゴールデン街の土地は非常に人気があり、入手するのは並大抵のことではありません。 細かな区画に分かれているうえ、多くの権利者がおり、権利者不明の土地もたくさんあります。 登記情報も正確とはいいがたく、登記上の土地の所有者に認識がなかったり、登記簿上は亡くなった方の名義になっていたりと、複雑極まりない状況です。 今もなお、多くの人々を惹きつける新宿ゴールデン街。 どうしても土地を入手したいと思うなら、足しげく通うことで糸口が見つかるかもしれません。 【あなたにオススメ】 ・ ・ ・ ・ ・•

次の

新宿ゴールデン街

新宿 ゴールデン 街 地図

adobe. com 戦後から再開発されることなく、そのままの姿を残し続けてきた「新宿ゴールデン街」。 路地に木造建築がひしめき合う独特の様相や集う人々の生み出す活気に、今も新宿ゴールデン街を愛してやまない文化人は数多くいます。 今回は、新宿ゴールデン街の不動産事情について簡単に解説します。 新宿ゴールデン街とは? 新宿ゴールデン街とは、東京都新宿区の一角にある飲食店街のことです。 小さな飲み屋が280店舗ほど軒を並べており、その独特の雰囲気に国内のファンはもちろんこと、海外から外国人観光客が訪れることも多いスポットです。 新宿ゴールデン街の魅力には、さながら昔の映画のような情緒あふれる昭和の空気感があります。 店舗の多くは木造建築で、細い路地を挟んで並んでいます。 小説家や俳優、映画監督、ジャーナリストなど、数多くの文化人が新宿ゴールデン街の虜になり、足しげく通っていたことは有名です。 バブル期の地上げと戦った新宿ゴールデン街 闇市を起源とする飲み屋街の多くは、戦後の再開発や区画整備によって地図上から姿を消しました。 そんな中で、新宿ゴールデン街は店主たちの団結力と街を愛する人々の熱意によって、令和の現代まで維持されてきたのです。 バブル期には地価の高騰とともに土地開発(地上げ)が増加しました。 しかし店主たちが「新宿花園・ゴールデン街を守ろう会」を発足し、地上げ対策として自警団を結成。 度重なる火災に見舞われても店の焼け跡に椅子を並べて露店を出すなど、粘り強く地上げに抗い続けました。 結果的に、バブルの崩壊とともに地上げの熱は冷め、新宿ゴールデン街は戦後そのままの姿を現代に引き継ぐこととなったのです。 その後、1990年代後半になると200軒以上あった店舗が140軒に減少し、危機と呼べる時期も訪れました。 しかし店主組合が中心となってインフラ整備に力を入れ、再び新宿ゴールデン街に活気を取り戻します。 最近では、新宿ゴールデン街に憧れた若い経営者が店舗を経営するようになり、新旧混在する新たな街の雰囲気が生まれつつあります。 新宿ゴールデン街の土地を入手するのは困難を極める 新宿ゴールデン街の土地は非常に人気があり、入手するのは並大抵のことではありません。 細かな区画に分かれているうえ、多くの権利者がおり、権利者不明の土地もたくさんあります。 登記情報も正確とはいいがたく、登記上の土地の所有者に認識がなかったり、登記簿上は亡くなった方の名義になっていたりと、複雑極まりない状況です。 今もなお、多くの人々を惹きつける新宿ゴールデン街。 どうしても土地を入手したいと思うなら、足しげく通うことで糸口が見つかるかもしれません。 【あなたにオススメ】 ・ ・ ・ ・ ・•

次の