キオクシア 転職。 キオクシア株式会社の求人・中途採用情報|【リクナビNEXT】で転職!

キオクシアが今秋にも上場、主幹事は野村など4社で時価総額4兆円超

キオクシア 転職

キオクシア株式会社という会社のIT系求人を見ていきます。 地域別でIT求人の内容がブラックなのかを見ていきましょう 実際会社がブラックであろうが、本人にとって働きやすければ続けられると私は思ってます。 環境に左右されるのは人間なんで当たり前 環境次第で白にもブラックにもなる まずは一般的な考え方を挙げていきます。 どうすれば会社って長く続けられるのか? 会社を続けるためにチェックするキーワードはこれ。 一般的な考え方を知るためにTwitterにアップされているコメントを調査すればブラック会社の定義が分かります。 これはみんなが「転職」に対してどんな条件を求めるか?というキーワードです。 私なりに解釈すると「自分の能力で無理な仕事ではない(できる仕事)、楽な仕事、大変でない仕事、嫌なことをやりたくはない、好きなことをやりたい。 そうみんな思っているようです。 さすがにそんなに甘くないのでは?? 副業のキーワードが意味すること ほかに気になったワードがあります。 また副業ってキーワードすごく多かった 副業が意味することって、 「仕事内容や環境に不満はないけど収入がもっと欲しい!」 こんな考え方をしている人が多いということです。 これは非常に危ない。 もしお金だけ考えているのであれば、その転職は「ちょっと待った!」です。 残業多すぎで健康面がヤバいとか、上司のパワハラに悩まされメンタル的にちょっと厳しい、なんて人はすぐそんな会社は辞めてよいと思うのですが、お金だけというのであればもう少し別の様子を見てみましょう。 慌てて転職する必要はないということです。 じゃあどんな会社が良いかの見極めですが、まずはブラックなキーワードが無いか見ていきましょう。 私が考えるブラックキーワードを実際の求人を見ながらカウントしていきます。 メーカー・ITベンダーのみならず、研究機関や大学にて研究に取り組む方も歓迎です<語学補足>英語に抵抗がなければ問題ございません。 【勤務時間】 <標準的な労働時間>8:30~17:15 (所定労働時間7. 75時間)休憩時間:60分(11:45~12:45)時間外労働有無:有<フレックスタイム制>コアタイム:なし 【雇用形態】 正社員 <雇用形態補足>-<試用期間>2ヶ月試用期間中も登用時と条件は変わりません。 【給与】 <予定年収>550万円~1,150万円 残業手当:有 <月給>250,000円~基本給:210,000円~予定年収はあくまでも目安の金額であり、選考を通じて上下する可能性があります。 月給は固定手当を含めた表記です。 <賃金形態>月給制<昇給有無>有<残業手当>有<給与補足>【補足】条件はあくまで目安で保証額ではありません。 選考を通じて能力、経験を考慮し決定します。 【年収例】583万円、28歳、独身、月給27万8,000円+各種手当+賞与/821万円、37歳、既婚・子2人、月給38万900円+各種手当+賞与 スポンサードリンク 現役エンジニアが注意するキーワード 該当キーワード無しが多いほどブラックではないと定義しました。 これに該当しているものが多くても「現場の雰囲気がよい」かも知れませんので、興味があればまずは面接で聞いてみましょう。 1.面接回数の少なさをウリにしているキーワードがある 該当キーワードなし 2.定着率の高さをアピール(離職率の低さをアピール) 定着率or離職率のキーワードなし 3.給与が年俸制 「年俸制」のキーワードなし 4.みなし残業を採用している(固定残業代の記載も含む) 「みなし残業」のキーワードなし 5.試用期間が半年以上 該当キーワードなし 6.試用期間は契約社員 該当キーワードなし 1つでもあると警戒したほうが良いし、3つ以上該当するとかなり注意が必要かなと思います。 企業の評判を調べたり、面接で該当のキーワードについてそれとなく私なら聞いてみます。 特定のキーワード以外だと、求人に載っている社員の表情をよく見てみましょう。 何となく「雰囲気に合わないな」とか「何となく違うかな」という感覚は非常に大事なので求人の見た目も割と重要ですよ。

次の

転職者座談会 メモリ・SSD応用技術|キオクシア キャリア採用特設サイト

キオクシア 転職

気になる項目をクリック• 1.転職しても大丈夫?キオクシアの特徴まとめ キオクシアは、 電機大手の東芝分社化してできた会社です。 東芝は不正会計で経営危機に陥り、さらに2016年にはアメリカの原発事業の1兆円超の巨額損失が新たに発覚。 そのため、上場廃止になる債務超過の可能性が出たため、分社化を行い2017年4月にキオクシアが誕生しました。 翌年2018年6月には、米ファンドの「ベインキャピタル」を中心とする日米韓連合に2兆円で売却されています。 稼ぎ頭であるメモリ部門の切り離しは、メディアで大きな話題になりました。 2本柱のうち、原子力を重点から外し、半導体メモリーを分社化。 既に白物家電やパソコン、テレビも売却・分社化しており、総合電機の東芝の面影はない。 企業の新陳代謝といえば、聞こえはいいが…。 「東芝『2本柱』戦略、1年もたず」:日経電子版 — 小栗太@日経 ogurifutoshi では、分社化によってできたキオクシアはどんな会社なのか、まずは特徴を確認していきましょう。 転職難易度 キオクシアへの転職難易度は 高めですが、超難関レベルではありません。 なぜなら、メモリの需要が伸びており、それに伴い 人員を増やす方向で採用を行なっているからです。 もともと技術者の中途採用は、東芝時代から継続して行なってきました。 キオクシアは2018年に、2年間で技術者を500人増やす計画を立てました。 2018年度(2018年4月~2019年3月)には、 技術者370人の中途採用の計画を実行して、技術者の増員に力を入れています。 キオクシアのコーポレートサイトでは、半導体生産技術の 未経験者歓迎の求人があります。 (参考:) 半導体の知識や経験は不問で、機械部品メーカーや化学メーカー、食品メーカーなどの異業種転職も歓迎しています。 また、 一般の転職エージェントでも第二新卒や未経験者歓迎という求人があります。 (参考:) こちらの社内SEの求人の場合は、応募条件は以下のようになっています。 業界経験不問、第二新卒の方も歓迎• 業界・業務に関する知識は入社後、OJTや研修を通じ、身に着けることを想定• 外部ベンダーを活用した開発が中心となるため、特定のプログラミング言語の知識なども必須ではない• 【応募要件】下記いずれかに該当• 業務系アプリケーション(SCM/ERP/CRM/PLM等)の知見がある• 企業の情報システム部門やSIer、NIerなどにて情報システム・インフラの開発、保守、運用にかかわった経験がある• 大学などにて情報工学・IT技術を学んでおり、情報システム構築に意欲を持って取り組むことができる• 設計開発・営業・工場など製造業のいずれかの業務部門にてIT部門との橋渡し役の経験がある ある程度の経験は必要ですが、 少しでも経験があればOKという求人もあるので、比較的転職はしやすいです。 キオクシアはこんな人におすすめ! キオクシアが向いているのは、 以下の特徴に当てはまる人です。 2.キオクシアの企業情報から転職について考察してみた まずはキオクシアについて概要確認です。 創造: 自分にしかないものを作り上げていく• 先駆: 常に新しい技術を先行して開発し積極的に取り込む• 飛躍: 高い目標を掲げ、自由な精神で仕事に取り組む• 対話: すべてのステークホルダーに対して十分にコミュニケーションを尽くす• ステークホルダーと認識しているのは、以下の人たちです。 (参考:) このことから、キオクシアはもの作りにだけ目を向けるのではなく、 幅広い人々との繋がりも大切にする、コミュニケーション重視の会社だということがわかります。 プロセス技術研究 半導体は超微細化を進めることで高機能化とコストダウンを両立させてきました。 しかし、 光を使うは解像力が限界に達しつつあります。 この限界を突破してさらに微細化するために、新しい技術を開発しようとしています。 デバイス技術研究 記憶デバイスの種類によって、メリットとデメリットがあります。 この問題を解消したのが、キオクシアが開発した NAND型フラッシュメモリです。 【NAND型フラッシュメモリが使われているもの】• スマートフォン・タブレットなどの携帯機器• USBメモリ、SDメモリカード• SSD キオクシアは、NAND型フラッシュメモリをさらに微細化、3次元化、大容量化、させようとしています。 システム技術研究 2020年には情報爆発が起こると言われるほど、ビックデータの時代が加速化しています。 NAND型はHDDよりは早いとはいえ、DRAMよりは遅いというデメリットがあります。 そこでキオクシアが次に目をつけたのが、 ストレージクラスメモリ(SCM)です。 SCMを組み込んだストレージシステムの開発、ストレージコンピューティングの研究など、将来を見据えた研究開発を推進中です。 高速データ処理、耐振動、耐衝撃特性、低消費電力、小型形状という特徴があります。 クラウドサービス普及により、 データセンタ向けとして今後ニーズ拡大が見込まれています。 キオクシアでは、最先端のフラッシュメモリと、独自コントローラ技術の組み合わせにより高性能でコスト競争にも強いSSDを開発しようとしています。 そのため、年内の上場が見送られることになりました。 (参考:) キオクシアホールディングが2019年8月8日に発表した令和元年4〜6月期連結決算によると、企業の規模を示す売上高は2,142億円、どれだけ儲かっているかを示す営業利益は989億円の赤字でした。 キオクシアは世界では韓国のサムスン電子に次ぐ2位ですが、成長が止まったのはフラッシュメモリーが値崩れしたからです。 原因は、 米中摩擦の激化で世界経済の先行きに不透明感が広がり、中国でもスマホの出荷数が落ち込んだからです。 2018年にの10〜12月の出荷価格は7〜9月の4分の3まで落ち込み、2019年の1〜3月も値下がりが続いています。 さらに、 6月中旬に四日市工場で起きた停電の影響で、営業利益を344億円押し下げました。 これだけ見ると悲惨な状態のように見えますが、「LITE-ON」のSSD事業を買収したり、社名を変更するなどして現状を打開しようとする見せています。 記事中でもDC向けにサーバーのSSDニーズが高まっているとされています サーバー販売している肌感としてはサーバー利用でHDDからSSDへの移行は大分進んでいる様に感じています キオクシア、LITE-ONのSSD事業を買収 — PC Watch さんから — PGダイレクト Pgdirectmember• 人事制度、処遇制度が、旧東芝のままなので、昔ながらの頑張り方で通ってしまう人間ご多数残っているのがじ残念ながら事実。 無駄な書類増発傾向も一向に改善されず、ペーパーレス化なども遅れ気味。 (参考:) 他にも、 「事なかれ主義」「中途入社でも働きやすい」「昔ながらの古い体質」といった口コミが見られました。 元々、東芝メモリはトラブルにより生まれた会社なので、ハイリスクなことは望まないのかもしれませんね。 東芝の体質を引き継いで、昔ながらの日系企業という趣があるようです。 ただ、中途入社の割合が多いため、中途採用者が働きやすい雰囲気というのは良いですね。 ワークライフバランス ワークライフバランスでは、 休みが取りやすいという声が目立ちました。 私は女性ではないが周りを見ていると 育児休暇など取りやすくみえている。 フレックス制を用いているので幼い子供がいても、働きやすそう。 AI(人工知能)やloT(モノのインターネット化)などが進歩しており、 世の中に存在するデジタルデータがとんでもない量になるからです。 それを保存するためのメモリなどの需要は極めて大きいです。 もともと半導体業界は浮き沈みが激しい業界で、毎年同じように利益が出せるわけではありません。 しかし、現在高密度フラッシュメモリを生産できる会社は「キオクシア」、韓国の「」、「」くらいなので、将来性は微妙ですが継続性はあると考えられます。 フラッシュメモリは今が活況なので、数十年は廃れないと予測できます。 実際、キオクシアは四日市市の工場に次いで、 岩手県北上市に工場を新設して設備投資を図っています。 今は安定しているとは言えないものの、世界の需要を満たしていく仕事に関われる可能性は高いです。 「どうしても東芝から分社化した会社」という不安を拭いきれない場合は、 ソニーへの転職を検討してみてはいかがでしょうか? ソニーはCMOS(コンピュータのCPUを構成する基本回路)イメージセンサーシェア率50%以上で、自動運転に向けて増える車載向け需要を見越して巨額投資に踏み切っています。 AI開発にも積極的で、専門知識を持つエンジニアを高い給与で雇う予定です。 そのため、メモリ系の仕事に関わりたい、大手に勤めたいという人ならソニーの仕事が合う可能性が高いです。 ソニーについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。 【技術職】• 生産技術:半導体やSSDの開発など• プロセス技術・デバイス技術:最先端のデバイス研究など• 評価・解析・品質保証:製品のチェックや品質保証など• 検査・計測・センシング技術:センサー(感知器)などを使って、情報を計測・数値化• 回路設計・製品開発:フラッシュメモリの回路設計や研究• ファームウェア・ソフトウェア開発:電子機器に組み込まれたコンピュータシステムを制御するためのソフトウェア開発 【マーケティング職】• 技術マーケティング:市場ニーズや競合調査など 【エンジニア職】• 情報化推進・生産性改善:社内SE(システムエンジニア)やセキュリティエンジニアなどのエンジニア業務 【事務職】• 管理系:内部監査、会計・決算、人事・総務、法務など 【その他】• 知財法務、貿易管理など フラッシュメモリはスマートフォンの普及加速や高性能化、loTの進展を背景に需要が拡大しているため、今後さらに部門強化のための 大規模募集を行なっている職種が多いです。 技術職以外のマーケティングやエンジニア職、事務職でも、部門拡大のために大規模募集を行なっている職種があります。 リクナビNEXT会員ならスムーズに応募できる キオクシアでは、応募方法を2種類用意しています。 1つ目が普通にエントリーフォームを使うやり方で、2つ目がリクナビNEXT会員のみ使えるスマート応募という方法です。 1つ目のやり方は、キオクシアが用意しているエントリーフォームに必要事項を入力して、応募する方法です。 (参考:キオクシア) これが一般的な応募方法で、個人情報、連絡先、希望職種、選考ルート(個別面談希望・通常選考希望)、履歴書・職務経歴書の添付ファイル、アンケートの項目を受けて提出します。 もっと簡単なのが、「スマート応募」という方法です。 会員ならば、こちら利用できます。 (参考:) スマート応募だと、リクナビNEXTに登録してあるアカウントを使って応募できるので、入力事項を減らすことができます。 すでにリクナビNEXTに登録してある方は、キオクシアの募集はスマート応募を使うと効率がいいですよ。 4.キオクシアに転職するなら転職エージェントを使うのがおすすめ 「キオクシアに転職するにあたり、誰かに相談したい」という場合は転職エージェントを使うのがおすすめです。 転職エージェントは転職サイトと違い、専任のキャリアアドバイザー求人紹介、面接対策、書類添削、条件交渉の代行、などを行なってくれるサービスです。 転職に関しては任せておけるので、仕事を続けながら転職活動を進めることができます。 ここでは、キオクシアへの転職を有利に進めてくれる転職エージェントを3つ紹介します。 東芝のメモリ部門から、分社化して誕生• USBメモリやSDカードなどに使われている半導体(NAND型メモリ)は国内No. 世界ランキングでは2位。 1位は韓国のサムスン電子• 転職難易度は高いが、求人数を増やしているので超難関ではない• 業績は赤字気味• メモリへのニーズは高まっているので、将来性はある• 2019年10月から新社名「キオクシア」に変更 「キオクシアは東芝の不祥事の影響でできた会社なので、転職するのは不安」という人は多いかもしれませんね。 しかし、 東芝の稼ぎ頭であった部門が独立してできた会社なので、事業はしっかりしていますし、将来性はあります。 近年は赤字傾向ですが、そもそもメモリ事業は不安定なので、また息を吹き返す可能性が高いです。 まだ不安があるなら、キオクシアについてより詳しく知っている転職エージェントに相談してみてください。

次の

ホーム

キオクシア 転職

オンラインでの記者会見に登壇した東芝の車谷暢昭社長CEO(最高経営責任者) 「株主への還元方針の基本は変えないが、積極的な姿勢を示したい。 キオクシアは米ベインキャピタルなどのコンソーシアムに売却した時点でノンコア事業だ」。 車谷暢昭社長CEO(最高経営責任者)は22日に開いたオンラインでの記者会見で、キオクシア株を売却する理由をこう説明した。 キオクシアは、東芝の半導体メモリー子会社「東芝メモリ」を前身とし、NAND型フラッシュメモリーの開発・製造を手掛ける。 米原子力事業の巨額損失で経営危機に陥った東芝が、2018年6月に米投資ファンドのベインキャピタルを軸とする日米韓連合に約2兆円で売却。 その後、東芝は議決権ベースで約4割を再出資し、持ち分法適用会社にしていた。 東芝のメモリー事業は、一時期は連結営業利益の9割を稼ぐ大黒柱だったが、業績のボラティリティー(変動しやすさ)が高いのが課題だった。 20年3月期の東芝の連結決算では、営業利益が1304億円と前の期比で3. 7倍になった一方で、最終損益が1146億円の赤字に落ち込んだ(前の期は1兆132億円の黒字)。 最終赤字の大きな要因が、キオクシアの業績低迷だった。 車谷氏はCEO就任当初こそ「4割という出資比率は悪くない」とキオクシア株を保持する方針を示していたが、業績の安定を狙って売却を決断したもようだ。 記者会見で車谷氏はキオクシア株の具体的な売却時期や割合を明らかにしなかったが、念頭にあるのはキオクシアの上場だろう。 早ければ今秋に上場する見通しであり、そこにタイミングを合わせての売却方針の表明となった。

次の