高速 バス ネット キャンセル。 よくある質問

コンビニ券払戻サービス:高速バスネット

高速 バス ネット キャンセル

福岡 区間 6月 7月 8月 --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- 1 低価格 最大のメリットは、何と言っても料金が安いことです。 東京 - 大阪間の片道料金を、高速バス・飛行機・鉄道の交通機関で比較してみました。 さらに、バス便数の多い路線では、最安値から最高値の料金幅も1万円以上あり、格安便から高級な個室型のバス便までニーズに合わせて幅広い選択肢があることも特徴のひとつです。 2 アクセスが良い 高速バスとは? 「高速バス」とは「新高速乗合バス」のことです。 主に、高速道路・自動車専用道路を利用して、都市間の移動をする「乗合バス」と、都市と都市または観光地間の移動をする「貸切バス」のことを指します。 バス比較なびでは、空港と都市部の主要駅を結ぶ「空港リムジンバス」も高速バスとして掲載しています。 昼行便、夜行便って? 昼行便 朝・昼・夕方に出発し、その日のうちに目的地に到着する高速バスのことを指します。 近距離路線に多く見られます。 夜行便 夕方から夜中に出発し、車中泊をして、翌朝に目的地に到着する高速バスのことを指します。 中・長距離路線に多く見られ「夜行バス」とも呼ばれています。 予約は必要? 中・長距離路線の場合は乗車券を事前に予約・購入してから乗車する便がほとんどです。 高速バスは法律によりシートベルトの着用が義務付けられており、座席数以上の乗車はできません。 予約時に座席の指定ができる予約サイトも増えていますので、あらかじめ予約・購入してから乗車されることをおすすめします。 近距離路線では、一般の路線バスのように予約が無くても交通系ICカード(SuicaやPASMOなど)や現金、回数券で乗車できる路線が多くあります。 ただし、乗りたいバスが満席だった場合は次のバスを待つことになります。 クレジットカード決済 予約と同時に決済されるため、お急ぎの場合は特に便利です。 コンビニ決済 予約後にコンビニ店頭で支払えます。 銀行決済(振込・引き落とし) ゆうちょ銀行や都市銀行、ネットバンクなどから支払えます。 その他 Yahoo! ウォレット決済、auかんたん決済、予約サイトのポイント制度を使う等々、様々な支払方法が用意されています。 電話予約、窓口予約の場合 基本的には現金決済ですが、クレジットカードが利用できることもあります。 領収書について 予約・販売サイト及びバス会社と、乗車券の支払い方法によって発行される方法が異なります。 メールやFAXで領収書発行依頼をして郵送される場合には、別途手数料が必要になる場合もあります。 領収書の受け取り方法は、事前に予約・販売サイトやバス会社に確認しておくと良いでしょう。 インターネット予約の場合 クレジットカード決済、 銀行決済、キャリア決済など 会員一人ひとりの専用ページ(マイページや会員ページなどと呼ばれています)に領収書発行ボタンが設置されていて、帳票を印刷できることが多いです。 コンビニ決済 レジでの料金お支払い時に領収書が発行されます。 窓口や券売機でお支払いの場合 乗車券購入時に窓口や券売機で発行されます。 乗車券の種類 トランクに預けられる荷物の目安 総重量 30kg以内 総容積 概ね3辺の合計150cm以内 個数 基本的に1人1つ• バス会社によって異なります。 乗客全員分のスペースがある訳ではありません。 コンパクト化に協力しましょう。 基本的に車内に持ち込んだ荷物や手まわり品は、紛失・盗難、棄損があった場合でも自己責任となります。 貴重品の扱いにはご注意を!• トランクの無い車両もありますので、予約・販売サイト及びバス会社サイトで確認しましょう。 バス停・バスターミナルについて バスタ新宿のような巨大高速バスターミナル、鉄道駅のバスターミナル、一般幹線道路脇の停留所、高速道路の本線車道上やパーキングエリア・サービスエリアまたはインターチェンジに設けられているバス停等々、乗り場には様々な形態があります。 乗車日当日に慌てないよう、乗車地・降車地とも、バス乗車前に詳細を確認しておきましょう。 安全性について 多くのバス会社が、事故を未然に防ぐためにさまざまな取り組みを行ない、安全対策を強化しています。 バスを選ぶ際には、価格面だけではなく安全で信頼できるバス会社を選びましょう。 各社の安全への取り組みは、会社ウェブサイトで公開されていることが多いので、予約前にチェックしてみましょう。

次の

コンビニ券払戻サービス:高速バスネット

高速 バス ネット キャンセル

福岡 区間 6月 7月 8月 --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- --- 1 低価格 最大のメリットは、何と言っても料金が安いことです。 東京 - 大阪間の片道料金を、高速バス・飛行機・鉄道の交通機関で比較してみました。 さらに、バス便数の多い路線では、最安値から最高値の料金幅も1万円以上あり、格安便から高級な個室型のバス便までニーズに合わせて幅広い選択肢があることも特徴のひとつです。 2 アクセスが良い 高速バスとは? 「高速バス」とは「新高速乗合バス」のことです。 主に、高速道路・自動車専用道路を利用して、都市間の移動をする「乗合バス」と、都市と都市または観光地間の移動をする「貸切バス」のことを指します。 バス比較なびでは、空港と都市部の主要駅を結ぶ「空港リムジンバス」も高速バスとして掲載しています。 昼行便、夜行便って? 昼行便 朝・昼・夕方に出発し、その日のうちに目的地に到着する高速バスのことを指します。 近距離路線に多く見られます。 夜行便 夕方から夜中に出発し、車中泊をして、翌朝に目的地に到着する高速バスのことを指します。 中・長距離路線に多く見られ「夜行バス」とも呼ばれています。 予約は必要? 中・長距離路線の場合は乗車券を事前に予約・購入してから乗車する便がほとんどです。 高速バスは法律によりシートベルトの着用が義務付けられており、座席数以上の乗車はできません。 予約時に座席の指定ができる予約サイトも増えていますので、あらかじめ予約・購入してから乗車されることをおすすめします。 近距離路線では、一般の路線バスのように予約が無くても交通系ICカード(SuicaやPASMOなど)や現金、回数券で乗車できる路線が多くあります。 ただし、乗りたいバスが満席だった場合は次のバスを待つことになります。 クレジットカード決済 予約と同時に決済されるため、お急ぎの場合は特に便利です。 コンビニ決済 予約後にコンビニ店頭で支払えます。 銀行決済(振込・引き落とし) ゆうちょ銀行や都市銀行、ネットバンクなどから支払えます。 その他 Yahoo! ウォレット決済、auかんたん決済、予約サイトのポイント制度を使う等々、様々な支払方法が用意されています。 電話予約、窓口予約の場合 基本的には現金決済ですが、クレジットカードが利用できることもあります。 領収書について 予約・販売サイト及びバス会社と、乗車券の支払い方法によって発行される方法が異なります。 メールやFAXで領収書発行依頼をして郵送される場合には、別途手数料が必要になる場合もあります。 領収書の受け取り方法は、事前に予約・販売サイトやバス会社に確認しておくと良いでしょう。 インターネット予約の場合 クレジットカード決済、 銀行決済、キャリア決済など 会員一人ひとりの専用ページ(マイページや会員ページなどと呼ばれています)に領収書発行ボタンが設置されていて、帳票を印刷できることが多いです。 コンビニ決済 レジでの料金お支払い時に領収書が発行されます。 窓口や券売機でお支払いの場合 乗車券購入時に窓口や券売機で発行されます。 乗車券の種類 トランクに預けられる荷物の目安 総重量 30kg以内 総容積 概ね3辺の合計150cm以内 個数 基本的に1人1つ• バス会社によって異なります。 乗客全員分のスペースがある訳ではありません。 コンパクト化に協力しましょう。 基本的に車内に持ち込んだ荷物や手まわり品は、紛失・盗難、棄損があった場合でも自己責任となります。 貴重品の扱いにはご注意を!• トランクの無い車両もありますので、予約・販売サイト及びバス会社サイトで確認しましょう。 バス停・バスターミナルについて バスタ新宿のような巨大高速バスターミナル、鉄道駅のバスターミナル、一般幹線道路脇の停留所、高速道路の本線車道上やパーキングエリア・サービスエリアまたはインターチェンジに設けられているバス停等々、乗り場には様々な形態があります。 乗車日当日に慌てないよう、乗車地・降車地とも、バス乗車前に詳細を確認しておきましょう。 安全性について 多くのバス会社が、事故を未然に防ぐためにさまざまな取り組みを行ない、安全対策を強化しています。 バスを選ぶ際には、価格面だけではなく安全で信頼できるバス会社を選びましょう。 各社の安全への取り組みは、会社ウェブサイトで公開されていることが多いので、予約前にチェックしてみましょう。

次の

全国の高速バス・夜行バスの予約!格安・最安値情報【バス比較なび】

高速 バス ネット キャンセル

本規約は、ウェルネット株式会社(以下「運営会社」といいます。 )が提供する高速バス乗車券の払戻サイト(以下「当サイト」といいます。 )をご利用いただくお客さま(以下「利用者」といいます。 )との間に適用されます。 ご利用される利用者は本規約に同意したものとして、乗車券の払戻サービスを行います。 (対象となる乗車券) 第1条 当サイトで払戻できる乗車券は、次の各号に定める乗車券です。 ローソン、ファミリーマート、セブン-イレブン、ミニストップで購入した乗車券• 運営会社の販売サイトでクレジット決済した乗車券• 運営会社の販売サイトで予約し、コンビニで支払った乗車券 (利用者の負担) 第2条 当サイトのご利用にあたり、利用者はバス会社の運送約款に定める乗車券の払戻手数料のほか、次の各号に定める料金は利用者の負担となります。 払戻乗車券等の運営会社までの送料• 振込事務手数料 500円(予約1件につき:税別) 2 前項の料金は、運休等により払戻手数料を収受しない場合でも利用者の負担となります。 (ご利用条件) 第3条 当サイトのご利用条件は、次の各号によります。 払戻する乗車券の券面記載の指定時刻までに、払戻情報が当サイトのコンピューターへ到着するよう送信願います。 往復券の場合は、使用開始前で往路券の指定時刻までに、払戻情報が当サイトのコンピューターへ到着するよう送信願います。 なお、往路券又は復路券のみの払戻はできません。 人員、利用便、区間等の変更はできません。 払戻後の再購入となります。 (提供時間等) 第4条 当サイトの提供時間は、午前5時から翌日の午前1時までとします。 ただし、当サイトの稼動状態を良好に保つため、利用者に事前の通知なく、当サイトの提供を停止することがあります。 2 前項により当サイトを停止した場合、利用者がいかなる不利益・損害を被っても、これらについて運営会社は一切の責任を負わないものとします。 (利用者の禁止事項) 第5条 利用者は、当サイトの利用にあたって、次の各号の行為を行ってはならないものとします。 当サイト又は運営会社に損害を与え又は与えるおそれのある行為• バス会社又は第三者に迷惑、不利益を与え又は与えるおそれのある行為• その他、当サイトが不適切と判断する行為 (責任の範囲/免責) 第6条 運営会社は、当サイトに関連する不具合に関して誠意ある対応を行い問題の解決に努力をしますが、責任・保証は一切行うことをしません。 2 購入された乗車券の運送契約及びバスの運行等に関する事項については、運行するバス会社が利用者に対して責任を負うものであり、 運営会社は、一切利用者に対して対応をせず、また責任を負いません。 3 利用者は、当サイトを利用するにあたり、必要な暗号処理がなされていた場合においても必ずしも安全でないことを了承するものとします。 4 運営会社は、利用者が当サイトを利用することで、当サイトの不備・欠陥に起因せずして損害を被ったとしても、一切の責任を負わないものとします。 (アクセスの制限等) 第7条 運営会社は、当サイトの運営に関し、必要と認める場合、運営会社の裁量において、当サイトへのアクセスを制限することがあります。 2 運営会社は、次の各号に該当する場合、利用者に事前に通知することなく当サイトの運営を中止・中断できるものとします。 当サイトのシステムの保守を定期的に又は緊急に行う場合• 戦争、暴動、騒乱、労働争議、地震、噴火、洪水、津波、火災、停電その他の非常事態により、当サイトの提供が通常通りできなくなった場合• その他、運用上あるいは技術上当社が各サービスの一時中断、若しくは、停止が必要であるか、又は当サイトが各サービスの提供が困難と判断した場合 (権利の帰属) 第8条 当サイトを構成するすべてのプログラム、ソフトウェア、サービス、手続き、商標及び商号並びに当サイトにより提供されるサービス等及びそれに付随する技術全般に関する権利は、 当サイトに帰属するものであり、利用者は、これらの権利を侵害する行為を一切行ってはならないものとします。 (質問等の受付) 第9条 当サイトの払戻サービスに関する質問、苦情、ご意見等に関するお問い合せは、次の箇所にて承ります。 なお、乗車券、乗り場、運行バス会社及び高速バスの運行等については、関係するバス会社にお尋ね下さい。 お問い合せ先:ウェルネット株式会社• 東京都千代田区内幸町1丁目1-7• E-mail:buscon well-net. jp (個人情報) 第10条 当サイトで扱う個人情報については、別途定める運営会社の「個人情報保護方針」に準ずるものとします。 (管轄裁判所) 第11条 利用者は、当サイトに関連して、利用者と運営会社との間で紛争が生じた場合には、東京地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とすることに合意します。 附則 本規約は、平成24年4月20日から有効とします。 本規約は、平成25年3月12日から一部を改定します。 本規約は、平成26年4月1日から一部を改定します。 本規約は、平成28年4月1日から一部を改定します。 本規約は、平成30年12月1日から一部を改定します。

次の