原爆 資料館 広島。 原爆資料館「観覧」変更へ 広島市、「娯楽性そぐわぬ」指摘受け

広島の原爆資料館 休館29日まで 新型コロナ

原爆 資料館 広島

6月1日の再開を知らせる張り紙を掲げた原爆資料館の入り口。 2月29日に臨時休館へ入って以来、約3カ月ぶりの開館となる。 入館者数の制限などで人の密集を防ぎ、原爆被害の発信と感染防止の両立を図る。 資料館は、国内外から広島県を訪れる観光客の主要な目的地の一つ。 市幹部の間では、被爆75年の節目に少しでも多くの人に被爆の実態を伝えたいという声がある一方、開館した場合の感染リスクの高さを懸念する意見も出ていた。 時期を慎重に探った結果、政府による緊急事態宣言の全面解除を受けた決定となった。 資料館が感染を広げる場とならないよう、入館者数の上限を30分当たりで100人、1日当たりで1800人に制限し、密集と密接を生じにくくする。 具体的には、入り口に新たに設置した発券機で、入館時間を30分刻みに分けた整理券を100枚ずつ配布する。 見学時間の制限はしない。 当面の対策として、家族連れを除いて5人以上で訪問しないよう呼び掛ける。 音声ガイドの貸し出しやピースボランティアによる案内は中止。 「被爆瓦」などの被爆資料に触れられる企画や、ミュージアムショップの営業は見合わせる。 市は今後、混み具合や全国の感染状況などを見ながら、人数制限の緩和や開館時間(午前8時半〜午後6時)の延長などを探るという。 市被爆体験継承担当は「感染防止を大前提に、1人でも多くの人に展示を見てほしい」としている。 原爆資料館と同様に、2月29日から臨時休館している国立広島原爆死没者追悼平和祈念館(中区)も、6月1日に再開する。 市は、原爆資料館を含めて臨時休館や一部閉鎖をしている市管理の54施設について、29日から順次、全面再開する。 29日に各区の図書館など44施設、6月1日に広島城(中区)など6施設を開く。 最も遅いのは空調工事中の郷土資料館(南区)で、6月23日を予定する。 (明知隼二).

次の

人影の石

原爆 資料館 広島

6月1日に再開する原爆資料館。 外出自粛の要請が解かれ、周囲に少しずつ人の姿が戻っている(撮影・大川万優) 新型コロナウイルスの影響で臨時休館していた原爆資料館(広島市中区)が6月1日、約3カ月ぶりに開館する。 被爆75年の節目の夏を前に、来館者の密集や密接を避ける感染防止対策を徹底しての再開となる。 音声ガイドの貸し出しやボランティアによる案内などは引き続き見合わせる。 資料館は再開に合わせて、被爆資料を保護するのを目的に、展示品の一部を入れ替える。 東館地下1階では、2018年度に寄贈を受けた資料を展示する新着資料展をスタート。 被爆時に身に着けていた衣類など132点を紹介する。 同じフロアの廊下では、19年12月公開のアニメ映画「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」の複製の原画や下絵、絵コンテなどのパネル展示も始める。 再開後は当面、人の密集と密接を避けるため、整理券を発行して入館者数を制限する。 上限は30分当たりで100人、1日当たりで1800人に設定した。 5人以上の団体は、家族連れを除いて受け入れない。 開館時間は午前8時半〜午後6時で変わらない。 入り口は東館西側の1カ所に絞り、サーモグラフィーで発熱がないかを確認する。 館内でも互いに2メートル程度は離れるよう呼び掛ける。 資料館の臨時休館は、新型コロナの流行を踏まえて2月29日に始まった。 当初は3月15日までの予定だったが、国内外での感染拡大を受けて、市が6回にわたって延長を決定。 政府による緊急事態宣言が全面解除され、再開が決まった。 (明知隼二).

次の

原爆資料館「観覧」変更へ 広島市、「娯楽性そぐわぬ」指摘受け

原爆 資料館 広島

概要 [ ] 人影の石は、平和資料館の説明によると、銀行の開店前に石段に座っていた人が被爆し、その際に原爆の熱線がその周りの石段の表面を白く焼いて人の影の部分が残った、と考えられている。 しかし2000年に、奈良国立文化財研究所埋蔵文化財センターによって行われた調査で、影の部分は付着物によって黒くなっていることが判明している。 戦後長らく、「原爆名所」とされ銀行側もその保護に尽力してきたが、1971年の銀行の建て替えに伴い、影の部分が切り取られ平和資料館に寄贈された。 切り取られた石の大きさは、資料館に移築された時点で、水平部分の面積約3. 3m 2、垂直高さ約2m。 資料館に移されるまでの間に風化等で薄くなっていた石段の人影が、収蔵展示後も更に薄くなったため、1975年(昭和50年)4月、同館が復元方法を研究。 1991年には本格的な保存方法の検討が始まったと報道されている。 現状では展示に際しガラスで囲っている。 なお石段に座っていたとされている人物は、原爆の閃光をまともに受けてその場で即死したかその場に倒れ逃げられないまま亡くなったと推定されており 、被爆直前にその人物が銀行前に座っていたのを目撃したもの 、その人物の遺体を収容したと証言する元兵士もいるが 、特定はされていない。 2016年現在での平和資料館の説明では「自分の家族ではないかという申し出が、複数の家族から寄せられています」と記載されている。 一時期、越智ミツノという被爆時42歳の女性の名が平和資料館の説明に記載されていた ため、彼女であると断定する資料も存在している。 沿革 [ ] 住友銀行広島支店 [ ]• 1945年11月20日米軍撮影。 人影の石は、元々から260mに位置した住友銀行広島支店の玄関前の石段である。 同地は現在広島支店である。 建物は1928年(昭和3年)に建てられたもので、設計は住友工作部(現)の、施工は。 地上4階地下1階、3階まで吹き抜けで、1階が営業・応接と金庫室、4階が会議室と食堂および賃室、地階がボイラー室。 その前年に造られた芸備銀行本店(現本店)の南にほぼ同規模の大きさで造られ、全体的にで正面のの大きなアーチが特徴的な銀行であった。 1945年8月6日被爆、全壊は免れたものの外観を残して内部は破壊された。 幸いにも金庫室は全く被害がなく、現金・通帳等は残っていた。 銀行内にあった書類が爆風によって伴にまで飛んでいたという。 住銀が公表した被爆当時の従業員数は広島支店およびの合計数で約58人。 当日も普段通りの営業で、被爆時点では開店前で従業員の大半は通勤途中のことであった。 原爆による人的被害は同じく合計数で、即死者29人(店内+通勤途中のもの)、負傷者約40人、行方不明者0。 広島支店内で被爆した従業員には、避難したが放射能の影響で数日後に亡くなったもの、また生き残り定年まで住銀で勤めたものもいる。 その立地から被爆後に通行者が店内に避難しており、部外者の屍体が相当数収容されていたという。 戦後銀行業務を再開したところ、広島支店の入口の影は原爆の影響が如実に表れている「原爆名所」として広島市公認のいわゆる観光名所となった。 当時は「死の人影」と呼ばれた。 証言によると、当時に次いで有名な名所であったという。 住銀側もその保護に尽力しており、まず1959年には柵を設け、1967年には劣化防止として強化ガラスで覆う処理をしている。 1971年、広島支店は建て替えることになり影部分が切り取られ平和資料館に寄贈された。 人体蒸発説の流布 [ ] 爆心地から半径500m以内の地域は(中略)ほとんど蒸発的即死に近く(中略)死体も骨片もあまり見当らないほど焼きつくされており、すべての物は原型をどどめず破砕されて白い灰に埋まっていた。 — 広島市、広島原爆戦災誌 第2巻 人影の石に関しても、「『人影の石』の前にいた人は一瞬で蒸発して消えてしまった」といった形で、同様の言及がなされることがあるという。 しかしこの人体蒸発説は医学的に否定されている。 原爆によって爆心地付近の地表面温度は3,000から4,000度に達したと推定されているが、この高温・熱線により人体が燃えたとしても骨やした組織は残るため蒸発することはありえず、また放射線の影響を考慮しても、皮膚が炎症・酷い時はになることはあっても蒸発することはないためである。 脚注 [ ] []• 中国新聞 2004年3月22日. 2017年6月15日閲覧。 広島平和記念資料館. 2017年6月15日閲覧。 広島平和記念資料館. 2017年6月15日閲覧。 ヒロシマピースメディア. 2017年6月15日閲覧。 ヒロシマピースメディア. 2017年6月15日閲覧。 ヒロシマピースメディア. 2017年6月15日閲覧。 ヒロシマピースメディア. 2017年6月15日閲覧。 「」『毎日新聞』、2015年12月12日。 2017年9月13日閲覧。 NEWSポストセブン 2016年5月25日. 2017年6月15日閲覧。 広島平和記念資料館. 2017年6月15日閲覧。 中国新聞 1997年8月2日. 2017年6月15日閲覧。 これ以前は市内で営業していたがこの地に社屋を新築し移転した。 被爆建造物調査委員会『ヒロシマの被爆建造物は語る』、1996年、p. 2017年6月15日閲覧。 中国新聞 2007年4月30日. 2017年6月15日閲覧。 時事通信. 2017年6月15日閲覧。 協同組合DDK 2013年8月. 2017年6月15日閲覧。 ヒロシマピースメディア. 2017年6月15日閲覧。 広島市役所『』 pdf 2巻、広島市役所、2005年(原著1971年)、5頁。 2017年6月15日閲覧。 1994年の厚生委員会でも、による発言として、人影の石について「 あっと思ったら蒸発して、いない、人影だけが残っていた」との発言がある。 国会会議録検索システム. 2017年9月22日閲覧。 関連項目 [ ]• 銀行建築かつ被爆建物• - 現存。 - 旧三井銀行広島支店。 被爆した遺壁のみ残される予定。 - 被爆した鉄扉のみが現存。 - 玄関のみモニュメントとして現存。 浄光寺・山門 2. 10km• 10km• 安楽寺・本堂 2. 19km• 歴清社倉庫 2. 20km• 31km• 60km• 60km• 62km• 64km• 光徳寺・納骨堂 2. 68km• 69km• 善法寺・本堂 2. 74km• 75km• 蓮照寺・本堂 2. 75km• 77km• 舟入神社 2. 78km• 80km• 80km• 80km• 浜田樹苗園給水塔 2. 83km• 新庄之宮神社・本殿・拝殿 2. 90km• 光西寺・本堂 2. 93km• 妙法寺・本堂・庫裏 2. 94km 3-4km• 浄修院・本堂 3. 01km• 18km• 21km• 観音寺・本堂 3. 26km• 稲生神社・本殿・渡殿 西霞;3. 34km• 海神宮 3. 36km• 地蔵寺・本堂・庫裏 3. 44km• 真幡神社(黄幡社 3. 44km• 海宝寺・山門 3. 47km• 衣羽神社・本殿・拝殿・手水舎 3. 59km• 62km• 63km• 大歳神社・本殿・拝殿 3. 64km• 長束神社・本殿 3. 69km• 穴神社 3. 84km• 90km• 本浦説教所 3. 95km• 最勝寺・本堂・門・庫裏 3. 95km• 覚法寺・本堂・庫裏 3. 96km 4-5km• 蓮光寺・門・観音堂 4. 02km• 熊野神社 矢賀;4. 15km• 16km• 25km• 観音寺・本堂・鐘楼 4. 25km• 千暁寺・本堂 4. 31km• 50km• 竈神社 4. 52km• 萬休寺・本堂・山門・庫裏 4. 60km• 西福寺・本堂・庫裏・山門 4. 62km• 64km• 龍宮神社 4. 78km• 熊野神社・本殿 祇園;4. 80km• 93km• 鷺森神社 4. 93km• 海蔵寺・本堂・山門 4. 95km• 光明寺 4. 96km• 狐瓜木神社・本殿・拝殿 4. 98km• 浄教寺・本堂・山門・南門・経堂 4. 98km• 教専寺・本堂・経堂 4. 99km• 専念寺・本堂・鐘楼 4. 99km• 胡子神社・本殿・拝殿 草津;5. 00km• 稲生神社 草津;5. 00km• 草津八幡神社・本殿・拝殿 5. 00km• 西楽寺・本堂 5. 00km 解体 移転 モニュメント化.

次の