栃木 お土産 ドラクエ。 ドラクエウォークのおみやげ&ランドマーク一覧|詳しい位置情報・駐車場・入場する必要があるか【DQWお土産情報まとめ】

[ドラクエウォーク]全都道府県ランドマークとお土産一覧

栃木 お土産 ドラクエ

宇都宮駅の改札はひとつ。 改札でたら秒でクエスト 新幹線もJRも 宇都宮駅の改札出口はひとつ。 改札から出て すぐ左手に「西口」があります。 改札を出た時点ですでに「ご当地クエスト」受注可能になっていると思います。 (新幹線に乗車中でもクエスト受注可能という書き込みも見たことがあります。 スマホのキャリアは不明) クエスト受注したら、お好みの場所に目的地を決めて、クエスト達成しましょう。 (目的地は、餃子像そのものでなくても大丈夫) で、せっかくなので餃子像そのものの場所もご紹介します。 地味で目立たないです。 餃子のビーナスさんは等身大というか、人間の背丈くらいです。 宇都宮駅西口の餃子像。 西口を出た2階部分にあります ひとつしかない改札を出ると、左手に「西口」と書いた出口があります。 宇都宮駅の改札は1つ。 出てすぐの左手に西口がある。 そこから出ると、ロータリーの2階部分が広い陸橋状になっており、「 西口広場」と呼ばれています。 西口広場。 ロータリーの2階部分が、広めの陸橋になっています。 看板が出ているのですが、じつはこれおそらく破損される前の位置です。 (いちど誰かに破壊されて、復活したのですよ)。 西口広場の案内図。 たぶん餃子像の位置は昔のもので、現在の場所とはちょっとズレてます。 西口広場つきあたりの像。 餃子像はこの手前にある。 突き当りの像に向かって右側から近づく途中に、地味ーな後ろ姿があらわれます。 おやっ。 このビロビロした人影は……? 振り向くと、彼女が!! バアーン。 餃子のビーナス像です。 お顔は渋谷のモヤイ像系です。 そんな感じで、遠いながらも地元なので10年くらい前に友人に連れられて見たことがあったのですが、今回よくわからなくて2階部分と下のロータリーをぐるぐる2周してしまいました。 くどいようですけど 餃子像は2階部分にあります。 餃子の像でお土産「ぎょうざ」をゲット はじめての「お土産」ゲットで、うれしゅうございました。 宇都宮の街もひさびさに歩きました。 こんな機会でもないと出かける気力もわかない現代人。 ネットでなんでも見られてしまいますが、たまに実際に外に出て歩いてみるのもいいものだな、と感じました。 ドラクエウォークはほんと、じんわり面白くて、日々ありがたいです。 ちなみにご当地クエスト用に、ポケットやバッグに充電器を入れたまま、スマホを手に持って歩けるケーブルも買っちゃいました。 コードは0. 3mあたりでポケットにぴったりめ、カバンだと0. 5mあるといい感じかと。 (出先で充電したまま出し入れなどで引っ張るとどうしても断線しやすいので、ケーブルは高耐久素材のものを使いつつ、予備もいつも持っています) もちろん充電器にも重課金ですよ!災害用にもなりますしね!! (という言い訳) そんな感じで。 茨城県・笠間市にも行ったので、のちにそちらもレポ書きます。

次の

【ドラクエウォーク】お土産の一覧と解説

栃木 お土産 ドラクエ

【ドラクエウォーク】おみやげ・ランドマーク情報と攻略法! 少しでも効率よく茨城・栃木・群馬の北関東3県のおみやげ・ランドマークを回れるように情報と攻略法をまとめてみました。 意外とハードな設定のランドマークもあるので気合いを入れて取り組んだ方がいいかもです! 茨城県のおみやげ・ランドマーク情報• 「水戸黄門スライム」・・・袋田の滝@300円• 「ねばねばの納豆」・・・六角堂• 「結城紬の反物」・・・笠間芸術の森公園• 「あんこう」・・・大洗マリンタワー 徳川御三家と言われ、水戸黄門でもお馴染みの茨城県。 お土産も誰もが知っている茨城と言えばなモノが揃っています。 ですが、難易度は首都圏に比べるとかなり高めになっている気がします。 低難易度の場所は残念ながらありません。 高難易度の場所は、「結城紬の反物」がある【六角堂】。 【六角堂】自体が、あまり有名な観光地ではありません。 また「あんこう」以外のお土産が生産地じゃない場所に設定されているのがややこしい点。 東京駅から常磐線で2時間38分だそうです。 ただしAM10:00~PM5:00までしか開いていません。 月曜日が休館日なのも注意。 【大洗マリンタワー】も直で行けば電車でも可能かもしれませんが、東京駅から約3時間。 笠間から大洗でも1時間44分かかります。 自動車なら下道でも約1時間で行けるのでオススメです。 マリンタワーから六角堂までも、高速使って1時間半。 六角堂から袋田の滝も下道で1時間半。 自動車で行って観光しないのであれば、1日でも攻略可能なのではないでしょうか。 ちなみに【六角堂】は建物の外からでも入手可能との事。 逆に【袋田の滝】は、300円払って有料の第1観瀑台に行かないと入手できないとの事。 栃木県のおみやげ・ランドマーク情報• 「いちごスライム」・・・竜頭の滝第1観瀑台• 「ぎょうざ」・・・餃子の像• 「眠りの猫」・・・日光東照宮陽明門@1300円• 「かんぴょう」・・・那須高原 東北への玄関、北関東であり南東北の栃木県。 ランドマークが北部に集中しているので、茨城県に比べると難易度は低め。 低難易度は宇都宮駅前にある【餃子の像】。 お金に余裕があるなら、新幹線も停車しますし、東京駅からなら乗り継ぎなし。 高難易度なのは【竜頭の滝】。 とにかく電波が悪いそうです(笑)。 竜頭の滝から、日光東照宮へは自動車で30分くらい。 【日光東照宮陽明門】は拝観料大人1300円払って陽明門まで行かないといけません。 東照宮から【那須塩原】へは高速で1時間半。 住所は『栃木県那須郡那須町大字湯本』で入手できるとの事 最後の【餃子の像】までは高速で1時間強。 駅の外なので時間を気にせずに入手可能です。 群馬県のおみやげ・ランドマーク情報• 「だるまスライム」・・・鬼押し出し園• 「かいこのまゆ」・・・富岡製糸場浅間寮@1000円• 「温泉の置物」・・・草津温泉湯畑• 「焼きまんじゅう」・・・土合駅 お前はまだグンマを知らない。 温泉地とスキー場で有名で、ランドマークの一つにもなっている草津温泉は、日本でも有数の温泉街として有名。 また某豆腐屋の息子のように峠が多いことでも有名です。 低難易度の場所は残念ながらありません。 どこもかしこも山の中にあります。 最後は草津温泉を満喫するつもりで最後に持ってきました(笑) 富岡製糸場だけ大人1000円の有料施設内のようです。 ただ外からでも入手成功報告もあります。 鬼押し出し園は有料施設ですが、外からでも入手可能とのこと。 朝8時から開園しているので最初に持ってきました。 まとめ ドラクエウォークのおみやげ・ランドマーク情報と攻略法を茨城・栃木・群馬でまとめてみました。 北関東を回るには車が必須なのは間違いなさそうですね。 観光施設などは入場しないとおみやげがゲットできなかったりと集客にも貢献しているようです。 是非、この情報を基におみやげをコンプリートしちゃってください!.

次の

ドラクエウォークのお土産ランドマーク 課金必須エリアに無断侵入プレーヤー発生でお寺に損害発生中

栃木 お土産 ドラクエ

日光駅からバスで4~7分、片道200円 さて日光駅には 「JR日光駅」と 「東武線日光駅」があります。 いずれも徒歩5分くらいしか離れておらず、たいていの場合はどちらにも同系列のバスが発着します。 便利なほうの路線をご利用ください。 ただ、 午前中に限り「JR日光駅」から出発せず、 「東武線日光駅」のみから出発する線があります。 「」の公式ページで事前に確認をおすすめします。 「東武線日光駅」からバスに乗り 5分ほどで、 陽明門のある日光東照宮の最寄りのバス停 「神橋(しんきょう)」に着きます。 どこ行きのバスも「神橋」には停まります。 ちなみに「神橋」より日光東照宮に近い停留所もあるにはあるのですが、混雑を避けるために 不定期で路線変更されてしまうようです。 とりあえず最寄りのバス停は「神橋」と覚えておいたほうが無難かと。 バス料金は片道 200円。 バス停「神橋」から日光東照宮までは徒歩10分。 バスを使用せずに歩いて行く場合は、 徒歩40分ほどかかるそうです。 コンクリートと石畳で、少し坂道があるものの比較的、歩きやすい道かと。 絵葉書になりそうな橋ですね。 ちなみにこの「神橋」は、大人300円を払わないと渡ることができません。 ふつうはこの写真を撮影している、車道と歩道のあるコンクリートの陸橋を渡ることになります。 駅方面から 川を渡って左方面に少し行くと、 山に入っていく小道があります。 ここをのぼっていきましょう。 広いバス用の駐車場を右手に見て、進んでいきます。 (ちなみにこの写真は右に曲がってから振り返って撮影しています) この道をまっすぐ上がっていくと、 日光東照宮の 石の鳥居が見えてきます。 日光東照宮の表門で拝観料を払う 石の鳥居をくぐり、表門から先は拝観料が必要です。 高校生以上 1,300円。 拝観時間は夏季4~10月: 9時~17時、冬季11月~3月: 9時~16時。 拝観料を払わずに、門を入らないところでGPSの揺らぎによってはクエスト受注可能、という話もネットで読みましたが、自分が行ったときは できませんでした。 というか、人がいっぱいいて人の移動の流れがあって、その場所でスマホを見ながらじっと立っているのが、ちょっと難しい感じです。 小5の遠足ぶりということもあって、いさぎよく中に入りました。 3猿とか眠り猫とか、肉眼で見たハズではありましたがすっかり忘れてましたし。 とはいえ基本、寺に興味はないので、写真もそんなに撮ってない。 飾りがすごすぎて朝から晩までずっと見ていられるから、が命名の由来だそうです。 3猿と眠り猫も見ました。 人が多くてちゃんとしたのが撮影できませんでした。 眠り猫は、すごく上のほうにちっさくあります。 「え、これ!?」と思います。 たしか小学生のころもそういう感想だったのをうっすら思い出しました。 で、クエスト受注可能ー。 リアルおみやげもゲットー。 マグネットです。 500円だったかな? 家の冷蔵庫に貼りました。 かわいい。 避暑地グルメ・日光を見ずして結構と言うな 日光でおいしかったもの紹介です。 「東武線日光駅」向かってすぐ左、「明治の館」さんのチーズケーキ。 うんま! 明治の館ケーキショップ 〒321-1406 写真撮れませんでしたが、のピーナツクリーム。 神橋から駅へ向かう大通りの右手にあり。 これは小坂俊史 先生がで、とても食べてみたかった。 パンに塗らずにももりもり食えた。 こわい。 そんな感じで、今回もたのしゅうございました。

次の