メリケン粉 由来。 メリケンの意味?

小麦粉とメリケン粉の違いとは?名前の由来や見分け方の話。

メリケン粉 由来

スポンサーリンク メリケン粉とは 結論からいくと、 メリケン粉とは小麦粉の一種のことを指します。 厳密にいえば同一のものではありません。 メリケン粉の特徴を見ていきましょう。 元々はアメリカ輸入小麦を指す言葉 元々のメリケン粉は アメリカから輸入された小麦が由来です。 アメリカから小麦が輸入されるようになったのは明治時代。 ペリーがやってきて開国、江戸幕府の滅亡、文明開化とめまぐるしく歴史が動いた時代ですね。 当時の日本では水車の動力を利用して、石臼で小麦を挽くという水車製粉を行っていました。 製粉技術は未熟で、当時の小麦はうすい茶色をしていました。 国産小麦の用途は主にうどんなどの麺です。 そんな中、明治政府の意向で、パン食の普及のためにパン焼き用の小麦が輸入されることになりました。 アメリカの製粉技術は日本に比べて進んでおり、既に機械化されていました。 当時の人はアメリカ産の真っ白な小麦を見て驚いたそうです。 この真っ白な輸入小麦のことを、国産小麦と区別するためにメリケン粉と呼ぶようになったのでした。 薄力粉• 中力粉• 強力粉 と種類が分かれています。 日本で生産されている小麦は、中力粉の原料となる中間質小麦がほとんど。 なので、明治時代の国産小麦粉は中力粉であったと思われます。 では、明治時代に輸入されていた「メリケン粉」はパン焼きに向いているという強力粉だったのでしょうか? それがそうとも言えないのです。 じつは、小麦大国アメリカには、日本よりもさらにたくさんの小麦の種類があるのです。 強力粉、中力粉、薄力粉、Pastry Flour(薄力粉と中力粉の間の性質の小麦粉)。 さらに、それぞれの小麦に漂白・無漂白の区分があります。 こんなにあったら、何を使っていいかわからないよ?となりそうですが・・・ 実はアメリカでは「All Purpose Flour」という中力粉を使うのが一般的で、 この粉でカップケーキもパンケーキも、パンも焼くことができるそうです。 ということであくまでも想像ですが、明治に輸入されていたメリケン粉は、偶然にも中力粉だった可能性があります。 関西地方で定着したメリケン粉 実はメリケン粉って・・・ 関西ローカルな側面を持っているのです。 「うそ!?」って思ったあなたは関西人 笑 私は関東人ですが、この記事を書くにあたって調べるまでは・・・ 「なんとなく言葉は知っているけど小麦粉の一種かな?」 程度の認識でしたからね。 ではどうして、「メリケン粉」という呼び名は関西方面で定着したのか。 その理由とは・・・ メリケン粉が関西でメジャーになった理由 大正時代に関西では「一銭洋食」という、薄いお好み焼きのような食べ物が流行していました。 発祥地は京都とも大阪ともいわれています。 戦後、食料の供給が少ない中、 アメリカの進駐軍からのメリケン粉を頼りに、この一銭洋食を売っていたお店があったそうです。 また、当時は神戸港からメリケン粉が入って来ていたからという話もあります。 このような時代背景があいまって、メリケン粉という呼び名が関西地方に残っていった、というのが判明している理由ですね。 関西では、今でも小麦粉を呼ぶ時はメリケン粉。 ただし、メリケン粉という名称で売られている小麦粉はなかなか見かけません。 唯一、熊本の製麺メーカー五木から「メリケン粉」という名称で販売されている小麦粉があります。 気になった方はチェックしてみて下さい。

次の

小麦粉とメリケン粉の違いとは?名前の由来や見分け方の話。

メリケン粉 由来

2018年3月1日に行われた県立高校卒業式。 お菓子やバルーンをいっぱいもらった笑顔の卒業生=3月1日、那覇市の県立小禄高校 3月は卒業式シーズン! 沖縄では例年3月1日に公立高校の卒業式が開かれます。 続く2週目あたりに中学校の卒業式、その翌週に小学校が卒業式がピークを迎えます。 卒業生のみなさん、おめでとうございます。 さて、沖縄の卒業式によく見られる光景をご存じですか? お菓子の首飾りは定番 1つ目は、卒業生に贈る〝お菓子のレイ〟です! お菓子のレイとは…ハワイで歓迎される花輪ような、お菓子の首飾り。 チョコやアメ、うまい棒などを透明な筒状の袋に入れて輪にしているシロモノです。 何と最近ではレイだけでなくて、お菓子の帽子、傘などもあるようです。 「もらえない子もいる」 学校では"自粛"呼びかけ 2017年3月、沖縄県内の公立中学校の卒業式に足を運びました。 卒業式を終え、花道を通って卒業生が体育館を出ると、そこには大勢の家族と友人が待っています。 中には花束やお菓子を持って、待ち構えている人たちも。 家族や友人に呼び止められて、カラフルでおいしそうなお菓子のレイの贈られた卒業生たちは、自然と笑顔がこぼれます。 けれど当然、"たくさんもらっている子"と"卒業証書だけを片手に校門を出ていく子"に分かれてしまいます。 そこで学校では、毎年のように「プレゼントの校内への持ち込みは控えてください」との呼び掛け文書が配られているのも事実です。 2018年の那覇市立中学校の卒業式は3月10日。 ある学校では、プレゼントを贈るための慣習が「1・2年生による金銭せびりにつながった事例もある」として、このような文書が配られました。 3年生の保護者は、確認済みの署名をして学校に提出する仕組みだったようです。 お菓子のレイを陳列するコーナー=3月、沖縄県内 那覇市内には、普段は倉庫として使っているスペースを使って、3月だけは「お菓子のレイ」専用のストアにするという店舗もあるのです!「卒業おめでとう」という言葉と共に、壁いっぱいにお菓子のレイが飾られています。 沖縄の卒業式シーズンになると、必ず話題に上るのが「メリケン粉投げ」です! 若いみなさんは「メリケン粉? 何それ?」て感じでしょうか。 この言葉が理解できるかどうかで、世代がバレてしまう感じもします…(笑)。 「メリケン粉」とは、「アメリカン粉」が訛って生まれた言葉といわれています。 いわゆる小麦粉のことです。 昔、アメリカから輸入されて、社会に広がったことからこう呼ばれているのです。 つまり、「メリケン粉投げ」=「小麦粉投げ」です。 卒業式になると、なぜか小麦粉を投げ合うという伝統が、一部の地域で今なお続いているのです。 その由来は…私も調べてみましたが、いまだ謎です…。 インターネット上には一部、「1960年代頃からあった」という情報もありますが、本当でしょうか? 沖縄県民のソウルフード?の「沖縄天ぷら」や「サーターアンダギー」とは、何か関係があるのでしょうか? 那覇市に住む53歳の男性によると、「先輩の頃からあった」というので、少なくとも40年以上前からあるもので、とりわけ新しい慣習ではないようです。 さらに「生卵を一緒に投げると、本当に大変なことになっていた」とも語りました。 地域や学校は「メリケン粉投げ」阻止に必死! スーパーとの連携も もちろん決して褒められたものではない「メリケン粉投げ」の慣習。 近年では「あまり見かけなくなった」との声もありますが、つい先日2018年3月9日に卒業式が行われた一部地域で「発生した」との情報も! ただ、慌てて駆け付けた時には跡形もなく、確認できませんでした。 スーパー入口の掲示板に、小麦粉販売の自粛を求める貼り紙がされている=3月6日、沖縄市内 3月10日に卒業式が予定されている沖縄市。 コープ山内(石川健司店長)では、お店の出入り口付近の目立つ場所に、連絡会からの文書を掲げ、販売自粛などへの理解を求めています。 掲示板のほか、お店のバックヤードにも貼り、従業員への周知を図っているほどです。 同店で働いて約20年になるという真栄田良乃さん(56)と津嘉山貴子さん(47)は「メリケン粉投げ」について、「近年は少なくなってきている」と実感しているそう。 それも、そのはず。 沖縄市教育委員会の担当者によると、メリケン粉投げを防ぐ取り組みは約10年前から力を入れているとのことでした。 けれど、昨年は中学生がホットケーキミックス3袋を買おうとし、レジで断った事例があったと話してくれました。 津嘉山さんは「本当にホットケーキを作ろうとしていたら申し訳ないが、この時期なので卒業式の後に買いに来てもらうように伝えた」と言います。 2016年には「メリケン粉投げ」を巡って、こんな心温まる話題も。

次の

「メリケン粉」名前の由来とは?コナモンの日の林先生のことば検定+

メリケン粉 由来

2018年3月1日に行われた県立高校卒業式。 お菓子やバルーンをいっぱいもらった笑顔の卒業生=3月1日、那覇市の県立小禄高校 3月は卒業式シーズン! 沖縄では例年3月1日に公立高校の卒業式が開かれます。 続く2週目あたりに中学校の卒業式、その翌週に小学校が卒業式がピークを迎えます。 卒業生のみなさん、おめでとうございます。 さて、沖縄の卒業式によく見られる光景をご存じですか? お菓子の首飾りは定番 1つ目は、卒業生に贈る〝お菓子のレイ〟です! お菓子のレイとは…ハワイで歓迎される花輪ような、お菓子の首飾り。 チョコやアメ、うまい棒などを透明な筒状の袋に入れて輪にしているシロモノです。 何と最近ではレイだけでなくて、お菓子の帽子、傘などもあるようです。 「もらえない子もいる」 学校では"自粛"呼びかけ 2017年3月、沖縄県内の公立中学校の卒業式に足を運びました。 卒業式を終え、花道を通って卒業生が体育館を出ると、そこには大勢の家族と友人が待っています。 中には花束やお菓子を持って、待ち構えている人たちも。 家族や友人に呼び止められて、カラフルでおいしそうなお菓子のレイの贈られた卒業生たちは、自然と笑顔がこぼれます。 けれど当然、"たくさんもらっている子"と"卒業証書だけを片手に校門を出ていく子"に分かれてしまいます。 そこで学校では、毎年のように「プレゼントの校内への持ち込みは控えてください」との呼び掛け文書が配られているのも事実です。 2018年の那覇市立中学校の卒業式は3月10日。 ある学校では、プレゼントを贈るための慣習が「1・2年生による金銭せびりにつながった事例もある」として、このような文書が配られました。 3年生の保護者は、確認済みの署名をして学校に提出する仕組みだったようです。 お菓子のレイを陳列するコーナー=3月、沖縄県内 那覇市内には、普段は倉庫として使っているスペースを使って、3月だけは「お菓子のレイ」専用のストアにするという店舗もあるのです!「卒業おめでとう」という言葉と共に、壁いっぱいにお菓子のレイが飾られています。 沖縄の卒業式シーズンになると、必ず話題に上るのが「メリケン粉投げ」です! 若いみなさんは「メリケン粉? 何それ?」て感じでしょうか。 この言葉が理解できるかどうかで、世代がバレてしまう感じもします…(笑)。 「メリケン粉」とは、「アメリカン粉」が訛って生まれた言葉といわれています。 いわゆる小麦粉のことです。 昔、アメリカから輸入されて、社会に広がったことからこう呼ばれているのです。 つまり、「メリケン粉投げ」=「小麦粉投げ」です。 卒業式になると、なぜか小麦粉を投げ合うという伝統が、一部の地域で今なお続いているのです。 その由来は…私も調べてみましたが、いまだ謎です…。 インターネット上には一部、「1960年代頃からあった」という情報もありますが、本当でしょうか? 沖縄県民のソウルフード?の「沖縄天ぷら」や「サーターアンダギー」とは、何か関係があるのでしょうか? 那覇市に住む53歳の男性によると、「先輩の頃からあった」というので、少なくとも40年以上前からあるもので、とりわけ新しい慣習ではないようです。 さらに「生卵を一緒に投げると、本当に大変なことになっていた」とも語りました。 地域や学校は「メリケン粉投げ」阻止に必死! スーパーとの連携も もちろん決して褒められたものではない「メリケン粉投げ」の慣習。 近年では「あまり見かけなくなった」との声もありますが、つい先日2018年3月9日に卒業式が行われた一部地域で「発生した」との情報も! ただ、慌てて駆け付けた時には跡形もなく、確認できませんでした。 スーパー入口の掲示板に、小麦粉販売の自粛を求める貼り紙がされている=3月6日、沖縄市内 3月10日に卒業式が予定されている沖縄市。 コープ山内(石川健司店長)では、お店の出入り口付近の目立つ場所に、連絡会からの文書を掲げ、販売自粛などへの理解を求めています。 掲示板のほか、お店のバックヤードにも貼り、従業員への周知を図っているほどです。 同店で働いて約20年になるという真栄田良乃さん(56)と津嘉山貴子さん(47)は「メリケン粉投げ」について、「近年は少なくなってきている」と実感しているそう。 それも、そのはず。 沖縄市教育委員会の担当者によると、メリケン粉投げを防ぐ取り組みは約10年前から力を入れているとのことでした。 けれど、昨年は中学生がホットケーキミックス3袋を買おうとし、レジで断った事例があったと話してくれました。 津嘉山さんは「本当にホットケーキを作ろうとしていたら申し訳ないが、この時期なので卒業式の後に買いに来てもらうように伝えた」と言います。 2016年には「メリケン粉投げ」を巡って、こんな心温まる話題も。

次の