滋賀 報知 新聞。 滋賀報知新聞

【J再開コラム】「サッカーのある生活、最高やんけ」。きっとあなたもそう思う。|岡島智哉(報知新聞社)

滋賀 報知 新聞

- 、らにより『 郵便報知新聞』創刊。 - 発行会社「 報知社」を設立。 - 新聞紙名を『 報知新聞』に改称。 - 当時のに買収される。 - 社名を「 報知新聞社」に変更。 - 講談社傘下から離脱。 - 新聞統制令により、(現:)に吸収。 題字が『 』となる。 - 旧報知新聞社有志により、『 新報知』が創刊(現在の報知新聞社の始まり)。 - 紙名を報知新聞に変更。 - 再び読売新聞傘下に入り、報知新聞を一般紙からスポーツ紙に変更。 - 旧東京本社所在地(1丁目11-1)に建設。 - で現地印刷開始(大阪版発刊)。 - 中部読売新聞社(現:)との提携によりで『 報知スポーツ』創刊。 - 報知新聞を『 スポーツ報知』に改題(正式名称は報知新聞のまま)。 1990年 - 東京本社が千代田区から港区港南に移転。 - などで設立されたとの提携により、『スポーツ報知』のでの発行を開始。 - 「」など携帯電話への情報提供サービスを開始。 2001年 - 報知印刷社と合併。 主な出版物 [ ]• (スポーツ新聞化以前は、を参照。 週刊ファンファーレ(旧題・週刊競馬報知、1998年に廃刊) 所在地 [ ]• 東京本社:四丁目6番49号• 北海道支局:北4条西4丁目1号(読売新聞北海道支社ビル)• 東北支局:中央2丁目1番6号(読売仙台ビル)• 静岡支局:追手町9番22号(読売静岡ビル)• 大阪本社:野崎町5番9号(ビル)• 広島支局:一丁目3番20号(読売新聞広島総局内) 関連会社 [ ]• 株式会社 - 1丁目16番5号 株式会社の子会社。 九州でスポーツ報知を発行するため、当時などを経営していた株式会社が、1997年に設立。 読売グループ再編により現在の形態に。 そのため、報知本社とは事業面での協力関係(事実上のフランチャイズ提携)のみである。 当初はの読売新聞西部本社内に本社・編集局を置いていたが、2004年元旦に同社の福岡市移転に伴いスポーツ報知西部本社も福岡市に移転した。 - 1丁目2番1号 (・・)では、報知新聞社ではなく、傘下の読売新聞中部支社からフランチャイズ提携により「スポーツ報知・中部版」(創刊時の題号は『報知スポーツ』だった。 にスポーツ報知に統一)を発行している。 - 郵便報知新聞の発行発起人• - 郵便報知新聞の創刊者• - 郵便報知新聞主筆• - 郵便報知新聞記者、第29代• - 旧報知社主筆、(初代)の次男• - 旧報知社記者、日本初の女性ジャーナリスト• - 旧報知社記者、『』主人公のモデル• - 旧報知社記者、のちエッセイスト• - 旧報知新聞社社長• - 旧報知新聞社社長• - 旧報知新聞社社長• - 旧報知新聞社記者、のち委員長• - 文芸評論家・元同社記者• - ノンフィクション・ライター、元同社記者、• - 元同社記録部長・編集委員、のちデータ本部初代室長• - 元同社記者、現・編集委員• 備考 [ ]• ()及びらぷらた報知(・で刊行されている向け新聞)、ハワイ報知(・で刊行されている日系人向け新聞。 系)との資本関係は一切ない。 ・ 委託印刷を請け負う。 元々後者は大阪支局発行の「日本証券新聞関西版」だったため、証券日刊に題名を改めてからも報知の印刷所での委託印刷を行い、かつ宅配所から宅配を受け付けていた。 現在証券日刊は経営難のため(事実上)となった。 関連項目 [ ]• (「報知社」時代に発刊から終刊まで担当)• -本社周辺にある高層マンション• 外部リンク [ ]• 1NNS非マストバイ(非フルネット)局。 5加盟局が運営・出資する(CSチャンネル)。 2020年現在では日本テレビのみが運営・出資している。 6開局、閉局。 7太字はNNN・NNS双方に加盟。 細字はNNNのみに加盟。 8旧NTVは2012年に現NTVに放送免許を譲渡。 9加盟当時はSKT静岡県民放送。 10CTV開局後はNNSのみダブルクロス。 11母体新聞社及び加盟局と友好関係のある新聞社。

次の

報知新聞社

滋賀 報知 新聞

今秋のドラフト候補、滋賀・瀬田工の小辻鷹仁(たかと)投手(3年)が大津市の皇子山球場で行われた京都外大西との練習試合に先発し、5回1安打7奪三振無失点と好投した。 プロ5球団のスカウト陣が見守る中、最速147キロ右腕はスリークオーター気味のフォームからキレのある直球を投げ続けた。 「いつもは足を上げて投げるが、今日は球が荒れていたので、クイックで投げました」と振り返った。 コロナ禍で甲子園の道を閉ざされても、独自で練習を続けた。 「キャッチャーの飯田が近くに住んでいるので、キャッチボールをしていました」。 活動自粛期間中も、近所に住む相棒とボールをつかみ、参考にする楽天・岸孝之投手のような力感のないフォームを維持した。 小椋和也監督(38)は「上半身が柔らかく、そこから投げるキレのあるボールが特徴。 フォームは入学当初から変更させていないです」と説明。 さらに「週末は合宿所に泊まり込みで食トレをさせて、睡眠も1日10時間取らせていました。 体を大きくさせないことには私立には勝てない」。 体重は1年時から17キロ増えて82キロに。 計画的にドラフト候補を育ててきたことを明かした。 「今の力がプロでどれだけ通用するのかを試したい」と力強く話す小辻。 自身の売りであるストレートのキレを武器に、これからもプロ入りへ向け、アピールを続けていく。 17歳。 葉山小2年から「葉山ウインズ」で軟式野球を始め、5年から「葉山東スピリッツ」でプレー。 葉山中では「大津北リトルシニア」に所属。 瀬田工では1年夏からベンチ入りし、2年春からエース。 最高成績は2年秋の県8強。 181センチ、82キロ。 右投右打。 家族は両親と姉2人、弟。

次の

【J再開コラム】「サッカーのある生活、最高やんけ」。きっとあなたもそう思う。|岡島智哉(報知新聞社)

滋賀 報知 新聞

小学生の部で本大会出場一番乗りを決めた。 滋賀大津が満点の内容で全国大会への切符を手中に収めた。 勝てば選手権出場が決まる京都洛北との大一番。 初回2死二塁から松林主将の中前打で先制すると、猪飼が右越えへ2点本塁打を放ち、いきなり3点を奪った。 4回には先頭の山崎が左中間へ本塁打。 すると1死二塁から、今度は中西が「猪飼、山崎が打ったので僕も負けないように」と、左中間へ豪快な2ラン本塁打を放った。 投げては先発・中西が「ボールが真ん中寄りにいってしまった」と反省するも3回を無安打投球。 4回からは前日も好投した山中が「昨日は制球重視だったが、今日は気持ちを強く持って全力で投げた」と3者凡退で仕留めて試合を締めた。 投打ががっちりかみ合っての快勝。 1安打2犠飛で3打点と4番の役目も果たした松林は「2人の良い投手がいるので、僕は声を出してチームを盛り上げていく」と謙遜しながらも、先をしっかり見据えた。 川崎監督も「全国でも3位以上を目指す」と昨夏以上の目標を掲げた。 我慢した春、そのうっぷんを夏の大舞台で晴らす。

次の