アイコス 口コミ。 ニコチン0の「ニコレス」レビュー!感想や口コミ・評判まとめ

IQOS(アイコス)2.4plus / 3 / マルチ / DUOの比較。価格・機能からおすすめを紹介。

アイコス 口コミ

iQOS(アイコス)のフレーバーで、どれを利用しようかとお悩みの方はいませんか? 火を使わない電子タバコであるiQOS(アイコス)ですが、タバコと同じようにさまざまなフレーバーが登場しています。 紙タバコでメンソールを吸っていた方は、iQOS(アイコス)でも引き続きメンソールを利用したいと思っている方も多いですよね。 しかし、一言でメンソールと言っても、メーカーやブランドによって味にも若干の違いがあります。 では、iQOS(アイコス)のメンソールはどのような味なのでしょうか? 今回は、iQOS(アイコス)メンソールを吸った方の口コミや感想などを調べてみました。 レギュラー• バランスドレギュラー• スムースレギュラー• ミント• メンソール• パープルメンソール この中で、メンソール系と呼ばれているのが以下の3つです。 ミント• メンソール• パープルメンソール 3つのメンソール系の違いはなに? でもこのiQOSは部屋で吸ってても全く問題ないのがいいね。 メンソールとミントとパープルメンソールの3つを買ってそれぞれ使ってみたけど、個人的にはメンソール>パープルメンソール>ミントやなぁ。 元々メンソール吸ってたからそっちの方が良いみたいだ。 — シンタロー msz006shintarou メンソール系の3つの味の違いですが、パープルメンソールは、通常のメンソールにベリー系の香りがプラスされており、ブルーベリーガムのような香りがするといわれることが多いようです。 そして少々分かりにくいのが、ミントとメンソールの違いです。 そもそも、ミントとはあのスーっとする植物のことをいいますが、メンソールとはそのミントのスーッとする成分のことを指します。 よって、メンソールの方がスーッとする感じに特化していることが推測できます。 実際の口コミも、スーッとする感じが強い方が「メンソール」で弱い方が「ミント」と区別しているものが多くなっています。 強いスーッと感がお好みならメンソール、微量のスーッと感が欲しい方はミントがおすすめです。 また、iQOS(アイコス)には、独特の臭いがあると表現する方も多く、レギュラーフレーバーを吸うと「焼き芋臭い」とか「トウモロコシ臭い」という口コミがよく上がります。 しかし、iQOS(アイコス)のメンソールでは、その独特の臭いが緩和されて吸いやすくなると言っている方も多くなっています。 普段はメンソールを吸わない方で、iQOS(アイコス)の独特の臭いが苦手という方でも、一度メンソールを試してみるとお好みに合うかもしれませんね。 中にはメンソールでも味が苦手という人も 結局IQOSのメンソール買ってみた。 吸った瞬間はメンソールの味しかしないが口の中にはレギュラーと同じ香りが広がる。 この味本当に苦手。 知人は他のが吸えないぐらい気に入ってるらしい。 好みですね… — ナマケモノ monogusaround iQOS(アイコス)独特の臭いが苦手な方でも比較的吸いやすいとされているメンソールですが、iQOS(アイコス)の臭いにかなり敏感な方の場合、後味でiQOS(アイコス)の苦手な臭いを感じてしまう方もいるようです。 その結果、いくらメンソールでごまかそうとしても、ダメだったという声も上がっています。 更には、メンソールが強すぎて喉が痛くなったという口コミもあることから、iQOS(アイコス)のメンソールのフレーバー自体、かなりパンチが強いようです。 iQOS(アイコス)メンソールに関するまとめ iQOS(アイコス)では、現在6種類のフレーバーが登場しており、中でもメンソール味は高い人気を得ています。 iQOS(アイコス)メンソールの一番大きな特徴としては、キック感が強いことで、喉にしっかりとメンソールを感じるパンチのあるフレーバーになっています。 そのため、iQOS(アイコス)特有の臭いが苦手という方でも、メンソールなら特有の臭いが緩和されるため気にせず利用できるという方も多いようです。 普段、紙タバコでメンソールを吸わない方でもiQOS(アイコス)はメンソールを吸うというタイプの方もいます。 iQOS(アイコス)を購入したけどレギュラーフレーバー独特の臭いが苦手という方は、一度メンソールを試してみるのもよいかもしれませんね。 また、メンソール味の刺激が強すぎて苦手という方であれば、別のフレーバーであるミントもおすすめです。 メンソールと同じスーッとするフレーバーですが、メンソールよりも刺激が弱めになっているようです。 同じメンソール系でもiQOS(アイコス)では3つのフレーバーがでていますので、色々試してみるのもおすすめですよ。

次の

アイコスの口コミや評価評判!匂い(臭い)健康被害までレビュー

アイコス 口コミ

昔からタバコに興味はあったのですが、部屋に匂いがつくと思って敬遠していました。 アイコスが発売されたのを機に始めてみたのですが味わい深くて良いですね。 出かけるときには手放せません。 アイコスの特徴(煙の量・におい・使用感など) アイコスは紙巻タバコと比較すると格段に 煙の量が少ないという特徴をもっています。 なぜ煙の量が少ないのかと言うと、紙巻タバコと異なり タバコ葉を燃やしていないからです。 何とアイコスの煙は水蒸気となっています。 タバコ葉を暖め、そこから出てくる水蒸気を吸うというのがアイコスの仕組み。 そのため煙の量も少なければにおいも少ないのです。 紙巻タバコではタバコ葉を燃やすわけですから、これらの要素はどうしても抑えることができませんでした。 また、有害物質も紙巻タバコより少なくなり9割削減したという発表もされています。 タバコというとその有害性が気になりますが、 アイコスならその心配はある程度ひくくなると考えて良いでしょう。 安全に周囲へ迷惑をかけずに喫煙を楽しめるのがアイコスなのです。 使用感としては葉を暖めるためのバッテリーを充電しなくてはならないなど、少し紙巻タバコよりも利便性に劣ります。 ですがこれは寝る前にでも充電しておけば良いので、 習慣としておけば良いだけの話。 使い始めたときには面倒に感じることでもそのうち慣れて使いやすくなるはずです。 アイコスと他の電子タバコの違いについて アイコスは電気の力を利用した 電子タバコの一種です。 またアイコス以外にも様々な電子タバコが販売されているので、その違いを明確にしておきましょう。 電子タバコは大別して「ベープ系」と「加熱式」に分けることができます。 ベープ系というのは リキッドという液体を電気の力で蒸発させそれを吸うというもので、基本的にニコチンは含まれていません。 日本国内ではニコチンは毒物に指定されているため ニコチン入りのリキッドは個人輸入などでしか手に入らないのです。 リキッドには様々な香りがつけられており、タバコよりも豊かなアロマの世界を楽しむことができます。 アイコスは加熱式タバコに分類されます。 加熱式タバコには他にもグローやプルームテックというものがあり、これらの原料は全てタバコ葉。 実際のタバコを使っているわけですから タバコの匂いがしますし、ニコチンとタールも含まれています。 ベープ系と加熱式タバコを分ける最大のポイントはやはり「吸い心地」でしょう。 ニコチン由来のガツンとくる吸い心地は加熱式たばこでしか味わえません。 そのため喫煙者の方はベープ系よりも加熱式の方がしっくりくるはずです。 アイコスはどういう人にオススメ? アイコスは元々タバコを吸っていた方におすすめです。 いわば 紙巻タバコの代用品として使うと良いでしょう。 冒頭でも述べたように近年ではタバコへの世間の風当たりは強く、ひどいときには喫煙して良い場所でも注意されたりするほど。 そうしたケースではもちろん喫煙者側には非はないのですが、とにかくタバコがまずく感じるでしょう。 非難されながら一服しようとしても 気持ちは穏やかではありません。 ですがアイコスなら非難されるほどの匂いは出ませんし、目に見えて確認できるほどの煙も出しません。 そしてホルダーにヒートスティックを差込み、電源ボタンを長押ししたらライトが点滅し過熱が始まります。 ライトが点滅状態から点灯状態になったら吸えるようになります。 喫煙できる回数は14回ないし 5分程度と十分な回数と長さなので困ることはないでしょう。 喫煙時間の終了間近になるとライトが赤くなるので止め時が分かる形になっています。 吸殻は当然の事ですが、燃やしているわけではないのでそのまま ゴミ箱に捨てることが可能です。 寝タバコによる火災の危険性が無いというのは喫煙者にとってありがたいところ。 ただ不安なら灰皿に捨てた方が精神的に落ち着くかもしれません。 アイコスの料金について アイコスは道具一式を揃えると1万円近くします。 実際の値段としては、セットになったものが 9,800円や 10,980円といった価格設定で販売されている形です。 また時期によっては 10%オフや 17%オフといった割引を行っている場合もあります。 チャージャーのみの場合は 5,950円ないし 6,120円といったところ。 ホルダー単品では 3,659円や 3,800円となります。 なおヒートスティックのカートリッジは 20本入りで460円です。 味はレギュラー3種とメンソール系3種で、全て同じ価格。 ブランド的な戦略も行っていて限定カラーのものは 20,000円で取引されているものもあるほど。 他にも、アイコス本体のケースやヒートスティックを入れるためのケースなどの付属品も販売されている状況です。 アイコスを使う際の注意点 アイコスは匂いが抑えられるといっても アイコス独特のにおいがあります。 そのためタバコ臭が敬遠される場所で吸わない方が無難です。 タバコの匂いは本人にとっては自覚しにくいものなので気をつけておきましょう。 また喫煙する場所はやはり喫煙所が望ましいです。 加熱式タバコは量が少ないといってもきちんと ニコチンとタールを発生させてしまうため、喫煙所で吸わなければなりません。 分かり難いからといってどこでも吸って良いわけではないのです。 ただマナーを守りさえすれば快適にアイコスライフを送ることができるでしょう。 単に注意するべきところを注意しておけば良いだけの話なのです。 アイコスの総合評価 アイコスはタバコの代替品として優秀です。 特に紙巻タバコと比較して 有害物質のほとんどをカットしている点や、周囲への影響が少ないという点は大きく評価できるところ。 タバコの害に注目が集まるなかで 登場するべくして登場した製品といえるでしょう。

次の

gloのアイコスとの違いは?口コミ評判はどう?

アイコス 口コミ

待ち時間ゼロ秒で10本続けて使用できるようになりました! 仕事の休憩、1本吸い終わり、まだ少し時間あるからもう1本吸いたいなーと思っても今までのは充電に3分、、、 いーや我慢しよう、ほんとはすごく吸いたいのに!続けて吸えないから我慢してきたこのストレスなくなるんですね! これは嬉しい新モデル登場ですね! 手軽にいつでも持ち歩ける驚きの最軽量50g! 最先端テクノロジーによりシステムの小型化に成功! シリーズ最軽量を実現!なんとタマゴ1個より軽いとか? さて、どうでしたか?ここからは、 アイコス3とアイコス3マルチの違いを比べてみたいと思います! まず1番気になる点は、連続使用ですね! アイコス3は従来通り1本吸ったら充電するようですが、マルチの方は10本連続使用できるんですね! ただここで思うのは、連続使用できるけど外出先で10本以上吸う人は多いのではないでしょうか? そうすると従来通りアイコス3は1回吸ったら充電はあるけど、なんとその充電時間が従来のものより40秒短縮されているんですね! これは大きい!40秒は大きいですよね! ここで考えるのが、アイコス3とアイコス3マルチをセットで購入して、その時のシーンによって使い分ける!なんて手もありますね! でも1日10本で済むけど、ストレスがあるときだけたまに連続で吸ってしまう!なんて方はマルチだけでも充分ですね! その逆に10本以上吸うけど連続で吸うことはないなーっていう方はアイコス3だけ持っていればいいですね。 自分の日々の生活の中で合った使い方ができる方を選んで購入してもらいたいですね! 次に持ち歩く際のサイズ感 アイコス3は従来通り吸うときはホルダーを外して使用するんですが、マルチの方はオールイン型なので、持ち歩くのは、このデバイス1つだけ!片手で操作するだけ、取り外す手間はないんですね! でもアイコス3もコンパクトでスタイリッシュになっているので、こちらに関しては本当にどっちが好みか?によりますね。 アイコス3に関しては、ホルダーの向きを気にせず格納できるように設計されたことだけで充分ありがたいと思います。 さらに気になるカラーですが、4カラーあります!• 取扱も直感的で軽くて見た目もスタイリッシュ連続して吸引出来て非常に便利です。 10本は少ないので複数持ちかアイコス3. 0ノーマルと併用に成ると思います。 小型軽量でマルチを3回満タンに出来るモバイルバッテリーが欲しくなります。 アイコス充電用にCタイプ変換プラグがあったらもっと便利ですね!• 連続で使えるのは最高です!• 従来型からすると一体型でとても軽く使い勝手も大変よい。 互換性の商品も多いがやはり純正のデザインはGood! その他にも沢山評価のいい口コミがありましたよ! 1つ注意して頂きたいのは、 従来のACアダプタが使えないという口コミもありましたので、購入の際は確認してくださいね! さいごに 最後になりますが、こちらのアイコスはキャップのカラーを変えたりとお洒落な使い方もできるので本当に嬉しいですね! 自分がタバコを吸わないけど家族が吸っていて副流煙が気になる!というのであれば、プレゼントにはもってこいの商品だと思います。 購入を考えている人の参考になれば、とても嬉しいです! 愛煙家にも人気が出てきているのが加熱式タバコですよね? 喫煙所に行くと、加熱式タバコや電子タバコを吸っている方がほとんど!と言っていいほど使っている方は右肩上がりになっているのではないでしょうか? 私がまだ紙タバコを吸っていた時、ライターを忘れ、借りようと周りを見たら全員加熱式タバコや電子タバコでライターを借りれず吸えなかった事件がありました(笑)それぐらい増えているんですよね、、、。 そして、アイコスやグローと同じ高温加熱型タバコ用デバイスに分類される「プルーム・エス」の2機種をご紹介していきたいと思います! では早速見ていきましょう!.

次の