新 生姜 食べ 方。 新生姜を大量消費!おすすめの食べ方や日持ちするレシピをご紹介

葉生姜(谷中生姜)の下ごしらえ・酢漬けなどの食べ方 [毎日の野菜・フルーツレシピ] All About

新 生姜 食べ 方

スポンサーリンク 新生姜の甘酢漬けが辛いのはなぜ? 新生姜で自作の甘酢漬けを漬ける時、お寿司のガリや岩下の新生姜のように甘酸っぱくなっているのを想定して作りますよね。 ところが完成したものを食べたら… 辛い! ヒリヒリ辛すぎて食べられない物が出来上がる事があります。 甘くなっているはずの新生姜の甘酢漬け、どうして辛くなってしまったのでしょうか。 まずは原因として考えられる事を5つご紹介します。 あまり長くゆでてしまうとシャキシャキした食感が無くなってしまうので注意しなくてはいけませんが、茹でる時間が短いと辛くなります。 もう少し漬けてから様子を見てみると辛味が抜けているかもしれません。 これももう少し時間をおいてみましょう。 生姜の塊を漬けた場合は漬かるまで最低でも1週間はかかりますよ。 ですが、新生姜だと思っていたが実は普通のしょうが、ひね生姜だった… そうであれば固いし辛いです。 もし普通の生姜で作ったのであれば、甘酢漬けは諦めて他の料理に活用したほうがいいです。 新生姜の甘酢漬けから辛味を抜く方法 辛すぎる新生姜の甘酢漬け、このまま辛くて食べられないようなら困りますよね。 漬ける時間を長くしても辛いままなら、辛味抜きの作業をしてみましょう。 やり方をご紹介しますね。 漬け直す甘酢は元々新生姜を漬けていた甘酢をそのまま使うのでも構いませんが、その甘酢は生姜の水分が出て薄くなっています。 ここに酢や砂糖を付け足して使うといいです。 もしくは甘酢を新しく作って、そこに改めて茹でた新生姜を漬けるのでもいいですよ。 こうやって再び茹でて新生姜の漬け直しをすると新生姜のさわやかな風味がなくなってしまう可能性が高いのですが、辛味を抜くには効果があります。 スポンサーリンク 辛い新生姜の甘酢漬けの食べ方と活用法 先程ご紹介したように甘酢に漬けたあとでも辛味を抜いて漬け直しができます。 他にも辛味を香りを生かして他の料理に利用するという手段があります。 ただ一つ普通の生姜と違う所は甘酢に漬けてあるという事ですので、ほのかに感じるお酢が気にならない料理に使うのがいいですね。 一例をご紹介します。 お酢が入るとタレがさっぱりした味になりますので、新生姜を漬ける時期には合いますね。 辛くて食べられない新生姜の甘酢漬けを活用するにはぴったりです。 いわしの煮つけは梅干しを入れて煮ると、酸の力で骨が柔らかくなると言います。 梅干しの代わりに甘酢漬けの酢でも骨が柔らかくなりますよ。 入れすぎると辛いので気を付けて。 最後に 新生姜を甘酢に漬けて辛かった場合、薄くスライスしたものなら漬ける前のしょうがの茹で加減で辛味が残ってしまう事がほとんどです。 サッと湯通しする位だと辛味抜きの効果がありませんので、1、2分茹でる事をおすすめします。 漬けた後辛くても別の料理にも使えるので無駄にはなりませんが、甘酢漬けは新生姜でしか作れませんから、辛味抜きに挑戦しておいしい自家製の甘酢漬けにしてみて下さいね。

次の

生姜と新生姜の美味しい食べ方を紹介!適した食べ方が違う?

新 生姜 食べ 方

新生姜の下処理 新生姜は傷みやすいので、 先端や表面が乾いていたり、茶色くなっているものを避け、できるだけ新鮮なものを購入します。 まず、切りやすい大きさに折ってからさっと洗い、茶色くなっている皮の部分があればスプーンでこそげとります。 続いて、赤い部分を少し残すようにして先端を切り落とします(赤い部分を少し残すのは、 淡いきれいなピンク色に染めるためなのですが、食べると少し硬めで、先の部分は乾燥していることも多いので、少し切り落とすくらいでいいと思います)。 新生姜の甘酢漬けは軽い食べ口であることが美味しいので 包丁やスライサーなどで、繊維にそって、できるだけ薄く切ります。 新生姜のゆで方と漬け込み方 鍋にたっぷりの湯を沸かし、切った新生姜をさっと 1〜2分ほどゆでます(薄ければ1分、少し厚みがあれば2分が目安)。 ゆで上がれば、できるだけ大きめのざるに上げます。 そのまま冷めるまで待ちます。 新生姜が冷めたら、 しっかりと手で生姜の水気をしぼることが大切です。 しぼった生姜は清潔な保存容器に移します。 にも詳しく書いています。 甘酢を全量加えて、 しぼった時に固まった生姜を箸で軽くほぐします。 冷蔵庫で保存し、半日後から食べることができます。 冷蔵庫で保存すれば2カ月ほど保存可能です。

次の

葉生姜(谷中生姜)の下ごしらえ・酢漬けなどの食べ方 [毎日の野菜・フルーツレシピ] All About

新 生姜 食べ 方

年中市場に出回っている生姜が一般的に私たちが生姜と呼んでいる茶色の皮のものである。 この生姜の正式な名前は古根生姜(ひねしょうが)である。 もう1つの新生姜は旬が9~10月で限られた期間でしか手に入れることができない。 実は古根生姜と新生姜はもともと同じものである。 新生姜は収穫してからそのまま市場に出回るものと、一旦、数ヶ月貯蔵してから出荷されるものがあり、貯蔵されるものが古根生姜である。 新生姜は柔らかいが、数ヶ月貯蔵されるとその間に水分が抜けてしまい、硬くなる。 新生姜と古根生姜の違いはその見た目や硬さ以外にも味の違いも大きな特徴である。 新生姜は収穫したての生姜ということもあり、水分が豊富に含まれており、みずみずしく柔らかいだけでなく、甘みを感じることができる。 そのため、生でも美味しく食べることができるのが大きな特徴である。 一方で、古根生姜は貯蔵期間に水分が抜けて硬くなり、辛みが増す。 古根生姜は好みに合わせて生で使用したり加熱したりすることでいろいろな楽しみ方ができる生姜でもある。 それぞれの特徴を活かして上手に生姜と新生姜を活用することで、食生活をさらにワンラックアップすることができるのである。 ぜひとも上手に使い分けてもらいたい。 生姜は生で食べる場合、すりおろして食べることがおすすめである。 すりおろし生姜は薬味として使用するのがよいだろう。 麺類を食べるときにスープに溶かしたり、豆腐や焼き魚、肉に添えたりすることがおすすめである。 基本的には食べる直前に生のものをすりおろして使用するほうが辛みも香りもしっかりと楽しむことができる。 しかし、時間がない場合には、チューブで販売されているものを使用したり、時間のあるときに、まとめてすりおろして冷凍保存しておいたものを使用するのもおすすめである。 また、千切りや薄切り、すりおろしを魚や肉を煮込むときに入れることで、臭み消しになり食べやすくなる。 また、身体を温めてくれる働きが期待できる。 温かい飲み物にすりおろした生姜を入れるのも味にアクセントをつけてくれるのでおすすめの食べ方である。 お寿司の付け合わせといえば、ガリをイメージする人も多いだろう。 このガリは新生姜を甘酢に漬け込むことで作られることがほとんどである。 新生姜の甘酢漬けは自宅でも簡単に仕込むことができるのでぜひと挑戦してもらいたい。 新生姜の甘酢漬けは常備しておくとさまざまな料理にアクセントや隠し味として使用することができる優れものでもある。 魚や肉料理の付け合わせにしたり、炊き込みごはんに最後に混ぜ込んだり、稲荷の中に詰める酢飯に混ぜ合わせたり、和え物に刻んで混ぜ合わせたりと万能であり保存性も高くなる。 酢(もしくは柑橘系果汁)や蜂蜜などの甘みなどを軽く加熱して、粗熱をとったら昆布とともにスライスした新生姜と漬け込むだけでできあがり。 料理が得意でなくても簡単に作れるのもおすすめポイントの1つである。

次の