ご 査収 ください ます よう お願い いたし ます。 「ご査収のほどよろしくお願い致します」の意味と使い方

「ご査収のほどよろしくお願い致します」の意味と使い方

ご 査収 ください ます よう お願い いたし ます

「ご査収ください」の意味 「ご査収ください」の「査収」とは、「金銭や物品、書類の内容などをよく調べて受け取る」という意味です。 「査」は訓読みで【しらべる】と読み、「査収=調べて(しらべて)収める」に「ご」をつけて丁寧に表現した言葉です。 丁寧な言葉で「よく確認してから受け取ってくださいね」とうながす言葉ですが、「ください」は「くれ」を丁寧に表現した命令形であるため、目上の人に使用するのは避けた方が無難です。 上司や取引先に対する「ご査収ください」の使い方 丁寧に確認をうながす表現として使える「ご査収ください」ですが、命令形の口調が相手に不快感を与える恐れのある言葉。 ここからは 上司や取引先に対して失礼にあたらない「ご査収ください」の使い方を確認していきましょう。 「ご査収ください」の類語 「ご査収ください」の類語には、内容の確認や受け取りを伝える意味の言葉が当てはまります。 例えば「確認」や「検収」も「査収」の言い換え表現としてビジネスシーンで使用できます。 「ご査収ください」の類語を使用した例文をチェックしていきましょう。 ご確認ください 「確認」はなにかしらをチェックする際に使われますが、「ご査収ください」の言い換え表現として使用する場合、意味合いが少し異なります。 「ご査収ください」は内容に誤りがないかよく調べてから受け取るのに対し、 「ご確認ください」は内容が重要ではないものにも用いられている言葉です。 内容が正確か確認が必要な書類には「ご査収ください」。 受け渡しの際に便宜的に使用されるのが「ご確認ください」。 重要度が高い内容の場合は「ご査収ください」を使用し、それ以外の便利な言葉として「ご確認ください」を使い分けるのが適切です。 ご検収ください 「検収」とは、 届いた品物の数や種類、品質・動作確認を点検・検査して受け取る際に使用する言葉です。 「検収」は動作確認などを必要とするシステム開発などでも用いられているビジネス用語です。 主に数字やファイルを確認する「ご査収」に対して、「ご検収」では「物品や商品の品質確認」の際に使用されます。 「点検=確認」の意味では間違ってはいませんが、確認する対象が「査収」と「検収」では大きく異なることを覚えておきましょう。 「ご査収ください」の関連語 ビジネスシーンで使われる機会が多い「ご査収ください」は、ネット上の思わぬところでも使用されています。 本来の意味とは少し違う使われ方がされている 「ご査収ください」にスポットを当ててみました。

次の

「ご確認の上」の意味・使い方・例文|ご確認の上ご査収/ご検討〜等

ご 査収 ください ます よう お願い いたし ます

「ご査収の上よろしくお取り計らい」の例文 「拝啓 時下ますますご清祥のことと「お喜び申し上げます」。 来月分の原稿を同封いたしました。 「ご査収の上よろしくお取り計らい」ください。 」 「拝啓 時下ますますご清祥のことと「お喜び申し上げます」。 企画書を作成いたしましたので添付いたします。 「ご査収の上よろしくお取り計らい」ください。 」 「先日の会議における問題点をまとめました。 「ご査収の上よろしくお取り計らい」ください。 」 「明日の会議に提出する企画案を作成いたしました。 「ご査収の上よろしくお取り計らい」ください。 」 「ご注文いただきました試作品が完成いたしました。 「ご査収の上よろしくお取り計らい」ください。

次の

「ご査収」という言葉の仕事上での正しい意味と使い方

ご 査収 ください ます よう お願い いたし ます

まず始めに、「ご査収願います」という言い回しの、意味や使い方について考察していきます。 意味や使い方といった、基本的な内容を通して、「ご査収願います」という言い回しがどのようなものなのか、考えてみて下さい。 「ご査収願います」の意味 早速、「ご査収願います」という言い回しに含まれている、意味について考えていきましょう。 「ご査収願います」というフレーズの意味を考える際、解釈などに悩む方が多いのは、「ご査収」という言葉だと考えられます。 「査収」という言葉の意味については、「goo辞書」にて、以下の引用のように説明されています。 引用から、「査収」とは、金銭や物品などを受け取る際、よく確認したり調べたりした上で受け取ることを意味する言葉だと読み取れます。 上記のような意味を持つ「査収」という言葉に、丁寧さを意味する「ご」が付いた言葉が「ご査収」です。 ですから、「ご査収願います」という言い回しには、物や金銭などを、確認してもらうことを願う意味があると考えられます。 金銭・物品・書類などを、よく調べて受け取ること。 「ご査収願います」の使い方 続いては、コミュニケーションを取る際に、「ご査収願います」を使用する場合、どのように使えば良いのか、基本的な使い方について考えていきます。 上記でも述べたとおり、「ご査収願います」という言い回しには、書類や金銭などを受け取る人に向けて、確認をお願いする意味が含まれていると言われています。 ですから、「ご査収願います」というフレーズは、誰かに書類や物品、金銭などを渡す際に使用するものだと考えられそうです。 メール 「ご査収願います」という言い回しは、会話だけでなく、メールなどでも使うことが可能です。 メールで「ご査収願います」という言い回しを使うシチュエーションとしては、メールに資料などのデータを添付して、相手に確認してもらいたい場合などが考えられます。 また、郵送で贈り物などを送ったことを知らせる場合にも、メールで伝えることがあると考えられそうです。 後述で、よりたくさんの例文をご紹介していきますが、メールで「ご査収願います」という言葉を使う場合の一例としては、「資料を添付いたしましたので、ご査収願います」「つまらない物ですが、ご査収願います」といった使い方ができると考えられそうです。 「ご査収願います」の例文 「ご査収願います」という言い回しの、基本的な意味や使い方を理解したところで、続いては「ご査収願います」というフレーズを使用した例文をご紹介していきます。 例文の中で、「ご査収願います」という言い回しがどのように使われているか確認してみることで、「ご査収願います」という言い回しのより実践的な使い方を学べる可能性もあるでしょう。 よろしく 「ご査収願います」という言い回しと一緒に使われることが多い言葉の1つに、「よろしく」という言葉が挙げられます。 「ご査収よろしくお願いします」などの言い回しで使われることが多く、「ご査収」という言葉を使用した言い回しとしては、最もメジャーな言い回しの1つだと言えそうです。 ・ご査収のほど、よろしくお願いいたします。 ・会議の書類をお渡ししますので、ご査収のほど、よろしくお願いします。 ・つまらないものですが、ご査収のほど、よろしくお願いいたします。 申し上げます 「ご査収願います」という言い回しを、より丁寧にした言い回しの1つとして、「ご査収いただきますようお願い申し上げます」などの表現が挙げられます。 目上の人などに、より丁寧に物を渡したり、書類や物品などの確認をしてもらったりしたい場合は、以下の例文のような表現を使用すると良いでしょう。 ・お渡しいたしました書類の内容を、ご査収いただきますよう、お願い申し上げます。 ・お詫びの品を後日お送りいたしますので、ご査収下さいますよう、お願い申し上げます。 ・お詫びの品を郵送にてお送りいたしましたので、ご査収いただきますようお願い申し上げます。 「ご査収願います」の返信方法 ここまで、自分が「ご査収願います」というフレーズを使用する場合に注目して、さまざまな視点から「ご査収願います」について、考察・ご紹介してきました。 しかし反対に、自分が他人から「ご査収願います」と言われる可能性もあるでしょう。 そこで続いては、「ご査収願います」と他人からメールで言われた場合の返信方法について、考えていきます。 他人から「ご査収願います」とメールなどで言われた場合は、まずは「ご査収」の対象となる贈り物や資料などを確認しましょう。 また、すぐに確認できない場合は、いつまでに確認すれば良いのか、相手に尋ねてみることをおすすめします。 資料などを確認したら、確認したことや内容について、返信のメールで述べ、場合によっては相手にお礼を述べるのが、一般的だと考えられます。 「ご査収願います」の上司への使い方 続いては、「ご査収願います」というフレーズを、上司などの目上の人に対して使いたい場合、どのように使えば良いか、考察していきます。 基本的に、「ご査収」という言葉自体、確認を意味する「査収」に丁寧なニュアンスを持つ「ご」が付いた、丁寧な言葉だと考えられます。 そのため、「ご査収願います」というフレーズのままでも、親しい相手の場合は、使用しても問題ないと考えられそうです。 より丁寧な表現 上記でも述べたとおり、「ご査収願います」という表現は、丁寧な表現と言えるでしょう。 しかし、さらに丁寧な表現も存在しているため、より敬意を払うべき相手や、丁寧に接したい相手などには、さらに丁寧な表現を使用した方が良いと考えられます。 「ご査収願います」という言葉を、さらに丁寧にしたい場合は、「願います」の部分をより丁寧な表現へと変えていく必要があると言えるでしょう。 「願います」という言い回しをより丁寧にした言い回しとしては、「お願い申し上げます」「よろしくお願いいたします」などの言い回しが挙げられます。 ですから、「ご査収願います」を丁寧にしたい場合は、「ご査収のほど、お願い申し上げます」などの言い回しに言い換えられると考えられそうです。 「ご査収願います」の敬語 「ご査収願います」という言葉は、目上の人などに物を渡す際に使われる言葉です。 そのため、上司にも使用できるかお考えの方もいらっしゃるでしょう。 そこで続いては、社内でも「ご査収願います」という表現を使用するかどうか、考えていきます。 「ご査収願います」というフレーズを、社内で使用しても、失礼になるということはないでしょう。 しかし、「ご査収下さい」という言い回しは、かしこまった言い回しでもあるため、社内で使うと、やや違和感があったり、堅苦しい印象を与えたりしてしまう可能性もあります。 ですから、社内では「ご確認お願いいたします」「よろしかったらお受け取り下さい」といった言い回しの方が、無難だと考えられそうです。 「ご査収願います」の類語.

次の