スペースワイファイ 解約方法。 スペースwifi月3680円定額端末レンタル初期費用・端末代0円

SPACE WiFiの4つのデメリットとは?後悔する前に要確認!

スペースワイファイ 解約方法

などが、SPACE WiFiを使う最大のメリットです。 ちなみに民泊レンタルwifi同士の料金比較表は公式サイトに詳しく書いてあります。 常に最安値保証をしてくれています。 民泊以外の も作成しましたので、民泊wifiを個人利用するかどうかの検討用に使ってください。 wifi選びで困った経験、ありませんか。 複雑すぎるプランにウンザリ Wi-Fiなどのインターネット回線って• キャッシュバックキャンペーン• 実質料金• 3年契約 など、月額料金や契約プラン内容が非常に複雑ではないでしょうか? 結局どれがいいの?とか混乱した経験は誰しもがあるかと思います。 そして必死に選ぼうとするともう面倒になって、結局家電屋でオススメされるがままに契約してしまったって経験ないですか? 私の妻がそうでした(笑) もともと契約していたYモバイルのポケットwifiが、月額料金高い上になにもキャンペーンなしに契約していたというので解約しようとしたら みたいなとんでもない状況になりました。 同じことで失敗してしまう方を減らすために、SPACE WiFiだけでなく、有名どころのWiMAXプロパイダも徹底料金比較しました。 その中で一番条件の良かったSPACE WiFiを、実際に個人で利用して、通信費を大幅に節約できたので紹介します。 民泊wifiとは??個人利用にもメリット多数 まずは民泊wifiについてです。 民泊というのは今流行のAirbnb(エアビーアンドビー)で自分の住まいを、民宿のように貸し出すサービスですね。 もともと民泊wifiはその泊まりにくるゲストのために、自宅のオーナーが契約する専用のwifiだったのですが、実は民泊やってなくても申し込みできる製品があります。 「そもそも民泊wifiってなんなの?普通のwifiとなにが違うの?個人で利用するメリットあるの?」 そんな疑問にお答えるするために、まずはそのメリットを列挙していきます。 そして次に泊まる人のことなんて、各個人レベルでは当然考えないので、wifiを制限気にせず利用します。 仮に、通信制限が発生したらそれはもう、次のゲストからクレームです。 なので、民泊wifiは基本的に月間使用量無制限になっております。 大抵のプロパイダでギガ放題プランという無制限プランはあります。 最大のメリットはいつ解約しても違約金がかからないということ! 民泊wifiはなんと、契約期間が定められておりません。 というのも、民泊って思ったより利益が出なくてやめてしまうリスクもありますよね? そんなケースに備えて、民泊wifiには最低1か月の利用期間はありますが、それ以上の契約期間が定められていないのでなんと違約料が発生しません。 この特徴は、民泊wifiを個人で利用する人にもとてもありがたいことです。 成長の早いIT業界だと2年とか3年あれば、より素晴らしいサービスが出る可能性だって大きいです。 (事実、この民泊wifiが生まれました) 違約金なんてうんざり!という人には本当にオススメです。 よくある• キャンペーン適用で端末代金無料、とか• スマホみたいに月額利用料が安くなって端末代金が相殺扱い、とか• キャッシュバックで実質無料、とか そういった煩わしさは全くありません。 分かりやすいシンプルな料金体型です。 レンタルはデメリットに思えますが、3年使用したwifi端末って手元に残ってもしょうがないので全く問題ないです。 ということで民泊向けで嬉しい内容は個人利用でも嬉しいものばかりです。 民泊wifiの個人利用にオススメは「SPACE WiFi」 結論からいうと、民泊wifiを個人利用するのであれば間違いなく SPACE Wi-Fi です。 民泊用wifiでは最安値の価格になっていますし、サポート体制も万全です。 民泊ホスト向けへのサービスを展開している「株式会社SPACE AGENT」が運営していることが安心ポイントですね。 「SPACE WiFi」の料金 公式サイトを見てみると• 契約事務手数料• 解約事務手数料 この2つさえもかからないのです。 最安値保証をしているだけあります。 公式サイト には他社民泊wifiとの料金比較表が載っていますので、一度確認してみてください。 とあります。 今後も、仮により安い民泊wifiが登場しても、最安値を更新してきそうです。 「SPACE WiFi」のデメリット 最新の端末が選べないことだけが、強いてあげるならばデメリットかなと思います。 レンタルできるのは旧端末にはなりますが、正直そこまで不便はありません。 最安値は「GMOとくとくBB」、2 位は「カシモWiMAX」となっています。 肝心の「SPACE WiFi」は4位なのですが月額の差額料金は• 1位のとくとくBBとは189円の差• 2位のカシモWiMAXとは72円の差• 3位のBroad WiMAXとは24円の差 これなら、正直私は 契約期間の縛りや違約金のかからない「SPACE WiFi」を選びます。 他のWiMAXは違約金が1万円以上かかることが多いので、たったこれだけの料金の差であれば「 SPACE WiFi」が断然オススメです。 WiMAX端末は3日10GBです。 ソフトバンク端末は1日2GBです。 スマホ代も含めて、SPACE WiFiで家計を節約すると更にオススメ ここまで見てきてSPACE WiFiがどれだけオススメできるかは分かっていただけたかと思います。 最後にもうひとつ、家計の節約方法です。 ドコモ、au、ソフトバンクユーザーの方は最後までお読みください。 格安SIMはLINEモバイルを使用する せっかくモバイルwifiを契約するなら、スマホのデータ量を最小プランして節約しましょう。 そして更に通信費を安くしたい方は、スマホも格安SIMに乗り換えましょう。 格安SIMは一択だと個人的には思っています。 というのもLINEモバイルにはコミュニケーションフリープランというものがあり.

次の

[公式]SPACE Wi

スペースワイファイ 解約方法

php on line 1382 以前から契約していたソフトバンクエアーが引っ越し先でつながりづらくなってしまったため、自宅で使うためのWiFiの候補として、 を検討していました。 SPACE Wi-Fi スペース ワイファイ は、わずらわしい契約期間の縛りや解約違約金、通信速度制限がないため利用しやすく、個人が利用するにも人気を集めています。 MEMO 追記:この投稿をしたあと、いろいろ比較検討した結果やはりメリットが大きいと思い結局SPACE Wi-Fiを契約しました。 2019年4月現在も利用中 実際に契約してみて、契約事務手数料や解約手数料などの無駄な手数料を支払う必要なくWi-Fiを利用でき、結果的に大満足しています。 詳しくは「」に記載していますが、先にこの投稿を読んでいただくと、よりデメリット・メリットが分かりやすいです。 そこで、 契約前に知っておいた方がいいSPACE Wi-Fi のデメリットについてまとめました。 この内容を知っておけば、SPACE Wi-Fiを契約した後に「そんなの知らなかった」「思ったのと違った」といった後悔することはありません。 民泊WiFi、SPACE Wi-Fi スペースワイファイ ってなに? はじめに、SPACE Wi-Fi スペースワイファイ についてと、その特徴について簡単に解説します。 「SPACE Wi-Fi」は「 民泊WiFi」の一つ。 民泊WiFiは、その名の通り家を宿泊先とする民泊で使用するために誕生したWiFiサービスです。 とはいえ、民泊だけでなく、一個人で使用するインターネット回線として利用することも可能。 SPACE Wi-Fiは、個人利用できる民泊WiFiの一つにあげられます。 個人利用もできる民泊WiFi、SPACEWi-Fi スペースワイファイ の特徴 民泊WiFiの中でも口コミが広がりじわじわ人気を集めているのが「 SPACE Wi-Fi(スペースワイファイ)」です。 契約期間のしばり• 解約違約金• 通信速度制限 がないため、人気になるのも納得できます。 特長の一つである「最安値保証」に関しては、公式サイトで以下のように記載されています。 初月にかかるのは 月額料金3,974円 税込 を日割り計算した金額のみです。 民泊WiFi、SPACE WiFi スペースワイファイ のデメリット 私がSPACE WiFi の契約を検討していたとき、 メリットがたくさんある一方で、デメリットもあると感じました。 そこで私がSPACE Wi-Fiの利用を検討するにあたって感じたデメリットをあげます。 解約は1ヶ月以上前までに申し出が必要 SPACE WiFiを契約後、解約するときは1ヶ月以上前にその旨をSPACE Wi-Fiに伝える必要があります。 例えば、5月中に「契約をやめよう」と思ったときにはすでに5月に入っているので、翌月の6月も料金を払って利用する必要があります。 Wi-Fiをレンタルしたけど、つながりが悪かったので他のインターネット回線を利用したい というときでも、その翌月も利用しなくてはいけなくなります。 解約違約金はありませんが、「解約したいときに、いつでも解約できるわけではない」というのは無駄に月額料金を支払う必要がありデメリットだと感じます。 ただ解約する1ヶ月以上前には連絡しないといけないとしても、 「2年縛り」がある通常のWi-Fiを契約することに比べたら柔軟に解約が可能で、「使えないWi-Fiに無駄に料金を支払い続ける」というリスクはかなり減らすことができます。 通信速度制限がある SPACE Wi-Fi は「通信速度制限がない」ことをうたっていますが、正確には通信速度制限があります。 どういうことかというと、「月間〇〇GBまで」といった月間の通信合計量の制限はないのですが、 「 3日10GBで6時間制限」、または「 1日3GBで当日制限」といった日間の制限があります。 「今月使いすぎた!月末まで速度遅い…」といったことにはならないのですが、「週末ずっとYouTube見てたら速度制限かかった!この日曜はインターネット使えない…」という自体には陥る可能性があります。 ただ、 速度制限がかかる時間を過ぎると通常通り使えるようになるので、月間の通信量に上限があり月末までずっとつながらないよりは速度制限のかかる時間を短くできます。 また、「3日で10GB」か、「1日で3GB」で制限がかかるかは使用するルーターによって異なります。 SPACE Wi-Fiでレンタルできるモバイルルーターは【 Speed Wi-Fi NEXT04】と【 Pocket WiFi 801ZT ソフトバンク 】の2種類。 5時間 約500回 約41時間 YouTube HD画質720P、5分間 PC 約60回 約5分間 約200回 約16時間 GoogleMap 東京都を表示した状態から6回ズームイン スマホ 約1,000回 約3,330回 PC 約1,000回 約3,330回 パソコンやスマホをWiFiにつないだ状態ですることといえば、インターネットの閲覧やメールの送受信をするくらいで、 YouTubeなど通信量の多い通信を何時間にもわたってするわけではないのであれば、通信制限にかかることは考えづらいです。 SPACE Wi-Fi の口コミを見ていると「すぐ通信速度制限にかかった!」という方を見かけたのですが、その方はおそらくかなりのヘビーユーザーなので、何時間も動画を見たりするわけではないのであれば心配しなくて大丈夫です。 希望のWiFiルーターの在庫がなくレンタルできない可能性あり SPACE WiFiでは、WiFiルーターを、【 Speed Wi-Fi NEXT04】または【 Pocket WiFi 801ZT ソフトバンク 】のどちらかをレンタルすることになります。 WEB上でのSPACE WiFi 申し込みの段階でどちらかを選ぶことはできず、希望がある場合はWEBで申し込んだ後、問い合わせして希望のルーターを伝える必要があります。 しかし在庫がない場合希望のものをレンタルできない可能性があります。 また使い始めたあと、「やっぱりもう一方のルーターがいい」という場合は、問い合わせして変更してもらうことが可能なようですが、その場合も在庫がなければもう一方をレンタルすることができません。 ちなみに、Speed Wi-Fi NEXT04はWiMAX2+の対応エリア、Pocket WiFi 801ZTはSoftbank 4G LTE対応エリアです。 WiMAX2+の対応エリアはから検索ができます。 一方Softbank 4G LTE 対応エリアについては調べてみても、正確なエリアが分かりませんでした。 そこでSPACE WiFiに電話して問い合わせして住所を伝えたところ「エリア内ですよ~」と教えていただけました。 エリア内かどうかの確認ができない場合は、SPACE WiFiに問い合わせると教えていただけます。 自宅だけで使うならホームルーターの方が通信が安定する ルーターを持ち運んでカフェなどで使用する場合は別ですが、自宅だけで家族で使ったり部屋をまたいで使用する場合は、モバイルルーターではなく、ホームルーターの方が通信が安定しやすいです。 auのホームルーター ホームルーターはコンセントにさして使う据え置き型で、モバイルルーターに比べてアンテナが大きく電波を受信しやすかったり、WiFiの出力が大きかったり、同時に何台も接続できるといったメリットがあります。 ですがSPACE Wi-Fiでは小型のモバイルルーターしかレンタルできません。 そのため、解約違約金なし、月間の通信量に制限なしといったメリットはありますが、家庭用のルーターとして使用するにはホームルーターに比べて通信が安定しないというデメリットがあります。 これらのデメリットからSPACE Wi-Fiの契約を見送りました 私は過去にWiMAXのエリア内だったにも関わらず、いざ契約してみたら通信が安定しなかったという経験があります。 そのため、期間の縛りなし、契約違約金なしのSPACE Wi-Fiを使ってみて、問題なくWiFiを利用できれば使い続ける、通信が安定しなかったら解約することを想定して契約を検討していました。 しかし、解約する場合は1ヶ月以上前に連絡しなければいけないので、契約したものの電波が安定しなかったという場合も1ヶ月分は多く料金を支払わなければいけなくなります。 もちろんその間も利用できますが、はじめ「ルーターなどの貸出機器を返却したらすぐに解約できる」と思っていたため想定外でした。 また私は自宅でしかインターネットを使うことがないため、• 解約は1ヶ月以上前に連絡が必要 解約の連絡をした翌月も利用料金の支払いが必要• 月間の通信速度制限はないが、日間の速度制限がある• 希望のルーターがレンタルできない可能性がある• これらのことを知っておけば、契約した後に「思っていたのと違った」といった後悔をしなくて済みます。

次の

ポケットWiFiレンタルおすすめ6選比較~解約金・期間なしの契約方法

スペースワイファイ 解約方法

【2019年2月】単身赴任におすすめwifiが変更! 単身赴任におすすめ「縛りなしWiFi」が登場! 下記サイトでおすすめの縛りなしWiFiと比較しています >> *****以下、以前のご紹介文***** 単身赴任の任期が分からない中、ネット環境を整えるのは、ちょっとリスクがあることをご存知ですか? そのリスクは、ネット契約のほとんどに言えるのですが、 契約期間には縛りがあることなんです。 そして単身赴任におすすめなポケットWi-Fiも例外ではなく、ほとんどの契約に、2年間や3年間の年縛りが付いているんです。 また、ポケットWi-Fiを使い始めると、スマホとは比較にならないほど、圏外エリアが広く、ネットに繋がらない等の不満を経験することもあります。 そんなポケットWi-Fiの年縛り契約や、圏外エリアの広さで、うんざりしてしまっている人も多いのではないでしょうか? そんなあなたに、おすすめなのが「 SPACE WiFi」というポケットWi-Fiなんです。 今回は、そんなおすすめのSPACE WiFiの悪い口コミを調べた結果、注意点が分かりましたのでご紹介したいと思います。 SPACE WiFiで悪いところは、インターネットに繋がりにくいところです。 他社のWi-Fiと比較すると、地下や建物の奥の方、例えば、デパートの地下や、入口が1ヵ所の飲食店に入り奥の方の席に座った場合など、 繋がりにくいことがしばしばあります。 また、新幹線などは、ほぼほぼ圏外になってしまいます。 あと、契約期間に制限があり解約の1か月前までに申し出がいることが面倒でした。 実際は通信制限は・・・、• softbankの4G・LTE回線で 1日3Gまで 現状、ネットの広告用語「無制限」の使い方にルールが無いため、このような誤解が生まれてしまいます。 それでは、あなたは1日3Gで充分足りるのか?確認してみましょう。 下記表は、通信容量が多めの利用(動画閲覧やテレビ電話)をした場合の利用時間です。 もちろん、その他、動画や写真の「ダウンロードやアップロード」を大量に行うのであれば別ですが、LINEのテレビ電話も含め、1日の通信容量が3Gもあれば充分ではないでしょうか? また3G超えたら、すぐに制限がかかるのではなく、ちょっと曖昧な感じです。 しかし、一旦通信制限にかかると、Yahoo! のトップページを閲覧することも厳しくなる感じです とは言っても、この通信制限は翌日の1時台に解除されるので、あまり影響は無いと思われます。 softbankの4G・LTEの電波は、softbankのスマホや携帯電話の圏内エリアと同じため、 ほぼほぼ圏外になることはありません。 つまり、4G・LTE専用のルーターになることで、圏外エリアになることは、ほぼ無くなるということです。 私は喫茶店などでパソコンを使うことがあるので、ポケットWi-Fiを利用してインターネットをしています。 沢山あるポケットWi-Fiの中で、 なぜSPACE WiFiを使っているのかと言うと初期費用、解約手数料全てが無料だからです。 一般的に解約月でない時に契約を打ち切る場合は解約手数料が発生し、無駄な費用が発生します。 しかしSPACE WiFiは、解約手数料が0円なので契約期間中に解約しても無駄な出費は防げます。 また通信制限がないので月額しっかり支払いをすれば実質無制限です。 また月額約3500円で使用できる点も、本当にオススメです。 他プロバイダと比較すると月額料金に差があるので安く抑えたいならSPACEWi-Fiがオススメです。 以前、私は、パソコンでネットをする時はスマホ(格安SIM)のテザリングを使っていたのですが、格安SIMは速度が遅いし、使える容量も制限があり不満がありました。 そこで、格安SIMより月額料金は高くなるものの通信速度が速く、通信量も多いWiMAXを利用しようかと考えていたのですが、WiMAXは2年や3年契約の年縛りが設定されているところばかりで、契約期間内に解約すると高額な違約金が発生するので利用開始には踏み切れませんでした。 この SPACE Wi-Fiは、1か月単位で解約できるので、安心して契約できました。 良い口コミから分かること SPACE WiFiの最大の特徴は、口コミからも分かるように、 初期費用も無料になるところなんです。 ポケットWiFiレンタルは、解約料金を0円にしていても、初期費用まで無料にしているところは珍しいんです。 初期費用無料!これって意外と結構盲点なんです! しかも、圏外エリアがほぼ無い4G、LTEを提供し、1日3G(実質無制限)も使用可能で格安なんです。 もう一度言いますよ! 圏外の多いWiMAXではなく、圏外がほとんど無い4G LTEの電波を実質無制限で使えて 3,680円なんです! >> SPACE Wi-Fiの3つのメリットのまとめ それでは、SPACE WiFiの口コミから分かった3つのメリットをまとめたいと思います。 (SPACE Wi-Fiの口コミからも、そこが評価高いです) 通常、ポケットWi-Fiレンタルは、解約料金を無料にするメリットとは反対に、初期費用が無料になるケースは稀なんです。 (2019年1月現在、私調べによると、SPACE WiFiだけ!) よって、あなたが支払う料金は、SPACE WiFiの月額料金のみになるんです。 次から次へと、お得なプランやサービスが出てくるポケットWi-Fi市場では、いつでも解約できるポケットWi-Fiレンタルを選ぶのは、既に常識なのかもしれませんね。 【解約料金を、あまり気にして無い方へ】 ポケットWi-Fiレンタルの特徴といっても過言ではない 「解約料金0円」ですが・・・、 このように考えている人はいませんか? 解約の「指定月」に解約すれば、解約料金は無料なんでしょ? 実は、ココに落とし穴があるんです。 確かに、一般的なポケットWi-Fiは、年縛りの2年or3年後に、解約料金が無料になる「指定月」を設定しています。 そして、このタイミング「指定月」で解約すれば、解約料金は発生しないのですが・・・、 しかし・・・、 このタイミングで乗り換えたいポケットWi-Fiがあるのでしょうか? もしくは、指定月をうっかり忘れてしまい、さらに更新(2年or3年)されてしまうなど、ほぼほぼ解約手数料0円で解約できるとは思わない方が良いのです。 よって、SPACE WiFiのような解約料金0円は、ポケットWi-Fiをトータルで格安に済ませるためには必須条件なんです。 ちなみに、私の体感では、街中を移動の際、半分は圏外になっているようなイメージがあります。 よって、4G・LTEを無制限で使えて3,480円は大きなメリットになるんです。 SPACE WiFiはこんな人におすすめ SPACE WiFiの特徴(メリット)を大きく3つにまとめると・・・、• 初期費用・契約手数料が0円• 年縛りが無く、解約金も0円• 4G・LTEの無制限プランが3,680円(最安値) よって、SPACE WiFiがおすすめな人は・・・、• 単身赴任で、任期が不明な方、もしくは短い方• 色々なポケットWi-Fiを試したい方• 4G・LTEを利用できて、 トータル費用で格安のポケットWi-Fiを選びたい方 最後に いかがでしたか? 今回は「SPACE WiFi スペースワイファイ の悪い口コミで分かる無制限の注意点」についてご紹介してまいりました。 あなたの単身赴任先でのポケットWi-Fiレンタル選びに、各種口コミ情報がお役にたてれば幸いです。

次の