日刊 げん だい。 某野球解説者、これでもギャラはトップクラス…巨人以外の選手を知らない、開き直って勉強もしない(日刊ゲンダイ・デスク) : ベースボールスレッド

ほぼ日刊イトイ新聞

日刊 げん だい

安倍-麻生また密談 創価学会「準備突入」で強まる解散風• 浅間山警戒レベル2 1931年西埼玉地震の時と状況がそっくり• 長期休養から復帰 知人が明かす「ガッキー本格派女優への道• 警視庁・捜査一課長」の好調をけん引 斉藤由貴のチラリズム• 入団時に騒がれた元高卒ドラ1の今季を占う• マラソン2大会中止 東京五輪も年内判断で中止申し出るべき• 渋野日向子が71位でまさかの予選落ち 肉体改造が裏目に?• 巨人ウィーラー獲得「代打要員2人で5億円」に他球団の溜息• 矢野阪神 開幕から1勝6敗の借金5…貧打を招いた本当の戦犯• [宝塚記念]1強戦だ サートゥルナーリア• [宝塚記念データ大分析]近年は1番人気が不振• [パラダイスS]舞台実績馬ムーンクエイクの一発• [大沼S]無類の函館巧者リアンヴェリテ逃げ切る.

次の

日刊ゲンダイ

日刊 げん だい

新聞休刊日により週に1回しか発行されない場合であっても、通常の発行予定日が週2回以上であれば、軽減税率が適用されます。 消費税の軽減税率が適用されないケース ここからは、よく間違いやすい消費税の軽減税率が適用されないケースを紹介していきます。 書籍や雑誌は軽減税率の対象外 書籍や雑誌を軽減税率の対象外にするかどうかは議論があったようです。 しかし、有害図書の排除が難しいという理由などにより、今のところは軽減税率の対象外という方向で話がまとまっています。 週刊新聞や月刊新聞は軽減税率の対象外 新聞が軽減税率の対象となる条件に「週2回以上発行される」があるため、週刊新聞や月刊新聞は軽減税率の対象外となります。 例えば、政治、経済、社会、文化等に関する一般社会的事実を掲載した新聞・業界紙であっても「週1回」「月1回」しか発行されない場合は、軽減税率の対象外となります。 残念ながら 電子版の新聞には軽減税率が適用されません。 このことは、国税庁のホームページ「消費税の軽減税率制度に関するQ&A(個別編)」でも記載されています。 インターネットを通じて配信する電子版の新聞は、軽減税率の適用対象となりますか。 出典:国税庁 仮に定期購読料が「紙版」と「電子版」で同じだったら、軽減税率が適用されない分、電子版のほうが割高になってしまいます。 コンビニや自動販売機は軽減税率の対象外 新聞をコンビニや自動販売機で購入した場合は、軽減税率が適用されません。 なぜなら、軽減税率が適用される新聞は、• その新聞を定期的に継続して供給することを約束した「定期購読契約」に基づくもの が対象だからです。 コンビニや自動販売機での購入は、その都度購入するものであり、定期購読契約に基づかないことから、軽減税率には該当しません。 最後に 消費税の軽減税率は、初めて導入されることから混乱が起こることが予想されています。 新聞の取り扱いについては、• 定期購読契約が締結された週2回以上発行• 一定の題号を用い、政治、経済、社会、文化等に関する一般社会的事実を掲載 が条件となります。 場合によっては、定期的にコンビニで新聞を購入するより、定期購読契約をしたほうがお得になるケースもあります。 また、新聞の取り扱い店は、消費税の導入をスムーズに行うためのと合わせて社内ルールの設定と従業員に周知徹底させておきたいところです。 その他、ややこしい軽減税率の対象商品・品目は、次の記事で紹介しています。

次の

日刊ゲンダイ電子新聞(WEB版)

日刊 げん だい

日刊ゲンダイの評判は?信憑性は? 日刊ゲンダイは、日本の情報発信メディアの一つで、一定の知名度を有しています。 日刊ゲンダイの特徴は、特定の対象の秘密を暴露したり、人の目を引く内容の記事が公開される事です。 ただ、メディアの分類としては大衆紙、つまりタブロイドの一種なので、その内容や信憑性には疑問が生じます。 また、一般的にタブロイド紙は、噂や根拠の薄い記事を扱うので、内容は一般的な新聞よりも、詳細に検証する必要があります。 日刊ゲンダイの主な購読層は、芸能人のスキャンダルや政治家の噂に興味があり、他では扱わない情報を知りたい人に集まります。 つまり、大衆紙としての日刊ゲンダイは、多少信憑性に欠ける記事でも、スピード優先で紙面に乗せたり、記者の技量によって記事の質が変わると評判を得ています。 通常、ニュースは信憑性が重要で、信頼出来る情報を扱わなければ、新聞社自体の信頼性に影響を与えます。 しかし、タブロイド紙は例外で、購読者も特徴を理解した上で読むので、あえて噂レベルの記事を楽しむメディアとして選ばれます。 <スポンサードリンク> 日刊ゲンダイの過去の評判 過去の評判としては、テレビのワイドショーが取り上げる話題を扱い、信憑性や決定的な証拠が不足していても、記事にまとめて掲載される点が話題になります。 当然ながら、求められる記者のレベルはそれ程高くはないので、噂程度や根拠が弱い切っ掛けであっても、話を盛り上げて記事にしてしまう特徴があります。 噂の芸能人だけではなく、何かと批判される政治家も記事の中心になりますが、信憑性が欠ける記事の中にも、真実が紛れ込んでいる事は少なくありません。 記事を執筆する記者によっては、ある程度読ませる記事に仕上がりますし、話半分程度の内容であっても、噂を好む人にとっては楽しいメディアになります。 新聞に限らずどのメディアも、完全に中立とはいかないので、主張や記事の内容に偏りが生じる事は珍しくありません。 日刊ゲンダイもまた、特定の人物を積極的に取り上げたり、噂を元にして集中的に叩く傾向があるので、紙面の方向性と好みに合う人にとっては、他にない魅力的なメディアになります。 一方、根拠の薄い噂を根拠に、面白おかしく取り上げるのは、新聞本来の意義に反する側面もあります。 記事に間違いがあると度々訴えられたり、内容を訂正する事は少なくないので、その事からも日刊ゲンダイの特徴は分かります。 一般紙を購読する層から見ると、日刊ゲンダイの評判はタブロイド紙ですが、その評価自体は間違っていないと考えられます。 噂を扱う大衆紙の中で、日刊ゲンダイはある程度のブランドを築き上げているので、常に一定の購買層や支持者が存在します。 常に信憑性が疑われたり、内容のいい加減さが評判になる事もありますが、それを含めての新聞なので、記者はおもしろおかしく書ける人達が揃っています。 真面目な人達からは、新聞の信頼性が疑われると批判されますが、ユーモアが分かる層からは評判ですし、今後も噂を扱うメディアとして注目される可能性が高くあります。

次の