ポケモン usum メタグロス。 【ポケモン育成論まとめ】メガメタグロスの調整と対策 USUM

ポケモンUSUMダブル

ポケモン usum メタグロス

サン・ムーンでは、野生のポケモンが「助けを呼ぶ」で別のポケモンを呼び出すこと... メタグロスおすすめ育成 特性 「 」・・・相手の能力ランクを下げる技や特性の効果を受けない。 技による能力変化を回避する、通常特性のクリアボディがおすすめです。 性格 高い攻撃力を活かすのが効率的ですので、特攻を下げるのは確定。 そこから、攻撃をさらに上げるか、低い素早さを補うかの2択になりそうです。 ようきであればガブリアス対策にも(後述)。 「いじっぱり」(攻撃UP、特攻DOWN) 「ようき」(素早さUP、特攻DOWN) 努力値・個体値 努力値は、攻撃と素早さに全振り、あるいは多めに振り、HPにもいくらか振っていくのが基本形です。 個体値もこの3項目を特に重視しましょう。 技 :数少ない物理エスパー攻撃のため、ほとんど確定で入れたい技です。 ひるませ効果も。 :現環境で人気のガブリアス対策に。 性格ようき、努力値個体値で素早さを重視すれば、多くの場合においてメガシンカ後に先手を取った上で一発で倒せます。 :先手を取れる物理はがね攻撃。 威力重視でコメットパンチもあり。 :高威力の物理じめん攻撃。 弱点のほのおタイプなどへの対応力アップに。 すべて攻撃技の紹介となりましたが、メガシンカをする場合はこれで十分でしょう。 メガシンカさせない場合は、また違ったパターンも見えてくると思います。 アイテム :メタグロスをメガシンカさせることができる。 メガシンカさせることを前提としていますので、もちろんここはメタグロスナイトです。 関連ポケモン.

次の

【USUM】メガメタグロスの育成論!シングルレートのアタッカー【ポケモンウルトラサンムーン】

ポケモン usum メタグロス

メガリザードン 第2位はメガリザードン。 Xの方は主に物理型として使用される。 特性かたいツメにより、威力に1. 3倍が加わったフレアドライブや逆鱗で沈めてくる。 何よりビジュアルがカッコ良すぎる。 強力な詰み技「りゅうのまい」+フレアドライブ・逆鱗・かみなりパンチ(じしん)で大体勝てる説。 コチラはメガリザードンY 特性ひでりにより、炎技の威力を1. 5倍にすることができる。 また、ソーラービームを1ターンで繰り出すことも可能。 弱点である水タイプのダメージを天候により半減することもできる、チートポケモン。 リザードンは選出画面ではXとYのどちらに進化するか分からないため、構築や立ち回りから推測しなければならない。 手厚い対応策もなく、メガシンカ先を読み間違えると負けが決定してしまうほどだ。 ちなみに筆者はリザードン検定8級の持ち主である。

次の

ポケモンUSUMダブルバトルレートメガメタグロスの育成論!

ポケモン usum メタグロス

メタグロス てつあしポケモン ぜんこくNo. 376 アローラNo. USUM 280 アローラNo. SM 216 高さ 1. 6m 重さ• 550. 0kg• けたぐり威力120 タイプ• 英語名• Metagross タイプ相性による弱点• 5 進化の流れ• 20で『ダンバル』から進化• 45で『メタング』から進化 共通の入手方法• 進化・タマゴで入手• 過去作からポケモンバンクで移動 生息地 USUM• なし 主な入手方法 USUM• なし 生息地 SM• なし 主な入手方法 SM• 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 相手が『あく』タイプの時、『エスパー』タイプの技が当たるようになる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 BW2までは威力も個体値によって変化 技. 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 連続で使うと失敗しやすくなる。 最大102。 相手が技『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 最大102。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダブルバトル用 技. 攻撃後、自分が『ひんし』状態になる。 ただし最大威力は150。 小数点以下は切り捨て。 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 第6世代は命中率:90 技. 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 片方しか道具を持っていない場合も成功する。 自分が場を離れると効果は消える。 67倍、1. 6倍の説もあり になる。 また、特性『ふゆう』や、『ひこう』タイプのポケモンに『じめん』タイプの技が当たるようになる。 技『そらをとぶ』『はねる』『とびげり』『とびひざげり』『とびはねる』『でんじふゆう』『フライングプレス』『フリーフォール』が使えなくなり、使用している場合は解除される。 『テレキネシス』を受けなくなり、受けている場合は解除される。 USUM New! 『じめん』タイプの技が当たらなくなるが、それ以外の技が必ず命中するようになる。 ただし、一撃必殺の技は変化しない。 USUM New! 自分と味方1体の位置を交代する。 ダブルバトル用。 USUM New! そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 『きのみ』はなくなる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 PPはコピーした技のポイントアップ未使用時の最大値となる。 交代すると元に戻る。 相手の技がZワザの場合は失敗する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 事前に技『まるくなる』を使っていると威力が2倍になる。 攻撃が外れたり連続で使用しないと元に戻る。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 野生のポケモンを捕まえる時に便利。

次の