ある日お姫様になってしまった件について 75。 【超豪華限定版】韓国語 まんが 『ある日お姫様になってしまった3』(紙人形本+ステッカー4種+メガネふき+はがき+ボックス)プルートス /スプーン

ある日、お姫様になってしまった件について25話ネタバレ

ある日お姫様になってしまった件について 75

第76話の感想 ある姫、6月の更新でした~。 次は後!?待てない・・・あと何回辛い仕事をこなさないといけないの・・・。 以下、個人的な感想です。 アタナシアの戸惑った顔を思い出してしまい少し落ち込みます。 これ、ジェニットが子供と言われてもクロードは受け入れないだろうし(ダイアナと過ごした時の記憶は持ってるし)、一人だけ勘違いしているのが可哀想すぎて。。。 憎たらしいキャラだったらザマァなんだけど、ジェニットに罪は無いから読んでて辛い。 それにしてもなぜ小説の中のクロードがジェニットを受け入れたのかが謎なんですが、婚約者とは身体の関係がありつつ、兄と関係持たれたってことでいいんでしょうか? ダイアナのことを忘れたと同時に、兄と婚約者の裏切りも忘れたってこと?真っ先に兄の子供か?と疑いませんかね、普通。 そんなドロドロの話は一旦置いておいて。 アタナシアはイゼキエルとルーカスからのアプローチに戸惑い中。 好かれたことある?とフィリックスとリリーに質問するアタナシア。 フィリックスはモテモテで安心しました。 やっぱり赤血の騎士様なだけありますね。 といいつつ「 赤血」って何て読むんでしょうか?いつも「赤血球」と打って球を消すのですが・・・ググっても出てこず 笑 クロードがいつも傍にいるせいで話かけられないとか、、 でもクロードも美しいし、ダイアナと出会う前のハーレムの絵では女の子たちきゃっきゃしてたからモテないわけではないんだろうなと。 貴族からは敬遠されてそうなイメージ。 パパ呼び復活おめでとうございます() 翻訳かけたら「おとうちゃま」とか出てきて噴出したけど、次のコマはちゃんとパパだったw 今のクロードに船提案するの!?とアタナシアの心配をしつつ、すんなり承諾するクロードにもびっくりです。 以前ルーカスがクロードの黒魔法が和らいでいく過程を話すシーンで幼少期の船のシーンが描かれていたから、クロードにとってアタナシアと乗った船は思い入れが強いんだろうな、と勝手に解釈。 ジェニット誘ったのはアタナシアなりの配慮だったと思いますが、クロードの返事もアタナシアへの配慮・・・。 二人で乗ってほしいし、ジェニットが来ても二人の間には入れないし可哀想なので、手紙が届くの遅くて明日は皇城来れないとかになってほしいです。。。 湖の魔物を除去した話ってありましたっけ?めちゃくちゃ微笑ましいです。 親心が今のクロードにも少しずつ芽生え始めてきているのが伝わってきますむふふ。 第76話後の妄想 以前、pixivに75話の妄想記事を載せたのですが、かすりもしなかったので。 今後は細々と展開予想だけにしようかなとw 見事に掠らなかった小説は以下URLにありますw 76話後の願望を通勤途中の電車で妄想しました。 湖の中を覗き込み、謎の魔物はいないかを確認するアタナシア。 澄ました顔をしつつ船から身を乗り出すアタナシアが内心気になってしょうがないクロード。 アタナシアは固まった後、14歳にもなって抱えられたことに顔から火が出そうになった。 降り場で待っていたフィリックスは終始ニコニコしていて、動けないアタナシアを背中に乗せて「姫様大きくなりましたね」と言い笑った。 次回更新は7月10日か・・・待てない。

次の

【ある日、お姫様になってしまった件について】第76話の感想と妄想

ある日お姫様になってしまった件について 75

『それでは授業時間に遅れますので急ぎましょう、姫様。 』 『そ,そうでした』 (何で授業なんだろう? アタナシアの頬に手を当てるルーカス。 『?』 『顔が赤いですよ』 『熱でもございますか』 目を見開くアタナシア。 もうイゼキエルがいるのに何してるの! 『いいえ、大丈夫です。 そして,チラッとイゼキエルの方を見ました。 すると, 『姫さま』 そう言い,イゼキエルはアタナシアの手の甲にキスをします。 『今日は貴重な時間を作ってくださって 本当にありがとうございます。 』 『今日出来なかった話は近いうちにまたお伺いした時にします。 』 アーティは顔を赤らめます。 『は,はい』 (殺そうか) ルーカスは2人を見て怪訝そうな顔でそんなことを考えていました。 『お前さっきから何してんだ?』 アナタシアはルーカスの髪を三つ編みにしていました。 『心の安定を取り戻している』 『……』 『こうすれば安定するのか?』 『ちょっとは?』 『…そうか?』 『……』 [我慢] (どうしよう? もうイゼキエルが 私を好きだとは。 過ぎ去る感情だと思ったんだけど。 アタナシアはこれまでのイゼキエルの行動を思い出した。 (考えてみればすごくよくしてくれたことはある。 普通あそこまでしてくれないよ。 そういえば本の中でイゼキエルはどうやってジェニットを愛するようになったっけ。 挨拶してください,イゼキエル』 アタナシアにイゼキエルを紹介するジェニット。 『イゼキエル?』 『どうしたの?』 アタナシアを見てイゼキエルは目を輝かせています。 (見たことないのかな? 『おい』 ルーカスがアタナシアの腕を握りました。 『お前今何を考えてる?』 『うん?あれ?』 (今思いついたのは何だったん… 『わぁ,髪すごいね』ケラケラ 『何を考えてたのか聞いてただろ』 『あっ』 ルーカスは元の姿に戻ります。 『ああ、綺麗だったのにもったいない』 (魔力が… 初めてみる波動だった 『助けてやるから諦めるなよ』 『なにを??』 『全部。 お前のパパの記憶探しでも何でも。 』 『急に…あきらめるなって。 私がいつそんな風に諦めることになったの?』 (お前は前科があるじゃないか 『もうただでさえイゼキエルのことで頭が痛いんだから、おかしなこと言わないで』 『イゼキエル?』 『お前そんなこと考えてたのか?』 『ち、ちがうよ?違うったら,違うよ!』 『お前そんなにあいつが好きなのか?』 そう言い顔を近づけるルーカス。 『え?』 『あんなおとなしいふりをして見栄を張るタイプがいいのかって。 』 『おとなしいふりじゃなくて上品だからで、見えを張るんじゃなくてマナーがいいの!とにかくイゼキエルはあんたと違って紳士なの! 』 『紳士?』 『こんなのが紳士なのか?』 そう言い,不敵な笑みをうかべ,アタナシアの手の甲にキスを落とすルーカス。 そんなルーカスにアタナシアは顔を真っ赤にします。 《なんでこいつら2人ともこんなことするの! ?》 『で,出て行け!』 場所は移りクロードの執務室。 クロード:なんとなくの気分の悪さ 『陛下,何か問題でも?』 そこには,なにかを察したかのように気分を悪くするクロードがいるのでした。

次の

漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」4話のあらすじと感想!ネタバレ有り

ある日お姫様になってしまった件について 75

出典元:「ある日、お姫様になってしまった件について」21話、24話、37話 本作の主人公。 アタナシア(Athanasia 、不滅という意味の名を持つ。 不死の意味を持つ名前は、後に皇帝となる正式な後継者にしか許されないが、彼女の母ダイアナが死に際に名付けた。 愛称はアーティ。 クロードの唯一の実子。 直系の皇族の証である宝石眼を持ち、ダイアナそっくりの容姿をしている。 本来の彼女は孤児院出身で、貧しい暮らしを送る地球の社会人だったが、ある日突然、異世界のオベリア帝国・皇帝の一人娘として転生していた。 前世では、前日に睡眠薬を飲んで眠ったため、睡眠薬のせいで死んだ可能性がある。 彼女は、仕事先で客が忘れていったロマンスファンタジー小説「かわいらしいお姫様」の内容と一致する世界に来てしまい、しかも実の父である皇帝クロードに愛されることなく、濡れ衣で彼に処刑されてしまう悲劇の姫・アタナシアとして転生してしまった。 小説の内容では、9歳で初めてクロードに会い、18歳で処刑される。 なので、生き残るためにこっそり逃走資金を貯め、クロードに会わずにして皇宮から脱出しようと計画する。 だが実際は5歳でクロードに出会ってしまった上に、どういうわけか頻繁に会うようになってしまう。 いつクロードの機嫌を損ね殺されるか戦々恐々と過ごすうち、ある程度の慣れが彼女を強くする。 現在、彼女の身体に収まりきらない魔力が、黒い子犬の神獣となって彼女の傍にいるようになった。 クロード・デイ・エルジェア・オベリア• 出典元:「ある日、お姫様になってしまった件について」24話、30話 オベリア帝国の現皇帝。 アタナシアの実の父。 帝国を救った英雄と称される。 後継者であった兄を殺し、今の地位につく。 そのため、クロードの名は不死に関するものではない。 宝石眼を持つ。 冷血な性格で、感情の起伏がない。 日々4時間くらいしか寝る時間がないので、いつも眠そうである。 愛した女性ダイアナがアタナシアを産んだ直後死んでしまったので、後宮のルビー宮にいる者たちを皆殺しにした。 生まれたばかりのアタナシアも殺すつもりだったが、ダイアナが名付けた不死の意味をもつ帝王の名を聞き、踏みとどまる。 だが、その後ルビー宮に立ち寄ることをせず放置し、アタナシアが5歳になるまで一度も会うことがなかった。 そのため、子育てに関してやや無知である。 小説内では、クロードの前婚約者との間にできた、彼に隠され育てられていたジェニットという可愛らしい娘と出会ってから、ジェニットだけを溺愛するようになる。 そしてアタナシアを一度も愛すことなく、濡れ衣でアタナシアを殺す。 実際には、無愛想ながらなんだかんだアタナシアを構うようになり、彼女が血を吐き気を失ったときは、ひどく動揺していた。 ジェニット• 出典元:「ある日、お姫様になってしまった件について」23話、31話 原作の正ヒロイン。 隠され育てられたクロードの娘という設定。 天真爛漫で純真な彼女は、アタナシアとは違いクロードに愛され、さらにイゼキエルという優秀な婚約者と幸せに暮らすと原作には書かれている。 クロードの元婚約者フェネロペ・ユディットが生みの親だが、クロードの兄アナスタシウスとの不倫で産まれた子なので、クロードの実子ではない。 その上、アナスタシウスの実験により黒魔力を吹き込まれたという、混ざった子だ。 出産の際、フェネロペは死亡。 クロードの実子ではないことは、クロードと原作を知るアタナシア以外、誰もいない。 現在はアルフィアス公爵家で、身分を隠した状態で保護されている。

次の