フレンチトースト つけ汁。 フレンチトーストに合うおかずは?おすすめ献立朝食やランチ、夕食では?!|知っておきたい食のあれこれ!

【最強グルメレシピ】自宅で作れる「ホテルオークラの激うまフレンチトースト」レシピ公開 / 簡単に一流ホテルの味 | バズプラスニュース

フレンチトースト つけ汁

その厳かでクラシカルな雰囲気と超一流のサービスにより世界中のVIPから愛され続けている、日本を代表する老舗ホテル「 ホテルオークラ東京」。 実は記者(私)も重度のオークラ・ファンで、自分たちの結婚披露宴もこのホテルで行ったほど。 あいにくあの日は有名野球選手と超人気アナウンサーの結婚披露宴と重なり、私たちのゲストはみんなそちらに釘付けでしたけどね…… そんなホテルオークラが、ホテルの公式サイト内で「シェフのこだわりレシピ」としてを紹介しています。 「 レシピを忠実に再現すれば、家でもあのフレンチトーストが食べられるかもしれない!? 」ということで、さっそくオークラ流フレンチトースト作りに挑戦してみました。 【材料を揃える】 4人前の材料は、卵6個、牛乳370cc、砂糖62g、バニラエッセンス少々、食パン(厚切り、約4cm)4切れ(耳なし)、バター少々、サラダオイル少々。 【いざ、調理】 1. 卵、牛乳、砂糖、バニラエッセンスを混ぜ合わせたものに、食パンを両面丸1日ひたす。 (片面約12時間) 12時間経過後に裏返すとき、卵液を含んだパンはグニョグニョに柔らかくて切れてしまいそうなので、フライ返しを使ってそぉっと裏返すといいかも。 熱しすぎないフライパンにバター少々、サラダオイル少々入れ、1. を両面、弱火で蓋をし、約15分じっくり焼く。 15分って結構長いと思ったけど、この厚みには必要な時間なのですね。 焼いている間にパンがふっくらと盛り上がってきました。 焼目も程よく付いて、食欲をそそられます…… えっ、そそられない? 端の方崩れちゃってるしね。 ヘタクソでごめんなさい。 お好みでメープルシロップ、またはジャムを添えてできあがり。 記者は、茶こしを使って粉砂糖をふってみました。 【シェフのアドバイス】 さらに、シェフのワンポイントアドバイスとして、「たっぷりめの卵、牛乳のつけ汁にじっくりひたす。 弱火でじっくり時間をかけて、中身をふくらませるように焼く」との記載もありました。 「 たっぷり、じっくり、ふっくら」です。 【実食】 予想通りの美味ですが、重量感がすごい。 フレンチトーストというより、 プリンケーキを食べているような感覚。 濃厚なミルクと卵をたっぷり含んだリッチなフレンチトーストです。 【反省】 ひとつ残念だったのが、バニラエッセンスの香りが全然しなかったこと。 「少々」と書いてあったので、4、5滴ふったのですが、この量では全然足りなかったようです。 これから挑戦する方には、多めがお勧めです。 また、4枚切りの食パンでなく、バゲットを厚めに切って使用した方がパンがボロボロにならずに扱いやすいかもしれません。 材料も調理道具も経験も技術も、どれをとってもホテルオークラで提供されているハイスペックなものとは異なるド素人作品ではありますが、それでもかなり美味しいフレンチトーストを作ることが出来ました。 少なくとも家に泊まりにきた友人に出したら驚かれるレベル。 本当に。 ちょっぴり手間はかかるけど、作り方は決して難しくない「ホテルオークラ特製フレンチトースト」。 スペシャルな日の朝食に、いかがですか? 参照元= 画像・執筆=南野バンビ c Pouch.

次の

ホテルオークラの「フレンチトースト」をお家で再現。極上のとろふわ感に感激〜

フレンチトースト つけ汁

まず最初に紹介するのはフレンチトースト専門店のIvorishです。 渋谷からスクランブル交差点を渡り、井の頭通りの方を歩き、MODIのところで公園通りの方へ曲がり、しばらく道なりにまっすぐ歩くと左に見えてきます。 Ivorishはフレンチトースト専門店ならではのフレンチトーストを目指しており、パンはIvorishのフレンチトースト専門のを使っています。 パンに染み込ませるアパレイユも卵・牛乳・砂糖・バニラエッセンスの配合を考えて作られており、焼き方も両面を焼いたら片面だけキャラメリゼすることで表面はカリカリ中はしっとりした食感を作り上げています。 プレーンのものは1000円で食べることができます。 20:00 金・土・祝前日11:00-22:00 L. 21:00 続いてはニューヨークの朝食の女王の異名をもつSarabeth'sについて紹介します。 現在、東京駅の大丸の隣、アトレ品川の中、ルミネ新宿の中という好立地に3店舗お店を構えています。 ニューヨークに1号店ができてからニューヨーカーから絶大な支持を得ただけではなく、世界中からお客さんを集めているサラベス。 ニューヨークの格付けの雑誌ではNo. 1と称されるほど人気のお店で、東京でも週末は行列ができるほどです。 そんなサラベスの代表メニューがパンの耳の部分まで柔らかなふわふわのフレンチトーストにフレッシュなイチゴを添えたフラッフィーフレンチトーストです。 1250円でニューヨークのスイーツブレックファーストが味わえます。 名前の通りフレンチトースト専門店で都内には秋葉原と亀有に2店舗構えています。 お店オリジナルの丸型の厚切りのパンにアパレイユをしっかり染み込ませてじっくりと焼いています。 また、クラッシックスタイルのフレンチトーストには最高級の発酵バターに生クリームとはちみつを加えてできたハニーホイップも美味しいと絶賛されています。 また、お食事系のメニューも充実しているのでみんなでシェアして食べるのもおすすめです。 ヨドバシAkiba店 《TEL》03-3255-1201 《住所》〒101-0028 東京都千代田区神田花岡町1-1 ヨドバシAkiba8F 《営業時間》11:00-23:00 L. 22:30 亀有店 《TEL》03-3690-3361 《住所》〒125-0061 東京都葛飾区亀有3-49-3 アリオ亀有内3F 《営業時間》10:00-22:00 L. 21:00 続いて紹介するのはバゲットタイプのフレンチトースト。 表参道駅のA4番出口を左に出て、最初の交差点で左に曲がると右手側に見えてきます。 竹の垣根に囲まれた入り口に畳のベンチ、古来の日本を思い出させるような壁紙があり店内は和を基調とした雰囲気になっています。 ここでいただけるのは、パリジェンヌというフレンチトースト。 スティック状で、ペーパーに包まれて出てきたフレンチトーストは食べやすく、また、しっかりとアパレイユを染み込ませて焼き上げられています。 《TEL》03-5786-4842 《住所》〒107-0062 東京都港区南青山3-17-1 《営業時間》9:00-20:00 続いて紹介するのははちくまカフェです。 池袋の東口を出たらまっすぐ進んでいき、サンシャイン60通りの方へ右に曲がります。 しばらく道なりに進み、まんだらけのところで左に曲がり、2つ目の交差点のところで左に曲がると右手に見えます。 ここの一番人気のメニューはハニーフレンチトストで、六角形のフレンチトーストが蜂の巣のように並べられています。 このメニューは注文をもらってから焼き上げるため、アツアツで外はカリッと中はもっちり、しっとりした食感に仕上がっています。 はちみつをたっぷりかけて食べるととても美味しいです。 《TEL》03-5944-8924 《住所》〒170-0013 東京都豊島区東池袋3-11-3 《営業時間》平日11:30-18:30 金は11:30-19:30 土日祝11:00-18:30 土は11:00-19:30 次に紹介するのはCENTRE THE BAKERY。 銀座一丁目駅の3番出口を出て、茨城マルシェが見えたら右に曲がるとその隣にあります。 渋谷にあるバゲットの人気店VIRONのシェフがやっているお店で美味しい食パンを食べられるお店として人気を集めています。 パンを購入するために1時間以上並ぶ人気店です。 そんなパン屋のイートインスペースではサンドイッチなども食べることができます。 その中でもフレンチトーストは人気商品です。 中までしっかりとアパレイユが染み込み、外はサクッとした仕上がりになっています。 添えるものを生クリームかアイスクリームか選ぶことができます。 1200円で絶品食パンを使ったフレンチトーストが食べられるのでおすすめです。 《TEL》03-3562-1016 《住所》〒104-0061 東京都中央区銀座1-2-1 《営業時間》10:00-20:00 L. 19:00 次に紹介するのはパンとエスプレッソとです。 表参道のA2出口を出て伊藤病院のところを右に曲がり、大きな道をしばらく道なりに歩いて、しばらくすると右手に見えます。 ここのフレンチトーストは平日のモーニングと15時から数量限定しか販売されないため、どちらもすぐに売り切れてしまうのでなかなか手に入れるのは難しいです。 モーニングのフレンチトーストは作り置き用のものですが、午後のものは鉄板で焼き上げた熱々のものが650円で味わえます。 午後に確実に食べたい方は、14時から事前受付があるそうなのでその時にボードに名前を書き15時にまた戻ってくるといいそうです。 フレンチトーストのパンはパンとエスプレッソとで人気が高いムーというふわふわの食パンを使っていて、バターをふんだんに使用したリッチなパンになっています。 《TEL》03-5410-2040 《住所》〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3-4-9 《営業時間》8:00-20:00 続いて紹介するのはMERCER BRUNCHです。 六本木だけではなく、銀座にもMERCER BRUNCH GINZA TERRACEがあり、ほとんど同じメニューが展開されています。 MERCER BRUNCHは卵料理を中心としたホテルの朝食を思わせるようなNYスタイルのブランチメニューを展開するお店です。 特注のブリオッシュで作りあげるフレンチトーストがついたブランチメニューで人気を集めています。 何もかけなくてもフレンチトーストの美味しさが存分に味わえますが、お願いするとはちみつをもらうことができるのそうなのでそちらも是非試して下さい。 MERCER BRUNCH 《TEL》03-3470-6551 《住所》〒106-0032 東京都港区六本木4-2-35 アーバンスタイル六本木三河台1F 《営業時間》平日BRUNCH TIME 10:00-15:30 DINNER TIME 18:00-23:00 週末BRUNCH TIME 9:00-17:00 DINNER TIME 17:00-23:30 L. 22:30 MERCER BRUNCH GINZA TERRACE 《TEL》03-3562-9551 《住所》〒104-0061 東京都中央区銀座1-8-19 キラリトギンザ4F 《営業時間》BRUNCH TIME 10:00-17:00 L. 16:30 DINNER TIME 17:00-23:00 L. 22:00 続いて紹介するのはBISTRO FAVORIです。 代官山駅の中央口を出て、FLIPPER'Sが見えたら右に曲がります。 それからMaison de Reefurが見えたら左に曲がり、その次の交差点で右に曲がります。 そのまま道なりにまっすぐ進んでいくと大きな交差点のところで左側に見えてきます。 ここのフレンチトーストは前の夜からじっくりと10時間染み込ませた深い味わいのフレンチトーストをブレックファーストからディナータイムに渡って提供しています。 外は香ばしく、中はとろけるようにやわらかい口当たりではちみつをかけていただくフレンチトーストは絶品です。 新鮮な季節のフルーツが添えられているので、見た目にも鮮やかです。 《TEL》03-6416-3665 《住所》〒153-0042 東京都目黒区青葉台1-4-8 1F 《営業時間》平日ランチ11:30-15:30 L. 14:30 ディナー18:00-22:30 L. 21:00 休日ランチ11:00-16:00 L. 15:00 カフェ15:00-17:00 L. 16:00 ディナー18:00-22:30 L. 21:00 続いて紹介するのは表参道にあるcrisscross。 表参道のA5番出口を出て右に曲がり、最初の交差点で右に曲がります。 しばらくまっすぐ進むと右手側に見えてきます。 テラスには大きなクスノキがあって、そこを中心にテラス席が広がっていて、風通しがよくて気持ちいいと評判のお店です。 テラス席ならペットを連れてくることも可能です。 breadworks表参道が併設されていて、そこのパンを使ったメニューなどもあります。 そんなcrisscrossで食べられるのが、表面はカリッと、中はふわとろなフレンチトーストです。 季節によってブリオッシュトーストのフレンチトーストだったり、季節の果物が添えられていたり、変わるので、定期的に訪れても違うフレンチトーストが楽しむことができます。 《TEL》03-6434-1266 《住所》〒107-0062 東京都港区南青山5-7-28 《営業時間》8:00-21:00 花屋で有名なAoyama Flower Market。 そんなAoyama Flower Marketから温室をイメージしたティールームがこのAoyama Flower Market TEA HOUSE。 表参道のA5番出口を左に出てすぐに見えるのがこのお店です。 ここで人気のメニューが季節のフラワーフレンチトーストです。 たっぷりのミルクと卵を染み込ませたパンをしっとりと焼き上げてできた自慢のオリジナルフレンチトーストにエディブルフラワーをトッピングし、フルーツも添えた1品となっています。 フレンチトーストの甘みとフルーツの酸味が見事にマッチしています。 値段は1080円です。 19:30 日・祝11:00-19:00 L. 18:30 次に紹介するのは、CAFE AALIYAです。 最寄りは新宿三丁目駅で、伊勢丹などの近くの大通りに面した場所に位置しています。 そこで味わえるのはふわふわでもちもち食感のしたフレンチトースト。 表面はカリッとなるように焼かれています。 また、フレンチトーストの厚さも絶妙で高評価を得ています。 フレンチトーストのメニューの中で人気が高いのは850円で食べられるフレンチトースト ミックスです。 数種類のクリームが添えられているのでいろんな味が楽しめるのでオススメです。 《TEL》03-3354-1034 《住所》〒160-0022 東京都新宿区新宿3-1-17 B1F 《営業時間》10:00-22:30 金は23:00まで 続いてforu cafeというお店について紹介します。 東京メトロ東西線の早稲田駅をおりて、早稲田通りを高田馬場方面に向かって歩くと、左手側にあります。 foru cafeはあなたのためにという意味を込めて現役の女子大学生が作ったお店で、ブリュレフレンチトースト専門店です。 ここの看板メニューがブリュレフレンチトーストです。 アパレイユにしっかり浸して焼き上げ、表面をブリュレすることで、表面をパリッとさせています。 甘さは控えめで、ほろ苦く、大人な味が楽しめます。 また、スイーツ系だけでなくハニーマスタードチキンなどのお食事系のメニューも楽しむことができます。 さらに、ケータリングサービスもやっていて、100人規模のパーティーまで可能で、その場でブリュレしてもらうのでお店に行かなくてもお店の味が味わえます。 《TEL》03-6233-8739 《住所》〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-4-26 《営業時間》11:00-19:00 L. 18:30 次からは喫茶店の美味しいフレンチトーストについて紹介していきたいと思います。 まずは御茶ノ水にある自家焙煎珈琲みじんこです。 JR御茶ノ水駅の聖橋口を出て聖橋を渡り、そのまましばらくまっすぐ歩くと左手側に見えます。 このお店は近年昔ながらの珈琲専門店を現代風にアレンジして、女性1人でも通いやすいようになっていて、いろんな世代の人を集めています。 ここのフレンチトーストはバケットを使用していて、濃厚な卵液にたっぷりと浸したフレンチトーストを鉄板でじっくりと焼き上げ、卵の風味とプリンのようなふわとろの食感が楽しめます。 プレーンの値段は600円で、ハニー&マスカルポーネや季節限定の味のフレンチトーストが楽しめます。 《TEL》03-6240-1429 《住所》〒113-0034 東京都文京区湯島2-9-10 湯島三組ビル1F 《営業時間》平日11:00-21:00 土日祝11:00-20:00.

次の

丸1日かけて、ホテルオークラ特製「フレンチトースト」を再現してみた

フレンチトースト つけ汁

おはようございます。 フレンチトーストをよく作るんですが、ついにたどり着いた究極のレシピを勝手にご紹介させて頂きます。 つけ汁を作る。 試行錯誤してたどり着いた俺流レシピはこれ。 これはおそらくクックパッドにも載ってないであろう、僕のこだわりであり、ようやくたどり着いた秘伝の隠し味です。 そもそも僕は【甘いものに塩】という概念に、絶大な信頼を置いておりまして、あまーいフレンチトーストに最初は塩をパラパラと入れていたのですが、ある日唐揚げにマヨネーズをかけてる時に、【やっぱりマヨネーズは何にでも合う】という当たり前な事を再認識した際に【コレだ!!】と思い立った訳です。 どうでもいい説明はさておき焼きましょう。 表面が色づく程度に 軽く ソテーします。 ソテーします。 カッコよくいいます。 ソテーします。 つけ汁は トラヴァイエしておいて下さい。 簡単にいうと混ぜて下さい。 マリネします。 簡単にいうとつけます。 しみ込むようにガツガツ押してやります。 この【ガツガツ押す】という料理用語だけははみつかりませんでした。 たっぷりエキスを吸ったパン達。 この白いブニョブニョしたやつがマヨネーズです。 分離するので結構くっついてますが気にしません。 これがとにかくいい仕事をします。 さあ、グラッセしていきましょう。 軽〜くでいいです。 ひっくり返して。 あ、いい感じですね。 ビールを飲みながら料理するかのごとく、カフェオレを飲みながらグラッセする僕。 ノンアルですが酔ってます。 自分に。 ドレサージュ・デ・プラしていきましょう お好みで オイシサソノママ・モ・リナガシロップを ナッペしてもいいですね。 とまあこんな感じです。 騙されたと思ってマヨネーズしてみて下さい。 めちゃうまいです。 それでは今日もよろしくお願いします。

次の