くるぶし 腫れ 痛く ない。 くるぶしが腫れている…原因は?外側・全体に分けて解説!何科へ行く?

くるぶしの内側・外側の腫れ、痛みがある・ないでは原因が違う?

くるぶし 腫れ 痛く ない

画像は私の祖父の足なのですが、大きく腫れてしまっています。 普通に歩くことはできるみたいですが、二か月前ぐらいから急に腫れ始める症状が出ていたらしいです。 最近になって腫れていて痛いと、私に言ってきて確認したところ、画像のように腫れていました。 また目がグルグルしているとめまいに似た症状も出ているそうです。 祖父は四年前に脳梗塞で一度倒れていて、また心臓も悪く不整脈で現在も薬を服用しています。 状況説明が不明瞭で申し訳ありませんが、これは薬の副作用で出ている症状であるのでしょうか?また脳に原因があるのでしょうか?近日中に病院に連れて行くつもりですが、何科受診すればいいのかも迷っています。 分かる方がいましたら、お願いします。 Q 初めて投稿します。 同じような症状を知ってる方がいたら教えてもらいたく、投稿しました。 足がパンパンに膨れ上がり、今にも破裂しそうな感じで、 歩くのも見ていて重苦しい感じがします。 病院行っても安静にしなさいと言われるだけで、何の治療もなく、 不安に思っています。 88歳の祖母の事なのですが、 腰の痛みが5年前位からあり、 5年間毎日2. 痛み止めの薬「ロキソニン」を 少々の痛みも我慢する事なく飲んでいたそうです。 病院の先生にも 「痛んだら我慢しなくていいからどんどん飲みなさい」と言われた。 と 祖母は言います。 1年くらい前から足が腫れあがってきました。 違う病院に行ったところ、 「痛み止め(ロキソニン)の飲みすぎが原因かもしれません」 と言われてきました。 安静にしなさい。 と言うだけで、治療も特にないようです。 半年たった今、治る傾向もなく、 そして、昨日の夜、本当に破裂しそうなくらいまで 腫れあがってきていたのです。 同じ病院に行っても対応は一緒。 どうしたらいいか、 同じような体験をした方、同じような症状を見たことある方、 なにか良い対処法があったら教えてください。 宜しくお願いします。 初めて投稿します。 同じような症状を知ってる方がいたら教えてもらいたく、投稿しました。 足がパンパンに膨れ上がり、今にも破裂しそうな感じで、 歩くのも見ていて重苦しい感じがします。 病院行っても安静にしなさいと言われるだけで、何の治療もなく、 不安に思っています。 88歳の祖母の事なのですが、 腰の痛みが5年前位からあり、 5年間毎日2. 痛み止めの薬「ロキソニン」を 少々の痛みも我慢する事なく飲んでいたそうです。 病院の先生にも 「痛んだら我慢しなくていいか... Q 日ごろから、足がむくみやすく、仕事に行った日は、昼過ぎ頃から足がむくみだして靴もきつくなったりするのですが、2日ほど前から、今までにないくらいむくみがひどいのです。 昨日も、出かけるのに靴を履こうとしたらいつも履いている靴が履けず... ふくらはぎ、足首のサイズを計るといつもより2. 5cmも太くなっていました。 見た目にも、像の足みたいになっていて、くるぶしもわからないくらいパンパンにむくんでいます。 横座りをしたり、ちょっと血行が悪くなりそうな体制になっただけで、すぐしびれます。 他に、頭痛がしたり もともと偏頭痛持ちです 、膝痛や腰痛があります。 何かの病気の可能性はあるのでしょうか? 腎臓とかが悪いのでしょうか... ? A ベストアンサー 昼ごろから下半身がむくむ原因は,下半身に組織液が滞留することが原因です。 事務仕事をされているのでしょうか? もっともよい方法は,1時間おきくらいに5分くらいずつ歩きましょう。 歩くという行為は,下半身の血流を上半身へ押し上げる力にもなりますので,下半身のむくみを和らげる最も良い方法です。 それでもなかなか治らない場合は,きつめのストッキングをすると良いです。 むくむ前に外から抑えてしまおうという発想です。 適切なストッキングがなければ,病院にいって現場の医師に話せば,治療用ストッキングの処方をしてくれるはずです。 野菜中心の生活ということなので,腎機能の低下でむくむとは考えにくいですが,腎臓の病気の可能性が全く無いとは言い切れません。 もし心配であるならば,現場の医師の診察を仰ぎ,血液検査(血液生化学検査)を行ってください。 Q はじめまして。 閲覧ありがとうございます。 ここ数日、祖母 69 が足の腫れと痛みを訴え、寝込んでいます。 とにかく病院に行こうと言っているのですが、頑固な性格のせいか「痛くて歩けない」「入院する事になったら嫌だ」と言って聞きません。 症状なのですが、右足全体が大きく腫れて熱を持っており、起き上がるのがやっとのようです。 寝込んでから2~3日は発熱もあったのですが、今は熱もひいています。 捻挫などで菌が入ったのでは?とも思ったのですが、転んだり捻ったりなどはしていないようです。 出来れば病院に行き適切な治療を受けてほしいのですが、このまま自宅でも治せるのでしょうか。 もし危ない病気だったら、本人に話してなんとか病院に連れて行きたいと思っているのですが…。 どうか回答よろしくお願い致します。 A ベストアンサー 医師です。 どういう状況なのか詳しくは分かりませんが、何かの感染症かもしれません。 腫れて熱があるというところが、そう思った根拠です。 外傷が無くても毛穴などから感染することがあるので、外傷の有無はあまり関係ありません。 ひどい場合は蜂窩織炎(蜂巣炎)という病気になる場合もあります(既になっている可能性も否定できません)。 放っておくと壊疽を起こしてこじれたり敗血症になったりすることもありますので、油断せずに病院(整形外科)を受診されることをお勧めします。 細菌感染症であれば、抗生剤で治療します。 ひどい場合は切開排膿洗浄などの手術になることもあります。 また、細菌感染症でなくとも下肢が腫れる疾患はありますので、いずれにしても医療機関を受診されるほうがよろしいかと考えます。 A ベストアンサー 私たちの答えは素人さんからの同情の答えとは違い、口当たりは良くない答えの恐れがありますが、此の状態で言えることを記載します。 しかし発熱も同じですが、長引くことがありますし、生き物ですし、転移してしまうかも知れません。 これらの身体状態と侵入微生物の状態を見極めるのが医師です。 専門家は目先の問題も勿論ですが、全体の治癒するまでの段階を考えて、最良の答えを導き出すものです。 途中で素人さんが下手な事をしたり、治療を中断すると拗らせてしまう事に成ります。 特に原因が原因ですから、多分普段の健康維持にも気を使っていないでしょうから(専門家から見ての事です)、免疫機能も低く、感染症などに対しての知識も無い状態だと、疑問は直接に医師に聞き、専門家の答えを<書き留め>て、指示に従うべきです。 此の場合で危険な状態なら、医師が其の傷の周りに各種の注射をするはずですし、点滴で薬剤も入れているはずです。 これも程度問題と体質や状態との兼ね合いで決めます。 ビタミン剤・ミネラル剤などは多めに摂取しましょう。 実際に面接している医師で無いと、どの程度の知識があるのか不明なので、言葉が足りなくなると(直接面談でも同じですが)勝手な解釈をして(医師側から見ると)しまうので、言葉だけでのここではこれ以上のアドバイスは無理です。 尚、動悸が出るとか、それ以上に腫れる場合は医師に今以上の積極的な治療をして欲しい旨を伝えましょう。 私たちの答えは素人さんからの同情の答えとは違い、口当たりは良くない答えの恐れがありますが、此の状態で言えることを記載します。 しかし発熱も同じですが、長引くことがありますし、生き物ですし、転移してしまうかも知れません。 これらの身体状態と侵入微生物の状態を見極めるのが医師です。 専門家... Q 末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。 これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。 母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。 肝臓にも転移しており既に手遅れでした。 今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが 4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。 あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。 肺へも転移し、咳がひどいです。 今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。 急に食欲もなくなりました。 一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。 母はこれからどうなっていくのでしょうか。 苦しみが増しますか? 意識は最後まであるものですか? 自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか? この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。 文章がうまくまとまっていなくてすみません。 少しでも心の準備ができればと思います。 宜しくお願いします。 A ベストアンサー 「人はがんでは死なない」という言葉があります。 がんが特別な毒素を出すわけではありません。 では、なぜ、人はがんで死ぬのか? それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、 その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。 様々な症状の一つには、疼痛もあります。 これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。 気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。 肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用 が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。 大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。 腎臓の機能が低下すれば…… 脳の機能が低下すれば…… つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、 ということです。 何が起きても不思議ではない、ということです。 「苦しみが増しますか?」 軽くなるということはないでしょう。 出てきた苦しみを押さえるということになります。 「意識は最後まであるものですか?」 わかりません。 先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている 場合もあります。 「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」 状況によりますが、オムツということも考えてください。 尿はカテーテルを留置することになります。 残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、 「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを しないという選択肢もあります。 末期症状は、医師や看護師がよく知っています。 まずは、医師や看護師と相談してください。 「人はがんでは死なない」という言葉があります。 がんが特別な毒素を出すわけではありません。 では、なぜ、人はがんで死ぬのか? それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、 その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。 様々な症状の一つには、疼痛もあります。 これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。 気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。 肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化... Q 1ヶ月ほど前から足が腫れて痛くて歩き辛い状態です。 症状ですが、 ・左足裏の土踏まずより上全体(指も)が腫れています。 裏だけで甲は腫れていません。 ・皮膚の内部がうっ血してるように赤黒くなっています。 ・常に熱をもっており、歩くと痛いと同時にさらに熱をもちます。 ・痛いのと同時に痒くなったりもします。 ・不定期に刺すような痛みが起こります。 ・足を上げていると痛みは治まり、歩かなくても下に下ろすだけで痛くなってくる。 なので踵だけで歩いたとしてもやっぱり痛くなってきます。 皮膚科、整形外科、血管外科で診てもらいましたが、明確な原因はわかりませんでした。 皮膚科で一応もらった抗真菌剤を塗っていましたが改善されません。 田舎でここぞという総合病院が近くにないので何科にいくべきかが分かれば個人病院に行こうと思います。 5月から営業職に就くのでちょっと焦っております。 何かヒントでも頂ければと思います。 よろしくお願いいたします。 Q 先週の土曜日に普通に歩いていて、左足がなんだか痛い、、、と思っているうちに、とうとう痛みがひどくなり歩けなくなってしまいました。 左足の外側の甲が痛んでいる気がしたので、その部分のレントゲンをとりますが、骨には異常なしとのこと。 筋肉などが痛んでいるのでは、とシップしたりして様子をみることになりました。 が、痛みがおさまらず5分の距離も何度も立止まったりしないと歩けないようになってしまいました。 整体の先生にもみてもらいましたが、どうやら足首が腫れているとのことで、再度足首を中心にレントゲンを撮ってもらうことにしました。 (まだ時間がなく2回目のレントゲンのために病院へいっていません。 ) 足をくじいた、とか捻挫で足がはれている、とかそういった見た目の症状も今のところみられず、どのように治療すればよいのか本当に困っています。 この痛みというのが、鋭い痛みが走るというよりは、歩き出してしばらくしたらどんどん痛みが増していくようなものです。 これは亜脱臼というものにあたるのでしょうか? どなたかアドバイスいただけますでしょうか? 宜しくお願いいたします。 先週の土曜日に普通に歩いていて、左足がなんだか痛い、、、と思っているうちに、とうとう痛みがひどくなり歩けなくなってしまいました。 左足の外側の甲が痛んでいる気がしたので、その部分のレントゲンをとりますが、骨には異常なしとのこと。 筋肉などが痛んでいるのでは、とシップしたりして様子をみることになりました。 が、痛みがおさまらず5分の距離も何度も立止まったりしないと歩けないようになってしまいました。 整体の先生にもみてもらいましたが、どうやら足首が腫れているとのことで、再度足首... A ベストアンサー 日本を離れていらっしゃるとはわからずに失礼しました。 お薬ですが、湿布にもたぶん消炎鎮痛剤が入っているものが多くなっていますが、たとえ入っていても炎症を和らげる効果(消炎効果)を発揮するだけの薬の量は皮膚の奥深くまではおそらく届きません。 したがって湿布に害はありませんが(かぶれることはありますが)、それほどの根本的な効果は期待できないと考えるべきでしょう。 できればジクロフェナックナトリウム(ボルタレン:1日3回の錠剤、2回のカプセル、坐剤)あるいはロキソプロフェン(ロキソニン:1日3回の錠剤)などのしっかりとしたお薬が望まれます。 どうしてもそれらが手に入らなければ、アスピリン(バファリン)などでも効果は期待できます。 もちろん副作用がないという前提でですが、数日以上(5~7日)程度連続して服用することで炎症を和らげて、その結果として痛みをおさえてゆくことを目指すべきであると考えます。 「運がよいと・・」と書きましたのは「逆に運がわるいと何ヶ月もくるしめられる可能性があるかもしれません」という程度の意味で「一生、不自由な体になる」などの意味ではありません。 もしあれば細菌感染なども考えなくてはなりませんので念のためおたずねしました。 すこしでも早く痛みがとれると良いですね。 日本を離れていらっしゃるとはわからずに失礼しました。 お薬ですが、湿布にもたぶん消炎鎮痛剤が入っているものが多くなっていますが、たとえ入っていても炎症を和らげる効果(消炎効果)を発揮するだけの薬の量は皮膚の奥深くまではおそらく届きません。 したがって湿布に害はありませんが(かぶれることはありますが)、それほどの根本的な効果は期待できないと考えるべきでしょう。 できればジクロフェナックナトリウム(ボルタレン:1日3回の錠剤、2回のカプセル、坐剤)あるいはロキソプロフェン(ロキソ...

次の

くるぶしの腫れ・外側がぷよぷよして痛くない!ガングリオンも!

くるぶし 腫れ 痛く ない

歩いているときやスポーツのときなどに足をくじくなどして、くるぶしが痛くなることはよくあるものです。 しかし心当たりがないのに痛みを感じた場合、注意が必要なこともあります。 足をくじいたわけでもないのに、急にくるぶしが痛くなった• くるぶしが痛むようになってから、土踏まずがなくなってきたような気がする• くるぶしの痛みとともに骨が外に出っ張ってきた このような場合、何が原因で痛みが起こっているのでしょうか。 くるぶしに痛みと腫れが生じる病気・ケガ くるぶしの痛み以外に腫れが生じることがあります。 痛みと腫れが生じる原因としては、関節や骨などの病気・ケガが考えられます。 足関節炎 関節への負荷や細菌感染などによって、関節に炎症が起こる病気をといいます。 は、体のあらゆる関節に起こるもので、足首の関節にも発症することがあります。 の症状は、主に関節の痛みと腫れですが、関節の熱感や発赤(皮膚が赤くなる)がみられることも少なくありません。 また、細菌感染によるものなら、発熱や体のだるさなど全身症状が伴う場合もあります。 変形性足関節症 は、関節の軟骨がすり減って変形する病気です。 くるぶしに痛みが生じ、多くの場合、歩くときに痛みが強くなります。 進行すると、くるぶしの外側や内側が腫れることもあります。 後脛骨筋腱機能不全 こうけいこつきんけんきのうふぜん 後脛骨筋腱機能不全とは、くるぶしの内側にある後脛骨筋腱が炎症や断裂などによって、機能しなくなる状態のことをいいます。 後脛骨筋腱機能不全になると主に痛みと腫れが後足部内側に現れ、次第に土踏まずがなくなって足の裏が平になる へんぺいそく が生じます。 足関節捻挫・骨折 足をくじいてしたりしたりした場合にも、くるぶしに痛みや腫れが生じます。 においては、皮下出血が生じたり、くるぶしの外側・内側の骨が変形したりすることもあります。 また、強い痛みから足を着いて歩くのが困難になります。 また、ただのだと思っていても「」という種類のを起こしている場合もあるため注意が必要です。 外脛骨障害(有痛性外脛骨) 体にはある一定数の骨が存在しますが、過剰な骨を持つ人がいます。 過剰な骨のひとつで、くるぶしの内側にある 舟状骨 しゅうじょうこつ に存在するものが外脛骨で、前述した後脛骨筋腱が付着しています。 このため、運動による負荷やなどによって、後脛骨筋が付着している外脛骨に力が加わると痛みがでることがあります。 これが外脛骨障害です。 特に思春期頃の女児に多いとされ、症状として痛みのほかに腫れが生じることもあります。 痛風発作 発作とは、尿酸が関節の中で結晶化することで突然起こる急性のことです。 足の親指の付け根に起こることが多いものの、足首の関節にも起こります。 発症すると激しい痛みが現れることに加えて、痛みのある部位が赤く腫れあがります。 激しい痛みは2~3日間続き、1~2週間で治まることが多いとされています。 受診の目安とポイント 痛みが強い場合や軽い痛みでも長く続いている場合、腫れがみられる場合には病院への受診を考えましょう。 また、痛みのきっかけとなった出来事に心当たりがあるような場合には、早めの受診がよいでしょう。 などでは専門の診療科が分かれる場合もありますが、くるぶしの痛みを主として受診する場合にはまずは整形外科への受診が適しています。 症状や経緯を医師に詳しく伝えると病気の診断に役立ちます。 痛みはどのくらい続いているのか、何をして痛み出したのか、痛みのほかに症状があるかなど、できるだけ詳しく伝えましょう。 受診の前にまとめておくとスムーズです。 日常生活上の原因と対処法 病気やケガ以外では、むくみによって痛みが生じている可能性も考えられます。 むくみ 足の静脈の血液は、重力に逆らうように心臓に向かって流れていますが、主にふくらはぎの筋肉の収縮によるポンプ作用で、心臓へ戻ります。 筋力が低下すると、血の戻りが悪くなり、むくみの原因となります。 また血管炎では、静脈内の圧力が上昇して血管に炎症が起こり、血液の血漿成分(水分)が血管の外へ漏れて細胞の外に水分が溜まります。 この水分がむくみの原因のひとつで、むくみが強いと圧迫感や痛みが生じることもあります。 むくみを解消するには 冷えによるむくみであれば、血流をよくすることが根本的な解消法です。 足首を回す、マッサージをする、適度に軽い運動をするなどして血流をよくしてあげましょう。 普段からむくみがちな人の場合には、着圧ソックスなどの使用もよいでしょう。 また、体を温める食べ物を摂取する、お風呂に浸かって体を温めるなども血流の促進に効果があります。 いつまでもよくならない場合には原因を調べることが必要な場合もあります。 そのようなときには病院で相談しましょう。 良くならない時には くるぶしの痛みが長く続く場合には、何かしらの病気や思いもよらない原因によるものかもしれません。 いつまでもよくならないときには、一度整形外科を受診することを考えましょう。

次の

くるぶしの腫れ:医師が考える原因と対処法|症状辞典

くるぶし 腫れ 痛く ない

スポンサーリンク くるぶしが腫れ痛くないのはむくみ? くるぶしに出やすい くるぶしが腫れているのに痛くない原因として、まず考えられるのがむくみです。 足にむくみがみられる場合、出やすいのがくるぶしです。 むくみによってくるぶしが腫れる原因には様々なことが挙げられます。 原因 むくみによって体内の水分が一部分に滞ることで腫れているようにみえます。 むくみは睡眠不足や塩分の摂り過ぎ、肥満である場合や長時間立っている事が多い、長時間飛行機や車などに乗っている時などに発生しやすいです。 日常的に起きてしまう原因としてはこれらの事が考えられます くるぶしが腫れ痛くないのは病気? 考えられる病気 くるぶしが腫れているのに痛くないのは、病気が隠されていることもあります。 肝臓に疾患があると、体内の水分がうまく体外に排出できなくなり、体に水分を溜め込みすぎてしまいむくみが発生します。 ほかにも糖尿病や脚気、下肢動脈瘤、足関節滑液包炎などの病気によってむくみが発生していることがあります。 くるぶしが腫れ痛くないのはガングリオン? ガングリオンとは? くるぶしが腫れているのに痛みがない時の原因として、ガングリオンという腫瘍が考えられます。 ガングリオンとは、体の中の関節部分や軟骨、椎間板などに出来やすいもので、別名結節腫(けつせつしゅ)と呼ばれることもあります。 関節液のような体内の物質がゼリー状になり固まり、シコリができて腫れているように見えます。 触った感触は柔らかい場合もありますが硬い場合もあり、どちらも痛みは感じません。 ゆっくり時間をかけてピンポン玉ほどまで大きくなることがありますが、どれだけ大きくなってきても痛みがないことが多いのです。 原因 ガングリオンができる原因として、何処かにぶつけてしまった時などに出来るとされています。 衝撃から体を守ろうとする本能的な働きなので、出来てしまった時はガングリオンの周りを優しく揉みほぐせば、体を守る必要が無くなったのだと察知して、腫れは引いていきます。 放置しても大丈夫 ガングリオンは良性であることが多いので、放置していても体に害を与えることはほぼありません。 しかしガングリオンが神経の近くに出来てしまうと、神経が圧迫されることにより、少しだけ痛みや痺れを感じることがあります。 痛みや痺れを感じる場合には、病院で診てもらいましょう。 治療は、注射針を用いて腫瘍の中身を吸引することですが、手術する場合もあります。 くるぶしが腫れ痛くないのは血管が細いから? 血管が細い ホルモンバランスの乱れやストレスによって血管が細くなってしまいます。 その結果、血流の流れが悪くなります。 血流の流れが悪くなるとガングリオンができやすくなります。 また、血流が悪いということは体内の老廃物を体外に排出されにくくなるので、老廃物によってガングリオンが固くなりやすくなります。 血流を良くするために体を温めたりすると解消できます。 くるぶしが腫れ痛くないのは使いすぎ 足首の使いすぎ 足首を使いすぎてしまっても、くるぶしにガングリオンができやすくなってしまいます。 この場合もくるぶしが腫れますが痛みはありません。 足首を動かしすぎたなと思ったり、疲れた時は休むようにした方が良いです。 良性の場合が多いのですが、痛みや痺れを感じるようなら医療機関に受診することをオススメします。

次の