またの機会に。 「また機会があれば」は脈なし?

「機会があれば」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例

またの機会に

「またの機会に」はビジネスで欠かせない ビジネスシーンでよく使われる言葉の一つが「またの機会に」ですが、ビジネスではどのように用いられているのでしょうか? やんわりと断るときのベストワード 社会人になると仕事関係でビジネスの勧誘はもちろん、仕事に絡むイベントや食事に一方的に誘われることもあることでしょう。 自分が前向きに考えているなら話は別ですが、仕事での立場や上下関係を考えると、仕方なく「OK」の返事を出してしまうことも考えられます。 「またの機会は」大切なビジネスシーンにおいて相手に角が立たず失礼のないように断るときに威力を発揮します。 「またの機会に」の言葉の裏には「今回は無理です」という「申し訳ない」気持ちの他、日にちや事項を明らかにしないことで、目下の状況から離れるための言葉として上手に機能します。 やんわりと相手に断る時のベストワードが「またの機会に」なのです。 「またとない機会」は意味が異なる ちなみに似た言葉で「またとない機会」がありますが、「またの機会」とは意味が異なるため使い分けに注意が必要です。 「またとない機会」は「もう二度とないチャンス」という意味です。 広く言えば「絶好の機会」「ちょうどよい時期」「ベストのタイミング」「最高のチャンス」を表しています。 四字熟語の「千載一遇」を使って「千載一遇のチャンス」と表現しても良いでしょう。 「またとない機会」は折がよく頃合いがちょうどよいピッタリの時期であり、「またの機会に」とは意味が異なります。 職場や仕事先で混同しないように留意しましょう。 ビジネスメールの敬語を使った返信例 それではビジネスメールで使われる「またの機会に」の例文を敬語に気を付けながら挙げていきましょう。 「またの機会にぜひお願いいたします」の使い方 ビジネスでの訪問日の調整や商談の日にち設定など幅広く使うことができます。 「急ぎではないが未来のいつかにお願いできれば問題ない」という時にちょうどよい言葉でしょう。 「本日は予定が詰まっており訪問することができません」 「承知しました。 またの機会にぜひお願いいたします」 「機会がありましたら是非お願いいたします 」の使い方 「今の状況下では厳しいが今後チャンスがあればお願いしたい」という時に使います。 この場合は「是非」が「お願いします」を強調しているため、「もし機会があれば」と相手の状況を考慮しながらお願いするさまがうかがわれます。 「保険の新商品が出ました。 訪問させていただいてもよろしいでしょうか?」 「機会がありましたら是非お願いいたします」 「またの機会をお待ちしております 」の使い方 「次のチャンスを心から願っている」「今度の機会を待ち望んでいる」という時に使われます。 「またの機会にお願いします」という「依頼の表現」ではなく「またの機会をお待ちしています」という自主的な感情が表れているため、丁寧でかつ脈のある言葉であると言えるでしょう。 「今回はすべて売り切れとなってしまいました」 「それでは、またの機会をお待ちしております」 「またの機会を楽しみにしております 」の使い方 「次の機会が来るのが楽しみです」という時に使いましょう。 相手もこの言葉を受けて嬉しい気持ちになるに違いありません。 「弊社で食事会、参加できないということで承知しました」 「またの機会を楽しみにしております。 どうぞよろしくお願いいたします」 恋愛で脈なし?傷つけない断り方 「またの機会に」は恋愛でのやりとりでもよく使われる言葉です。 おおむね「断り」の連絡をする際に登場しますが、どのような意味が隠れているのでしょうか? 「またの機会に」は社交辞令 恋愛で勝つも負けるも人生のうちです。 相手を思いやる気持ち、傷つけたくない気持ちがあるからこそ「またの機会に」という言葉があることを理解しておきましょう。 デートや食事の約束をしようとメールで連絡を取った時「またの機会に」という言葉が返ってきたら、それは今回は用事でダメだということではなく、残念ながら「ごめんんさい」の意味であることがほとんどのようです。 もし相手に好意があって、今回は用事があってどうしても誘いを断らなくてはならない場合、おそらく「今回は用事があるので、来週はどうですか?」という前向きな返信が来るに違いありません。 今回は「脈なし」ということで受け止めたほうが良いでしょう。 「またの機会に」に返信すると? それでも「またの機会に」という言葉にめげず「それでは、いつがいいですか?」と返信したとしましょう。 すると心を強打されたような残酷なメッセージが返ってくる可能性があります。 「あなたに興味がありません」 「他に好きな人がいます」 相手は「またの機会に」という社交令を使って断っているのに「全く理解していない」と思い「それなら正直に」と事の真相を明らかにするメッセージを送ることがあります。 恋愛は楽しいものであり、かつ残酷であるものなのです。 恋愛における「またの機会に」は社交辞令でお断りの表現になることがほとんどです。 現在恋愛中の方は傷口を広げないように言葉の裏に隠されている意味をくみとるようにしましょう。 「またの機会に」の類語は? つづいて「またの機会に」の類語をみてみましょう。 「ものごとを取りやめにする」という意味の類語 「またの機会に」は「目下のところ状況により行動を取りやめる」「今の段階では導入しない」という意義があります。 類語にあたる言葉は「今回は見送る」「次の機会に」などになるでしょう。 「追加発注の件、どうなりましたか?」 「今回は見送ることといたします。 よろしくお願いいたします。 」 状況によっては「今回は見送る」という言葉がストレートに響く場合もあるでしょう。 相手や立場に合わせて適切な類語を使い分けるようにしましょう。 「またの機会に」を英語で何という? 最後は「またの機会に」の英語表現についてです。 中国語表現も交えて紹介しましょう。 英語では「another time」 「またの機会に」の英語はとてもシンプルです。 「another time」「another chance」「another occasion」などを使いましょう。 Hopefully another chance! Maybe another time! またの機会にぜひ! 中国語では「下次有机会再说」 ちなみに中国語で「またの機会に」は「下次有机会再说」となりビジネスメールや日常会話で広く使われています。 多彩になるつつある日本での社会生活に役立ててみて下さい。 まとめ 恋愛における「またの機会に」は残念ながら社交辞令で「ごめんなさい」の意味であることが多いですが、ビジネスシーンでは状況によって「心から待っている」という意味を含むこともあるようです。 言葉は受け取る側の気持ちや感情によってもカタチを変える不思議なツールです。 ことに「またの機会に」は相手の心理や考えを見抜いて言葉の意味をくみとる努力が必要のようです。

次の

「またとない機会」の意味と使い方・類語・敬語・漢字|ビジネス

またの機会に

「またの機会に」はビジネスで欠かせない ビジネスシーンでよく使われる言葉の一つが「またの機会に」ですが、ビジネスではどのように用いられているのでしょうか? やんわりと断るときのベストワード 社会人になると仕事関係でビジネスの勧誘はもちろん、仕事に絡むイベントや食事に一方的に誘われることもあることでしょう。 自分が前向きに考えているなら話は別ですが、仕事での立場や上下関係を考えると、仕方なく「OK」の返事を出してしまうことも考えられます。 「またの機会は」大切なビジネスシーンにおいて相手に角が立たず失礼のないように断るときに威力を発揮します。 「またの機会に」の言葉の裏には「今回は無理です」という「申し訳ない」気持ちの他、日にちや事項を明らかにしないことで、目下の状況から離れるための言葉として上手に機能します。 やんわりと相手に断る時のベストワードが「またの機会に」なのです。 「またとない機会」は意味が異なる ちなみに似た言葉で「またとない機会」がありますが、「またの機会」とは意味が異なるため使い分けに注意が必要です。 「またとない機会」は「もう二度とないチャンス」という意味です。 広く言えば「絶好の機会」「ちょうどよい時期」「ベストのタイミング」「最高のチャンス」を表しています。 四字熟語の「千載一遇」を使って「千載一遇のチャンス」と表現しても良いでしょう。 「またとない機会」は折がよく頃合いがちょうどよいピッタリの時期であり、「またの機会に」とは意味が異なります。 職場や仕事先で混同しないように留意しましょう。 ビジネスメールの敬語を使った返信例 それではビジネスメールで使われる「またの機会に」の例文を敬語に気を付けながら挙げていきましょう。 「またの機会にぜひお願いいたします」の使い方 ビジネスでの訪問日の調整や商談の日にち設定など幅広く使うことができます。 「急ぎではないが未来のいつかにお願いできれば問題ない」という時にちょうどよい言葉でしょう。 「本日は予定が詰まっており訪問することができません」 「承知しました。 またの機会にぜひお願いいたします」 「機会がありましたら是非お願いいたします 」の使い方 「今の状況下では厳しいが今後チャンスがあればお願いしたい」という時に使います。 この場合は「是非」が「お願いします」を強調しているため、「もし機会があれば」と相手の状況を考慮しながらお願いするさまがうかがわれます。 「保険の新商品が出ました。 訪問させていただいてもよろしいでしょうか?」 「機会がありましたら是非お願いいたします」 「またの機会をお待ちしております 」の使い方 「次のチャンスを心から願っている」「今度の機会を待ち望んでいる」という時に使われます。 「またの機会にお願いします」という「依頼の表現」ではなく「またの機会をお待ちしています」という自主的な感情が表れているため、丁寧でかつ脈のある言葉であると言えるでしょう。 「今回はすべて売り切れとなってしまいました」 「それでは、またの機会をお待ちしております」 「またの機会を楽しみにしております 」の使い方 「次の機会が来るのが楽しみです」という時に使いましょう。 相手もこの言葉を受けて嬉しい気持ちになるに違いありません。 「弊社で食事会、参加できないということで承知しました」 「またの機会を楽しみにしております。 どうぞよろしくお願いいたします」 恋愛で脈なし?傷つけない断り方 「またの機会に」は恋愛でのやりとりでもよく使われる言葉です。 おおむね「断り」の連絡をする際に登場しますが、どのような意味が隠れているのでしょうか? 「またの機会に」は社交辞令 恋愛で勝つも負けるも人生のうちです。 相手を思いやる気持ち、傷つけたくない気持ちがあるからこそ「またの機会に」という言葉があることを理解しておきましょう。 デートや食事の約束をしようとメールで連絡を取った時「またの機会に」という言葉が返ってきたら、それは今回は用事でダメだということではなく、残念ながら「ごめんんさい」の意味であることがほとんどのようです。 もし相手に好意があって、今回は用事があってどうしても誘いを断らなくてはならない場合、おそらく「今回は用事があるので、来週はどうですか?」という前向きな返信が来るに違いありません。 今回は「脈なし」ということで受け止めたほうが良いでしょう。 「またの機会に」に返信すると? それでも「またの機会に」という言葉にめげず「それでは、いつがいいですか?」と返信したとしましょう。 すると心を強打されたような残酷なメッセージが返ってくる可能性があります。 「あなたに興味がありません」 「他に好きな人がいます」 相手は「またの機会に」という社交令を使って断っているのに「全く理解していない」と思い「それなら正直に」と事の真相を明らかにするメッセージを送ることがあります。 恋愛は楽しいものであり、かつ残酷であるものなのです。 恋愛における「またの機会に」は社交辞令でお断りの表現になることがほとんどです。 現在恋愛中の方は傷口を広げないように言葉の裏に隠されている意味をくみとるようにしましょう。 「またの機会に」の類語は? つづいて「またの機会に」の類語をみてみましょう。 「ものごとを取りやめにする」という意味の類語 「またの機会に」は「目下のところ状況により行動を取りやめる」「今の段階では導入しない」という意義があります。 類語にあたる言葉は「今回は見送る」「次の機会に」などになるでしょう。 「追加発注の件、どうなりましたか?」 「今回は見送ることといたします。 よろしくお願いいたします。 」 状況によっては「今回は見送る」という言葉がストレートに響く場合もあるでしょう。 相手や立場に合わせて適切な類語を使い分けるようにしましょう。 「またの機会に」を英語で何という? 最後は「またの機会に」の英語表現についてです。 中国語表現も交えて紹介しましょう。 英語では「another time」 「またの機会に」の英語はとてもシンプルです。 「another time」「another chance」「another occasion」などを使いましょう。 Hopefully another chance! Maybe another time! またの機会にぜひ! 中国語では「下次有机会再说」 ちなみに中国語で「またの機会に」は「下次有机会再说」となりビジネスメールや日常会話で広く使われています。 多彩になるつつある日本での社会生活に役立ててみて下さい。 まとめ 恋愛における「またの機会に」は残念ながら社交辞令で「ごめんなさい」の意味であることが多いですが、ビジネスシーンでは状況によって「心から待っている」という意味を含むこともあるようです。 言葉は受け取る側の気持ちや感情によってもカタチを変える不思議なツールです。 ことに「またの機会に」は相手の心理や考えを見抜いて言葉の意味をくみとる努力が必要のようです。

次の

ご縁がありましたらの意味とは?ビジネス・メールでも使い方も

またの機会に

挨拶は、コミュニケーションを取る上で、大変重要です。 挨拶をしなくとも、コミュニケーションを取ることは可能ですが、挨拶をしないで本題に入ったり、挨拶をせずに別れたりすると、唐突な印象や不躾なイメージを相手に与えてしまいがちです。 「またの機会に」というフレーズも、挨拶の1つと言えるでしょう。 比較的頻繁に、会話や文章で使用される言葉ですが、どのように使うのが正しいのか、また目上の人などに使用しても問題ない言葉なのか、自信がないという方もいらっしゃると考えられます。 そこで今回は、「またの機会に」という言葉をテーマにして、基本的な使い方や例文、使用しても失礼ではないかどうかなどについて、考察・ご紹介していきます。 「またの機会に」の使い方 まずは、「またの機会に」という挨拶がどのようなシーンや使用方法で使われるのか、使い方について考えていきます。 「またの機会に」という挨拶は、今回ではなく、別の日やチャンスに、何かをする際に使用されると考えられます。 以下で、シーンや用途別に「またの機会に」の使い方について考察していくので、ぜひ参考にしてみて下さい。 ビジネス ビジネスシーンでも、「またの機会に」というフレーズは、頻繁にされています。 ビジネスシーンにおける「またの機会に」は、検討した結果、契約や採用、相手からの提案などを見送る際などに使われることが多いと言われています。 ですから、上記のような場合に使用される「またの機会に」は、契約の不成立や不採用を、柔らかく伝える目的で使用されることが多いと考えられます。 また、ビジネス関係のイベントや用事などに誘われたり招待されたりしたものの、出席や参加ができない時に、「またの機会に」という言葉が使われることもあると言われています。 そのような場合は、「またの機会によろしくお願いいたします」といった形で使用されると予想できます。 メール メールなどの文章においても、「またの機会に」という言葉が使用されることは多いと考えられます。 メールにおいて「またの機会に」を使用する際も、相手からのお誘いや採用、契約などを断る場合に使われるケースが多いと予想できます。 基本的には、会話で「またの機会に」を使用する場合と、使い方は変わらないと考えられますが、メールの場合はより文章に特化した言い回しを考える必要があると言えそうです。 敬語 ビジネスシーンや公の場では、敬語でやり取りをすることがマナーだとされています。 ですから、「またの機会に」という言葉を使用際も、敬語を使用するのがマナーだと言えるでしょう。 「またの機会に」を敬語へと言い換える場合は、「またの機会に」というフレーズ自体は特に言い換えなくても通用する表現だと考えられます。 「またの機会に」という言葉の前後に使用する言葉や文章を、敬語表現へと言い換えることで、「またの機会に」を使用した敬語の文章や会話でやり取りすることが可能になると言えそうです。 恋愛 恋愛においても、「またの機会に」という表現はよく使われるものです。 特に、気になる人や好きな人をデートに誘った際に、「またの機会に」と返事をされた場合、どのように解釈すれば良いのか、戸惑ってしまう方は多いと言われています。 デートに誘った相手から、「今回は無理なので、またの機会に」などと返信がきた場合、脈ありなのか脈なしなのか、悩む方は多いと言われています。 状況や相手との関係性にもよりますが、「またの機会に」と言われるのが1回や2回であれば、相手の気遣いや本心である可能性も考えられるため、脈なしではない可能性が考えられます。 しかし、デートに誘う度に「またの機会に」と返事をされ、なおかつデートなどが1度も実現したことがない場合は、脈なしである可能性が考えられそうです。 ここまで、さまざまな視点から、「またの機会に」という言葉の意味や使い方について、考察・ご紹介しました。 続いては、「またの機会に」を使用した例文をご紹介していきます。 例文を通して、「またの機会に」という言葉と向き合ってみることで、より実践的な使い方や使うタイミングなどを学ぶことができる可能性があります。 またの機会によろしくお願いします 上記でもご紹介したとおり、「またの機会に」という言葉は、相手からのお誘いや提案などを断る際に使用されることが多い言葉です。 断りつつも、相手に誘ってもらったり提案してもらったりしたことへの感謝を表現したい時などに、使用されると考えられます。 そのため、次回があることを表現するような使い方をすることも多く、「またの機会にお願いします」というフレーズで使用することも多いと考えられます。 ・今回は欠席となりますが、ぜひまたの機会によろしくお願いします。 ・今回は見送らせて頂きますが、またの機会によろしくお願いします。 ・都合により今回はご一緒できませんが、またの機会によろしくお願いします。 またの機会にお待ちしております 上記でも何度かご紹介したとおり、「またの機会に」は相手からの提案などを断る際に使用されることが多いと言われています。 しかし、自分の提案などを、相手に断られた場合にも、「またの機会に」という言葉を使用することもあります。 上記のような場合は、「またの機会にお待ちしております」といった言い回しをするケースが多いと考えられます。 ・承知いたしました、またの機会にお待ちしております。 ・今回はいらっしゃることができないとのこと残念です。 またの機会にお待ちしております。 ・その日はご予定があるとのことで、またの機会にお待ちしております。 「またの機会に」への返信 ここまで、「またの機会に」という言葉の使い方について、さまざまな視点で考えてきましたが、中には「またの機会に」という挨拶を使うことは失礼なことだとする見解も存在します。 そこで続いては、「またの機会に」というフレーズを使うことは失礼なのか、考察していきます。 「またの機会に」という言葉を使うことが失礼かどうかは、状況によっても異なると考えられます。 「またの機会に」という言葉を使用して、相手の提案やお誘いを何度も断わっている場合は、失礼だと受け取られる可能性もあるでしょう。 しかし、本当に次の機会のことを考えていたり、別の機会がすぐに訪れそうだったりする場合は、言い回しや前後に使用する言葉の選び方次第では、失礼な印象を与えずに済むケースもあると考えられます。 「またの機会に」を上手く使おう いかがでしたでしょうか?今回は、「またの機会に」という言葉をテーマにして、用途・目的別の使い方や例文、類語などを考察・ご紹介しました。 「またの機会に」という挨拶は、相手の提案やお誘いを断る際などに使用することが多い言葉です。 上手く使用すれば厳しい印象や失礼な印象を与えないで済むため、大変便利なフレーズでもあります。 ですからこの機会にぜひ、「またの機会に」という言葉の意味や使い方を学び、上手く利用していきましょう。 ドライバーの転職先はドライバーワークスへ! トラック業界は人手不足が深刻で 初心者の方でも応募できる案件が非常に多いです。 トラックドライバーの業務内容は、初心者の方だと不明確な点があると思います。 業務内容がわからなくても、免許や資格や経験を問わないのはもちろん、 大型免許取得費用の補助から引っ越し代の補助までしてくれる会社も存在します。 未経験でも年収が 500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう! 豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!.

次の